Samurai Goal

キャプテン翼


スポンサード リンク





中島翔哉はリアル・キャプテン翼!?実際にボールを蹴りながら通学していたww 

0415e17a0142a1f06f36479228342344
1   2018/05/16(水) 19:35:47.05 _USER9
 【日本代表のジョーカー】

 週末は地元・東京都八王子市の松が谷FCでプレーし、平日には東京ヴェルディのスクールに通う。それでも満足できなかったのだろう。中島翔哉(23)は、同市立別所小学校の3年生に進級した2003年、ドリブルや1対1での突破など、個人技術を徹底して磨くクーバー・コーチング・サッカースクールの日野校に通い始めた。

 同校のスクールマスターとして指導した三澤英司コーチ(43)は当時の中島を、人気サッカー漫画の主人公に例える。

 「ボールさえあれば楽しいという感じで。休憩の間もボールを触り続けているので、ボールを取り上げないと休まなかった。ボールがトモダチという点で、まさに“リアル・キャプテン翼”でしたね。寝るときも枕元にボールを置き、ボールを蹴りながら通学していたので、先生から『危ないからダメ』と怒られたとか。本当に漫画みたいな子供でした」

 優しさも持ち合わせていた。クーバー・コーチングは子供たちをレベル分けせず、上級者も初心者も、男の子も女の子も同じクラスで学ぶ。

 「相手のゴール前までドリブルで全員を抜いた後、味方の女の子へ優しいパスを出してゴールを決めさせる。女の子に限らず、みんな喜びますよ。自分からアクションを起こすプレーが好きですけど、仲間もすごく大切にするから、翔哉は周りから愛されるんです」

 逆のパターンが、プロになってからあった。16年6月29日に行われた、U-23南アフリカ代表との国際親善試合の前半37分。スルーパスに抜け出し、相手GKと1対1になったMF大島僚太(川崎F)はシュートを打たず、左側をフォローしてきた中島への横パスを選択した理由をこう明かしている。

 「翔哉君と一緒にリオへ行きたかったので」

 右膝を痛めていた中島は、この南ア戦で約2カ月ぶりに実戦復帰。リオ五輪代表入りを、大島のアシストから決めた同点ゴールで手繰り寄せた。

 「そういう仲間は、自分にとってすごく大切だと思います」と大島へ感謝する中島は今、ポルトガルの地で言葉も文化も異なる外国人選手たちからもかわいがられている。(スポーツジャーナリスト・藤江直人)

夕刊フジ 5 /14(月) 16:56配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180514-00000018-ykf-spo

写真
no title

南葛中学校サッカー部に1人いらないやついるよな 

1: 名無しさん 2016/08/20(土) 22:18:58.35 ID:EWJQ1VI50
誰とは言わんけども

no title

『キャプテン翼』に感情移入できない韓国で人気が高い“意外な”日本のサッカー漫画とは? 

1: 名無しさん 2016/05/12(木) 20:24:08.24 ID:CAP_USER
以前紹介した韓国のスポーツ漫画に関する記事の反響が多くてちょっぴり驚いている。特に韓国における『キャプテン翼』人気に関してだ。
日本はもちろん、世界各国で愛されている『キャプ翼』だが、韓国では大空翼率いる南葛中学が日向小次郎率いる東邦学園と
両校同時優勝するまでの全37巻までで終わっており、その後に続くワールドユース編などは翻訳出版されなかった。その理由のひとつには
「日の丸をつけた翼たちが世界の舞台で活躍する物語に感情移入できない」という韓国読者の複雑な感情もあったと言われているが、
理由はそれだけではないらしい。

というのも、韓国では『キャプ翼』を凌ぐ人気を誇るサッカー漫画があった。タイトルは『蹴球王シュットリ』。1993年から韓国のテレビ放送局
SBSで放送されたアニメ番組で、当時は1994年アメリカ・ワールドカップのアジア予選最中だったこともあって高視聴率を誇った。

