Samurai Goal

ガンバ大阪


スポンサード リンク





<”なぜガンバ大阪は横浜F・マリノスを撃破できたのか?”>選手たちが明かした“スペシャル戦術”の全容・・・ 

1: 2020/02/24(月) 10:28:52.98
キャンプから研磨してきた「狙い通りの2発」
[J1リーグ第1節]横浜 1-2 G大阪/2月23日/日産ス

決して完勝とは言えない。だが、単なる勝点3でもない。

日産スタジアムで行なわれたJ1リーグ開幕戦で、ガンバ大阪は前半のうちに2点を奪って試合を優位に進め、怒涛の攻勢を仕掛ける横浜F・マリノスの追撃を1点に封じ込んだ。
下馬評を覆す内容での2-1勝利。J1リーグ開幕戦での白星は実に9年ぶりである。

宮本恒靖監督が採用したシステムは、3-5-2の予想に反して4-3-3だった。しかしながらあくまでこれはベースの形であり、戦況や局面に応じて臨機応変に変化した。
鍵を握ったのは右サイドの守備だ。1ゴール・1アシストと気を吐いた背番号10、倉田秋はこう振り返る。

「去年のマリノス戦で、(左SBの)ティーラトン選手にカットインからミドルを決められた。マリノスの攻撃は強烈ですけど、あのサイドバックのところをまずケアしていこうと。
だから守備のときは5-4-1で、攻撃になったら4-3-3や3-5-2とか、相手の出方を見定めながら(システムは)目まぐるしく変わってましたね」

右SBのオ・ジェソクは「かなり変則的。マリノス戦限定です」と話す。元韓国代表によると、右サイドハーフの小野瀬康介がスイッチャーだったという。
彼がどのエリアでプレスを仕掛けるかで、オ・ジェソクの位置取りが変わり、右CBか右SBかが決まった。「で、相手がハーフウェイラインを越えてきたら割り切って5バックで対応しようと話してましたね」と振り返る。

かたや小野瀬は、「前から後ろまで動き回って相当な運動量が求められましたけど、個人的には5バックにならないようにと心掛けて、積極的に行きましたよ」と明かす。

前半の2得点は、キャンプ中から取り組んできた狙いが結実した。昨季以上に連動性の高い前線でのフォアチェックを強化。
開始6分、敵GK朴一圭にハイプレッシャーを掛けた矢島慎也がトラップミス誘発からボールを奪取し、倉田の先制点をお膳立て。

さらに34分、「けっこう練習で繰り返してたパターン」(オ・ジェソク)で追加点を奪う。
横浜がラインを押し上げた瞬間にGK東口順昭が裏へ蹴り込み、左サイドから抜け出した倉田が矢島のゴールをアシストした。まさにしてやったりの2発だ。

2/23(日) 20:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200223-00010000-sdigestw-socc

写真
no title


【動画】まさにしてやったり! G大阪が横浜戦で挙げた電光石火の2ゴールをチェック!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail3/id=70133

「選手ファーストじゃなかった」「3か月休むと給料が…」G大阪・昌子源が語った日本復帰の真相 

20200214-00069694-sdigestw-000-5-view[1]




1: 数の子 ★ 2020/02/14(金) 19:30:48.17 ID:faKFrBuy9
2月3日に正式発表された昌子源の日本復帰は、ファンに衝撃を与えた。

 復帰先が鹿島アントラーズではなく、ジュニアユース時代を過ごした“もうひとつの古巣”ガンバ大阪だったこともそうだが、まだ27歳で日本に帰還するには早すぎるタイミングだったからだ。

 2月14日に行なわれたJリーグのキックオフカンファレンスに登場した昌子は、1年半でトゥールーズを退団した理由について、「選手ファーストじゃなかった」と切り出し、こう続けた。

