Samurai Goal

キルギス


スポンサード リンク





セルジオ越後、日本やほかのW杯出場常連国が、なぜレベルの低い2次予選から出場しなければいけないのか  

1: Egg ★ 2019/08/01(木) 22:41:18.14 ID:Vj213o1L9
9月に開幕する2022年カタールW杯アジア2次予選の組み合わせが決まったね。日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同グループに入った。
FIFAランキングを見れば、日本の28位に対し、キルギスが95位、タジキスタンが120位、ミャンマーが138位、モンゴルは187位と格下ばかり。

一方、他グループのライバルを見ると、例えば韓国は北朝鮮、レバノンと、イランはイラクと同グループに入るなど、少なくとも1位、2位通過を争う相手がいる。
でも、日本にはそうした強敵が見当たらない。スポーツ紙が「天国」と報じていたけど、明らかにラクな組み合わせだ。よほどのことがないかぎり、全勝での突破は間違いない。

ただ、個人的には運がよかったとは思わない。むしろ"地獄"だ。なぜなら、これだけレベルの低い相手ばかりだとチームの強化にもならないし、試合としてもスリルが少なく、見る側もモチベーションを上げにくいからだ。
昔と違って、勝って当然の相手に快勝して「すごい」と大騒ぎする時代でもない。試合を中継するテレビ局も頭を抱えているだろう。

森保監督もどういうメンバー編成で臨むべきか、また、選手の気持ちをどう引き締めたらいいのか、難しいところだ。

ベストメンバーを呼んで大勝しても、レベルに明らかな差があればチームとしての収穫は少ない。欧州でプレーしている選手を長距離移動させてまで呼ぶ必要があるのかと思ってしまう。
強化という意味では、いっそのことお客さんを入れて紅白戦をやったほうがいいくらいだね。

また、実力差の大きい相手との試合ではケガの心配も増す。思い出すのは、00年シドニー五輪アジア1次予選のフィリピン戦で、小野伸二が後ろからのタックルを受けて重傷を負ったこと。あれはひどいプレーだった。
今回も、相手は格上の日本に対して守る意識が強くなり、警告覚悟のラフプレーを仕掛けてくるかもしれない。また、点差が開けば集中力がなくなって、プレーが荒っぽくなることもある。そうした怖さは常につきまとう。

そもそも、。10年南アフリカW杯、14年ブラジルW杯のアジア予選では、上位チームは2次予選まで免除されていたというのに。
貴重な国際Aマッチデーに弱小国との試合をさせるなんて、FIFAもしくはAFC(アジアサッカー連盟)になんらかの政治的もしくは興行的な意図があるとしか思えない。

ただでさえ最近はアジア勢が強豪国との強化試合を組むのが難しくなっている。そうした現状があるのに、こんなことをやっているようでは欧州や南米にかなわなくて当然。差は縮まるどころか、むしろ開く一方だ。
W杯2次予選が物足りない以上、日本は今後、制限があるなかでも、できる限りハイレベルな相手と強化試合を組んでいくしかない。

まずは9月5日のキリンチャレンジ杯のパラグアイ戦(カシマ)。先日の南米選手権に出場していた相手のベストメンバーをどこまで来日させられるか。
そして、同じく11月に予定されるキリンチャレンジ杯に、どれだけ骨のある相手を呼べるか。この2試合に関していえば、準備が遅れ気味の東京五輪代表の強化に充ててもいいと思う。いずれにしても、日本にとっては難しい状況だね。

週プレNEWS 8/1(木) 11:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190801-01094220-playboyz-socc

写真
no title


アジア2次予選強化面では「地獄組」/セルジオ越後
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190730-07300545-nksports-socc

<日本代表>W杯予選は、あまりに楽な組分けに!試合によっては、大胆なチーム編成で戦うべきだ  

no title




1: Egg ★ 2019/07/20(土) 07:11:47.78 ID:25WE0TZL9
2020年ワールドカップに向けてのアジア2次予選(兼2023年アジアカップ予選)の組分けが決まり、日本はグループFでキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと対戦することとなった。

5チームずつの8グループに分かれて2次予選では1位の8チームと2位のうち成績上位の4チーム、合計12チームが最終予選に進む(ただし、カタールは開催国としてすでに出場が決まっているので、カタールがグループEの1位に入った場合は、2位のうち5番目のチームまで最終予選に進める)。

まだ、上位と下位の差が大きい2次予選だが、グループ2位では予選敗退となってしまう危険があるので、上位国にとっても難しい戦いとなる(取りこぼしは絶対に避けなければならないし、2位になった場合を考えて下位相手に大量得点を奪う必要もある)。

