Samurai Goal

クロップ


スポンサード リンク





<クロップ監督>南野を3トップ以外でも起用する可能性を示唆「もっと多くのポジションでのプレーが可能」 

1: Egg ★ 2020/01/11(土) 01:03:58.78 ID:GLMnqEaW9
◇プレミアリーグ第22節 リバプール―トットナム(2020年1月11日)

 男子サッカー日本代表MF南野が加入したリバプールのクロップ監督が10日、トットナム戦の前日会見に出席。5日のエバートンとのFA杯3回戦で公式戦デビュー飾った南野に対し「私は彼のプレーが好きだ。3トップの一角やセカンドストライカーを含めもっと多くのポジションでプレーすることが可能だろう」と3トップ以外でも起用する可能性を示唆した。

 チームの基本フォーメーションは4―3―3で前線にFWサラー、FWフィルミノ、FWマネが並ぶ3トップは破壊力抜群だがエバートン戦では温存された。南野はその3トップ中央に入って先発し、後半25分までプレーした。クロップ監督は「完全に新しいチームのなか、彼(南野)にはマネなどサポートをしてくれる選手らと共にいなかった。そこで単独で何かをするというだけでなく、チームとして相手を崩そうというプレーが見られた。それは特別なパフォーマンスだった」と控え中心メンバーのなか、アピールしたい気持ちよりもチームを優先させたことを評価していた。

 主力温存により“万全の状態”で臨むトットナム戦の前線にはサラー、フィルミノ、マネが揃って先発することが濃厚。クロップ監督の発言から南野はMFミルナーが負傷離脱し薄くなった中盤での出場の可能性も。MFララーナや戦線復帰が濃厚なMFシャチリらを押しのけサプライズ出場なるか注目。ただ、エバートン戦で美しい決勝弾の決めた18歳のMFジョーンズや16歳の新星FWエリオットらも控えておりベンチ入りすることすら難しい状況も忘れてはな

1/11(土) 0:09配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-00000218-spnannex-socc

写真no title

<南野拓実>デビュー戦 先発なるか!?クロップ監督はメンバー入れ替え示唆「フレッシュな選手を入れる」 

1: Egg ★ 2020/01/03(金) 23:21:05.68 ID:1olClp4W9
リバプールに加入した日本代表MF南野拓実は、5日に行われるFAカップ3回戦のエバートン戦で新天地デビューを飾ることが見込まれている。ユルゲン・クロップ監督はこの試合に向けて先発メンバーを入れ替えて臨むことを示唆している

 1月の移籍市場でザルツブルクからリバプールに完全移籍した南野は12月31日からチームに合流。2日に行われたプレミアリーグ第21節のシェフィールド・ユナイテッド戦では登録の都合上まだ出場はできなかったが、本拠地アンフィールドでベンチ裏スタンドから試合を見守った。

 南野は中2日で行われるカップ戦の“マージーサイドダービー”での初出場が見込まれる。先発に起用されるのか交代出場なのかは不確定だが、クロップ監督はある程度先発メンバーを変更することを考えているようだ。英紙『ミラー』などがシェフィールド・ユナイテッド戦後のコメントを伝えた。

「(エバートン監督の)カルロ・アンチェロッティに教えるわけにはいかないが、自分にとって正しいと思う選択をする」とクロップ監督。「自分で決める部分もあるし、メディカル部門からの助言もあるだろう。先発がどうなるかは分からないが、現時点でのベストなメンバーになる」と語った。

 中3日での試合となるエバートンは大きくメンバーを変えることなくダービーマッチ勝利を狙ってくるとクロップ監督は予想。だが中2日となる自らのチームについては「フレッシュな選手を入れることになる。彼ら(エバートン)は昨日試合をしたが、我々は今日試合をした」と話している。

 南野は12月10日に行われたチャンピオンズリーグの試合でリバプールと対戦したあと、同14日に行われたザルツブルクの年内リーグ最終戦は欠場しており、約3週間のオフを過ごした形となる。まさに“フレッシュ”な選手だが、大一番での先発デビューを飾るチャンスもあるのだろうか。

