Samurai Goal

オーストリア


スポンサード リンク





日本代表、遠征先オーストリアがロックダウンもメキシコ戦開催の方向 指揮官明かす「準備している」 

1: 2020/11/16(月) 19:52:20.37 _USER9
森保監督がメキシコ戦に向けた公式会見に臨む
日本代表の森保一監督【写真:AP】

 日本代表の森保一監督は16日、オーストリア・グラーツで行われる国際親善試合メキシコ戦(17日/日本時間18日)に向けて、公式会見に臨んだ。現地ではオーストリア政府から17日から3週間のロックダウン(都市封鎖)が指示されたが、指揮官は「試合をさせてもらえるということで準備をしている」と説明した。

欧州では新型コロナウイルスの感染拡大が広がるなか、オーストリアでは11月から夜8時から朝6時までの夜間外出禁止措置を実施していた。だが、感染拡大は止められず、同国は欧州でも感染率が高くなっている。これを受け、同国の政府は日本代表戦が行われる17日から3週間のロックダウンが決定。それでも、現時点では開催の方向で調整を続けていると森保監督は説明した。

「私たちもその状況は確認している。もともと活動ができるのかとも思っていたし、第1戦(パナマ戦)もどうなるかというなかでやらせてもらった。より規制が厳しくなるという話を関係者からは聞いているが、現在のところでは試合をさせてもらえるということで準備をしている。現場は直接的に情報交換をするわけではないので、まずは試合に向けた最善の準備をして、関係者に対応をしてもらう形で準備している」

 13日のパナマ戦では3バックを採用して、MF南野拓実(リバプール)のPKで1-0の勝利を掴んだ。次のメキシコはFIFAランク11位、ワールドカップ(W杯)でも自国開催の1986年大会でベスト8入りを果たした後、7大会連続ベスト16入りを果たしている強豪だ。森保ジャパンにとっても来年3月以降のW杯予選に向けて貴重な強化試合。選手にとっては、いつも以上に緊張感ある一戦となりそうだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/107abd003bfb41ee820bb436f284fa05481d3a60
no title

日本代表、オーストリア遠征の国内組招集見送りへ 帰国後の離脱に森保監督「難しい」 

スクリーンショット 2020-11-03 11.41.25

オーストリア1部第6節 北川航也、2試合連続の1ゴール1アシスト!ラピド・ウィーンは3-1勝利で無敗維持 

1: 2020/11/02(月) 03:41:32.08 _USER9
【ラピド・ウィーン 3-1 ラインドルフ・アルタッハ オーストリア1部第6節】

 オーストリア1部リーグ第6節、ラピド・ウィーン対ランドルフ・アルタッハが現地時間1日に行われた。ホームのラピド・ウィーンが3-1の勝利を収めた。

 ここまで4勝1分と2位に位置するラピド・ウィーンはホームにアルタッハを迎え撃つ。前節は1ゴール1アシストの活躍で勝利に貢献したFW北川航也は2試合連続のスタメン入りとなった。61分までプレーした北川は1ゴール1アシストを記録した。


 22分にクナスミュルナーのゴールをアシストした北川が、今度は自らゴールを決める。54分、右サイドで受けたシックが中央にグラウンダーのクロス。北川がダイレクトで合わせてチームの2点目を決めた。北川はこれで2試合連続の1ゴール1アシストとなった。

 その後リッツメイヤーのゴールでリードを3点に広げたラピド・ウィーンだったが、ステフェルに決められ1点を返される。しかし、ラピド・ウィーンの失点はこの1点のみ。ラピド・ウィーンが3-1の勝利を収め、リーグ戦無敗を維持している。

【得点者】
22分 1-0 クナスミュルナー(ラピド・ウィーン)
54分 2-0 北川航也(ラピド・ウィーン)
81分 3-0 リッツメイヤー(ラピド・ウィーン)
83分 3-1 ステフェル(アルタッハ)

https://news.yahoo.co.jp/articles/44493aa0cf2c48c390df69432ae5cf773019c4d8
11/2(月) 0:27配信

no title

北川航也が今季2ゴール目 オーストリア1部リーグ 

スクリーンショット 2020-10-26 10.11.28




1: 2020/10/26(月) 09:07:33.52 _USER9
 サッカーのオーストリア1部リーグで25日、ラピッド・ウィーンの北川航也はアウェーのウォルフスベルク戦で1―0の前半35分にゴールを決めた。今季開幕戦以来の2点目。後半30分までプレーし、チームは4―3で競り勝った。(共同)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f52ca7303980491c46b48c337f13b197a0b17339
10/26(月) 9:00配信

日本代表、11月のメキシコ戦が決定 オーストリアで開催・・・7度目の対戦(日本が1勝5敗と負け越し) 

1: 2020/10/14(水) 12:32:54.14 _USER9
日本代表、11月のメキシコ戦が決定 オーストリアで開催…2013年以来7度目の対戦へ
2020.10.14


