Samurai Goal

キリンチャレンジカップ


スポンサード リンク





U-22日本代表、年内最終戦に臨むメンバー発表!安部裕葵が招集入り…久保や堂安は選外  

20191204-00010015-goal-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/04(水) 14:48:25.11 ID:y3UcxUaQ9
 日本サッカー協会(JFA)は4日、12月28日にトランスコスモススタジアム長崎で行われるキリンチャレンジカップ2019のU-22ジャマイカ代表戦に臨むU-22日本代表メンバーを発表した。

 U-22日本代表は、来年の東京五輪を目指す候補で構成。最終メンバー18枠を勝ち取るべく、熾烈な争いが繰り広げられている。

 11月17日には広島で初の国内親善試合を行ったが、U-22コロンビア代表に0-2で完敗。森保一監督は「力が足りないので、五輪までにチーム力を上げなければいけないということを実感した」と振り返るなど、課題が多く残る結果となった。

 今回発表されたメンバーには、前回のU-22コロンビア戦で招集された久保建英や堂安律らは招集外に。一方で、安部裕葵がメンバー入り。またスペイン、ポルトガルで経験を積む山口瑠伊や小久保玲央ブライアンが招集されることとなった。

 U-22ジャマイカ戦は28日の19時20分にトランスコスモススタジアム長崎でキックオフする。

 メンバーは以下の通り。

▽GK
山口瑠伊(エストレマドゥーラ/スペイン)
谷晃生(ガンバ大阪)
小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/ポルトガル)

▽DF
中山雄太(ズヴォレ/オランダ)
岩田智輝(大分トリニータ)
瀬古歩夢(セレッソ大阪)
大南拓磨(ジュビロ磐田)
岡崎慎(FC東京)

▽MF
長沼洋一(愛媛FC)
三苫薫(筑波大)
旗手怜央(順天堂大)
高宇洋(レノファ山口)
岩崎悠人(北海道コンサドーレ札幌)
松本泰志(サンフレッチェ広島)
菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
安部裕葵(バルセロナ/スペイン)
東俊希(サンフレッチェ広島)

▽FW
前田大然(マリティモ/ポルトガル)
一美和成(京都サンガ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191204-00010015-goal-socc

【悲報】視聴率8.6% サッカーキリンチャレンジカップ2019日本×ベネズエラ  

20191120-00878090-sportiva-000-1-view[1]




1: 風吹けば名無し 2019/11/21(木) 13:21:59.56 ID:6wHOc65W0
*5.4 19:00-19:20 CX* キリンチャレンジカップ2019日本×ベネズエラまもなくキックオフ
*8.6 19:20-21:34 CX* キリンチャレンジカップ2019日本×ベネズエラ

サッカー日本代表 キリンチャレンジカップ2019ベネズエラ戦の視聴率、翌々朝5時現在報道なし 

20191120-00878090-sportiva-000-1-view[1]




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/11/21(木) 05:28:56.10 ID:A/3Owvrn9

阿部寛主演「まだ結婚できない男」第7話視聴率は8・5% サッカー代表戦で開始30分遅れ
https://hochi.news/amp/articles/20191120-OHT1T50047.html
2019年11月20日 9時55分 スポーツ報知

戸田恵梨香主演の朝ドラ「スカーレット」第44話視聴率は19・8% 前回から0・5ポイント減
https://hochi.news/amp/articles/20191120-OHT1T50049.html
2019年11月20日 10時9分 スポーツ報知

波瑠主演「G線上のあなたと私」第6話視聴率は6・7%
https://hochi.news/amp/articles/20191120-OHT1T50048.html
2019年11月20日 10時11分 スポーツ報知


※過去の事例
7年前の同じキリンチャレンジカップ・ベネズエラ戦は、翌日に視聴率が報道されました。

サッカー日本代表、ベネズエラ戦の視聴率19.8% 試合は1‐1のドロー
https://www.oricon.co.jp/news/2015695/full/
2012-08-16 11:48 オリコンニュース

