Samurai Goal

ガレス・ベイル


スポンサード リンク





ジダン構想外のベイル、シーズン初日から罵声喰らう 

20190709-00010004-sportes-000-1-view[1]

ベイル、レアル残留へ。代理人がプレシーズン参加を明言  

1: 豆次郎 ★ 2019/07/02(火) 22:11:22.01 ID:GWefSx/d9
7/2(火) 21:00配信
ベイル、レアル残留へ。代理人がプレシーズン参加を明言

 リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイルが同クラブに残留し、プレシーズンを戦うチームに帯同することになりそうだ。英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の2日に報じた。


 2013年9月からレアルに在籍するベイル。これまでリーグ優勝やUEFAチャンピオンズリーグ制覇など、様々なタイトル獲得に貢献してきた。昨季も公式戦42試合に出場し14得点6アシストを記録している。途中出場からゴールを決めるなど、少ないプレー時間で印象的な活躍を見せることもあるベイルだが、怪我の多さはレアルを悩ませている。

 そんなベイルにはマンチェスター・ユナイテッドやインテル、バイエルンやトッテナムなども興味を示している。インテルはベイル獲得に向け、レアルと交渉を行っていると報じられていた。だがベイルに移籍の意思はなく、同クラブ残留を希望している。

 さらに、ベイルの代理人が米メディア『ESPN』のインタビューで「ベイルはレアルを去ることを考えていない。来週から始まるプレシーズンへ向けて、準備を進めている」と話した。

 プレシーズン参加でレアル残留となるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190702-00329081-footballc-socc
no title

レアル構想外のベイル、イタリア移籍の可能性が急浮上  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/06(木) 09:48:35.81 ID:wpD0ZnDb9
2019年6月6日 07:24

 インテルを率いるアントニオ・コンテ監督がレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)の獲得を望んでいるようだ。伊『フットボール・イタリア』が報じている。

 2013年9月にトッテナムからレアルに加入したベイル。活躍が期待されてきたが、負傷を繰り返すなど、その稼働率は60%ほど。今季は公式戦42試合で14ゴールを記録したが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっている。

 そんな中、スペインTV局『エル・チリンギート』によると、インテルの監督に就任したコンテ新監督が、同クラブのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)とピエロ・アウジリオスポーツ・ディレクター(SD)にベイル獲得を要求したという。

 ベイル自身はレアル残留を望んでいるようだが、退団となれば高額な移籍金となる可能性があり、この夏の去就に注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-43467909-gekisaka-socc
no title

レアル構想外のベイル、イタリア移籍の可能性が急浮上  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/06(木) 09:48:35.81 ID:wpD0ZnDb9
2019年6月6日 07:24

 インテルを率いるアントニオ・コンテ監督がレアル・マドリーに所属するウェールズ代表FWガレス・ベイル(29)の獲得を望んでいるようだ。伊『フットボール・イタリア』が報じている。

 2013年9月にトッテナムからレアルに加入したベイル。活躍が期待されてきたが、負傷を繰り返すなど、その稼働率は60%ほど。今季は公式戦42試合で14ゴールを記録したが、ジネディーヌ・ジダン監督の構想外となっている。

 そんな中、スペインTV局『エル・チリンギート』によると、インテルの監督に就任したコンテ新監督が、同クラブのジュゼッペ・マロッタ最高経営責任者(CEO)とピエロ・アウジリオスポーツ・ディレクター(SD)にベイル獲得を要求したという。

 ベイル自身はレアル残留を望んでいるようだが、退団となれば高額な移籍金となる可能性があり、この夏の去就に注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190606-43467909-gekisaka-socc
no title

“監督”ラモス「ベイルの状況は全く理解できない」 

20190521-00010011-sportes-000-1-view[1]

ジダン、退団既定路線のベイルを最後の最後まで起用せず…「そうだね。そうしなかった。すまなかった」 

20190520-00010001-goal-000-1-view[1]

レアル・マドリー、ベティスに敗戦で悪夢のシーズンを悪夢のまま終える…退団既定路線のベイルは出場せず 

20190519-00010025-goal-000-1-view[1]

「さよならを言うことができる」ベイルが最終節メンバー入り…ジダンが“別れの場”用意か 

20190519-43467162-gekisaka-000-1-view[1]

ベイル売りたいレアルが“苦肉の策”? 週給一部負担の逆オファーを提示か  

1: 豆次郎 ★ 2019/05/15(水) 13:04:01.17 ID:kRGj19vE9
5/15(水) 12:32配信
ベイル売りたいレアルが“苦肉の策”? 週給一部負担の逆オファーを提示か

 チームに所属する29歳のウェールズ代表FWガレス・ベイルを移籍させるために、レアル・マドリーが“苦肉の策”をとるかもしれない。14日に英メディア『チームトーク』が報じている。


 2013年夏にトッテナムからベイルが加入した際、マドリーは当時のレートで移籍金9100万ユーロ(約118億3000万円)を支払っている。出来れば、その移籍金を回収したいところだが、一刻も早くベイルを売りたいマドリーは逆オファーを提示した模様。

 同メディアによると、ベイル獲得に興味を示すトッテナムに対して、マドリーはレンタル料1000万ポンド(約14億1000万円)での期限付き移籍を提案しているという。それだけでなく、週給60万ポンド(約8500万円)の一部に当たる週給25万ポンド(約3540万円)を移籍先クラブが支払い、残りをマドリーが負担する案も考えているようだ。

 一方、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得を目指すマドリーは、ポグバの移籍金を下げるためにベイルの譲渡を交渉に含める提案をしていた。しかし、この提案はユナイテッド側に拒否されたとの情報もある。

 ベイルはマドリーとの契約を2022年6月まで残している。今夏移籍しない場合、マドリーは残り3年間も週給60万ポンドを支払うことになる。これは、マドリーにとっては大きな負担だ。とはいえ、完全移籍で売却しようにも高額な週給+高い移籍金を支払えるクラブは限られる。そのため、マドリーは週給一部負担、または別の選手の移籍交渉の中でベイルの譲渡を含めるなどして、様々な方法でベイルの売却に動いているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190515-00321561-footballc-socc
no title

ベイル、トッテナムはお断り…移籍の場合は中国かパリSG?「もっとマナーの良いクラブ」 

20190515-43467036-gekisaka-000-1-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索