Samurai Goal

オファー


スポンサード リンク





元日本代表監督のアギーレ氏、Jクラブからのオファーを検討中か 

1: 2020/09/22(火) 14:44:22.41 _USER9
スペイン『マルカ』のメキシコ版は20日、元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏がアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)とJリーグのクラブからオファーを受けていることを報じた。

 アギーレ氏は2014年8月に日本代表の指揮官に就任。15年1月のアジアカップではグループリーグ3連勝で首位通過を果たしたが、準々決勝でUAEにPK戦の末に敗れ、ベスト8で敗退した。15年2月に契約解除となった後はアルワフダ(UAE)、エジプト代表の監督を歴任し、19年11月にラ・リーガ1部で最下位に低迷していたレガネスへ。一時残留圏内に浮上させるなどチームを立て直したが、最終節レアル・マドリー戦(△2-2)の結果により、18位での2部降格が決まった。シーズン終了後に退任し、現在はフリーとなっている。

 メキシコ版『マルカ』のアンドレ・マリン氏によると、アギーレ氏は監督としてのキャリア続行に向け、MLSかJリーグという2つの選択肢を持っているという。どちらの新天地もアギーレ氏の好みに合っているとし、「彼はオファーを検討し続けている」と伝えている。

 また、同紙は「メキシコ史上最高の指揮官」と称するアギーレ氏の将来について「次のステップを終えた後、監督としてメキシコに戻るか、メディアで働くことを検討している」とレポートした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fc636b25bc0406fd9badfef870464b94100b2ef7
no title

スアレス、アメリカからのMLS史上最高額オファーを拒否 年俸800万ユーロ(約10億円) 

1: 2020/09/19(土) 21:20:10.02 _USER9
FCバルセロナのウルグアイ人FWルイス・スアレスは、デビッド・ベッカムが会長を務めるインテル・マイアミから受けた年俸800万ユーロ(約10億円)の4年契約を拒否している。『ESPN』が報じた。


スアレスのオファーは、ユヴェントスからインテル・マイアミに加入するゴンサロ・イグアインへのオファーを上回るものであり、MLSにおいて最高額だったという。

これまでのMLSにおける史上最高額年俸は、LAギャラクシーでプレーしたズラタン・イブラヒモビッチの600万ユーロ(約7億4,000万円)だった。

スアレスは、アメリカでプレーする可能性は残しているものの、ヨーロッパであと数シーズンプレーしたいと考えているようだ。先日もペルージャを訪れイタリア語の試験に問題なく合格している。

EU圏内の選手としてプレーするための事務的な手続きが済んでいないことに加え、エディン・ジェコの加入が秒読み段階のユヴェントスへの移籍は、スアレスの去就をより複雑なものにしている。

現在、レオ・メッシとラディスラオ・クバラに続いてバルサ史上3番目の最多ゴール数を誇る“エル・ピストレロ”は、監督ロナルド・クーマン率いるバルサでトレーニングを続けている。

オランダ人監督は、フレンドリーマッチ2試合(ジムナスティック戦とジローナ戦)にスアレスを招集していないものの、もし移籍先が決まらずにバルサに残留することになれば、再びチームの戦力として構想に入れると伝えている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e847f9c7136630d5ca3a91768f8dd96adff2ff68
no title

サラゴサ香川、カタールから「重要な獲得オファー届く」地元ニュースサイト報じる 

スクリーンショット 2020-09-11 6.29.52

ボローニャ冨安健洋へのオファーを拒否…クラブ幹部は「最も素晴らしい才能は手放さない」 

1: 2020/09/08(火) 19:34:11.61 _USER9
ボローニャに所属する日本代表DF冨安健洋の去就を巡り、クラブのテクニカルディレクター(TD)を務めるヴァルテル・サバティーニ氏が、7日付のイタリア紙『レプブリカ』ボローニャ版のインタビューで語った。

冨安は昨シーズン、シント=トロイデンから加入するとすぐさま右サイドバックのレギュラーとして定着。新型コロナウイルスの影響によりリーグが約3カ月にわたって中断された異例のシーズンにおいて、
リーグ戦29試合に出場。7月18日のミラン戦ではセリエA初ゴールもマークするなど印象的な活躍を見せた。

そんな21歳の日本代表DFは、今夏の移籍市場において熱視線を浴びる。かつて中田英寿氏も所属した名門ローマや、近年チャンピオンズリーグの常連だったナポリからの関心が伝えられたほか、
ニューカッスルやウェストハムなどプレミアリーグのクラブも獲得を目指し、移籍金2000万ユーロ(約25億円)を準備しているとみられる。

しかしボローニャのサバティーニTDは、こうしたオファーに応じる姿勢は見せない。21歳のガンビア代表FWムサ・バロウとともに、“非売品”であることを改めて強調した。

「バロウとトミヤスは唯一の“非売品”だ。日本人選手については、すでにいくつかのオファーに断りを入れた。すぐさま2000万ユーロの現金を手に入れることはできるはず。
しかし我々は中東のクラブのようなキャンペーンを行うつもりはない。少なくともこれに関しては(会長のジョーイ)サプートのおかげと言える。
どのクラブも選手を売っているが、ボローニャは違う。サプートは最も素晴らしい才能たちを手放さない」

またボローニャ幹部は、クラブの恵まれた環境を自負し、選手たちもボローニャ退団を望んでいないと主張。「選手たちはボローニャを離れたがらない。
多くの選手がより有利な条件の移籍を拒否しているんだ。名前を公にするのは問題なので言わないがね」と明かした。

9/8(火) 11:31配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/24ae1c38810800da47e5c8ae9cb7671f4d4d7d7c

写真

no title

<香川真司>中東からオファー!他トルコからも問い合わせが・・・今夏市場での移籍を模索 

スクリーンショット 2020-08-29 9.50.15




1: 2020/08/29(土) 00:52:32.96 _USER9
サッカースペイン2部リーグ、サラゴサの元日本代表、MF香川真司に対しカタールやサウジアラビアからの獲得オファーが届いているという。
スペインのサッカー情報などを扱うウェブサイト、エル・デスマルケが伝えている。

情報によると最も積極的に獲得に動いているのが上記2ヶ国で、他トルコからも問い合わせが届いている。
サラゴサにとっては香川の年棒50万ユーロ(約7600万円)は2部チームとしては高額で、チーム補強のために有力選手の放出に踏み切らなければならない状況にあるという。

また香川の代理人も今夏市場での移籍を模索しているとしている。

8/28(金) 17:39配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/f43c944391315da222ee6f1529749d172d502b0d

マンC、メッシ獲得に向けて主力4選手をオファーか…金銭約126億円も用意 

スクリーンショット 2020-08-29 7.04.43

メッシに“本命”マンCが総額720億円オファー検討 3年間プレー後にNY移籍さらにクラブの親善大使に… 

スクリーンショット 2020-08-27 18.23.26

バルサのサイクル終焉? ピケにプレミアからオファー、移籍の可能性をスペイン紙報道 

スクリーンショット 2020-08-26 20.15.59

メッシのバルサ退団秒読みか インテルは約322億円オファー マンC、パリSGも移籍先候補に 

スクリーンショット 2020-08-22 7.42.06

柏オルンガ移籍か エスパニョールから正式オファー 

スクリーンショット 2020-08-17 11.23.12


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索