Samurai Goal

カーン


スポンサード リンク





「ロナウドを獲っていれば...」元ドイツ代表カーンがブンデスの低迷を嘆く 

38b5e15a81150e66e11d310777218e83
1 2018/09/10(月) 14:41:07.25 _USER9
元ドイツ代表GKでバイエルンOBのオリバー・カーン氏が、ドイツ・ブンデスリーガの国際的な競争力の低下を憂いている。その理由の一つはブンデスリーガのクラブがビッグネーム獲得に動かないことのようだ。カーン氏はドイツ誌「シュポルト・ビルト」に対して、「クリスティアーノ・ロナウドを獲っていれば、ブンデスリーガにとって画期的な出来事になったのに」と語っている。

 カーン氏はブンデスリーガのクラブについて「競技面で、昨季は国際レベルの成功を収められなかった」と指摘。さらにサッカー界の現状について次のように分析している。

「トップスターはスペイン、イングランドでプレーしており、いまやロナウドはイタリアにいる。国外では、ファンはとりわけ絶対的なスーパースターに関心を抱いている」

 さらにカーン氏は「ブンデスリーガのクラブは将来的にトッププレーヤーを獲得することが難しくなるだろう。欧州のビッグリーグには、経済的な理由からビッグネームの放出を余儀なくされるクラブはもうほとんどない」と言及。ドイツ勢はこれまで以上に育成事業に頼らざるを得ないという現状を説明した。しかし、長期的に見ればそれだけでやっていくわけにはいかないと言うのがカーン氏の見解だ。

 さらに同氏が残念と語るのは、バイエルンのようなビッグクラブがロナウドに関心すら示さなかったことだ。

 今夏のバイエルンはフリートランスファーでシャルケからドイツ代表MFレオン・ゴレツカを獲得し、ホッフェンハイムからレンタルバックでドイツ人FWセルジュ・ニャブリが復帰。しかし、地味な補強という印象は拭えず、イタリアの名門ユベントスは移籍金1億1200万ユーロ(約144億円)でレアル・マドリードからロナウドを獲得している。カーン氏はロナウドの移籍についても持論を展開した。

C・ロナウドの計り知れない影響 カーン氏「私だったら、ああいう移籍こそ…」

「私だったら、ああいう移籍こそブンデスリーガにとって非常に重要だと考えただろう。あのクラスの選手なら、ブンデスリーガの魅力を強調してくれるし、彼にとっても面白いリーグなのだとアピールしてくれるだろう」

 カーン氏は、もしブンデスリーガがロナウド獲得に成功していれば、その影響は計り知れなかったと主張している。

「ロナウドのような選手なら、チーム全選手のレベルを引き上げてくれる。ロナウドを獲っていれば、ブンデスリーガにとって画期的な出来事だったのに」

 カーン氏はブンデスリーガの未来を懸念しているが、果たして再びサッカー界で存在感を放つリーグとなるだろうか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180910-00134394-soccermzw-socc

カーンが吠えた!!『ピッチで泣くな!』涙したサラーに苦言を呈する 

hqdefault
1   2018/05/28(月) 07:59:08.91 _USER9
独メディア『第2ドイツテレビ』でコメンテーターを務める元ドイツ代表のGKオリバー・カーン氏が涙を流しながらピッチを去る選手に苦言を呈している。

 現地時間26日、チャンピオンズリーグ(CL)が行われレアル・マドリーはリバプールを3-1で下した。この試合で負傷退場で途中交代となったリバプールのFWモハメド・サラーとマドリーのDFダニエル・カルバハルに対しカーン氏は異議を唱えた。

 両選手は涙を流しながらピッチを去っていった。試合後にカーン氏はその姿に対し「怪我をした選手はいつも泣いている。泣くのはロッカールームでするべきだ」と持論を展開した。

 現役時代は“鋼鉄の男”としてゴールを守っていたカーン氏だが、実は彼自身もピッチ上で泣いているのだ。2002年のワールドカップで決勝まで進んでドイツ代表は自らのミスもありブラジル代表に0-2で敗れた。その際に当時プレーしていたカーン氏はゴールポストに寄りかかって泣いていたのである。

 来月開幕するロシアワールドカップでは果たしてどのような選手の涙がピッチ上で見る事が出来るのだろうか。

フットボールチャンネル 5/28(月) 7:20
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180528-00271406-footballc-socc

C・ロナウドの“露出癖”にオリバー・カーンが言及「最近は妻の胸より頻繁に見る」 

1: 名無しさん 2016/04/11(月) 17:02:54.85 ID:CAP_USER*.net
元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏が、レアル・マドリー(スペイン)FWクリスティアーノ・ロナウドの“露出癖”に言及。
「最近では妻の胸より頻繁に目にする」と述べた。英『デイリー・ミラー』紙、スペイン『マルカ』紙(電子版)などが現地時間10日(以下現地時間)に伝えている。

