Samurai Goal

クリスティアーノ・ロナウド


スポンサード リンク





クリスティアーノ・ロナウド、驚きの健康体力増進法 常識を超えた睡眠と食事 

thumb-12189-20162234959-item[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/13(月) 18:19:17.63 ID:qERu1uWr9
イタリアサッカー・セリアAのユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド選手。
バキバキの筋肉に包まれた完ぺきな肉体美を誇り、「惚れ惚れと見とれてしまう」という人も多いだろう。
彼が励行する健康体力増進法はじつに特殊なものだった。

■サッカー界の王者は現在34歳

View this post on Instagram

A post shared by Cristiano Ronaldo (@cristiano) on Jan 11, 2020 at 9:04am PST

体脂肪率なんと7パーセント、体力年齢は23歳相当だというクリスティアーノ・ロナウド選手。
34歳の今なおサッカー界のトップに君臨する彼が明らかにした驚異の健康・体力増進法を、英国のメディア『MAIL ONLINE』が伝えて世間をあっと言わせている。

一流アスリートには睡眠や食事においても最高の質が求められるが、彼の場合、そのいずれも「常識を逸脱している」と言わざるを得ないものがある。

■特殊な睡眠と食事

1日の睡眠は合計7.5時間だというロナウド選手。だが連続ではなく、昼寝のような心地よい90分の睡眠を5回にわけて取るという。

また食事は3~4時間おきに1日6食。アスリートにしては盛り付けが少量だが、それは食事を小分けにすることで消化吸収率をぐんと上げるためだそうだ。

朝食はチーズ、ハム、低脂肪ヨーグルト、新鮮なフルーツ、アボカドとトーストで、その後の食事では野菜、鶏肉、メカジキ、スズキ、タラなどの魚をよく摂り、炭水化物は全粒穀物のみ。

炭酸飲料と赤身の肉を避け、さらに冷凍食品を拒み、栄養豊富で新鮮な食材のみにこだわっているそうだ。

■特殊なマシンを自宅に導入

豪邸のプールで泳ぐことが大好きなロナウド選手だが、自宅には全身を数分間マイナス90度の極低温にさらす「全身凍結療法」のための特殊な設備があるそうだ。

これはフランク・リベリー選手(現在はACFフィオレンティーナに所属)が2013年に「新陳代謝をあげ、筋肉痛や炎症を緩和してくれる」と勧めてきたもので、きわめて高価であるため、
最新設備にこだわるスパや診療所などには導入されているものの個人が所有する例は珍しい。


■元同僚がエピソードを暴露

そんなロナウド選手の面白いエピソードを披露したのが、マンチェスター・ユナイテッドFC時代のチームメイトだったパトリス・エヴラ選手。

「1度彼の家に行ったことがあるんだ。トレーニング後でヘトヘトなのに食卓に出てきたのはサラダと鶏のムネ肉と水だけだったよ」

彼が暮らす豪邸には誰もが興味津々だが、エヴラ選手は冗談か本気か「誘われてもノーと断ったほうがいいよ」と話して話題になった。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20162234959/
2020年01月13日 14時30分 しらべぇ

C・ロナウド、引退後は映画俳優に? 

20191229-00367172-usoccer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/29(日) 10:22:28.43 ID:gmb8JNgg9
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、将来について言及した。『フットボール・イタリア』が伝えている。

スポルティング・リスポンでプロキャリアをスタートさせ、これまでマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリー、ユベントスでプレーしてきたC・ロナウド。これまで5度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇に加え、6度のリーグ優勝に導き、個人としても5度のバロンドールを獲得するなど、長らくフットボール界のスターとして数えられてきた。

そんなC・ロナウドがドバイ国際スポーツカンファレンスで引退後の生活について語った。その中でやりたいことの一つに俳優になることを挙げている。

「僕は常に困難に立ち向かう準備ができている。人生で悪い時期を過ごしたことはないよ」

「いつも勝利のためにプレーする。僕の体がピッチ上で正しく反応しなくなった時に、辞めるだろう。何年か前は30歳、32歳で引退するのが理想とされてきた。でも今は40歳の選手もいるね」

「サッカー選手を引退したら、勉強したいと思っている。自分の疑問をすべて解決することができていないからね。今、魅力的だと思っているのは、映画俳優になることだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00367172-usoccer-socc

メッシとロナウドの“世界最高論争”に終止符?英メディア主張「最新コンピュータが結論」 

1: ばーど ★ 2019/12/27(金) 06:21:37.15 ID:mqtolUYT9
専門家によるデータ分析の結果を紹介「メッシはロナウドのライバルではなくなった」

