Samurai Goal

ガンバ大阪


スポンサード リンク





柏、最終節G大阪戦のチケット完売…残留へ満員の本拠地で白星目指す 

20181114-00863012-soccerk-000-1-view

<ガンバ大阪>8連勝で残留決定!! J1通算600試合出場の遠藤保仁はクラブ新記録樹立へ意欲! 

20181110-00000173-sph-000-4-view




1: 2018/11/10(土) 19:01:17.42 _USER9
[J1リーグ32節]G大阪1-0湘南/11月10日/吹田S

 ガンバ大阪が破竹の8連勝でJ1残留を決めた。

 決勝点は60分、右サイドを破った米倉からのクロスに、3戦連発となるファン・ウィジョが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。終盤は湘南の反撃に何度もピンチに晒されながらも身体を張った守りで勝ち切った。

 シーズン半ばには一時最下位に低迷。しかし7月下旬に就任した宮本恒靖監督のもと、9月に入って一気に巻き返しを見せ、湘南戦で8連勝を達成するとともに、J1残留も果たした。そして、この湘南戦ではクラブの顔である遠藤保仁が記念すべきJ1通算600試合出場に到達。試合後には祝賀ムードに包まれた。

 インタビューを受けた遠藤は、J1残留決定に対して「素直に嬉しい」と感想を述べると、「厳しい試合だったけど、最後までみんなが勝ちにこだわって試合をしたので、非常にいいゲームだったと思う」と試合を振り返った。

 また自身の600試合出場に関しては「みんなのおかげです」と控えめなコメントだったが、サポーターからの声援の力について問われると「前半戦は不甲斐ない試合が続いていて、後半戦はこうして巻き返すことができたので、最後は勝って10連勝で締めたい」と、クラブ記録の9連勝(97年第2ステージ)を超える新記録の10連勝を宣言。サポーターに来季への期待を抱かせるべく、意気込みを見せた。

11/10(土) 18:38配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181110-00010001-sdigestw-socc

【G大阪】ツネ様、J史上2度目“奇跡の残留”導いた…残り10試合で15位と勝ち点5差逆転 

20181110-00000173-sph-000-4-view

J1第32節夕 G大阪×湘南 結果  

team_gosaka




1: 2018/11/10(土) 17:07:45.22 _USER9
G大阪、遠藤のJ1通算600試合目で残留決定!ファン・ウィジョ弾で8連勝達成/J1リーグ第32節

明治安田生命J1リーグは10日に第32節が行われ、ガンバ大阪と湘南ベルマーレが対戦した。

現在リーグ戦7連勝と、絶好調のG大阪。本拠地パナソニックスタジアム吹田に、残留争い真っ只中の湘南を迎えた。なお、この日も先発したG大阪MF遠藤保仁は、J1リーグ通算600試合出場を達成した。

前半はゴールが生まれず、スコアレスで折り返す。ホームのG大阪は後半、立ち上がりの48分に藤春がボックスに飛び込んでシュートを放ったが、枠の外へ外れる。

攻勢が続くG大阪は、良い流れのまま60分に先制に成功。右サイドの米倉のクロスに、ファン・ウィジョが頭で合わせた。韓国代表FWの出場6試合連続ゴールで、リードを手にする。

厳しい残留争いで優位に立つためにも勝利が欲しい湘南だが、G大阪に主導権を握られ、苦しい時間帯が続く。87分には、山口のシュートはポストに阻まれた。さらに直後にも山口にチャンスが訪れたが、GK東口にキャッチされた。

試合はこのまま終了。G大阪が、湘南を1-0で下した。

この結果、G大阪はリーグ戦8連勝を達成。勝ち点を45に伸ばし、今季の残留を確定させた。一方敗れた湘南は、同37から伸ばせず。15位サガン鳥栖、16位名古屋グランパスと同勝点となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181110-00010013-goal-socc

G大阪 1-0 湘南
[得点者]
60'ファン ウィジョ(G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:23,576人

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

35歳今野泰幸と“ツネ様”率いるガンバ大阪の良好な関係 

20181105-00010002-wordleafs-000-1-view

<窮地のG大阪を変えた宮本監督の言葉力>「本来の自分たち」を引き出し怒涛の7連勝!残留決定的 

1: 2018/11/04(日) 20:17:40.46 _USER9
敵地で浦和に3-1快勝、就任14試合で勝ち点27を上積みし残留決定的

ガンバ大阪は3日に行われたJ1リーグ第31節の敵地浦和レッズ戦に3-1で勝利し、勝ち点を42に伸ばしてJ1残留をほぼ確実なものにした。チームの立て直しに成功してリーグ7連勝とした宮本恒靖監督は、「本来の自分たちが持つ力をピッチで発揮すれば、好転するのは間違いない」と選手に自信を与えてきた。