Kリーガーの中にはこの『シュットリ』に影響された選手たちが多く、サッカー好きで知られる日本でも有名なとあるK-POPアイドルも
「シュットリを見て育った」と公言するほど。筆者もその存在は知っていた。まさに韓国の『キャプ翼』なのだが、実はこの『シュットリ』は
日本のアニメだという。原題は『燃えろ!トップストライカー』。韓国ではこの『シュットリ』が日本のアニメだったことを知らず観ていた
子供たちが多く、筆者の知人も「知らなかった!!」と驚いていた。

この『シュットリ』や『キャプ翼』をはじめ、韓国に上陸を果たした日本のサッカー漫画は実に多い。試しに調べてみたのだが、懐かしいものから
意外なものまで、かなりの数だった。最近は『GIANT KILLING』や『エリアの騎士』などが人気だという。

『キャプ翼』は37巻までで終わったが、最近の作品は原作が忠実に翻訳されている。『エリアの騎士』は主人公・逢沢駆が高校サッカーを
ステップにU-22日本代表への成長していく物語だが、登場人物も日本代表ユニホームを着ており作画もそのままだ。

韓国での第一次日本大衆文化開放(1998年10月)以前に翻訳出版された『キャプ翼』は、韓国版では大空翼の名前が「ハン(韓)・
ナルゲ(翼という意味)」だったり、前出したようにワールドユース編などが発刊されることはなかったが、時代が変わり日本と韓国の文化交流が
盛んになった今日、オリジナルが忠実に再現されている。

韓国では1980年代から1990年代に青年期を送った人々を“8090世代”と呼ぶが、90年代に韓国で一大ブームを巻き起こした『スラムダンク』は、
その“8090世代”たちの強い要望で昨年、日本で発売されたオリジナル・コミック版を忠実に再現した『スラムダンク オリジナル完全版』なるものも
発売されている。

ちなみに今から10数年前の話になるが、当時、Jリーグのジェフ市原に所属した韓国代表のストライカー、チェ・ヨンスと漫画に関する仕事を
したことがあった。『週刊ヤングジャンプ』増刊号として2002年ワールドカップ特集号を作ることになり、日本と韓国の選手たちの物語を漫画に
するというもの。筆者はその原作を頼まれ、チェ・ヨンスに依頼したところ、彼は即座に快諾したあとで、こんな話をしていたことを思い出す。

「日本の漫画は学生時代によく読みましたよ。特に大好きだったのは『スラムダンク』です」

サッカー漫画でないことが意外だったが、今ではその理由がわかるような気がする。チェ・ヨンスも“8090世代”なのだ。そんな彼も今では42歳になり、
現在はKリーグのFCソウルの監督を務めている。今度再会した暁には『シュットリ』の話も聞いてみたいと思うが、もしかしたら最近の愛読書は
『GIANT KILLING』かもしれない。

慎武宏 ライター・編集者/S-KOREA編集長

Yahoo!ニュース 2016年5月12日 6時30分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/shinmukoeng/20160512-00057570/
no title

『キャプテン翼』の舞台、静岡県がサッカー王国になった理由って? 

1: 名無しさん 2016/04/28(木) 20:18:00.70 ID:CAP_USER9.net
現在、「日本代表」といえばサッカーを連想するくらい、人気スポーツとなったサッカー。
歴代の日本代表選手を数多く輩出している静岡県は、「サッカー王国」とも呼ばれています。
静岡県は、いかにしてサッカー王国になったのでしょうか。

■日本のサッカー人口を増やした『キャプテン翼』

ワールドカップになると渋谷のスクランブル交差点に人が集まり大騒ぎになるなど、
サッカーは人気スポーツの一つとして定着しています。
しかし1980年代初頭までは、サッカーはマイナースポーツとして認識されていました。
1981年に、週間少年ジャンプにて連載が開始された漫画が、日本のサッカーの歴史を変えたといえます。

そのタイトルこそ『キャプテン翼』。主人公、大空翼がサッカーで戦う物語。
このサッカー漫画は、数々の超絶技で読者を驚かせ、アニメ化もされ一躍人気作品になりました。
日本のサッカー人口を増加させたのはもちろん、元日本代表の中田英寿や川口能活が
この作品の影響でサッカーを始めたと発言。
さらに、元フランス代表のジダン、アルゼンチン代表のメッシなどが、ファンであることを公言している等、
国際的にも多大なる影響を与えた作品といえるのではないでしょうか。

■藤枝市の学校がサッカー王国になるきっかけに!

