Samurai Goal

カズ


スポンサード リンク





カズ“母校”静学にご褒美グアムV旅行計画「感動しましたっ!」 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/15(水) 05:37:46.33 ID:1huiHPBf9
横浜FCのFW三浦知良(52)が全国高校選手権を制した“母校”静岡学園に「グアム島V旅行」をプレゼントする計画を明かした。
14日、自主トレ先のグアムから帰国した。到着した成田空港では「感動しましたっ!プロも頑張らないとね」と満面の笑み。優勝の余韻を楽しんでいた。

南国グアムでもカズは共に戦っていた。決勝の前半終了時はプールでリカバリー中。「0―2で負けてたので一度盛り上げようとプールサイドで校歌を歌いました」。
その後はスマートフォンでチェック。後半の大逆転には思わず「ウオーーッ」と叫び声を上げ、優勝の瞬間は「もう一度、校歌を歌いました」。母校愛にあふれていた。

当然“ご褒美”も弾む。「グアム旅行も含め、できれば皆さんのご希望に沿えるようにしたいね」とニヤリ。
実は93回大会で8強に進出した際、優勝したら2泊3日のグアムV旅行プレゼントを公言しており実現すれば6年越しとなる。
ただ高校3年生は進路もさまざま。静学OB会や関係者にも配慮しながら最終的に同OB会幹事の川崎FのMF大島らと相談して詳細を決める意向だ。

高校1年の途中でブラジル留学したカズだが、静学スタイルは原点の一つ。
「(専属マッサーには)“よく校歌を覚えてますね、8カ月しか在学してなかったのに”と言われました(笑い)。エネルギーにしたいね!」。
フィリピンの噴火の影響で帰国が1日遅れたが、体調も万全。13年ぶりのJ1へ、キングが最高の力水を得た。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00000024-spnannex-socc
1/15(水) 5:30配信

no title

no title

no title

カズが契約更新 53歳でJ1の舞台へ「サッカーを楽しむ気持ちと感謝を忘れずに」3試合0得点 

20200111-00000025-mai-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/11(土) 13:23:44.92 ID:32IcgLwg9
13季ぶりにサッカーJ1に復帰する横浜FCは11日、元日本代表FW三浦知良(かずよし)(52)との契約を更新したと発表した。
2月26日に53歳となる三浦は現役最年長のJリーガーで、プロ35年目のシーズンに挑む。

横浜FCは三浦の背番号「11」にちなみ、11日午前11時11分に発表した。三浦にはJ1最年長出場、最年長ゴール記録が期待される。

三浦はクラブを通じ、「チームのJ1定着という目標に向けて、日々努力を重ねる中でも、サッカーを楽しむ気持ちと感謝の気持ちを忘れずに、チームの勝利に貢献できるよう頑張ります」とコメントした。

J1は2月21日に開幕。横浜FCの初戦は同23日で、元スペイン代表のイニエスタを擁する神戸とアウェーで対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200111-00000025-mai-socc
1/11(土) 11:14配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/291/296
成績

カズ 母校4強進出祝福 Vでキング流ご褒美用意 

20200106-00000031-spnannex-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/06(月) 06:14:44.22 ID:3TVY/duB9
横浜FCのFW三浦知良(52)が“母校”静岡学園の4強進出を祝福、優勝すればキング流のご褒美を用意することを約束した。「あと2回。伸び伸びプレーして優勝してほしい。ご褒美?考えとくよ。言うのはやめよう。前回、それで負けてるからね」と笑った。

実は5年前も静学は8強に進出。その際、カズは「優勝したら2泊3日でグアムV旅行に招待するよ」と公言した。だが直後に敗退。ご褒美の内容を明かさないのは、キング流の願掛けなのだ。

一方、自主トレはこの日も早朝から3部練習。ピッチでは大音量で流した田原俊彦の「抱きしめてTONIGHT」、美空ひばりさんの「愛燦燦(さんさん)」などのヒット曲に乗り、軽快な動きを披露。
プーマ社のスパイクもハード、ソフトタイプの2種類を試すなどシーズンへ着々と準備を進めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000031-spnannex-socc
1/6(月) 5:30配信

