Samurai Goal

クルトワ


スポンサード リンク





「クルトワ、黙ったらどうだ?」レアルGKの発言にスペイン紙が反論 

20200507-43480093-gekisaka-000-1-view

自宅待機中のクルトワがファンの質問に回答…日本通な一面も? 

20200326-01050545-soccerk-000-8-view




1: 2020/03/29(日) 20:18:37.83
 新型コロナウイルスの影響により、選手たちにも自宅待機が余儀なくされるなか、レアル・マドリードのベルギー代表GKティボー・クルトワが自身の公式ツイッター上でファンから寄せられた様々な質問に答えた。

 3月25日に「#AskThibaut」のハッシュタグを付けて質問するよう呼びかけると、サッカーに関することからプライベートまで、多岐にわたるコメントが。スペイン紙『アス』電子版は、その中からいくつかをピックアップして紹介している。

――レアル・マドリードでの最高の瞬間は?
スーペルコパ・デ・エスパーニャでの勝利と、ホームのクラシコでの勝利。

――最も好きなF1ドライバーは?
ミハエル・シューマッハ。

――好きなNBAプレーヤーは?
ダラス・マーベリックス所属のルカ・ドンチッチ。

――子供の頃に好きだったレアル・マドリードの選手は?
イケル・カシージャス。

――子供の頃に好きだったGKは?
カシージャスとエドウィン・ファン・デル・サール。

――家族の中では一番背が高い?
そのとおり。ただ、弟は196センチ、父親は193センチあって長身ぞろいの家族なんだ。

――GKじゃなかったら、どのポジションでプレーしたい?
子供の頃は左サイドバックでプレーしていたよ。でも、昨年のバレンシア戦でヘディングシュートを打ってからはFWも悪くないと思い始めている。

――自己最高のシュートストップは?
2018年のロシア・ワールドカップでネイマールのシュートを止めたシーン。

――ピザにパイナップルはあり? なし?
もちろん、なし!

――自宅待機中は何をしているの?
トレーニングやテレビゲーム、テレビドラマ鑑賞、子供たちとビデオ通話。

――好きなスペイン料理は?
一般的なタパス全般。

――レアル・マドリードで一番足が速い選手は?
ヴィニシウス・ジュニオール。

――引退した選手の中で、一緒にプレーしたいのは?
元ブラジル代表FWのロナウド。

――ほかの選手と交換したユニフォームの中でお気に入りは?
初めてカシージャスと交換したユニフォーム。

 そのほか、「好きな食べ物は?」という問いには「日本料理」と回答も。箸や弁当、寿司の絵文字が添えられており、日本通な一面ものぞかせている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200326-01050545-soccerk-socc

カシージャスですら達成できず…クルトワがクラシコで約半世紀ぶりの偉業 

20200302-00010021-goal-000-7-view

5試合連続零封のクルトワに自信「批判があるのは僕が世界最高のGKだから」  

20191114-00364448-usoccer-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/17(日) 22:40:21.12 ID:Ts35wXNF9
レアル・マドリーに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが自身に対する批判について言及している。スペイン『アス』が伝えた。

2018年夏に鳴り物入りで加入したものの、安定しないパフォーマンスに、昨季は混迷極めたチームの成績の悪さもあり、批判に晒されることが少なくないクルトワ。今季も開幕から失点が絶えず批判の的に。

とりわけ、前半で交代させられた先月のチャンピオンズリーグ(CL)のクラブ・ブルージュ戦では、試合後に一部メディアからマドリディスタの厳しい批判に対処できず、不安発作を起こしているのではないかとあらぬ噂が流された。後にクラブが医師の診断結果を明かす異例の声明を出すなど、思わぬ騒動に発展していた。

しかし、直近5試合でクリーンシートを達成し、ラ・リーガやCLでも上位をキープするチームに貢献。マドリー加入以降、最長となる5試合連続無失点で自身も調子を上げている。

ユーロ2020予選の第9節と10節を戦うため、ベルギーに戻ったクルトワは記者団に対して、批判は期待からくるものだと主張。メディアなどからの厳しい意見もあったが、ジネディーヌ・ジダン監督からは信頼を感じていたようだ。

「僕はメディアを気にしない。監督やチームメイトが言うことだけに注意を払っているよ」

「自身の能力を疑うことはないんだ。僕は世界最高のGKの1人だ。それが時に批判する理由になってしまっているけどね」

「僕は落ち着いているよ。セルタ戦やセビージャ戦、アトレティコ・マドリー戦、その他の試合でも好セーブを見せてこれたからね。良い状態でプレーできているし、良い形でシーズンを始められることはわかっていたことだ。これからも続けていかなければならないね」

「ジダン監督からファーストチョイスで居続けるよう言われたんだ。そして集中を続けるよう要求された。彼は僕をいつも信じてくれていた」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00364448-usoccer-socc

「世界最高GKのはずだった…」「カネの無駄」マドリーで不振に喘ぐクルトワに非難殺到! 

