Samurai Goal

オランダ


スポンサード リンク





サッカー日本代表、10月にカメルーン・コートジボワールと親善試合決定。フル欧州組で 

スクリーンショット 2020-09-11 15.41.49




1: 2020/09/11(金) 14:43:36.29
日本サッカー協会は11日、日本代表が10月にオランダ遠征を行い、カメルーン、コートジボワールと親善試合を行うことを発表した。リモートマッチ(無観客試合)で開催。今年は新型コロナ禍の影響で日本代表戦が行われておらず、20年の初戦となる。

 国際Aマッチデーの10、11月には当初、W杯カタール大会アジア2次予選が予定されていたが、コロナ禍で来年に延期。招集に拘束力のある期間を有効活用するため、国内外で活動方法を模索してきた。

 オランダは日本から直行便があり、欧州からも選手が集まりやすい立地。また欧州の他の国に比べ感染爆発というほどには至っておらず、日本からの渡航者や日本人に対して入国後の行動に制限を設けていないことなども合宿地決定の背景にあった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200911-00000155-spnannex-socc

イタリアが昨季ファイナリスト・オランダに勝利 ノルウェーはハーランドが2ゴール 

スクリーンショット 2020-09-08 7.55.46




1: 2020/09/08(火) 06:07:52.48 _USER9
UEFAネーションズリーグ第2節が7日に行われた。

リーグAでは、昨季のファイナリスト・オランダがイタリアと対戦。前半終了間際にニコロ・バレッラのゴールでイタリアが1点を先制すると、試合はそのまま終了。イタリアが1-0で今季初勝利を手にしている。

同グループで、ボスニア・ヘルツェゴビナとポーランドが対戦。バイエルン・ミュンヘンでシーズンを最後まで戦っていたため、ロベルト・レヴァンドフスキ不在のポーランドだったが、2-1で逆転勝利を収めている。

リーグBでは、ノルウェーがアーリング・ハーランドの2ゴールで、北アイルランドに5-1と大勝を収めている。

リーグBのグループ1、2では、初戦を白星で飾っていたオーストリア、チェコが敗れており、連勝チームはなくなっている。

試合結果は以下の通り。

■リーグA
オランダ 0-1 イタリア
ボスニア・ヘルツェゴビナ 1-2 ポーランド
■リーグB
オーストリア 2-3 ルーマニア
北アイルランド 1-5 ノルウェー
チェコ 1-2 スコットランド
イスラエル 1-1 スロバキア
■リーグC
アルバニア 0-1 リトアニア
カザフスタン 1-2 ベラルーシ

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e5482b585239c326d33cb7c82711850ae5c22e6

<久保建英>新天地にオランダ名門アヤックスが浮上…2年レンタルの可能性 

スクリーンショット 2020-07-29 8.46.45




1: 2020/07/29(水) 07:10:01.29 _USER9
レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英のレンタル先に、アヤックスが浮上しているようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

19歳の久保は昨夏、5年契約でマドリーへと加入。2019-20シーズンはマジョルカへとレンタル移籍して主力として活躍したものの、チームが2部降格となったため、再びレンタル移籍先を探す必要に迫られている。

ここ数週間中には、来季チャンピオンズリーグに出場するセビージャが候補に挙がっていたが、新たにアヤックスも獲得に興味を示しているという。同クラブは2年レンタルでの獲得を模索しているようだ。

なお、2019-20シーズンのエールディヴィジは打ち切りとなり、優勝チームなしで終了。だが、アヤックスは1位のままシーズンを終え、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得している。

オランダ屈指の名門クラブであり、伝統的にテクニシャンを重んじてきたが、

久保の選択はどのようなものになるだろうか。

7/29(水) 7:05配信 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/7bbfeaafefeaf2d6771eef2b08c19aab77d0391b

【サッカー】<久保建英>レアル・ソシエダードも獲得希望! 地元紙 [Egg★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595973815/

