Samurai Goal

オルンガ


スポンサード リンク





「最強」「規格外」「すべてがトップクラス」J2勢が感じた”オルンガ(柏レイソル)の衝撃” 

1: 2020/05/08(金) 22:50:10.97
27人が「過去対戦して最も衝撃を受けた選手」に挙げる

『サッカーダイジェスト』では、Jリーグ全56クラブの情報が満載の『2020 J1&J2&J3選手名鑑』を発売している。この選手名鑑では、各クラブに協力をいただき、選手たちへ様々なアンケートを実施しているのだが、
「過去対戦して最も衝撃を受けた選手」の項目で、柏のオルンガを挙げていた選手が多かった印象だ。

 同項目のアンケート対象はJ1とJ2の選手で、すべての回答を集計してみると、オルンガを挙げたのは27人。そのうち、理由まで答えてくれた25人のコメントを以下に紹介する。
「速い、強い、上手い」(杉本竜士/横浜[昨季所属=徳島]/MF)
「身体能力が凄かった」(梶川裕嗣/横浜[昨季所属=徳島]/GK)
「決定力の高さ」(仙頭啓矢/横浜[昨季所属=京都]/MF)
「今まで対戦したFWの中で一番オーラがあった」(アン・ジュンス/C大阪[昨季所属=鹿児島]/GK)
「規格外」(高木大輔/G大阪[昨季前半戦所属=山口]/FW)
「強い、速い、上手い」(小出悠太/大分[昨季所属=甲府]/DF)
「はんぱないから」(桐畑和繁/柏/GK)
「大きい、速い、点取る」(岩尾憲/徳島/MF)
「身体が強い」(垣田裕暉/徳島[昨季所属=金沢]/FW)
「1試合に8点も取るから」(上福元直人/徳島[昨季所属=東京V]/GK)
「8点取られた」(清水圭介/京都/GK)
「高くて、速い」(上夷克典/京都/DF)
「強い、速い、上手い」(長谷川巧/金沢/DF)
「でかくて、強くて、速い」(杉井颯/金沢[昨季所属=柏]/DF)
「よく点を取る」(窪田稜/金沢/MF)
「得点力、身体能力」(石井綾/金沢[昨季所属=琉球]/GK)
「高い」(山本理仁/東京V/MF)
「足が長い」(風間宏希/琉球/MF)
「最強」(村田和哉/山口[昨季所属=柏→福岡]/FW)
「1試合で8得点」(重廣卓也/福岡[昨季所属=京都]/MF)
「とにかくすごかった」(實藤友紀/横浜[昨季所属=福岡]/DF)
「すべてがトップクラスだったから」(木戸晧貴/福岡/FW)
「すべてが規格外」(山下敬大/千葉[昨季所属=山口]/FW)
「規格外」(西岡大輝/愛媛/DF)
「8得点とったから」(エスクデロ競飛王/栃木[昨季所属=京都]/FW)

高さ、強さ、速さという身体能力を称える声が多く、加えて上手さや決定力の高さなど技術面を評価する回答もある。総じて”規格外で半端ない”FWということだろう。
昨季最終節の京都戦(〇13-1)で8得点を奪ったインパクトも大きく、その試合を経験した選手たちからもコメントが寄せられた。

ちなみに、桐畑らチームメイトを除くと、全員が昨季J2で対戦した選手たち。
今季で来日3年目のオルンガは18年にJ1でプレー経験があるが、やはり27ゴールを奪った昨季のJ2でのパフォーマンスが衝撃だったようだ。

