Samurai Goal

クロップ


スポンサード リンク





コンテとクロップのパフォーマンスはやりすぎでは? 「コンテとクロップは走り回ることを許されてる」 

1: 名無しさん 2016/09/19(月) 19:29:54.01 ID:CAP_USER9
2人への審判の対応が甘いとの意見が

今節おこなわれたチェルシーとリヴァプールの一戦では、指揮官のユルゲン・クロップとアントニオ・コンテのアクションにも注目が集まった。2人とも感情を表に出すタイプの指揮官で、得点を決めた際のパフォーマンスは非常に熱い。それを楽しみにしているサポーターもいることだろう。

しかしクリスタル・パレスを率いるアラン・パーデューは、2人が少々動きすぎではないかと考えている。英『London Evening Standard』によると、パーデューは2人が自由にタッチライン際を動いているのに対し、他の指揮官にはそれが認められていないと不満を感じており、審判団の判断に一貫性がないと批判している。

「コンテとクロップは走り回ることを許されていて、我々にはその権利が全く与えられていない。先週の試合では第4審判が非常に早かったよ。私がボックスから15cmでも出れば、第4審判が下がるよう伝えてくる」

また、パーデューは前節ストーク・シティのマーク・ヒューズが退席処分になったことにも触れており、コンテやクロップへの対応が公平なものではないと考えている。

コンテとクロップの派手なパフォーマンスは選手たちを鼓舞し、見る者を熱くさせるものがある。しかし相手の指揮官にとっては、少しばかり動きすぎではないのかと不満に思う部分もあるようだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160919-00010017-theworld-socc

no title

バロテッリに戦力外通告!クロップ監督「はっきりとこちらの意思を伝えた」 

1: 名無しさん 2016/07/13(水) 12:44:09.67 ID:CAP_USER9
元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(25)が“クビ”を宣告されたようだ。リバプールのユルゲン・クロップ監督が明かしている。

 ルメッツァーネでキャリアをスタートさせたバロテッリは、インテルやマンチェスター・シティ、ミランを経て、バルセロナに移籍したFWルイス・スアレスの後釜として14年8月にリバプールに加入した。しかし、期待された結果を残すことができず、昨年8月にレンタルでミランに復帰。古巣でも結果を残せず、リバプールに戻ることとなった。

 今月2日から行われているプレシーズンキャンプにバロテッリも参加。英『ミラー』によると、バロテッリについてクロップ監督は「戻ってきてから、彼の態度はいい。決して、『誰がここのボスだ?俺がボスだ』とかいう感じじゃない」と改心したようだと話す。しかし、クロップ監督はバロテッリと今後について話し合い、「はっきりとこちらの意思を伝えた」として、バロテッリに戦力外通告を言い渡したことを明かした。

「1つか2つのポジションをめぐって、4人から5人の選手で争っている。彼が入るスペースはない。怪我をする以前の彼のような選手になってほしいし、依然として才能はある選手だ。そのことに疑いはない。クロス、ヘッド、トレーニングで見せるプレー、どれもワールドクラスさ。新しいマリオ・バロテッリを欲しがるクラブは必ず現れるだろう」

 バロテッリの新天地候補として中国や、クラブ史上初のセリエA昇格を決めたクロトーネ、サンプドリアなどのクラブが挙がっている。クロップ監督は「彼がいる間は、彼が調子を取り戻すためにできることはなんだってやるつもりだ」と語っているが、バロテッリの移籍先は見つかるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160713-01629200-gekisaka-socc
no title

クロップ監督、リバプールと異例の6年契約を延長! 就任9カ月で絶大な信頼をつかむ 

1: 名無しさん 2016/07/08(金) 19:57:25.37 ID:CAP_USER9
公式サイトで発表 英「BBC」は2022年までの6年契約と報じる
 
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、昨年10月の就任からわずか9カ月間で契約を延長した。リバプールが公式サイトで発表した。

英メディアが世界最強の「左利き」と「右利き」のベストイレブンを選出!

クロップ監督は「オーナーとクラブから示された献身に、自分自身、ゼリコ、ペーターがどんなに名誉に思っているのか表現するのが難しい。
我々は旅をまだまだ始めたばかり。この特別な場所とすでに絆を持てたのは信じられないよ」と語った。

クロップ監督は右腕であるアシスタントコーチのゼリコ・ブバッチ氏と、分析担当コーチのペーター・クラビッツ氏とともに長期契約を延長した。
クロップ氏はこれまで2018年6月まで、年俸総額1500万ポンド(約20億円)の好条件を手にしていたが、
英公共放送「BBC」によると2022年までの6年という、異例の長期契約になったとレポートされている。