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは過去10年間、ベストプレーヤーの座を争い、サッカー界屈指のライバル関係を築き上げてきたが、英メディアは最新のスーパーコンピュータが“世界最高論争”に終止符を打ったことを紹介している。

 メッシは今年度のバロンドールを受賞し、6度目の栄冠を手にした。これにより、5度の受賞で並んでいたロナウドの先に立ち、歴代最多の受賞を成し遂げている。直近12年間、11個のバロンドールを独占してきた2人だが、“世界最高論争”に結論が出たようだ。

 英メディア「スポーツ・バイブル」は「メッシとロナウドの論争にスーパーコンピュータが終止符を打った」と見出しを打ち、最先端システムを用いたデータ分析により2人の徹底比較を行っている。

「サッカー選手の価値はゴールやアシストによって測定されがちだが、試合では平均1600アクションが生じていると推定されているため、ゴールは一部の事象にすぎない」と指摘したうえで、専門家が各アクション(シュート、パス、ドリブル、タックル)をデータで分析したという。

「スーパーコンピュータがメッシのほうが優れているという結論を出した。最初のシーズンでは、メッシとロナウドは非常に近い数値を叩き出していたが、2015-16シーズン以降は事実上、メッシはロナウドのライバルではなくなった」

 記事は、「世界最高の選手はメッシだ。異議を唱えるのは愚かに映る。コンピュータと議論することはできないのだから」と締めくくっており、10年以上にわたる“世界最高論争”に終止符が打たれたことを強調していた。

12/27(金) 6:01
Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191227-00237030-soccermzw-socc
no title

C・ロナウド、人間離れした驚異のジャンプ力。1.5秒間空中に「サッカー史上最大の空中戦」  

20191220-00354311-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/20(金) 17:37:44.24 ID:2AHmWQwR9
セリエA第17節、サンプドリア対ユベントスの試合が現地時間18日に行われ、ユベントスが2-1の勝利をおさめた。
この試合で、ユベントスに所属する34歳のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドのジャンプ力が超人の域に達していたと、19日に英紙『サン』が報じている。

1-1で迎えた45分、アレックス・サンドロのクロスにC・ロナウドが頭で合わせて勝ち越しゴールを決めた。
同紙によると、この時にC・ロナウドは頭が2.56メートルの地点まで達していたという。
足の高さが相手選手の肩まで届くほどの高いジャンプ力だった。同紙は「サッカー史上最大の空中戦」
とも伝えている。
 
C・ロナウドの活躍もあり、ユベントスは2-1の勝利をおさめた。2位インテルとの勝ち点差は3にひらき首位をキープしている。
なお、インテルは現地時間21日にセリエA第17節でジェノアと対戦する予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00354311-footballc-socc
12/20(金) 11:00配信

「俺がいれば、ブラジルはW杯であと5回は優勝できた」C・ロナウドの大胆発言を同僚DFが明かす!  

20191117-00066787-sdigestw-000-4-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/19(火) 22:50:21.93 ID:qS+/Rbkq9
 11月10日のセリエA第12節ミラン戦で、後半55分という早い時間帯に交代を命じられたユベントスのクリスチアーノ・ロナウドは、ベンチに座らずロッカールームに戻り、試合終了を待たず、スタジアムを後にした。

 この一件でマウリツィオ・サッリ監督の選手交代や戦略、選手の行動の是非に関する議論がイタリアで渦巻くなか、ポルトガル代表に合流したC・ロナウドは、14日のEURO2020予選でリトアニアを相手にハットトリックを達成。改めてその偉大さを見せつけている。

 代表通算得点を98に伸ばしたC・ロナウドは、元イラン代表のアリ・ダエイの記録更新も目指している。すでにサッカーの歴史に名を残している彼だが、実現すれば新たな勲章になるだろう。

 今季からユーベに加入し、レアル・マドリーでもチームメートだったダニーロは、『DAZN』のインタビューで「彼ほどサッカーに熱心に取り組む人はいない。成功は偶然で訪れるものではなく、求める必要があるということを示している」と、C・ロナウドに賛辞を寄せた。(イタリア紙『Tuttosport』)

 さらに、ダニーロは「一度、彼に言われたことがある」と、あるエピソードも明かしている。

「もしも彼がセレソンでプレーしていたら、ブラジルはワールドカップであと5回優勝していたはずだ、ってね」

 C・ロナウドはEURO2016でポルトガルを優勝に導き、主要大会で初のタイトルをもたらした。それだけに、彼がブラジルで生まれていたら、胸のユニホームに縫われる星の数はもっと多かったかもしれない。

