Samurai Goal

オランダ代表


スポンサード リンク





35歳スナイデルが現役引退を表明…インテルで“親友”長友とプレー  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/13(火) 07:09:48.71 ID:i5FrjikD9
元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデルが現役引退を明かした。
オランダ紙『デ・テレグラフ』が12日に伝えた。

スナイデルは同日に地元クラブのユトレヒトと契約を締結。
ただ、選手としてではなく、本拠地ガルゲンワールド・スタディオンにあるビジネスラウンジの利用とユトレヒト・ビジネス・クラブ加入に関する契約にサインしたという。

その際にクラブ公式チャンネルのインタビューで「この街への思いは強い。僕は今、フットボールをプレーすることを辞めた。
僕の思い出を共有できる素敵な場所がほしいんだ。ここに自分のオフィスを設置する予定だ」とコメント。現役引退とビジネスマンへの転身を明かしている。

現在35歳のスナイデルは、アヤックスの下部組織出身で2003年2月2日のヴィレムII戦でトップデビューを飾った。
2007年夏にレアル・マドリードへ移籍し、07-08シーズンのリーガ・エスパニョーラ制覇に貢献。
2009年夏にはインテルに加入し、09-10シーズンにセリエA、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグの三冠達成を支え、
2011年1月~2013年1月には日本代表DF長友佑都ともプレーした。
その後はガラタサライ、ニースを経て、2018年1月からはカタールのアル・ガラファに在籍していた。
クラブキャリアでは通算573試合に出場し、152ゴールを記録している。

また、オランダ代表では2003年4月30日のポルトガル戦でデビューし、2018年3月に引退を表明して同9月に引退試合を行っていた。
代表では歴代最多の通算134試合に出場し、31ゴールをマーク。
2010年の南アフリカ・ワールドカップでは日本戦で決勝ゴールを決めていた。

なお、この夏には同じく元オランダ代表のFWアリエン・ロッベンも現役を引退。
その他、元スペイン代表のMFシャビとFWフェルナンド・トーレス、元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランなどもスパイクを脱ぐ決断をしている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190813-00967444-soccerk-socc
8/13(火) 2:27配信

no title

http://www.soccerdigestweb.com/files/topics/35753_ext_04_0_L.jpg

オランダの逸材デリフト(19)を移籍金約93億7500万円でユベントスが獲得! バルサ、パリSGなど“大争奪戦”を制す  

1: Egg ★ 2019/07/17(水) 08:58:22.55 ID:5TgYAeYJ9
気になる契約内容は?

写真
no title


現地時間7月16日、ユベントスが、アヤックスからオランダ代表DFのマタイス・デリフトの獲得を内定させた。

 ユーベは公式サイトで、同日にデリフトがトリノのカゼッレ空港に到着したことを動画付きで報告。その足でメディカルチェックに向かったことも伝えた。

 メディカルチェックで問題がなければ、晴れて正式契約となるデリフト。移籍の詳細についてまだ明からかになっていないものの、イタリア・メディア『Sky Italia』などによると、移籍金は7500万ユーロ(約93億7500万円)、年俸は750万ユーロ(約9億4000万円)+ボーナスとなったと報じられている。

 また、ミーノ・ライオラ代理人がこだわったとされる契約解除金は、1億5000万ユーロ(約187億5000万円)に設定されたようだ。

 19歳ながら名門アヤックスのキャプテンを担い、18-19シーズンはエールディビジ優勝とチャンピオンズ・リーグ準決勝進出に貢献したデリフトは、そのずば抜けたポテンシャルで、今夏の移籍マーケットでメガクラブ垂涎の存在となっていた。

 バルセロナ、パリ・サンジェルマン、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、マンチェススター・シティと、メガクラブがこぞって参戦した“大争奪戦”は、当初、バルサとパリSGがデッドヒートを繰り広げていたが、6月中旬に入ってポールポジションに立ったユーベがライオラ代理人との交渉を巧みに進め、早々に個人合意。クラブ間の話し合いにはやや時間を要したものの、最終的にアヤックス側の条件を飲む形となった。

 16日に公式SNSでデリフトは次のようにファンへ挨拶をした。

「やぁ、ビアンコネーリ。マタイスだ。ここに来られて本当に嬉しいよ」

 オランダ・サッカー界の未来を担う新鋭DFは、新シーズンから智将マウリツィオ・サッリが指揮を執るイタリアの絶対王者でいかなるパフォーマンスを見せるのか。大きな注目を浴びそうだ。

7/17(水) 6:07 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190717-00060825-sdigestw-socc

<ドイツ>オランダに3点差の敗北は史上初!ボールは保持するも守備の脆さを突かれて失点重ねる... 

