Samurai Goal

エール


スポンサード リンク





<TBSスーパーサッカー>終了のやべっちFCに局の垣根を超え粋な計らいで“縦読み”エール 

スクリーンショット 2020-09-29 13.31.05




1: 2020/09/28(月) 16:10:31.73 _USER9
TBSのサッカー番組『スーパーサッカー』(毎週日曜 深0:50)の公式ツイッターが28日、ツイッターを更新し、27日に終了したテレビ朝日系サッカー番組『やべっちFC』に縦読みでメッセージを送った。

【Twitterより】縦読みで“やべっち”にメッセージしたスパサカ

TBS スーパーサッカー【公式】
·
【サッカー番組あるある】
ハイライトを作るのは難しい
I番おもしろく伝えるために
イツモ編集には頭を悩ませる
やばいパスか超絶ドリブルか
ベテランの奮闘や若手の台頭
っいつい時間だけが過ぎ去り
ちゃんと出来たか不安な本番
!本当にお疲れさまでした!

https://www.oricon.co.jp/news/2172996/embed/photo/?anc=142&utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_content=%2Fhl%3Fa%3D20200928-00000332-oric-ent&utm_medium=referral

 『スーパーサッカー』ツイッターは「【サッカー番組あるある】」として、「ハイライトを作るのは難しい I番おもしろく伝えるために イツモ編集には頭を悩ませる やばいパスか超絶ドリブルか ベテランの奮闘や若手の台頭 っいつい時間だけが過ぎ去り ちゃんと出来たか不安な本番 !本当にお疲れさまでした!」とツイート。

 一見読みにくいツイートだが、各行の1文字目を縦読みすると「ハーイやべっち!」となり、L字に読むと「本当にお疲れさまでした!」も付け加えられる。同じサッカー番組として、局の垣根を超えて粋な計らいでねぎらいのエールを伝えた。

 このツイートに「局を超えた心意気に素晴らしいです」「泣ける…」「いいね!1万回押したい!」「やべっちFCへの愛とリスペクトを感じます」など、両番組のファンから喜びの声が上がっている。また、『スーパーサッカー』のMCが加藤浩次、『やべっちFC』のMCが矢部浩之であることから、「加藤さんと矢部さんの友情も勝手に感じてる」といった反応も寄せられた。

 『やべっちFC』は国内外のサッカー情報を発信し、自他ともに認めるサッカー好きの“やべっち”ことナインティナインの矢部浩之が、日本サッカーを熱く盛り上げてきた。「ハーイ!やべっち」の掛け声は多くの視聴者、サッカー選手にも浸透し、この番組をきっかけに多くのスターも誕生した。

9/28(月) 10:32 オリコンニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/f028033b1dae003c057783bea3843afa945ab434

写真
https://amd.c.yimg.jp/im_siggSK.YZfNYjDJcLUhLV9Co1g---x640-y475-q90-exp3h-pril/amd/20200928-00000332-oric-000-21-view.jpg

本田圭佑 立正大淞南高にエール「謝罪する必要なんてない」「今はしっかり食べて休んでな」 

no title




1: 2020/08/12(水) 22:37:34.00 _USER9
8/12(水) 22:16
スポニチアネックス

本田圭佑 立正大淞南高にエール「謝罪する必要なんてない」「今はしっかり食べて休んでな」
本田圭佑
 サッカー元日本代表MF本田圭佑(34=ブラジル1部ボタフォゴ)が12日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染によるクラスターが生じた松江市の私立立正大淞南高サッカー部員と関係者にエールを送った。

 「立正大淞南高校、及びサッカー部の皆さん、コロナ感染に関して謝罪する必要なんてないよ。対策してても感染する確率を0にはできんから」と投稿。

 「それより熱とか体は大丈夫?今はしっかり食べて休んでな。また治ったら夢に向かって頑張れ。非難してる人だけでなく、心配してる人も沢山いることを忘れんといて」と励ました。

 松江市は11日に立正大淞南高で新たに4人の感染を発表。市によると、同校の生徒や教員の感染者は95人となった。

https://amd.c.yimg.jp/im_siggr2LRY6d2qogEzh0TDSkYRg---x490-y640-q90-exp3h-pril/amd/20200812-00000251-spnannex-000-2-view.jpg

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200812-00000251-spnannex-socc

愛された久保建英…ビジャレアル移籍決定後に古巣マジョルカがエール 

スクリーンショット 2020-08-12 21.16.17

松本・布監督 市船時代の教え子ワッキーへエール「治療に専念して早く復帰を」 

1: 2020/06/09(火) 21:27:34.77
J2松本の布啓一郎監督(59)が9日、7日に中咽頭がんを公表したお笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーに向けエールを送った。市船橋高時代の教え子に向け「明るいキャラクターで市船でもそういう選手だった。治療に専念して早く復帰してほしい」と思いやった。