「足首の怪我が長引いていた。最初の診断ではこんなにかかるはずじゃなかったのに、4か月もかかった。いまでこそカズさん(三浦知良)やヤットさん(遠藤保仁)みたいに長く現役を続けている方もいますが、選手寿命は平均的に短い。例えば、35歳までどれだけ100パーセントできるかと考えたら、メディカルスタッフとの関係はとても大事。だけど、トゥールーズとは合わなかった」
 
 2019-20シーズンはその足首の怪我に悩まされ、1試合しかも45分しかプレーできなかった。

「『骨と靭帯には異常がないからプレーしろ』と言われたけど、痛みがあった。『日本で診察したい』と言ったら始めは『ノー』と言われた。何とか了解を得て、日本で診てもらったら、違う診断だった。詳しくは言えないですけど、それをクラブに伝えたときの返答にも違和感を持った」

 その後、日本で治療したいと訴えたところ、許可が下りなかったという。

「治るというイメージが見えなかった。トンネルの出口が見えない感じ。トゥールーズのことを悪く言うわけではないですけど、実質的に診断ミスみたいな感じだったので……」

「自分のことを一番に考えてくれていない」

 そう感じたことが、退団を決意したいちばんの決め手となった。

 欧州内での移籍も視野に入れ、他のクラブでプレーしたことがある選手に連絡して情報を集めたが、「移籍したところで、そこのメディカルスタッフが良いかどうかはわからなかった。完治するまで待つという選択肢もあったけど、それまでの時間が無駄だと思った」

 さらに、リーグ・アンには3か月プレーしていないと給料が支払われないという規定があったという。

「僕も家族がいるので、いつ復帰できるかわからないなかで、無給というのは正直厳しかったですね」

 こうして、日本へ復帰することを決断した昌子。コンディションが気掛かりだが、横浜F・マリノスとの開幕戦については、「まだ1週間あるし、プロである以上そこを目指してやっている」とし、出場に含みを持たせた。

 フランスでの経験を経た日本代表DFが、久々のJの舞台でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。大いに注目だ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200214-00069694-sdigestw-socc

<ガンバ大阪>仏1部トゥールーズから元日本代表DF昌子源を獲得 

kyodo_kd-newspack-2020020301002673_0-enlarge[1]




1: Egg ★ 2020/02/03(月) 21:43:50.07 ID:B9Gp3BXH9
 J1のG大阪は3日、フランス1部リーグのトゥールーズから元日本代表DF昌子源(27)を獲得することが決まったと発表した。

 昌子は兵庫県出身でG大阪の下部組織にいた経験もある。鳥取・米子北高からJ1の鹿島に入団。2018年のワールドカップ(W杯)ロシア大会では日本代表の主力として16強入りに貢献した。19年1月にトゥールーズに加入したが、今季は出番が激減していた。

共同通信 2020年2月3日 21時36
https://news.infoseek.co.jp/article/kyodo_kd-newspack-2020020301002673/

<ガンバ大阪>DF昌子源(トゥールーズ)を獲得へ…海外挑戦にひと区切りつけJでの再起検討 

1: Egg ★ 2020/01/31(金) 06:33:23.52 ID:pi0TxtjV9
 G大阪が日本代表DF昌子源(27)の獲得を目指し、フランス1部トゥールーズに完全移籍での獲得オファーを出したことが30日、分かった。昌子は負傷に苦しんだ約1年の海外挑戦にひと区切りをつけ、Jリーグでの再起の検討。中学時代まで下部組織に在籍したG大阪が、守備の要として獲得を熱望し交渉に入っている。18年ロシアW杯で日本代表の主軸を担ったセンターバックが、5年ぶりのタイトルを目指すG大阪に加わる可能性が高い。

 日本屈指のセンターバックがJリーグ復帰を決断する可能性が高まった。今季フランスで足首や太ももの負傷を繰り返していた昌子は、コンディション面の問題を解決するために日本での再起を検討。獲得オファーを出したG大阪とトゥールーズ間では、完全移籍へ向けた交渉が前向きに進められているという。

