Samurai Goal

クリスティアーノ・ロナウド


スポンサード リンク





レアル、ロナウドの暴行疑惑もみ消し強要と報じた新聞社を提訴 

a72a074b-0813-fbe9-2a47-cb3afba4c491

C・ロナウドの弁護士「行為は合意の上」 レアルが口止め料支払いに圧力か? 

a72a074b-0813-fbe9-2a47-cb3afba4c491

ロナウド、性行為は「完全に合意の上」 暴行疑惑を再度否定 

img_8514f35aa5089ab296931205670c5e6f215156

C・ロナウドとメッシの牙城を崩すのはフランス人?グリーズマン「W杯王者がバロンドールを」 

sci18101018450002-p1

元交際相手がクリスティアーノを擁護「彼は常に紳士だった」 

名称未設定 1

C・ロナウドのレイプ疑惑 新たに被害者3人が名乗り出る 

img_8514f35aa5089ab296931205670c5e6f215156




1: 2018/10/09(火) 23:08:52.18 _USER9
2009年に起きたとされている、クリスティアーノ・ロナウドによるレイプを訴えているキャサリン・マヨルガの弁護士は、C・ロナウドの不適切な行為を主張する新たな3人の女性が接触してきたことを明かしている。

レイプ容疑のC・ロナウド、スポンサー総撤退も

■3人の被害者と17歳ダンサーを買春した過去
英紙『The Sun』によれば、最初の女性はレイプされたと主張しており、2人目の女性はロナウドに怪我をさせられたと語っているということである。そして、3人目の女性はマヨルガ同様に訴訟を起こさないことで合意しているということである。

また、同紙はC・ロナウドが当時17歳のモロッコ人ダンサー、カリマ・エル・マフルーグを4,000ユーロ(約52万円)で買春したとも報道している。

なお、マヨルガの弁護士は「これらの情報の真偽を検証している」と語っている。

■C・ロナウド母が息子をサポート
その一方で、C・ロナウドは母親からのサポートをSNS上で受けており「息子とチームの幸運を祈る。共に戦えば我々はより強くなれる」とインスタグラムに母親が投稿している。

■口止めの合意文書が公開される
このレイプ疑惑については様々な報道がされており、ドイツ誌『Der Spiegel』がC・ロナウドがレイプをしたとされる夜に起きたことを口止めするための合意文書を公開している。

そして、マヨルガは「私は、報復を恐れていたため公にできなかった」と述べている。

しかし、ロナウド本人は、これらの報道があくまでもフェイクニュースだと一貫して主張している。

■2005年にも訴えられている?
C・ロナウドは、身の潔白を主張しているものの、今回のレイプ疑惑の4年前、2005年にはロンドンのホテルでレイプされたと2人の女性が訴えている。なお、この時は、最終的に証拠不十分として警察も捜査を途中で打ち切っている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00010011-sportes-socc

C・ロナウド、ベルルスコーニ元伊首相と関係の女性とも一夜? 他に3件の新疑惑 

img_8514f35aa5089ab296931205670c5e6f215156

C・ロナウドのレイプ疑惑に新展開…ドイツ誌が女性との合意文書を公開 

DlDQ4CoWwAADw_N-800x450

C・ロナウド今季4点目! ユベントスは“違い”を見せつけ開幕からの公式戦連勝を10に伸ばす 

Dnwt9n-VAAEXSLq




1: 2018/10/07(日) 10:02:31.13 _USER9
多彩な攻撃から決定機を量産した王者
10月6日(現地時間)、セリエA第8節が行なわれ、ユベントスは2-0でウディネーゼを下した。
 
 ここまで無傷の7連勝で首位を走っているユベントスが敵地に乗り込んだ一戦。レイプ疑惑で波紋を広げているクリスチアーノ・ロナウドだが、前線の左サイドで先発出場を果たした。
 
 予想通り、立ち上がりから攻勢に立ったアウェーチームは、7分にペナルティーエリア右でC・ロナウドが反転してファーストシュートを放つ。彼は17分にも右からのクロスに打点の高いヘッドで合わせたが、クロスバーを越える。
 
 19分にはディバラのスルーパスでC・ロナウドがエリア右に抜け出して折り返す。これはDFにはね返されるが、ここからの流れでピャニッチがよくコントロールされたミドルを飛ばした(わずかに枠外)。
 
 クロス、パスでの崩し、ロングボールなど、あらゆるかたちでボールをウディネーゼ・ゴール前に運ぶユベントスは、33分、中盤でディバラ、ベンタンクールと繋ぎ、カンセロがスルーパスを受けて右サイドを抜け出しクロスを入れると、走り込んだベンタンクールが頭で押し込んで先制ゴールを奪う。
 
 36分には、最後尾からのロングパスをエリア右でカンセロがスライディングで折り返し、マンジュキッチが中央でトラップして決定的なシュートを放つが、GKスクフェットが至近距離で見事な反応を見せてこれを防ぐ。
 
 しかし38分、エリア内に入った浮き球をマンジュキッチが粘ってキープして中央に折り返すと、C・ロナウドが左足でゴール右隅に突き刺し、今シーズン4点目。ユベントスはリードを広げた。
 
 対するウディネーゼは時折、サミールがエリアに侵入するなど、チャンスに結びつきそうな場面を作るも、あと1本が繋がらず決定的とはならない。43分にはベーラミの展開から、最後はバラクがミドルを放つが、右ポストにはね返された。
 
 後半、やはりユベントスがボールポゼッションでは上回るも、2点を追うホームチームは50分、セットプレーからサミールが頭で落とし、ラザーニャが詰めるが、しっかりミートできず、ゴール手前でA・サンドロにクリアされる。
 
 前半に比べると、より攻撃の意識を強めて敵陣に入る回数も増えたウディネーゼだが、ユベントスもトドメを刺そうと反撃し、ディバラが見事なドリブルでホームチームの守備陣を脅かす。
 
 66分、ユベントスはC・ロナウドがエリア内でDF陣を翻弄しながらシュート。その3分後には、彼の戻しのパスを受け、交代出場のベルナルデスキが左足を振り抜くが、スクフェットの好反応に阻まれる。さらに72分、ベルナルデスキのスルーパスをマンジュキッチがダイレクトでシュートするも、ボールはゴール前を通過した。
 
 ウディネーゼもバラク、プッセットのミドルで対抗するも、ユベントスは74分にエリア右からマンジュキッチが折り返し、C・ロナウドがフリーで決定的なシュートを放つ。これはまたしてもスクフェットが好守で防ぐが、すぐにマンジュキッチも好機を迎えた。
 
 85分にも、自在にボールを回してウディネーゼ守備陣を翻弄し、最後はカンセロが強烈なミドルでクロスバーを叩くなど、ユベントスは決定機を量産しながら、危なげなく試合終了の時を迎えた。
 
 粘るウディネーゼに攻守両面で“違い”を見せつけたユベントスは、セリエAでは開幕8連勝、さらにはチャンピオンズ・リーグを含めて公式戦全勝(10連勝)を飾った。次節は20日、ホームにジェノアを迎える。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181007-00048271-sdigestw-socc

【続報】レイプ容疑のロナウド、スポンサー総撤退も!? 

883c87ab8830fba69eb052f9b6010e7c_1538265832_1


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索