Samurai Goal

カズ


スポンサード リンク





53歳カズ伝説 来季もJ1決定で記録を更新 

1: 2020/03/21(土) 17:06:03.84
2020年03月21日 16時40分
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/j-league/1785417/

キング・カズこと元日本代表FW三浦知良(53=横浜FC)の来季が、早くもクローズアップされている。
新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断しているJ1とJ2が特例として今季の降格なしを決定したことで、2021年もJ1の舞台でプレーするからだ。
イレギュラーな形とはいえ、今季13年ぶりのJ1でJ2降格候補筆頭とやゆされていた横浜FCが、クラブ史上初となるJ1残留。
来年2月26日に54歳の誕生日を迎えるカズにとっては、今季中に達成しそうなJ1の最年長記録を翌年にすぐさま更新できる環境が、早くも整ったことを意味する。
その一つがJ1史上最年長出場記録更新。
12年に元日本代表FW中山雅史(52=J3沼津)が歴代1位の45歳2か月1日を達成したが、それが一気に前人未到の54歳となるのは確実だ。
さらには異次元レベルでのJ1最年長ゴール記録更新も不可能ではない。
元ブラジル代表MFジーコ氏(67)が鹿島時代の1994年に41歳3か月12日で決めてから誰も破れなかった大記録が、2年連続で更新されるかもしれないのだから
驚異としか言いようがない。
現在リーグは中断しているが、まずは今季の記録更新に期待がかかる。
カズは「やはりプレーすることが一番好き。その気持ちは全く変わらない。チームのためにピッチの上で全力を尽くして、もちろんゴールも決めたい」とやる気満々。

no title

三浦知良

<信じられない>名古屋のフィッカ監督は同じ52歳カズがうらやましくてしょうがない…伊で同時期にプレー 

1: Egg ★ 2020/02/18(火) 22:01:33.79 ID:Z3R7pnTl9
名古屋グランパスの指揮官が、背番号11を羨望(せんぼう)のまなざしで見つめた。14日のJリーグキックオフカンファレンス、フィッカデンティ監督の取材中に現れたのは、カズ(横浜FC)。2人はお互いの存在に気付くと、笑顔で握手を交わした

 実は、同じ1967年生まれの52歳。同時期にイタリアでプレーしていた縁もあり、長く親交があるという。約20年前に現役を退いた指揮官は「信じられないよ。ずっと抱いていたサッカー選手になる夢が現実になっても、どれだけ続くのか、という話。その夢の期間にずっといられるというのは、うらやましくてしょうがない」と語った。

 一方でフィッカデンティ監督は「彼のような情熱は、私にもある」とも話した。監督とプレーヤーという立場の違いはあれど、サッカーを愛する気持ちは不変。情熱的な指揮官の下、復権を目指すグランパスの20年がいよいよ始まった。

2/18(火) 19:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200218-00010039-chuspo-socc

写真
no title

今年のJリーグは「カズとイニエスタ」頼み “第2のバブル”真っただ中なのに…地味な国内組はキャラ不足 

20200215-00000003-ykf-000-1-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2020/02/15(土) 18:41:05.73 ID:4ZkE3q+s9
今年のJリーグはカズとイニエスタが大看板-。新シーズン開幕に向けて行われる「2020Jリーグキックオフカンファレンス クラブプレゼンテーション」が14日、東京港区のグランドハイアットで開催された。

13年ぶりのJ1昇格となった横浜FCのFW三浦知良(カズ・52)と神戸のMFイニエスタ(35)が壇上でがっちり握手。世界に発信しても十分耐えられる主役の2ショットだ。

両チームは23日の開幕カードで対戦。カズは春季キャンプで古傷の右臀部を痛め、戦列を離れているが「完全(筋肉が)切れていると思ったけど、大丈夫でした」とホッとした表情で話した。
イニエスタについてコメントを求められると「僕がいうべきことではないです」と苦笑い。「ただ日本の選手が一番マネをしたい選手。見本になる選手です」とエールを送っていた。

イニエスタももちろんカズの年齢を熟知した上で「私も52歳までやりたい」とリップサービス。会場では2人が動くとほとんどのカメラマンも移動。その絡みは紛れもなく今季のウリである。

1993年にスタートしたJリーグは開幕時に空前の大ブームになった。しかし今はあの時以上の“第2のバブル”真っただ中。リーグの事業規模は年間269億円(2018年度)を突破した。
17年から10年総額2100億円の超大型契約をした「DAZN(ダゾーン)」の分配金も今年から年間180億円以上が投入される。