1/3(金) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00356155-footballc-socc

写真
no title

<リバプールのクロップ監督>南野の起用法を強調!さまざまなポジションでの起用を試すことを示唆 

20200103-00238341-soccermzw-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2020/01/03(金) 08:16:55.82 ID:y9Wg04fW9
指揮官がチームに合流した南野の様子を語る 「ドイツ語が本当にうまい」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、加入したばかりの日本代表MF南野拓実について語った。現地時間2日に行われるプレミアリーグ第21節シェフィールド・ユナイテッド戦の前日会見の様子を公式サイトが伝え、合流初日の様子や獲得の理由について言及。そのなかで起用法についても触れ、「多くのオプションを持っている」とさまざまなポジションでの起用を試すことを示唆した。

 12月にリバプールへの移籍が決まった南野は、12月31日からチーム練習に合流し、1月1日に正式加入。クラブ公式SNSでは、エジプト代表FWモハメド・サラーやセネガル代表FWサディオ・マネらと一緒に汗を流す姿が公開されている。

 その翌日となる1月1日にクロップ監督がシェフィールド・ユナイテッド戦に向けた前日会見を行なった。今冬の移籍市場では1月1日、2日に加入した選手について第21節の出場が認められておらず、指揮官は「今回での同行は許されていないが、次回からはチームに同行させることを考えている」と、5日に行われるFAカップ3回戦のエバートン戦でメンバー入りさせる可能性を示した。そして、合流後の南野の様子について語っている。

「昨日から合流して軽いトレーニングを行なったが、彼はとても楽しんでいた。サディオ(・マネ)やナビ(・ケイタ)の対応が素晴らしく、ザルツブルクの系譜というかDNAなのだろうか、新加入選手に対して両手を広げて歓迎している。それはとても良いことで彼は驚いたかまでは分からないが、そう感じたことだろう。コミュニケーションについてはとても良いので英語も全く問題ないし、ドイツ語が本当にうまい。チームで話せるのは私だけだが、私とは話すことができる。昨日は少しだけ話した。今は慣れることが重要だからね」

 ギニア代表MFナビ・ケイタやマネといったザルツブルク出身の選手を中心にコミュニケーションを取っていた南野。オーストリアで6季過ごし、クロップ監督と意思疎通するうえでのドイツ語については問題ないようだが、まずは仲間と英語でのコミュニケーションに慣れる重要性を説いた。

1/3(金) 7:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200103-00238341-soccermzw-socc

「ミナミノに時間を与えてほしい」クロップが期待集まる新戦力に忍耐を求める 

20200102-00010001-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/02(木) 08:46:44.39 ID:F1YRkm369
リヴァプールのユルゲン・クロップ監督は、新加入の南野拓実への忍耐を求めた。

今シーズンのチャンピオンズリーグでの活躍が認められ、ザルツブルクから契約解除金725万ポンド(約10億3000万円)でリヴァプールに加入した南野。
サディオ・マネやナビ・ケイタらザルツブルク出身の選手がアンフィールドで躍動する中、1日に晴れて欧州王者の正式メンバーになった同選手に対して、クロップ監督をはじめ、クラブOBやメディアから大きな期待が集まる。

しかし、2日のシェフィールド・ユナイテッド戦前の会見でクロップ監督は、新加入の南野について「彼が落ち着ける環境が重要だから、現段階で彼はただ彼のままでいればいい」と話し、重圧を感じずにプレーしてほしいと主張した。

「我々相手にクレイジーなプレーを見せたザルツブルクのミナミノと契約したと私は彼に伝えた。彼がどのように適応していくか見守ることになる。
しかし、シーズンのこの時期、我々はすぐに彼を起用することになり、15週間の準備期間もない。
3月に彼が完成形になるかって?私にはわからない。
我々はこれからお互いのことを分かり合い始めるし、彼が必要な時にはいつだって助けたい」