C・ロナウドは2対1と勝利した2日のバルセロナ(スペイン)との「クラシコ」後、ロッカールームでチームメイトとともに
撮影した写真を「Instagram」上に投稿。同選手はこの際、パンツ一枚の姿でポーズをとっていた。

試合後ということもありセルヒオ・ラモスやペペなど複数の選手も上半身肌だったが、C・ロナウドのみが下半身も曝け出していた。
下着姿での広告モデルも務めるなど、鍛え抜かれた肉体美を頻繁に披露している同選手
この写真以外にも度々Instagram上に上半身裸姿の写真を投稿している。

独テレビ局『ZDF』のインタビューに応じたカーン氏は、C・ロナウドについて「最近では、妻の胸よりも彼の6パックの方が頻繁に目にする」と、不満げに語ったという。
また、ヴォルフスブルク(ドイツ)とのチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでは、同選手やギャレス・ベイルの守備面での貢献が足りなかったと指摘した。

『デイリー・ミラー』では、この発言を受けてC・ロナウドの上半身裸姿の写真を複数掲載。
ソファーでくつろぐ一枚には「トップレスになる必要はない。汗をかいているようだが、冷たいタオルをかけてエアコンのスイッチを入れればいいのでは」
「クリスティアーノなら、Tシャツの一枚ぐらい買えるサラリーをもらっているはずだ」と述べた。

また、屋外でシャワーを浴びる姿には「なぜ屋外で?」と述べ、ポーズを決めているカットには「Tシャツを着よう。それ以外に言葉はない」と厳しいコメントを綴っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000016-ism-socc
ISM 4月11日(月)17時0分配信

no title

no title

オリバー・カーン氏がバイエルンのビダル獲得を疑問視「彼はペップのサッカーに合っていない」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 19:58:23.94 ID:???*.net
過去にバイエルン・ミュンヘンでプレイした元ドイツ代表のGKオリバー・カーン氏は、MFアルトゥーロ・ビダルがグアルディオラのサッカーにフィットするとは考えていないようだ。

バイエルンはMFバスティアン・シュバインシュタイガーをマンチェスター・ユナイテッドへ売却し、ユヴェントスからビダルを獲得した。

シュバインシュタイガーの代役という位置づけだが、同氏は『キッカー』のインタビューに対し、ビダルがバイエルンに合う選手かは分からないと述べている。

「ビダルは確かに優れた選手だ。彼はバイエルンに攻撃力と素晴らしいメンタルを提供してくれるだろう。ただ、グアルディオラの哲学に収まらないようにも感じる。 

グアルディオラが求めるプレイヤーではないように思うね。確かに近年はシュバインシュタイガーにも負傷が増えていたし、ビダルが加入したことで中盤の競争力を保てるのは良い。でも、彼は決してシュバインシュタイガーの代役にはなり得ないだろう」

また同氏は、グアルディオラがマンチェスター・シティの監督に就任するといった噂が流れていることを快く思っていないという。

「彼が2016年の夏で契約が切れることに関し、将来について様々な情報がある。ただし、それはチームにも選手にも迷惑な話だ。重要なのはチームからの信頼であり、今のグアルディオラは少しイライラしているように見える 」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150812-00010015-theworld-socc
no title

オリバーカーンって現代サッカーでも通用するの? 

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 19:27:23.63 ID:GykHfR1g0.net
昔のGKってしょぼそう

no title

カーン氏、ドルトムントのFWインモービレ獲得を疑問視。「コンセプトに合っていない」 

340: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/10/28(火) 13:26:45.96 ID:O98rnpil0.net
カーン氏、ドルトムントのFWインモービレ獲得を疑問視。「コンセプトに合っていない」
http://www.footballchannel.jp/2014/10/28/post53403/
2014年10月28日
 ハノーファーに敗れ4連敗と泥沼に陥ってしまったボルシア・ドルトムント。元ドイツ代表GKオリバー・カーン氏は、その原因の1つがバイエルン・ミュンヘンに移籍したFWロベルト・レバンドフスキの穴が埋まっていないことだと、26日の『スカイ』の番組で語っている。

 番組内で同氏は、昨季ブンデスリーガ得点王であるレバンドフスキに代わるFWの獲得方針について疑問を呈した。

 今季、ドルトムントが獲得したFWは、アドリアン・ラモスとチーロ・インモービレの2選手。カーン氏は、選手獲得について「最適とは言えない」と、コメント。続けて、具体的にインモービレの名を挙げ「ユルゲン・クロップのコンセプトに合っていない」と見解を述べている。