そんな日本のサッカーの歴史を変えた『キャプテン翼』の初期は、静岡県が舞台。
架空の南葛市で物語がスタートします。実は、作者の高橋陽一先生は、東京都葛飾区の生まれ育ち。
南葛というネーミングも、作者が通った東京の南葛飾高校に由来しています。
しかし、『キャプテン翼』は静岡県が舞台になりました。これは、当時から静岡県で少年サッカーが盛んだったから。
静岡県は、日本サッカー発祥の地でもあります。

静岡県藤枝市のある学校が、開校したときにサッカーを校技として定めました。
当時多くの学校が野球を校技として採用していたため、これは珍しいことでした。
サッカーはボールとシューズがあればできるため、野球と比べて学生の経済的負担がかからないことが
サッカーを校技にした理由のようです。
こうして、古くからサッカーを行なっているその学校がサッカーの強豪校となり、
卒業生が指導者となることでその市全体でサッカーが盛んになっていきました。

また、静岡県はバイクなどの工場が多く、多くのブラジル人が出稼ぎにきていました。
ブラジル人達がサッカーのコミュニティを作り、これに日本人が加わったこともサッカーが広まる要因となったと言われています。

「静岡県といえばサッカー」と言われるほど、サッカー王国である静岡県。
サッカーの街として市がバックアップするなど、県をあげて盛り上げています。
このように各地域社会にはそれぞれの文化があり、歴史があります。
地域ごとの文化的活動に興味がある人は、文化人類学を学んでみてはいかがでしょうか。
国内外の文化について学んでみると、思いもよらなかった発見が見つかるかもしれませんよ。


【参照】
藤枝市ホームページ「藤枝サッカー史 デジタルミュージアム」
http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/soccer/digital_museum/index.html

都道府県別統計とランキングで見る県民性
http://todo-ran.com/t/kiji/11623

http://news.mynavi.jp/news/2016/04/28/323/

no title

キャプテン翼の登場人物を現実のサッカー選手に例えると誰になる? 

1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/25(月)20:52:18 ID:4xp
現役/引退、日本人外人、実力が近いとかイメージが似てるとかなんでも問わず

no title

【画像】ミラン公式で本田圭佑とキャプテン翼がツーショットでパシャリ!w 

877: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2015/11/03(火) 00:42:46.31 ID:FQds5FZG0.net
AC Milan?@acmilan
Numeri 10 a confronto: Honda e Oliver Hutton insieme per @CorSport e @tuttosport. Da oggi in edicola Benji Price!
no title

『キャプテン翼』のあの“必殺技”がリーガ『ソシエダ×アトレティコ』戦で炸裂! その技の正体とは?[動画有り] 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/20(火) 17:19:51.11 ID:???*.net
 サッカー漫画の金字塔と言えば、誰もが口を揃えて『キャプテン翼』と答えるだろう。
1981年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載を開始したこの作品は、全シリーズの累計発行部数が
8,000万部を超え、サッカー漫画のみならず「ジャンプ」の売り上げ歴代8位も記録している。
作中で登場する「オーバーヘッドキック」や「ヒールリフト」、「イーグルショット」などの必殺技を
少年時代にマネした経験がある人は多いのではないだろうか? そんな『キャプテン翼』の“あの有名な必殺技”が、
とある試合で実現されたことが話題となっている。

「リーガエスパニョーラ第8節のレアル・ソシエダ対アトレティコ・マドリードの一戦で、その瞬間は訪れました。
ウルグアイ代表でありアトレティコDFのホセ・ヒメネスが、自陣ペナルティエリア内で相手のシュートを
身体を張ってブロック、そのこぼれ球を相手がキープしてさらにシュートに持ち込もうとした瞬間、
倒れ込みながら顔面でボールをかきだしたんです。あれはまさに、石崎クンの顔面ブロックでしたよ。
見ていたファンからも『すげー根性!』『キャプつば思い出した!』『ちょっと形は違うけど、
石崎クンとヒメレスにしかできないプレーだ』と絶賛の嵐でした。しかもこの後に見事にカウンターが決まって、
味方のフェレイラ・カラスコがゴールを決めたところが、また見事でしたよね」(スポーツライター)