<カズ>52歳プロ35年目「僕のルーチン」朝5時から練習!キングの朝は、早すぎた 

1: Egg ★ 2020/01/05(日) 07:50:18.20 ID:T/54s1xX9
今季、13年ぶりのJ1の舞台に臨む横浜CのFW三浦知良(52)が、自主トレ先のグアムで本格的なトレーニングをスタートした。早朝5時40分の体幹トレから始まり、スパイクを履いてボールを扱うなど、早朝・午前・午後の3部練習を敢行。例年より早いJ開幕に備え、直近5年間で最速の“始動”となったプロ35年目のキングの一日を、田中雄己記者が「見た」。

 キングの朝は、早すぎた。午前5時20分に起床し、自室で体幹トレを済ませたカズが現れた。午前6時前。辺り一面真っ暗で1メートル先すら見えない暗闇の中、同行するJ2松本のDF田中隼磨(37)やスタッフらと黙々と始めたランニングでは、気配と足音だけが響いた。「少し抑え気味に」と言いながら、途中激しいスコールに見舞われてもペースは乱れず。設定タイムで4・15キロを走り終えた。

 長年、自主トレに帯同するスタッフの一人は「明日同じ時間に来ても、カズさんは同じことをしている。1分も違わずに繰り返している」。昇り始めた日差しは、後光のようにすら感じた。

 Jクラブ在籍選手にとって今はオフの真っただ中。多くの選手が体を休めるが、カズは違う。シーズン中にはできない体づくりをすることに重点を置き、今季は「2月にはギアを上げていくよ」。例年より早い開幕(ルヴァン杯・2月16日、J1・同21日)をにらみ、17年目を迎えた恒例のグアムトレの始動を早めた。

 プロ35年目。日本サッカー界のパイオニアとして積み重ねたキャリア、経験、スター性。カズを構成する要素は数えきれないが、尊敬してやまないMF松井大輔(38)=横浜C=や中村憲剛(39)=川崎=らは「何より気力」と口をそろえる。

 この日もそうだった。約11時間をまたぐ3部練習はもちろんだが、屋外のメニューでは今季初めてスパイクを履き、満面の笑みでボールを蹴った。午後のジムワークではトレーニング器具のわずかな間をドリブルで移動した。片時もボールから離れたくない。52歳のレジェンドが、初めてサッカーボールを手にした少年のように見えた。この変わらぬ情熱が、気力の源。「3部練習? 全く長いとは感じないね。同じことを繰り返していく。これが僕のルーチンだから」。35年目もキング健在。“らしさ”詰まった本格始動となった。(田中 雄己)

 ◆カズとグアム

 ▽サッカー 14年1月。広島の佐藤寿人(現・千葉)に自身のJ1得点記録に並んだ際にカズダンスを“許可”。佐藤は「Jリーグ開幕(93年)は小学6年生で、当時カズさんのマネをしていた」と大喜び。

 ▽野球 15年1月。ソフトバンクの松中信彦と遭遇。「試行錯誤して乗り越えれば自分の居場所が見つかる」と助言を送り、感謝される。

 ▽陸上 16年12月~17年1月。リオ五輪陸上男子400メートルリレー銀メダルの山県亮太と出会い参考にできるレベルではないけど刺激を受けた」。

 ▽水泳 19年12月。アーティスティックスイミングの日本代表と対面。「夜遅くまで監督の声が聞こえた。自分たちは100分の1ぐらい(の練習量)で、過酷なんて言葉に出してはいけない」と気合。

 ▽番外編 10年1月。成田空港から出国する際に、間違えて、りさ子夫人のパスポートを持参。「中身を確認しないで来たから、取り違えちゃったよ」と一度帰宅し、12時間後に機上の人に。

1/5(日) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-01040246-sph-socc

写真 no title

<カズ>53歳シーズン始動!「先発してゴールしてチームの勝利に貢献して1分でも長くピッチに立っていたい」 

images




1: Egg ★ 2020/01/02(木) 19:41:08.51 ID:vjOos7Pv9
横浜FCの三浦知良選手が静岡市の母校で新年恒例の初蹴りに参加し、13年ぶりとなるJ1の舞台でゴールを誓いました。

