Samurai Goal

ガリアーニ


スポンサード リンク





本田圭佑、今夏ミラン残留へ!プレミア3チームのオファー固辞。ガリアーニ副会長「本田は売りに出ていない」と既に断り 

1: 名無しさん 2016/08/25(木) 05:45:31.88 ID:CAP_USER9
日本代表FW本田圭佑(30)が、今夏はACミランに残留する可能性が高いことが分かった。あと1年で契約が満了するため、水面下でプレミアリーグの3クラブが争奪戦を繰り広げたが、ACミランの最高幹部が残留を示唆した。日本代表は25日、18年ロシアW杯アジア最終予選2試合(9月1日、UAE戦、同6日、タイ戦)に臨むメンバー23人が発表される。

 「プレミア争奪戦」の末、本田のミラン残留がほぼ固まった。契約が17年6月末で満了することに加え、今季から就任したモンテッラ新監督にプレシーズンマッチであまり起用されなかったことから、今夏の移籍の可能性が報じられてきた。実際、本田にはこれまで、世界最高峰のプレミアリーグ3クラブが獲得オファーを出していたことが判明した。

 争奪戦を繰り広げたのはサンダーランド、エバートン、クリスタルパレスの3チーム。ビッグクラブではないが、リバプールに本拠を置くエバートンはリーグ優勝9回、FA杯制覇5回を誇る名門。エバートンは過去にも獲得に動いたと報じられたが、今回の争奪戦は本田のイングランドでの高い評価と人気が証明された形だ。

 だが、ミラン関係者によれば、ガリアーニ副会長は「本田は売りに出ていない」と3クラブに既に断りを入れたという。クラブは先日、30年間オーナーを務めたベルルスコーニ氏から中国人実業家グループに売却されることが決まったが、今夏の移籍はこれまで同様にガリアーニ副会長が担当。そのガリアーニ副会長が残留を示唆したことで、本田は移籍市場が再開する来年1月までは引き続きミランでプレーする可能性が高まった。

 イタリアの今夏の移籍市場は、現地時間31日の午後11時(日本時間1日の午前6時)で終了。サッカーの移籍市場は最後まで予断を許さないと言われるが、9月1日のUAE戦(埼スタ)から始まる18年ロシアW杯アジア最終予選も、本田は「ミランの10番」として出場することになりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160824-00000144-spnannex-socc
no title

本田圭佑が新生ミランの始動メンバーに選出も、ガリアーニCEOは「重要な選手だった」と過去形で評価 

426: 名無しさん 2016/07/08(金) 13:47:49.12 ID:Mt9B6LVo
本田が新生ミランの始動メンバーに選出 獲得オファーが届くバッカらも合流
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160708-00010006-soccermzw-socc

GK
アガッツィ
ディエゴ・ロペス
ドンナルンマ

DF
アバーテ
アントネッリ
カラブリア
デシリオ
エリ
パレッタ
ロマニョーリ
シミッチ
ヴァンジョーニ
ヴェルガラ
サパタ

MF
ベルトラッチ
ボナベントゥーラ
マウリ
クツカ
ロカテッリ
モントリーボ
ポーリ

FW
バッカ
本田
ラパドゥーラ
ルイス・アドリアーノ
マトリ                                             
メネズ
ニアング
スソ
ヴェルディ

no title

ミランのガリアーニCEOがもう3位以内の目標諦める? 「夢はコッパ・イタリア優勝さ!」 

1: 名無しさん 2016/03/07(月) 22:47:00.03 ID:CAP_USER*.net
素早い切り替えを見せるCEO

ミランCEOがもう3位以内の目標諦める? ガッリアーニ「夢はコッパ・イタリア優勝さ」

ルチアーノ・スパレッティに指揮官が代わってから好調を維持しているローマは、4日のフィオレンティーナ戦でも4-1と爆発して勝ち点を56に伸ばし、3位の座をがっちりキープしている。

