Samurai Goal

クラブライセンス


スポンサード リンク





<Jリーグ>J3クラブライセンス交付6チームを発表!青森、いわき、三重、奈良、FC大阪、宮崎のJFL6クラブ 

スクリーンショット 2020-09-17 8.41.36




1: 2020/09/16(水) 22:19:44.71 _USER9
Jリーグは15日、2021シーズンJ3クラブライセンスの判定結果を発表した。

15日に開催された理事会において、Jリーグは2021シーズンJ3クラブライセンスの申請があったクラブ(J3入会を希望するクラブ)に関する判定を決定。
Jリーグ百年構想クラブ(Jリーグの定める参加資格を満たすクラブ)に認定されている6クラブにJ3ライセンスが交付されることとなった。

今回ライセンスが交付されたのは、ラインメール青森、いわきFC、ヴィアティン三重、奈良クラブ、FC大阪、テゲバジャーロ宮崎。
今後、JFL最終節終了時点で「順位要件(JFL4 位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2クラブ)」などを満たすクラブが、11月の理事会にて入会を審議される。

なお、奈良クラブは今年1月30日の理事会において、リーグ入会条件の1つである入場者数の偽証を意図的に行っていたとして、百年構想クラブの資格を解除条件付き失格となっていた。

しかし、「ガバナンス強化」、「入場者数カウント方法の改善」、「ステークホルダーからの信頼回復」の3つの解除条件が実践されていることから、6月23日の理事会で百年構想クラブ資格が再認定。
さらに、2020年中に来季J3クラブライセンスを交付されるまでに至った。

9/15(火) 19:30配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/5dbfa7c1dafd297d8134ed7d91c214a716c01555

J1やJ2のクラブライセンス取得に必要なスタジアム基準を緩和!昇格機会が奪われるケース回避 

yokkaichi




1: 2018/12/12(水) 19:42:06.17 _USER9
Jリーグは12日、東京都内で理事会を開き、J1やJ2のクラブライセンス取得に必要なスタジアム基準の緩和を決めた。J1の1万5千人とJ2の1万人の入場数の要件は変えないが、整備計画があれば例外的に3年から5年の猶予期間を設けて、上位リーグの資格を得られる。

 今季のJ2町田のように順位要件を満たしてもスタジアム基準のために昇格機会が奪われるケースの回避などが目的。通常のスタジアムであれば3年以内の改修、完成を求め、Jリーグが理想とするアクセスや屋根、専用スタジアムなどの条件を満たせば5年を猶予し、1クラブ最大で1千万円の補助金を出す。

12/12(水) 19:23配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181212-00000172-kyodonews-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索