 ただ同時に、C・ロナウドはポルトガル人であることを誇っている。だからこそ、EURO連覇に向け、17日のルクセンブルク戦にも勝ち、予選突破を決めようと意気込んでいるはずだ。できれば、通算100得点という偉大な数字を樹立したうえで…。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191117-00066787-sdigestw-socc

C・ロナウド、代表9度目のハットトリックで通算98得点! “世界記録”まであと「11」  

20191115-00229160-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/15(金) 11:52:54.39 ID:DUhJg0AA9
EURO予選リトアニア戦で圧巻のゴールショー、大台まで2ゴールに迫る
 ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、現地時間14日に行われた欧州選手権(EURO)グループBのリトアニア戦に先発出場し、代表では9度目となるハットトリックを決め、6-0の圧勝に貢献。代表通算得点を「98」に伸ばし、大台まであと2ゴールに迫った。

 ロナウドは前半7分にPKを成功させてゴールラッシュの号砲を鳴らすと、同22分にも立て続けにゴールを決めた。ロナウドの得点で勢いに乗ったポルトガルはその後も後半7分にMFピッツィ、同11分にFWゴンサロ・パシエンシア、同18分にMFベルナルド・シウバが追加点をゲット。そして同20分にはとどめの6点目をロナウドが挙げた。

 英公共放送「BBC」によれば、これはロナウドにとって代表通算9度目のハットトリックとなった。代表通算得点も「98」に伸び、「100」の大台も目前となった。また元イラン代表FWアリ・ダエイ氏の持つ代表通算得点の世界記録である109得点にも、あと11得点に迫った。

 所属するユベントスでは直近の2試合連続で途中交代となるなど不調が囁かれていたロナウドだが、キャプテンとしてプレーするポルトガル代表ではさすがの決定力を見せつけた。

 なお大勝したポルトガルだが、連覇を狙う来年のEURO出場権獲得は最終戦に持ち越しとなった。上位2チームに出場権が与えられる今予選で、グループBは首位ウクライナが本戦出場を一足先に確定させている。ポルトガルは勝ち点14で現在2位。3位セルビアが同13でその後を追っている。ポルトガルは次節ルクセンブルク戦で勝利すれば、出場権獲得となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00229160-soccermzw-socc

不調C・ロナウドが2試合連続途中交代…不満の表情浮かべ試合終了待たずそのまま帰宅か 9試合5得点  

20191111-00010017-goal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/11(月) 11:51:14.54 ID:+EehpVlH9
不調C・ロナウドが2試合連続途中交代…不満の表情浮かべ試合終了待たずそのまま帰宅か

ユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドが公式戦2試合連続の途中交代への不満を見せ、試合終了を待たずに帰宅したようだ。

10日に行われたセリエA第12節でユヴェントスはホームでミランと対戦。
負傷が心配されたロナウドだが、先発で出場するも、再び不発に終わり、55分にピッチを去る。
その後、交代したパウロ・ディバラが決勝点をマークして1-0でユヴェントスがミランを下している。

ユヴェントスに加入以降、絶対的な存在としてプレーするロナウドだが、55分での交代はこの2シーズンで最速となり、公式戦2試合連続の途中交代も初めてのこと。
さらに、交代の際にはマウリツィオ・サッリ監督と言葉を交わしたり、握手することなく、明らかに不満そうな表情を浮かべながら何かを呟き、ロッカールームに直行している。

6日の2-1で勝利したチャンピオンズリーグのロコモティフ・モスクワ戦でもロナウドは終盤に途中交代しており、
サッリ監督はこの試合後に「怒っていた」と認めつつ、膝と大腿の問題による措置だったことを強調していた。

また、ミラン戦後に同指揮官は『スカイスポーツ・イタリア』で再び交代させたロナウドについて「難しいシチュエーションの中、犠牲を払ってくれたロナウドには感謝しかない」と言及している。

なお、途中交代への不満をあらわにしたロナウドは、控室に下がったあと、再びベンチに戻ることなく、試合終了数分前に帰路についたと報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010017-goal-socc
11/11(月) 11:39配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081217
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
得点ランキング

<C・ロナウド>600万超の反響!“セクシーな肉体美”に騒然「彫刻のように割れた腹筋」  

1: Egg ★ 2019/11/10(日) 07:20:59.22 ID:qsdKP91m9
ロナウドが投稿した筋骨隆々な上半身に反響「パワーがみなぎっている」

no title


ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは自身のインスタグラムを更新し、筋骨隆々な上半身を露わに、トレーニングで汗を流す写真を投稿。鍛え上げられた肉体美に「荒々しい…」「彫刻のような腹筋」と反響が寄せられている。

