Samurai Goal

キャプテン


スポンサード リンク





<キャプテン・本田圭佑(ボタフォゴ)>現地ブラジル紙が高評価!ファンからも絶賛の声「怪物だ」 

1: 2020/09/24(木) 20:32:09.08 _USER9
現地時間9月23日、ブラジル杯4回戦の第2レグが行なわれ、本田圭佑が所属するボタフォゴはヴァスコ・ダ・ガマとのアウェー戦に臨み、0-0で引き分けた。
この結果、第1レグを1-0で勝利したボタフォゴがベスト16に駒を進めている。

本田は第1レグ、第2レグともにキャプテンマークを巻いて先発。中盤の底でプレーし、攻守の要となってチームを牽引した。 

現地紙『Lance!』は、「ボタフォゴの勇敢なる勝利だ。ホンダはこの試合のハイライトであり、中盤の目玉だった。素晴らしい働きだ」と称えた。
また、現地メディア『globo』も「ホンダは非常に存在感があった」と評し、採点ではDFカヌの「7.5」に次ぐ高評価の「7.0」をつけている。

「日本人プレーヤーは他と差のつくクオリティーの試合をし、第1レグに引き続いて良いレベルを維持している。彼は意欲をもってプレーし、ボタフォゴの試合を整理しながらチームを導いていた」

また、現地サポーターもこの勝利を絶賛。ベスト16進出を報告するクラブの公式SNSには2000件以上のコメントが殺到した。

特に本田の活躍に言及したものが多く、「キャプテン・ホンダ!すばらしいパーティー」「ありがとう、ホンダ」「今日のホンダは異次元だった。彼の創ったゲームは一体なにが起きたのか分からない!」
「ホンダは怪物だ!間違いない」「素晴らしいプレーだった」などの声が相次いでいる。

ブラジルでキャプテンとして奮闘する本田。チーム初の日本人プレーヤーに対する信頼は、着実に積み重ねられているようだ。

9/24(木) 15:44配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9546a2e812f668d94d325bdda9b37e1863a37dee

写真
no title

ボタフォゴは準決勝で敗戦…キャプテン本田圭佑はフル出場「言わなければいけないことがある」 

20200706-43481567-gekisaka-000-1-view

髪伸びたキャプテンMF本田圭佑がフル出場! ボタフォゴは大量6得点で勝利 

20200629-43481378-gekisaka-000-2-view

<髪伸びたキャプテンMF本田圭佑>フル出場! ボタフォゴは大量6得点で勝利...リオデジャネイロ州選手権 

1: 2020/06/29(月) 06:44:21.48
写真
no title


MF本田圭佑が所属するボタフォゴ(ブラジル)は28日、リオデジャネイロ州選手権の第4節でカボフリエンセと対戦し、6-2で勝利。キャプテンマークを巻いた本田はフル出場している。

 いまだ感染者が拡大しているブラジルだが、約3か月ぶりにサッカーが再開した。本田は1月末にブラジル入りし、ボタフォゴ加入を発表。3月15日のデビュー戦ではPKによる移籍後初ゴールを挙げていた。

 中断期間が明け、本田はピッチでフル稼働した。直近では短めだった髪も伸び、ヘアバンドで留めてプレー。本人にゴールはなかったものの、キャプテンとしてチームを束ね、大量6得点による勝利に貢献してみせた。

6/29(月) 5:21 ゲキサカ
https://news.yahoo.co.jp/articles/d6ddd6de63580ff7ab60cc215b839225ac69d0cc

ファーガソンがC・ロナウド&ルーニーをキャプテンにしなかった理由 

news_300950_1




1: 2020/04/17(金) 19:24:28.88
20/4/17 19:17

 現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元イングランド代表DFギャリー・ネビル氏が、同クラブのキャプテンにまつわるエピソードを話した。