リーグ中断中だが、再開後にオルンガはJ1でも衝撃的なプレーを示せるか。
”怪物FW”のパフォーマンスに注目したい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c569df22b610f637efdcf5ef79087ef7a488299
5/8(金) 16:35配信


no title

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/2560/267000/266326/news_266326_1.jpg
no title


https://www.youtube.com/watch?v=XqKrP2QapXY


【オルンガ(柏レイソル)】驚異の8得点!全ゴールまとめ|2019.11.24 明治安田生命J2リーグ第42節 京都戦

柏、オルンガ「見つけてくれた!」【8ゴール】 

20200422-00258302-soccermzw-000-1-view




1: 2020/04/22(水) 08:33:35.69
「見つけてくれた!」 日本で大爆発の助っ人FW、ファンに感謝「もっと貢献したい」

「柏のキング」をFIFAが特集、ケニア代表FWオルンガが自身のチャントについて熱弁

J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガは今季でJリーグ3年目を迎えるなか、国際サッカー連盟(FIFA)の取材に応じ、ファンが作ったチャントに感謝の念を示し、「チームにもっと貢献したいって思う」と胸中を明かしている。

【動画】ケニア代表FWオルンガ、1試合8ゴールのJリーグ新記録樹立! J2第42節「柏×京都」(13-1)ハイライト

現在26歳のオルンガは2018年夏にスペインのジローナから柏レイソルに加入し、ケニア人初のJリーガーとして注目を集めた。1年目はリーグ戦10試合3ゴールの結果を残し、2年目はリーグ戦30試合に出場すると、得点ランキング2位の27ゴールと大爆発。チームをJ2優勝&J1昇格へ導いたなか、今季J1開幕節の北海道コンサドーレ札幌戦でも2ゴールをマークして4-2の勝利に貢献している。

そんなオルンガを特集したのがFIFAだ。「柏のキング、オルンガはケニアとの歴史を見据えている」と特集を組んだなか、オルンガはケニア代表としての思い、新型コロナウイルスに直面している現状に触れた一方、柏サポーターにも言及。なかでも自身のチャントについて熱弁を振るっている。

「レイソルでの僕のチャントは、ボニー・Mの有名なスワヒリの歌『Jambo-Hakuna Matata』がベースになっている。通常、外国人がケニアに到着した時に歓迎の歌として歌われるものだ。ケニアは平和な国だということを外国人に伝えるために歌う。Hakuna Matata(ハクナ・マタタ)は問題ない(心配ない)という意味だ」

「ある試合でファンが歌っているのを聞いて、すぐに気に入ったよ」

 自身のチャントのベースとなっている歌について紹介したオルンガは、柏サポーターへの感謝を口にすると、いかに自分が気に入っているかを力説する。

「ファンが僕のためにチャントを作ってくれた時、多分スワヒリ語で有名な歌をググって、この歌を見つけてくれた! ある試合でファンが歌っているのを聞いて、すぐに気に入ったよ。だって僕の文化を表現しているからね。スワヒリ語で歌われているから文化を感じるし、チームにもっと貢献したいって思う。だから、僕はこのチャントが大好きなんだ」

 チャントを聞くたびに力が湧くと語るオルンガ。新型コロナウイルの影響でJリーグは一時中断を余儀なくされているが、再開後はサポーターの応援に後押しされ、爆発する姿を見せてくれそうだ。

Football ZONE web編集部
4/22(水) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00258302-soccermzw-socc

柏FWオルンガ、同胞代表OBが欧州挑戦を推奨と海外報道 「世界的な需要を断言」 

1: 2020/03/26(木) 20:51:40.81
ケニア代表アタッカーは近い将来欧州へ? 「自身の価値を証明した」

世界中で感染拡大している新型コロナウイルスの影響により、現在各国リーグが中断を余儀なくされている。
試合開催の延期措置を取っているJリーグは25日、J1は5月9日を再開の目処とすることを発表。
米メディアは「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕しており、欧州へ行くべき」と、J1柏レイソルに所属するケニア代表FWオルンガの欧州挑戦を推奨している。

中国を発生源とする新型コロナウイルスは世界で猛威を振るい、日本ではJ1、J2が開幕節を消化したのちにリーグを中断。
Jリーグは25日、J3が4月24日、J2が5月2日、J1が5月9日と段階的に再開していく方針を発表した。

