Samurai Goal

カズ


スポンサード リンク





<カズ、中田は天才なのか?>天才の定義「やっぱり釜本さん、野球なら王さん、長嶋さんクラスでしたよ」 

1: 2020/06/29(月) 07:03:47.39
天才は異端であり天邪鬼だ
no title


天才を育むには、それを見極める眼と環境が要る。バルセロナはリオネル・メッシを、レッドスターはドラガン・ストイコビッチ(愛称はピクシー)を発掘すると、指導スタッフは周知徹底したそうである。

「あいつはいじるな」

 概して天才はバランスが悪い。他競技に目を向ければ、ひとりで計23個の金メダルを獲得したマイケル・フェルプス(水泳)や短距離と走り幅跳びを両立させたカール・ルイス(陸上)などの例があるが、サッカー界で攻守万能な天才は見かけない。

 かつてイビチャ・オシムは言った。

「ロナウジーニョも守備をさせてしまえば、ロナウジーニョではなくなる」

 メッシもロナウジーニョも批判の矛先は「あまり走らない」ことだった。また札幌を指揮するペトロヴィッチ監督も、ある試合後の会見で「小野伸二が全力疾走をするのを久しぶりに見た」とジョークに少し毒を塗した。だが裏返せば、彼らはこれほど運動量が求められる時代に、明らかな減点を相殺してもあり余る価値を創出してきた。そもそも斯界に、素走りが大好きな天才はいない。異次元の緩急で何度も相手を置き去りにしてきたヨハン・クライフも例外ではない。

「人が走るよりボールを走らせればいい」

 やはり球技の天才は、ボールを愛し、ボールに触れることで違いを生み出す。もちろんペレのように「ひとりスルー」でGKを欺くこともあるが、それもボールに触れれば無敵なキングの威圧感が大前提になる。

 さてこれだけ記しただけでも、いかに日本では天才が育ち難いかがわかる。天才は異端であり天邪鬼だ。敢えてコーチの指示とは別の選択をして、それ以上の解決策を見つけ出してしまう。ピクシーは、そこで度量の広い指導者に誉められ続けたから才能が開花した。だが残念ながら日本では、少年時代からチームの勝利が優先され、個々の探求心がへし折られて来た。幼少期からチームへの献身が過度に強調されれば、良い労働者は生まれてもプロで輝く武器は磨けない。

天才はイメージだけで進化した
no title


コーチの指示以上の解決策を見つけ出す。ストイコビッチの閃きは、Jリーグでは異質に映った。(C)Jリーグフォト

 若い世代には伝わり難いが、日本サッカー史上別格の天才は釜本邦茂である。野球一辺倒だった時代に、こんなスーパーアスリートがサッカーを選んだのは奇跡だった。今なら大谷翔平が迷い込んで来るような僥倖に近い。実際釜本は、引退後にセ・リーグで首位打者3度の江藤慎一の野球教室に参加し、現役高校生投手からホームランを叩き込み驚かせたという。江藤は感嘆した。

「やっぱり釜本さん、野球をやっていたら王さん、長嶋さんクラスでしたよ」

 当時180センチ超えは「クマ」に例えられるサイズなのに、柔軟な筋肉、俊敏性、爆発力のすべてを備えていた。元同僚DFの弁だ。

「普通の人は何千本、何万本と蹴って少しだけ上達するのに、釜本は10~15本で出来てしまう。早稲田大学時代は、1年生なのに走る時はいつもビリの方をトボトボ。それでもリーグ開幕戦から4ゴールだから、練習で手を抜いても仕方がないか、と誰も文句を言わなかった」

 かつてバルセロナ時代のボビー・ロブソン監督は「戦術はロナウド」と言い放ったが、まさに当時日本代表の戦術は釜本を軸にしていた。前述の同僚コメントを立証することになるのが、メキシコ五輪を迎える1968年初頭のドイツ留学である。タイミングが悪くチームはウインターブレイク中でオフ。仕方がないので映写機を持ち出し昔の名場面を繰り返し見ていたのだが、この2か月間で「見違えた」と誰もが口を揃える。天才はイメージだけで進化した。そのまま五輪本番では得点王を獲得し、チームを銅メダルに導いたのは周知の通りだ。ボールを蹴り始めてわずか10年あまりでの快挙だった。

 アマチュア時代の日本代表選手たちは、欧州クラブへの練習参加を繰り返していたので、釜本とトップレベルの比較は出来た。

「当時世界最高のストライカーはゲルト・ミュラー。そのミュラーと得点王争いをしていたユップ・ハインケスと比べても見劣りしなかった」(日本代表の同僚だった落合弘)

