Samurai Goal

ガレス・ベイル


スポンサード リンク





Rマドリードのガレス・ベイル、移籍先本命は上海申花か  

spa19102908560003-p1[1]




1: ネギうどん ★ 2019/10/29(火) 10:57:50.95 ID:LBUob48h9
ベイル、冬の市場で再びRマドリード退団の可能性探る 移籍先本命は上海申花か

 RマドリードMFガレス・ベイルが、この冬に中国の上海申花に移籍する可能性が浮上している。スペイン『マルカ』が報じた。

 『マルカ』によれば、今夏にも移籍の可能性を模索していたベイルは、10月1日に行われたチャンピオンズリーグ、クラブ・ブルージュ戦で招集外となったことをきっかけにして、再びRマドリード退団に動き始めたという。ジネディーヌ・ジダン監督はフィジカルコーチの助言もあり、その試合でベイルを招集外としたようだが、同指揮官と関係が希薄とされるウェールズ代表MFはついに我慢の限界を迎え、代理人のジョナサン・バーネット氏に冬の移籍先を探すよう求めたとのことだ。

 こうしてベイルの代理人は移籍先を探し始めたが、今夏の市場と同様にRマドリードで受け取る1700万ユーロという高額な年俸を支払ってまで、負傷がちな同選手の獲得を望む欧州のクラブは現れなかった模様。このためにバーネット氏が属するエージェンシー、ステラーは中国の複数クラブと話し合い、上海申花が獲得に大きな興味を示したようだ。

 上海申花はキケ・サンチェス・フローレスがチームを率いていた今年7月にもベイルの獲得に近づいたクラブで、当時には年俸2500万ユーロの3年契約をオファーしていた。結局、キケ監督の解任などもあって移籍話は破談となったが、この冬にもまだ移籍の意思があれば、再び話し合う考えはあったという。

 こうしたベイルの動きに対して、Rマドリードは現状、事の成り行きを見守るようだが、個人所得税の負担込みで1シーズン3400万ユーロの支出をカットでき、浮いた金を中盤の選手補強に充てられることを前向きに捉えている様子。何よりも、2013年に移籍金1億ユーロで獲得したベイルについて、すでに元は取っているとの考えがあるようだ。(Goal.com)

https://www.sanspo.com/soccer/news/20191029/spa19102908560003-n1.html

ガレス・ベイル、CL招集外でついに我慢の限界か…来夏にレアル・マドリー退団との報道  

1: Egg ★ 2019/10/08(火) 09:49:54.05 ID:dRIkwqyV9
スペイン『アス』は、ウェールズ代表MFガレス・ベイルが来夏の移籍市場で、レアル・マドリーを退団することを希望していると報じた。

昨季終了間際にレアル・マドリーで戦力外扱いとなり、今夏の移籍市場では中国のクラブ移籍に近づきながらも、紆余曲折あって残留していたベイル。選手本人は戦力外扱いとなり、移籍話が進んでいたときにも、レアル・マドリーでプレーし続けることを希望し続けていたとされるが、ついに考えを変えた様子だ。

今季は負傷もなく、好パフォーマンスも見せているベイルだが、今月1日に行われたチャンピオンズリーグのクラブ・ブリュージュ戦(2-2)では招集外に。ジネディーヌ・ジダン監督と、決して親密とは言えないながらもプロフェッショナルな関係を保ち続けていたと考えていたベイルは、その決定に大きな失望を覚えて、ついに我慢の限界を迎えたという。

ベイルはジダン監督のほか、クラブ首脳陣からも、もはや支持されていないと感じている様子。その例として『アス』は、現ユヴェントスFWクリスティアーノ・ロナウドの脱税問題でレアル・マドリーが擁護の姿勢を取ったにもかかわらず、ベイルに対して批判の矛先が向いても何も行動を起こしていないことを挙げている。

ベイルはジダン監督やクラブ首脳陣への不満、サポーターとメディアの執拗な批判などへの嫌気により、これまで自分の選択肢にはなかった退団の道を歩もうとしているという。ただし、退団を予定しているのは来夏の移籍市場ということで、ここからまた状況が一転する可能性もあるかもしれないが、果たして……。

10/8(火) 9:14 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191008-00010007-goal-socc