昨季J2で得点王に輝いたオルンガは、今季J1開幕戦の北海道コンサドーレ札幌戦で前半20分、後半20分にゴールを奪って4-2の勝利に貢献した。
幸先の良いスタートを切ったオルンガは今季の得点王候補の1人ともされるが、米メディア「The Union Journal」は
「オルンガはアジアのリーグのレベルを凌駕したため、欧州へ行くべき」と見出しを打って取り上げている。

「戦術家は、手ごろな価格が設定されたリーグで自身の価値を証明したケニア人の世界的な需要を断言」

記事では、同胞である元ケニア代表DFサミー・オロモ氏がオルンガの欧州挑戦を推奨していると紹介。
「日本でのプレーをネットで確認すれば、欧州の強豪クラブを相手に戦える能力を備えていることを確認できる」と主張している。

また、インテルなどで活躍したDFマクドナルド・マリガ(現レアル・オビエド)、トッテナムなどで活躍したMFビクター・ワニアマ(現モントリオール)らのケニア代表選手の名前を挙げ、
オルンガも同様に欧州のトップリーグでプレーするだけのポテンシャルを秘めていると太鼓判を押していた。

新型コロナウイルスの影響でJリーグは大幅な日程変更が強いられているが、オルンガは近い将来欧州に挑戦することになるのだろうか。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200326-00253619-soccermzw-socc
3/26(木) 20:40配信

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/288000/287183/news_287183_1.jpg

「すごい!」「ネイマール超えた」柏の”怪物”FWオルンガがトイレットペーパーチャレンジ動画を投稿! 

1: 2020/03/21(土) 03:29:19.77
最後は奇声を発して豪快な…

新型コロナウイルスの影響で、各国のリーグが中断。不要不急の外出を自粛するなか、選手たちの間で自宅でもできるトレーニング動画をSNSにアップするムーブメントが起こっている。

中でもトイレットペーパーをリフティングする、「トイレットペーパーチャレンジ」が人気で、久保建英や堂安律など日本を代表する選手たちも取り組み、ついにはバルセロナのリオネル・メッシまで参戦した。

そんなチャレンジ動画を投稿したのは、柏レイソルに所属する、ケニア代表FWのオルンガだ。3月20日、自身のインスタグラムを更新し、独特の音楽をバックにチャレンジ動画を投稿した。
 
この投稿には、さまざまな言語のファンが驚愕し、以下のようなコメントが寄せられた。

「すごい!」
「ネイマール超えた」
「私たちのヒーロー」
「大好きだ」
「さすがや!」
「このBGMいいね」
「King kaka(ケニアのラッパー)」

はじめは軽快にリフティングをするオルンガだったが、最後は、気合を入れた声とともになぜかボレーシュートを決めてしまうなど独特な展開に。

昨季はJ2最終節の京都戦で、一人で8得点を決めるなど、”怪物級”の破壊力を持つオルンガらしく、得点力を裏付ける繊細なテクニックと意外性を併せ持った「トイレットペーパーチャレンジ」だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200320-00070984-sdigestw-socc
3/20(金) 19:01配信

no title

no title

no title


https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=70984
動画

https://www.youtube.com/watch?v=XqKrP2QapXY


【オルンガ(柏レイソル)】驚異の8得点!全ゴールまとめ|2019.11.24 明治安田生命J2リーグ第42節 京都戦

https://www.youtube.com/watch?v=KdpjBWj6zwo


【公式】ハイライト:柏レイソルvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第1節 2020/2/22

柏の8発男オルンガ、J中断に理解「スポーツは小さな世界。もっと大きな目で…」 

1: 2020/03/03(火) 18:15:04.60
 柏のストライカー、オルンガ(25)がコロナウイルスの早期収拾を願った。
昨年のJ2最終節京都戦で1人で1試合8得点を挙げてJリーグ記録を更新、
一躍クローズアップされたが、今季は開幕・札幌戦で2得点を挙げてさらに成長しているところを見せた。
しかし、第1節が終了したところでJリーグは中断。