15日に札幌でサッカー日本代表の強化試合・キリンチャレンジカップ2012『日本‐ベネズエラ』がTBS系で生中継され、平均視聴率(後7:31~9:29)が19.8%だったことが16日、わかった。


※ソースではなくご参考(報知の記事と同じ3番組)
563 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で[sage]:2019/11/20(水) 09:13:02.14 ID:nujituvvaHAPPY
朝ドラ大台割れ
結婚はダウン
G線は横バイ

587 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で[sage]:2019/11/20(水) 09:26:36.28 ID:nujituvvaHAPPY
P局順
456187

645 :名無しでいいとも!@放送中は実況板で[sage]:2019/11/20(水) 09:49:09.85 ID:nujituvvaHAPPY
P2桁順
N7、マツコ、845、ヤバイ、林修、サラメシ、仰天=この差、ボンビー

◆視聴率情報提供専用スレ3332◆
https://mevius.5ch.net/test/read.cgi/tv/1574083838/

キリンチャレンジカップ2019
https://www.jfa.jp/samuraiblue/20191119/
2019/11/19(火) 19:25キックオフ(予定)
フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)


関連スレ

【サッカー】日本代表、1-4でベネズエラに敗れる!山口蛍がゴール!後半は1-0 ★7
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574195562/

ゴールデンタイムのサッカーA代表の視聴率が1桁だったわけだが
https://matsuri.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1574217907/


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とCAP★停止
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574003498/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

★1が立った日時
1 バグダッドの夜食 ★ 2019/11/20(水) 18:08:36.84 ID:hnY7uF+o9
※過去スレ
翌日午後6時現在報道なし ★1
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574240916/
翌日午後7時現在報道なし ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574247227/
翌日午後10時現在報道なし ★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574255729/

<65年ぶり大量失点劇に観衆ブーイング>南野ら不在の森保J、ベネズエラに1-4惨敗  

20191119-43474184-gekisaka-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/11/19(火) 21:30:50.26 ID:BE1omUUL9
[11.19 キリンチャレンジ杯 日本1-4ベネズエラ パナスタ]

 日本代表は19日、パナソニックスタジアム吹田で行われたキリンチャレンジカップでベネズエラ代表と対戦し、1-4で敗れた。65年ぶりとなる前半4失点を喫しての記録的惨敗。来年3月に南米予選を控える本気の強豪を相手に、新顔織り交ぜた森保ジャパンはなんとか1点を返すにとどまった。

 14日にカタールW杯アジア2次予選・キルギス戦(○2-0)を終えた後、MF南野拓実(ザルツブルク)ら主力組を中心とした9選手がチームを離れた森保ジャパン。国内組9選手が加わったベネズエラ戦では、キルギス戦から先発8人を入れ替えた。

 ゴールを守るのはコパ・アメリカ以来の先発となるGK川島永嗣(ストラスブール)。4バックは右からDF室屋成(FC東京)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、DF畠中槙之輔(横浜FM)、DF佐々木翔(広島)が並び、ダブルボランチにはMF柴崎岳(デポルティボ)とMF橋本拳人(FC東京)が構える。2列目は右がMF原口元気(ハノーファー)、左がMF中島翔哉(ポルト)。2トップにFW鈴木武蔵(札幌)、MF浅野拓磨(パルチザン)が起用された。

 試合の入りはベネズエラが優勢。前半4分、MFダルウィン・マチスのミドルシュートでファーストシュートを放つと、8分に試合が動いた。左サイドのMFジェフェルソン・ソテルドがフェイントで室屋をかわしてクロスを上げると、ファーサイドで佐々木に競り勝ったFWサロモン・ロンドンが頭で押し込んだ。

