Samurai Goal

クラブ


スポンサード リンク





「世界629クラブ」を海外メディアがランキング 注目の“TOP10”、Jリーグ勢の最上位は? 

スクリーンショット 2020-08-25 23.41.34

欧州サッカークラブ平均年俸ランキング 

20200510-00000005-jij_afp-000-3-view




1: 2020/08/25(火) 15:23:04.94
1位 バルセロナ (約13億円)
2位 レアルマドリード(約11億8000万円)
3位 ユベントス(約10億7000万円)
4位 マンチェスターシティ(約9億7000万円)
5位 パリサンジェルマン(約8億6000万円)
6位 バイエルン(約8億5000万円)
7位 マンチェスターユナイテッド(約7億7000万円)
8位 リバプール(約7億6500万円)
9位 アトレティコマドリード(約7億5000万円)
10位 アーセナル(約6億1000万円)

「彼は突然泣き出した」…バルサ時代の久保を知るビラ氏「ここ10年でクラブ最大の過ち」「世界一になれる」 

20200625-43481268-gekisaka-000-6-view

「好きなサッカークラブどこ?」←玄人っぽいなと思わせられるクラブ 

7e1bb677-s




1: 2020/06/01(月) 14:38:00.37
BMG

最もかっこいいサッカークラブユニフォームwwwwwww 

6d63beae-9104-0415-2f64-f31be0b71042




1: 2020/05/28(木) 20:15:38.01
どこ

Jリーグ6月27日再開を提示、クラブは7月4日を再開を希望 全国2ブロックに分け近隣クラブでの対戦を優先 

20200526s00002000367000p_view




1: 2020/05/28(木) 05:56:34.50
https://news.yahoo.co.jp/articles/c0f61ecd9b27c0f73101edf35b42c7ffabf2214a
(中日スポーツ)
 Jリーグが、新型コロナウイルスの影響で中断している公式戦の再開最終案をまとめたことが27日、分かった。

移動リスクを軽減するため、各リーグを地域で2グループに分け、7月末までは近隣クラブとの対戦を優先する。

 すでに1試合を消化しているYBCルヴァン・カップは地域ごとに3チームを5組に分け、1回戦総当たり方式で仕切り直す方針。

 再開(J3は開幕)日に関して、Jリーグ側は6月27日を提示している一方、首都圏のクラブなどは7月4日を強く希望している。
29日のJリーグ実行委員会で協議し、再開日と大会方式を発表する。

最終案によると、J1は神奈川・静岡の県境で2グループに分け、グループ内でより近い距離のクラブから対戦していく。

ルヴァン杯を含めた同一カードの連戦、アウェーの連戦は許容する。
再開後の2、3週は選手の故障リスクなどに配慮して、週1試合の開催となる見通し。  


Jリーグ 7・11から観客動員へ!無観客開催は2試合
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/05/27/kiji/20200526s00002000403000c.html

昨季のJ1で最も若手を起用したクラブは? スイス調査機関の集計で断トツだったのは―― 

20200505-00072796-sdigestw-000-1-view




1: 2020/05/05(火) 21:45:05.82
欧州5大リーグで最多だったのは?
 若手を重用するには勇気がいる。経験が豊富でない選手たちを起用し、結果が出なければ、指揮官の立場が危うくなるからだ。だが、たとえミスを犯したとしても、経験を積まなければ若手は育っていかない。

 スイスを拠点とするサッカー関連調査機関の『CIES Football Observatory』は5月4日、世界の93リーグ、1292クラブの昨シーズンないし今シーズンを対象に、21歳以下の選手の出場時間割合ランキングを発表した。

 リーグ別では、スロバキアの29.0%がトップ。28.8%でニュージーランドとアイルランド、28.6%でエストニアやラトビア、27.9%でオランダのエールディビジが続く。
 
 欧州5大リーグでは、リーグ・アンの15%が最多。9.8%のブンデスリーガ、8.5%のプレミアリーグ、7.7%のセリエAと続き、最も少ないのはラ・リーガの7%だった。

 そのリーガをわずかに上回る7.1%だったのが、日本のJ1リーグ(数字は昨シーズン)だ。クラブ別では、22.4%で湘南ベルマーレが最多。2位のサンフレッチェ広島(12.3%)に大きく差をつけている。3位はサガン鳥栖の9.6%。もっとも少なかったのは、1.5%の名古屋グランパスだった。

 J1各クラブのU-21選手の出場時間割合は以下のとおり(数字は昨シーズン)。

22.4% 湘南ベルマーレ
12.3% サンフレッチェ広島
9.6% サガン鳥栖
9.0% ガンバ大阪
7.5% コンサドーレ札幌
7.2% 鹿島アントラーズ
7.0% 横浜F・マリノス
6.3% ジュビロ磐田
5.9% 清水エスパルス
5.8% フロンターレ川崎
5.7% ベガルタ仙台
5.4% ヴィッセル神戸
4.8% 浦和レッズ
4.6% FC東京
4.4% セレッソ大阪
4.3% 松本山雅
4.2% 大分トリニータ
1.5% 名古屋グランパス

 なお、全クラブでトップに立ったのは、ニュージーランドのウェリントン・フェニックス。93.3%という驚異の数字だ。一方、33クラブが0%を記録。欧州5大リーグではレバンテ、クリスタル・パレス、シェフィールド・ユナイテッド、ウニオン・ベルリンの4クラブが0%だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200505-00072796-sdigestw-socc

「サッカー」を失ったJリーグのクラブが、スポンサー企業のためにできること 

20200501-05010110-sph-000-2-view

<Jリーグ>クラブへの融資規定の特例措置決定!返済3年、勝ち点減点無しなど大幅緩和 

20200407-00372851-usoccer-000-1-view




1: 2020/04/15(水) 20:06:46.40
Jリーグは、15日に開催された臨時理事会において、「リーグ戦安定開催融資規定」に関する時限的特例措置の制定が決定されたとして発表を行った。

新型コロナウイルスの影響によりJリーグは全公式戦の延期が続いており、再開に向けた見通しは依然として不透明。
経営面で苦しい状況となるクラブが出てくる可能性も懸念される中、リーグからの融資実行に関して柔軟に対応することが決定された。

通常時の規定ではクラブへの融資は原則として1クラブあたり3億円が上限とされているが、J1クラブについては3.5億円へ引き上げ。J2クラブは1.5億円、J3クラブは3000万円が上限とされる。

融資期間は通常であれば1月1日からシーズン最終戦までの約1年間とされているが、今年は6月末まで申請を受け付けることも決定。原資の状況によっては9月末、12月末まで受け付ける可能性もあるとされている。
返済期日は2023年12月末までの3年間となり、通常より大幅な返済猶予期間が設けられる。

また、通常は融資の条件となる担保の提供も不要に。融資を受ける場合は原則として勝ち点10ポイント減点の制裁が下されることになっているが、
これも「クラブの責めに帰すべからず事由のため制裁はなし」とし、融資を受けたクラブ名の公表も行わないことが決定された。

4/15(水) 19:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200415-00370792-footballc-socc

J首都圏クラブ関係者”集団疎開”も 

20191208-00351888-footballc-000-2-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索