Samurai Goal

オルンガ


スポンサード リンク





アフリカ王者がバイエルンへの挑戦権獲得!! FWオルンガ先発のアルドゥハイルは無得点で初戦突破なら 

スクリーンショット 2021-02-05 8.38.19




1: 2021/02/05(金) 06:47:26.21 _USER9
 FIFAクラブワールドカップは4日、準々決勝を行い、アフリカ王者のアルアハリ(エジプト)が開催国代表のアルドゥハイル(カタール)を1-0で破った。準決勝では欧州王者のバイエルン(ドイツ)と対戦する。

 今大会は新型コロナウイルスの影響で2020年12月から2021年2月に延期。7大会ぶり6回目の出場を果たしたエジプトの名門と、昨季Jリーグ得点王で最優秀選手のFWオルンガやかつてバイエルン、ユベントスなどでプレーしたDFメディ・ベナティアらを先発に並べた初出場のカタール王者が激突した。

 試合はアルアハリが主導権を握る中、前半30分にスコアを動かした。左サイドでボールを持ったFWウォルター・ブワリャがカットインからラストパスを送ると、MFフセイン・エル・シャハトがミドルレンジから右足を一閃。低い弾道のシュートをゴール左隅に突き刺した。アルアハリは38分にも、ブワリャが裏抜けからネットを揺らしたが、これはオフサイドに終わった。

 低調な攻撃が続いたアルドゥハイルは後半開始時、オルンガらを下げて前回アジア杯で得点王とMVPをダブル受賞したFWアルモエズ・アリ、194cmの長身を誇るFWモハメド・ムンタリを投入。すると徐々に主導権を取り戻していき、空中戦も使いながら攻撃を展開した。だが、最後までゴールは奪えず、蔚山現代(韓国)との5位決定戦に回る形となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/38fec5e20d15123f46efb3619dc1d8082d543140
2/5(金) 4:27配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/324000/323633/news_323633_1.jpg

アルドハイル移籍のFWオルンガがクラブW杯メンバー入り FIFAがリスト発表 

スクリーンショット 2021-02-03 8.13.53




1: 2021/02/03(水) 02:39:44.82 _USER9
国際サッカー連盟(FIFA)が2日までにクラブW杯の登録メンバーを発表し、昨年のJリーグMVPでJ1柏からアルドハイル(カタール)に移籍したFWマイケル・オルンガが名を連ねた。

 アルドハイルは開催国枠でクラブW杯に出場する。初戦は4日の準々決勝で、アルアハリ(エジプト)と対戦する。

 ティグレス(メキシコ)と蔚山(韓国)の勝者が、7日に南米王者のパルメイラス(ブラジル)と、アルドハイルとアルアハリの勝者が8日に欧州王者のバイエルン(ドイツ)と対戦する。

2/2(火) 23:00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210202-00000173-dal-socc

オルンガがカタール移籍後初ゴール!…PK弾を皮切りにハットトリックまで達成 

スクリーンショット 2021-01-26 9.42.08




1: 2021/01/26(火) 07:17:39.25 _USER9
 アル・ドゥハイルに所属するケニア代表FWオルンガは、25日のアル・アハリ戦で移籍後初ゴールを含む3ゴールを達成した。

 アル・ドゥハイルは25日、カタールの国内カップ戦であるアミール・カップでアル・アハリと対戦。先発出場を果たしたオルンガは、開始6分にチームがさっそくPKを獲得すると、そのキッカーを任される。これを左足でしっかりと決め、待望のカタール移籍後初ゴールを記録する。

 序盤の得点で勢いに乗ったチームは、続く22分にも追加点を奪うと、43分には右からのCKにまたしてもオルンガ。一瞬の動きでマークを外すと、ヘディングでゴールネットを揺らした。さらに後半に入って69分には、カウンターからアル・ドゥハイルが右サイドを攻略すると、折り返しを受けたオルンガがこれを落ち着いて仕上げ、ハットトリックを達成した。

 チームはその後2点を加え、最終的には6-0で圧勝。先制弾を含む3ゴールをあげその得点力を見せつけたオルンガは、これを柏時代のような爆発のきっかけとすることができるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/81cdd60af86bf979fc36a301d9719daf11fb088a
1/26(火) 7:06配信