「日本のチームに行く話もあった」 オランダの英雄フリット、Jリーグ創設時の噂に言及 

1: 2020/06/09(火) 08:15:41.84
「BBC」でチェルシーに移籍した1995年当時を回顧

 元オランダ代表FWルート・フリット氏が、イタリアからイングランドに渡ったのは25年も前のことだ。
当時はセリエAが世界最高峰のリーグであり、プレミアリーグは現在ほどの盛り上がりを見せていなかった。
キャリアの晩年でチェルシーへ移籍したフリット氏が、英公共放送「BBC」で当時を振り返っている。

フリット氏は自身がイングランドに渡った1995年が、プレミアリーグにとって一つの転機になったと語っている。

「あの夏は、もしかしたらプレミアリーグが現在のように変わっていく第一歩だったかもしれない。
当時はイタリアが王様だった。最高の選手は、みんなそこにいた。
イングランドは欧州でトップレベルに戻るために、海外から多くの選手を獲得しようとした。
デニス・ベルカンプ、ダビド・ジノラ、ジュニーニョ(・パウリスタ)は、私と同じ時にイングランドに来たんだ。

 私個人としては、冒険という感覚だったね。もうすぐ33歳になる時で、長きにわたってトップでプレーを続け、多くのものを勝ち取ってきた。
なかには、引退後に備えて年金を稼ぎに来たと思った人もいたかもしれない。でも、彼らは間違っていたね」

 1995年というと、日本のJリーグができて間もない頃。
欧州ではフリットの日本行きも噂されていたという。
だが、「チェルシーはパラダイスだった」というフリット氏は、他クラブとの交渉が進展していなかったことを明かしている。

「新聞では、いろいろな国のいろいろなチームへの移籍が報じられた。
バイエルン・ミュンヘンは一つだったし、ガラタサライもあった。モナコ、フェイエノールト、さらには日本のチームへ行くという話さえ出ていたね。

でも、どのクラブとも話し合いをしていない。1995年の5月にミラノで(当時チェルシー監督の)グレン(・ホドル)と会い、契約することを決めたんだ」と、説明している。

選手年俸の高騰にも意見 「多くの金額を貰い過ぎている選手がいる」

それまで黄金時代を過ごしたACミランやサンプドリアでは、攻撃的なポジションでプレーしていたフリット氏だが、
チェルシーではスイーパーの位置でプレーした。これは、彼自身の提案によるものだったという。

「チェルシーでスイーパーとしてプレーするように言ったのは、グレンじゃないんだ。
あれは加入する際、私が提案したんだ。攻撃的MFとしてプレーしていたイタリア時代とは異なり、後ろでプレーしたかったんだ。キャリアの最初は、あのポジションを務めていて大好きだったからね」

 だが当時、“キック・アンド・ラッシュ”が主流だったイングランドで、ボールをつなぐことを望むフリットのスタイルは、受け入れられなかったという。

「問題は、私は当時のプレミアリーグであのポジションを務めるには、適していなかったんだよ。
ロングボールがペナルティーエリア内に蹴られてくると、私はそれを胸でトラップして、そこから組み立てようと周囲を見渡すんだ。
するとグレンに『ルディ(フリットの愛称)、ノー、ノー、ノー。
君がやりたいことは理解できるよ。でも、他のDFが困ってしまうんだ』と、注意されたんだ。
今のプレミアリーグのDFは、最終ラインから組み立てようとしているから、現在なら機能しただろうけどね」

 その後、チェルシーで選手兼監督を務め、解任された後には、ニューカッスルを率いたフリット氏は、新型コロナウイルスによる被害拡大は、クラブが経営面を見つめ直すタイミングだと感じているという。

「私からすると、今のイングランドには、それほど上手くもないのに、あまりにも多くの金額を貰い過ぎている選手がいる。
大スターが、大金を得るのはOKだ。でも、そこにかすりもしない者も、大金をもらっている。
お金はプレミアリーグを良い意味で変えてきた。
でも、こうした事態が再び起きて、現在と同じ金額を使い続けていれば、多くのクラブは破産するだろう。気を付けなければいけないし、やり方を変えるべきかもしれないね」

 イングランドのサッカー界に、少なくない影響を与えたフリット氏。「イングランドに行ったことを少しも後悔していないよ」と言う彼が、もしJリーグに来ていたら、日本のサッカーの歴史も、また変わっていたかもしれない

https://news.yahoo.co.jp/articles/efd0480eb060a48cd8175ddb1835f593cf1ea671

6/9(火) 7:30配信

no title


https://image.middle-edge.jp/medium/

「おそらくオランダには戻らない…」中村敬斗はガンバ大阪に復帰? 現地紙がトゥベンテ退団の可能性を指摘! 

