Samurai Goal

クラウディオ・ラニエリ


スポンサード リンク





元レスター監督のラニエリ氏、ギニア代表監督の募集に応募!12日に面接へ ローマ退団後はフリー  

20190909-00977611-soccerk-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/09(月) 14:34:42.25 ID:ojM1uYTa9
FGF(ギニアサッカー協会)は5日、ギニア代表の次期監督候補にリストアップした17名を、協会の公式Facebookで発表した。8日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

 ポール・ピュト前監督が7月15日に退任して以降、ギニア代表は指揮官不在の状態が続いている。そこでFGFが同国の次期監督を募集したところ、イタリア人監督のクラウディオ・ラニエリ氏ら87名の応募があったようだ。ラニエリ氏は同協会が厳選した17名の候補者に名を連ねており、12日に面接を受ける予定となっている。

 現在67歳のラニエリ氏は、現役引退後の1986-87シーズンに監督キャリアをスタートし、これまでにチェルシーやユヴェントス、ローマなど16クラブを指揮。レスターを率いていた2015-16シーズンには、自身のキャリアで唯一の国内リーグタイトルを獲得した。そんな経験豊富なラニエリ氏にとって、2014年に7月から同年11月にかけて4試合を指揮したギリシャ代表時代が、唯一の代表監督経験となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190909-00977611-soccerk-socc

チェルシーのサッリ監督、ユベントスとローマが引き抜き狙う 後任候補にランパード氏  

20190522-00939818-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/05/22(水) 10:15:42.43 ID:/pGB2RX69
ユーヴェとローマがサッリ監督引き抜きを狙う…後任候補はランパード氏

ユヴェントスとローマが、現在チェルシーを率いているマウリツィオ・サッリ監督を新指揮官候補としてリストアップしているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が21日に報じている。

 ユヴェントスは17日、5シーズンに渡ってチームを率いたマッシミリアーノ・アッレグリ監督が今シーズン限りで退任することを発表した。就任後のセリエA5連覇など数多くの偉業を成し遂げた同監督の後任が誰になるのか注目が集まっており、同メディアの報道によると、前述のサッリ監督か現在ラツィオを指揮するシモーネ・インザーギ監督の名前が候補に挙がっているようだ。一方のローマもクラウディオ・ラニエリ監督が今シーズン限りでの退団を明言しており、現在は後任探しに着手している。

 サッリ監督とチェルシーの契約はもう1シーズン残っているものの、同監督自身はイタリア復帰に前向きな姿勢を見せているという。サッリ監督は昨シーズンまでナポリを率いており、当時7連覇中だったユヴェントスと激しいスクデット争いを繰り広げた。今シーズンはチェルシーを率いて、プレミアリーグを3位でフィニッシュ。ヨーロッパリーグでもクラブを決勝進出に導いている。現時点でクラブに同監督を解任する意思はないものの、サッリ監督自身がイタリア復帰を希望した場合には要望に応じると見られている。その場合、チェルシーはクラブOBで現在はダービー・カウンティを率いているフランク・ランパード監督の招へいに動くと報じられている。

 果たして、サッリ監督は来シーズンどのクラブを率いているのだろうか。今後の動向に注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00939818-soccerk-socc

ローマ、ラニエリ新監督の就任発表!ディ・フランチェスコ監督は既に解任  

GettyImages-940849630-800x533




1: 久太郎 ★ 2019/03/09(土) 10:24:14.26 ID:AqT+aRAv9
ローマは、新指揮官としてクラウディオ・ラニエリ監督の就任を発表した。

セリエAのラツィオ戦、チャンピオンズリーグのポルト戦と重要な試合を相次いで落としたローマは7日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督を解任。後任にローラン・ブラン氏やパウロ・ソウザ氏など数名の指揮官の名前が挙がっていた中、8日にラニエリ監督と今シーズン終了までの契約を結んだ。

2月28日にプレミアリーグに所属するフラムから解任されたばかりのラニエリ監督は、2009年から2011年までの2年間ローマの指揮官を務める。それ以来8年ぶりとなる古巣復帰を受け、同指揮官は「家に帰って来られてとてもうれしい。ローマから声が掛かったとき、“ノー”と言うなんて不可能だ」と喜びをあらわにした。

また、ローマのディレクターを務めるフランチェスコ・トッティ氏は「クラブディオはこの街の出身で、ローマのファンだ。しかしそれ以上に、彼は世界のフットボール界において最も経験のあるコーチの1人だ」と来シーズンのCL出場権を得られるトップ4入りに向けてラニエリ監督へ期待を寄せた。

11日のエンポリ戦で初陣を切ることが決まったラニエリ監督は、現在4位インテルと勝ち点3差の5位に位置するローマをトップ4に押し上げ、周囲の期待に応えることができるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190309-00010000-goal-socc

“奇跡の優勝”果たしたラニエリが再びプレミアへ…低迷フルハムの新監督に就任 

20181114-05272022-gekisaka-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索