 1992年から2011年までクラブ歴代5位となる602試合に出場したユナイテッドのレジェンドであるG・ネビル氏。8度のプレミアリーグ優勝や2度のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)制覇を経験した中で、2005年からは5年にわたって主将を務めた。

 ユナイテッドは2007-08シーズンに素晴らしい選手を揃えてCLを制覇するなど、隆盛を極めた。そんな中、自身の衰えを感じていたというG・ネビル氏は、キャプテンを務めることについて、「プレシーズンにサー・アレックス(ファーガソン)に会いに行った」という。当時の様子をイギリス『スカイスポーツ』で以下のように振り返っている。

「キャプテンとして貢献できていないように感じていたんだ。当時の我々には、クリスティアーノ・ロナウド、ウェイン・ルーニー、カルロス・テベス、ライアン・ギグス、ポール・スコールズ、マイケル・キャリック、リオ・ファーディナンド、ネマニャ・ヴィディッチ、パトリス・エブラ、エドウィン・ファン・デル・サールといった素晴らしい選手たちがいた」

「私はサー・アレックスに『自分はもうキャプテンではなくていいと思います。自分が率いるレベルのチームではないくらい素晴らしくなっています』と話したんだ。でも彼には、『君にキャプテンを続けてもらう。ギグスとローテーションしながらね』と言われたよ」

「彼は、『もしロナウドをキャプテンにしたら、ルーニーが追い出される。ルーニーにしたら、ロナウドが追い出される。ヴィディッチに託したら、ファーディナンドは幸せに思わないだろう』と話していた。そして、その後の3~4年、私とギグスがキャプテンを共有したんだ。それはドレッシングルームでの友情のためだった。サー・アレックスはチーム最優先で考えていたんだ」

 なお、G・ネビル氏の引退後、2011年から2014年まではヴィディッチがキャプテンマークを引き継いだ。その後はルーニー、マイケル・キャリック、アントニオ・バレンシア、アシュリー・ヤングが務め、今季途中からはハリー・マグワイアが主将に就任している。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?300950-300950-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/301000/300950/news_300950_1.jpg

<ACL>水原三星キャプテンが舌を巻いた“名手イニエスタの真髄”「なにがスゴイって…」「異次元だよ」 

1: 2020/02/21(金) 08:58:01.15
「水原は彼にまんまとしてやられた」

水原ワールドカップスタジアムは、気温1度の寒さを吹き飛ばす熱狂ぶりだった。

 現地水曜日に同地で開催されたアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)第2節、水原三星(韓国)対ヴィッセル神戸の一戦は、アウェーチームの1-0勝利に終わった。0-0で迎えた試合終了間際、アンドレス・イニエスタの浮き球のパスで左サイドを打破した酒井高徳が中央へクロス。待ち構えた古橋亨梧がそれをスライディングシュートでねじ込み、値千金の決勝弾とした。

【動画】イニエスタの圧巻パスから劇的決勝点! 水原三星vs神戸戦のハイライトはこちら!

 なにを置いても注目を集めたのは、やはり元スペイン代表MFだった。韓国のスポーツサイト『Sportal Korea』は「期待したほどの華麗なショーとはならなかったが、イニエスタは数々の妙技で観衆を唸らせた。あれだけの寒さにも関わらず、1万7372人の観衆を集め、ワールドカップスタジアムのACL動員記録を新たに塗り替えたのだ。その大半はイニエスタがお目当てだった」と伝えた。

 そして「90分を通して輝いていたわけではないが、圧倒的なボールキープ力と時折見せる恐怖のパスで観衆を沸かせた。結果的にこの試合唯一のゴールは彼のパスから生まれたわけで、水原はまんまとしてやられたのだ」と報じている。

