Samurai Goal

ガラタサライ


スポンサード リンク





<退団#長友佑都 >涙!「僕の心はいつもガラタサライ」サポーターからは「絶対にナガトモを忘れない」 

1: 2020/07/02(木) 23:05:10.48
写真
no title


サッカー日本代表DF長友佑都(33)が1日、所属するトルコ1部ガラタサライで最後の練習を迎えた。

今季限りでの退団が決まっている中、イスタンブール市内で行われた全体トレーニングに参加。イレブンを前にした練習開始前の円陣で、涙を流す長友の写真がクラブ公式ツイッターで公開された。

サポーターからは「絶対にナガトモを忘れない」「生涯、忘れられない選手だ」などとコメントが寄せられ、長友も返信。トルコ語で「生涯、僕の心はいつもガラタサライと一緒です」「いろいろと応援ありがとうございます!」とツイートした。

長友はセリエAインテルミラノで活躍後、18年1月にガラタサライへ加入。左サイドバックのレギュラーとして昨季までリーグ2連覇に貢献したが、今冬から外国人選手の人数規定によって登録を外れ、出場機会のない状態が続いていた。

(オルムシュ由香通信員)

7/2(木) 19:45配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d51f4b6f2ed95eec21cb723acc9e448b4a2ae91d

ガラタサライ長友佑都はこのまま契約満了で退団へ…地元メディア「赤と黄から分離する」 

20200701-00010023-goal-000-4-view

長友所属のガラタサライ、66歳テリム監督が新型コロナに感染 

20200324-43479173-gekisaka-000-1-view




1: 2020/03/24(火) 10:43:11.70
 日本代表DF長友佑都が所属するガラタサライは24日、ファティ・テリム監督(66)が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

 2017年12月からガラタサライで4度目の指揮を執っているテリム監督は、自身のツイッター(@fatihterim)を更新。「今日のテスト結果によると、私は新型コロナウイルス検査で陽性反応だった」と報告し、「病院で安静にしている。心配しないで」と無事を伝えた。

 ヨーロッパでも感染者が急増している新型コロナウイルス。ほとんどの国でリーグ戦が延期されている中、トルコでは17日まで無観客で試合が行われていた。しかし、トルコサッカー連盟は19日、サッカー活動をすべて中断すると発表している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-43479173-gekisaka-socc

ガラタサライ長友、1億2000万円の報酬“拒否”で新天地探しか 「新天地候補は古巣のFC東京か 

20200205-00244981-soccermzw-000-9-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/05(水) 20:19:44.67 ID:EpieMZO09
新天地候補は古巣のFC東京か トルコ紙報道
今冬の移籍市場で残留となったガラタサライの日本代表DF長友佑都が、後半戦の登録メンバー外となった。
イタリア・セリエAのボローニャ行きが噂されていながらも破談。6月までガラタサライとの契約が残る長友だが、
報酬100万ユーロ(約1億2000万円)を受け取らずに、チーム探しに専念すると、トルコ紙「ヒュリエット」が報じた。

2020年6月30日でガラタサライとの契約が満了する長友は、今冬での日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャ移籍が秒読みとの噂が浮上。
しかし、EU圏外の外国人枠が冨安を含めて埋まっている状態で、契約に至らなかった。
結局ガラタサライ残留となった長友だったが、後半戦のTFF(トルコサッカー連盟)のメンバー外が決定。今季の公式戦出場ができなくなった。

そんななか「ヒュリエット」紙によると、いまだ契約が残る長友は、プレーできなくてもクラブから報酬100万ユーロを受け取ることができるという。
だが、長友側がこれを断った模様で、「ガラタサライのシャツを着続けることができなくて申し訳ない。
だが、これはプロとしての人生。(試合に出ず)練習に行くだけで報酬を受け取ることはできない」と、クラブのマネージャーに伝えたようだ。