<オルンガ>アル・ドゥハイル移籍即先発も不発惨敗 将来的な柏への復帰の意思も口に 

1: 2021/01/13(水) 05:58:02.30 _USER9
<カタールリーグ:アルサッド3-1アル・ドゥハイル>◇第14節◇12日(日本時間13日)◇カタール・アルサッドスタジアム



J1柏レイソルから13日、カタールのアル・ドゥハイルへの移籍が発表されたケニア代表FWオルンガ(26)が、
12日午後6時45分(現地時間)キックオフのアルサッド戦にいきなり先発も、不発に終わり1-3で大敗し、ほろ苦い黒星デビューとなった。

オルンガは、1-2で敗れた4日のルヴァン杯決勝・FC東京戦にフル出場も、不発に終わっていた。
それから8日後、勝ち点8差で首位を走るアルサッドとの1、2位直接対決に、背番号26を着けて先発した。

試合は前半6分、カタール代表FWアルモエズ・アリのPKで先制も、同14分、後半5分、同42分と、アルサッドのアルジェリア代表FWバグダード・ブーンジャーにハットトリックを決められ惨敗。
オルンガもゴールネットを揺らせないまま、後半21分にカタール代表経験を持つMFカリド・ムハンマドと交代した。

オルンガは、18年8月にジローナ(スペイン)から柏に移籍し、J1で42試合出場31得点、J2で30試合に出場し27得点決めた。
13対1で勝った19年11月24日の京都サンガ戦では、1人で8ゴールをたたき込み、Jリーグの1試合最多得点記録を樹立。20年のJ1では32試合に出場し28得点を決めて、リーグMVPと得点王に輝いた。

オルンガは柏を通じて「柏レイソルのファンの皆様、今までのサポートに対して、心から感謝したいと思います。レイソルという素晴らしいクラブで在籍した期間は本当に楽しく過ごすことができました。
今後、このクラブがもっともっと発展できることを願い、これから迎える大会でも成果を挙げられるように応援しています」とサポーターに感謝した。

その上で「将来いつかまた、この美しいクラブでプレーできることを願っています。2021年シーズン、クラブの成功を祈っています。ありがとうございます!」と将来的な柏への復帰の意思も口にした。

1/13(水) 4:55配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/17a62d321c0ca76c86409fe8d164a8dc57b13ebb

写真
no title

柏FWオルンガ、カタール移籍を決断 すで離日、メディカルチェック後に正式発表へ 

1: 2021/01/06(水) 04:19:19.30 _USER9
 柏のFWオルンガ(26)がカタール1部アルドハイルへの移籍を決断したことが5日、分かった。年俸は198万ユーロ(約2億5000万円)、移籍金600万ユーロ(約7億5600万円、ともに推定)などの条件面で大筋合意。すでに、5日に離日しており、メディカルチェック後に正式発表される見通しだ。

 オルンガは18年夏に柏へ加入し、今季は28得点でクラブ初の得点王。また、アフリカ出身選手初のリーグ最優秀選手賞(MVP)を受賞するなど、飛躍を遂げた。昨年末にアルドハイルからオファーが届いたが、クラブから慰留されて一度は破談となった。しかし、交渉は続けられており、4日のFC東京とのルヴァン杯決勝後に決意を固めた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4dfd1dbf775ee9b3717748b5dcd32ae333f4a475
1/6(水) 3:58配信

no title


no title


no title


https://www.youtube.com/watch?v=2_MjwgCyNHw&t=17s

【㊗2020J1得点王】オルンガ(柏レイソル)全ゴール集|明治安田生命J1リーグ

https://www.youtube.com/watch?v=fUIE0BY7aac

オルンガのチャント 20191006

<オルンガ(柏レイソル)>カタール1部から正式オファー!移籍金約7億5600万円を提示..クラブ間大筋合意。あとは本人次第 

1: 2021/01/05(火) 06:17:11.08 _USER9
今季J1得点王でリーグMVPの柏、マイケル・オルンガ(26)がカタール1部アルドハイルから正式オファーを受けたことが4日、分かった。すでに移籍金推定約600万ユーロ(約7億5600万円)を提示されており、クラブ間では大筋で合意。あとは、本人の決断に委ねられることになった。

 オルンガは18年夏に柏へ加入。同年はJ2降格を経験するも、翌年就任したネルシーニョ監督の下で開花した。昨年7月18日の湘南戦を皮切りに7試合連続得点をマーク。得点ランク2位のFWエヴェラウド(鹿島)に10点差をつける28得点を挙げ、クラブ初の得点王に輝いた。