 さらに、水原三星のキャプテンを務める元韓国代表MF、ヨム・ギフンのインプレッションも紹介。36歳のベテランは「対戦してみなければ分からないものだね。イニエスタのなにがスゴイって、いつでも局面を前に進めようとするあの貪欲な姿勢だよ。ゲームのポイントでもあったし、脅威でしかなかった」と舌を巻き、「もうパスの質なんて尋常じゃなかったし、すべてが異次元なんだよ」と評した。

 これで神戸は今季公式戦3連勝を飾り、昨季から続く公式戦連勝記録を「8」に伸ばした。イニエスタを旗頭に好調を維持するチームは、いよいよスタートするJ1リーグでどんなパフォーマンスを見せるのか。日曜日に行なわれるホームでの開幕戦(横浜FC戦)に注目だ。

2/21(金) 5:26配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200221-00010001-sdigestw-socc

写真
no title

香川真司=司令塔という誤認が生んだ悲劇。最もゲームメイカーを欲しているのは、背番号10自身  

20190327-00315246-footballc-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/27(水) 08:11:49.59 ID:Jbu0pPXf9
【日本 1-0 ボリビア キリンチャレンジカップ2019】

日本代表は26日、キリンチャレンジカップ2019でボリビア代表と対戦。試合は75分に生まれた中島翔哉のゴールを守り切った日本代表が1-0で勝利している。

ロシアワールドカップ以来の代表招集となり、この試合ではキャプテンマークを巻くなど注目を集めたのが香川真司だ。
22日に行われたコロンビア代表戦では後半途中からピッチに立ち、攻撃にリズムを加えるなど短い出場時間のなかでも良さを出し続けた同選手。
この試合ではロシアW杯をともに戦った乾貴士や宇佐美貴史との連係、鎌田大地や小林祐希らとどのようなコンビネーションを見せるのかに大きな期待が寄せられていた。

しかし、ボールこそ保持できていた日本代表だが、攻撃陣はうまく噛み合わず不用意なボールロストを繰り返す。
ボリビア代表の守備もそこまで強固というイメージはなかったが、森保ジャパンはゴールへの匂いを一切放つことができなかった。結局、前半は0-0で終了している。

後半も日本代表はボールを持つことはできた。しかし、フィニッシュまで繋げられず。
香川は何もできないまま、69分、南野拓実との交代を余儀なくされている。

少しポジションを下げたり、パスを散らしたりとボールに絡もうとする姿勢こそ表れていた。
乾、宇佐美、鎌田らを生かそうとするプレーも随所で見受けられた。まるでそれは、司令塔の役割そのものだ。

ただ、「トップ下・10番」であることから、香川=司令塔といった認識がされがちだが、それは確実に間違っている。
最も司令塔、ゲームメイカー的存在を欲しているのは、香川自身なのだ。

例えばボルシア・ドルトムントでは、イルカイ・ギュンドアンやヌリ・シャヒンといった選手たちが後方でゲームメイクをすることで香川が生かされていた。

香川の良さは決定的なパスを送り出して味方のゴールを演出するというものではなく、パス&ゴーのような動きでリターンを受け、自身がゴールに直結するようなプレーを見せること。
タイプで分けるならセカンドトップだ。
また、ドルトムントでは公式戦216試合で60ゴールを叩き出すなど、背番号10の決定力は決して低くない。
そのため、よりゴールに近い位置でプレーすることが、香川にとっては理想な形だ。

ただ、この試合では司令塔のような選手は不在。
そして香川はスペースへ飛び込む速さを兼ね備えているが、ボリビアのように重心を低くし、
守備を固めスペースを簡単に明け渡さないチームを相手にしては背番号10の持ち味は発揮できない。
また、トップ下に入った香川がボールを受けようと下がったり、パスを散らしたりと司令塔のような役割を担ったが、これでは背番号10本来の良さが出ないのは当たり前である。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190327-00315246-footballc-socc
3/27(水) 8:00配信

代表復帰の香川に国際親善試合でのキャプテン待望論 

1b5729e33cfb15ce6d6e435e5e6d40b7


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索