リバプールは昨季8位に終わったが、
欧州屈指の名将はリーグカップとUEFAヨーロッパリーグで、チームを準優勝に導くなど確かな手腕を示していた。

Football ZONE web 7月8日(金)19時32分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160708-00010016-soccermzw-socc

公式サイト
http://www.liverpoolfc.com/

写真
no title

香川のような「掘り出し物」を求めて…リヴァプールでも変わらぬクロップの補強戦略 

1: 名無しさん 2016/06/19(日) 18:43:31.69 ID:CAP_USER9
ユルゲン・クロップ監督は、かつてボルシア・ドルトムントで日本代表MF香川真司を獲得したときのような
「掘り出し物」をリヴァプールでも探しているのかもしれない。
イギリス『リヴァプール・エコー』が同監督の補強戦略を論じている。

昨年夏まで7年間率いていたドルトムントを退任したクロップ監督は、
解任されたブレンダン・ロジャース前監督の後任として昨年10月からリヴァプールを率いることになった。
1年目は劇的に成績を改善させたというほどではなかったが、
シーズン途中からの指揮だったことは考慮に入れる必要があるだろう。

クロップ監督が本当の意味で自身のチームを築き上げていくのは、
シーズン前の補強やプレシーズンのトレーニングに携わる2016-17シーズンからとなる。
まずは、どういった新戦力を加えて自分の色を出していくのかが注目されるところだ。

来季に向け、すでにリヴァプールは数人の新戦力を確保している。
1月にはレッドスターからU-21セルビア代表MFマルコ・グルイッチの獲得が決定。
半年はレンタルでレッドスターに残っており、夏からリヴァプールに加わることになる。

続いて2月には、シャルケとの契約がこの夏に満了するDFジョエル・マティプが加入することが決定に至った。
5月にはマインツの正GKを務めていたロリス・カリウスの獲得も決まっている。

マティプやカリウスはブンデスリーガでの実績があるとはいえ、オファーを出していると
報じられるウディネーゼMFピオトル・ジエリンスキも含め、いずれも世界的なスター選手というわけではない。
『リヴァプール・エコー』も、「もしこの4人が昨夏加入すれば、ファンは疑問を抱いていただろう」と述べている。

だが、それこそがクロップ監督のやり方だ。ドルトムントでも比較的無名な選手を獲得し、
トップスターに育て上げた例として、バイエルン・ミュンヘンFWロベルト・レヴァンドフスキや
今夏バイエルンへ移籍したDFマッツ・フンメルスも挙げられている。

さらに、香川もクロップ監督が「発掘」した選手の一人だとして紹介。
「クロップが2度獲得したほど優れた選手」「クロップがバーゲン価格で獲得した中でもおそらく最高」
と称賛の言葉が述べられている。
2010年にドルトムントに一度目に加入した当時、国内では活躍していたとはいえ国際的にはまだ知られていなかった
香川だが、1年目からブンデスリーガ連覇に貢献するなどドイツで大きな飛躍を成し遂げた。
獲得に要したのは育成補償金35万ユーロ(約4000万円)であり、ドルトムントにとってはまさに掘り出し物となった。

ほかにもFWルーカス・バリオスやDFフェリペ・サンターナ、MFケヴィン・グロスクロイツ、
GKミチェル・ランゲラクも、クロップ監督が見出した成功例だとされている。
リヴァプール加入が決定した選手たちや、今後クロップ監督が新たに連れて来る選手たちも、
これらの選手の例に続くことが期待されるところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160619-00000014-goal-socc
no title

リバプール クロップ監督、バイエルンで構想外のMFマリオ・ゲッツェを32億円で獲得へ! 

1: 名無しさん 2016/05/22(日) 13:27:57.50 ID:CAP_USER9
今季8位に終わったリバプールが、復活の切り札として獲得を狙う

リバプールはバイエルン・ミュンヘンのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの獲得に近づいている。英地元紙「サン」によれば、リバプールはユルゲン・クロップ監督の元教え子の獲得交渉で、2000万ポンド(約32億円)での決着を望んでいるという。

 リバプールは今季のプレミアリーグで8位に終わった。決勝まで勝ち進んだUEFAヨーロッパリーグではセビージャに痛恨の逆転負けを喫してタイトルを逃し、来季は欧州カップ戦の出場権を獲得できなかった。

 再起を図る来季に向けて、リバプールは必死の補強策に出ている。すでにクロップ監督の古巣マインツから元ドイツU-21代表GKロリス・カリウス獲得に近づいているが、さらにゲッツェというドルトムント時代の愛弟子の獲得でチームを強化しようと目論んでいる。

 ゲッツェは肋骨骨折の影響で、21日のDFBポカール決勝を欠場した。来季新監督に就任するカルロ・アンチェロッティ氏の下ではレギュラーの座が確約されず、移籍を勧められており、バイエルンで活躍する望みは薄いという。

アーセナルも狙うが恩師の存在が強みに?