 現在カタール1部で2位のアルドハイルは、かつて日本代表FW中島翔哉(26=ポルト)が所属していた。昨年オルンガの元へオファーが届くも、本人の柏愛が強く一度は破談。しかし、交渉は水面下で進められていた。今後はケニア代表としての活動も念頭に熟考するとみられるが、Jリーグの歴史に名を刻んだ“怪物FW”の去就に注目が集まる。

1/5(火) 5:20 スポニチ
https://news.yahoo.co.jp/articles/35fb3e15850f6d204daa69eb0d64cdcf9ac82925

写真
no title

オルンガ封じたFC東京…アンカー森重「うまく封じられた」渡辺「抑えられて報われた」ルヴァン杯決勝 

1: 2021/01/04(月) 22:08:42.75 _USER9
[1.4 ルヴァン杯決勝 柏1-2FC東京 国立]

 アンカー起用で無失点に貢献したFC東京のDF森重真人は試合後のオンライン取材で、「長かった。やっと優勝できたということで嬉しかったし、決勝で負けてしまったら嫌だなと思っていたので、勝って終わることができてほっとしている」と優勝の喜びを語った。

 日本代表のセンターバックとしてブラジルW杯のピッチにも立った森重だが、ACLを含む今季の終盤戦は中盤の底で奮闘していた。「コンバートしてから安定して落ち着いたゲーム運びができるようになった」(長谷川健太監督)。短期決戦を意識したオプション布陣は、ルヴァン杯決勝という大一番でも完璧に機能した。

 対戦相手の柏レイソルはリーグMVPと得点王をダブル受賞したFWオルンガを筆頭に、周囲を動き回るMF江坂任、FWクリスティアーノが攻撃のキーマン。長谷川監督も「分かっていてもなかなか止められない」と警戒は隠さず、オルンガを自由にさせないことと、配球役に警戒することの両方を意識して試合に入ったという。

 そこで存在感を放ったのがアンカーの森重だった。オルンガにボールが入る際は必ずといっていいほどトップ下の江坂が絡んでいくが、的確な読みと対人の強さでここを封鎖。さらにDFジョアン・オマリ、DF渡辺剛が最終ラインで粘り強い対応を繰り広げることで、オルンガにほぼ仕事をさせないまま試合を締めた。

「攻めているときのリスク管理とカウンターに注意をして、ジョアンと剛と自分の真ん中3人でコミュニケーションを取りながらうまく封じられた」(森重)。

「オルンガ選手はスキを与えたら得点を取るのはわかっていた。どの選手よりも能力がある。スキを与えず、相手が嫌がるプレーをやること。一発目に強くいくのは嫌だろうし、あとは気持ちでなんとかなった。今シーズンは苦しいシーズンだったので、Jリーグナンバーワンのストライカーを抑えられて報われた」(渡辺)。

 そう振り返った守備陣について、長谷川監督も「オルンガのシュートの迫力を減らせるかが大きなポイントだった。選手たちが理解して今日の試合でやってくれた。もちろん危ない場面もあったが、集中して最後までやれた」と称えていた。

no title


1/4(月) 19:48
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210104-43915267-gekisaka-socc

「日本で伝説的地位を確立した方法」 “MVP”オルンガの飛躍に母国注目「ある秘密がある」 

スクリーンショット 2020-12-29 13.00.03




1: 2020/12/29(火) 05:51:08.28 _USER9
今季28ゴールで得点王と年間最優秀選手に輝いたオルンガ「体力面を改善させる機会」

 柏レイソルのケニア代表FWオルンガは、12月22日に行われたJリーグアウォーズで年間最優秀選手(MVP)に輝いた。得点王、年間ベストイレブンと今季の賞を総なめにしたストライカーについて、地元メディアは「猛烈な執行人オルンガが日本で伝説的地位を確立した方法」と取り上げている。

 オルンガは2018年夏に柏に加入するも、同年にはJ2降格を経験。昨季はリーグ戦30試合で27得点を挙げ、最終節の京都サンガF.C.戦では1試合8得点という歴史的快挙を成し遂げた。J1に昇格した今季は規格外のフィジカル能力を生かし、32試合で28得点をマーク。2位の鹿島アントラーズFWエヴェラウドに10点差をつける独走で得点王に輝いた。