一方6日のサッスオーロ戦に敗れてしまったミランは、ローマとの勝ち点差が9に開いてしまった。これに焦りを感じたのか、クラブのアドリアーノ・ガッリアーニCEOはここへきて目標を変更すると発言している。

伊『Tuttosport』によると、同CEOはローマが3位でシーズンを終える可能性が高いと感じているようで、目標を3位以内からコッパ・イタリアに変更する考えを明かした。

「我々もトライするが、ローマは3位の第1候補だね。しかし私の夢はコッパ・イタリアを制することさ。我々は13年ぶりにコッパ・イタリアを制するチャンスを手にしてハッピーなんだ。目標はシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の30年目に30個目のタイトルを獲得することだよ」

先日会長就任30周年を祝うパーティーも開いたベルルスコーニ会長は、1986年の就任以降28のタイトルを獲得してきた。ガッリアーニCEOはコッパ・イタリアを29個目、そしてコッパ・イタリア優勝チームに出場権が与えられるイタリア・スーパーカップを30個目のタイトルにしたいと考えている。

ベルルスコーニ会長も指揮官のシニシャ・ミハイロビッチに3位以内かコッパ・イタリア優勝のどちらかを要求しており、どちらも達成できなければ解任される可能性が高い。ローマの好調で3位入りが難しくなってきたが、もうリーグ戦を諦めるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160307-00010035-theworld-socc
no title


【サッカー】ACミラン13戦ぶり黒星の戦犯!怠慢プレーの悪童バロテッリが酷評の嵐に・・・「イリュージョンのように消えた」
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1457332646/

ジダン監督解任危機!レアルのペレス会長がミランのガリアーニCEOに監督人事の指南を受けた結果www 

1: 名無しさん 2016/03/03(木) 21:59:03.25 ID:CAP_USER*.net
CL制覇が続投の条件に
 
レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、今季のUEFAチャンピオンズリーグで優勝できなければ、解任となる可能性が急浮上した。
ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が後任候補に挙がっている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。

ジダン監督は1月にラファエル・ベニテス前監督の解任を受け、レアルのBチーム、カスティージャからトップチームの監督に昇格。
就任後、持ち前の求心力で崩壊寸前と報じられていたロッカールームを引き締め、チームを上昇させ。

だが、リーグ戦で前節アトレチコ・マドリードとのダービー 戦に敗れるなど、首位バルセロナとの勝ち点差は9まで開き、
指揮官は「リーガは終わった」と、白旗宣言した。

さらにエースFWクリスティアーノ・ロナウドは若手選手の実力不足を公然と指摘。
物議を醸した揚げ句、謝罪するという負の連鎖に巻き込まれている。

白い巨人の危機的状況に、フロレンティーノ・ペレス会長は、
ACミランのアドリアーノ・ガリアーニCEOに監督人事の指南を受けているようだ。

会長はレアルに今季残された唯一のタイトルであるUEFAチャンピオンズリーグで優勝できなければ、
満を持して投入した切り札のジダン監督を更迭し、新監督の人選に入るという。

そして、ユベントスで昨季リーグ、イタリア杯優勝に加え、欧州CL準優勝に導いたアッレグリ監督を後任候補にリスト アップしているもようだ。

昨季終了時に選手、サポーターから信頼の厚かったイタリアの名将カルロ・アンチェロッティを解任するなど、
次々に監督の首をすげ替えるペレス会長は、救世主の期待を集める英雄ジダンも斬首台にあげてしまうのだろうか。

Soccer Magazine ZONE web 3月3日(木)21時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160303-00010021-soccermzw-socc

写真
no title

ガッリアーニ副会長「本田は低調の時を過ごしていたが、復活した!素晴らしい選手だ!!」 

1: 名無しさん 2016/02/23(火) 12:35:03.91 ID:CAP_USER*.net
セリエA第26節が22日に行われ、日本代表FW本田圭佑のミランはアウェーでナポリと対戦。
ミランは先制を許したが、44分に本田のクロスからイタリア代表MFジャコモ・ボナヴェントゥーラが同点ゴールを決め、
1-1の引き分けで終えた。

 ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が試合後、イタリアメディア『ミラン・チャンネル』のインタビューに応じた。

 ガッリアーニ副会長は「とてもとても難しい試合だった。負けないことがとても難しい試合だったが、
それを果たすことができた。(シニシャ・ミハイロヴィッチ)監督が言っているように、“リベンジの後半戦”が立証されている。
後半戦は、チャンピオンズリーグ出場権獲得にふさわしいような平均値を見せている」と話し、敵地での引き分けに満足感を示した。

 そして、負傷のU-21イタリア代表DFアレッシオ・ロマニョーリに代わって先発出場したコロンビア代表
DFクリスティアン・サパタについては「サパタは非常に良いプレーをしている。
もし、最高の殊勲を挙げるとすれば、それはサパタだと言えるだろう。スーパーな活躍をした」と、称えた。

 さらにガッリアーニ副会長は、同点弾を演出した本田についても言及。
「とても素晴らしい選手だ。低調の時を過ごしていたが、復活して良い結果を出している。
いずれにしろ、チームのパフォーマンスを私はとても気に入った。とても熱狂した環境の中で、チームは戦っていた」と語り、
本田が一時期のスランプから抜け出したと語っている。

 ミランはセリエA第26節を終えて勝ち点44の6位。ヨーロッパリーグ出場権内の5位インテルとの
勝ち点差は「4」となっている。次節は27日、トリノをホームに迎える。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160223-00404437-soccerk-socc
no title

ガッリアーニCEO「本田はスマートな男で、我々イタリア人と異なるメンタリティを持っている!彼は売らない!」 

285: 名無しさん 2016/02/05(金) 23:04:10.08 ID:6FuRfE9l0.net
本田に全幅の信頼置くミランCEO、放出を完全否定「彼は売らない」

これまでクラブ批判とも取れる発言などで物議をかもしてきた本田だが、
ガッリアーニCEOはしっかりとプレーで評価しているようだ。
「本田はスマートな男で、我々イタリア人と異なるメンタリティを持っている」としながら
「彼のことは大好きだ。他の選手たちも知っている。本田の働きと献身は素晴らしい。
私は彼が素晴らしい選手で、その力を見せてくれると信じていたから獲得した」と、高いプロ意識やプレーでの貢献を称えた。

一時はミランの売却候補筆頭と見られたが、ガッリアーニCEOは
「市場に出ているか? 彼は売らない。ここに残りたがっているし、我々も残しておきたいと思っている。
移籍について話したことは一度もないよ。彼の仕事ぶりを本当に嬉しく思う」と述べ、退団の可能性を真っ向から否定している。

たゆまぬ努力で選手や監督だけでなくフロントの信頼も完全に取り戻した本田。
クラブのサポートを受けてこれまで以上に勝利への貢献度は高まっていくに違いない。

http://www.footballchannel.jp/2016/02/05/post136161/
no title

ミランの強化責任者ガリアーニCEO「ケイスケ・ホンダ?日本人はイタリア人と違って、思ったことをそのまま口にするね」 

1: 名無しさん 2016/02/04(木) 21:45:50.21 ID:CAP_USER*.net
ガリアーニ氏が明かす 「彼は思ったことをそのまま口にする」

ACミランの強化責任者であるアドリアーノ・ガリアーニCEOが、
9試合連続で先発出場中の日本代表FW本田圭佑と頻繁に意見交換を行っていることを明らかにした。
イタリアテレビ局「メディアセット・プレミアム」で明かしたもの。

伊メディアが選ぶ「冬の移籍成功例トップ10」 名門に加入したあの日本人選手の名も…

本田はクラブ批判やミランの方向性に対する提言を日本メディア、
イタリアメディアを通じて発信しているが、近年の強化策の実りの乏しさからサポーターから槍玉に挙げられているクラブ首脳にも直接働きかけていた。

