Samurai Goal

クルトワ


スポンサード リンク





クルトワの発言に“批判殺到”した事に対し、チェルシーファンに理解を求める 

キャプチャ
 レアル・マドリードに所属するベルギー代表GKティボー・クルトワが、自身への批判に対してコメントした。イギリス紙『スカイスポーツ』が8日に伝えている。

 現在26歳のクルトワは、2014年にチェルシーに加入。正守護神の座を勝ち取り、2015年、2017年にはプレミアリーグ優勝に貢献した。今夏、自身の夢でもあったレアル・マドリード移籍を実現させた。

 しかし、デビュー戦後に「レアル・マドリードのレベルはチェルシーよりも高い」と発言したことで、チェルシーファンから批判が集まっていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00827610-soccerk-socc

クルトワの発言にチェルシーサポが“ブチギレ”『レアルの方が上』 

GettyImages-666219984-800x533
1 2018/09/04(火) 21:26:19.30 _USER9
9/4(火) 21:21配信 GOAL

今夏レアル・マドリーに加入したGKティボー・クルトワのコメントに対し、チェルシーファンが激怒している。

2011年にチェルシーへと移籍し、3年間アトレティコ・マドリーにレンタルされたクルトワ。2014年の復帰後、当時のジョゼ・モウリーニョ監督のもとでGKペトル・チェフから正守護神の座を勝ち取った。2015年、2017年にプレミアリーグ優勝を経験後、今夏自身の希望でもあったレアルへ移籍している。

26歳のベルギー代表GKは『デイリー・メール』に対し、レアルの印象を以下のように語っている。

「トレーニングを見れば、レアル・マドリーのレベルが高いとわかると思う」

「今は、セルヒオ・ラモスのような世界最高のDFとともに毎日経験を積んでいる。レアル・マドリーのレベルはチェルシーよりも高いね」

「(レアル本拠地)サンチャゴ・ベルナベウは、(チェルシー本拠地)スタンフォード・ブリッジより2倍は大きい。もちろん、まったく違う感覚がある。上を見れば人々の壁が見えるよ。一方、スタンフォード・ブリッジでは、空やスタンドの後ろのホテルが見えてしまうね」

この発言に、チェルシーファンが激怒。「無礼すぎる」や「クルトワはガキ。チェルシーから出てってくれて嬉しいね」など批判の投稿が相次いでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00010003-goal-socc

レアル“守護神”、遂にクルトワへ世代交代!?まだナバスにも勝機あり? 

GettyImages-900959558-800x533
26日にリーガ・エスパニョーラ第2節、敵地モンティリビでのジローナ戦に臨むレアル・マドリーだが、この試合でGKティボ・クルトワが先発を果たすことが濃厚となった。25日付のスペイン『マルカ』が1面で報じている。

今夏の移籍市場で、チェルシーから鳴り物入りでレアル・マドリーに加わったクルトワ。しかしジュレン・ロペテギ監督は、クルトワのコンディションがまだ整ってはいないと判断し、今季ここまでは昨季までの守護神ケイロール・ナバスを起用し続けていた。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000016-goal-socc

クルトワ“レアル加入会見”に登場!!『今日、夢が実現した』 

GettyImages-1013781176-800x533

 チェルシーからレアル・マドリードへの加入が決まったベルギー代表GKティボー・クルトワの移籍手続きが完了した。9日に両クラブが発表している。同選手は同日、レアル・マドリードの加入会見に臨んだ。

 クルトワのレアル・マドリード加入合意は8日に発表されたが、翌9日に移籍手続きが完了。6年契約にサインし、本拠地のサンティアゴ・ベルナベウで加入会見に臨んだ。


 会見に同席したフロレンティーノ・ペレス会長は「日々向上し、我々を助けてくれる素晴らしい選手の一人がクラブにやってきた。今日、我々は先のW杯の最優秀GKがレアル・マドリードに来たことを歓迎する」とコメント。「今日から君は、不可能という言葉が決して存在しないクラブの一員になる。世界で最も権威があ、要求の厳しいクラブで挑戦に立ち向かう。そのことに感謝しているよ」とメッセージを贈っている。

 そしてクルトワは「会長の言葉に感謝しています。今日、夢が実現した。世界最高のクラブに加入することは責任と誇りを伴うんだ。ここにいることを可能にしてくれた全ての人に感謝している」と喜びを語っている。

 クルトワは2009年、当時17歳でヘンクのトップチームデビューを飾った。2010-11シーズンにはリーグ優勝の立役者となり、リーグ最優秀GKとクラブのシーズン最優秀選手に選出。2011年にチェルシーに移籍すると、すぐさまアトレティコ・マドリードへレンタル移籍し、3シーズンでリーガ・エスパニョーラ111試合に出場した。2014年にチェルシーへ復帰し、レギュラーに定着。4シーズンでプレミアリーグ126試合に出場するとともに、リーグ優勝2回、FAカップ優勝1回に貢献した。

 なおクルトワは2018 FIFAワールドカップ ロシアにベルギー代表として出場。史上初の3位入賞に大きく貢献している。


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-00809246-soccerk-socc

レアルマドリード『ナバス×クルトワ』真の守護神はどちらに決まる…!? 

