Samurai Goal

キッカー


スポンサード リンク





ドイツ1部・2部の13クラブが破産危機 独誌「キッカー」が危機感 「5月に再開できなければ防げない」 

20200404-00255319-soccermzw-000-3-view




1: 2020/04/04(土) 21:53:40.31
新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、ドイツのクラブが財政難に陥っているようだ。
1部(18クラブ)と2部(18クラブ)の計36クラブ中、実に13クラブが破産の危機に直面しているという。

ドイツ誌「キッカー」が伝えた。

記事では「今季36クラブのうち13クラブが破産危機に直面」と見出しを立て、
「1部と2部クラブの経済状況は、以前に知られているよりもはるかに深刻だ」と指摘している。

ドイツ1部と2部はそれぞれ18クラブで構成されており、新型コロナウイルス騒動により4月いっぱいのリーグ中断を発表している。

試合延期を受けて、クラブはチケット収入や放送権収入がない状態。
とりわけ2部クラブは大打撃を受けている模様だ。

「試合が再開されず、メディアパートナーの4回目の分割払いがDFL(ドイツサッカーリーグ機構)に支払われない場合、
7クラブが5月末に破産を申請しなければならない」と記し、さらに「追加の放送権料が分配されない場合、
6月には2部リーグのもう2クラブが破産申請をしなければならない」と続けている。

リーグ再開の見通しは立っていないなか、「5月初めにゲームを再開できなければ、破産を防げない」と危機感を強めている。

世界中が緊急事態に陥っているなか、サッカー界の動向にも注目が集まる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200404-00255319-soccermzw-socc

Cロナウドの悲惨な実態 セリエA史上ワーストに迫る18本連続FK失敗  

20190927-00010005-sportes-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 12:18:01.01 ID:HC99V3og9
ユヴェントス内部でフリーキックのキッカーの座をめぐって論争が起きている。
セリエAにおけるクリスティアーノ・ロナウドのFK成功率が非常に低いことから、
その道の名手であるミラレム・ピャニッチがキッカーを担うべきだという声が上がっている。

これまで慣例的にロナウドがキッカーを務めていものの成功率は非常に低くユヴェントスでは合計24本のフリーキックを失敗している。
その内訳は、壁に当てた回数が15本、枠外2本、枠内に飛んだ回数はわずか7本である。

一方でピャニッチはわずか6回の機会で1本成功させている。

現在ロナウドはFKを18本連続で失敗している。『AS』によればこれはセリエA史上カミッロ・チャーノ(連続21本失敗)に続くワースト第2位である。

このデータを前に、監督サッリは今後ピャニッチにより多くの機会を与えるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010005-sportes-socc
9/27(金) 8:55配信

長谷部、ドイツ紙による今シーズンのブンデスリーガベストイレブンに選出  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/22(水) 16:12:53.87 ID:zU2BynW29
5/22(水) 14:49配信
長谷部、独紙による今シーズンのブンデスリーガベストイレブンに選出

 ドイツ紙『キッカー』は、今シーズンのブンデスリーガにおけるベストイレブンを発表、フランクフルトの元日本代表DF長谷部誠も選出されている。

 同メディアは長谷部について「日本の長谷部誠は、アイントラハト(・フランクフルト)の長くて壮大なシーズンの成功を保証する存在だった」と評している。

 『キッカー』紙が選ぶ今シーズンのブンデスリーガベストイレブンは以下の通り

GK ペーテル・グラーチ(ライプツィヒ)
DF ジョシュア・キミッヒ(バイエルン)
ヴィリ・オルバン(ライプツィヒ)
長谷部誠(フランクフルト)
ニコ・シュルツ(ホッフェンハイム)
MF チアゴ・アルカンタラ(バイエルン)
マルコ・ロイス(ドルトムント)
カイ・ハフェルツ(レヴァークーゼン)
FW ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
キングスレイ・コマン(バイエルン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00939963-soccerk-socc
no title

長谷部誠、独誌で最高タイの評価&ベスト11!フィールドプレーヤー平均点ランキングでは… 

20190408-00010021-goal-000-1-view[1]

<衰えない長谷部誠>ドイツ専門誌選出の前半戦ランキングでDF部門1位!「キング・ハセベ」 

GettyImages-520469538-2-800x589




1: 2019/01/05(土) 16:42:37.21 _USER9
元日本代表MFでフランクフルトでは主にリベロとして活躍する長谷部誠。ドイツのサッカー専門誌「キッカー」が2018-19シーズン前半戦の「ランキング・リスト」を発表し、DF部門でトップに選出している。

 34歳にしてますます意気軒高だ。今やチームになくてはならない存在となった長谷部に、下された評価は実に高かった。「キング・ハセベ―フンメルスとボアテングは(ランク)後退」と題して、長谷部の活躍をクローズアップしている。

 同誌は、GK、CB、両SB、守備的MF、攻撃的MF、サイドアタッカー、FWの7部門に分けてランキングを発表。評価対象はブンデスリーガだけでなく、CLやEL、代表戦も含まれる。また、ブンデスリーガの試合ごとにも採点も行っており、平均点で長谷部は「2.73」(ドイツの評定は1が最高、6が最低)で見事にDF部門のトップの評価となっている。

 記事では「ブンデスリーガ最高のセンターバックはフランクフルトのマコト・ハセベとなった。開幕当初はどちらかというと厳しい状況だった。34歳の日本人選手は、フィジカルに問題を抱えたままW杯ロシア大会からチームに合流。アディ・ヒュッター新監督の新しいシステムの中で居場所を見つけられずにいた」と長谷部が当初置かれていた状況にまず言及。

同誌は「視野の広さ、読みの深さ、的確なポジショニング」を評価

 その上でヒュッター新監督が4バックから3バックにシステムを切り替えたことで、ブンデスリーガで調子を上げ、さらに欧州リーグのグループステージで6戦全勝の快進撃で首位通過したことを伝え、そして長谷部がリベロとして地位を徐々に確立していったことを紹介している。

「そこに大きく貢献したのが、視野の広さ、読みの深さ、適格なポジショニングを見せつけたこの思慮深いベテランだった。こうして、冬のキッカーランキングリストのセンターバック部門でトップにつけることになった」と活躍に拍手を送っている。

 63年の歴史を誇るという同誌のポジション別ランキングでNO1評価を勝ち取った長谷部。日本が世界に誇る“キャプテン”が34歳にして、再び大きな輝きを放っている。

1/5(土) 12:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00048127-theanswer-socc

【サッカー】<DF吉田麻也(サウサンプトン)>英メディア「スカイスポーツ」のチェルシー戦MVPに!インターセプトとクリア数は最多記録
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546474773/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索