1: 2018/10/14(日) 06:30:36.00 _USER9
3失点目ではドリブルでの中央突破を許す…

no title


10月13日(現地時間)、UEFAネーションズ・リーグ(NL)が行なわれ、リーグAのグループ1では、オランダが3-0でドイツを下した。
 
 オランダが1敗、ドイツが1分けで迎えたアムステルダムでの一戦、開始3分でベルフバインのスルーパスにデパイが反応し、ホームチームがチャンスを掴みかけるが、ドイツは飛び出したGKノイアーが先にボールに追いついてこれを防ぐ。
 
 その後は互いにボールを回してチャンスを窺う時間が続いたが、15分、ドイツは左サイドの連係プレーからヴェルナーがDFラインの裏に抜け出す。しかし、GKシレッセンにコースを塞がれ、シュートはゴールマウスを捉えられない。
 
 これをきっかけにドイツは攻勢を強め、17分にもヴェルナーが左からペナルティーエリアに侵入し、その1分後にはCKからクロースの横パスを受けたミュラーが枠内へのダイレクトシュート、その直後にもウートがフィニッシュまで持ち込む。
 
 オランダは20分にFKからデリフトがファーストシュートを放つが、その直後にはDF陣がボールの処理にもたついてウートに奪われてシュートを許すという、危ない場面を迎えた。
 
 しかし、ホームチームはここから攻勢に転じ、30分、CKでバベルが競り勝ってヘディングシュート。これはクロスバーにはね返されるも、ファン・ダイクが詰めて先制ゴールを奪う。
 
 これで勢いを得たオランダは、選手の動きが良くなり、今ひとつプレーのスピードが上がらないドイツにプレッシャーをかけて奪い、良いかたちで次々に攻撃を仕掛ける。34分に右サイドを抜け出したダンフリーズが高速クロスでドイツDF陣を慌てさせ、38分にはベルフバインがきわどいミドルを放つ。
 
 さらに42、45分にもデパイが得点機を迎えたオランダは、攻勢のまま前半を終えた。
 
 一方のドイツは守備に難があり、前を向いてドリブルできるだけの時間とスペースをオランダに与え続け、多くのピンチを迎える羽目となった。攻撃では、38分にミュラーがエリア内でシュートチャンスを得るもボールはサイドネット外、42分のウートのヘディングシュートも力なくシレッセンにキャッチされた。
 
 後半、先に決定機を迎えたのはアウェーチーム。53分、左からのクロスがウートの頭に合うも、前にいたバベルにブロックされる。左サイドから攻撃を仕掛けるドイツは、その後も交代出場のドラクスラー、そしてウートがクロスからダイレクトシュートを放つも、ゴールネットを揺らすことはできない。
 
 57分にミュラーからザネが投入されたことで攻撃が活性化され、ドイツはオランダを押し込む。左から積極的にドリブルで勝負を仕掛けたり、ミドルを狙ったザネは65分、キミッヒのスルーパスを受けてエリアに侵入するが、決定的なシュートはゴール前を通過してしまう。
 
 70分にはエリア外でのパス回しから、キミッヒの浮き球のパスをドラクスラーがダイレクトボレーで叩くも、わずかにクロスバーの上。72分には、ザネが技巧的なドリブルで複数の相手DFを翻弄する。74分のクロースのFKは、ゴール左外に逸れていった。
 
 時折、オランダの高速ドリブルによるカウンターを受け、76分にはデパイに危ないシュートを浴びたドイツだが、これをしのぎながら、後半は大部分の時間をオランダ陣内で過ごす。78分にはブラントがエリア内でダイレクトシュートを放つも、DFにブロックされた。
 
 集中してドイツの攻撃をはね返し続けるオランダは80分、中盤でのボール奪取からカウンターを仕掛け、ヴァイナルダムがフリーでの得点機を迎えたが、シュートは大きく浮いてしまい、ドイツを引き離す絶好のチャンスを逃す。
 
つづく

10/14(日) 6:07配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-00048660-sdigestw-socc

UEFAネーションズ、フランスが“ムバッペ&ジルー弾”でオランダを撃破!! 

GettyImages-1029965346-800x533
1 2018/09/10(月) 05:44:46.81 _USER9
UEFAネーションズリーグのリーグA・グループ1の第2節が9日に行われ、フランス代表はホームでオランダ代表 ロシア・ワールドカップを制して以来、初のホーム戦となったフランスは、14分にキリアン・ムバッペの得点で先制したが、67分にライアン・バベルのゴールでオランダに追いつかれる。それでも75分にジルーがボレーを沈め、凱旋マッチを勝利で飾った。

【スコア】
フランス代表 2-1 オランダ代表

【得点者】
フランス代表:ムバッペ(14分)、ジルー(75分)
オランダ代表:バベル(67分)

【スターティングメンバー】
フランス代表(4-2-3-1)
アレオラ;パヴァール、ヴァラン、ユムティティ、リュカ(62分 メンディ);カンテ、ポグバ;ムバッペ、グリーズマン(81分 エンゾンジ)、マテュイディ;ジルー(89分 デンベレ)

オランダ(3-4-3)
シレッセン;デ・リフト、ファン・ダイク、ブリント;テテ(82分ヤンマート)、プレパー、F・デ・ヨング、バベル(88分 L・デ・ヨング);プロメス、デパイ、ワイナルドゥム(76分 フォルマー)

9/10(月) 5:37配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180910-00828254-soccerk-socc

オランダ代表のレジェンド、スナイデルの代表引退に別れを惜しむ声 

GettyImages-1027917632-800x533


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索