「ケイスケ・ホンダ? 彼はとても賢いね。私に頻繁に会いに来るよ。日本人はイタリア人と違って、思ったことをそのまま口にするね」

2014年1月にCSKAモスクワから移籍金ゼロで獲得した背番号10について、ガリアーニCEOはこう語った。近
年はクラブの赤字経営から多くの批判を浴びている同氏だが、名物オーナーのシルビオ・ベルルスコーニ氏の右腕としてセリエA優勝8度、
UEFAチャンピオンズリーグ5度制覇という輝かしい実績を誇る。そんな“大物“強化責任者と一選手が頻繁に会話を交わすことは、イタリアでも珍しいことだ。

そしてCEOは、率直でおしゃべり好きで知られるイタリア人以上に、本田の会話にはオブラートが存在しないことを明らかにしている。

もっともガリアーニCEOは、名門ミランの復活に情熱を傾ける本田のストレートなキャラクターを認めながらも、”鬼軍曹”で知られるシニシャ・ミハイロビッチ監督への絶対服従を求めている。

「賢い選手は競争も必要なく役割に適応す

「彼が今のポジションでのプレーについて文句を言おうが、起用されまいが、選手は監督の考えに絶対に適応しなければいけない。
最も賢い選手というものは、競争も必要なく役割に適応するものだからね」

 ガリアーニCEOはこう語った。本田はシーズン序盤に4-3-1-2のトップ下で先発起用されていたが、
指揮官に失格の烙印を押された。その後の4-3-3システムでは、今冬にジェノアへ放出されたイタリア代表MFアレッシオ・チェルチの後塵を拝し、
ベンチ生活を余儀なくされた。4-4-2システムへの変更に伴い、昨年末からようやく定位置を確保。
チェルチに加えて、ポジション争いのライバルだった元U-21スペイン代表MFスソもジェノアへ移籍した。

戦術理解度の高さで、チーム内での定位置を確保した感のある本田だが、ミハイロビッチ監督の要求に真摯に応え続けることを強化責任者は強く求めていた。

Soccer Magazine ZONE web 2月4日(木)13時58分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160204-00010009-soccermzw-socc

写真
no title


【サッカー】<採点>ガゼッタ・デッロ・スポルト紙、攻撃のスイッチ役となった本田圭佑(ACミラン)にチーム最高点!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1454567434/

【サッカー】生き残った本田圭佑はやはり優秀だった 激しすぎるミランの生存競争
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1454582690/

【サッカー】本田圭佑(ACミラン)は「ミラン復活の象徴」。伊各紙がパレルモ戦MVPに選出し大絶賛!
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1454587851/

ミラン本田圭佑、クラブ批判は誤解とガリアーニに説明「自分のベストを見せられていないことを謝りたい」 

1: 君にスマイル明日に夢@◯( ´∀` )◯ ★@\(^o^)/ 2016/01/06(水) 06:46:34.13 ID:CAP_USER*.net
フットボールチャンネル 1月6日(水)4時23分配信

本田圭佑【写真:Getty Images】

 ACミランの本田圭佑の発言がイタリアメディアに「クラブ批判をした」と報じられ、シニシャ・ミハイロビッチ監督も記者会見でその真意を確かめなければならないと述べた。

 これを受け、本田本人が5日にミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOと面会して事情を説明した。クラブ公式TV『ミラン・チャンネル』が速報で伝えている。

 日本メディアに対してクラブの強化方針などを批判したとされる本田だが、ガッリアーニCEOに対して「ミランに招き入れてくれて感謝している。これまでクラブやチームに自分のベストを見せられていないことを謝りたい」と述べ、期待されたほどのパフォーマンスを見せられていない自らの現状を謝罪したという。

 また、本田は自身の発言が過去にミランが獲得した選手達を批判するものではないと説明した。そのうえで現在のミランがデリケートな状態にあり、自分を含め1人の選手が加入しただけで全てが変わることはない、という意味だったと述べてガッリアーニCEOに理解を求めている。

 インタビューが意図しない形で訳され、切り取られて広まってしまったために起こった今回の”クラブ批判”騒動。本田がガッリアーニCEOに直接発言の真意を説明したことで周囲の理解を促し、無事収束していきそうだ。