日本にとってはきわめて楽な組分けとなった。

組分け抽選は、FIFAランキングに基づいて8チームずつ、5つのポットに分けて行われた。つまり、たとえば前回ロシア大会に出場した韓国、オーストラリア、イラン、サウジアラビアのような強豪との対戦する可能性はもともとなかったが、ポット2にはイラク、ウズベキスタン、シリアといった強豪国や心境著しいベトナムといった国も入っていたのだ(実際、ロシア大会の2次予選では日本はシリアと対戦して苦しめられている)。

ところが、ポット2からグループFに入ったのはキルギスだったのだ。キルギスはこのところ力を付けてきているとはいえ、ポット2の中で下から3番目のFIFAランキング95位。ポット2の最上位(FIFAランキング77位のイラクとはかなりの実力差がある)。

また、注目すべきはグループFには中東勢が入らなかったことだ。ポット2には中東勢が5つも入っていたことを考えると、中東勢を避けられたのはかなりの幸運だ。これまで、中東勢にはかなり苦しんだ経験もあるし、中東遠征は移動距離が長いのでできるだけ避けたいところだ

7/18(木) 18:01配信 Jスポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190718-00010006-jsportsv-socc

セルジオ越後、日本のグループは”最悪”だ。弱小国ばかりのW杯2次予選…格下との試合で意味はあるのか?  

1: Egg ★ 2019/07/19(金) 13:01:17.71 ID:y9aGktDJ9
2022年に開催されるカタール・ワールドカップのアジア2次予選組み合わせ抽選が行なわれた。日本はキルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルと同居するグループFに入ったね。FIFAランキングは日本が28位なのに対し、キルギスは96位、タジキスタンは120位、ミャンマーは138位、モンゴルは187位と、他のグループと比べれば、実力的に恵まれた組み合わせと言えるかもしれない。

 ただ、これは運が良かったと捉えるべきではない。むしろ、最悪だ。これだけ格下の相手だと、ゲームのスリルはあまりないからね。日本人からしてみれば、入場料を払ってまで見たいと思える試合ではない。仮に5-0で勝ったとしても、レベルに明らかな差があれば、チームとしての収穫も少ないだろう。弱小国に快勝では、メディアも称えるべきではないから盛り上がらない。あとは、なによりも選手のモチベーションを上げるのも難しいのではないかな。

 そもそも、なぜ日本を筆頭にイラン、韓国、オーストラリア、カタールなどのアジアの強国が、2次予選から出場しなければならないの? 各グループで実力が図抜けている国は、ほぼ突破が見えているよね。それなのに、わざわざアジアの小国と試合を組ませるなんて、興行目的としか思えないよ。
 過去の対戦成績がないモンゴルからしてみれば、ロシア・ワールドカップでも活躍して有名な大迫などが「モンゴルにやってくる!」と騒ぎになって集客できるかもしれない。でも、ワールドカップという肩書だけがついているだけで、それでは本物の競争とは言えないよね。

 逆に、密かにほくそ笑んでいるのは、カンボジア代表の実質監督を務める本田じゃないかな。イラン、イラク、バーレーン、香港と同じグループCに入ったようだけど、中東の強国が居並んだ。とくに、FIFAランキングがアジア最高の20位であるイラン戦では、注目が集まると思うよ。

 ところで本田は以前、「ワールドカップ優勝」とか、経営に参入したSVホルンで「CL出場権獲得」とぶち上げていたけど、今度は「カンボジア代表を強くする」と言っている。そろそろ有言実行してみせてほしい。そういう意味でも今回のアジア2次予選は、まさに腕の見せ所だろう。
 
 タイ代表の監督に就任した西野も同じだ。UAE、ベトナム、マレーシア、インドネシアと同じグループGで結果を残せれば、評価は高まるだろう。シンガポールにはかつてレイソルやヴァンフォーレを指揮した吉田監督がいるよね。日本人監督が海外に出ることは悪くないと思うから、ぜひこのチャンスに格上の国を叩いて指導力を見せつけてほしい。

7/19(金) 6:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190719-00061610-sdigestw-socc

写真no title

<アジア杯>キルギス監督、「韓国をしっかり分析、弱点のないチームはない」  

C0_udhcUoAA8qAF




1: 2019/01/11(金) 18:39:27.29
韓国と対戦するキルギスの監督が巻き返しを誓った。

パウル・ベント監督が率いる韓国サッカー代表チームは12日(以下、日本時間)午前1時、キルギスと2019アジアカップグループリーグ第2戦を行う。
グループリーグ第1戦でフィリピンに1-0と辛勝していた韓国は中国に得点差で2位につけた。韓国はキルギスに勝利しグループ1位で16強進出を狙う。

