Samurai Goal

クロアチア代表


スポンサード リンク





【速報】クロアチアが返上点!!フランスのリード変わらず!![2-4] 

get20140619_0034-500x320

【速報】フランス、更に追加点!!クロアチア、ピンチ![4-1] 

DiKOgWoWAAEDQS-

【速報】フランスが追加点!!クロアチアに大きくリード[3-1] 

20180713_paul-pogba562

【速報】前半終了!!「フランス×クロアチア」フランスリードで後半へ!![2-1] 

DiKEgAOWAAACdw8

7月15日(日)の日本時間24:00に2018 FIFAワールドカップ ロシアの決勝、フランス対クロアチアの一戦がキックオフを迎えた。

試合開始から両チーム、一進一退の攻防が続くも、シュートまでのチャンスは掴めないまま時間が経つ。

しかし、前半18分、右サイドで得たフリーキックからフランスが先制する。グリーズマンが上げたボールはマンジュキッチに当たり、そのままゴールに吸い込まれていった。

前半27分にクロアチアが追いつく。中央で得たフリーキックをモドリッチが上げ、ヴルサリコが折り返す。そのボールをペリシッチが受けると左足でシュートを放つ。相手DFに当たったシュートはゴール左下に決まった。

前半34分にフランスが勝ち越す。右から上がったコーナーキックにペリシッチがハンドを犯してしまい、PKを献上。キッカーのグリーズマンがゴール左下に落ち着いて決めた。

前半はこのまま終了。試合途中から雨が降りしきるルジニキ・スタジアムでどんな結末になるのか、運命の後半戦へ。

(文:SPORT)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010000-sportes-socc

【速報】フランスが逆転PK弾!!クロアチアにリード[2-1] 

antoine-grie

【速報】クロアチア返上点!!フランス試合振り出しに!![1-1] 

o0800045012977624889

【速報】先制点はフランス!!クロアチアにリード[1-0] 

07d3e72e069cce3

【速報】“決勝戦”「フランス×クロアチア」スタメン発表!! 

20180715_worldcup

ロシア・ワールドカップ決勝、フランス代表とクロアチア代表の一戦のスターティングメンバーが発表された。


ワールドカップもついに決勝。20年前のフランス大会では準決勝で激突したチームが、決勝で顔を合わせることとなった。ワールドカップで対戦するのは、その時以来で20年ぶりとなる。

フランスのスターティングメンバーはいつもどおりの11人に。ウーゴ・ロリスが最後方に構え、中盤にはポール・ポグバ、ヌゴロ・カンテが入り、最前線にはキリアン・ムバッペ、アントワーヌ・グリーズマン、オリヴィエ・ジルーの3トップがそろった。

クロアチアは、ルカ・モドリッチとイヴァン・ラキティッチ、マルセロ・ブロゾヴィッチの3センターで、前線は右からアンテ・レヴィッチ、マリオ・マンジュキッチ、イヴァン・ペリシッチというお馴染みのメンバーが並ぶ。決勝トーナメントに入ってから3試合連続で延長戦を戦っており、メンバーもほぼ固定しているため、疲労が懸念されるところだ。

両チームのスタメンは以下の通り。

【フランス代表スターティングメンバー】

GK
1 ウーゴ・ロリス
DF
2 ベンジャマン・パヴァール
4 ラファエル・ヴァラン
5 サムエル・ウムティティ
21 リュカ・エルナンデス
MF
6 ポール・ポグバ
13 ヌゴロ・カンテ
10 キリアン・ムバッペ
7 アントワーヌ・グリーズマン
14 ブレーズ・マテュイディ
FW
9 オリヴィエ・ジルー

【クロアチア代表スターティングメンバー】

GK
23 ダニエル・スバシッチ
DF
2 シメ・ヴルサリコ
3 イヴァン・ストリニッチ
6 デヤン・ロブレン
21 ドマゴイ・ヴィダ
MF
7 イヴァン・ラキティッチ
10 ルカ・モドリッチ
11 マルセロ・ブロゾビッチ
FW
4 イヴァン・ペリシッチ
17 マリオ・マンジュキッチ
18 アンテ・レビッチ