つづく

6/29(月) 6:03 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/b54d8588e7b83755b5ef3b8766230f336c1b02a1

<中田英寿>現役復帰に意欲?「最近たまにやりたいなと思うことがあります」カズとの対談で飛び出した“本音” 

1: 2020/06/12(金) 23:43:41.82
写真
no title


サッカー元日本代表MF中田英寿氏(43)がナビゲーターとしてレギュラー出演中のJ-WAVE『VOICES FROM NIHONMONO』(土曜後10・0~)の13日放送回に、カズことJ1横浜FCの元日本代表FW三浦知良(53)が出演。

このたび、東京・港区の六本木ヒルズにあるJ-WAVEけやき坂スタジオで番組収録が行われた。中田氏がカズとメディアで語り合うのは2015年にフジテレビ系『ボクらの時代』で同FW前園真聖氏(46)と3人で鼎談して以来、実に5年ぶり。

「ジョホールバルの歓喜」で知られる1998年フランスW杯アジア予選などで代表としてともに戦った兄貴分に、中田氏は驚きの“現役復帰”への意欲ともいえる現在の心境を吐露した。

「先の見えないスポーツ選手が、どういう考えのもとにトレーニングし、メンタルを保っているのか。すごく疑問に思って、これを聞くならカズさんしかいないと思い、お呼びしました」

日本が世界に誇れる工芸・文化・農業・食などを再発見するプログラム『VOICES FROM NIHONMONO』。新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出自粛が段階的に緩和されつつある中、2019年4月の番組開始以来、初めてサッカー選手のゲストとしてカズを招いた理由を、中田氏はこう説明した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によるチームの活動休止中、自宅マンション近くに借りた部屋や、実兄の三浦泰年氏(54)が運営するフットサル場などで自主トレーニングを行っていたというカズ。苦しい日々を経て迎える7月4日のJ1再開を前に「カズさんがJ1で試合に出て、点を取るシーンを見たい」と中田氏にリクエストされると、10歳上の兄貴分は「頑張りますよ。そのためだけにやっている」と即答。ジーコ(鹿島)が持つ41歳3カ月12日のJ1最年長得点記録の更新を約束した。

そんなサッカーへの熱い思いを抱くカズに影響されたように、中田氏の口からは興味深い発言も飛び出した。

「僕も(現役を)やめて、もう14年経ちますけど、最近たまに(サッカーを)やりたいなと思うことがありますね。自分でもびっくりです」

思わぬ告白に、カズも「やっと? ヒデがサッカーをやりたい気持ちになったのはうれしいね」と反応したほど。ただ、2人の間に実は“現役復帰”につながる驚きの約束があったことも明らかになった。それが、カズにとって13年ぶりのJ1の舞台となった2月23日の神戸との開幕戦(ノエスタ)での1日限定契約でのベンチ入りだ。中田氏は「J1に上がったら最初の試合のベンチに入れてねと言っていた」と自ら告白。「でも、オファーが来なかった。コロナが発生して(計画は)流れてしまいましたけど、一緒に並んでベンチに入りたかったですよね」。実現していれば、これ以上なく日本スポーツ界が盛り上がる夢の瞬間になったはずだ。

収録では、カズがコロナ禍に苦しむサッカー界の現状を吐露する場面もあった。中田氏に「これだけ世の中が低迷し、スポンサーも厳しい状況。無観客開催では入場料収入もない。選手たちへの(給料の)支払いについて、クラブからは何か話はあったんですか」と問われると、「今のところ、それはない」と説明した。一方で「これからずっと、サッカーがリスクを考えすぎて無観客でやる状況を続けていけば、お金の話をしてくることは考えられる」との見通しも口にした。だからこそ「DAZNでの放送など、少しでも付加価値を出していくことが大切。やらなければ本当にゼロ。やる努力を続ければ、スポンサーさんたちも納得してくれる」と、先が見えない状況でもトライしていくことが重要であることを強調した。

「J3のオーナーとも話したけど、小さい規模でやっているクラブの方が、まだましという見方もある。大変は大変だけど、大きなクラブはより人件費もかかる」と現場ならではの実状も明かした。「日本だけの問題じゃない。W杯アジア予選も開催できないし」と世界のサッカー界の状況も危惧するカズに、国際サッカー連盟(FIFA)の諮問機関で競技規則などを決める国際サッカー評議会(IFAB)の諮問委員を務める中田氏が「聞いた話では、FIFAはW杯の本大会の放映権料で3年間分くらいの利益を出すらしいですよね。もしW杯がなければ(FIFAは)つぶれる」と危機感を表す場面もあった。