アジアや欧州に売り出す「TV放映権」も絶好調だ。2020年から新たに3年契約を更新。過去3年の2倍となる総額20億円の契約が決まったばかりだ。

 もっとも、振り返ってみると、今年は東京五輪イヤー。国内組ではカズとイニエスタを超えるキャラクターは誰もいない。
この2人に頼らざるを得ないJリーガーのキャラ不足は残念ながら今季も継続中である。(編集委員・久保武司)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00000003-ykf-spo

今年のJリーグは「カズとイニエスタ」頼み “第2のバブル”真っただ中なのに…地味な国内組はキャラ不足 

20200215-00000003-ykf-000-1-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2020/02/15(土) 18:41:05.73 ID:4ZkE3q+s9
今年のJリーグはカズとイニエスタが大看板-。新シーズン開幕に向けて行われる「2020Jリーグキックオフカンファレンス クラブプレゼンテーション」が14日、東京港区のグランドハイアットで開催された。

13年ぶりのJ1昇格となった横浜FCのFW三浦知良(カズ・52)と神戸のMFイニエスタ(35)が壇上でがっちり握手。世界に発信しても十分耐えられる主役の2ショットだ。

両チームは23日の開幕カードで対戦。カズは春季キャンプで古傷の右臀部を痛め、戦列を離れているが「完全(筋肉が)切れていると思ったけど、大丈夫でした」とホッとした表情で話した。
イニエスタについてコメントを求められると「僕がいうべきことではないです」と苦笑い。「ただ日本の選手が一番マネをしたい選手。見本になる選手です」とエールを送っていた。

イニエスタももちろんカズの年齢を熟知した上で「私も52歳までやりたい」とリップサービス。会場では2人が動くとほとんどのカメラマンも移動。その絡みは紛れもなく今季のウリである。

1993年にスタートしたJリーグは開幕時に空前の大ブームになった。しかし今はあの時以上の“第2のバブル”真っただ中。リーグの事業規模は年間269億円(2018年度)を突破した。
17年から10年総額2100億円の超大型契約をした「DAZN(ダゾーン)」の分配金も今年から年間180億円以上が投入される。

アジアや欧州に売り出す「TV放映権」も絶好調だ。2020年から新たに3年契約を更新。過去3年の2倍となる総額20億円の契約が決まったばかりだ。

 もっとも、振り返ってみると、今年は東京五輪イヤー。国内組ではカズとイニエスタを超えるキャラクターは誰もいない。
この2人に頼らざるを得ないJリーガーのキャラ不足は残念ながら今季も継続中である。(編集委員・久保武司)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200215-00000003-ykf-spo

<イニエスタ>52歳現役に脱帽!「カズさん凄い」「僕もできるならば52歳までプレーしたいものです」 

1: Egg ★ 2020/02/15(土) 08:23:21.45 ID:vr1LzKEz9
写真
no title

開幕戦での健闘を誓う横浜FCの三浦知良(右)と神戸のイニエスタ

Jリーグは14日、都内で開幕前恒例のキックオフカンファレンスを開催した。リーグ開幕カード別に登壇する中、神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35)は横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)に最大限のリスペクト。23日のリーグ開幕戦での“共闘”を熱望した。

 W杯や欧州CLなど37個のビッグタイトルを手にしてきた魔術師にとっても、日本が誇るレジェンドは別格だった。イニエスタは壇上で並んだカズに最大限の賛辞を贈った。

 「日本サッカー界を引っ張ってきた人。今、僕は35歳だけど、カズさんのサッカーへの情熱はすごい。脱帽です。僕もできるならば52歳までプレーしたいものです。長くやるためにコンディションをしっかりと見ていきたい。カズさんの姿には尊敬しています」

 会話を交わすのは初めて。だがトップを走る者同士が打ち解けるのに、時間は必要なかった。スタジアムが満員になる欧州CLと違い、12日のACLジョホール戦は7256人と寂しい数字だった。イニエスタはカズに「なぜですか?」とサッカー文化の違いについて質問したという。カンファレンスのみの時間では話し足りず、イニエスタは「神戸に来た時には食事にいければ」と誘った。

 「新しいチーム、新しい仲間とかかわりあう中で、自分も成長してきた。今季はそれを踏まえてベストバージョンを見せるよ。リーグ戦は一番大切な挑戦になる。自分のベストなプレーをしたい」

 富士ゼロックス・スーパー杯、ACLと2連勝の幸先良いスタートを切ったが、イニエスタはリーグ戦の重みを口にする。その上で「一緒のピッチに立って、対戦できれば」とカズとの“共闘”を望んだ。順調なら23日にピッチで再会。レジェンド2人が新たなJリーグの開幕を世界に発信する。