20190920-00010001-sdigestw-000-1-view[1]

レアルGKナバスがPSG移籍へ 代役として仏代表GKとトレード移籍を交渉中  

1: 豆次郎 ★ 2019/08/29(木) 11:04:03.34 ID:dCuhjIr39
8/29(木) 10:20配信
レアルGKナバスがPSG移籍へ 代役として仏代表GKとトレード移籍を交渉中

ナバスがPSG移籍で合意報道、GKアレオラとトレードか

 レアル・マドリードはコロンビア代表GKケイラー・ナバスの移籍でパリ・サンジェルマン(PSG)と合意に達したようだ。そして、代役としてフランス代表GKアルフォンス・アレオラの獲得を交渉中だとスペイン紙「AS」が報じている。


 2014年からレアルでプレーするナバスはこれまでにUEFAのチャンピオンズリーグ優勝3度に貢献してきた。しかし、昨夏にベルギー代表GKティボー・クルトワが加入したことにより第2GKに降格。出場機会を求めて移籍の可能性が浮上していた。

 コスタリカの地元紙「La Nacion」では現地時間28日付で、レアルとPSGがナバスの移籍で合意し、すでにジネディーヌ・ジダン監督に別れを告げたと報じられていた。AS紙もこれを認めた。

 レアルはGKのバックアッパーだったウルグアイ代表GKアンドリー・ルニン(→バジャドリー)と元U-20フランス代表GKルカ・ジダン(→ラシン・サンタンデール)を今夏にレンタル移籍させている。ナバスも放出となれば選手層に不安が浮き彫りとなるなかで、PSGとアレオラを含めたトレードを交渉中だという。

 アレオラは2015-16シーズンにビジャレアルに期限付き移籍してスペインでのプレーも経験済みだ。ASも「マドリードのファンはケイラーがチャンピオンズリーグ3度の優勝に貢献したことを忘れはしないが、これは非常に賢明な移籍になるだろう」と、アレオラとナバスのトレードは理にかなったものだと指摘している。

 フランス代表MFポール・ポグバやブラジル代表FWネイマールなど攻撃陣のビッグネーム獲得の噂に注目が集まるなかで、ナバスの移籍交渉がまもなく完了となるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190829-00213643-soccermzw-socc
no title

ベイル+ハメス+ナバス+125億円! ネイマール獲得を狙うマドリーのメガオファーにパリSGの回答は… 

20190822-00063147-sdigestw-000-5-view[1]

レアル悲劇40日間で7選手負傷 今夏獲得4選手も 

20190821-08210550-nksports-000-3-view[1]

クルトワの発言に“批判殺到”した事に対し、チェルシーファンに理解を求める 

キャプチャ
 レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、自身への批判に対してコメントした。イギリス紙『スカイスポーツ』が8日に伝えている。

 現在26歳のクルトワは、2014年にチェルシーに加入。正守護神の座を勝ち取り、2015年、2017年にはプレミアリーグ優勝に貢献した。今夏、自身の夢でもあったレアル・マドリード移籍を実現させた。

 しかし、デビュー戦後に「レアル・マドリードのレベルはチェルシーよりも高い」と発言したことで、チェルシーファンから批判が集まっていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827610-soccerk-socc

クルトワの発言にチェルシーサポが“ブチギレ”『レアルの方が上』 

GettyImages-666219984-800x533
1 2018/09/04(火) 21:26:19.30 _USER9
9/4(火) 21:21配信 GOAL

今夏レアル・マドリーに加入したGKティボー・クルトワのコメントに対し、チェルシーファンが激怒している。

2011年にチェルシーへと移籍し、3年間アトレティコ・マドリーにレンタルされたクルトワ。2014年の復帰後、当時のジョゼ・モウリーニョ監督のもとでGKペトル・チェフから正守護神の座を勝ち取った。2015年、2017年にプレミアリーグ優勝を経験後、今夏自身の希望でもあったレアルへ移籍している。

26歳のベルギー代表GKは『デイリー・メール』に対し、レアルの印象を以下のように語っている。

「トレーニングを見れば、レアル・マドリーのレベルが高いとわかると思う」

「今は、セルヒオ・ラモスのような世界最高のDFとともに毎日経験を積んでいる。レアル・マドリーのレベルはチェルシーよりも高いね」

「(レアル本拠地)サンチャゴ・ベルナベウは、(チェルシー本拠地)スタンフォード・ブリッジより2倍は大きい。もちろん、まったく違う感覚がある。上を見れば人々の壁が見えるよ。一方、スタンフォード・ブリッジでは、空やスタンドの後ろのホテルが見えてしまうね」

この発言に、チェルシーファンが激怒。「無礼すぎる」や「クルトワはガキ。チェルシーから出てってくれて嬉しいね」など批判の投稿が相次いでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00010003-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索