 日本は徐々にペースを取り戻し、前半14分には中島の守備から柴崎が縦にフィードを送り、抜け出した浅野がチャンスを創出。しかし、相手DFに対応されてCKを得るにとどまった。するとそのCKから室屋のミドルシュートが相手にブロックされると、15分にはカウンターからロンドンに危ないシュートを放たれ、依然落ち着かない展開が続く。

 前半22分、日本は中島の左CKをファーで佐々木が合わせるも、ヘディングシュートはGKウイルケル・ファリニェスがビッグセーブ。25分、右サイドで組み立てから鈴木に浮き球が入り、胸トラップからボレー気味に右足を振り抜いたが、シュートは大きく右上へと外れた。

 するとその後はベネズエラのゴールラッシュ。前半30分、右サイドを切り裂いたマチスとのワンツーからロンドンが右足ダイレクトで決めると、33分にもDFロベルト・ロサレスのクロスをMFジャンヘル・エレラが落とし、ロンドンが決めてハットトリックを達成する。さらに38分、ソテルドが華麗なトラップから華麗なボレーシュートを突き刺し、前半のうちに4点が入った。

 ここまま勢いを取り戻せない日本は、0-4のままハーフタイムを迎えた。日本サッカー協会の公式記録集によると、前半での大量4失点は1954年5月1日に40分ハーフで行われたアジア競技大会のインドネシア代表戦(●3-5)以来、65年ぶり3度目の惨事。満員の観客からは親善試合では異例の大ブーイングが向けられる中、選手たちはロッカールームに戻っていった。

 すると後半開始時、森保一監督は鈴木に代わってA代表デビューのMF古橋亨梧(神戸)、植田に代わってDF三浦弦太(G大阪)を投入。古橋は右サイドハーフに入り、中島がトップ下、原口が左サイドハーフに回った。日本は1分、浅野のスルーパスから中島が抜け出したが、左足シュートは相手GKに阻まれた。

 日本は後半10分、右サイドでパスを受けた室屋の折り返しに中島がダイレクトで合わせるも、ゴール真ん中に飛んだシュートはGKがパンチング。11分、サイド攻撃からのこぼれ球に反応した古橋が左足を振りぬくも、これはゴール右へ。20分、佐々木からのパスを受けた浅野も狙ったが、これもわずかに右へと外れた。

 後半20分、日本は浅野と橋本を下げ、MF山口蛍(神戸)とFW永井謙佑(FC東京)を投入。21分には右サイドを駆け上がった室屋が意表を突いたシュートを放ち、攻勢の勢いを強める。すると24分、左サイドを攻め上がった永井の折り返しから山口がミドルシュートを狙い、相手に当たって軌道が変わったボールがネットに突き刺さった。

 その後はベネズエラが強力なアタッカーを次々と下げたこともあり、日本が主導権を握り続ける展開。それでも32分には中島のパスを受けた古橋がシュートを打てず、34分の絶好機も室屋のクロスが精度を欠き、ゴールには至らない。36分、原口に代わってMF井手口陽介(G大阪)が入ったが最後まで試合は動かず、観衆からは再びブーイング。選手層の厚みを加えることを期した一戦で、主力不在の影響の大きさを感じさせる結末となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-43474184-gekisaka-socc

【速報】キリンチャレンジカップ ベネズエラ戦 日本代表の採点&寸評 

PN2019111801002186.-.-.CI0003[1]

【速報】日本代表 後半に入り攻撃のリズムをつかみ1点を返すも、前半の失点が大きく1-4で完敗!  

PN2019111801002186.-.-.CI0003[1]

【速報】日本代表 スタメン発表! キリンチャレンジカップ ベネズエラ戦 

PN2019111801002186.-.-.CI0003[1]

<チケット完売>1年ぶりに今日再戦!日本代表(28位)と対戦するベネズエラ代表(26位)は強い?  

