Samurai Goal

クロップ


スポンサード リンク





名将ペップに“天敵”現る 苦手意識はモウリーニョやクロップ以上か 

スクリーンショット 2021-03-08 21.13.41

クラブ史上初ホーム6連敗のリヴァプール、クロップ「極端な状況。戦い抜く」 

スクリーンショット 2021-03-08 7.39.58

消えるリバプール守備陣…怪我人続出でCB務め続けたヘンダーソンも負傷、クロップ「あまり良くないようだ」 

スクリーンショット 2021-02-21 19.05.21

クロップ政権で初の3連敗。リバプールの“弱体化”を名伯楽ヴェンゲルはどう見た?「構成が変わって…」 

スクリーンショット 2021-02-15 21.27.16

クロップ、レンタル移籍を許可も南野拓実の力を疑わず「卓越したプロ。彼は自信をつけて戻ってくる」 

スクリーンショット 2021-02-03 9.54.27

「信頼していないという明確なメッセージ」クロップから“干され”続ける南野拓実の今後を現地メディアが懸念 

スクリーンショット 2021-01-27 8.52.27




1: 2021/01/27(水) 07:38:41.74 _USER9
カップ戦でも出場なし…南野の苦境は続く。(C)Getty Images

 プレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦でリーグ初ゴールを決めた他、その後も効果的なプレーを続けて歴史的大勝に大貢献したことで、現地メディアからの評価が一気に上昇した南野拓実だったが、そこからの公式戦7試合でのプレー時間はわずか68分にとどまっている。

【動画】南野拓実がプレミア初得点を挙げたクリスタルパレス戦の全ゴールハイライト

 FAカップ3回戦(対アストン・ビラ)でのスタメン出場(62分で交代)と、リーグ18節のバーンリー戦で終盤の6分間だけという、ユルゲン・クロップ監督の起用については、チームの不調も相まって、指揮官に厚い信頼を寄せてきたファンも、疑問と不満の声を上げるようになった。

 メディアからも、南野の出場を待望する声は多く出るようになっているが、それでも変わらぬ状況に、英国の総合サイト『HITC』は「クロップは700万ポンドのリバプール・プレーヤーに対して明確なメッセージを送った」と題した記事で、26歳の日本人選手の今後を危ぶんでいる。

 同メディアは、昨年1月にレッドブル・ザルツブルクから700万ポンド(約11億円)の移籍金で加入した南野が、多くのメディアが先発出場を予想したFAカップ4回戦のマンチェスター・ユナイテッド戦で最後までベンチを温め、さらにFWの交代でディボック・オリギが選択されたことで、「この日本代表選手が、どれだけ序列を下げているかを示している」と指摘した。
 
 このベルギー人FWは、以前からこの冬の移籍市場でチームを去ることが噂されているが、そんな彼がクロップ監督の指名を受けたのは、過去に重要なゴール(2018-19チャンピオンズ・リーグ決勝での決勝点など)を決めた実績があるからだろうと、同メディアは推測する。

 と同時に、南野がベンチで観戦を続けていることは、「彼を信頼していないとの明確なメッセージをクロップ監督が送った」と捉えた。

「リバプール加入以来、瞬間的に輝きを放つも、定位置を得るほどのクオリティーを見せることは少ない」という南野の今後については、「劇的な好転が見られない限り、アンフィールドでの滞在時間は短いものとなる危険性がある。ゆえに、彼は今後のキャリアについて、懸念を抱いているに違いない」と綴った。

 前述の通り、南野については称賛する声が多く寄せられている一方で、リバプールOBのジェイミー・キャラガー、元アーセナルのイアン・ライトら元選手から、チームの一員としての働きや力が不十分だと批判を受けてもいる。

 過密日程、ライバルの負傷離脱などにより、ポジション奪取のためのチャンスとされていたこの時期に訪れた思わぬ苦境……。南野はチャンスを得ることができるか。あるいは、ベンチに座り続ける試合が続くのだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/26900ab0acafd171f3b05afc4f252270e3af3072
1/27(水) 7:17配信

マンチェスター・U戦黒星で3試合勝利なしのリヴァプール…クロップ「この試合から何かを得る」 

スクリーンショット 2021-01-25 11.22.27

「衝撃ではない」リヴァプール無敗ストップ…クロップが出さねばならない“答え” 

スクリーンショット 2021-01-23 21.46.01

現地記者も頭を悩ます南野拓実の謎。クロップが語る「真の実力」はいつ見られるのか? 

スクリーンショット 2021-01-19 20.41.28

プレミア初得点の南野拓実を称賛するクロップ、起用法については「何よりもタキを起用したい」 

スクリーンショット 2020-12-20 8.53.47




1: 2020/12/20(日) 07:31:53.18 _USER9
リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、クリスタル・パレス戦後に南野拓実について言及した。

19日に行われたプレミアリーグ第14節でリヴァプールは敵地でクリスタル・パレスと対戦。この試合に前線の一角で先発出場した南野は、
開始わずか3分で待望のプレミアリーグ初ゴールとなる先制点をマークする。その後、チームは大量得点を奪って、クリスタル・パレスに7-0で勝利した。

試合後、クロップ監督はプレスカンファレンスで、先制点をマークした日本代表FWを前線か中盤どちらで起用することが理想的かと問われ
「何よりも、我々はタキを起用したい」と話し、起用法について続けて、この試合の活躍を称えた。

「我々のプレースタイルにおいて中盤にはオフェンシブスキルも求められる。これはタキが中盤でプレーできることを意味し、実際に2度プレーして、
良いプレーを見せた。さらに重要なこととして、彼はトレーニングで本当にシャープに見えるし、本当に調子が良い。だから、彼は今日プレーした」

「今日、彼は一番の試合をプレーしたし、良いフィニッシュだった。これこそ我々が求めていたものだ。ドレッシングルームで彼の姿をさっき見てきたが、
満面の笑みを堪えられないようだった。良い瞬間だ。彼は良い状態で、我々をよく助けてくれている」

https://news.yahoo.co.jp/articles/3bbf48ce92eb93978d165a4c9920644804f01b15



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索