Samurai Goal

オルンガ


スポンサード リンク





オルンガとエムボマ、どっちがすごい? Jに衝撃を与えるアフリカン 

20200602-00074184-sdigestw-000-4-view




1: 2020/10/18(日) 18:09:26.66 _USER9
柏レイソルの試合を見に行き、オルンガのゴールを見られなかったとしたら、その人は相当運が悪い。いや、むしろ貴重な試合を目にした、運がいい人、ということになるのだろうか。

 とにもかくにも、オルンガのゴールラッシュが止まらない。

 今季J1開幕戦でいきなり2ゴールを挙げ、鮮烈な"J1デビュー"を果たしたオルンガは、長期中断を挟んだリーグ戦再開後も得点を量産。第22節終了現在、21試合出場21ゴールだから、1試合1点のハイペースだ。途中、ややペースダウンしたかにも見えたが、最近では第20節横浜FC戦、第21節ヴィッセル神戸戦で2試合連続2ゴールと、再加速している。

 近年のJ1は得点王獲得ラインが下がり気味で、20ゴールを下回るケースも珍しくない。昨季の得点王、横浜F・マリノスの仲川輝人とマルコス・ジュニオールにしても、15ゴールでの戴冠だった。

 それを考えれば、まだシーズン3分の1を残しての20ゴール超えは驚異的。1998年に中山雅史(ジュビロ磐田)が樹立したシーズン最多記録、36ゴール(27試合出場)を更新することすら夢ではない。

 正直に言えば、オルンガが今季、これほど得点するとは予想していなかった。

 実際、一昨季途中に柏入りしていたオルンガはそのシーズン、J1で10試合出場3ゴールと目立った成績を残していない。J2でプレーした昨季にしても、30試合出場27ゴールの得点ランク2位ではあったが、そのうち8ゴールは最終節1試合でのまとめ取り。それを除けば29試合出場19ゴールだから、驚くような数ではなかった。

一つひとつのプレーを見ても、高さとスピード、そして、軽々と相手を弾き飛ばすフィジカルコンタクトの強さには目を奪われるものの、トラップが大きく弾むなどの技術的な粗さも目についた。

 再びJ1に戻れば、大きな期待は難しい。それが昨季の印象だった。

 ところが、蓋を開けてみれば、完全な見立て違い。ゴールパターンは多彩で、どんな形からでも点が取れるから、相手チームも対策を立てるのが難しい。技術面での懸念も、第20節横浜FC戦での2点目につながったトラップなどを見ていると、心配なかったようだ。

 舞台がJ2からJ1に変わったことも、オルンガには幸いしたかもしれない。

 柏が常に強者として戦い、嫌でもオルンガが警戒されるJ2と違い、自らが主体的にゲームを組み立てようとするチームが多いJ1では、柏が守から攻へ切り替わる瞬間にオルンガがフリーになりやすく、より得点しやすい状況が生まれるからだ。

 ケニア代表への招集がどの程度J1での出場試合減につながるのかはわからないが、それがなければ、とんでもないゴール記録が生まれる可能性もありそうだ。

 さて、Jリーグで脚光を浴びたアフリカンストライカーというと、真っ先に思い出されるのは、ガンバ大阪などで活躍したパトリック・エムボマだ。

 現役カメルーン代表FWという威圧感十分の肩書きを引っ提げ、1997年に来日したエムボマは、同年ファーストステージ開幕戦(対ベルマーレ平塚=当時)でJリーグデビュー。いきなりのスーパーゴールで大きな注目を集めた。

 四半世紀を超えるJリーグの歴史の中でも、語り草となっているエムボマのJ初ゴールは、当時を知らない若いファンでさえも、その映像を一度は目にしたことがあるはずだ。

 左サイドで浮いたボールをリフティングでコントロールし、次の瞬間、弾むような半転から左足ボレーシュートで逆サイドネットに叩き込んだ、"あの"ゴールである。

https://news.yahoo.co.jp/articles/000da07e11643671637fb7c10b8b35d45c910acb
10/17(土) 11:00配信

