Samurai Goal

キス


スポンサード リンク





元イングランド代表のガスコイン氏、電車内で女性にキスしたことを「性的な意味はない」と認められ逆転無罪!  

1: みつを ★ 2019/10/17(木) 22:36:07.78 ID:4YwkkJYD9
【英国】サッカー元英代表のガスコイン氏、電車内で女性にキスしたことを「性的な意味はない」と認められ逆転無罪!

2019/10/17

https://www.bbc.com/news/uk-england-50068077

Paul Gascoigne cleared of sex assault on train
17 October 2019 England


Former England footballer Paul Gascoigne has been found not guilty of sexually assaulting a woman on a train.

The 52-year-old had been accused of "forcefully and sloppily" kissing the fellow passenger on a service from York to Newcastle in August 2018.

The jury is still considering a lesser charge of assault by beating.

Mr Gascoigne wept in the dock and there were cheers of "yes" from the public gallery as the jury delivered its verdict.

More on this story

He had told Teesside Crown Court he gave the woman a "peck on the lips" to "boost her confidence" after he heard a male passenger call her overweight.

The court heard Mr Gascoigne had been "naive" in kissing the woman, but that it had not been a sexual act.

Judge Peter Armstrong told the jury he was willing to accept a majority verdict on the charge of assault by beating.

He said that "assault by beating" is committed if the defendant "intentionally applies unlawful force to another who does not consent to it"

'Lied and lied and lied'

As he left court, the former Newcastle United, Tottenham Hotspur, Rangers, Middlesbrough and Everton midfielder wiped his eye with a tissue and hugged his agent.

Prosecutor William Mousley had told the court that Mr Gascoigne had "lied, and lied, and lied" during the trial, which heard he had been drunk on board the train.
(リンク先に続きあり)

no title

「もしも、勝ったらキスを!」コパ・アメリカ決勝進出のペルーを奮起させたのは美人女優との“本気の約束”? 

20190704-00060975-sdigestw-000-6-view[1]

英プレミアで衝撃シーン!相手の顔に“キス”でイエローカード…珍事の決定的瞬間に反響「型破り」「奇妙」  

1: 久太郎 ★ 2019/04/15(月) 13:11:55.67 ID:p5Rs++1v9
バーンリーFWバーンズ、口論のカーディフDFベネットの鼻先にキスでイエローカード
 イングランドのサッカー史において珍しいイエローカードが出た。現地時間13日のプレミアリーグ第34節バーンリー対カーディフ(2-0)の一戦で前半終了間際、両軍の選手が口論を繰り広げたなか、感情が高ぶったなかで顔にキスをしてイエローカードを提示される珍事が起きている。

 試合は前半31分、右CKに頭で合わせたニュージーランド代表FWクリス・ウッドの一撃でホームのバーンリーが先制。カーディフも反撃に出るなかで球際での攻防は激しさを増していく。前半終了間際、右サイドからバーンリーの10番FWアシュリー・バーンズがドリブル突破を図ったなか、カーディフDFジョー・ベネットがタックルで阻止。両者は激しく交錯し、バーンリーにFKが与えられた。

 注目を集めているのは直後のシーンだ。球際で接触したバーンズとベネットがヒートアップし、両者ともに歩み寄って口論に発展。怒気を帯びた表情の2人が顔を近づけて威嚇し合い、両者の顔が密着した。その際にバーンズが口を突き出すと、何を思ったのかベネットの鼻先にキス。その行為を二度繰り返してからその場を去った。

 ドリブルを止めたベネットにイエローカードが提示された一方、バーンズも口論中のキスによりイエローカードを受けている。このシーンを海外メディアも大きく取り上げ、英紙「ザ・サン」は冗談交じりに「リップサービス」と記し、「バーンズが二度のキスでみんなを驚かせた」と伝えた。また英メディア「スポーツ・バイブル」も「プレミアリーグの歴史において型破りなイエローカード」と報じ、「主審も最も奇妙なイエローカードを提示しなければならなかった」と続けている。

 試合は終了間際、ウッドがこの日2ゴール目を決めてバーンリーが2-0と勝利したが、その結果以上に珍イエローカードが脚光を浴びているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00183040-soccermzw-socc

画像
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索