 昨冬に鹿島からトゥールーズに完全移籍し、すぐにレギュラーポジションを奪うなど順調なスタートを切った。昨季は半年間でリーグ戦18試合に出場し、19年4月にはフランス代表FWエムバペらを擁する世界的強豪・パリSGとの対戦も経験。「世界最高峰の選手と対戦できる機会は、なかなかない。いろいろなトライができた」と話すなど、ハイレベルな環境でさらなる成長を目指していた。しかし今季は負傷に苦しみ、リーグ戦出場はわずか1試合。昨年9月の出場を最後に、ベンチ外の日々が続いていた。

 一方でG大阪は昨季、残留争いに巻き込まれ、最終的には7位まで浮上したが4年連続の無冠に終わった。48失点は10位。3シーズン目の指揮となる宮本恒靖監督(42)の下、今季はタイトル獲得を至上命題とする中で、リーダーシップと実力を兼ね備えたセンターバックの補強を模索。オファーを出した川崎DF奈良竜樹は鹿島と競合の末に敗れるなど、補強は順調に進まない中で、起死回生の一手として昌子にオファーを出した。すでにチームは沖縄キャンプ等で開幕に向けた準備を進める一方、最大の案件に全力を注いでいる。

 神戸市出身の昌子はかつて、G大阪ジュニアユースに所属していた。同期のFW宇佐美貴史らとともにプレーしたが、中学3年時に退団。米子北高を経て鹿島でプロとしてのスタートを切り、日本代表へ上り詰めた。フランス移籍以降は負傷の影響もあり、昨年6月を最後に日本代表から遠ざかっているが、コンディションさえ戻れば実力に疑いはない。

 昌子は育ててくれた鹿島への恩義を強く感じているが、今回はチーム編成とのタイミングが合わず、具体的な動きに至っていない。東京五輪のオーバーエージ候補にも挙がるなど、DF吉田麻也(サウサンプトン)に次ぐ次世代のDFリーダーとしての資質も兼ね備えた27歳。欧州での苦い経験も糧に“古巣”再建に挑むことになりそうだ。

 ◆昌子 源(しょうじ・げん)1992年12月11日、神戸市生まれ。27歳。フレスカ神戸でサッカーを始め、G大阪ジュニアユースを経て米子北高へ進学。11年に鹿島入り。対人守備、スピード、フィード力を備えたセンターバック。18年ロシアW杯では日本代表の主力として16強進出に貢献。19年1月にフランス1部トゥールーズに移籍。フランス1部19試合0得点、J1通算157試合8得点、国際Aマッチ18試合1得点。180センチ、73キロ。

1/31(金) 4:00 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200131-01300231-sph-socc

写真no title

<ガンバ大阪>W流出危機!日本代表DF三浦弦太(24)とMF小野瀬康介(26)が今オフ、移籍打診認める  

image02




1: Egg ★ 2019/12/08(日) 12:18:17.66 ID:I3UB+h4c9
ガンバ大阪の日本代表DF三浦弦太(24)とMF小野瀬康介(26)が今オフ、流出危機にあることが7日、分かった。ともに他クラブから移籍の打診を受けたことを認めた。三浦は「評価はうれしいが、まだ代表があるので」と話すにとどめ、FC東京が獲得を目指す小野瀬は「そうやって声をかけられるのはうれしいこと」と正直に胸の内を明かした。

三浦は清水エスパルスから17年に移籍して日本代表に成長。この3年はすべて30試合以上に出場して、昨年からは主将マークを巻いて最終ラインを統率した。小野瀬は昨夏にJ2レノファ山口から移籍し、右サイドで抜群の攻撃センスを披露した。G大阪は今夏にFW食野、中村が欧州に移籍するなど主力が大量流出。今オフも2人が抜ければ非常事態になる。そのためにも、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)代表候補だった川崎フロンターレのDF奈良竜樹(26)の獲得を進めている。

12/8(日) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12070846-nksports-socc