no title


no title


no title

柏オルンガが得点王レース独走! 無双の今季20ゴール目に称賛「まじでバケモン!」 

1: 2020/10/10(土) 16:59:45.20 _USER9
前半20分、クリスティアーノのクロスをヘディングで押し込んで今季20点目を記録

 柏レイソルは10日、J1リーグ第21節でヴィッセル神戸と対戦。FWオルンガが今季20点目を含む2ゴールの活躍で、前半だけで3点のリードを奪っている。

柏は前半20分、FW江坂任のパスを受けたMFクリスティアーノが右サイドの敵陣深くからクロスを供給。ペナルティーエリア内でこれに反応したオルンガは、相手DF。大﨑玲央のマークをはねのけ、倒れ込みながらヘディングシュートを放ち、先制点を決めた。オルンガは得点王レースを独走する20ゴール目となった。

 DAZN公式ツイッターは、「帰ってきたクリスティアーノがオルンガの今季20ゴール目をアシスト!先制ゴールを抱き合って祝う」と速報。あまりにハイペースのゴール量産ぶりに、「オルンガまじでバケモン!」「まじでやばい」「トップレベルに理不尽ゴール(笑)」とファンからも驚きの声が上がっている。

 柏は前半終了間際に江坂、オルンガが追加点を決めて、前半だけで3点をリード。三浦淳寛新監督の体制となって無傷の3連勝中である神戸を圧倒している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4a18227b2474c5824a2903acdd7f7ce1e8b112bf
no title

<オルンガ(柏レイソル)>長期離脱も...代表招集なら最低リーグ4試合欠場...40試合18得点のFWが不在に!? 

1: 2020/10/05(月) 17:17:23.34 _USER9
柏のケニア代表FWオルンガが長期離脱する?30日に取材対応したネルシーニョ監督が「11月(アフリカ選手権予選)は間違いなく招集されるはず」と説明した。

 11月に行われるアフリカ選手権予選のグループリーグで2位につけるケニア代表に、40試合18得点のストライカーの招集は確実。日本へ戻ってきた際には2週間の隔離期間が発生する。現在、J1最多の17ゴールを挙げているエースが最低でもリーグ4試合欠場となる可能性があるという。

10/1(木) 5:30 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/8f815ad93e25f3b2c8753f4b1a48aff623bd5591

写真
no title

柏・オルンガ2発!得点王争い独走の出場19試合19ゴール 

1: 2020/10/05(月) 05:18:32.02 _USER9
明治安田J1第20節第1日(3日、横浜FC0-3柏、ニッパツ)柏はFWオルンガ(26)の2得点などで横浜FCに3-0で快勝した。

 “ケニアの至宝”が格の違いを見せた。開始5分、柏のFWオルンガは前掛かりになった相手の裏を突き、縦パスを呼び込んだ。トラップが左に流れても長いストライドで追い付き、難なくゴールに蹴り込んだ。

 「裏のスペースを狙っていた。クリスティアーノがいいボールを出してくれた」

 後半31分には、ゴール前に走り込みながら右後方からの浮き球パスをつま先で巧みに操り、DFが寄せる前に突き刺した。出場19試合で19ゴール。得点王争いで独走している。

 柏時代に強化担当者としてオルンガ獲得に関わった横浜FCの下平監督は、「今日はチームにオルンガがいたかどうかの差」と脱帽。「彼を止めれば、DF陣も自信になる」と試合前に話していたが、何もできず唇をかみしめた。

 「難しい試合だったが、勝ち点3と点を取ることができた」と涼しげに笑うオルンガ。昨季優勝したJ2で強力なコンビを築いたクリスティアーノが2月以来の復帰を果たし、ますますゴールを量産しそうだ。(宇賀神隆)

https://news.yahoo.co.jp/articles/72043245d1f58433f2761d5a119b45b29bb030da
no title

柏 怪物FWオルンガが今季終盤に長期離脱の可能性浮上 代表招集で最低4試合欠場も 

スクリーンショット 2020-09-30 18.54.35

柏・オルンガ 今季得点ランクトップの15点目、シーズン半分以下で昨季のJ1得点王に並んだ 

20200805-00275781-soccermzw-000-3-view




1: 2020/09/09(水) 22:08:55.10 _USER9
 ◇明治安田生命J1第15節 柏3―0G大阪(2020年9月9日 三協F柏)