「選手は試合をしたい気持ちもあるが、それより世の中のこと考えないといけない。
スポーツは小さな世界。もっと大きな目で見る必要がある。
我々がサッカーをしても、サポーターが脅威に脅かされてはいけない。正しい選択だ」と、Jリーグの判断を評価した。

コンディション維持は簡単ではないが、この日から再開された練習でも切れのいい動きを見せて存在感を発揮。

「サッカーというより、自然現象として避けられない。スポーツ観戦を楽しみにしていた人も、健康が最優先」と理解を示す。

 ネルシーニョ監督も「少しでも早く収束するように望んでいる。世界中が悩まされている社会現象。選手には心身共に今までやってきたことを落とさず積み上げていってほしい」と、話した。

3/3(火) 17:26 Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200303-00000152-spnannex-socc

no title

no title

no title

no title

セルジオ越後が大予言!?今年のJリーグで流行る言葉は “オ〇〇ガ” 

20200302-00010003-tvtokyos-000-3-view

柏レイソル、オルンガは「まだ30%くらい」。規格外の男、その存在こそがJリーグのレベル向上に 

1: 2020/02/26(水) 13:29:40.91
明治安田生命J1リーグ第1節、柏レイソル対北海道コンサドーレ札幌が22日に行われ、ホームの柏が4-2で快勝した。勝利の立役者となったのは昨季J記録となる1試合8得点を挙げたFWオルンガ。
圧倒的なパフォーマンスで開幕戦では2ゴールを含め全4得点に絡む大活躍を見せたが、その能力、底知れなさは別格の感がある。
スペイン1部でプレー経験もあるケニア代表FWの凄みに迫る。

●全得点に絡む活躍で勝利に貢献

ピッチを縦横無尽に走り回る193cm、85kgのFWオルンガ。そのスピードは、明らかに尋常ならざるものがあった。
約20年にわたり、柏レイソルを取材してきた知人の地元紙記者に言わせると「完全に異質ですよね。特にあの初速、“にゅっ”と出てくるスピードは、多くのJリーグの選手は経験したことはないはず。
多分、どのチームも1回対戦するまでは、なかなか対応ができないと思いますよ」と胸を張った。良質な外国人が数多く在席してきたクラブを見続けてきた目から見ても別格ということらしい。

さらに驚いたのは、柏を長年支えてきたベテランMF大谷秀和の試合後のコメント。
ケニア代表FWの驚異的なプレーについて聞くと「まだ30%くらいじゃないですか? コンディションが整ってきたらもっとやれるはず」とこともなげに答えた。
酸いも甘いも経験してきた人格者だけに、多少のリップサービスをしてくれた可能性もあるが、それでもこの日が特別の出来という訳ではなく、シーズンが進めば、もっともっとできるということは強く伝わってきた。

柏攻撃陣のクオリティーの高さがにじみ出た試合だった。13分にオルンガが右サイドで起点を作りパスを出すと、中央でフリーのFW江坂任がドリブルからシュートを決めて先制。
その7分後には後ろからのボールに対し、凄まじいスピードで走りこんだ背番号14が、飛び出した北海道コンサドーレ札幌GKク・ソンユンより先にボールに触れて抜き去り、右足で追加点を挙げた。

2-0で後半に入ると、58分にまたもケニア代表FWが起点となり江坂が決めて3点目。とどめは爆速FWが65分、またもスルーパスを相手GKより先に収めて4点目を挙げた。
終盤に札幌が地力を見せて2点を奪われたが、J1復帰初戦は4-2の快勝だった。

●オルンガには「勤勉さがある」

オルンガの持つ、圧倒的な能力の被害者となってしまったとも言えるク・ソンユン。
韓国代表にも選ばれ、J屈指のGKである名手が、背番号14の凄みを語ってくれた。

「スピード以外も持っている能力はすごかった」と切り出すと、「スピード、シュート力、決定力、連係、すべて持っている能力が高かったですね。いい選手ですね。間違いないです」と、
実際に戦ったからこそ分かる総合力の高さに言及した。

