Samurai Goal

クリスティアーノ・ロナウド


スポンサード リンク





<英メディア>現役選手からレジェンドと呼ばれた選手を格付けして公表!「過小評価」「過大評価」は?  

images333




1: Egg ★ 2019/10/13(日) 01:57:53.36 ID:lickMa199
<GOAT 史上最高>

リオネル・メッシ(アルゼンチン代表)

<LEGEND 伝説 >

ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)
パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
ロナウジーニョ(元ブラジル代表)、ロナウド(元ブラジル代表)
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
ヨハン・クライフ(元オランダ代表)
カルレス・プジョル(元スペイン代表)
ディエゴ・マラドーナ(元アルゼンチン代表)

<GREAT 偉大 >

ジャンルイジ・ブッフォン
(元イタリア代表)
リバウド
(元ブラジル代表)
ライアン・ギグス
(元ウェールズ代表)
ティエリ・アンリ
(元フランス代表)
スティーブン・ジェラード
(元イングランド代表)
アラン・シアラー
(元イングランド代表)
フランク・ランパード
(元イングランド代表)
ズラタン・イブラヒモビッチ
(元スウェーデン代表)
ロベルト・カルロス
(元ブラジル代表)

<GOOD 優秀 >

セルヒオ・アグエロ
(アルゼンチン代表)
ディディエ・ドログバ
(元コートジボワール代表)
エデン・アザール
(ベルギー代表)
フィルジル・ファン・ダイク
(オランダ代表)
ロビン・ファン・ペルシー
(元オランダ代表)
デイビッド・ベッカム
(元イングランド代表)
キリアン・ムバッペ
(フランス代表)

<UNDERRATED 過小評価 >

セルヒオ・ブスケッツ
(スペイン代表)
ウェイン・ルーニー
(元イングランド代表)
アリエン・ロッベン
(元オランダ代表)
ソン・フンミン
(韓国代表)

<OVERRATED 過大評価 >

アレクシス・サンチェス
(チリ代表)
アントワーヌ・グリーズマン
(フランス代表)
メスト・エジル
(元ドイツ代表)
ジェラール・ピケ
(元スペイン代表)
ペレ
(元ブラジル代表)
ネイマール
(ブラジル代表)
ガレス・ベイル
(ウェールズ代表)
カリム・ベンゼマ
(元フランス代表)


https://www.football-zone.net/archives/222890/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=222890_6

名将モウリーニョ氏が選ぶ“歴代最高選手”。メッシでもC・ロナウドでもなく…  

20191012-00342553-footballc-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2019/10/13(日) 00:10:57.14 ID:2CV3RHtz9
 マンチェスター・ユナイテッドなどの元監督であるジョゼ・モウリーニョ氏は、これまで目にしてきた中で最高の選手として、元ブラジル代表FWのロナウド氏を挙げた。『LiveScore』のインタビューに語ったとしてスペイン紙『マルカ』などが伝えている。

 これまで複数のビッグクラブで監督を務め、レアル・マドリー在籍時のクリスティアーノ・ロナウドをはじめとする多くの名選手たちを指導してきたモウリーニョ氏。だが最高の選手に挙げたのはそのC・ロナウドでもなければ、ライバルのリオネル・メッシでもない。

「“怪物”ロナウドだ。クリスティアーノ・ロナウドやレオ・メッシはより長くキャリアを過ごし、15年間にわたって毎日トップを守り続けてきた。だが厳密に才能や能力について言えば、ロナウドを超える者は誰もいない」とモウリーニョ氏は語る。

 1996年、モウリーニョ氏がバルセロナでアシスタントを務め始めたのと同時期にロナウド氏はバルサに加入した。「ボビー・ロブソンとともにバルセロナにいた時、彼は今までピッチ上で見た中で最高の選手だと分かった。より驚異的なものになったはずのキャリアが負傷でダメにされたが、19歳の彼が秘めていた才能は信じがたいものだった」とモウリーニョ氏は振り返った。

 ロナウド氏はバルサで37試合34得点という活躍をみせリーガエスパニョーラ得点王に輝いたあと、翌年に移籍したインテルでもゴールを量産。1999年の靭帯断裂以降は負傷に苦しめられるキャリアを過ごしたが、その後も2002年日韓ワールドカップ得点王やレアル・マドリーでのリーガ得点王などの実績を残した。

フットボールチャンネル編集部


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191012-00342553-footballc-socc

体脂肪率は7%? 34歳C・ロナウド、肉体維持の秘訣を明かす  

20191001-43472240-gekisaka-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/01(火) 12:02:12.46 ID:+OSDjZ6W9
 ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、肉体維持の秘訣を明かした。英『デイリー・スター』が伝えた。