「今の段階で、我々は本当に良いフットボールチームで、世界的なオフェンシブ選手も擁している。
5、6番手を受け入れさせるために彼を連れてきたわけではない。それに、彼はいくつものポジションでプレーできる。みんなが彼に時間を与えてくれればナイスだ」

2日の試合に登録の関係上プレーできない南野は、5日のFAカップ3回戦エヴァートン戦でデビューすることが期待されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00010001-goal-socc
1/2(木) 6:15配信

クロップ監督、南野の能力を称賛 最速1月5日デビューへ期待「一緒に働くのが楽しみ」  

20191224-00236736-soccermzw-000-9-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/24(火) 22:45:02.84 ID:cOyuc6ro9
24日の記者会見で南野に言及したクロップ監督 「彼のサッカースキル、そして…」
 リバプールのユルゲン・クロップ監督が26日のレスター・シティ戦に向けた記者会見で1月の加入が決まっている日本代表FW南野拓実に言及。能力の高さを称賛したうえで、「彼と一緒に働くのが楽しみ」と語った。リバプール公式サイトが指揮官のコメントを報じている。

 2014年からオーストリアのレッドブル・ザルツブルクでプレーしてきた南野はその活躍が認められ、現欧州王者のリバプールに1月1日付で加入することが決まった。違約金725万ポンド(約10億4000万円)は英国メディアでも“バーゲン”と言われ、複数ポジションをこなす万能性から貴重な戦力としての期待が高まっている。

 24日の記者会見でクロップ監督は南野の能力を改めてその能力を絶賛。チームに適応するまでの時間は必要としたが、確かな期待も口にしている。

「何よりもまず彼のサッカースキル、そしてタイトなエリアでの意思決定、スピード、ボールを奪い返そうという執念。ザルツブルクは我々と似たフィロソフィーを持っているので、カウンタープレッシングにも慣れている。それら全てが素晴らしいが、いざここにやってきた時には、どのように適応していくのかは様子を見る必要があるだろう。どうやって短期間でチームに馴染ませるというんだい? 長期的に見て、彼が我々の助けとなることは間違いない。彼と一緒に働くのが楽しみだよ」

 最速デビューは来年1月5日に予定されているFAカップ3回戦のエバートン戦とも報じられているが、クロップ監督は南野の加入を長期プランで考えている。出場機会を手にするためにも、ドイツ人指揮官のスタイルを熟知することが第一歩となりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191224-00236736-soccermzw-socc

クロップ監督、南野拓実について多くを語らず、日本人の特徴に言及!香川への指導は「最高の経験」  

1: Egg ★ 2019/12/14(土) 07:33:52.41 ID:4pRFmU+X9
ユルゲン・クロップ監督は、リヴァプール移籍が報じられる南野拓実について多くを語らなかったものの、日本人選手の特徴に関して口を開いた。

【動画】南野拓実、英紙でチーム最高評価…アンフィールドでスーパーボレー弾

今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)で、台風の目になることを期待されたザルツブルクの主力として活躍した南野。アンフィールドでの一戦で1ゴールを挙げてサポーターを魅了すると、先日のリヴァプール戦でも大きなインパクトを残した。そして、CL最終節の翌日以降、イギリスメディアが一斉にリヴァプールが南野獲得に動くと報道し、一部では来冬の移籍が確実視されている。

そんな中、14日に行われるワトフォード戦前の会見に出席したクロップ監督は、その場にいた日本人記者が挙手した際、「なぜ君はここにいるんだ?」と冗談交じりに言及。さらに「私たちはこれから頻繁に会うことになるだろうね」と日本代表MFの獲得を示唆するような発言を残している。

南野についての質問には「今言えることは何もない」と移籍についてのコメントを控えた一方で、「彼はとても良い選手だと言うことができる。しかし、ザルツブルクにはまだまだ見たいと思える以上の選手が何人もいた」と言葉を選びながら言及した。

また、南野の代わりにドルトムント時代に指導した香川真司について問われた同指揮官は「彼のことは大好きだ。最高で、スマート。シンジとの仕事は大好きだったし、最高の経験だった」と話し、日本人選手の特徴について自身の見解を示した。

