Samurai Goal

クリスティアーノ・ロナウド


スポンサード リンク





ロナウドを負傷させたパイェ「あれはチャレンジだ。僕はピッチ上で悪者じゃない。これは疑いようのない事実だ」 

1: 名無しさん 2016/07/12(火) 09:04:03.52 ID:CAP_USER9
試合後に悪意のないプレーだったことを強調 「意図的ではなかった」

 ウェストハムのフランス代表MFディミトリ・パイェは、欧州選手権(EURO)の決勝ポルトガル戦(0-1)で前半に相手FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)に強烈なタックルを仕掛け、負傷交代させたシーンについて振り返り、「僕は悪者じゃない」と故意のプレーではなかったと弁明している。英誌「フォー・フォー・トゥー」が報じている。

 パリで行われた決勝戦、パイェの激しいチャージを受けたロナウドは左膝を負傷。前半16分にロナウドは、涙を流してピッチに座り込んでしまう。左足にテーピングを巻いて一度はピッチへと戻ったものの、痛みをこらえ切れずカウンターの局面でも足を引きずって走れない状態になった。同25分に自らベンチに交代を要求。悔し涙を流しながら、MFリカルド・クアレスマ(ベジクタシュ)との交代でピッチを後にすることとなった。

 試合に大きく影響を及ぼしたこのシーンについて、パイェは悪意を持ってロナウドを負傷させたわけでは決してないと主張している。

「あれはチャレンジだ。それが全て。それだけだ。僕はボールを奪い返したんだ。彼は負傷したが、意図的ではなかった。僕はピッチ上で悪者じゃない。これは疑いようのない事実だ」

飛躍を遂げた大会も後味の悪い結末に…

 開幕から2試合連続ゴールを奪うなど、パイェは今大会7試合で3得点2アシストを記録。UEFA公式サイトで実施していた出場選手の評価ランキング「プレイヤー・バロメーター」で総合1位となった。しかし、決勝の舞台ではロナウドへのハードタックル以外に印象的なプレーは少なく、後半13分にMFキングスレー・コマン(バイエルン・ミュンヘン)と途中交代していた。

 試合も延長後半4分に生まれたポルトガル代表FWエデル(リール)のゴールが決勝点となり、ポルトガルが1-0で勝利。同国史上初のメジャートーナメント優勝を成し遂げた。パイェらフランス代表の面々は16年ぶりのEURO制覇を果たせず、母国のスタジアムで銀メダルを手に、ポルトガルの歓喜の瞬間を見届けるという屈辱を味わった。

 昨夏に加入したウェストハムでブレークし、一躍フランスの救世主となったパイェにとっても後味の悪い結末となった。

Football ZONE web 7月11日 20時50分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160711-00010017-soccermzw-socc
no title


【サッカー】<C・ロナウド母>「サッカーというスポーツはボールを蹴るスポーツであって、相手を蹴るスポーツではない」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468231083/

長友佑都「ロナウドはベンチでもピッチにいるかのように戦っていた」 

1: 名無しさん 2016/07/11(月) 19:59:12.53 ID:CAP_USER9
緊張感のある試合

10日に行われたEURO2016決勝で、ポルトガル代表とフランス代表が激突した。
試合は、前半でエースのクリスティアーノ・ロナウドを負傷で欠くこととなってしまったものの、
ポルトガルが延長後半に価千金のゴールを決め、1-0でホスト国を打ち破った。

そんな中、この試合を画面越しに見ていたインテルに所属する日本代表DF長友佑都がSNSで感想を述べている。
試合後に自身のTwitterを更新した長友は「緊張感のある試合やったな。
1年間所属クラブで戦い、代表のために誇りとプライドを持って最後まで走り抜く姿は心を動かされる。
怪我でベンチにいたロナウドは、自分がピッチにいるかのように戦っていた。
ピッチにいる選手だけでなく、出ていない選手も同じ気持ちでいるチームは強い」と綴り、
EURO決勝に心を動かされたことを明かした。

2018年のロシアW杯へ向けて、ぜひとも長友にも日本代表で国民の心を動かすような試合を行ってもらいたいものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00010043-theworld-socc


【動画】クリロナに会いたくて首を長くして待つファーガソンが孫に会いに来たおじいちゃんみたいでかわいいwww 

300: 名無しさん 2016/07/11(月) 17:30:35.93 ID:Si3aXVN80
ガム爺、クリさんに会いたくて首を長くして待つ
https://youtu.be/P1q6sYFBUj4



no title

クリロナの母「サッカーというスポーツはボールを蹴るスポーツであって、相手を蹴るスポーツではない」 

1: 名無しさん 2016/07/11(月) 18:58:03.34 ID:CAP_USER9
■息子の負傷交代に心痛める

試合前からポルトガル代表のエースであるクリスティアーノ・ロナウドに厳しいチェックがくることは予想できていたが、その最初の接触でロナウドが足を痛めてしまうことになるとは誰も想像していなかっただろう。

これまでロナウドは怪我に強い選手として通っていたが、今回のフランス代表戦では後方からチェックにきたディミトリ・パイェの足がロナウドの左膝を強襲。ロナウドもパイェが飛び込んでくることは事前に予想できていたはずだが、あそこまで激しい当たりがくるとは思っていなかったかもしれない。

結果的にロナウドは前半25分でピッチを後にすることになった。これには多くのサッカー関係者が心を痛めたが、恐らく最も痛めたのは母親のドロレス・アベイロさんではないか。

スペイン『MARCA』によると、アベイロさんは息子が無念の負傷交代を余儀なくされたことについて「私は息子のこんな姿を見ていられないわ。サッカーというスポーツはボールを蹴るスポーツであって、相手を蹴るスポーツではない」とコメントし、パイェの激しいチャージに不満を感じていることをアピールした。