 34歳になっても衰えを感じさせず、サッカー界でトップクラスの肉体を維持しているC・ロナウド。昨季はセリエA初参戦ながら31試合で21ゴールを記録し、今季もここまで5試合で3ゴールを挙げるなど、チームに貢献し続けている。

 同紙によると、ユベントスのドクターがC・ロナウドの体脂肪率はわずか7%であると公言。この件についてポルトガル代表FWは「その体脂肪率は事実だ」と語り、驚異の肉体を維持する秘訣を明かした。

「僕の人生の60~70%はサッカーがベースになっている。だから、トレーニングだけでなく、準備も大切にしている。僕のメンテナンスを成功させている90%はよく眠り、しっかりトレーニングを行い、リカバリーすることだ。それは秘密でも何でもない。自分が面倒を見なければ、誰も助けてはくれないからね」

 日々、サッカーのことを考えてコンディション管理に努めているC・ロナウドだが、時には息抜きも必要だという。「毎日がそれだと飽きてしまう。時々、息子とピザを食べることもある。そうしなければ、退屈になってしまうからね。ポイントは、フィットネスを大切にし、適切に食べることだよ」と語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-43472240-gekisaka-socc

レアルで輝けないアザールに、ジダンは「選手時代の私も最初はそうだった。が、うまくいくと確信していた」 

20190930-00010036-goal-000-2-view[1]

Cロナウドの悲惨な実態 セリエA史上ワーストに迫る18本連続FK失敗  

20190927-00010005-sportes-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 12:18:01.01 ID:HC99V3og9
ユヴェントス内部でフリーキックのキッカーの座をめぐって論争が起きている。
セリエAにおけるクリスティアーノ・ロナウドのFK成功率が非常に低いことから、
その道の名手であるミラレム・ピャニッチがキッカーを担うべきだという声が上がっている。

これまで慣例的にロナウドがキッカーを務めていものの成功率は非常に低くユヴェントスでは合計24本のフリーキックを失敗している。
その内訳は、壁に当てた回数が15本、枠外2本、枠内に飛んだ回数はわずか7本である。

一方でピャニッチはわずか6回の機会で1本成功させている。

現在ロナウドはFKを18本連続で失敗している。『AS』によればこれはセリエA史上カミッロ・チャーノ(連続21本失敗)に続くワースト第2位である。

このデータを前に、監督サッリは今後ピャニッチにより多くの機会を与えるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010005-sportes-socc
9/27(金) 8:55配信

韓国紙が過激なC・ロナウド批判…表彰式欠席に「ここまで来れば持病」「愛されていないスター」 

20190925-43472015-gekisaka-000-2-view[1]

FIFAセレモニー欠席のC・ロナウドをまさかの“無視”意味深投稿「プロとアマを分ける特徴は忍耐と粘り強さ」  

1: Egg ★ 2019/09/25(水) 00:08:01.74 ID:bb8NCEW29
理由は分かっていない。いずれにしても、クリスチアーノ・ロナウドが9月23日に行われたFIFAの「ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ」に出席しなかったことは事実だ。


 リオネル・メッシが年間最優秀選手に選ばれたセレモニーに、C・ロナウドの姿はなかった。所属のユベントスは24日にセリエAでブレッシャと対戦するが、チームメイトのマタイス・デリフトは式典に出席していた。

 しかもC・ロナウドはブレッシャ戦の招集メンバーから外れている。マウリツィオ・サッリ監督によれば、筋肉の軽傷が原因だ。ただ、セレモニーが開催されたスカラ座があるミラノは、ユベントスの本拠地トリノと、ブレッシャの中間地点。負担が大きくないだけに、軽傷が欠席理由なのか疑問の声もある。

 思い起こされるのは、C・ロナウドがこれまでも何度か自分が受賞を逃したセレモニーを欠席してきた過去だ。「自分が選ばれないなら出ない」ということなのだろうか。
 
 いずれにしても、FIFAが快く思わなかったことは確かだろう。ベストイレブンを紹介する際、C・ロナウドの名前は呼ばれることすらなかった。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は、FIFAがその存在を「無視」したと報じている。

 一方、C・ロナウド本人は自宅のソファーで読書をしている姿の写真をインスタグラムに投稿。ポルトガル語で「プロとアマチュアを分ける2つの特徴は、忍耐と粘り強さだ」とコメントした。

「きょう大きなことのすべてが、小さなことから始まった。すべてをやることはできない。だが、夢を実現するためにできる限りのことをする。覚えておいてくれ。夜は必ず明けるということを」

