1: 2020/08/12(水) 05:21:55.69 _USER
(写真)
no title


サッカーJ1・サガン鳥栖は、キン・ミョンヒ監督が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

サガン鳥栖と佐賀県の発表によりますと、キン監督は今月8日の昼ごろに体調不良を感じたものの発熱などはなかったため、その日の鹿島アントラーズとの試合の指揮をとりましたが、9日夜に38度の発熱が確認されて10日、佐賀県内の病院でPCR検査を受けたところ、陽性と判定されたということです。

キン監督は、すでに県内の病院に入院していて、11日は平熱に戻っているということです。

今のところ監督のほかにチームの選手やスタッフで、新型コロナウイルスやかぜなどの症状を訴えている人はいないということです。

ただ、監督とミーティングを行ったスタッフ3人が濃厚接触者とされ、自宅での隔離となっているほか、クラブハウスの消毒なども行ったということです。

選手の中には濃厚接触者はいないということですが、念のためクラブとして独自に選手やスタッフなど89人を対象にPCR検査を行い、結果は12日昼ごろ判明するということです。

サガン鳥栖の運営会社の竹原稔社長は「選手と監督はかなり自粛した生活をしている。このような報告をしなければならないことは残念だ」と話していました。

また、竹原社長は当面の指揮官として、桑原勇斗コーチを代行にたてる方向で準備していることを明らかにしました。

ソース:NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200811/k10012562431000.html