Samurai Goal

クラシコ


スポンサード リンク





レアルマドリード、S・ラモスPK弾で伝統の“エル・クラシコ”制す バルサFWファティ21世紀最年少ゴール実らず 

スクリーンショット 2020-10-25 7.06.38




1: 2020/10/25(日) 00:57:44.77 _USER9
カンプ・ノウで行われた伝統の一戦はレアルに軍配
 伝統の“エル・クラシコ”が新たな歴史を作った。バルセロナは現地時間24日、リーガ・エスパニョーラ第7節でレアル・マドリードを本拠地カンプ・ノウに迎え、1-3で敗れた。新型コロナウイルスの影響を受けて今回は無観客試合で実施。公式戦245回目の対戦で、互いに96勝52分けという互角で迎えた一戦は、レアルに軍配が上がった。

いきなり試合は動いた。先制したのはレアル。前半5分、右サイドの元フランス代表FWカリム・ベンゼマから中央走り込んだウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが豪快に蹴り込んで決めた。

 だが、ホームのバルサもすぐさま反撃に出る。同8分、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの浮き球パスに左サイドで駆け抜けたスペイン代表DFジョルディ・アルバが反応し、中央へラストパス。これをスペイン代表FWアンス・ファティが決めて追いついた。

 17歳359日でクラシコ初ゴールをマークしたファティは、レアルFWヴィニシウスの19歳233日を大幅に更新し、21世紀のクラシコ最年少ゴール記録となった。

 だが、後半試合が動く。同14分、左サイドでFKを獲得したレアルは、ゴール前へボールを入れると、ペナルティーエリア内でバルサのフランス代表DFクレマン・ラングレがレアルのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのユニフォームを引っ張って倒れためPKを獲得。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)で確認後、このPKをS・ラモスがきっちりと決めて勝ち越しに成功した。さらに終了間際にはクロアチア代表MFルカ・モドリッチが”ダメ押し点”を挙げた。

 バルサのロナルド・クーマン監督にとって初采配となったクラシコだったが、「カンプ・ノウ」では5試合連続で負けなし(2勝3分け)だったレアルのジネディーヌ・ジダン監督に軍配が上がることとなった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dfce5587a6a005fbdcd8f9f575521bd74d2b546f

「本当に苛立つ」ピケ、クラシコ直前にクラブを猛烈批判! 盟友メッシについても「何が起こっているんだと…」 

1: 2020/10/24(土) 20:51:50.75 _USER9
ピケのクラブ批判にクーマンは?

宿敵との大一番を前にしてのクラブ批判は、どのように影響するだろうか。バルセロナのジェラール・ピケが、スペイン『La Vanguardia』のインタビューで、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長を筆頭とするクラブ上層部への不満を露にした。

現地時間10月24日、ラ・リーガ第7節でレアル・マドリーとの「クラシコ」に臨むバルサ。リーグの行方も左右する大一番を前にしてピケは、赤裸々に語った。

 SNSを利用して対立する者を中傷したとされる“バルサゲート”の疑惑についてピケは、「クラブと歴史的な関係を持つ外部の人間だけでなく、今の選手たちも批判すべく、クラブが金を、僕らに求めている金(減給交渉)を使うのを見るのは、とんでもない」と話した。(スペイン紙『Marcaより』)

「彼(バルトメウ会長)に説明を求めたら、『ジェラール、私は知らなかったんだ』と言われた。僕はそれを信じた。それが、責任者もまだクラブで働いている。とてもつらいよ。個人的に会長にも先にそう言ってある。彼との関係は丁重なものかもしれないが、残っていることがある」

 また、今夏にリオネル・メッシが移籍を志願したことについては、「史上最高の選手が、ある日起きてから、自分の話を聞いてもらえないとブロファックス(スペインの内容証明郵便)を送るなんて、どうしてそんなことがあり得るんだ?」とピケは怒りを隠さなかった。

「すべてがあまりにショッキングだ。何が起きているんだ? レオはすべてにふさわしい人間だ。新スタジアムの名前はまず彼とされるべきなんだよ。それからスポンサーだ。僕らは自分たちの姿を貶めるのではなく、守らなければいけないのに。本当に苛立つよ」

 また、ピケは昨シーズン途中にエルネスト・バルベルデ元監督が解任されたことにも言及した。前年度まで連覇していた監督を、首位に立っていたにもかかわらず解任したバルサは、後任のキケ・セティエンの下でタイトルを宿敵マドリーに譲ることになった。

「何があったかは知らないが、2年連続で優勝し、首位だったのに、シーズン途中で監督を解任するのは、プロジェクトとして一貫していないと思う。論理的だと思わなかった」とピケは当時の心境を話した。

『Marca』によれば、一連のピケの発言を受けて、バルサのロナルド・クーマン監督は、「彼は長年ここにおり、私は3か月だ。彼には彼の意見があり、尊重する」と述べた。

「ピケは知的な人で、こういう類のインタビューをすれば、明日自分が出れば、良いプレーをすると知っているんだ。私はすべての意見を尊重する」

 主力とクラブ上層部の対立が続くバルサの今後、そしてまずはクラシコでのピケのパフォーマンスが注目される。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b839da4fa9feadf49466cef87d23ac804fa291eb
no title

