Samurai Goal

クロップ


スポンサード リンク





「参加は義務だ」このご時世で“全員集合”…クロップ、選手たちを集めて一緒に優勝決定を待った理由は? 

20200627-43481325-gekisaka-000-7-view

ルーニー「クロップは間違っている。簡単な方法でリバプールの時代は築ける」 

20200621-43481178-gekisaka-000-1-view

「クロップがすべてを変え、僕らはついていった」リヴァプール主将ヘンダーソンが感謝 

20200626-00010008-goal-000-3-view

リバプールを30季ぶりVに導きしクロップが優勝コメント! 「言葉にならないね。アンビリーバブル」 

20200626-00376760-usoccer-000-3-view

クロップが前半で南野拓実を交代させた理由は?ファンの評価は割れる「スピードがない」「中央の方が向いている」 

20200622-00010005-goal-000-5-view




1: 2020/06/22(月) 06:21:00.77
HTでの交代はクロップの新たな試み?

交代理由を明かす(C)Getty Images

エヴァートン戦で45分間のみのプレーに終わったリヴァプールFW南野拓実について、ユルゲン・クロップ監督が交代理由を明かした。

1月の移籍市場でリヴァプールに加入した南野。
プレミアリーグではなかなか出番を得られていなかったが、再開初戦となった21日の第30節のエヴァートン戦ではコンディション不良のモハメド・サラーに代わって先発出場を飾った。

チャンスを得た25歳FWだったが、攻守に奮闘するも好機にあまり絡むことができず。
結果を残せないまま前半のみで交代となった。
チームはスコアレスドローの引き分けに終わり、今節での優勝は持ち越しとなっている。

試合後クロップ監督は、南野の交代について言及。
再開から5人の交代枠が認められているが、
「試合前から5人の交代枠を使うことを考えていた。タキは良かった。
最初は少し難しかったが、ゲームに入れていた。
ハーフタイムでの交代はパフォーマンスとは関係ない。純粋に(5人の交代枠を)使ってみたかっただけだ」と明かした。

なお、現地でのファンの評価は割れている。リヴァプール専門サイト『Anfield Watch
』は、ツイッターで「ここまでのタクミ・ミナミノはどう?」と投稿すると、サポーターが続々と反応した。

「(ヴィルヒル)ファン・ダイクと同じチームでプレーするべきではない」や「ハーヴェイ・エリオットの方が良い」など否定的な意見も存在。その一方で「彼が任された役割を果たすスピードがない」、「よくやったけど、インサイドに入ってしまうため狭くなりすぎた」、「ミナミノは良い感じだけど、中央の方が向いている」、「悪くないけど、(ロベルト)フィルミーノの役割が合っているよね」というように、エヴァートン戦での役割は合っておらず、中央でのプレーの方が良さが生きるといった意見が多く見受けられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc8db53ac584316042e30950dbda176cd8cbc2a9
6/22(月) 6:13配信

「退団した時、20分間も泣いた」 香川、名将クロップとの“特別な師弟関係”に海外脚光 

20200618-00267520-soccermzw-000-1-view

マクマナマン氏、クロップのリバプール退団の可能性を指摘「バイエルンの誘いは断れない」 

20200611-00376039-usoccer-000-1-view

ついに28歳。クロップも絶賛していた「世紀の天才」ゲッツェがドルトムントで干されている理由 

20200603-00010014-goal-000-2-view

香川真司、スター選手らと堂々選出! 名将クロップ「最高の契約ベスト13」を英メディアが特集 

20200526-00263811-soccermzw-000-2-view




1: 2020/05/26(火) 23:25:41.41
 リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督の下で輝きを放った選手は数多い。
英メディア「GIVE ME SPORT」は「ドルトムントとリバプール時代のユルゲン・クロップの最高の契約ベスト13をランキング化」と特集。
世界屈指の名手が並ぶなか、MF香川真司(現サラゴサ)が堂々10位に選出されている。

 記事では「クロップは過去最悪の時期にリバプールを引き継ぎ、わずか4年でUEFAチャンピオンズリーグ(CL)の勝者に変貌させた。
彼はまた、リバプールをプレミアリーグ初優勝へと導こうとしている」と紹介。昨季、CLを制覇し、今季も初のリーグ制覇まであと2勝に迫っている。

 クロップ監督は、2008年から2015年までドイツのドルトムントを率いて一時代を築くと、2015年からリバプールで手腕を発揮。
そんな指揮官について、「クロップの監督としての成功は、移籍市場での優れた手腕にも起因する」と指摘している。さらに「クロップは掘り出し物を手に入れるコツを心得ており、多額の資金を投じても、大抵の場合は実を結んでいる」と記し、クロップ監督の“鑑識眼”を称賛した。

 クロップ監督がドルトムントとリバプールで契約を結んだ選手の中から、英メディアが「最高の契約ベスト13」をランキング化。そのなかで10位に食い込んだのが香川だ。

 現在31歳の香川は2010年、セレッソ大阪からドルトムントへ移籍。移籍金はなく、育成補償金として35万ユーロ(当時約4000万円)がC大阪に支払われた。
1年目からスタメンに定着した香川は、クロップ監督の下で存在感を発揮。リーグ戦18試合8ゴールの活躍で優勝に貢献すると、翌シーズンも31試合13ゴールの結果を残し、2年目にはクロップ監督とともにリーグ連覇とDFBポカールの2冠を達成した。

 記事では「クロップは実際には香川と2回契約を結んでいる。今回の選出は、香川が最初に契約した時のものだ」と指摘。ドルトムントで活躍後、2012-13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドへ移籍した香川は、2014-15シーズンにドルトムントへ帰還。
その後2018年夏まで在籍し、古巣復帰後はクロップ監督と1年間のみ共闘している。

 クロップ監督の下でドルトムントがリーグ連覇を成し遂げたインパクトは大きく、「香川は、ドルトムントが2010年と2011年にブンデスリーガで連覇した時、重要な役割を果たした。彼は(2シーズン)公式戦71試合で29ゴールを挙げ、2012年にマン・ユナイテッドへ移籍した」と言及。
センセーションを巻き起こした香川の存在も高く評価されている。

 その一方、ランキングで上位に食い込んだのは、3位元ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(ドルトムント)、2位ポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)、1位オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)。いずれも世界屈指の存在へと成長を遂げた選手ばかりだ。
なかでもファン・ダイクに関しては、「現在、世界最高のディフェンダーとしての地位を確立」と称賛している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200526-00263811-soccermzw-socc

クロップがベルナーに接触か…リバプール移籍の可能性は「非常に高い」 

20200525-43480506-gekisaka-000-2-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索