Samurai Goal

クリスティアーノ・ロナウド


スポンサード リンク





C・ロナウド、逃したバロンドールに「僕が泣いているとでも?この世の終わりじゃない」 

20181210-00000020-goal-000-2-view

C・ロナウドのレイプ容疑 有罪へ導く新証拠を独誌が公開か  

1: 2018/12/02(日) 19:20:43.49 _USER9
12/1(土) 17:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00010013-sportes-socc
no title

C・ロナウドのレイプ容疑 有罪へ導く新証拠を独誌が公開か

ドイツ誌『Der Spiegel』は、クリスティアーノ・ロナウドの被害者であるキャサリン・マヨルガに対するレイプ容疑についてありとあらゆる手段を使って報道をしている。

C・ロナウドのレイプ疑惑 新たに3人が名乗り出る

同メディアは、元レアル・マドリーの選手であり、現在はユヴェントスに所属するロナウドを有罪にする新たな証拠となる書類を公開している。

同メディアのオンライン版では『ロナウドの弁護団が主張する内容とは異なる新たな証拠』という見出しが踊っている。

この見出しの記事内では「これはロナウドが自身の弁護団に2009年のレイプ容疑を認めた可能性のある書類である。そして、この訴えは、ロナウドが弁護団にマヨルガの意思に反してラスベガスのホテルで性行為をしたことを認める書類に基づいて起こされている」と記されている。

その新たな証拠には、ロナウドと弁護団の改ざんにおける話し合いの内容が記されており「新たな証拠は、周到に準備された改ざんを認めている。そして、弁護団が行った事前聴取でロナウド自身が、マヨルガが度々“ノー”や“ストップ”と口にしたにもかかわらず無理に性行為を試みたと回答したということが明かされている」と報じている。

(文:SPORT)

C・ロナウドに新事実 ユーヴェ移籍前にミランと合意 

20181130-00010014-sportes-000-1-view

C・ロナウド、スペイン人モデルと結婚へ 2年前から交際すでに1歳の女児も 130万円の指輪  

20180831_cristiano-ronaldo1616-1




1: 2018/11/16(金) 18:57:02.84 _USER9
11/16(金) 18:44配信
C・ロナウド、スペイン人モデルと結婚へ 2年前から交際、すでに1歳の女児も
 
 イタリア1部リーグ、ユベントスのクリスティアノ・ロナウドが恋人のスペイン人モデル、ジョルジーナ・ロドリゲスと正式に結婚する準備を進めているようだ。16日付のガゼッタ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

 報道によると、先日のロンドン旅行でロナウドはカルティエの約1000ユーロ(約130万円)の指輪をジョルジーナにプレゼント。親族や親しい友人たちとのディナーで結婚の予定を報告したと思われる。また10日には、トリノ市内の自宅近くのグラン・マードレ・ディ・ディオ教会をそろって訪れていたため、挙式の下見ではないかとされている。

 2人は約2年前から交際しており、2人の間には、アラナ・マルティナちゃんという1歳の娘がいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000111-dal-socc

PK失敗&退場処分で激怒したイグアイン…C・ロナウド「気持ちはわかる」 

20181112-05033968-gekisaka-000-1-view

ユーベで模範となるC・ロナウド、「彼がいるとずっと強くなる。彼こそリーダーだ」 

20181102-04189487-gekisaka-000-1-view

フィーゴが2人の“ロナウド”を比較、「ロナウドがナンバーワンだ」 

20181102-04175792-gekisaka-000-2-view

C・ロナウド 「メッシと自分は次元が違う」 

20181031-00010007-sportes-000-1-view

メッシの名前はなく…?C・ロナウドが2018年バロンドールのライバル5選手を列挙 

20181031-00010000-goal-000-1-view

C・ロナウド、レアル会長への思いを激白「彼は僕を代えの利かない存在と考えなかった」 

20180831_cristiano-ronaldo1616-1




1: 2018/10/29(月) 23:58:18.56 _USER9
FWクリスティアーノ・ロナウドが、古巣レアル・マドリーの会長に対する思いを激白した。

今夏にレアル・マドリーからユヴェントスへの移籍したC・ロナウドだが、その要因の一つにはペレス会長との関係不和が挙げられていた。契約延長交渉の破断や、脱税問題が世間を賑わせていた当時にバックアップを受けられなかったなど、C・ロナウドはレアル・マドリーからの扱われ方に不満を持っていたとされる。

そして『フランス・フットボール』とのインタビューに応じたC・ロナウドは、レアル・マドリー退団後、一切言及してこなかったペレス会長について、ついに口を開いた。レアル・マドリーで438試合450得点を記録してクラブ史上最多得点者となり、4回のチャンピオンズリーグ優勝にも多大な貢献を果たした同選手は、次のような意見を述べている。

「フロレンティーノは、ビジネスの関係上でしか僕のことを見てくれなかった。彼が心から何かを言ったことはなかったなんだ」

「クラブ内部、特に会長は、僕のことを根本的な存在と考えていなかった。会長は、僕のことを代えの利かない存在として見ていなかったんだよ。だからマドリーを後にして、トリノのユヴェントスに加わることを考えた」

「マドリーでは多くの素晴らしいことを成し遂げたし、忘れることのできない様々な瞬間を経験した。価値あるチームメートたちのことを忘れたりはしない。ファンのことも忘れはしないよ。でもあそこで9年を過ごして、居場所を変えるべきときが訪れたんだ」

C・ロナウドはまた、自身が今年のバロンドールを受賞するにふさわしい選手であることを主張している。

「バロンドールは執着する対象じゃない。僕はもう、史上最高の選手の一人なんだから。でも思うに、僕は今年のバロンドールにも値する」

『フランスフットボール』が主催するバロンドールをこれまで5回受賞してきたC・ロナウドは、ペレス会長がそうした自身の価値を認めなかったと考えているようだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181029-00010011-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索