スペイン紙がジダン監督を分析…クラシコ控える指揮官の「5つの重大なミス」 

スクリーンショット 2020-10-23 16.58.14

クラシコ前にW完封負け!「レアル・マドリードとバルセロナ」地元メディアが「幼稚」「パニック」と酷評 

スクリーンショット 2020-10-18 17.28.22

久保マジョルカ戦、日本の視聴者数はクラシコより上 

20200612-26120109-nksports-000-4-view

クラシコ敗戦のバルセロナ、助監督の言動が話題に…「グリーズマン、決めろよクソ」 

20200303-00010005-goal-000-1-view

カシージャスですら達成できず…クルトワがクラシコで約半世紀ぶりの偉業 

20200302-00010021-goal-000-7-view

ピケ、クラシコ敗戦も「私が見た中で最悪のマドリーの1つ」 

20200302-00010007-sportes-000-1-view

注目のエル・クラシコ、レアル・マドリード×バルセロナ 結果 

1011_1




1: 2020/03/02(月) 06:53:57.90
リーガ優勝争いを左右するクラシコはレアルに軍配!ヴィニシウス&マリアーノ弾でバルセロナ破り首位に浮上

1日のリーガ・エスパニョーラ第26節、サンティアゴ・ベルナベウを舞台にレアル・マドリー対バルセロナのクラシコが行われ、2-0でレアル・マドリーが勝利を果たした。

もし首位バルセロナが勝てば2位レアル・マドリーとの勝ち点差は5に広がるほか、さらに当該対決成績でも勝ることになる今季リーガの優勝争いを左右するクラシコだ。

マドリーのジダン監督はGKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFバルベルデ、カセミロ、クロース、FWイスコ、ベンゼマ、ヴィニシウスを起用。対して、バルセロナのセティエン監督はGKテア・シュテーゲン、DFセメド、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ、MFブスケッツ、フレンキー・デ・ヨング、アルトゥール、FWビダル、メッシ、グリーズマンをスタメンとしている

試合は立ち上がりから均衡を見せる。マドリーはピッチ中央まではバルセロナの進行を許し、そこからプレッシングを行う。イスコが中盤の数的不利性を解消して、バルベルデが右サイドでジョルディ・アルバのオーバーラップをケアした。バルセロナの攻撃を打ち消すホームチームは7分、CKの流れからベンゼマが右足ボレー、15分にはエリア手前からクロースがミドルシュートでゴールをうかがったものの、どちらも枠を外れる。

その一方で、ピッチ中央で展開されるマドリーの包囲網をなかなか突破できないバルセロナだったが、機を見た最終ラインの飛び出しからマドリーより決定的なチャンスを迎えていく。21分、J・アルバのグラウンダーのクロスからグリーズマンがシュートを打ったが、これはクロスバーの上へ。また30分にメッシ、34分にアルトゥール、38分にまたメッシと、中央でコンパクトにまとまったマドリーの守備ブロックを抜け出したが、いずれのフィニッシュもクルトワの好守に遭った。前半はスコアレスのまま終了する。

後半の立ち上がり、マドリーはここが勝負どころと見込んでついにハイプレスを発動。強烈なインテンシティーでバルセロナがボールを保持してもすぐに奪い返し、波状攻撃を仕掛けていく。56分にはイスコがペナルティーエリア手前左から対角線上にシュートを打ったが、これはT・シュテーゲンの片手セーブに阻まれた。マドリーはイスコのシュートの後もバルセロナ陣地で一方的に攻撃を進めるが、しかしやはり崩しの場面での精度を欠いて得点を奪うには至らない。

セティエン監督は69分に最初の交代カードを切り、ビダルとの交代でブライスウェイトを投入。69分にはこの前レガネスFWが最終ラインを突破してシュートを放ったが、これはゴールラインを割る前にマドリーDFのクリアに遭っている。

そして71分、少しずつトーンを落としていたマドリーが、待望の先制点を記録した。決めたのはラストプレーの精度はともかく、一人勢いを維持し続けたヴィニシウスだった。ブラジル人FWはクロースのスルーパスから右サイドを突破。そのままペナルティーエリア内左に入り込みシュートを放つと、これが枠内に収まっている。ヴィニシウスがベルナベウに新たな希望を灯してから約1年……、あの頃は明かりがない中での弱い灯火だったが、今日ついにスタジアムを燃え上がらせている。

先制したジダン監督は79分に1枚目の交代カードを切り、イスコとの交代でモドリッチを投入。対してセティエン監督は82分、アルトゥールとグリーズマンをラキティッチ、アンス・ファティに代えてカードを使い切った。

その後はバルセロナがボールを保持して攻撃を仕掛けるも、マドリーは堅守でもって決定機を許さず。ジダン監督は86分にバルベルデをルーカス・バスケスに代え、サイドの守備を強化。そして終了間際には、ベンゼマとの交代でマリアーノを久しぶりに出場させた。すると後半アディショナルタイム、そのマリアーノがペナルティーエリア内右に侵入して、勝負を決定づける2点目を獲得。バルセロナに引導を渡している。

この結果、レアル・マドリーはバルセロナに勝ち点1差をつけて、首位に浮上。当該対決の結果でも1勝1分けで勝り、もし勝ち点で並んだ場合にもバルセロナより上に位置する権利を得ている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200302-00010007-goal-socc

勝ち点差2で激突…激戦必至のエル・クラシコについて知っておきたい8つのこと 

20200301-01041185-soccerk-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索