プロ35年目のシーズンを迎える三浦知良選手。母校・静岡市立葵小学校で1年をスタートしました。三浦選手「このグラウンドで育ったし、サッカーを始めた自分自身の原点はこの城内FCにある」。

三浦選手が小・中学校時代に過ごした城内FCの初蹴りには、選手やOBら300人以上が参加しました。来月の誕生日で53歳となる三浦選手ですが、中学生との試合では卓越したテクニックを披露。

豪快なミドルシュートを突き刺すなど4ゴールを挙げました。

所属する横浜FCは昨シーズンJ1昇格を決め、今年はキング・カズが2007年以来、13年ぶりにJ1の舞台に戻ってきます。三浦選手「やっぱりJ1の舞台で先発してゴールして活躍して、チームの勝利に貢献して1分でも長くピッチに立っていたい」。

静岡朝日テレビ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00010002-satvv-l22

JFLクラブが興味も…移籍話を頓挫させるキングカズの給料保証 横浜FCの年俸4000万円を保証してほしい 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/29(日) 09:33:41.23 ID:kBv9wAgW9
【2019年スポーツ界「忖度」で埋もれたアノ話】

J2の横浜FCが2020年シーズンのJ1昇格を決めた。07年以来、実に13シーズンぶりの快挙である。

ところが、所属クラブのJ1昇格に浮かない顔の選手がひとり……。御年52歳の三浦カズである。 

J1の自動昇格が決まった11月24日の愛媛戦でカズは後半42分に交代出場。自身の持つ<J2最年長出場記録を52歳8カ月29日>に更新した。
もっともカズの今シーズンの出場は3試合のみ。
100%戦力外にもかかわらず、自他ともに認める<サッカー界のキング>の出処進退は「カズ以外に決められない」(J関係者)。

カズ本人は<生涯プロ>を公言しているが、さすがにフィジカルの衰えを実感。
今シーズン途中に「プロ契約ならJリーグにはこだわらない。(J4に相当する全国アマチュアリーグ)JFLでもかまわない」と周囲に漏らしたという。 ところが――。

「客寄せパンダにはなるし、カズを欲しいと思っているJFLもいくつかある。でもカズが<横浜FCの年俸4000万円を保証してほしい>と口にしたことでオファーは来なくなった」(前出のJ関係者)

かくしてカズは20年、J1で晩節を汚すことになりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191229-00000018-nkgendai-socc
12/29(日) 9:26配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/123000/122078/news_122078_1.jpg

カズ「13年ぶりJ1」本田圭佑「10年ぶりオランダ」試合後コメントの差  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 06:45:58.08 ID:2ZTQFpFn9
“キング・カズ”こと三浦知良(52)が所属するJ2横浜FCが、11月24日の試合で勝利し、13年ぶりにJ1復帰を決めた。来季もし彼が試合に出場すれば、中山雅史が持つ45歳2カ月1日のJ1最年長出場記録を大幅に更新する。ゴールを決めれば、かのジーコが持つJ1最年長得点記録をも塗り替えることになる。

 実のところ、カズは今季2試合しか出場していなかった。それでも、J1昇格を決めた一戦では後半42分から途中出場。子供のような年齢差のチームメイトたちと喜びを分かち合った。

 同じ日、オランダの地では本田圭佑(33)が久しぶりにピッチに立った。オランダでのプレーは10年ぶり。リーグ公式サイトは〈カイザー(皇帝)ケイスケの復活〉と伝えた。ただ、先発出場した本田は、実戦から半年遠ざかっていた影響か、見せ場を作ることができずに後半36分で交代。チームも0-2で敗れた。

 片や長年チームメイトと辛苦を乗り越えての勝利、片や新たなチームに合流していきなり敗戦、と状況は異なるわけだが、試合後のコメントも対照的だった。

「カズは“今日のピッチもそうですけど、みんなに立たせてもらったなという感じがしますね”と、チームメイトに感謝の言葉を述べました。一方の本田は“チームが自信をなくしてしまっている。僕は自分のことを知っているし、どうやってチームを助けるかも知っている”と相変わらずの上から目線でした」(スポーツ紙サッカー担当記者)

