Samurai Goal

カズ


スポンサード リンク





カズ、盟友ビスマルク氏と再会「最近、彼はまったくボールを蹴らない」 

20190316-00000535-sanspo-000-4-view[1]

<Jリーグ>世界に誇る歴史的大記録5選!ギネス認定に色褪せない左足も。燦然と輝く偉業の数々  

columnsv2_38691




1: Egg ★ 2019/03/15(金) 21:51:55.70 ID:pa5ayc5D9
キング・カズ 50歳でゴール
27年目のJリーグが開幕した。四半世紀の歴史を築く中、日本のサッカーは着実に成長を遂げてきた。そして、数々の大記録が生まれている。そこで今回フットボールチャンネル編集部では、多くの記録から5つの偉業をピックアップした。

----------

 Jリーグ史上初の50代選手である三浦知良は、年齢を重ねてもサッカーへの情熱を燃やし続ける。50歳になって迎えた2017年もゴールを記録。自身の持つJリーグ最年長得点記録を更新するだけでなく、後に「ギネス世界記録」にも認定された。

 対象となったのは、前述の17年のゴールで、これが「Oldest professional football player to score a competitive league goal(リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手)」となり、ギネス世界記録認定となった。当時のカズの年齢は50歳14日だった。もちろん、2019年も現役である。

中澤佑二 フィールドプレーヤー連続フル出場
 昨季限りで現役を引退した中澤佑二氏は、Jリーグの歴史に名を残すレジェンドだ。日本代表としても長く活躍し、チームに絶大な安心感をもたらしていた。

 Jリーグにおいて、178試合で連続フル出場を果たした。フィールドプレーヤーでは歴代最多の記録だ。コンディション調整にこだわり、ピッチで常に高いパフォーマンスを披露。監督が代わるたびに信頼を獲得してきた。たゆまぬ努力が大記録を支えたと言えるだろう。

森本貴幸 J1最年少デビュー
 今季、Jリーグでは久保建英が大きな注目を集めている。17歳ながらFC東京の主力としてプレーし、存在感を発揮。そして、若くして話題をさらったと選手と言えば森本貴幸を忘れてはならない。

 2004年に東京ヴェルディでトップチームデビュー。当時15歳10ヶ月6日で、J1において現在も破られていない最年少出場記録だ。さらに15歳11ヶ月28日で初得点をマーク。こちらもJ1最年少記録だ。和製ロナウドと呼ばれた男はセリエAでもプレーし、南アフリカワールドカップにも出場。現在はアビスパ福岡で奮闘している。

中山雅史 連続ハットトリック
 J1歴代得点王の中で、1シーズンに最も多くのゴールを挙げたのが中山雅史である。1998年、ジュビロ磐田のストライカーとしてゴールを量産。

 4月には4試合連続ハットトリックを達成し、これが「ギネス世界記録」に認定された。後にクロアチアの地域リーグの選手に破られたが、当時の中山は抜群の得点感覚を示していた。結局この年、中山は36ゴールで得点王に輝いている。

中村俊輔 直接FK最多ゴール
 その左足で数々の得点を生み出してきた中村俊輔にあって、FKは代名詞の一つだろう。独特のフォームから繰り出されるキックはことごとくネットを揺らす。チャンピオンズリーグでも印象的な直接FKを決めるなど、世界でも実力を示してきた。

 そんな中村はJ1通算直接FK得点ランキングでトップに立つ。ここまで24得点を挙げ、2位の遠藤保仁に7点差をつけている。昨季は怪我の影響もあってフル稼働できなかっただけに、今季は再び輝きを放ちたいところだ。

2019年3月15日 10時0分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/16163319/

52歳のカズ、ベンチ入りも出場なし「ホーム開幕戦に出られないのは悔しい」開幕連敗  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/03/03(日) 16:37:21.26 ID:ju5RvpCr9
「明治安田生命J2、横浜FC0-2山形」(3日、ニッパツ三ツ沢球技場)

2月26日に52歳の誕生日を迎えた横浜FCのカズことFW三浦知良はベンチスタートで途中出場はなかった。

前半26分に山形のFW阪野にサイドからのFKを押し込まれて先制点を献上。後半18分にも、FKからの高いボールを阪野に頭で決められた。

試合後、カズは「「とても残念です。この天気の中、来てくれた(ホームの)サポーターに、勝利を見せられなくて残念です」と悔しさを口にした。

セットプレーからの2発に沈んだ。「この前の長崎戦も今日の2失点もセットプレーなので、もう一度そこをしっかりやっていきたい。
僕、監督じゃないんですけどね。選手同士でも話をしたい」と巻き返しを誓った。

出場も果たせず、「残念ですね。今日はベンチ入りしたけど、ホーム開幕に出られないというのは悔しい。
そこに向けてやってきた部分もあるので。ただ、まだ先がある。しっかりと準備をしていきたい」と前を向いた。

横浜FCは開幕2連敗。横浜FCは守備ラインに日本代表でもMFとして活躍してきた松井大輔を起用した。
山形は今季初勝利。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190303-00000117-dal-socc
3/3(日) 16:10配信

https://amd.c.yimg.jp/im_siggwB5ttglfsdlGu7I5rfYOGQ---x298-y400-q90-exp3h-pril/amd/20190303-00000117-dal-000-3-view.jpg
no title


https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j2/score/2019/2019030303.html
試合スコア