 C・ロナウドがセレモニーに出なかった理由が、自分が選ばれなかったからなのか、有力候補だったフィルジル・ファン・ダイクではなくライバルのメッシが選ばれたからなのか、負傷からの回復を優先させたのか、公になることはないだろう。

 ただ、C・ロナウドが何かしらの“リベンジ”を心に誓っていることは、SNSでの言葉が示している。「忍耐と粘り強さ」で地位を築いてきたCR7は、次にどんな「夢」を叶えようとしているのだろうか。

9/24(火) 19:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00064513-sdigestw-socc

写真
no title


【サッカー】<メッシ>史上最多6度目のFIFA年間最優秀選手受賞!C・ロナウド&ファン・ダイクを抑える...昨季公式戦50試合で51得点
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569270571/

<C・ロナウド>メッシとのバロンドール“賞レース”に言及! 「自分が歴代ナンバーワン」  

1: Egg ★ 2019/09/19(木) 18:44:37.05 ID:Lf9g3kjW9
ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サッカー界で最大のライバルであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシよりも多くのバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を得るにふさわしいと述べている。英公共放送「BBC」が報じた。

 メッシとロナウドは、10年以上にわたって第一線で戦い続けてきた。メッシはバルセロナの下部組織で育ち、17歳の時にトップデビュー。チームとして数々のタイトルを獲得してきたが、個人としても5回のバロンドール受賞をはじめ、多くの賞を手にしてきた。

 一方のロナウドは18歳で母国の名門スポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、その後はレアル・マドリードでUEFAチャンピオンズリーグを4度制覇するなど栄華を極めた。バロンドールはメッシと並んで5回受賞し、昨夏にはイタリアの名門ユベントスに移籍し、新たな舞台でもリーグ優勝を果たしている。

 英テレビ「ITV」の番組「Good Morning Britain」で、ピアーズ・モーガン氏がパーソナリティーを務めるドキュメンタリーに出演したロナウドは、「メッシはサッカー史の一部だ」としたうえで、こう語っている。

「私は自分が彼よりも6、7、8個は多く得るべきだ。これまでの自分のやってきたこと、今やっていることを考えれば、私もきっとサッカー史の一部であろうし、史上最高の選手の1人だ。私にとっては、自分が歴代ナンバーワン。他のファンにとっては、別の選手がナンバーワンで私が2番かもしれないけど、それでも関係ない。自分がサッカー史の一部であり、史上最高の1人であることを分かっている」

 誰が“世界一”の象徴であるバロンドールを、今年受賞するのか。2019年もロナウドやメッシら有力候補を中心に、その行方が世界中のサッカーファンの注目を集めそうだ。

9/19(木) 17:50フットボールマガジンゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00218602-soccermzw-socc

写真no title

ロナウドが幼少期の恩人「マックの女性従業員」探し 

20190919-09190082-nksports-000-12-view[1]

C・ロナウドが圧巻の4ゴール! ポルトガル、5発快勝でEURO予選連勝  

20190911-00978277-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/11(水) 10:44:07.75 ID:hNCNkc1D9
 EURO2020予選のグループB第6節が10日に行われ、ポルトガル代表はアウェイでリトアニア代表と対戦した。

 前回大会の王者ポルトガルは7分、ジョアン・フェリックスのクロスが相手の手に当たりPKを獲得すると、これをクリスティアーノ・ロナウドがゴール右下に沈め、先制に成功した。しかし28分、右サイドのコーナーキックからヴィタウタス・アンドリウシュケヴィチウスにヘディングシュートを叩き込まれ同点に追いつかれた。

 再び試合が動いたのは62分、C・ロナウドのミドルシュートをGKエルネスタス・シェトクスが弾ききれず、ボールはゴールの中へ吸い込まれ、ポルトガルが勝ち越しに成功した。直後の65分、ベルナルド・シルヴァのクロスにC・ロナウドが合わせ、ハットトリックを達成。76分にはB・シルヴァのパスから再びC・ロナウドがゴール右隅に流し込み、リードを3点に広げた。

 さらに、後半アディショナルタイムにはウィリアム・カルヴァーリョがダメ押しゴールを挙げ、試合終了。ポルトガルが5-1でリトアニアを下し、EURO予選2連勝を飾った。

 次節、ポルトガルは10月11日にホームでルクセンブルク代表と、リトアニアは同日にアウェイでウクライナ代表と対戦する。

【スコア】
リトアニア代表 1-5 ポルトガル代表

【得点者】
0-1 7分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(ポルトガル)
1-1 28分 ヴィタウタス・アンドリウシュケヴィチウス(リトアニア)
1-2 62分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
1-3 65分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
1-4 76分 クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)
1-5 90+2分 ウィリアム・カルヴァーリョ(ポルトガル)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190911-00978277-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索