G大阪 MF小野瀬が流出危機 横浜Mから獲得の打診 30試合7得点4アシスト  

image02




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/08(日) 07:27:56.61 ID:CkwtPpQC9
J1G大阪のMF小野瀬康介(26)が流出する可能性が7日、浮上した。複数の関係者によると、横浜Mなどから獲得の打診が届いているという。

昨夏にJ2山口から完全移籍で加入した小野瀬は今季30試合に出場。
右サイドを主戦場に鋭い突破力と得点力で存在感を発揮し、チーム2位タイの7得点を挙げた。

G大阪は来季以降も契約を残す小野瀬に対して慰留に努める。今季主戦を務めた右の翼も失うことになれば、編成の再考を迫られることになる。
また、9月に加入したスペイン人MFマルケル・スサエタ(31)は契約満了で退団が基本線となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000014-dal-socc
12/8(日) 7:14配信

MF小野瀬 康介
フリガナオノセ コウスケ
背番号8
身長/体重176cm/65kg
生年月日1993年4月22日
出身地東京
血液型B
所属チーム名ミッキーSC-横浜FCJrユース-横浜FCユース-横浜FC-レノファ山口FC
主な経歴-

ガンバ大阪、韓国ボイン高校DFシン・ウォノと仮契約「素晴らしいサッカークラブ」  

U19_Visual_GMB_home_s




1: あっあっ豚汁うどん ★ 2019/12/02(月) 18:44:27.19 ID:FK0OeYoF9
韓国ボイン高DFシン・ウォノ、「素晴らしいサッカークラブ」G大阪と仮契約
12/2(月) 17:28配信
ゲキサカ

 ガンバ大阪は2日、2020シーズンの新加入選手として韓国のボイン高に所属するDFシン・ウォノと仮契約を結んだことを発表した。
クラブはシンの特長を「ビルドアップ能力が高く、スピードを生かした攻撃が魅力の選手」と紹介している。

 シンはクラブを通じて、「素晴らしいサッカークラブであるガンバ大阪へ加入する事が出来て本当に嬉しく思います。
今までの努力が報われたと思い嬉しい気持ちもありますが、絶対にここで満足せずに一生懸命頑張り、
ガンバ大阪そして韓国を代表する選手になれる様により一層努力します」とコメントしている。

 以下、プロフィール

●DFシン・ウォノ
■生年月日
2001年5月19日(18歳)
■身長/体重
176cm/67kg
■出身地
大韓民国
■利き足
左足
■経歴
2018年 U-18韓国代表
2019年 U-19韓国代表

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-43474689-gekisaka-socc

ガンバ大阪・宇佐美貴史に足りなかったのは…。世界のトップでやれる才能と致命的だった欠点【西部の目】  

20191129-00010003-footballc-000-10-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/29(金) 14:19:19.85 ID:TF1OP49A9
ドイツ・アウグスブルクから古巣ガンバ大阪に復帰した宇佐美貴史。
直近3試合で4得点を挙げ、残留争いに巻き込まれていたチームを牽引している。
27歳となった宇佐美が持つ才能と、MFとしては致命的な欠点を考えれば、FWでこそ活きると言えるだろう。(文:西部謙司)
ベストプレーヤー

●本人は関心がない才能

才能――本人の関心は意外と低かったりする。先天的に足が速かったり、記憶力がよかったりしても、苦労して手にした能力でないので執着が薄い。
周囲がうらやむ才能でも、本人は当たり前にできることにすぎないので有り難みがないのだ。

宇佐美貴史の才能はキックにある。何でもできる選手だが、とくに素晴らしいのはキックの精度と強さだ。インサイドキックに近い蹴り方なのでコントロールが効いていて、それでいてボールのスピードもある。シュートにはうってつけだ。
二度目の渡欧前、その才能について聞いてみたら、本人はまったく関心を持っていなかった。自然にできてしまうことだからだ。