1: Egg ★ 2019/11/19(火) 16:07:53.98 ID:o9p386Wv9
今夜、日本代表とベネズエラ代表が対戦する [写真]=Getty Images
no title


日本代表は19日、キリンチャレンジカップ2019でベネズエラ代表と対戦する。戦いの舞台となるのは、大阪のパナソニックスタジアム吹田。チケットはすでに完売となっており、満員のスタジアムで白熱したバトルが繰り広げられることだろう。

 最新のFIFAランキングで、日本は28位、ベネズエラは26位と非常に近い立場にある両チーム。果たして、どちらに軍配が上がるのか。ここでは、試合前に知っておきたい7つの情報を紹介する。

■1年ぶりの再戦
no title


日本とベネズエラは、ちょうど1年前に対戦したばかり。両者は、2018年11月16日に大分で行われたキリンチャレンジカップ2018で激突。日本は前半終盤にDF酒井宏樹の代表初ゴールで先制したが、81分にPKを献上し、1-1のドローで試合を終えた。“森保ジャパン”の初陣からの連勝が「3」でストップした試合としても記憶されている。

■日本は負けなし

昨年のゲームを含めて、両国が対戦するのは5度目のこと。すべて日本開催のキリンチャレンジカップが舞台となってきた。実は過去4戦のスコアはすべてイーブン(2010年:0-0、2012年:1-1、2014年:2-2、2018年:1-1)。しかし2014年の対戦では、ベネズエラが出場停止の選手を起用していたことが後日判明。FIFAの裁定によって、日本が3-0で勝利したこととなった。そのため公式記録上では日本の1勝3分けとなるが、実際には過去4試合連続ドローとなっており、今回こそ白黒をつけることができるのか注目される。

■半数以上が前回来日メンバー
no title


1年ぶりのリターンマッチということもあり、ベネズエラ代表の顔ぶれはそれほど変わっていない。今回の来日メンバー24名のうち13名は、昨年の日本戦を経験した選手たち。1年前の対戦でPKを決めたMFトマス・リンコン(トリノ)やMFヤンヘル・エレーラ(グラナダ)、さらにエースFWのサロモン・ロンドン(大連一方)といった主力選手たちが順当に名を連ねている。一方、日本はMF中島翔哉(ポルト)やMF柴崎岳(デポルティーボ)ら、7名が1年前のベネズエラ戦を経験している。今回は4選手が初招集となるなど、日本の方がフレッシュなメンバーが多く、森保一監督がどのようなスタメンで試合に臨むのかは要注目だ。

11/19(火) 14:06 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00999951-soccerk-socc&

ベネズエラのドゥダメル監督「久保はいないと理解している。それなら状況はよりやりやすくなる」  

1: Egg ★ 2019/11/18(月) 22:18:14.35 ID:LTkPPlWO9
ベネズエラ代表のラファエル・ドゥダメル監督は18日、キリンチャレンジカップ・日本代表戦(19日・パナスタ)に向けた公式会見に出席した。日本の報道陣から警戒すべき選手を問われて「久保(MF久保建英)はいないと理解しているが、それは合っているか? それなら状況はよりやりやすくなる」と冗談をまじえて語る場面もあった。

 昨年11月に大分で対戦(△1-1)して以来の来日となったベネズエラ代表。就任4年目のドゥダメル監督は「日本の大阪でFIFAの国際Aマッチデーを戦うことができてうれしく思っている。来年3月に始まる南米予選に向けた最後の親善試合なので、非常に重要な意味を持った試合になる。日本のようにレベルも高く、要求度が高いチームを相手に1年の締めくくりができてうれしい」と心境を語った。

 育成年代の監督も歴任してきたドゥダメル監督にとって、日本は2017年のU-20ワールドカップ決勝トーナメント1回戦でも対戦した縁ある相手。「他国の代表と同じように多くのことを学ぼうと、常に注意深く情報を追っている。連携とれた組織的なプレーが素晴らしく、ダイナミックでインテンシティ高い試合をできるチーム。日本のホームで戦えることをうれしく思っている。勝利を収めるために全力で戦わなければならない」とリスペクトを語る。