 レポートによれば、リバプールは数日のうちにゲッツェの獲得を決めたいと考えており、移籍金は2000万ポンドで交渉をまとめる算段をつけているようだ。アーセナルも獲得を狙っているというゲッツェ争奪戦において、恩師クロップの存在は大きな強みになるとも報じられている。

 ドイツ王者では不遇の時を過ごしたゲッツェ。復活のため、ドルトムントで栄光をともにした指揮官の元へ旅立つことになるのだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160522-00010012-soccermzw-socc
no title

タックルの数は870回! クロップ率いるリヴァプールが脅威のスタッツ残す!! 

1: 名無しさん 2016/05/17(火) 18:07:25.50 ID:CAP_USER9
クロップのスタイルが根付いている証拠か

今季途中にユルゲン・クロップを招聘したリヴァプールは、2011-12シーズン以降で
最も低い勝ち点60しか稼げずに8位でフィニッシュした。
クロップは8位が自身の思い描くポジションではないとコメントしており、もちろん満足していない。
しかし英『Daily Mirror』の紹介したスタッツを見ると、来季のリヴァプールは優勝争いにも絡めるのではと期待してしまう。

クロップのフットボールといえばとにかく激しく動き回り、縦に速い。
その攻撃的なスタイルはスタッツにも影響を与えており、今季のリヴァプールはリーグで最も多くの
縦パスを蹴っているチームとなっている。その本数は7448本で、とにかく縦にスピーディーに展開していることが分かる。

その姿勢は確実にチャンスに繋がっており、今季のリヴァプールはコーナーキック獲得数が265回でリーグ最多、
ペナルティエリア外からの得点も15点で最多となっている。
コーナーキック数が多くてもそれが得点に繋がらなければ意味はないが、
今のリヴァプールは確実に相手陣内でチャンスを作れるチームになっている。

またそれを支える激しい守備も健在で、今季リヴァプールが仕掛けたタックルは870回に及ぶ。
これもリーグ最多の数字で、とにかくリヴァプールのサッカーは激しい。
クロップは勝ち点を無駄に落としてしまった試合がいくつかあったと取りこぼしを悔やんでいたが、
今季途中に就任した割にチームにはクロップのスタイルがしっかりと根付いている。

同メディアはこれらのスタッツをクレイジーだと伝えており、リヴァプールのスタイルに驚いている。
また、クロップは今季34人もの選手を起用しており、
自身の求める激しいスタイルで1シーズン戦うための準備をしっかりと整えているように見える。
クロップは在任中にリーグ制覇を達成したいと語っていたが、これらのスタッツを見ると来季は期待しても良さそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160517-00010016-theworld-socc
no title

ユルゲン・クロップの魅力ってどこにある? 

1: 名無しさん 2016/04/26(火) 01:33:53.98 ID:Xiye8VqY0.net
熊みたい

no title

【画像】ELアンフィールドでのリバポ戦 途中交代の香川真司とタッチするクロップ! 

90: 名無しさん 2016/04/25(月) 23:23:22.41 ID:x7NC5avS0.net
【リバポ戦】香川&クロップ交代時写真
no title

クロップとトゥヘルの決定的な「差」。リバプールは何故大差を覆せたのか。 

1: 名無しさん
クロップとトゥヘルの決定的な「差」。
リバプールは何故大差を覆せたのか。
http://number.bunshun.jp/articles/-/825514
 歴史と経験の差は、目に見えない。でも、それは試合の行方を左右する重要なファクターとなる。

 2010年にELが始まってから、最もエモーショナルな試合の1つに数えられるリバプールとドルトムントの対戦でも、それが勝敗を左右した。

「サッカーの世界では2-0になって試合の行方が決まるということは、よくある。でも、ここアンフィールドでは、そしてリバプールというチームは、そうはならないんだ」

 リバプールのクロップ監督は、4-3の大逆転劇を演じた試合後にそう語った。

 一方のドルトムントで、今年に入ってから重要な試合でスタメンを外れることが多かった香川真司は、スタジアムに着くと、全選手のなかで4番目に早くロッカールームへ入った。この重要な試合に向けた準備に、いち早く取り組もうとしていたのだ。そんな彼も、バスがスタジアムに近づいていく過程で、リバプールファンとアンフィールド・ロードの作り出す雰囲気に、怖さのようなものを感じていた。

「試合前、バスが入っていくところでもすごい雰囲気でしたし、これこそがヨーロッパの戦いだなというのを感じました。このスタジアムで、今日のような勢いを持った相手と戦うのは怖いなと感じました」
戦術家トゥヘルが試合前に仕掛けたメンタル戦。