幼稚園児のころから1人でも飽きずにボールを蹴っていたというから、その中で自然に身についたものなのだろう。小学生のときには数え切れないぐらい得点を決めていた。
育成に定評のあるガンバ大阪でも最高傑作といわれ、17歳でトップデビュー、19歳でバイエルン・ミュンヘンへ移籍。
バイエルンからホッフェンハイムを経て、いったんG大阪へ戻ると2013年のJ2優勝、2014年J1優勝に貢献。2016年6月にアウクスブルクへ移籍、2度目のドイツでの挑戦だった。

そのころの宇佐美は地味な得点をとれるようになっていた。ドリブルでかわして叩き込む派手なゴールだけでなく、押し込むだけのようなゴール。
同じ左サイドハーフのポジションのクリスティアーノ・ロナウドが、よりゴール前に専念することで「そこ」にいられる頻度を上げていると話していた。ただ、宇佐美の理想はそれではなかった。

運動量をセーブして得点するのではなく、守備でも貢献しながら得点も量産すること。ロナウドもできないことをやろうとしていた。

●中盤で致命的な問題とは?

2019年6月、宇佐美は再びG大阪に戻ってきた。ドイツでの3年を経て、27歳になっていた。
前回の帰還ではチームの救世主になった。今回も最近3試合で4得点。一時は降格の危機もあったG大阪は9位に浮上している。

戻ってきた当初はインサイドハーフで起用されていた。攻撃に関しては何でもできるのでやれないことはない。ただ、あまり向いていないと思った。

問題は守備だ。宇佐美は全く守備ができないわけではないし、二度目の渡欧のときの話を聞くかぎりとても意欲を持っていた。
しかし、向き不向きというものはある。
守備力そのものが低いというよりも、そもそも守備をできる場所にいないことが問題だと思う。

例えば、中盤で味方がボールを失った瞬間、自分がボールより前方にいるとそのまま置き去りにされる。
失った瞬間にスプリントして戻っていれば間に合ったかもしれないのに、それが遅れるので守備に入れない。
途中で気づいて慌てて走っても間に合わない。常にそうではないが、守備でスイッチが入りにくい。
MFでポジションに穴を開ければ、それが90分間に1回であっても致命傷になりかねず、そうなるとMFとしての信用を失う。ドイツでは信用を落とさないために走り続けた。

だが、それには宇佐美より向いている選手がいる。宇佐美のようなシュートは打てなくても、別の才能を持つ人はいるわけだ。宇佐美のポジションはFWであり、さらにセカンドトップである。そこしかないと言っていい。
1トップ向きではなく、パートナーがいて生きるタイプ。現在はアデミウソンとの2トップになっていて、適性ポジションに起用されて結果を出している。

攻撃能力、とくにシュートに関しては世界のトップでやれる才能がある。だからバイエルンが獲ったのだと思う。
ただ、実際にそこでやっていくには才能以外の仕事もリーグの平均ぐらいはやれないと長い時間プレーするのは難しい。
才能はどこまで行けるかの「可能性」にすぎず、才能を生かせるかどうは才能以外のことにかかっている。
宇佐美に足りなかったのは才能以外の部分だったと思われる。

FWでも守備は要求されるが、MFに比べれば負担は軽い。ロナウドほど守備免除にはならなくても、宇佐美の才能を生かすには2トップの一角が適性だろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191129-00010003-footballc-socc
11/29(金) 10:41配信

【J1試合結果】第32節夕 G大阪×仙台 

2019-11-23-usami_1gsw0suhtgg6v1vqf65hfa1zcd




1: 久太郎 ★ 2019/11/23(土) 16:59:45.86 ID:pClXALkS9
G大阪 2-0 仙台
[得点者]
69'宇佐美 貴史(G大阪)
77'アデミウソン(G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:26,256人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/112307/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

【J1試合結果】第30節日曜 湘南×G大阪 

201911030000628-w500_0[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/03(日) 17:55:54.58 ID:+ZvpcfqP9
湘南 0-3 G大阪
[得点者]
10'小野瀬 康介 (G大阪)
45+1'宇佐美 貴史(G大阪)
50'宇佐美 貴史 (G大阪)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:13,570人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110310/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索