キルギスは第1戦で中国に1-2と逆転負けを喫した。先制ゴールを決めていたが、GKの相次ぐミスで逆転負けした。16強進出を狙う立場から韓国戦の結果が重要となる。
キルギスのレクサンデル・クレスティニン監督は「われわれはフィリピン戦だけでなく韓国を相手にした様々な試合を分析した。韓国と戦う準備はできた。

だが、厳しい試合を予想している。韓国と中国は異なるチームだ。よって出場選手にも変化があるだろう」と意欲を示した。

クレスティニン監督は「練習場の雰囲気は非常に良い。選手たちは常に集中している。グループリーグ通過のための2連戦が残っている。
フィリピン戦を分析したが、フィリピンのような試合をすることはできない。それでも韓国の攻略法を持っている。韓国の弱点をわかっている。しっかり分析した。弱点がないチームはない」と覚悟を語った。

1/11(金) 15:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190111-00000049-wow-spo

中国がキルギスを逆転、アジアカップ白星発進 

20190107-16140254-gekisaka-000-2-view

森保Jの布陣は変化するか。2つの顔を見せたキルギス戦で残った疑問 

20181123-00010003-sportiva-000-1-view

森保Jの最弱キルギス戦圧勝に何の意義があったのか? 

Dsb6TONU0AAYp0r




1: 2018/11/21(水) 06:14:45.82 _USER9
ゴールを決めたはずなのに、なぜか歯切れが悪かった。年内最後の国際親善試合を4-0の快勝で飾った直後の、豊田スタジアム内の取材エリア。ベンチへ下がるまでの72分間で手にした収穫を問われたMF原口元気(ハノーファー96)は、ちょっとした沈黙を挟みながら言葉を絞り出した。

「まあ……難しいですけどね。相手が相手……難しいですね」

 キルギス代表と対峙した20日のキリンチャレンジカップ2018。開始2分に飛び出した代表デビューのDF山中亮輔(横浜F・マリノス)のゴールでリードして迎えた前半19分には、原口の果敢なドリブル突破からファウルを獲得。ペナルティーエリアの左角のあたりから自ら直接フリーキックを蹴り、ゴールネットを揺らした。

 6月のワールドカップ・ロシア大会の決勝トーナメント1回戦、対ベルギー代表以来となるA代表通算8ゴール目は、日本代表にとっても特別な意味をもつ一発だった。

 直接フリーキックから生まれたゴールは、ザックジャパン時代の2013年9月6日に行われたグアテマラ代表との国際親善試合で、MF遠藤保仁(ガンバ大阪)が決めた一撃にまでさかのぼらなければ見つからない。しかし、約5年2ヵ月にも及んだ空白の期間を埋めても、原口は自虐的な言葉で周囲を笑わせた。

「いやぁ、(直接フリーキックからのゴールには)カウントしないでほしいですね。思い通りに蹴れたわけじゃないし、決めたと言っていいのかどうかもわからないので」

 確かにコースは甘かった。しかし、目の前でバウンドしたボールの処理をキルギス代表のGKバベル・マティアシュが誤り、ファンブルした末にゴール内にそらすミスを犯してしまう。195cm、88kgと恵まれたサイズを誇るキルギスの守護神は、実は所属クラブなしの状態で来日していた。

 後半開始とともに投入されたMFアフリディン・イスライロフも所属クラブなし。ピッチには立たなかったものの、無所属の選手がベンチにもう一人いた。公式記録上におけるシュートはわずか1本。前半終了間際に放ったそれは、ゴールの枠をとらえることはできなかった。

 最新のFIFAランキングを見れば日本の50位に対して、初めて顔を合わせるキルギスは90位。数字以上に実力が乖離していた中央アジアの小国と、あえて年内最後の相手としてマッチメークした背景には、来年1月にUAE(アラブ首長国連邦)で開催されるアジアカップ対策がある。

「キルギスはアジアでの戦いを想定した試合ができるかな、と思っています」

 11月シリーズに臨む代表メンバーを発表した今月7日に、森保一監督はキルギス戦の狙いをこう説明していた。

つづく

11/21(水) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010000-wordleafs-socc&p=1