 ともに日本サッカー界において一時代を築いた“キング”と“カイザー”。キャラは違えども、いつまでもファンの心を虜にしてほしいものである。

12/7(土) 5:56配信 ディリー新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00596320-shincho-socc

写真
no title

セルジオ越後からキングカズへ「傷ついたキングになるな」  

20191205-01102620-playboyz-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/05(木) 14:38:02.81 ID:1Q8SgBQo9
サッカー解説者のセルジオ越後が13年ぶりにJ1昇格を果たした横浜FCの三浦知良について言及した。

― 戻ってくるカズに期待すること

1分でも多く試合に出て貢献することがカズだけじゃなくプロに求められること。普通だったらこれだけ試合に出ていない選手は戦力外になるはずですよ。これがプロの厳しさ。

これまでの彼の功績を混ぜればいくらでも繋げられるけど、プロってなんだろうと。横浜FCには試合に出て戦力外になるかもしれない選手がもっといる。

プロってなんだろう。カズは年齢を超えて色々と記録を作っているけど、いくらカズでもプロの選手は試合に出なくてはダメ。今シーズンは怪我をしていなくてもベンチ入りしなかった。身体は正直だからそんな簡単では無い。

ただシンボルとして彼があそこにいるのはね、すごく大きい。でもシンボルっていうのは選手だけじゃなくても十分できるんじゃ無いかと思いますね。

他の選手のメリットを全部カズが受けるのはどうなのかな。彼には責任ないんです。これは日本のメディアが悪い。世界中のサッカー界でありえないことがおこっているんですよね。ありがたみと現役プロは全然違うんですよね。
サッカー界は彼の銅像を建てていいと思う。JFAのミュージアムのヒーローとして入ってもいい。

やっぱり出ている時と活躍していた時と今は全く違うカズ。もう一つ、彼を上回るネームバリューのある選手が不足しているという原因もあるんじゃないかな。

― J1昇格が決まった後、カズとどんな話を?
この前あるイベントでカズに会って、「自分が来年どこか公認のチームを作ってプロとして5分出るからカズの記録破るよ。」って言ったら、笑いながら「セルジオさんだったら俺は認めてやるよ。」って言われた。それが記録ですよ。

そういう傷ついたキングになってほしくない。みんなが活躍したメリットを全てカズに持っていくのは本人も希望していない。カズがメディアの売り上げの人形になってしまったら傷ついてしまうと思います。

カズはプロ。良い時、悪い時、何を聞いても怒らない。僕に一回「必要なことを言ってくれるのはセルジオさんくらいだな。」って話してくれたことがある。みんな、カズにペコペコするから自分に何が足りないのかわからなくなっちゃうって。

― カズに今言いたいこと

J1に上がったという気持ちとか色々あると思うけど、自分の記録を伸ばすためにサッカーをやってはいけない。去っていく時期は誰にでもありますから。どのプロでも試合に出られなくなったら時が来たということを覚えておいてほしい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00010002-tvtokyos-socc
12/5(木) 11:46配信

52歳カズ「J1定着のため準備したい」俊輔らと横浜市長を表敬訪問、三ツ沢改修を陳情  

201912030000330-w500_0[1]




1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/03(火) 18:45:37.86 ID:z5XQfAfm9
 
 サッカーJ1への13年ぶりの昇格を決めたJ2横浜FCのカズこと三浦知良(52)、中村俊輔(41)らが横浜市の林文子市長を表敬訪問し、来季への意気込みを語った。

写真など詳細はリンク先をご覧ください。

52歳カズ「J1定着のため準備したい」俊輔らと横浜市長を表敬訪問
https://mainichi.jp/articles/20191203/k00/00m/050/126000c
毎日新聞 2019年12月3日 14時48分(最終更新 12月3日 14時48分)


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★243
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575295613/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

横浜FCカズが官邸訪問、地元選出の菅官房長官にJ1昇格を報告 

20191127-00000066-mai-000-1-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索