「身体能力、あのサイズでスピードがあって、体の強さを活かして点を取れるというのはものすごく能力が高いです。
実際リーガでもやっていた選手だから力があるのは分かっていたけど」と、改めて太鼓判を押したのは大谷だ。

「本人の努力もあって日本とレイソルのサッカーにフィットしたのが去年だったと思う。
文化の違いとか、食事の違いとか、だいぶ苦労したとは思いますけど、そこを馴染んできたことで、自分の能力をチームの戦術の中で発揮できるようになった。
もっともっと彼は良くなると思いますね」とピッチ内外で努力を怠らない人間性にも強みがあることを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00010002-footballc-socc
2/26(水) 10:12配信

no title

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/298000/297514/news_297514_1.jpg
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200223-00000099-spnannex-000-2-view.jpg
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200222-00070062-sdigestw-000-8-view.jpg
https://livedoor.blogimg.jp/r_hatsu/imgs/7/a/7a8b5239.jpg
https://pbs.twimg.com/media/EQ-rRkAUEAMeblv.jpg

もう誰にも止められない!? オルンガ覚醒の秘訣とは? 

20200225-00000119-spnannex-000-2-view




1: 2020/02/25(火) 11:13:52.56
 【大西純一の真相・深層】柏のFWオルンガ(25)が注目されている。22日の開幕・札幌戦で2得点を挙げて、チームが4-2で勝利することに貢献。ケニア出身初のJリーガー、そして昨季J2最終戦の京都戦で1人で1試合8得点のJリーグ記録をつくったことで知られているが、今季も大暴れしそうだ。

 一昨年夏に加入したが、中々日本に適応できず10試合で3得点に終わった。昨季も開幕時は控え、しかし次第に先発で起用されることが多くなり、今季はチームの攻撃の軸になった。昨季ネルシーニョ監督が就任したことも大きいが、オルンガ自身も大きく進化した。その秘訣としてオルンガ自身が挙げるのがメンタルだ。

 「きのうよりきょうの自分が勝るように考えてやらないと駄目だ。騒がれることがあっても、地に足を着けてハードワークしないと結果は出ない」ど派手な活躍をしている割には冷静だ。そして環境も習慣も違う日本に来て成功する秘訣については「メンタルが大事。外国籍の選手は自分の周りに友人もいないし、気候も文化も違う。自分が極力早く環境に順応することが大事」と振り返った。

 もう一つ挙げたのが人間性。「周囲の人の考え方を理解してチームが何を求めているかがわかれば、回りからの協力も得られる。仲間意識持てば士気もあがる。さらにどう振る舞うかも大事。サッカーだけではなく、ピッチ外も重要になる。サッカーがうまくてもピッチから離れたらうまくいかないのでは駄目。両立を考えて努力しないと成果は挙げられない」身体能力の高さがクローズアップされているが、実はクレバーで謙虚、日本に順応しようと努力し、周囲の人をリスペクトする心を持っているからこそ成功しているのだ。

 昨季つくったJリーグ記録についても「記録保持者であるのはうれしい。ただ、記録だけで生きることはできない。常に自分の限界超えたいと思っている。8点は中々難しいが、1日1日を大事にして、よりいい選手になる意識持ってトレーニングに取り組みたい」とどこまでも謙虚。けっしてあぐらをかくことはない。練習も積極的に取り組んでいるが、「みんなが見ていないところで努力するのが大事」と、内容については口をつぐんだ。

 ネルシーニョ監督も「時間をかけてこちらが要求する部分を理解させて試合のペースややり方に適合していった。今、彼が活躍するのは努力した結果。その中で守備の部分は劇的に変化した」と高く評価している。記録だけでなくあらゆる部分でJリーグの歴史を塗りかえるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200225-00000119-spnannex-socc