写真
no title

同僚に「ゴルファー」と揶揄されたベイル「ニックネームは気に入っているよ」  

20190906-43471349-gekisaka-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/06(金) 13:37:08.59 ID:VgMJWUsd9
 レアル・マドリーに所属するMFガレス・ベイルはウェールズ代表として6日のアゼルバイジャン戦に出場する可能性が高い。前日会見に出席したベイルは趣味のゴルフに関する質問に答えた。スペイン『マルカ』が伝えている。

 ベイルは今夏、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外と考えられ、退団が濃厚になっていた。一時は中国移籍に近づいていたが、最終的に交渉がまとまらず、レアル残留が決定。現在は負傷者続出により開幕から出場機会を得ており、リーガ・エスパニョーラ全3試合に出場で2ゴール1アシストと好調ぶりを見せている。

 とはいえ、特に8月頭、アウディカップに招集されなかったベイルは試合を見ず、趣味のゴルフに興じていたという報道もあった。ベイルは100%サッカーに集中していないのではないかという議論もあり、レアル側はベイルを切りたがっていたという。

 GKティボ・クルトワが、チームから浮いているベイルを同僚は内輪で「ゴルファー」と呼んでいると明かしていた。ベイルはその噂を否定したいようだ。「ゴルファー」と揶揄されたニックネームについて質問されると、「僕はゴルファーだ」と冗談交じりに返答した。

「クルトワとはその件について話をしたが、彼はただの冗談だと言っていた。周囲の人々が文脈を無視して、そこだけを切り取ったんだ。だけど正直に言えば、あのニックネームについては気に入っているよ」

「言うまでもなく、サッカーこそが僕の最大の情熱だ。ゴルフはただの趣味にすぎない。他の人たちも持っているような趣味だよ。ゴルフをするのは何も悪いことじゃない。人々が大げさに話しているだけだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-43471349-gekisaka-socc

「彼は留まるだろう」“戦力外”から一転、救世主となったベイルをジダン監督が称賛! 

20190818-00062985-sdigestw-000-7-view[1]

ジダン、ベイル残留を宣言!「彼はここに残る」「私はガレスもハメスも、すべての選手たちを信じている」  

20190806-00062462-sdigestw-000-5-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/08/18(日) 10:41:36.06 ID:DnywiAbM9
17日のリーガ・エスパニョーラ第1節、レアル・マドリーは敵地バライドスでのセルタ戦に3-1で勝利した。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後、この試合で先発させて躍動感あるプレーを見せたMFガレス・ベイルが残留することを宣言した。

マドリーで昨季終盤から戦力外扱いとなり、今夏での移籍が確実視されていたベイルだが、移籍先が見つかることなくクラブに留まり続けていた。そしてジダン監督は、このセルタ戦で同選手を先発起用。ウェールズ代表MFは特に前半に存在感を示し、1アシストを記録するなど、セルタ守備陣を自慢のスピードあふれるドリブルで幾度も切り裂いた。

試合後、スペイン『モビスタール・プルス』とのインタビューに応じたジダン監督は、そんなベイルが今季もマドリーでプレーすることを断言している。

「ほかの全員と同じように彼はここにいる。今日のプレーには満足しているよ。彼はここに残る。ヴィニ(シウス)とベイルは良かったし、良い守備を見せてくれた。彼らは守備にも従事したために消耗が激しく、その後にはイスコとルーカス(・バスケス)が出場したが、彼らも良かったね」

プレシーズンには疑惑の目を向けられていたマドリーだが、この公式戦では守備でも集中力を発揮して、まるで先の黄金期のようなパフォーマンスを披露。ジダン監督は確かな手応えをつかんでいるようだ。

「良いプレーを見せて、勝利を収める……こういった形で始めることが大切なんだ。プレシーズンには、結果という面でこそ困難を伴ったが、仕事に励むという点では異なった。私たちは素晴らしい形で仕事に取り組んできたし、今日は良いプレーと勝利を味わうことができたね」

「選手たちの奮闘には満足している。ボールを保持しているときだけでなく、守備でも素晴らしい仕事を実現できた。それが試合の鍵を握ったんだよ。後半には10人なってしまったが、それでもボールをサイドから逆のサイドまで動かして、良いプレーを見せられたね」

