Samurai Goal

クラブ・ウニベルシダ・ナシオナル


スポンサード リンク





柴崎岳 メキシコ“プーマス”と移籍交渉を開始、スペイン紙も報道  

20190626-00000084-dal-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/26(水) 18:31:03.13 ID:5PoBx1r89
スペイン1部リーグ、ヘタフェ所属の日本代表MF柴崎岳(27)がクラブ・ウニベルシダ・ナシオナル(メキシコ)と移籍に関する交渉を開始したという。スペインのスポーツ紙、マルカのほか複数のメキシコメディアが伝えている。

情報によると柴崎はヘタフェの来季構想に入っておらず、メキシコリーグ参戦の可能性が高まっているという。また日本代表のコパ・アメリカ敗退で具体的に交渉が始まったのではないかとの見方もある。

プーマスとの愛称があるウニベルシダ・ナシオナルではスペイン人MFのアリーバスが退団、これに変わるチームの司令塔を探すことになる。プーマスは今年1月の冬市場にも柴崎獲得を狙ったほか、新指揮官となるミチェル監督も日本人ゲームメーカーの獲得を望んでいるという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190626-00000084-dal-socc
6/26(水) 17:40配信

メキシコクラブが柴崎獲得へ根回し スペイン紙報じる  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/21(金) 18:20:25.98 ID:A49MSuWG9
6/21(金) 17:45配信
メキシコクラブが柴崎獲得へ根回し スペイン紙報じる

 サッカーメキシコ1部、クラブ・ウニベルシダ・ナシオナルが、スペイン1部ヘタフェの日本代表MF柴崎岳(27)の獲得に動いていると21日、スペイン紙マルカが伝えた。現場、フロントの双方が日本の司令塔獲得を悲願としているという。



 記事によると、通称プーマスを指揮することになった元スペイン代表選手のミチェル監督が柴崎の獲得をリクエスト。またロドリゴ・アレス会長にとってもクラブ史上初の日本人選手獲得に積極的で、今年1月の移籍市場でも柴崎引き抜きに動いていたという。事実プーマスは所属選手の1人と契約解除して選手枠を確保する計画だとしている。

 一方、柴崎に対しては他のクラブも関心を持っているほか選手自身は南米選手権終了まで去就に関した動きをしない方針。すぐに決着がつく見通しではないと考えられる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000097-dal-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索