Samurai Goal

ガイドライン


スポンサード リンク





Jリーグに「外食禁止令」も…コロナ対策ガイドライン新項目が浮上 

スクリーンショット 2020-08-04 10.03.54

<Jリーグ村井チェアマン>ガイドライン無視の一部ファンに苦言「サッカーを愛する方では起こりえない行為」 

1: 2020/07/16(木) 22:31:01.22
Jリーグは16日、第7回理事会を行い、村井満チェアマンが報道陣向けのオンライン会見に出席した。

 7月10日から観衆5000人以下の有観客試合がスタートしたが、一部の会場でガイドラインで禁止されている指笛を鳴らす行為や声を出しての応援が発生。

浦和はホームの埼玉スタジアムで行われた12日の鹿島戦で禁止行為があったとして、「このような行為が起きたことは誠に遺憾であり、改め、関係者、Jリーグ、サッカーを愛するすべてのみなさまに、ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び致します」と声明を出すなどした。

 チェアマンは「多くのファン・サポーターの皆様が悲しい思いをされたのではないかなと思います。非常に多くの飛沫が飛ぶ内容だと思います。ファンサポーター自らが仲間を危険にさらす行為。症状がない、健康な方が陽性であることも十分ありえる。そうした行為が起こることは仲間のサポーターが残念に思うのではないか」と苦言を呈した。

 チェアマンは啓発の必要性を強調し、「(禁止行為が行われることで)濃厚接触の範囲が広がってしまう可能性もある。サッカーを愛する方では起こりえない行為。クラブも改善に向かい啓発を行うし、Jリーグも啓発を行う」と語った。

7/16(木) 18:06 スポーツ報知
https://news.yahoo.co.jp/articles/478ae6618bb6c619d30edbc186af9e232d0ee1da

写真
no title

ブンデスリーグ再開に向け”性行為禁止“を含む厳格なガイドラインを制定へ[不要不急の性行為禁止つれーわー] 

news_301260_1




1: 2020/04/27(月) 16:57:55.47
性行為も禁止か…ブンデスが厳格ガイドラインで再開目指す「できること全てを行う」

試合再開を目指すブンデスリーガは万全を期して様々なガイドラインを設定。その中には選手の性行為も禁止する可能性が出ている。26日、英『ザ・サン』が伝えた。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、欧州サッカー界では軒並み自粛ムード。
比較的感染者が少ないドイツのブンデスリーガでも3月13日にリーグ戦中断を決め、現在もそれは続いている。早ければ5月9日の再開を目指している。

いまだに感染の拡大は続いているため、試合開催は厳戒態勢で行われ、無観客試合が濃厚となっている。
さらにドイツ・サッカーリーグ機構(DFL)は細かいガイドラインを設定。ホームチームは自家用車での来場を推奨し、アウェーチームは異なるバスでのスタジアム入りが好ましいと指摘する。
バスは到着時点で消毒を徹底。選手はスタジアムに入る際に体調のチェックが行われる。

さらに、スターティングメンバーとベンチ入りする選手は食事、ウォーミングアップ、更衣室を別々に分け、ミーティングも最小限に。
シャワーも間隔を空けるように推奨されている。試合開始直前も2チームがともに入場することはなく、マスコットも不在。写真撮影や握手、ピッチ入りのタイミングさえも分けられるという。

厳しいチェックはいよいよ選手のプライベートに関するところまで及ぶ。感染の兆候が見られる選手は、パートナーとのキスや性行為も禁止されてしまう。

同メディアは「野心的」とブンデスリーガの徹底したガイドラインを評価。「サッカーを再開するためにできる限りのことをしている。
このガイドラインによって成功したと証明されれば、他のリーグがこのガイドラインに沿ってブンデスリーガの成功に追随できる」と期待を込めている。


20/4/27 10:52
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?301260-301260-fl



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索