3月には日本代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)2次予選が控えている現状。
長友は「できるだけ早くクラブを見つけます」と、出場機会を得るために新天地を求めることも明かしている。
すでに欧州主要リーグの移籍市場は閉幕しているため、同紙は「日本でクラブを探している」とし、
「FC東京と接触して、このクラブとサインをかわす可能性がある」と、古巣復帰も候補となっていると伝えた。

厳しい状況に置かれている長友だが、2020年はどこでプレーすることになるのか、動向に注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200205-00244981-soccermzw-socc
2/5(水) 18:01配信

ガラタサライ長友 自身の報道に苦言「もうちょっと正しい情報出してくださいな」 

20200205-00000211-spnannex-000-7-view[1]

ガラタサライ長友 自身の報道に苦言「もうちょっと正しい情報出してくださいな」 

20200205-00000211-spnannex-000-7-view[1]

長友佑都、給料1億2000万円を放棄へ。「練習だけで受け取る資格はない」トルコメディア「驚きの決断」 

1: ゴアマガラ ★ 2020/02/05(水) 18:30:33.20 ID:nA8HMdh49
トルコ1部のガラタサライで登録メンバー外となった日本代表DF長友佑都は、今後の半年分の給料に相当する100万ユーロ(約1億2100万円)を受け取らないことをクラブに伝えたという。
『ヒュリイェット』などトルコ複数メディアが5日に伝えた。

長友は冬の移籍市場でのガラタサライ退団が確実視され、イタリアのボローニャへの移籍が合意したとも報じられていたが、移籍市場が閉じる1月末までに新たなクラブは決まらず。
所属する外国人選手が規定の登録人数を上回っていたガラタサライは、シーズン後半戦の登録メンバーから長友を外すことを決定した。

 ガラタサライとの契約を今季終了まで残している長友は、公式戦に出場できなくとも給料を受け取る権利はあるが、
100万ユーロの報酬を放棄する意志をクラブに伝えたという。トルコメディアでは「驚きの決断」「誰もが驚く行動」と報じている。

「これからガラタサライのユニフォームを着ることができないのは残念だが、プロ生活はこういうもの。練習に参加するだけで、
受け取る資格のないお金を受け取ろうとは思わない」と長友はクラブに申し出たとのことだ。

 ガラタサライでこれまで2年間プレーしてきた長友はクラブへの感謝の思いを表し、自身にとって「もうひとつの家のようなもの」だとした上で、
「心配はいらない、すぐにクラブを見つけてできるだけ早く出て行く」との見通しを示したとされている。

 すでに冬の移籍市場が閉じた欧州の他クラブへ移籍することは不可能だが、長友はJリーグに復帰する可能性も噂されている。
「長友は日本でクラブを探しており、FC東京と接触している。おそらくこのクラブとサインするだろう」とトルコ紙は古巣復帰を予想している。

https://www.footballchannel.jp/2020/02/05/post361137/
no title

長友佑都、ショック! ガラタサライで登録メンバー外が決定 シーズン後半戦はプレー不可能 

1: 豆次郎 ★ 2020/02/05(水) 06:53:48.05 ID:1Oa/r6W69
GOAL
2/5(水) 6:17配信

ガラタサライ長友佑都の登録メンバー外が決定…シーズン後半戦はプレー不可能

ガラタサライの長友佑都がシーズン後半戦にプレーできないようだ。

2018年1月にインテルからガラタサライに加入した長友。昨シーズンまでトルコ・シュペルリガ連覇などに貢献した同選手だが、今シーズンはここまで公式戦24試合に出場するものの、優勝争いに絡めないチームとともに低調なパフォーマンスに終始し、度々批判を受けてきた。

これを受け、ガラタサライは今冬の移籍市場でライプツィヒから左サイドバックのマルセロ・サラッキを獲得。ファティ・テリム監督の信頼を失ったとも報じられる長友は、退団の可能性が高まり、イタリアへの帰還などが浮上していたが、最終的に移籍は成立せず、トルコに留まることが決まっていた。