 この浦和戦も、前半は苦しい展開を強いられた。全体的にボールを保持され、前線に入れたボールも相手の3バックを相手にFW陣がキープできなかった。そのなかでMF小野瀬康介の強烈なミドルシュートで1点を先制して折り返すと、ハーフタイムに宮本監督が修正を施す。

「前半は距離感が遠かった。ボールを奪った後に簡単に失う、サイドに持っていった後のFWや中盤の顔を出す位置のバランスが悪かった。後半は倉田がポジションを中央に移すことでサイドを空けること。アデミウソンと(ファン・)ウィジョの位置を変えたこともありましたけど、押し込んだ分で遠藤や今野が前を向くことができた」

 後半4分に同点ゴールを許したものの、その修正はピッチ全体での形成を五分以上に戻すことへつながり、FWファン・ウィジョとFWアデミウソンの2トップが1点ずつを奪って試合を決めた。特にリードを奪ってからは、浦和のプレスに対してボールを安定してキープし、危険なショートカウンターを受ける場面を作らせなかった。

 レヴィー・クルピ監督の退任を受けて宮本監督が就任したのは7月23日で、リーグ戦は折り返しの第17節を終えた段階だった。その時点でG大阪は勝ち点15の16位と、J1残留が最大のミッションとなった。そこから浦和戦までの14試合で積み上げた勝ち点は27と、まさにチームを「復活」させた。

来季も見据えて「もちろん、残りの3試合も全て勝つつもり」

 その要因として挙げられるのは、宮本監督がG大阪のチームカラーをよく知る人物だということだ。OBとして現役時代にタイトルを何度も獲得した経験を持ち、指導者としてもU-23チームを率いてからの内部昇格だったため、個々の選手の特徴をよく知るという強みが存分に生かされたのは間違いない。

「選手に最初のミーティングで言ったのは、本来の自分たちが持つ力をピッチで発揮すれば、好転するのは間違いないということ。そのためにはフィジカルコンディションを上げること、プレーの質の面で話せば細かいですが、攻撃におけるボールを動かすポジションなどの改善、守備の約束事やコンパクトにすることを改善するためのトレーニングを積むこと。みんなの意識が変わって、本来の自分たちはこうだったと思い出しながらやれている。それは今日の試合でも、たくさんあったと思っている」

 ルヴァン杯や天皇杯も含め、一昨季までG大阪はタイトル争いに絡んできた実績がある。対戦した浦和のオズワルド・オリヴェイラ監督も「選手の個々を見ても非常にクオリティーの高いチームだ」と表現していたように、そのメンバーが持つ力は決して低くない。後は、それをどう発揮させられるかという部分であり、OBとして結果を残してきた黄金期を知り、クラブに長年関わり続けてきた指揮官に交代したことは、本来持っている力を引き出すという点でプラスに働いた。

 前節終了時点で、浦和の目標は3位に浮上しての来季AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得であり、G大阪は残留争いから抜け出すというものだった。しかし、試合が終わってみれば浦和との勝ち点差はわずかに「3」。それだけ今季のリーグ戦が混戦であるということと同時に、戦力が拮抗したなかで残したG大阪の7連勝が、価値あるものだということを示していると言えるだろう。

 宮本監督は残留をほぼ手中にしたなかでも、「もちろん、残りの3試合も全て勝つつもり」と言い切った。来季以降に向けてチームを成長させていくこともテーマになるシーズン最終盤で、G大阪はどこまでこの勢いを維持できるだろうか。

11/4(日) 6:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00145712-soccermzw-socc

写真no title

J1第31節夕 浦和×G大阪 結果  

b1c95c8bd73a7ab266882059209df684_640px




1: 2018/11/03(土) 17:57:20.89 _USER9
浦和 1-3 G大阪
[得点者]
43'小野瀬 康介  (G大阪)
49'興梠 慎三   (浦和)
62'ファン ウィジョ(G大阪)
69'アデミウソン  (G大阪)

スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:43,943人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110310/livetxt/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

G大阪が3年半ぶり6連勝!小野瀬のJ1初ゴールで横浜FMを撃破/J1第30節 

DmVkNtfVsAALn2o

【G大阪】ウルグアイ戦で大失態のDF三浦弦太、宮本監督から“金言”授かる 

GettyImages-890897402-800x533

“大外一気”の5連勝!ツネ様も認めるG大阪にもたらす安心感「今ちゃんの復帰」 

名称未設定 1



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索