 アフリカ出身選手としては初のMVP受賞となるが、ケニア紙「The Standard Sport」は「猛烈な執行人オルンガが日本で伝説的地位を確立した方法」と見出しを打ち、「コロナウイルスに襲われたシーズンで収めた成功の背景に、ある秘密がある」と取り上げている。

 記事では、「パンデミックは世界中のサッカー活動と競争力を低下させる事態を招いたが、オルンガにとっては試合における体力面を改善させる機会がもたらされることになった」と説明している。

 オルンガは驚異的なペースでゴールを積み重ねたが、その背景には継続的にプレーするための努力があったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/aa695cf5aedd4044c3896fe7fedc7b6406ec6137
12/29(火) 5:45配信

J1得点王「オルンガ」中東移籍の可能性浮上! カタールメディア報道「アル・ドゥハイルに向かう途中」 

1: 2020/12/28(月) 22:54:02.76 _USER9
かつて中島翔哉も所属したアル・ドゥハイルが接触か

今季のJ1リーグMVPと得点王に輝いた柏レイソルのケニア代表FWマイケル・オルンガは、中東移籍の可能性が浮上している。
カタールメディア「スタッド・アル・ドーハ」が報じた。

オルンガは2018年夏に柏へ加入すると、そのシーズンはJ2降格という結果になったものの、翌年に30試合で27得点をマークして柏のJ2優勝と昇格に大きく貢献。
そして今季、圧倒的な得点能力で28得点を挙げるとMVPと得点王のダブル受賞となった。

しかし、そのオルンガについて同メディアでは公式ツイッターで
「日本の得点王である柏レイソル、ケニアのマイケル・オルンガがアル・ドゥハイルに向かう途中です」と報じた。

アル・ドゥハイルは過去に日本代表MF中島翔哉(ポルト)もプレーしたカタール1部で7回優勝を誇る同国の代表的なクラブ。
Jリーグに旋風を巻き起こしたストライカーは、中東にその活躍の場を移すことになるのだろうか。

12/28(月) 22:32配信 フットボールゾーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/5da293ac4cd7e5d353444b152c78ad58af94082a

写真
no title

「セリエAからの勧誘が…」JリーグMVPのオルンガ、今冬にイタリア移籍も!? 伊メディアが去就情報を報道 

1: 2020/12/26(土) 15:20:02.15 _USER9
「彼はキャリアの一歩を踏み出す野心がある」

興味深い情報が舞い込んできた。

 現地時間12月25日、イタリアの移籍専門メディア『Calciomercato』が、柏レイソルに所属するケニア代表FWのマイケル・オルンガが、来る1月に開く欧州の移籍市場でJリーグを離れる可能性を指摘した。

そのパワフルさは、まさに大砲だ。2018年の8月に柏へ移籍したオルンガは、チームがJ2に降格した入団2年目にシーズン27ゴールをマーク。大きな期待を背負った今シーズンは、開幕からコンスタントに得点を量産。32試合で28ゴールを挙げ、J1得点王になるとともに、アフリカ人選手では史上初となるJリーグMVPを受賞していた。

 ライバルたちを圧倒する力強いプレーで一躍ブレイクを果たした26歳は、欧州でも注目の的だ。『Calciomercato』によれば、セリエAクラブからの関心が寄せられているという。

 同メディアは、「誰もが記憶しているカレッカも来た柏の黄色いユニホームを身に纏って日本を征服した」とオルンガを称えたうえで、「彼はキャリアの一歩を踏み出す野心がある」と続けた。

「26歳のオルンガは野心を捨ててはいない。彼はヨーロッパに戻りたいと思っている。そして彼のもとには、イタリアのセリエAからの勧誘もあるようだ」

 さらに同メディアは、「イタリアのクラブは、『たかが日本だろう』という偏見を捨てるべきだ」とオルンガへの太鼓判を押してもいる。

「イタリアのクラブは彼の経歴を踏まえて獲得を熟考していることだろう。そして、地球の隅々には、優れたプレーヤーがいると驚いているはずだ。いまやイタリアのクラブが必要とするのは、彼を獲得するための少しの勇気だけだ」

 Jリーグで圧倒的な存在感を放った点取り屋は、はたして今冬にイタリアでの挑戦を決断するのか。仮にそうなれば、柏にとって小さくない痛手となることは必至だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/11d2b57a28c6611204e69505dbfd75f5bffafd54
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索