【横浜C】52歳になったカズ ど派手な白のスーツで登場し、「情熱は増している」 

20190227-00000081-sph-000-1-view

皇后さま、キングカズに「いつかお話ししたかった」  

lif1810200013-p1




1: 久太郎 ★ 2019/02/26(火) 21:07:30.32 ID:sq+m5Lln9
お招き頂いて、自分自身の一生の宝物になりました」「すてきな時間でした」――。天皇陛下の即位30年を祝い、26日に皇居・宮殿で開かれた宮中茶会。ラベンダー色のドレス姿で現れた元フィギュアスケート選手の浅田真央さんは、報道陣に笑顔を見せた。

 茶会では両陛下から「今は何をされているんですか」と尋ねられ、「今、全国でアイスショーを回っています」と答えたという。

 そのほか、会場には五輪メダリストら平成を盛り上げた各界の功労者など豪華な顔ぶれが続々と参集し、祝いの席に華を添えた。

 プロスキーヤーの三浦雄一郎さんは、陛下とスキー談議で盛り上がった。陛下は若い頃に東宮御所などでスキーを楽しんだことを懐かしそうに話したという。

 「キング」こと、プロサッカー選手の三浦知良さんは、皇后さまから「Jリーグ元年からずっと見ていて、いつかお話をしたかった。サッカー界をずっと引っ張ってきてくれてありがとうございます」と声をかけられたという。三浦さんは「全力を尽くしてこれからも力の限り頑張ります」と答えたそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190226-00000065-asahi-soci

51歳カズ「19人目」で遠征同行も直前でベンチ外 

20190224-02240543-nksports-000-10-view

キングカズNHK生出演 W杯に出ていたら今も現役?の質問に「続けている」 

20190217-00000144-dal-000-3-view

キングカズ NHK生出演でドーハの悲劇&フランスW杯落選語った「一生消えない」 

20190217-00000144-dal-000-3-view

<カズ>失意のW杯メンバー落選…21年前の真相を激白「岡田さんの顔見た時に自分だと思った」  

5cb2ebcc




1: Egg ★ 2019/02/11(月) 23:02:40.14 ID:wwZHQ6Y19
日本中に衝撃が走ったあの時からはや21年。グアムで自主トレーニング中だったカズを30年来の付き合いになる盟友・北沢さんが訪ねての対談形式で“あの時”について初めてじっくり話し合った。

盟友とはいえ、2学年上のカズに対して緊張感もにじませる北沢さんに対し、カズはいつもの柔和な笑みを浮かべながら対談がスタート。
平成で一番高い買い物は何だったか問われたカズが「マンション。2億7000万円。あの年でよく買ったよね…。25歳(の時)」とサラリと答えるなどなごやかに話は進んだ。

だが、話は徐々に“核心”へ。北沢さんが「僕は岡田監督から(外す)ポジションがないって理由として言われたんですよ」と落選の瞬間を明かすと、カズは「それは同じです。使うところがないって」と打ち明けた。
北沢さん「今だから言いますけど、W杯のメンバーから外れたところで、カズさん、パッと何が浮かんでくるんですか?」

カズ「何が浮かんだかね…」
北沢さん「僕は家族…。親孝行としては親を(W杯に)連れて来るっていうことが…。冷静にいられました?話を聞いた時に」

カズ「もう岡田さんの顔見た時に自分だと思った」
北沢さん「ああ、確かに」

カズ「部屋開けた瞬間ね。その時、どう思ったかなあ…。やっぱり“ドーハの悲劇”のこと、あそこでW杯に行けなかった。W杯(初出場を)決めた。また直前で行けない。ああ~W杯と縁がねえなって。
いろいろ思い出すとね、やっぱりきついよね、あの状況は」

北沢さん「そうですね」

自身の落選を伝えられた北沢さんはその足でカズの部屋を訪ね、そこでカズもメンバーから漏れたことを初めて知った。カズの部屋には、主将を務めていたDF井原正巳(51=現J2柏ヘッドコーチ)とFW中山雅史(51=現J3沼津)の姿が。
2人は言葉を発することもできず、井原は泣いていたという。「(2人は)言葉が出なかっただろうね…。悔しいじゃないですか。今の人にあの頃の外れた理由みたいなの言ってもピンとこない部分てあると思うんですよ。
ただ、外れたんでしょ?って。調子悪かったんでしょ?って。そういう理解じゃないですか、今。調子いい悪い関係なく。W杯たどりつくためにね、(初招集された)90年から7年間、自分たちが中心であの日本代表は来たって思いがあるじゃない?
代表への思い入れ、W杯への思い入れが人より強いと思ってやってきましたから」

代表落選後、2人は極秘でイタリアのミラノに直行。そこで1泊20万円の高級ホテルに宿泊し、カズはW杯への思いを吹っ切るかのように髪を金色に染めてから日本に帰国した。
金髪にした理由について「あんまり意味はない。遊び心的な」と笑うカズ。「ミラノ、雰囲気良かったでしょ?一番高い部屋に2人で泊まっちゃってさ」1泊20万円のホテル代は「サッカー協会に後から請求したら払ってくれたね」と再び笑った。

「魂は置いてきた」の名言は準備してきたのか?という北沢さんの疑問には「瞬発力だよ、あんなの。ホントだよ」と大笑いしながらキッパリ。
「オレ、会見中2度見しましたよ、カズさんのこと」という北沢さんに「絶対人のことは言っちゃいけない。自分のことだけ。今まで一緒にやって来た仲間がね、行くわけだから」と言い切った。

「自分1人だったら、あの時どうなっていたか」と自身を振り返る北沢さんに「行くしかないもんね。先に進むしか」とカズ。北沢さんの「平成でやり残したことは?」という質問には「ないね!特別」と即答するキングカズだった。

2/11(月) 22:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190211-00000154-spnannex-socc

51歳カズの契約延長に各国メディアが驚嘆。「日本のレジェンド」「本当に永遠」 

20190112-00304609-footballc-000-1-view


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索