Goal編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00010011-goal-socc

ハリル氏のW杯決勝予想『クロアチアよりフランス...かも』 

post_23159_hariru
1 2018/07/15(日) 12:15:17.21 _USER9
日本代表前監督のヴァイッド・ハリルホジッチ氏が、フランス代表とクロアチア代表が対戦するロシアワールドカップ決勝に向けた展望を語った。
クロアチア『スポルツケ・ノヴォスティ』紙が13日付でインタビューを伝えている。

ワールドカップまで2ヶ月あまりとなった今年4月に日本代表監督を電撃解任されたハリルホジッチ氏は、その後自宅のあるフランスへ帰国して大会を見守った。
クロアチアの強豪ディナモ・ザグレブを率いた経験もある同氏にとっては、馴染み深い2ヶ国の代表チームが決勝で激突することになった。

ハリルホジッチ氏は、決勝を控えたフランス国内には楽観論が強いと説明。「今の時点ではフランスの方がクロアチアより強いかもしれない。より優れているという自信があり、楽観視されている」と語る。

3試合連続で延長戦を戦ってきたクロアチアに疲労が蓄積している可能性も指摘しつつ、「個人としてはフランスの方が優れているかもしれない」とハリル氏。
だが「クロアチアはより経験豊富だ」として、「何が起こるか分からない大一番だ。日曜日に見てみよう」と明確な勝敗予想は避けている。

今大会での活躍を特に高く評価されているクロアチアのMFルカ・モドリッチについては、ハリルホジッチ氏も「素晴らしい」と称賛。
イバン・ペリシッチやマリオ・マンジュキッチの貢献にも言及した上で、「今大会で特に印象的な選手を選ぶとすればGKたちだ」という考えを述べた。

「(ダニエル・)スバシッチや(ジョーダン・)ピックフォードや(ウーゴ・)ロリスは、それぞれのチームの準決勝までの戦いの中で大きな役割を果たしてきた。
この中の一人が大会最優秀選手に選ばれたとしても、おかしな選択ではないだろう」と各国守護神の活躍ぶりを強調している。

7/15(日) 7:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00281521-footballc-socc

【議論】クロアチアを追放されたカリニッチに“メダル”を渡す?渡さない? 

1 2018/07/15(日) 09:42:20.63 _USER9
広報部長は「選手たちがどう考えるかだね」

悲願のワールドカップ初優勝に向け、いよいよフランスとの一大決戦を迎えるクロアチア代表。下馬評ではやや劣勢を強いられているが、延長戦やPK戦を勝ち抜いてきたメンタルタフネスは尋常ではなく、チームとしての団結力も特筆に値する。
 
 そんなバルカンの雄だが、実は最終登録の23名よりひとり少ない22名で戦ってきたことを忘れてはいまいか。グループリーグ初戦のナイジェリア戦のあと、30歳の熟練FWニコラ・カリニッチが追放処分を受けたからだ

 ズラトコ・ダリッチ監督が怒り狂ったのは、ナイジェリア戦でのカリニッチの振る舞いだった。ゲーム終盤の85分に途中出場を命じたところ、「背中に痛みがあるから出れない」と拒否したのだ。前日練習でも直前練習でも問題なく身体を動かしていただけに、指揮官はこれを虚偽と見なし、先発落ちに対する反抗的な態度と受け止めたのだ。一枚岩の闘う集団が形成されるなか、ダリッチ監督はチームの弊害となり得るカリニッチを切り捨てた。ミランのストライカーはすぐさま、開催地ロシアを去ったのである。
 
 
 誰もが忘れかけていた事件だが、決勝を前日に控えた記者会見の場で、クロアチアの報道陣がクロアチア・サッカー協会のメディアオフィサーであるトミスラフ・パカク氏に、「もし優勝してもカリニッチにメダルは授与されないのか?」と問いかけた。広報部長は優しい口調で「どうだろう。様子を見るしかない。なによりもほかの選手たちがどう考えるかだろうね」と私見を述べたうえで、協会としての決定は下していないと答えている。
 
 FIFA(国際サッカー連盟)の登録上は、いまでもカリニッチはクロアチア代表の正式メンバーである。メダルの色が金になるのか銀になるのかは分からないが、さすがに怪我で離脱しわけでなく、追放された選手の手元には……。前代未聞のシチュエーションだけに、結末が気になるところだ。

7/15(日) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180715-00043971-sdigestw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索