柏FWオルンガいきなり2発!J1でも得点力発揮「いいパサーがいるので…」 

1: 2020/02/22(土) 21:23:12.07
◇明治安田生命J1第1節第2日 柏4―2札幌(2020年2月22日 三協フロンティア柏スタジアム)

 J2から1年で復帰した柏が札幌に4―2で快勝、昨年J2で27得点のFWオルンガ(25)とエース江坂任(27)がそれぞれ2得点を挙げた。オルンガは1点リードした前半19分、中央の江坂から左サイドに出たパスからGKを交わして角度のないところから右足でゴール。後半20分にも中央のクリスティアーノからのパスを受けて左足で決めた。

 「(相手守備ラインの)裏に抜ける動きを意識した。うちはいいパサーがいるので得点機をつくれる」と、オルンガ。「常にゴールを目指すのが私の使命。コンディションあげながら向上していきたい」と続けた。

 江坂も前半13分にオルンガのパスを受けて左足で先制点を決めると、後半13分にも2点目。「2年ぶりJ1でゴールを決められてホッとしている。でもチームが勝てたのがなにより」と振り返った。

no title


2/22(土) 20:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200222-00000289-spnannex-socc

no title

no title

no title

no title


https://youtu.be/2ISYiAJgxho


Jリーグ第1節 昇格組柏レイソルが白星発進。江坂任&オルンガ各2発でコンサドーレ札幌に4-2 

1: 2020/02/22(土) 17:03:54.55
【柏レイソル 4-2 北海道コンサドーレ札幌 J1第1節】

明治安田生命J1リーグ第1節の柏レイソル対北海道コンサドーレ札幌戦が22日に行われ、ホームの柏が4-2で勝利を収めた。

J2優勝を飾りJ1復帰を果たした柏。戻ってきたトップリーグの舞台でさっそく持ち味を発揮することに成功し、前半13分には先制点を奪う。
右サイドのオルンガからの横パスをエリア手前で受けた江坂任がドリブルでゴール前に侵入し、左足シュートでネットを揺らした。

昨季のJ2最終節で衝撃の8得点を記録したオルンガが自らゴールを挙げるまでにも時間はかからなかった。
前半20分、ロングパスを受けて抜け出したオルンガはGKク・ソンユンをかわして左サイドの深い位置へ侵入。ゴール前に戻ったク・ソンユンと再び1対1となったが、右足でのシュートを冷静に沈めた。

前半を2点リードで折り返した柏の勢いは後半も止まらず。
58分にはオルンガのクロスをエリア内で受けたクリスティアーノがタイミングを図ってラストパスを送り、ゴール正面に走り込んだ江坂がダイレクトで合わせて3点目のゴール。

さらに65分、札幌の反撃を跳ね返すとカウンターから4点目。
クリスティアーノからの絶妙な強さのスルーパスを受けたオルンガが再びク・ソンユンをかわすと、無人のゴールへの左足シュートを流し込んだ。

札幌も68分にようやく荒野拓馬のゴールで1点を返す。さらに76分、チャナティップからの浮き球スルーパスで抜け出した鈴木武蔵がGKとの1対1を制して点差を2点目まで縮めた。
だが4点ビハインドからの奇跡の追い上げはならず、柏がそのまま4-2で開幕戦を制した。

【得点者】
13分 1-0 江坂任(柏)
20分 2-0 オルンガ(柏)
58分 3-0 江坂任(柏)
65分 4-0 オルンガ(柏)
68分 4-1 荒野拓馬(札幌)
76分 4-2 鈴木武蔵(札幌)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200222-00363944-footballc-socc
2/22(土) 16:58配信

no title

no title

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/299000/298406/news_298406_1.jpg
no title


https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2020022202
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=t2KnTqYDRtk


柏レイソル 4-2 コンサドーレ札幌 | J リーグ 2020年02月22日



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索