GettyImages-962949840-horz-800x533
1 2018/08/09(木) 08:47:57.84 _USER9
これまでレアル・マドリーのゴールを守ってきたGKケイラー・ナバスは、GKティボー・クルトワとの競争にあってもクラブを離れる考えは持っていないようだ。現地ジャーナリストの取材に対して「ここを離れることを望むのは死ぬのと同じだ」と述べたと、スペインメディア『アス』が報じている。

 クルトワが所属するチェルシーは8日、同選手の移籍についてR・マドリーとのクラブ間合意が成立したと発表した。これによってワールドクラスのGK2人が併存する形となるが、コスタリカ代表の守護神は激しい競争を避けるつもりはない模様だ。

 記事では「彼が心変わりしない限り、ジュレン・ロペテギ監督は2人の有能なGKの間で迷うことになる」と指摘。どちらかのGKが出場機会を失うのか、それともコンペティションに応じて使い分けるのか、新指揮官の選択にも注目が集まりそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-01658389-gekisaka-socc

【正式発表】クルトワがレアルに完全移籍、コバチッチはチェルシーにローン移籍決定!! 

キャプチャ
 チェルシーは8日、GKティボー・クルトワ(26)がレアル・マドリーに完全移籍することでクラブ間合意に達したと発表した。

一方、R・マドリーのMFマテオ・コバチッチ(24)が1年間のローン移籍でチェルシーに加わるという。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180809-01658241-gekisaka-socc

“クルトワ獲ってナバスを手放す”レアルの方針に賛否両論の意見!! 

キャプチャ
レアル・マドリーが、現地時間6日中にもチェルシーに所属するベルギー代表GKティボ・クルトゥワの獲得を決める見通しとなった。スペイン『マルカ』が報じている。

クルトゥワのレアル・マドリー加入が、ついに時間の問題となった。

『マルカ』によれば、同選手はチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督に、退団を容認するよう懇願したとのこと。

レアル・マドリーはこのことを受けて、6日中にも同選手を獲得できることに自信を持っているという。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000030-goal-socc

「日本戦とブラジル戦、永遠に忘れない」ベルギーの守護神クルトワがW杯を振り返る 

ece50564-s
1 2018/07/19(木) 09:51:58.45 _USER9
ワールドカップで3位となったベルギー代表。

好プレーを連発した守護神ティボー・クルトワは、『Golden Glove』を受賞する圧巻の活躍を見せた。

『Sporza』によれば、今大会の思い出となる瞬間について聞かれるとこう答えたそう。

ティボー・クルトワ(ベルギー代表GK)

「2つの瞬間があった。

ひとつは0-2から逆転した日本戦、もうひとつは勿論ブラジルを撃破したことだ。

ネイマールのシュートに対するセーブはクライマックスだったね。

これらの瞬間は永遠に忘れないだろう」

https://qoly.jp/2018/07/17/courtois-on-japan-match-iks-1

ベルギー“守護神”クルトワ、レアル移籍が現実的に!!ナバスと世代交代か 

news_160614_1
1 2018/07/15(日) 12:37:08.08 _USER9
チェルシーのベルギー代表GKティボー・クルトワが、レアル・マドリードへの移籍に近づいているという。スペイン紙『マルカ』が14日付で伝えた。

 レアル・マドリードは、かねてからGKの補強が報じられており、クルトワの名前も継続して候補に挙がっている。一方、クルトワもチェルシー退団を示唆するコメントを残してきており、移籍の噂が絶えない。マドリードには妻と2人の娘が住んでおり、同選手は将来的なマドリード“帰還”の願望をこれまで口にしてきた。

 そして、同メディアによると、クルトワはレアル・マドリードと年俸1300万ユーロ(約17億円)での個人合意に近づいている。数日以内に移籍が発表されるかもしれないとのことだ。

 なお、クルトワと同胞のFWエデン・アザールも「僕の行きたい場所は知っているだろう」とコメントし、チェルシー退団をほのめかしている。アザールは以前からレアル・マドリードへの憧れを公言しており、チェルシーは攻守の中心選手2人を同時に失うおそれが高まった。

 ベルギー代表が2018 FIFAワールドカップ ロシアの活動を終えたことで、クルトワやアザールの移籍話が一気に加速していきそうだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00794095-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索