その後、記者会見に出席したジダン監督は、再びベイル、さらには同選手と同じく戦力外と見られていたMFハメス・ロドリゲスについても触れている。

「ベイルについて、1カ月前となぜ状況が変わったか? 何も変わってはいない。私はガレスもハメスも、すべての選手たちを信じている。彼らがこのユニフォームを守るために尽力してくれることをね」

https://www.goal.com/jp/amp/ニュース/ジダンセルタ戦で先発起用のベイル残留を宣言彼はここに残る/179b36ttpxaej17h3dwajiysli
https://twitter.com/goaljp_official/status/1162863061604196358?s=21
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

「なんて美しいんだ(笑)」「ゴルフに行くのか?」渦中のベイル、まさかの“ロン毛姿”にファン騒然! 

20190806-00062462-sdigestw-000-5-view[1]

ガレス・ベイル、衝撃の事実判明…トッテナム戦の最中にゴルフ!?ジダン監督「練習していたことを願うよ」  

1: Egg ★ 2019/08/01(木) 13:18:21.26 ID:MjY1WmpK9
驚きの事実が判明した。スペイン『マルカ』によれば、レアル・マドリーがトッテナムとのアウディカップ準決勝に0-1で敗れたとき、招集外のウェールズ代表FWガレス・ベイルは試合を全く見ず、ゴルフを楽しんでいたという。

 7月30日、レアルはトッテナムと対戦。DFマルセロのパスミスからFWハリー・ケインに決勝点を許し、0-1で敗戦。プレシーズンマッチ4試合で1分3敗となっていた。

 ジネディーヌ・ジダン監督はベイルの招集外について「コンディション不良」と説明していたが、トッテナム戦の最中、ベイルがいた場所は、家でもクラブハウスでもなく、なんとゴルフ場だったという。

 同紙によると、大のゴルフ好きで知られるベイルは、ちょうど試合が終了した午後8時の時点で14番ホールにいた模様。つまり、古巣トッテナム戦を全く見ていなかったことになる。

 31日に行われた3位決定戦でフェネルバフチェを5-3で下し、今夏のプレシーズンマッチで初勝利を飾ったレアル。ジダン監督は試合終了後の会見で「彼がやったことを私は知らない。私は自分の選手たちと一緒にここにいるので、そのことについてコメントするつもりはない」と突き放した。

「我々はチームのことを考えているし、彼がマドリードで練習していたことを願うよ。私は誰かがやっていることを何も妨げるつもりはない。各々が自分の責任を負っているし、マドリードで様子を見るつもりだ。私は個人の人生に介入するつもりはない。彼は向こうに練習するために残っているし、練習をしていたと思う。これ以上私は答えるつもりはないよ」

 ジダン監督の構想外となり、今夏の退団が噂されるベイルは、移籍先として有力と見られた江蘇蘇寧(中国)との交渉が破談となったことを受けて激高。ドイツ遠征を拒否したとも報じられている。

8/1(木) 8:21配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190801-43469985-gekisaka-socc

写真
no title

構想外なのになぜ?ジダン、ベイルの“サプライズ起用”に言及 

20190724-43469617-gekisaka-000-2-view[1]

<ガレス・ベイル>世界最高の年俸約70億2000万円で中国行きか?週給約1億3500万円..  

1: Egg ★ 2019/07/23(火) 13:11:49.72 ID:FYR+QPM19
写真
no title


スペイン1部レアル・マドリードのウェールズ代表FWガレス・ベイル(30)が、破格の年俸を手にする可能性が浮上している。

退団が決定的となったベイルは、移籍先としてイングランド・プレミアリーグのトットナムなど複数の欧州クラブの名前が挙がる中、スペイン紙「マルカ」などは中国1部の北京国安や江蘇蘇寧が獲得の意向を持つと報じている。

 中でも北京国安はビッグマネーを用意。英紙「デーリー・ミラー」によると、週給100万ポンド(約1億3500万円)を予定しているという。年俸にすると、約70億2000万円で世界最高額となるが、果たして実現するのだろうか。

7/23(火) 11:31配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190723-00000015-tospoweb-socc

「ベイルは移籍金ゼロで中国へ!」「欧州でオファーはない」米大手メディアが独自情報を公開! 

20190723-00010001-sdigestw-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索