2/15(土) 5:30配信

カズ、唯一スパイク登壇「気合いが入りすぎました」 

20200214-02140985-nksports-000-5-view[1]

カズとイニエスタが共演「ムチャス グラシアス」「ドウイタシマシテ」 

20200214-00000076-dal-000-6-view[1]

<横浜FC>本拠地のニッパツ三ツ沢球技場に屋根!林市長が設置計画・・カズの直談判、3カ月で実る 

20200212-00000047-mai-000-1-view[1]




1: Egg ★ 2020/02/12(水) 22:43:29.60 ID:4OEjcusA9
サッカーJ1横浜FCの三浦知良(52)ら全選手が12日、地元の横浜市役所を訪問し、林文子市長らと面会した。三浦は13年ぶりのJ1昇格を決め、2019年12月に同市役所を訪れた際、本拠地のニッパツ三ツ沢球技場(横浜市神奈川区)の改修を要望。これを受け、林市長はこの日、スタジアムに屋根を設ける計画を明らかにした。

 三ツ沢球技場は1955年開場の市の施設で客席に屋根はない。林市長は20年度予算案に調査費を盛り込むと明言。同席した市議会の横山正人議長も「議案は通ると確信している」と述べた。

 前回訪問時、「雨の時にサポーターがびしょびしょになってしまうので協力してもらえたら」とお願いしていた三浦は、屋根設置が実現する可能性が出てきたことを喜び、「チームも順調。(16日の)ルヴァン・カップと(23日のJ1)開幕戦に勝って勢いをつけ、ベスト10入りを目指して1年間精いっぱいやりたい」と決意表明した。

 三浦は1月に左でん部を痛めた。宮崎キャンプで復帰したが、2月6日の練習中に再び痛め、現在は別メニューで調整している。【福田智沙】

2/12(水) 18:29配信 毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000047-mai-socc

横浜FCカズ帰京、精密検査へ「話せる時に話す…」 

20200208-02081160-nksports-000-8-view[1]

<カズ>新型肺炎を心配!選手とのふれあいも一切遮断には疑問 

20200208-02070761-nksports-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2020/02/08(土) 18:16:29.39 ID:KCtFErlY9
 【No Ball、No Life】新型コロナウイルスによる影響が世界的になってきた。隣国日本でも、政府をあげて水際対策を徹底している真っ最中だが、果たしてどこまで効果があるか。そして日本スポーツ界、サッカー界にも、大きな影響を与え始めた。

 先日は、沖縄で開催される予定だったJ1神戸と中国クラブの練習試合が中止になった。「総合的に判断した」というクラブ側の説明だったが、当然、中国選手との接触で新型コロナウイルスに感染する可能性を少しでも減らそうとしたことは想像できる。

 1月末から2月初旬まで宮崎・日南でキャンプを張っていたのが今季J1に昇格した横浜FC。チームで13年前のJ1を知る、ただ一人の男が、元日本代表FW三浦知良(52)だ。キャンプ取材中に、地元の横浜港に停泊する大型客船の話題に触れ、「心配は心配だ。こればかりは、どうすることもできないから…」と憂慮した。

 2月7日、横浜FCがこんな決断を下した。横浜での練習では、サポーターへの対応は一切なしにし、報道陣への対応もしないということ。チーム関係者は「感染を防ぐということです。とりあえずJリーグの開幕日までは、そうなります」と説明した。

 つまり、横浜FCの全体練習は、サポーターなし、報道陣なし…。ファンが楽しみにしている選手とのふれあいも一切遮断するというのだ。今季J1に昇格し、J1のカズを楽しみにしている人も多いだろう。だが、それに応える報道もできないのだ。

 果たして、そこまでする必要があるのか、とは正直、思う。「選手を守りたい」という気持ちはわかる。だが、もっと冷静な判断も必要なのではないか。たとえば「マスク着用を義務付け、握手やサインはしない」という対応もあったのではないか。開幕までの練習を“完全非公開”にして試合だけは「たくさんのサポーターをお待ちしております」では…。

 Jリーグがいよいよ開幕する。このままの流れで感染拡大を防ぐなら、サポーター同士の接触を防ぐため無観客試合、報道陣への接触を避けるために一切の試合後の取材活動をシャットアウト…などということにもなりかねない。それが一番だろうが、よもやそんな決定を下さないよう、お願いしたい。(宇賀神隆)

2/8(土) 15:00配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索