Samurai Goal

ガスペリーニ


スポンサード リンク





アタランタのガスペリーニ監督が新型コロナウイルス感染を激白…感染者を増加させたCLバレンシア戦前に発症 

20200531-00375416-usoccer-000-1-view




1: 2020/05/31(日) 13:22:38.53
アタランタを指揮するジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していたことを明らかにした。『フットボール・イタリア』が伝えた。

一時は世界で最も感染者が多い国になるなど、新型コロナウイルスの甚大な被害を受けたイタリア。その中でも、アタランタのホームタウンであるベルガモは感染拡大が急速に進んだ都市の1つとされている。

ガスペッリーニ監督率いるアタランタは、新型コロナウイルスの感染拡大が始まっていた中で、チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・2ndレグのバレンシア戦を戦ったが、ガスペリーニ監督はこの試合の前日から症状があったことをイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で明らかにした。

「バレンシア戦の前日に気分が悪くなって、試合の日の午後には悪化していた。写真を見てみると、ベンチにいる私は良い表情をしていない。それは3月10日だった。その後の2日間の夜は全く眠れなかったよ。熱はなかったけど、あるように感じていた」

「トレーニング場の近くに病院があるが、2分ごとに救急車が通る。それは戦場のように感じた。夜にその場所に行くとどうなると思う? 今はいけない。やらなくてはいけないことがたくさんあったんだ」

「症状を良くするということは、自分にとっても冗談のようだった。しかし、一方で私はその方法をついて本当に考えた。それから、3月14日の土曜日に私はここ数年で最も過酷なトレーニングを行った。ランニングマシーンで1時間と、10キロのランニングをした。強くて素晴らしいと感じた」

そう述べたガスペリーニ監督は倦怠感のほか、味覚障害があったことを明らかに。ドンペリを飲んでも水にしか感じなかったようだ。

「その翌日、アタランタのファンでミシュランの星を獲得したシェフから2008年モノのドンペリと食べ物を貰った。しかし、それを食べた時、『これは水だ…』と思ったし、食べ物はパンの味がすると思った。完全に味覚を失っていたよ」

「私はジンゴニア(アタランタの練習場)のトレーニング場に3週間滞在した。トリノの家に戻った時、妻と子供たちとはソーシャル・ディスタンスも常に遵守してきた。発熱は1回もなかったからPCR検査を行わなかったが、10日前の検査で新型コロナウイルスに感染したことを確認した」

「私は抗体を持っているが、免疫を持っているわけではない」

なお、CLで対戦したバレンシアではその後、トップチーム内の35%が新型コロナウイルスに感染していたと発表していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6ed0f123f79e8e06018bb5815739b8dbe72e83ed

長友出番なし ジェノア・ガスペリーニ監督「長友を見られると思っていた。彼がいる事を想定して準備していた」 

1: 名無しさん 2016/04/21(木) 23:09:57.03 ID:CAP_USER*.net
<セリエA:ジェノア1-0インテルミラノ>◇20日◇ジェノア

 DF長友佑都が所属するインテルミラノはアウェーでジェノアに0-1で敗れた。

 後半32分、左CKからDFデマイオに決勝ゴールを決められた。

 長友はベンチ入りしたが出場機会はなく、試合後は「お疲れさまです」とだけ言ってバスへ乗り込んだ。

 ジェノアのガスペリーニ監督は「長友を見られると思っていた。彼がいる事を想定して準備していた。
(左サイドバックが)テレスとは思わなかった」とコメントした。

 インテルミラノのマンチーニ監督は「今日は全員よくやった。だが負ける試合ではなかった」と話した。

 4位インテルミラノは勝ち点を伸ばせず61のままで、欧州CLプレーオフ圏の3位ローマとは残り4試合で7差となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160421-00000107-nksports-socc
no title

インテル長友佑都、ジェノア移籍が有力に? ペロッティとのトレードが迫ると報道…ガスペリーニ監督が、電話で説得 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/19(水) 09:39:41.74 ID:???*.net
'結論はジェノア移籍?'

インテルDF長友佑都の新天地は、ジェノアになるのだろうか。イタリア『スカイ・スポーツ』や
『gianlucadimarzio.com』は、インテルがジェノアMFディエゴ・ペロッティ獲得に近づいていると報じた。そしてトレードで長友がジェノアに向かうという。

インテルのロベルト・マンチーニ監督は以前からサイドアタッカーの獲得を希望している。
ヴォルフスブルクMFイヴァン・ペリシッチを狙ってきたクラブだが、移籍形態や移籍金の支払い方法などで両クラブは合意に達していないと言われているところだ。

そこでインテルがペリシッチの代役として関心を寄せていたのがペロッティだ。ジェノアのエンリコ・プレツィオージ会長は同選手の放出を否定していたが、
イタリアメディアは両クラブがペロッティの移籍について交渉を続けていると報じていた。

そして、そのペロッティのインテル移籍が実現に近づき、交渉には長友のトレードが織り込まれているそうだ。当初、
インテルへの愛情からイタリア国内での移籍に否定的だったとされる長友だが、最近では方針を変えてセリエAの別のクラブへの移籍も受け入れる姿勢と言われていた。

インテルで親しくなったFWアントニオ・カッサーノが加入したサンプドリアも長友への関心が報じられているが、『gianlucadimarzio.com』は、長友がジェノア移籍を受ける姿勢だと伝えている。

『スカイ』の報道として複数メディアが伝えたところによると、かつてインテルでも指揮を執ったジェノアのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、電話で長友を説得したという。

オフシーズンを通じて去就が騒がれてきた長友だが、ジェノア移籍という結論に至るのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150819-00000001-goal-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索