他にも緊急事態宣言下での生活、プライベートでの意外な交流、今後のプランに話が及ぶなど、ここでしか聞けない内容が盛りだくさん。日本文化の世界への発信などに取り組む中田氏と、現役アスリートとしての生き方にこだわるカズ。異なる道を選びながら互いに共感し、リスペクトし合う2人のトークは必聴だ。

6/12(金) 18:03ビクトリー
https://news.yahoo.co.jp/articles/003a37fdbf39e23a17671a86d758ef610177aaf4

カズ&ヒデ、レジェンド対談実現!J1最年長得点記録の更新を約束 

20200612-00000522-sanspo-000-4-view

武田修宏「53歳カズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう」 

20200609-01895139-tospoweb-000-7-view




1: 2020/06/09(火) 17:46:53.78
【武田修宏の直言!!】

 ようやくJリーグの再開日が決まり、少しずつだけどサッカーが動きだしているのはやっぱりうれしいことだね。
プロ野球のほうが先に開幕するけど、Jリーグはすでに再開しているドイツをお手本にして慎重に進めている。
これからも細心の注意を払っていってほしいよ。

 ファンとしては無観客とはいえ、試合が始まるという高揚感はあるはず。でも、選手にかかる負担は想像以上のものがある。
あるクラブのスタッフから聞いたんだけど、今、選手たちはクラブハウスと自宅の往復だけで、食事をともにできるのも同僚や家族だけ。
それに加えて、開幕までに新型コロナウイルスのPCR検査を行う。これがかなりのストレスのようで、開幕までに疲弊してしまわないかが心配だよ。

 もちろん感染拡大を防ぐため、徹底した検査は必要。でも、その選手たちの心身をケアする態勢は整っているの? これはクラブ単位の問題ではなく、Jリーグが中心となって選手たちを「守る」という姿勢を見せてほしい。

 サッカーは相手選手との接触があるスポーツで、どうしても感染の恐怖は消えない。今のJリーグは試合の開催ありきで、選手の本当の気持ちに応えているのかが見えてこないんだ。

 先日、カズ(三浦知良)さんが開幕に向けた意気込みを語っていたけど、一番こういうことに敏感なのは2月で53歳になったカズさんだと思う。もしカズさんがコロナに感染したら、Jリーグはどうするんだろう。余計なお世話かもしれないけど、そんなことまで心配になっちゃうよね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f3363f1c4404628fadbb9b9384b398b804e87726
引用元:東スポweb

依頼
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591532057/153

【横浜FC】「起用するのは僕なんですけど」53歳のカズに下平隆宏監督が期待すること 

20200603-00074255-sdigestw-000-2-view

カズ 再開Jの目標は53歳でのゴール&アシスト「一人カズダンスやりたい」 

1: 2020/06/03(水) 20:41:01.88
カズことFW三浦知良(53=横浜FC)が“一人カズダンス”で再開後のJリーグを盛り上げる。

横浜FCは3日から全体練習を再開し、フィジカルテストを中心に約1時間行った。

 練習後にウェブ上で取材に応じたカズは「(活動休止期間の)室内だけのトレーニングだと分からないので不安でもあった。今日もフィジカルテストがあったが、筋トレとかはやってきていたけどきつかった」と久しぶりの練習を振り返った。そして「7月4日に再開が決まったので、1か月間しっかり準備して、再開のときには、しっかりプレーできるようにベストを尽くしたい」と意気込んだ。

 13年ぶりのJ1で迎える今季は「試合に出て、勝利に貢献する。FWとしてゴールをする、アシストをする」と53歳でのJ1得点に目標を定めたカズ。コロナ禍によりゴールパフォーマンスでは他の選手との接触を避けることが求められるが「ゴールしたらカズダンスはやりたい。無観客でも、チームメートとみんなで喜ぶこともできないけど、一人カズダンスをやりたい」と単独での披露するつもりだ

2020年06月03日 14時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/j-league/1885650/


no title

【1998年6月2日】「外れるのはカズ、三浦カズ」まさかのW杯メンバー落選 今なお続く論争 

20200602-06010132-sph-000-3-view

【1998年6月1日】W杯メンバー落ち前日 「背番号11」カズが魂のハットトリック 

20200601-05310015-sph-000-3-view

<堂安律>東京五輪OA枠に来年54歳のカズを推薦!「背中で語れる選手」フジ宮司アナ「ええ~っ!すごい…」 

1: 2020/05/10(日) 19:42:47.37
1年延期された東京五輪世代でもあるサッカー日本代表MF堂安律(21=PSVアイントホーフェン)が9日、フジテレビ「S―PARK」(土曜深夜0・35、日曜後11・15)にリモート出演。東京五輪のオーバーエージ枠に、Jリーグ最年長選手のカズこと元日本代表FW三浦知良(53=横浜FC)を指名する場面があった。