 インモービレは、昨季セリエAの得点王。実力はすでに証明されている。しかし、ドルトムントに移籍してきた今季は、公式戦11試合で4得点。リーグ戦では、9節の時点でまだ2得点と苦しんでいる。

 その同選手に対し、同番組にゲスト出演していたローター・マテウス氏も「ドルトムントの早いテンポで崩すサッカーとは合わない」と、賛同。「インモービレはペナルティエリア内で構えるストライカーだ」と、述べている。

 カーン氏は「ドルトムントに必要なのは、前線を動き回るFWだ」と話すが、そう簡単にレバンドフスキのようなFWが見つかるはずもない。ドルトムントが泥沼から脱出するには、そのインモービレの爆発に期待するしかない。
no title

元ドイツ代表GKオリバー・カーン「ブラジルにワールドクラスいない!!」 

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/07/13(日) 19:54:18.06 ID:???0.net
カーン、ブラジルにワールドクラスいない

[ 2014年7月13日18時26分 ]

 元ドイツ代表のオリバー・カーン氏が、W杯ブラジル大会の3位決定戦でオランダに0-3で敗れ
たブラジルに苦言を呈した。

 ドイツ「ZDF」がカーン氏のコメントを伝えている。

 「ブラジルは単純にクオリティーを欠いた。フッキやオスカルのフィニッシュの精度が低かったの
だ。ブラジルは良い選手を揃えている印象だが、ワールドクラスの選手はいない」

 また、昨シーズンまでBミュンヘンでプレーしていたブラジルMFルイスグスタボについて問われ
たカーン氏は次のように見解を述べた。

 「Bミュンヘンはなぜ、ルイスグスタボを放出したのかよく分かった。彼は良い選手だが、W杯で
も高いレベルのパフォーマンスを見せていない」

 ブラジルはW杯における最後の2試合で10ゴールを許した。同国メディアは、この状況を「災害」
となぞらえているものの、カーン氏はこの状況をプラスに変えるべきだと主張している。

 「ブラジルは最後の2試合で破滅的な結果に終わった。だが、この危機的な状況は今後にとってプ
ラスに作用させる必要があるのだ。今後、どのように改善していくか話し合う必要がある。ユース世
代やコーチの育成、国内のリーグシステムを含めてね。これらの問題に関して責任を負う人は、一新
されるべきだ。そうすることで、ブラジルは改善されていく」【超ワールドサッカー】

http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/f-sc-tp0-20140713-1333936.html
no title

カーン「シャルケは今岐路にたっている」 

874 :名無しに人種はない@実況はサッカーch 2012/11/28(水) 20:50:56.70 ID:64Z2p9Cy0


カーン「シャルケは今岐路にたっている」
親愛なるサッカーファンへ
シャルケはブンデスリーガで3位に位置し、チャンピオンズリーグでは予選を突破した。ポカールでも勝ち残っている。にも関わらずゲルゼンキルヒェンの雰囲気は控えめだ。
1-1でフランクフルトと引き分けた後ホルスト・ヘルトはチームとクラブに対するメディアの報道がひどいと不満をもらした。
マネージャーのテノールによるとドルトムントとバイエルンは非常に賞賛を浴びているが、シャルケに対してはほんの少しの評価だけだということだ。

シャルケは160万ユーロの負債を抱え選手獲得に大きな投資が出来ないのが現実だ。ノイシュテッターとバルネッタはフリートランスファーで、アフェライはレンタルで加入している。
そしてシャルケは若いチームだ。ドラクスラー、パパドプロス、ウンナースタル、マティプそしてホルトビーはまだキャリアの序盤にいる。
彼らのポテンシャルが開花しチームにその力を還元できるかどうかは未知数だ。そういった若い選手達に波があるのは当然のことなんだ。

シャルケの試合は大きく驚かされるものではない
今シャルケがバイエルンやドルトムントさらにはフランクフルトの影にいるのは、ゲルゼンキルヒェンの試合では少しのサプライズしか見られないことが多いからだ。
ステーフェンスは堅実的なスタイルだ。彼は秩序と規律を重要視する。シャルケが90分試合を支配することは稀だ。
また、相手のペナルティエリア付近で素早いコンビーネーションを使い仕掛けていくリベリーやゲッツェのようなタイプのプレイヤーを欠いている。
そしてフンテラールは、決定的なパスを供給していた息のあったラウールを失った。オリンピアコス戦で長い距離のシュートが非常に多かったのは創造性を欠いていた証明だ。
ゲルゼンキルヒェンでは今フンテラールとホルトビーが試行錯誤している。俺はステーフェンスの起用法が最も重要だと考えている。シャルケは今岐路に立っているんだ。
以下略
http://www.bild.de/sport/fussball/oliver-kahn-blog/schalke-steht-am-scheideweg-27371094.bild.html

526939_mediumsquare



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索