 ドルトムントのトゥヘル監督は、自身の判断基準を冷徹に貫いた選手起用と戦術でここまでのシーズンを戦ってきた。前任のクロップがリーグタイトルを手にしたときを上回る、クラブ史上最多ペースでリーグ戦の勝ち点を積み上げているのは、その成果だ。

 そしてシーズン途中で、前半戦の戦い方に躊躇なく手を加えたのもトゥヘルらしい。シーズン前半戦で23失点を喫した点が気に食わなかった。当時リーグ最下位だったホッフェンハイムに迫る数の失点をした守備を改善しようと、以前よりも守備と全体のバランスに重きを置いた戦い方へとシフトチェンジしていった。攻撃で相手を圧倒する試合は減ったが、その分だけ負けない強さは手にした。今年はまだ一度も負けていない。

 しかし、リバプール戦を前にトゥヘルは、その方針を改めた。

「我々はリスクを冒すために、攻撃をするためにここにやってきた。1ゴールではダメだ。2ゴール、あるいはそれ以上を奪いに行くんだ!」

 それまで戦術で戦ってきた彼が、選手のメンタル面に訴えかけたのだ。
http://number.bunshun.jp/articles/-/825514
no title

香川の交代は誤りだったのか? クロップらの「熱」に屈したドルトムントが逆転敗退 

1: 名無しさん 2016/04/15(金) 21:29:36.45 ID:CAP_USER*.net
4-3。
UEFAヨーロッパリーグ準々決勝、リヴァプール対ドルトムントのセカンドレグ(第2戦)は、
『クロップダービー』の名に恥じない、壮絶な打ち合いになった。
 たしか“3点”は、サッカーの試合におけるセーフティーリードとされたはずだが、そのような常識も、
クロップとアンフィールドが発する呆れるほどの熱量の前では無力だったのか。
 ドルトムントは、前節シャルケ戦でファンタジックなループシュートを決めた香川真司を先発メンバーに加えた。
 2戦合計180分の前半にあたるファーストレグこそ、守備的に戦ったドルトムントだが、
セカンドレグでは香川をトップ下に置く4-3-3を用い、攻撃に舵を切った。
 試合開始から9分間で、ヘンリク・ムヒタリヤンとエメリク・オーバメヤンがゴールネットを揺らし、
ドルトムントが2点を先行。リヴァプールは早々とアウェイゴールを2点許し、逆転するには“3点”が必要に。
いきなり苦しい状況に追い込まれた。
 そのリヴァプールの1トップは、ファーストレグに続き、ダニエル・スタリッジではなく、ディボック・オリギが先発。
裏へ飛び出す動き、スピードとパワーに長けたベルギー代表FWを置いた。
 オリギが飛び出し、それに続いて2列目からララーナ、フィルミーノらも飛び出す。
単発に終わらない、“飛び出しの連鎖”がドルトムントを襲った。
 しかし、ファーストレグでオリギに飛び出しの恐怖を植え付けられたドルトムントは、同じ轍を踏まず、
警戒心を強めて対応した。前半はリヴァプールにポゼッション率58%とボールを握られるも、
被枠内シュートは0。裏のスペースをしっかりと守り、決定的なシーンを作らせなかった。

 ところが、その次にリヴァプールがターゲットを定めたのが、ドルトムントの中盤の底のスペースである。

 後半開始直後の48分、リヴァプールは中盤からエムレ・ジャンがワンツーでカストロとヴァイグルを抜き去って
相手の中盤の底へ侵入。ドルトムントの最終ラインが足を止めた瞬間、スルーパスを送り、オリギが1点を返した。

 ドルトムントはゴンサロ・カストロが前掛かりになり、1人残ったユリアン・ヴァイグル周辺のスペースが空きやすい。
リヴァプールにとって、セカンドレグでは、この中央を突く攻撃が最も効果的だった。

 ところが、反撃ムードもつかの間。リヴァプールは57分にマルコ・ロイスに追加点を食らい、
1-3と突き放され、終始3点を追う展開に広げられてしまう。

 意気消沈してもおかしくないロイスの一撃だったが、しかし、直後の62分、クロップがこの試合でベストの一手を打つ。

 フィルミーノとララーナに代えて、ジョー・アレンとスタリッジを投入。システムを中盤ダイヤモンド型の4-4-2へ。
スタリッジとオリギが2トップを組み、トップ下にコウチーニョが入る。

 狙い所であるヴァイグル周辺のスペースに、最も調子の良いコウチーニョを置き、さらにドルトムントを攻め立てる。
21分、コウチーニョはミルナーとのワンツーでヴァイグルをかわし、得意のミドルシュートを叩き込んだ。これで2-3。
まだわからない。

 クロップ采配が見事に当たったコウチーニョのゴール。終盤にセットプレーの2発を呼び込むことになる、
この試合で最も重要なゴールだった。

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索