 ネット回線を通じた宮司愛海アナウンサー(28)とのインタビュー。東京五輪が1年延期されたことについて率直な気持ちを聞かれ「今まで1年間、2年間、そのためにやってきたっていうのがあったので驚きはありましたけど、今は本当に考え方を変えて、モチベーションをキープというよりもむしろ自分のコンディションを上げてやろうという気持ちでいますね」と答えた堂安は他国リーグでプレーする選手で連絡を取っている人はいるのか聞かれると、日本代表の先輩でもあるDF長友佑都(33=ガラタサライ)やDF吉田麻也(31=サンプドリア)の名前を挙げた。

 そして、東京五輪のオーバーエージ枠で入ってほしい選手を問われると「やっぱりチームを引っ張ってくれる、鼓舞してくれる、背中で語れる選手っていうので言うと…」と条件を挙げた堂安は「三浦知良選手なんて…(いいのでは)」と日本代表と五輪代表を兼任する森保一監督(51)より2学年上で、来年2月には54歳になるカズを指名。思わず「ええ~っ!すごい…」と声をあげた宮司アナが「ものすごく意外な方ですけど…見てみたい」と受けると、堂安は「ですよね。皆さん、これ、1年後もしカズさんが出てたらすごいことですから」と笑顔だった。

5/10(日) 18:34配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200510-00000187-spnannex-socc

写真
no title

<カズ、中田、中村、本田…>セリエAを彩った歴代日本人選手の「リアル評」は?―― イタリア人記者に訊く 

1: 2020/05/07(木) 23:23:44.04
●1試合プレーするごとにスポンサーが金を払う

1993年夏に“キングカズ”がジェノアと契約して以来、のべ12人の日本人選手がセリエAでプレーしてきた。
メディアやファンの目も厳しいこの世界屈指のリーグで、ジャポネーゼたちはいかなる印象を与えたのか――。ベテランのイタリア人記者に訊いた。

―――◆――◆―――

もしイタリアのどこかのチームが日本人GKを獲得していたならば、セリエAでプレーした日本人選手だけでひとつのチームが作れたはずだ。それもなかなか豪華な。
イタリアに好印象を残していったサムライは少なくない。中にはその実力を発揮できずに去っていった者もいたが、それでも真面目さ、プロフェッショナル精神、向上心はイタリア人の心に残り、チームメイトたちに良い影響を与えた。
日本の伝統的な教育の賜物だろう。

最初にイタリアにやって来た日本人は三浦知良(現・横浜FC)だった。1993年当時のジェノアの会長アルド・スピネッリは、ヴェルディ川崎でプレーするカズの姿を見て感銘を受けた。そのテクニック以外にも魅力的な点があった。
イタリアではジェノバ人は一般的に“ケチ”“金に汚い”と言われているが、スピネッリもその例に漏れない。彼が三浦獲得を決めたのは、ジャパンマネーを見越してだった。1試合プレーするごとにスポンサーが金を払う――。こうして契約は成立した。

結局、三浦は21試合に出場して1ゴールを決め、スピネッリは“円”を手に入れた。1シーズンで契約は終了し、日本のスターは去っていた。しかし、残した功績は小さくない。このパイオニアのおかげで“壁”は取り払われた。
イタリア人にとって、それまで日本はサッカー未開の地だった。「世界最高峰」を謳っていたセリエAとは無縁のものだと考えられていた。その概念を打ち壊したのが、このストライカーだったのだ。
おかげで、98年夏に中田英寿がイタリアにやって来た時、「寿司がピザの国に何をしに来たのか」とは、決して言われなかった。おかげで若き司令塔はサッカーに集中することができた。

それにしてもヒデは本当に優秀だった。残留できれば御の字のペルージャでのデビュー戦で、ユベントスを相手に名刺代わりの2ゴールを奪ったインパクトは絶大だった。今でも多くのイタリア人があの時の衝撃を覚えている。
翌シーズンの途中に移籍したローマでは、2年目に歴史的スクデット獲得に貢献。イタリアでプレーした日本人の中で、間違いなくもっともレベルの高い選手だった。
ライバルだったバンディエーラ(旗頭)のトッティがいなければ、ヒデはローマでもっと活躍できたはずだ。それでも、残した印象はこれ以上ないほどポジティブだった。カズが壁を壊し、ヒデが日本人選手のイメージを変えた

5/6(水) 6:41配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200506-00072816-sdigestw-socc

写真
no title


1 Egg ★ 2020/05/06(水) 09:32:43.73
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1588725163/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索