 今季松本の監督に就任した恩師にワッキーは本紙信州版を通じて「布スペシャルを編み出してほしい」など声援を送っていた。

 練習から“逃亡”したワッキーを上野駅で“確保”するなど布監督にとっても思い出に残る教え子の1人だ。「報道では秋には復帰できると聞いている。まだ連絡は取っていないけど、(重体ではないと聞いて)ホッとしている」と気遣っていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a27eb50d0e77e20df2a6e5736943189fba531c25
6/9(火) 19:35配信

no title

「先輩、市船魂で乗り越えてください!」ペナルティ・ワッキーの中咽頭癌告白に、サッカー界から続々とエール 

1: 2020/06/09(火) 06:34:13.67
「全Jリーグサポが応援しています」

 芸能界随一のサッカーフリークである、お笑いコンビ、ペナルティのワッキー(脇田寧人)さんが6月7日、自身のツイッターを更新。中咽頭癌のステージ1であることを告白した。

北海道出身のワッキーは、高校時代に千葉県の名門・市立船橋高で主にFWとして活躍。在学時にインターハイで全国制覇を経験し、冬の高校選手権にも出場した。

 その後、同校の先輩ヒデ(中川秀樹)さんとお笑いコンビ「ペナルティ」を結成し、ボケを担当する傍ら、J1の年間306試合をすべて視聴するほどのJリーグファンとしても広く知られている。

 そんなワッキーは6月7日、ツイッターにこう綴った。

「世間様が大変な時期に自分の事ですいません。先月、自分の喉に癌がみつかり、中咽頭癌のステージ1と先生から伝えられました。そして明日6月8日から治療のため約2か月間入院することになりました。また皆さまの前に元気な姿をお見せできるよう全力で頑張ってきます!」
 
 この投稿にサッカー界からも多くの反応があった。

 Jリーグの原博実副理事長は「ワッキーさんお大事に。またJリーグTVでJリーグを熱く語って下さい!その日を楽しみに待っています」とコメント。選手たちもそれぞれのツイッターでメッセージを送った。

 浦和レッズのDF槙野智章「俺のサッカー人生で、ワッキーさんの言葉で救ってもらった。今度は俺がワッキーさんを救う番。あなたは、更に強く面白くなって帰ってくる!!」

 北海道コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵「復活待ってます」

 高校の後輩で大宮アルディージャでコーチを務める北嶋秀朗氏「先輩、治療大変だと思いますが市船魂で乗り越えてください!復活待ってます」

 また、高校の2学年後輩、鬼木達が監督を務める川崎フロンターレの公式ツイッターは「ワッキーさん。サッカーを愛する仲間として、心から応援しています。また等々力でお会いしましょう!」とのエールが贈られた。

 ファンからも「全Jリーグサポが応援しています」など多くの励ましのコメントが寄せられている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8cca5fce07959e341ea8087868b11be2e6eaae8
6/7(日) 19:15配信

no title

【浦和】槙野、中咽頭がん公表のワッキーへ熱いエール「あなたは、更に強く面白くなって帰ってくる」 

20200607-06070155-sph-000-1-view

ワシントンから浦和&Jへのエール 

img_0653cc76dd3e173ee909d7b50000b98a407335




1: 2020/04/23(木) 09:30:33.49
ワシントンから浦和&Jへのエール。
「忍耐強さは世界一だからこそ……」


今年で28年目を迎えたJリーグの歴史は、外国人(外国出身)選手抜きでは語れない。

欧州や南米の各国リーグと同様、外国人選手の過半数がアタッカー。彼らはチームに得点と勝利をもたらし、他のアタッカーに刺激を与え、間接的にディフェンダーの成長も促して、Jリーグと日本のフットボールのレベルアップに多大な貢献をしてきた。

これら外国人アタッカーで、Jリーグで50試合以上出場した選手のうち、最高の得点率(1試合平均得点)を誇るのが、2005年から2007年まで在籍したブラジル出身のワシントンだ。

189cmの長身かつ屈強で、体の使い方がうまい。それでいて瞬間的なスピードがあり、技術レベルも高い。右足からの強烈なシュート、高い打点からのヘディング、巧みなポストプレーでJリーグを席巻した。

2000年代中盤に彼のパワフルなプレーを目撃したファンには信じがたいことだろうが、日本へ渡るわずか2年ほど前、ブラジルのメディアとファンの大半が彼の選手生命は終わったと考えていた。

◆不屈の「コラソン・ヴァレンチ」。

フェネルバフチェ(トルコ)在籍中の2002年末、27歳のときに心臓に疾患がみつかり、手術を受けた。医師から「もうプレーはできない」と宣告され、クラブからも解雇されて、2003年5月、ブラジルへ帰国。