 J1柏はホームでG大阪を3―0で下した。公式戦3試合ぶりに先発出場したケニア代表FWオルンガ(26)が、前半2分に先制弾をたたき込むなど得点ランクトップの15点目。開始早々からの素早い得点劇に「最初からハイプレスでいこうと話していた。素晴らしいパスから、得点を決めることができた」と振り返った。

 今季出場14試合にして15点目。まだシーズンの半分に満たない中、すでに昨季J1得点王のFW仲川輝人(横浜)らの15得点に並んだ。オルンガは「得点は一人ではできない。チームメートのおかげで生まれている。これからも仲間と支え合いながら、得点を続けていきたい」と先を見据えた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a2a7bbc14597692222bb0e36385d5180526350b8

柏・オルンガ2発!13戦14発は中山雅史のJ1記録超えるペース 

スクリーンショット 2020-08-29 23.31.34

柏FWオルンガ7戦連発でJ1記録に王手 ネルシーニョ監督「続けていってほしい」 

スクリーンショット 2020-08-20 7.36.37




1: 2020/08/20(木) 00:12:06.89 _USER9
「明治安田生命J1 神戸2-3柏」(19日、ノエビアスタジアム神戸)

 柏のケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)が7試合連続ゴールを決め、J1記録に王手を懸けた。1-1の後半32分、神戸DF渡部にボールをブロックされながらも力業で突破。DF大崎も抜き去ると左足で突き刺した。

 1997~98年にバルセロナにも所属した元スペイン代表FWフリオ・サリナス(横浜M)が記録したJ1記録の8試合連続にあと1試合に迫った。

 オルンガはオンラインでの会見に出席しなかったが、ネルシーニョ監督は「彼が得点を量産するのはレイソルにとっても、彼のキャリアにとっても良いこと。続けていってほしい」とさらなる期待を寄せた。

 来日3季目を迎えた怪物ストライカーが23日のアウェー大分戦(昭和電ド)で偉業に挑む。

https://news.yahoo.co.jp/articles/873b86c1cfbb15d3d40590d316faf1c65c8dec02

柏オルンガ移籍か エスパニョールから正式オファー 

スクリーンショット 2020-08-17 11.23.12

柏FWオルンガ、仏1部RCランス電撃移籍の可能性浮上 「日本のストライカーが狙われる」 

1: 2020/08/13(木) 15:19:12.06 _USER9
8/12(水) 19:01
Football ZONE web
今季J1で9試合10ゴールと爆発、ベジクタシュは「200万ユーロ以上を支払うことはできない」

柏FWオルンガ、仏1部RCランス電撃移籍の可能性浮上 「日本のストライカーが狙われる」

 柏レイソルのケニア代表FWマイケル・オルンガは、今季J1リーグで9試合10ゴールと得点ランキング首位を快走しているなか、トルコのベジクタシュに加え、フランスのRCランスへの電撃移籍の可能性が浮上しているという。フランスメディア「butfootballclub」が伝えた。

 2018年8月に柏に移籍したオルンガはJ2降格の憂き目に遭うも、19年シーズンはJ2リーグ戦で30試合27ゴールをマークし、最終節の京都サンガF.C.戦(13-1)では1人で8ゴールを叩き出すなど、J1昇格に大きく貢献した。

 そんなオルンガについて、MF香川真司が所属していたトルコ名門ベジクタシュが獲得に乗り出すと伝えられていた。「butfootballclub」は「ベジクタシュは200万ユーロ(約2億5000万円)以上の移籍金を支払うことはできない」と記している一方、フランス1部RCランスが獲得に乗り出していると報じた。

「RCランス、移籍市場:日本のストライカーが狙われる!」と特集。「日本で2シーズン活躍している26歳のケニア人ストライカー、オルンガがRCランスとベジクタシュのレーダーに乗っている」と触れている。

 Jリーグで圧倒的な存在感を放つケニア代表ストライカーの周辺が慌ただしくなっており、今後の動向に注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a116441d9be56b58c752794410c64129141fea7b
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索