 とはいえ、近年の実績はベネズエラが優勢だ。U-20W杯ではMF堂安律、DF冨安健洋、久保らを擁した東京五輪世代を延長戦の末に1-0で撃破。その後、並み居る強豪を倒して準優勝に輝いた。日本戦で決勝ゴールを決めたMFジャンヘル・エレーラをはじめ、GKウイルケル・ファリニェス、DFロナルド・エルナンデス、MFジェフェルソン・ソテルドらはA代表として来日メンバーにも入っている。

「あの大会で私たちが手にした準優勝のタイトルは非常に喜ばしいものだった。素晴らしい選手に恵まれ、彼らと強化を行い、たくさんの親善試合をしたという長年のプロセスの成果だった。エレーラ、ソテルド、フェリニェス、エルナンデスはA代表でも貢献してくれている。彼らはチーム内での競争を促す役割もしてくれている」。

 日本代表の森保一監督と同様、ベネズエラでも育成年代との兼任監督によって世代間融合が進んでいるベネズエラ。それでもドゥダメル監督は華々しい実績に満足せず、「ただそれはもう過去のこと。良い思い出として取っておいて、あの結果をもたらしてくれた素晴らしい選手たちと次の予選に進んでいきたい」と意欲を語った。

 そんなベネズエラの悲願は来年3月に始まる南米予選を制し、初のワールドカップ出場を決めること。「南米予選は非常に要求が高く、対戦国のタイプも異なる。ここまでさまざまな親善試合で準備をしてきたが、選手が経験値を詰み、より成熟し、南米予選に臨んでいこうとしている。これまでは正しい道を進んできた。願わくば初出場への切符を手にしたい」。ベネズエラにとって、日本戦はW杯予選前最後の親善試合。新戦力の融合を進める森保ジャパンの前に、本気の相手が立ちはだかる。

写真
no title


11/18(月) 21:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-43474150-gekisaka-socc

【詳報】U-22日本代表、0-2でコロンビアに敗れる! 

1: 豆次郎 ★ 2019/11/17(日) 15:45:06.80 ID:HqVEUZh09
U-22日本代表、国内初陣で強豪コロンビアに0-2敗戦。久保建英&堂安律を同時起用も無得点

フットボールチャンネル
11/17(日) 14:47配信


U-22日本代表は17日、キリンチャレンジカップ2019でU-22コロンビア代表と対戦した。


久保建英と堂安律が共に先発


 キリンチャレンジカップ2019、U-22日本代表対U-22コロンビア代表の試合が17日に行われた。日本が0-2の敗戦を喫している。

 マジョルカでプレーする18歳の久保建英やPSVに所属する堂安律、AZの菅原由勢などが先発起用された。試合開始して10分、ゴール真正面の位置でフリーキックを獲得すると堂安が直接狙う。しかし、シュートはゴール右に外れた。

 反対に37分、DF裏に飛び出したリカルド・マルケスに1対1の状況を作られるがGK大迫敬介が防ぎ失点を免れる。直後の40分にもピンチを迎えるが、GK大迫がゴールポストに当たりながらも右手一本でボールを弾いて相手にゴールを許さない。

 それでも47分、守備を崩されてコロンビアのルイス・サンドバルに先制点を決められてしまう。さらに59分にも、細かいパス回しからコロンビアのフアン・パブロ・ラミレスに追加点を決められた。80分には久保と堂安の連携からチャンスが訪れるもゴールには繋がらず。

 直後の81分、DF裏に飛び出した小川航基が相手GKと1対1の状況を作るもシュートはゴールポストに弾かれた。日本は1点も返すことができず、国内初陣で0-2の敗戦を喫している。

【得点者】
47分 0-1 サンドバル(コロンビア)
59分 0-2 ラミレス(コロンビア)

フットボールチャンネル編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191117-00348423-footballc-socc
no title


※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573970793/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索