Samurai Goal

エンゴロ・カンテ


スポンサード リンク





早い、早すぎる…“遅刻魔”カンテ、合宿地に朝6時半到着  

Kante4




1: 久太郎 ★ 2019/03/19(火) 13:54:19.31 ID:c0eQOJiF9
“遅刻魔”と呼ばれた男の汚名返上なるか。フランス代表に招集されたチェルシーMFエンゴロ・カンテが、合宿地であるクレールフォンテーヌに朝6時半に到着したことをフランス『レキップ』が伝えた。

 カンテといえば、小柄だが、ピッチ上では無尽蔵のスタミナで広範囲をカバーし、高いボール奪取力、正確なパスでチームの攻守を支え、抜群の存在感を放つMF。その一方で“シャイ”な一面もあり、昨夏のワールドカップでは、MFスティーブン・エンゾンジが気付くまで優勝トロフィーを掲げられずにいたほどだ。

 しかし、そんなカンテの意外な一面をチェルシーのチームメイトであるMFルベン・ロフタス・チークとFWカラム・ハドソン・オドイが暴露。英『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた2選手は「誰が最も罰金が多い?」との質問に対してカンテの名前を挙げ、オドイは「予想していなかったでしょ?」、チークは「すごく遅れるわけじゃないんだ。普通は集合時間の前には来るものだけど、カンテはいつも1、2分遅れるか、時間ピッタリに来るんだ」と明かしていた。

 しかし、カンテはフランス代表の合宿地に6時半頃に到着。次に姿を現したバイエルンのFWキングスレー・コマンが11時頃に到着したことを考えると、いかにカンテの到着時間が早いかが分かる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-40034179-gekisaka-socc

年俸約22億円!チェルシー史上最高給のカンテ、意外な一面はドケチ…食事で金を払わない 

GettyImages-663777676_a-800x533




1: 2018/11/24(土) 17:36:11.81 _USER9
チェルシーの本気! カンテにクラブ史最高サラリー+5年契約準備
http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=335292

チェルシー、MFカンテとの契約延長を発表。年俸約22億円で2023年まで
https://www.footballchannel.jp/2018/11/23/post298441/


 現地時間11月23日、チェルシーはフランス代表MFのエヌゴロ・カンテと、新たに2023年6月30日までの5年契約を締結させた。

 現行でもクラブ最高峰である15万ポンド(約2200万円)の週給をクラブ史上最高額の29万ポンド(約4200万円)に激増させた。

 今夏には、出身地の人気クラブ、パリ・サンジェルマンからのオファーが報じられたが、英公共放送「BBC」などによれば、チェルシーが提示した週給30万ポンド(約4320万円)という破格の新オファーにサインしたという。

 今夏にフランス代表の一員としてロシア・ワールドカップを制し、世界王者となったカンテだが、それにおごり高ぶることはない。プライベートでは、大衆車といわれるミニクーパーやそのほかの中古車を愛用し、さらに今年9月には、イスラム教のモスクで知り合ったアーセナル・ファンとプライベートで交流したことが話題にもなった。

 そんなカンテだが、実は“裏の顔”を持ち合わせているようだ。チェルシーのチームメイトであるダビド・ルイスとウィリアンの二人が、クラブの公式チャンネル『Chelsea TV』で、その意外な一面について明かしている。

 カンテの人間性について興味深いエピソードを告白した二人のブラジル人は、実は今年4月に、イラン人実業家のキア・ジョーラブシャン氏と共同でベンチャー企業『Babbo(イタリア語で父を意味する)』を設立した。

 そのビジネスの基盤はレストラン経営で、チェルシーが拠点を置くロンドンのアルベマール・ストリートのメイフェア地区には、その名もズバリ『Babbo』というイタリアンレストランをオープンさせている。

 そしてD・ルイスとウィリアンが明かしたのは、レストランでの一幕だ。なんとカンテは、このレストランで支払いを拒否する“常習犯”なのだという。二人は苦笑いを浮かべながら、次のように不満を漏らしている。

「普段、チームメイトがよくレストランに来てくれるんだけど、みんな、支払いを拒否するんだ。特にエヌゴロは酷い」(D・ルイス)

「たまに、エヌゴロに支払いを求めることがあるんだけど、彼はそれを凄く嫌がるんだよ。『本当に払わないとダメなの? 嘘だろ!?』って具合にね。さらには、『君とダビドは、本当に良い人たちだ。そして、良心を持っているよ』なんて言ってくる始末なんだよ……」(ウィリアン)

「だから、俺たちもみんながいる前で、『どうにか払ってくれよ』って言ってみるんだけど、彼は『僕は払うつもりはないよ』って言ってくるんだ。まったくって感じださ」(D・ルイス)

 つい5年前まではフランスの3部リーグでプレーしていたカンテは、セカンドキャリアを考えて会計士の資格を取得するなど、サッカー界で屈指の節約家としても知られる。それだけに、財布のひもを緩めないのは当然なのかもしれない。

 とはいえ、ナイスガイというイメージが先行していたカンテが、実は“ケチ”という一面を持っていたことは意外だ。ただ、いくらチームメイトとはいえ、週給30万ポンド(約4320万円)の高給取りになった以上、少なくとも自分が食べた分はきっちりと支払ってあげてほしいが……。
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50642

カンテ、タックスヘイブン利用での収入UP打診を断る「彼は普通の給与で良いと思っている」 

GettyImages-663777676_a-800x533




1: 2018/11/15(木) 13:45:06.23 _USER9
「彼は普通の給与で良いと思っている」カンテ、税金逃れでの収入アップの道を完全に閉ざしたと報道

フランス代表MFエンゴロ・カンテは、タックスヘイブン(租税回避地)を利用した報酬アップの道を閉ざしていたようだ。複数メディアが『Mediapart』の情報を基に報じている。

これまで数々の暴露で世界を驚かせてきた『フットボール・リークス』の調査によれば、カンテは2016年、チェルシーに加入する直前に税金逃れでの報酬アップの道を打診されたもよう。『NKプロモーション』と呼ばれる会社が、タックスヘイブンとして知られるジャージー島に設立されたとのことだ。この会社を設立したのがチェルシー側かカンテの関係者かは不明だという。

カンテはこのタックスヘイブンを利用して税金の支払いを逃れる道を打診されていたが、これを断ったという。当初、カンテの弁護士さえも、このシステムを利用することを問題視していなかったようだが、選手本人は拒否。カンテは、自身で税に関する情報を調べたうえで、お金を得るためにリスクを冒すことを拒んだようだ。

カンテのアドバイザーは、「エンゴロは意思の強い人間だ。彼はただ単に、通常の給与を得ることができれば良いと思っている。肖像権や税務調査に関するたくさんの記事などで情報を仕入れ、提案されたシステムが問題視されることを懸念した。カンテは少しのリスクも冒す必要はないと判断した」とコメントしたという。

大物になれば10代の頃から高額給与を受け取るようになる現在の欧州フットボール界。しかし、謙虚かつシャイな性格で知られる世界王者フランス代表の屋台骨は、大事なことを忘れることなくボールを追い続けているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181115-00010000-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索