そんな中4日、トルコサッカー連盟は冬の移籍市場終了後の各チームの登録選手リストを公表。リーグの外国人登録枠は「14」で、ガラタサライは2名の国外選手をメンバー外にする必要がある中、シーズン絶望のケガを負って長期離脱中のクリスチャン・ルインダマとともに長友が登録リストから漏れたようだ。

これにより、33歳の日本代表DFが今シーズンの残りをガラタサライでプレーすることが実質的に不可能となった。

このままガラタサライに留まることになれば、飼い殺しの状態となる長友。一部では3月末まで移籍市場が解放されているJリーグのクラブが獲得に動く可能性も報じられているが、同選手はどのような決断を下すことになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200205-00010000-goal-socc
no title

<ガラタサライ・長友佑都>移籍破談で飼い殺し…Jリーグ復帰にも壁 

1: Egg ★ 2020/02/03(月) 20:30:41.09 ID:B9Gp3BXH9
 トルコ1部ガラタサライで“飼い殺し”状態に陥った日本代表DF長友佑都(33)のJリーグ復帰は実現するのか。

 イタリア1部ボローニャとの移籍交渉が破談になり、今冬の欧州内移籍に失敗。トルコ紙「フォトマッチ」など複数の現地メディアによると、冬の市場で戦力補強したガラタサライは外国人選手がリーグ規定の14人を上回る16人に達したため、DFクリスチャン・ルインダマ(26)とともに長友を選手登録から外すことを決定したという。

 このままでは今季終了まで公式戦に出場できないため、移籍が可能な欧州外地域に新天地を求めるしかない。そこで2010年以来となるJリーグ復帰が現実味を帯びているが、交渉は簡単に進みそうにない。在京Jクラブ関係者は「長友側は日本代表への影響も考えて出場機会を重視している。でもレギュラーが固まっているところは多いし、そのへんがどうなのか…」と指摘する。

 J各クラブはシーズン開幕に向けて主力メンバーを固める段階に入っており、特に強豪クラブは左サイドバックに有力選手を抱える。このため、長友を受け入れる余裕はなさそうだが、さらに「(長友サイドが)年俸で妥協するつもりはないようなので、チームバランスも考えると難しい」(同関係者)。

 長友の推定年俸は200万ユーロ(約2憶4000万円)で、Jリーグのサイドバックとしては超破格。そんな条件を用意できる資金力のあるクラブに限られる。人気者だけに日本復帰となれば大きな注目を集めそうだが、果たしてどうなるか。

2/3(月) 16:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200203-01718301-tospoweb-socc

写真
no title

移籍先決まらず…長友佑都はガラタサライで“契約凍結”。登録メンバー外に 

20200201-00360417-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/01(土) 16:07:58.47 ID:6nqEW9yl9
トルコ1部のガラタサライは、同クラブに所属する日本代表DF長友佑都を“契約凍結”とし、公式戦の登録メンバー外とした。
クラブが発表を行ったとしてトルコ『フォトマッチ』など複数メディアが伝えている。

冬の移籍市場でガラタサライを離れる可能性が高くなったとみられ、イタリアのボローニャとの合意報道も何度かあった長友。
だが結局移籍先は決定しないまま、欧州主要国の冬の移籍市場が終了する1月31日を終えた。

ガラタサライはこの冬に新戦力を加えたこともあり、外国人選手の人数を規定の14人以内に抑えるために3人をメンバー外とする必要があった。
ローマからのレンタルで加入していたフランス代表MFスティーヴン・エンゾンジは双方合意による退団を発表(ローマからフランスのレンヌへレンタル)。
加えて長友とDFクリスティアン・ルインダマの2人が登録外となることが決定された。

ガラタサライでレギュラーとしてプレーしてきた長友だが、今季の低調なパフォーマンスによりファティ・テリム監督の構想から外れたと報じられている。
ガラタサライでは2019年最終戦に出場したあと、年明け後初戦のカップ戦にはベンチ入りしたが、その後はベンチメンバーからも外れていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200201-00360417-footballc-socc
2/1(土) 15:46配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索