 過去にJリーグのプロモーション企画の「Jリーグ×キャプテン翼 DREAM SHOOT」で、
早田誠の急激にカーブする“カミソリシュート”をFC東京の太田宏介が、
中国ユース代表・肖俊光(しょうしゅんこう)の、相手が蹴ったボールを至近距離で蹴り返し、
威力を倍増させる“反動蹴速迅砲(はんどうしゅうそくじんほう)”を川崎フロンターレの大久保嘉人が、
そしてゴールデンコンビ大空翼と岬太郎が1つのボールを同時にシュートする“ツインシュート”を
セレッソ大阪の山口蛍と扇原貴宏が、敵のいない練習場とはいえ成功させている。
他にも、実現されている技があるのではないだろうか?

「“ヒールリフト”は、ネイマールやブラジル系の選手が本番でもよく見せますし、
ここ十数年で流行ったブレ球なんかは、シュナイダーの“ミラージュボール”ですよね。
2005-06シーズンのバレンシアは、ふらの中学の大勢で行うカウンターアタック“なだれ攻撃”を彷彿とさせましたし、
ドライブシュートや、地を這うイーグルショットもよく目にします。もしかしたら、これからもっと多くの
『キャプテン翼』で見られた必殺技が見れるかもしれませんね」(同ライター)

 しかし、まだまだ『キャプテン翼』にはアクロバティックで非現実的な必殺技は存在する。
いつかは立花兄弟の“スカイラブハリケーン”や、サンターナの“トルネードアロースカイウイングシュート”を
実現させる選手が現れるのだろうか? 例え偶然で、狙ったものではないとしても、
いつか目にできることを期待してしまうのは、筆者だけではないはずだ。
(文=沢野奈津夫)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151020-00010006-otapolz-ent

no title

【画像】キャプ翼って意外と小柄な設定なんだな。。。ってかどう見ても平均5mくらいあるやろw 

968: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2015/09/01(火) 17:17:55.65 ID:VY4u01Pd0.net
no title


(上)183cm 178cm 176cm 185cm 172cm 177cm
(下)169cm 176cm 180cm 174cm 175cm

キャプテン翼の作者・高橋陽一氏、札幌の「松山光プロジェクト」に50万円の支援金を贈呈 

1: かばほ~るφ ★ 2014/03/10(月) 10:25:24.30 ID:???0
キャプ翼・高橋陽一氏 「松山光プロジェクト」に支援金50万円
J2第2節 札幌1―1山形 (3月9日 札幌ド)

J2札幌はホーム開幕戦で山形と対戦。前半20分にFW前田俊介(27)のゴールで先制したが、
同39分に失点し1―1で引き分けた。

この一戦は「キャプテン翼 SPECIAL DAY 松山光プロジェクトマッチ」と銘打たれて開催。
試合前はキャプテン翼の作者・高橋陽一氏と野々村社長のトークショーが行われた。

札幌は今季から将来の日本を背負う選手を輩出するため、育成や強化を目的に資金を募る
「松山光プロジェクト」をスタート。同プロジェクトについて高橋氏は「すごくうれしいし、
作者冥利(みょうり)に尽きる。コンサドーレさんの力になってもらえればうれしい」と笑顔。
高橋氏自身も賛同し、50万円の支援金をクラブに贈呈。野々村社長からNo・1の会員証を手渡され
「将来、このプロジェクトで生まれた選手が主力になってもらえれば」と期待を寄せていた。
[ 2014年3月10日 07:42 ]

スポニチ
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/03/10/kiji/K20140310007747270.html
高橋陽一氏(左)とトークを弾ませる札幌の野々村社長 Photo By スポニチ
no title

大空翼の双子の息子、疾風(はやて)と大舞(だいぶ)! ダイブ君って(´・ω・`) 

60: U-名無しさん@実況はサッカーch 2014/01/19(日) 22:21:24.33 ID:IOtwHFCiP
no title


双子の息子、疾風(はやて)と大舞(だいぶ)



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索