20200226-00070218-sdigestw-000-4-view




1: 2020/02/26(水) 15:39:02.44
カードの枚数が「アグレッシブさ」の指標とは限らない。ただ、ひとつの目安にはなるかもしれない。

 FIFAの教育研究機関でもあり、スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIESフットボール・オブザーバトリー』が2月24日、世界92のトップリーグを対象に、1試合平均のレッドカードとイエローカードの枚数ランキングを発表した。

 対象となるのは2019シーズン、あるいは2月17日までの2019-20シーズンのカードだ。レッドとイエローの平均枚数を足した合計値がランク付けされている。

 興味深いのは、リーグ別とクラブ別の双方で、日本が最少の数字を出したことだ。J1リーグはレッドカードが平均0.07枚、イエローが2.19枚で合計2.26枚。ノルウェーのエリテセリエン(0.08枚+3.03枚の3.11枚)に0.85枚差をつけた。

 クラブ別では、FC東京がイエローだけの0.85枚で最もカードが少ない。チュニジアのエスペランス・チュニスを挟み、大分トリニータ(イエローのみ0.91枚)、セレッソ大阪、サンフレッチェ広島(ともにイエローのみ0.94枚)と続く。カードが少ない20クラブのうち、11クラブがJリーグだ。

 この結果から、Jリーグが最もクリーンなリーグと言っても異論はないだろう。ただ、CIESは「試合におけるアグレッシブさにおいて、地域的な大きな違いが見つかった」と表現した。その意味では、Jリーグは「もっともアグレッシブでないリーグ」となるのだろうか。
 
 なお、欧州5大リーグでは、イングランドのプレミアリーグが最少(レッド0.13枚+イエロー3.61枚の3.74枚)。リーグ・アン(0.26枚+3.72枚の3.98枚)、ブンデスリーガ(0.19枚+3.94枚の4.13枚)、ラ・リーガ(0.23枚+5.28枚の5.51枚)、セリエA(0.31枚+5.51枚の5.82枚)の順だった。

 5大リーグのクラブ別では、ドルトムント(0.05枚+0.95枚の1.0枚)が最少。リバプール(0.04枚+1.0枚の1.4枚)、レスター(0.04枚+1.11枚の1.15枚)と続いている。

2/26(水) 12:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00070218-sdigestw-socc