20200529-00010012-sdigestw-000-2-view




1: 2020/05/30(土) 05:33:39.14
開幕戦からの鮮烈デビューも…

昨夏にオランダ・エールディビジに鳴り物入りで参戦したトゥベンテの中村敬斗が、苦境に立たされている。

現地時間5月29日、トゥベンテの地元紙『Tubantia』は、現在ガンバ大阪から2年間のレンタル移籍中の中村とクラブが契約解消に向けた話し合いを行なっていると報じた。

2019年5月に開催されたU-20ワールドカップでインパクトを残した中村は、大会後の7月に2021年6月30日までの期限付きでトゥベンテに加入。PSVとのエールディビジ開幕戦から2戦連続ゴールを決めるなど、鮮烈なスタートを切った。

だが、ウインターブレイク以降は出場機会が激減。エールディビジが打ち切りになるまでの全8試合でスタメン落ちをし、そのうち4試合は出場なしと大きく序列を下げていた。

エールディビジでは17試合で4ゴールという結果に終わった若きサムライ戦士について、『Tubantia』は、
「テクニカルディレクターのテッド・ヴァン・レーヴェンはナカムラを『素晴らしい才能をもたらした小さな奇跡だ』と評したが、ウインターブレイク明けからはほとんどプレーできていない」と綴り、こう続けた。

「19歳の日本人はガンバ大阪から2年契約で雇われたが、エールディビジでの圧倒的なスタートの後に失速。一部のファンからは冷笑されるまでになってしまった。今は日本に帰国中だが、全ての当事者は契約解消の方法を模索している」

この一報を伝えたオランダ・メディアの『Football Oranj』は、「ナカムラとトゥベンテは契約打ち切りの見込みとなっている」と速報。さらに『RTV』も「すでに帰国してしまったナカムラはおそらくオランダには戻らない」とした。

契約解消となった場合には、保有権を有しているガンバ大阪にレンタルバックされる格好となるが、中村はどのような決断を下すのか。東京五輪出場も期待される俊英アタッカーの動向から目が離せない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c7f639c131df18c7fdef658341cbdcb472d04dc2
5/29(金) 20:44配信

オランダのサッカー選手を一人思い浮かべてください 

20200313_van-Basten_Sneijder_Cruijff_Bergkamp_Gullit_GettyImages




1: 2020/04/14(火) 02:57:03.10
ファン・ニステルローイですね?

<小野伸二>オランダ紙の“フェイエノールト歴代ベスト11”選出!「ベルベットタッチに…」 

1: 2020/04/06(月) 20:13:11.96
在籍5年間で112試合19得点を記録し、UEFAカップ制覇にも貢献
no title



オランダ1部のフェイエノールトは、リーグ優勝10回、国内カップ戦優勝12回、UEFAチャンピオンズカップ(現チャンピオンズリーグ)優勝1回、UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)優勝を誇る強豪だ。これまで日本人選手では元日本代表の2人、MF小野伸二(FC琉球)とFW宮市亮(ザンクト・パウリ)が在籍したが、オランダメディアが独自に“歴代ベストイレブン”を選出。天才・小野がオランダの名手たちとともに名を連ねている。

【動画】元日本代表MF小野伸二、オランダ人記者も魅了した魅惑のベルベットタッチ
https://www.football-zone.net/archives/255682/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=255682_6

 1998年に浦和レッズでプロデビューを飾った小野は、4年目の2001年にオランダのフェイエノールトへ移籍。すぐさまスタメンに定着すると、UEFAカップ制覇に貢献。翌年にはチャンピオンズリーグ予備予選で2ゴールを挙げ、本選出場に導くなど、主力として君臨した。2004-05シーズン以降は故障が増え、疲労骨折も経験。06年1月に浦和へ復帰することになった。