フットボールチャンネル編集部

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160106-00010002-footballc-socc

no title

ミラン本田圭佑が1月の移籍を希望か ガッリアーニに伝えたとイタリアメディアが報じる 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/11/05(木) 19:37:20.39 ID:???*.net
日本代表MF本田圭佑は、1月にミランから離れる可能性が噂されている。
それは、本人の希望なのかもしれない。イタリアメディアによると、本田はアドリアーノ・ガッリアーニCEOに
自身の売却を求めたようだ。

本田は7日に行われるセリエAのアタランタ戦で先発濃厚と言われている。
しかし、これはMFジャコモ・ボナヴェントゥーラの出場停止によって訪れる機会であり、
ポジション争いで勝ったとは言いにくい。

フォーメーションを4?3?3にしてから調子を上げているミラン。本田が希望するトップ下の
ポジションでピッチに立つのは困難な状況に見える。ウィングとしてはFWアレッシオ・チェルチの方が
指揮官の評価が高い様子だ。

ベンチに座ることが増えている本田は、1月の放出リストに載っているという報道も出てきている。
ただ、イタリア『コッリエレ・デッラ・セーラ』の報道として『MilanNews.it』が伝えたところによると、
本田自身が移籍を望んでいるようで、すでにガッリアーニCEOにその希望を伝えた模様だ。

現時点でガッリアーニCEO側は売却を考えていないという。
それでも、現行契約が2017年までということをふまえると、売り時を誤りたくないという気持ちが
クラブにはあるはずだ。

これから1月の移籍市場までの期間は、本田の未来を左右する重要な時間になるかもしれない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151105-00000024-goal-socc
no title

インザーギの悲劇再び?ミラン会長はミハイロビッチ後任に下部組織の監督望む 

1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 20:39:48.65 ID:???*.net
身内、外様、そしてまた身内へ

シニシャ・ミハイロビッチ監督の進退がいよいよ危うくなっている。

ミランはミッドウィークに行われたルイジ・ベルルスコーニ杯でインテルと対戦し、0-1で敗れた。
自身のファミリーネームを冠したこの試合で敗れたことは、ミラン会長ベルルスコーニ氏の機嫌を
大いに損ねることになったようだ。

伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、ベルルスコーニ会長はこの試合の後にアドリアーノ・ガッリアーニCEO
(最高経営責任者)と会食をし、ミハイロビッチ監督をいつ解任させるのかを尋ねたという。
強化費100億円を投じながら、現在リーグ13位と低迷する現状に会長の我慢も限界に達している。
現地メディアによればあと2試合で結果が出せなければ解任が決定する可能性が高いという。

当然ながら、解任した場合の問題は後任監督を誰にするのかという点にある。
『ガゼッタ』紙は現在ミランの下部組織を率いるクリスティアン・ブロッキをベルルスコーニ会長が推しているとした。
しかし、クラレンス・セードルフ、フィリッポ・インザーギという経験の浅い監督に任せたことによって現場が
混乱した過去があるため、プロクラブを率いた経験がないブロッキを登用することはリスクが大きい。

ブロッキはミランの下部組織出身で、現役時代はMFとしてミランで2001年から2008年まで7年間プレイ。
2013年にラツィオで現役して以降、指導者としてのキャリアをスタート。前述のインザーギ監督が昨年夏に
ミランのトップチームを率いることになったため、同氏が務めていた下部組織の監督に就任している。

ミランの監督選びは迷走している。クラブをよく知るセードルフ、インザーギを監督に据えたと思えば、
今シーズン指揮を執るのは現役時代にライバルのインテルでプレイした外様のミハイロビッチ。
クラブの方向自体が定まっていなければ結果につながらないことは、ここ2シーズンで学んだはずだが、
またも繰り返そうとしている。ブロッキにはインザーギやセードルフのように監督業のスタートを
忌まわしい物にしてほしくないところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00010012-theworld-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索