20190516-43467055-gekisaka-000-1-view[1]




1: 豆次郎 ★ 2019/05/16(木) 06:21:53.20 ID:zFsWgz4r9
5/16(木) 5:59配信
[5.15 エールディビジ第33節延期分 デ・フラーフスハップ1-4アヤックス]

 オランダ・エールディビジは15日、最終節後に延期されていた第33節を消化し、アヤックスが5シーズンぶり34回目の優勝を決めた。KNBVカップ(オランダ国内杯)に続いて2冠を達成。年間ゴール数はリーグ歴代3位の記録となる119点に到達した。

 アヤックスがUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)準決勝に進出していたため、最終節の終了後に組み込まれた第33節。引き分け以上で優勝が決まる首位のアヤックスは、敵地で入れ替え戦圏内17位に沈むデ・フラーフスハップと対戦した。

 前半37分、MFラセ・シェーネのゴールで先制したアヤックスだったが、同44分に失点。それでも同44分にDFニコラス・タグリアフィコのゴールで勝ち越すと、後半にFWドュサン・タディッチが2得点を挙げ、見事に4-1の快勝を収めた。

 シーズン通算成績は28勝2分4敗。ウィンター・ブレイク以降はやや苦しむ時期もあったが、119得点32失点の得失点差+86という圧倒的な攻撃力を誇り、2位のPSVを勝ち点3差で振り切った。

 欧州CLこそ劇的な逆転負けを喫してしまったが、KNVB杯に続いて国内2冠を達成。中盤の主軸を担うMFフレンキー・デ・ヨング(21)のバルセロナ移籍が決まり、19歳で主将を担うDFマタイス・デ・リフト、MFドニー・ファン・デ・ベーク(22)もビッグクラブ流出が取りざたされている中、世界にその名を轟かせた若きチームが集大成を飾った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190516-43467055-gekisaka-socc