「なぜかって?シンジに会うまで日本人選手のことについてほとんど知らなかった。私たちは彼の映像を見て、そして契約したんだ。確信はなかったが、最初のトレーニングの後の控え室で、コーチみんなで“オーマイゴッド!スーパープレーヤーを獲得した”と言いながら抱き合ったよ」

「日本人選手の姿勢は素晴らしく、スマートだ。いつも本当に良いテクニックを持っていて、運動量も素晴らしく、本当にダイナミックで、ナイスガイだ。今でも彼のキャリアを追っている。最高の経験だった」

GOAL12/14(土) 7:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00010001-goal-soc

写真
no title


【サッカー】<複数の英メディア>リバプール、南野拓実を来年1月獲得合意と報道!移籍金10.4億円。ザルツブルクSDクラブ間交渉認める★6
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576233715/

【サッカー】<南野拓実獲得を進言したのは選手たち!>リヴァプール、セレッソ大阪時代から注目していた日本代表FWを1月獲得へ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576207814/

「Minamino 2020」 南野、リバプール専門メディアが特集、来季加入に太鼓判「クロップは愛する」  

20191017-00223903-soccermzw-000-5-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/10/17(木) 08:08:16.92 ID:M8OABBKR9
代表とクラブで爆発中の南野 ユーティリティ性も評価「クロップは多様性を重視する」

ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は現地時間15日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第3戦のタジキスタン戦に先発出場し、2ゴールを奪う活躍で3-0の勝利に貢献した。
代表、クラブともに好調を維持する南野に対し、リバプール専門メディアは「Takumi Minamino 2020」と見出しを打って報じ、来夏の移籍市場で獲得に乗り出す可能性を取り上げている。

前半はタジキスタンに決定機を演出され、苦戦を強いられるも、0-0で迎えた後半8分、左サイドからMF中島翔哉(ポルト)がクロスを放り込むと、抜け出した南野がヘディングで叩き込み、先制点を奪う。
さらに直後の同11分、右サイドを突破したDF酒井宏樹(マルセイユ)が鋭いグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ南野が巧みなバックヒールで合わせ、ゴール左隅へと流し込んだ。

日本を勝利に導く殊勲の2ゴールを決めた南野に対し、リバプール専門メディア「リバプール・コム」が特集を組んでいる。
2日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のリバプール戦(3-4)でピッチに立った南野について「驚くべきパフォーマンスだった」と綴り、
要塞アンフィールドで欧州王者を相手に1ゴール1アシストと結果を残したことで、一気に補強リストへと名を連ねたことを主張している。

また、「南野はリバプール戦でどこでもプレーできることを示した。右ウイングでスタートし、その後、センターに入ると、
背番号10番の役割に落ち着いた」と、ユーティリティー性が際立っていたとし、「クロップは多様性を重視する。南野のように、新しい役割を担うことができ、
多くのポジションで一貫したレベルを示すことができる選手を、彼は愛する」と、ユルゲン・クロップ監督のお眼鏡に叶う可能性も指摘している。

これまでクロップ監督はドルトムント時代の日本代表MF香川真司(現サラゴサ)を筆頭に数多くの逸材をトッププレーヤーへと飛躍させてきた。南野はザルツブルクで今季公式戦11試合6ゴールを記録しており、
代表でもW杯予選3試合連続ゴールと破竹の勢いを見せている。24歳と脂の乗った年齢でもあるなか、果たして来夏にリバプール加入が実現するのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191017-00223903-soccermzw-socc

リバプールが南野拓実の獲得に関心? CLでの対戦で1G1Aの大活躍 

20191006-00341451-footballc-000-1-view[1]

クロップ監督、ブンデス制覇時の”笑撃”の泥酔騒動を告白「起きたら見知らぬガレージのトラックに…」  

20190908-00010000-sdigestw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/12(木) 15:38:16.84 ID:eKeBmuRm9
ブンデス制覇の歓喜に酔いしれすぎて…
 サッカー界屈指の熱血漢が、自ら犯した過去の“失態”を告白した。