セルジオ越後「ベネズエラ・キルギスの2連戦を見たらアジアカップではベスト8で苦戦すると思った」」 

spo1811200041-p1




1: 2018/11/20(火) 23:57:49.43 _USER9
 日本代表は20日、キリンチャレンジカップ2018でキルギス代表と対戦。山中亮輔の得点で早々に先制すると、以降も原口元気、大迫勇也、中島翔哉と続々と追加点が決まり、年内最後の一戦に4-0で快勝した。

 試合後、サッカー解説者のセルジオ越後氏に話を聞き、試合を振り返ってもらった。

「“期待通り”の相手だったね。わかってはいたが、レベルとしてはかなり落ちる相手だった。日本は開始すぐに先制して、FKで追加点を取ったが、パスを回すシーンが多く、攻撃のスイッチが入る形は少なかった。右の室屋はオーバーラップが少なかったし、山中もいい質のクロスは少なかったし、もっと2点目を取る姿勢を示してもよかった。ボランチの2枚も攻撃参加、ペナルティーエリアに入っていく形がなかったね」

「後半もそれが続いて、森保監督もしびれを切らしたから動いたんじゃないかな。前半の内容に不満はあったと思うよ。選手交代で点は決まったが、層は厚くなっていない。もちろん途中出場で点を取ったことは疲れている相手に対してフレッシュな選手が入ったからであることも忘れてはいけない」

「数字はポジティブなもので終わったのはいいかもしれないが、堂安はもう一つ、南野は動きはいいが点が入らず、中島は何回も倒れるシーンがあるのが心配な要素ではある。チームとしては両サイドバック、ボランチがもっと追い越す動きが必要で、それが無いから前線に『行ってこい』という形だけになってしまう」

「ベネズエラとキルギスの2連戦を見たら、アジアカップではベスト8で苦戦すると思ったよ。アジアの戦いはベスト8から。ベネズエラ戦で失点したことや、ウルグアイに3失点したことを振り返れば、イランや韓国と対戦した時に大丈夫なのか。アジアカップに向けては期待と不安が半々だね」

11/20(火) 23:34配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00866284-soccerk-socc

日本vsキルギスは4-0で日本が勝利  山中が代表初ゴール!原口・大迫・中島もゴール! 

1: 2018/11/20(火) 22:39:15.70 _USER9
11/20(火) 21:14配信
森保ジャパン、年内ラストマッチは4発快勝! 5戦無敗でアジアカップへ

 キリンチャレンジカップ2018が20日に行われ、日本代表とキルギス代表が対戦した。

 日本は16日のベネズエラ代表戦からスターティングメンバーを全員入れ替え、GK権田修一、DF室屋成、三浦弦太、槙野智章、山中亮輔、MF三竿健斗、守田英正、伊東純也、原口元気、FW北川航也、杉本健勇の11人が先発。山中はこれが代表デビュー戦となった。

 試合は開始早々に動く。2分、速攻を仕掛けた日本は、ペナルティエリア手前中央で受けた杉本が左サイドを駆け上がった山中へパスを預ける。これを受けた山中が得意の左足を振り抜くと、低い弾道のシュートが右ポストの内側を叩いてネットを揺らした。先制した日本は19分、原口がドリブルを仕掛けてファウルを誘い、エリア手前左でFKを獲得。自らキッカーを務めた原口が直接決めてリードを2点に広げた。

 その後も試合の主導権を握る日本は72分、エリア内中央で守田から縦パスを受けた北川が落としたボールを大迫勇也がダイレクトで流し込み3点目を奪う。直後の73分には南野拓実から堂安律へと素早くつなぎ、最後はゴール前でラストパスを受けた中島翔哉がフィニッシュ。途中出場の3人で崩し、4点目が決まった。

 試合は4-0でタイムアップ。日本代表は森保一監督体制4勝1分けと無敗を維持したまま、来年1月にアジアカップを迎える。

【スコア】
日本代表 4-0 キルギス代表

【得点者】
1-0 2分 山中亮輔(日本)
2-0 19分 原口元気(日本)
3-0 72分 大迫勇也(日本)
4-0 73分 中島翔哉(日本)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-2-3-1)

権田修一
室屋成
三浦弦太
槙野智章(61分 吉田麻也)
山中亮輔
三竿健斗(60分 柴崎岳)
守田英正
伊東純也(59分 堂安律)
北川航也(72分 南野拓実)
原口元気(72分 中島翔哉)
杉本健勇(59分 大迫勇也)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00865837-soccerk-socc
no title


★1がたった時間:2018/11/20(火) 21:13:54.54
※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542717465/

【速報】】日本 vs キルギス 選手採点 

Dsb6TONU0AAYp0r




ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索