【写真】「彫刻のように割れた腹筋」 C・ロナウドが投稿、鍛え上げられた“セクシーな肉体美”
no title


 ロナウドは今季公式戦13試合6ゴールを記録しているが、リーグ戦では得点ランキング6位タイ、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではまだ1ゴールと、例年のような波には乗れていない。それでも、日々のトレーニングではいつものように徹底したハードワークに取り組んでいるようだ。

 自身の公式インスタグラムを更新し、「トレーニング完了」と文章を添え、上半身裸で腹筋の筋トレに取り組む写真をアップ。汗ばんだ上半身には、くっきりとした6パックが浮かび上がっていた。この投稿には、9日時点で600万を超える「いいね!」が付けられている。

 鍛え上げられた肉体美に、コメント欄では「これこそ史上最高たる所以」「荒々しい…」「パワーがみなぎっている」「自分自身を追い込む努力家」「彫刻のように割れた腹筋」「セクシーだ」とファンから反響が寄せられていた。今年で34歳を迎えたロナウドだが、強靭な肉体は衰えることを知らないようだ。

スポーツ報知 11/10(日) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-00000352-sph-ent

34歳C・ロナウドが若さを保つ秘訣…元同僚ファーディナンド「彼の家を歩き回ったら約10人いた」  

20191109-43473708-gekisaka-000-2-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 21:30:29.71 ID:lmATpAud9
 元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏がユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの逸話を明かしている。スペイン『マルカ』が報じた。

 ファーディナンド氏はマンチェスター・ユナイテッド時代に若手だったC・ロナウドとともにプレー。当時、C・ロナウドの隣人だったという同氏は、家を訪れた際のエピソードを語っている。

「彼の家を歩き回ったら、部屋に約10人の人がいるのを見た。『この人たちは誰だ? 何が起こっているんだ?』と言ったよ」

 驚くファーディナンド氏に対し、C・ロナウドは「これは僕の料理人、これは僕のフィジカルコーチ、これは僕のドクター、そしてこれは僕の個人トレーナーだ」と、パフォーマンスレベルを維持するために自身を取り囲んでいるスタッフだと説明したという。

 ファーディナンド氏は「彼は自分の体と心を最高レベルで機能させるため、適切な装備をそろえようと多額の投資をしていた」と当時を振り返り、「若い選手たちにアドバイスするとしたら、もし資金があるなら同じような方法で自分自身に投資すべきだろう」と話している。

 そして現在も欧州のトップシーンで活躍し続ける元チームメイトに対し、「彼は34歳で、10年間(バロンドールを5回ずつ受賞したメッシと)世界最高選手2人のうちの1人だったことに加え、まだ(キャリアの)ピークにある」と称賛の言葉を送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-43473708-gekisaka-socc

34歳C・ロナウドが若さを保つ秘訣…元同僚ファーディナンド「彼の家を歩き回ったら部屋に約10人いた」  

20191109-43473708-gekisaka-000-2-view[2]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 21:30:29.71 ID:lmATpAud9
 元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏がユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの逸話を明かしている。スペイン『マルカ』が報じた。

 ファーディナンド氏はマンチェスター・ユナイテッド時代に若手だったC・ロナウドとともにプレー。当時、C・ロナウドの隣人だったという同氏は、家を訪れた際のエピソードを語っている。

「彼の家を歩き回ったら、部屋に約10人の人がいるのを見た。『この人たちは誰だ? 何が起こっているんだ?』と言ったよ」

 驚くファーディナンド氏に対し、C・ロナウドは「これは僕の料理人、これは僕のフィジカルコーチ、これは僕のドクター、そしてこれは僕の個人トレーナーだ」と、パフォーマンスレベルを維持するために自身を取り囲んでいるスタッフだと説明したという。

 ファーディナンド氏は「彼は自分の体と心を最高レベルで機能させるため、適切な装備をそろえようと多額の投資をしていた」と当時を振り返り、「若い選手たちにアドバイスするとしたら、もし資金があるなら同じような方法で自分自身に投資すべきだろう」と話している。

 そして現在も欧州のトップシーンで活躍し続ける元チームメイトに対し、「彼は34歳で、10年間(バロンドールを5回ずつ受賞したメッシと)世界最高選手2人のうちの1人だったことに加え、まだ(キャリアの)ピークにある」と称賛の言葉を送った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191109-43473708-gekisaka-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索