 自らの過ちを明かしたのは、リバプールを率いるユルゲン・クロップ。言わずと知れた稀代のモチベーターである。


 英紙『Daily Mail』によれば、52歳のドイツ人監督指揮官がAmazonのドキュメンタリー内で明かしたのは、ドルトムントを率いてブンデスリーガ制覇を達成していた8年前のエピソードだ。

 当時のドルトムントは、欧州挑戦1年目を迎えていた日本代表MFの香川真司(現サラゴサ)やロベルト・レバンドフスキ(現バイエルン)、イルカイ・ギュンドアン(現マンチェスター・シティ)、マリオ・ゲッツェなどを擁し、怒涛の勢いで勝ち進み宿敵バイエルンを破って17年ぶりのブンデスリーガ制覇を成し遂げていた。

 自身にとっても初のマイスターシャーレ(ブンデスリーガの優勝トロフィー)の獲得は、クロップを狂わせてしまったようだ。当人は、「私は完全に酔っぱらっていた」と優勝決定直後の出来事を恥ずかし気に振り返った。

「その時のいくつかのインタビューを見ればそれが分かるかもしれないが、私は本当に“出来上がっていた”。前にも誰かに言ったかもしれないが、優勝を決めた後、私は目を覚ました時には知りもしないガレージにあるトラックの中で目が覚めたんだ。たったひとりでね(笑)」

 さらに「それまでの出来事は何も覚えていない」と続けるクロップは、ガレージで目を覚ました後の“笑撃”的なエピソードも口にした。

「目が覚め、トラックをよじ登ったら、自分が大きな工場のどこかにいることが分かり、それから私は中庭のような場所に出た。すると、そこで大きな男が横切ったのが見えた。私が指笛で呼び止めると、シルエットがどんどんと近づき、男がヴァツケ(CEO)だということが分かったんだよ。彼も私と同じように“迷子”になっていたんだ」

 その後、二日酔いもあって路頭に迷っていた二人は、街に戻ろうとヒッチハイクを決意。しかし、事は簡単には運ばなかったという。

「何台か止めたが、誰にも乗せてはもらえなかった。そこでヴァツケは、ある車を止めた時に、ポケットの中にあった200ユーロ(約2万5000円)をドライバーに出した。そうしたらあっさりと『OKだ』と言われたんだ。

 ヴァツケはその車の前に乗り、私は荷台に乗り込んだ。本当に疲れたよ。だって、荷台は鶏でいっぱいだったからね。私は永遠に彼らの鳴き声を聞き続けた。その時は『何が起きているんだろう? 夢か?』って思ったけど、鶏につつかれて夢じゃないことに気付いたのさ(笑)」

 それから8年が経ち、現在リバプールを率いているクロップ。もしも、今シーズンにレッズを30年ぶりのトップリーグ制覇に導いた時、彼は一体どうなってしまうのだろうか……。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00010000-sdigestw-socc

バルサでもがくコウチーニョ クロップの予言が的中「移籍すれば別の選手になってしまうだろう」  

10e05508-123d-9f5f-adf2-06b1f45d1675




1: 2019/01/12(土) 15:59:27.96
「ここに残るんだ!そうすればクラブは君の名誉像を建てる事になるだろう。どこか別の場所に行けば、君は別の選手になってしまうだろう。ここで君はさらなる選手になる事ができる」
クロップは2017年5月にコウチーニョにそのように語った。

結果的にその年の夏にPSGがネイマールを獲得し、バルサがコウチーニョの獲得に関心を示した後、選手本人はリヴァプールを離れ、2018年1月からチーム・ブラウグラナに加入する事を決断した。

同シーズン、彼はリヴァプールの一員としてチャンピオンズリーグのグループリーグに出場していたため、バルサでは同大会に出場する事が出来ないというハンディキャップを負っていたにもかかわらずだ。

今シーズンからコウチーニョは全ての大会に出場しているが、彼のパフォーマンスはかつてないほど疑問視されている。選手自身は満足のいく出場時間を与えられない事に不満を感じている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190112-00010006-sportes-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索