母国でも多くの病院を訪れて検査を受けたが、どこでも「引退するしかない」と告げられた。しかし「再手術をして、それが成功すれば、ひょっとして……」と言ってくれた心臓外科医がみつかり、藁にもすがる思いで頼った。

手術は成功し、2004年初めにアトレチコ・パラナエンセと契約。主力としてチームを牽引し、ブラジルリーグで38試合に出場して実に34得点(1試合平均0.895点)をあげた。これはこの大会の最多得点記録を3点上回り、もちろん得点王。この記録は、今も破られていない。

得点をあげるたびに右手で心臓を叩くポーズが有名になり、いつしか「コラソン・ヴァレンチ」(雄々しい心臓を持つ男)と呼ばれるようになった。

◆その決定力はJで圧倒的だった。

翌2005年、東京ヴェルディへ移籍。33試合に出場して22得点をあげた(得点王ランキング2位)。
そして2006年に浦和レッズへ移籍すると、ロブソン・ポンテや小野伸二ら名手から絶妙のパスを受けてゴールを量産し、26試合で26得点。マグノ・アウベスと並んで得点王に輝き、チームのJリーグ初制覇に貢献した。

2007年はJリーグ26試合で16得点とややペースが落ちたが、クラブ・ワールドカップで3点を奪って得点王となり、浦和が3位に食い込む原動力となった。

日本での3シーズンの成績を合算すると85試合64点で、1試合の平均得点が0.753。複数シーズン活躍した彼に比類するのは、エジウソンの0.729点(70試合51得点)、サルヴァトーレ・スキラッチの0.718点(78試合56得点)、エメルソンの0.71点(100試合71得点)だ。

>>2以降に続く

2020/04/21 11:50
Number
https://number.bunshun.jp/articles/-/843245

J2新潟・高木善朗、コロナ感染片岡篤史氏にエール 幼稚園の運動会では父・豊氏に代わりに片岡が父親役で参加 

202004160000529-w1300_0




1: 2020/04/17(金) 21:39:29.60
左ひざのけがで別調整が続いていたJ2アルビレックス新潟のMF高木善朗(27)が16日、聖籠町のクラブハウスで行われたグループ練習に参加。

約1カ月ぶりのピッチ練習で軽快な動きを見せた。

新型コロナウイルス感染予防のため、少人数グループでの練習を行っている新潟はこの日、フィールドプレーヤーとゴールキーパー合わせて12人の選手が約1時間の練習に参加。
負傷が癒えた高木も、ドリブルやシュートを取り入れたフィジカルトレーニングなど全てのメニューを消化した。
高木は「体力的にはハードだったが、ひざの痛みは全くない。楽しくできた」と笑顔を見せたが「試合に向けた調整と、ただ練習を続けるための調整に違いはある」とリーグ戦再開のめどが立たない状態でのコンディション調整の難しさを語った。

「身近な人がコロナウイルスに感染した。人ごとではない」と気にかけるのは、元プロ野球選手で14日に自身のYouTubeチャンネルで感染を公表した片岡篤史氏(50)。
父の高木豊氏(61)とは94年に日本ハムで同僚だった。現在も片岡氏の番組に父がゲスト出演するなど交流が続いている。
高木は「昔からお世話になっている。幼稚園の時には、用事がある父の代わりに片岡さんが運動会に来てくれ、おんぶで騎馬戦に出てくれたり、家族旅行でハワイにも行った仲。(感染公表の)動画も見た。いつも元気な人なだけに心配」と早期の回復を祈った。【小林忠】

https://www.nikkansports.com/soccer/news/202004160000529.html

海外組が医療従事者にエール 本田圭佑「一緒に乗り越えよう」―新型コロナ 

20200408-04080182-sph-000-1-view




1: 2020/04/09(木) 07:59:09.93
4/8(水) 21:47配信 時事通信

 新型コロナウイルス感染拡大により、政府から緊急事態宣言が発令された中、海外クラブに所属する日本のサッカー選手が8日、母国や世界中の医療従事者に向け、日本協会のユーチューブ公式チャンネルを通じて動画でメッセージを送った。

 日本代表主将の吉田麻也(サンプドリア)は「自身の感染リスクを顧みず、目の前で戦ってくださっている皆さんへエールと感謝の気持ちを伝えたい」と述べ、日本女子代表(なでしこジャパン)主将の熊谷紗希(リヨン)は「私たちも一人一人ができることを自覚し、責任ある行動をしていこう」と呼び掛けた。

 元日本代表の本田圭佑(ボタフォゴ)は英語で「一緒にこの危機を乗り越えよう。私たちはできる、皆さんはできると信じている」と言葉に力を込めた。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200408-00000136-jij-spo



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索