まだポルトガルが優勝したために救われたところはあるが、これで仮に敗れていればポルトガルサッカーファンのパイェへの怒りはこんなものでは済まなかったはずだ。

パイェもしっかりボールにアタックしていたが、同メディアはパイェのチャレンジは無謀なものだったと相手エースを傷つけた行為に不満感を示している。

heWORLD(ザ・ワールド) 7月11日 17時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160711-00010029-theworld-socc
no title

ロナウド>>>(代表タイトルの壁)>>>メッシ 

1: 名無しさん 2016/07/11(月) 06:33:08.83 ID:kEeXAj4j
決まりなんだよなぁ

no title

【画像・GIF】【監督ロナウド爆誕w】負傷交代のクリロナが監督とシンクロしてるwwwwwwwww 

92: 名無しさん 2016/07/11(月) 06:39:15.63 ID:0m/Asgra0
no title

no title


戦術ロナウド
 ↓
監督ロナウド

年齢詐称してるのはC・ロナウドの方? 驚異の身体能力に人間の老化プロセス無視してるとの声©2ch.net  

1: 名無しさん 2016/07/10(日) 11:38:54.39 ID:CAP_USER9
まだ10代なのではと思える身体能力

EURO2004以来となる決勝進出を果たしたポルトガル代表を引っ張るのは、今でも31歳のFWクリスティアーノ・ロナウドだ。

2004年大会当時ロナウドはまだ19歳で、決勝でギリシャ代表に敗れて涙を流した。
当時の敗北を経験した選手はロナウドとリカルド・カルバーリョのみで、2人とも闘志を燃やしていることだろう。

本来であれば2人とも代表を去っていても不思議はない年齢だが、今でもポルトガルはロナウド中心のチームだ。
ロナウドはクラブシーンであらゆるタイトルを獲得したが、未だにハングリー精神を抱いている。

常に身体のケアを怠らず、負傷も少ない。
毎ーズン安定した成績を残し、ピッチ上でも喜怒哀楽を激しく表現するタイプの選手だ。

先日ロナウドと同じポルトガル代表の18歳MFレナト・サンチェスが年齢を詐称しているのではとの疑惑が浮上したが、
英『Daily Mail』はロナウドも大して変わらないと主張。

準決勝のウェールズ代表戦で圧倒的な跳躍から決めたヘディングシュートもそうだが、
ロナウドが人間の老化プロセスを無視しているとその驚異の肉体を称賛しており、恐らくまだ10代のはずと冗談交じりに伝えている。

いつまでも向上心を持ち、自身への要求も高く、
何よりサッカーを愛していることをピッチ上で表現するロナウドはどこか子供のように見える一面もある。

肉体はもちろん、そうした貪欲な部分も10代なのではと疑われるポイントなのだろう。

スピードは2004年当時から比べるとやや衰えたかもしれないが、パワーをはじめとする身体能力は驚くほど向上している。
12年前よりも明らかに良い選手として臨める決勝で今度は歓喜の涙を流せるか。

theWORLD(ザ・ワールド) 2016年07月10日(日) 02時05分配信
http://www.theworldmagazine.jp/20160710/02national_team/73849

写真
no title


【サッカー】<年齢詐称疑惑>ポルトガル代表の新星レナト・サンチェス、登録通り18歳であることが証明!病院に証明する記録が存在
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1468108699/

C・ロナウドの「跳人ヘッド」、どれほどの高さだったのかが判明!! 

1: 名無しさん 2016/07/09(土) 17:02:09.98 ID:CAP_USER9
EURO2016、ポルトガルはウェールズを2-0で下して見事決勝進出を決めた。

そのなかで、話題となったのがクリスティアーノ・ロナウドが見せた“跳人”的なヘディングシュートだ。

これまでも幾度となく圧巻の跳躍力をみせつけてきたが、今回もまた凄かった。あのギャリー・リネカーも「ロナウドのように高く跳び、長く飛ぶ選手は見たことがない。なんて驚くべきアスリートなんだ」と驚愕していたほどだ。

そんななか、『Dailymail』では、今回のヘディングシュートの実際の高さなどについて伝えていた。

no title


それによれば、このようなものになるという。
▼ヘディングの高さ:8フィート7インチ(2.6メートル)
▼跳躍の高さ:2フィート6インチ(76.2センチ)
▼滞空時間:0.7秒
▼ヘディングシュートの速度:44.3mph(時速71.2キロメートル)

相手と競りながらボールに合わせるなかで、76.2cmという跳躍は驚異的。

wikipediaによれば、ミズノスポーツ科学研究所が調べた跳躍の平均値は、野球選手が65.5cm、サッカー選手が61.2cm、ラグビー選手が58.9cm、陸上短距離選手が73.2cm、一般成人(25?34歳)が55.2cmだそう(日本人の場合?)。

ロナウドの身体能力はまさにアスリートと言えそうだ。

http://qoly.jp/2016/07/09/ronaldo-head-v-wales

クリロナはFK下手だけどヘディングはとんでもない破壊力だよな!! 

378: 名無しさん 2016/07/08(金) 08:09:39.52 ID:cr/LOyff0
クリロナはFK下手だけどヘディングはとんでもない破壊力だよな

no title

メッシってロナウドに比べてメンタルが弱すぎないか? 

295: 名無しさん 2016/06/27(月) 17:14:26.55 ID:jTg/9pPZ0
メッシってロナウドに比べてメンタルが弱すぎないか?
もちろん一般選手よりは強靭な心の持ち主だけど、活用しようがしまいが年がら年中叩かれたり煽られたりしてる偽物ロナウドとか比べると弱く感じるわ

no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索