日本代表はオランダ遠征に続き、欧州でのテストマッチ実施

 日本サッカー協会(JFA)は14日、現地時間11月17 日にオーストリアでメキシコ代表と国際親善試合を行うと発表した。日本とメキシコの対戦は2013年以来7度目で、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での開催となる。

 メキシコ代表はすでに11月14日に韓国代表と対戦することが決定していた。現地メディアでは事前に「アジア大陸最強の2チームと対戦するプランを見据えている」として韓国以外にカタールと日本が候補として報じられていたが、日本との対戦が決まっている。


 日本とメキシコは過去に6度対戦し、日本が1勝5敗と大きく負け越している。最後の対戦は2013年のコンフェデレーションズカップのグループステージ第3節で、この時はメキシコが2-1で勝利していた。

 日本代表の森保一監督はメキシコとの一戦について「ボールを大事にするスタイルや選手たちの献身性など目指すべきものが重なる相手との戦いは日本代表にとっても多くの実りを得る試合となるはずです。伝統あるチームを相手にしますが、リスペクトしつつも、自分たちの持っている力を出し切れるようにこれから準備を進めたいと思います」とコメントを発表している。

 日本代表はこの10月に欧州遠征でカメルーン、コートジボワールのアフリカ勢と2試合を戦い、1勝1分に終わった。初のオール海外組で臨んだ今年初の代表活動に続き、来月も欧州でテストマッチを行うことになる。


(Football ZONE web編集部)
https://www.football-zone.net/archives/288161
no title

<北川航也(ラピッド・ウィーン)>オーストリア・ブンデスリーガ開幕戦でゴール!14分の出場で結果を残す... 

スクリーンショット 2020-09-12 14.49.05




1: 2020/09/12(土) 06:22:10.87 _USER9
ラピッド・ウィーンFW北川航也が、今季のオーストリア・ブンデスリーガ開幕戦でゴールを挙げた。

11日に開幕を迎えたオーストリア・ブンデスリーガ。ラピッド・ウィーンはホームにアドミラを迎えた。序盤から主導権を握ると、開始8分に先制点を記録。その後も43分、72分と追加点を奪って突き放すが、80分に1点を返される。

それでも後半アディショナルタイム、ゴール前にフリーで飛び込んだ北川は右サイドからのクロスを丁寧に合わせ、チーム4点目を記録。76分からの出場で、今季初ゴールを奪った。試合は4-1でラピッド・ウィーンが制している。

昨季オーストリアへ挑戦するも、長期離脱の影響で3ゴールに留まるなどやや不本意な1年目を過ごした北川。開幕戦でゴールを奪った今季は、大きなクラブの期待に応えることができるだろうか。

9/12(土) 6:03 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/f335b7f4d225eb140b394dd90254e964f6b614e1

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggDD1X5rHSqzNnm7xp2PvutQ---x640-y360-q90-exp3h-pril/amd/20200912-00010000-goal-000-1-view.jpg

元日本代表工藤壮人、帰国の途…オーストリア2部のテストで不合格..2019シーズンはレノファ山口FCでプレー 

1: Egg ★ 2020/01/27(月) 22:22:29.34 ID:63F5Zc/z9
オーストリア2部のクラーゲンフルトのテストを受けていたサンフレッチェ広島の元日本代表FW工藤壮人(29)だが、テストは不合格だったようだ。オーストリア『クライネ・ツァイトゥング』が報じた。

2019シーズンはレノファ山口FCでプレーしていた工藤。明治安田生命J2リーグで27試合に出場し4ゴールを記録。シーズン終了後に広島へ復帰していた。

工藤は、先週からクラーゲンフルトでテストを兼ねたトレーニングに参加。WACアマチュア、グミュントとのフレンドリーマッチで2試合に出場。工藤は3ゴールを記録していたが、帰国の途についているという。

工藤を高く評価していたスポーツディレクターを務めるマティアス・イムホフ氏は「この冬の移籍を契約しないことに決めたが、マサトに注目していく。長い旅をしてくれたことに感謝する」とコメント。今冬での獲得を見送ったようだ。

また、ロバート・ミシュ監督は「彼はいい選手だ。間違いない。しかし、チームにいるストライカーより良くは無い」と厳しい評価。「常に、我々はクオリティがあって初めて、獲得できると言ってきた」とコメントし、ゴールを記録しながらも満足行くパフォーマンスを見せられなかったようだ。

1/27(月) 22:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200127-00369076-usoccer-socc

写真
no title

広島の元日本代表FW工藤壮人、オーストリア移籍に向けテスト参加 27試合4得点(J2 ) 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/23(木) 06:36:28.22 ID:dmQoTpOn9
サンフレッチェ広島の元日本代表FW工藤壮人(29)が、オーストリアクラブへ移籍する可能性があるようだ。
オーストリア『クライネ・ツァイトゥング』が報じた。