 フェイエノールト在籍5シーズンで112試合19得点。数字もさることながら、プレーでも魅せる選手だった。

 オランダ紙「De Gelderlander」は「史上最高のフェイエノールト」というテーマで、これまで所属した選手たちを対象にベストイレブンを選出。2001年からフットボールライターを務めるマーテン・ウィジュフェルス氏は、4-3-3の攻撃的MFに小野を配置した。

「たくさんの選択肢があるが、私のフットボール魂は、世紀の変わり目直後(2001年)のシンジ・オノと彼のベルベットタッチによって息づき始めた。ストライカーの頭に合わせてフリーキックを送る技術、ボールを収めて左右両足でシュートする能力とも素晴らしい。小野がいるところには安心感があった」

 そのほかには元オランダ代表MFジョバンニ・ファン・ブロンクホルスト、3トップにはFWロビン・ファン・ペルシー、FWピエール・ファン・ホーイドンク、“ミスター・フェイエノールト”と呼ばれたFWクーン・ムーラインといったクラブ史に名を残す選手たちが名を連ねており、改めて小野の偉大さを感じさせる選出結果となっている。

4/6(月) 19:30配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200406-00255682-soccermzw-socc

新型コロナ感染の田嶋会長 アイルランド・オランダ・米などに出張 ハグ・握手・チュッなどの挨拶も行う 

1: 2020/03/18(水) 14:31:31.83
no title

コロナ感染の田嶋会長 2月下旬から3月上旬にかけ、英国やオランダ、米国に渡航 

202003170000728-w1300_0




1: 2020/03/17(火) 18:34:55.27
日本サッカー協会の田嶋幸三会長(62)が新型コロナウイルス検査で陽性だったことが17日、関係者の話で分かった。

田嶋会長は2月下旬から3月上旬にかけ、会議への出席や女子ワールドカップ(W杯)の招致活動、
親善試合視察のために英国やオランダ、米国へ渡航した。
https://www.nikkansports.com/soccer/news/202003170000728.html

「もう少し期待していた…」本田圭佑の“再デビュー”に蘭メディアは落胆! ファンの8割は「過大評価」と判断  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/26(火) 06:10:25.52 ID:MJWAkTDx9
SNSでも辛辣意見が上がる

日本サッカー界のカリスマが186日ぶりにピッチに帰ってきた。

現地時間11月24日に行なわれたエールディビジ第14節で、敵地でスパルタ・ロッテルダムと対戦したフィテッセは0-2で敗れた。

今月6日にフィテッセに電撃加入をし、注目を集めていた本田圭佑は、エールディビジでは3628日ぶりの出場となったこの試合で、4-2-3-1のトップ下で先発入り。
ゲーム序盤から81分に退くまで精力的なプレーを見せた。

しかし、チームを4試合ぶりの勝利に導く決定的な仕事ができなかった本田には、早くもファンから不満の声が上がっている。

オランダ・メディア『Voetbal Flitsen』は、「多くのフィテッセ・サポーターはホンダにもう少し期待をしていた。
現時点では彼が違いを生みだしたとは考えていない」と、デビュー戦がやや期待外れな結果となったことを紹介した。

さらに地元紙『De Gelderlander』は、「ホンダは過大評価されているか?」というテーマのアンケートを実施。
およそ80パーセントのファンが「イエス」と回答している。

同紙はツイッターで目立った本田のデビュー戦に対するファンの反応をまとめて紹介。
いずれも手厳しいものが並ぶ結果となった。

「我々はスポーツカーのような馬力があると思っていた」
「ホンダがより多くのことをもたらすとは思えない」
「ホンダはこの先、どのように適応するか。時間がかかりそうだ」
「これ以上のハードワークを33歳の彼に求めるのは酷か……」

たった1試合で辛辣な評価を受けるのは、期待の裏返しとも言える。チームの結果が付いてくれば、おのずと本田への見方も変わってくるはずだ。
それまでは辛抱強く、ピッチ上で良いパフォーマンスを見せ続けるしかないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191126-00010000-sdigestw-socc
11/26(火) 5:30配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20073385
試合スコア

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/292000/291256/news_291256_1.jpg
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索