柏レイソルの下部組織で育ち、2009年1月にトップチームへ昇格した工藤は、その後MLS(メジャーリーグ・サッカー)のバンクーバー・ホワイトキャップスへと完全移籍。
2017年1月に広島へと復帰すると、2019シーズンはレノファ山口FCへのレンタル移籍を経験していた。

J1リーグで192試合60ゴール19アシスト、J2リーグで54試合14ゴール6アシスト、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも26試合で10ゴール2アシストを記録している工藤だが、
新たな移籍先として、オーストリア2部のクラーゲンフルトが浮上しているとのことだ。

『クライネ・ツァイトゥング』によると、工藤はクラーゲンフルトでテストを兼ねたトレーニングに参加しているとのこと。
24日と25日にはフレンドリーマッチで試合にも出場するとのことだ。

スポーツディレクターを務めるマティアス・イムホフ氏は「我々は集中的に選手に対応し、多くのビデオを見た。
彼をクラーゲンフルトに連れて来て写真を撮る機会があったとき、我々が長くためらうことはなかった」と語り、好印象を持ったようだ。

また、チームを指揮するロバート・ミシュ監督は「彼の経歴は素晴らしいものだ。29歳になる彼は、トップクラスの選手だ。
どのように自分を見せ、野心的な目標を達成することを助けてくれるかを確認できることに興奮しているよ」とコメント。工藤のプレーを楽しみにしていると語っている。

クラーゲンフルトは、今シーズンのエアステリーガ(オーストリア2部)で現在勝ち点35の2位。
しかし、1部へ昇格するには優勝する以外に道はなく、首位と勝ち点差3という状況だ。

工藤と広島との契約は2020年1月31日までとなっており、クラーゲンフルトはフリーでの獲得が可能に。
チームを昇格に導く活躍が期待されている中で、しっかりとアピールし、オーストリアへの移籍は実現するだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00368807-usoccer-socc
1/23(木) 6:15配信

FW工藤 壮人
フリガナクドウ マサト
背番号19
身長/体重177cm/72kg
生年月日1990年5月6日
出身地東京
血液型O
所属チーム名柏レイソルU-15-柏レイソルU-18-柏レイソル-バンクーバーホワイトキャップスFC/カナダ-サンフレッチェ広島-レノファ山口FC
主な経歴-
個人タイトル14Jリーグフェアプレー個人賞、13ナビスコ杯MVP
※プロフィール情報についてはこちら2019/12/13 更新工藤 壮人 (C)Jリーグフォト
Jリーグ成績


no title

日本代表FW北川航也がオーストリア1部の名門SKラピード・ウィーンへ完全移籍が決定  

20190731-00332659-footballc-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/31(水) 14:46:34.86 ID:4w1DDib79
清水エスパルスが31日、チームに所属する23歳の日本代表FW北川航也がオーストリア1部のSKラピード・ウィーンへ完全移籍すると発表。

 北川はSKラピード・ウィーンのオフィシャルサイトを通じて「SKラピード・ウィーンのためにプレーする最初の日本人選手であることを非常に誇りに思います。世界的に有名なウィーンの街で素晴らしい歴史を持つクラブ。すでにクラブの素晴らしい印象とファンの素晴らしい雰囲気を感じています」とコメントしている。

 北川は清水の下部組織で育ち、2015年にトップチームへ昇格。今季はリーグ戦20試合に出場し6得点3アシストを記録していた。SKラピード・ウィーンはオーストリアの名門クラブであり、たびたびヨーロッパリーグの本戦にも出場している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190731-00332659-footballc-socc

清水FW北川航也が海外挑戦か…オーストリア1部のラピッド・ウィーン移籍へ 20試合6得点  

20190721-00959249-soccerk-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/21(日) 05:08:47.81 ID:zq5kFTg29
清水エスパルスに所属するFW北川航也が、オーストリア・ブンデスリーガ(オーストリア1部リーグ)のラピッド・ウィーンへ移籍する可能性があるようだ。
ドイツメディア『SPOX』が20日に報じている。

ラピッド・ウィーンは新シーズンに向けて新たなストライカーの獲得に動いており、北川の名前が候補として挙がった模様だ。
同メディアによると、既にラピッド・ウィーンと清水は基本合意に達しているという。

北川は1996年7月生まれの現在22歳。清水の下部組織出身で、2015年にトップチームへ昇格した。
2018シーズンの明治安田生命J1リーグで32試合に出場し13得点を挙げる活躍を見せ、同年10月に日本代表デビューを飾った。
今年1月に行われたAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーにも選出。
今季の明治安田生命J1リーグでは20試合に出場し6ゴールをマークしている。

ラピッド・ウィーンはオーストリア・ブンデスリーガ創設時から1部に在籍し続けており、
通算32度のリーグ制覇を成し遂げている古豪チームだ。昨シーズンは7位でシーズンを終えていた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190721-00959249-soccerk-socc
7/21(日) 4:05配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/1400298/126
成績



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索