Samurai Goal

エメリ監督


スポンサード リンク





<ビジャレアルのエメリ監督>久保建英を高評価!一喜一憂するメディアには苛立ち 

スクリーンショット 2020-12-07 21.05.45




1: 2020/12/07(月) 17:31:30.76 _USER9
得意の右サイドで攻撃を活性化

現地時間12月6日に開催されたラ・リーガ第12節で、久保建英が所属するビジャレアルが昇格組のエルチェとホームで対戦。最後まで攻勢を仕掛けたが、敵の堅牢を崩せず、スコアレスドローに終わった。

【動画】久保建英が立て続けに決定機を演出!エルチェ戦のプレーをチェック!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=83016

国内リーグでは5試合連続のベンチスタートとなった久保は、FWパコ・アルカセルとともにサミュエル・チュクウェゼに代わって後半頭から出場した。
得意とする4-4-2の右サイドハーフに入り、前半はシュート3本(枠内はゼロ)に終わったチームの攻撃を活性化。積極的にボールに絡み、チャンスを作り出した。

73分には、エリア内でダニエル・パレホからパスを受け、絶好機が到来。ただ、左足を振り抜く時間とスペースがなく、威力のないシュートはGKにセーブされてしまった。


ウナイ・エメリ監督が、前半は攻め手のなかったチームの状況を変えるために、いわば“切り札”として久保を送り込んだのは明らかだ。
途中出場としてはこれまで最長の45分間を与えた指揮官は試合後、日本の至宝について次のように語った。スペイン紙『MARCA』などが伝えている。

「プロセスの最中なんだ。我々のゲームをすべて見た人なら誰でも、彼がヨーロッパリーグでデビューし、試合に出場し、経験を積み、適応するという過程が分かるだろう。
彼はまだとても若く、成長の過程にいる。すべてのビジャレアルのゲームを見た人なら皆、彼の良い時も、悪い時も、そして改善しなければならない部分も見てきただろう。まだプロセスの途中で、いまのところ私はとても満足している」

一喜一憂する周囲に苛立ちを感じながらも、ここまでの成長過程には「満足している」と語ったエメリ監督。今後、リーガではまだ一度しかない先発の機会は増えていくのか、注目だ。

12/7(月) 16:23配信 サッカーダイジェスト
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0662463ca217c754c6f4b9ade4ef71f842fd504

「チヤホヤされたら抑えつける」不発の久保建英の現状をエメリ監督が語る!「右が得意なのは分かっているが」 

スクリーンショット 2020-12-06 22.07.05

久保建英の起用は? レアル戦前にエメリ監督が改めて評価「彼と彼のパフォーマンスに満足」 

スクリーンショット 2020-11-20 21.59.49

「クボはシルバのようだ」久保建英の“ポテンシャル”をエメリ監督が語る!「彼には満足している」 

1: 2020/11/11(水) 17:41:20.90 _USER9
ここまで公式戦全12試合に出場

今シーズンから、レンタル移籍で強豪ビジャレアルの一員となった久保建英。ここまで公式戦全12試合に出場し、1ゴール・3アシストをマークしている。

 当初は慎重なウナイ・エメリ監督が試合終盤にしか起用せず、一部のメディアから批判の声があがる事態にもなった。だが、ヨーロッパリーグ(EL)が開幕すると、エースのジェラール・モレーノの故障も重なり、出番が急増。ターンオーバーで臨んでいるELでは、3試合連続でスタメン入りし、移籍後初ゴールを挙げ、ランキングトップの3アシストを記録するなど、出色のパフォーマンスを披露している。

 そんななか、エメリ監督が久保について言及した。スペインのラジオ局『Cadena SER』の番組「El Larguero」のインタビューで語った内容を全国紙『AS』が伝えている。

「クボのポテンシャルを予測するのは難しい。彼は私がバレンシアを指揮した時のダビド・シルバと同じ特徴を持っている。彼はライン間でうまくプレーし、スピードに乗ったドリブルをする。ただ、彼は成長し続ける必要がある」

 そして、ここまでの久保の出来については、満足しているものの、成長が必要だと指摘している。

「我々とともに成長する過程にある。私は彼に満足している。クボには、(下部組織で育った)フェルナンド・ニーニョやバエナと同じように成長してほしい。彼がいま(保有元の)レアル・マドリーでプレーしていないのは、改善を必要としているからだ」

 短い時間であっても、ここまで全試合で起用しているのは、指揮官が久保の成長を促し、後半戦には主力になってほしいと感じているからだろう。

 ここまでは順調なステップを踏んでいる、と言えるのではないだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bdb4055f5f3223cbe087691ef1c15e2691bad51c
no title

エメリ監督、3戦連続スタメンで存在感発揮の久保に言及「とてもよくやってくれた」 

スクリーンショット 2020-10-30 11.33.44

EL衝撃デビューでもリーグ戦は不発?…久保建英が「エメリ監督の要求以外にしていた」“2つの工夫” 

スクリーンショット 2020-10-26 18.48.57

久保建英はなぜ輝いた? 一躍ビジャレアルの中心に、的中したエメリ監督の起用法【EL】 

スクリーンショット 2020-10-24 10.51.47

<久保建英>冷遇を現地記者批判!「マジョルカは彼が最高と気が付いた時には遅かった。エメリは…」 

1: 2020/10/07(水) 23:09:30.19 _USER9
スペイン『ラジオ・マルカ』のラウール・バレラ記者は、日本代表MF久保建英が十分な出場時間を与えられていないことについて、ビジャレアルとウナイ・エメリ監督に対して批判的な見解を示している。

 レアル・マドリードから昨季マジョルカにレンタルされて高い評価を受けた久保は、スペイン2年目の今季はもう一段階のステップアップとしてビジャレアルにレンタル。だがリーガエスパニョーラ開幕から5試合を終えた現時点で先発出場はなく、5回の交代出場で合計55分間のプレー時間にとどまっている。


 バレラ記者は、昨季終了後に多くのクラブからオファーが殺到した久保をビジャレアルに連れてくることを望んだのは他ならぬエメリ監督だったと振り返る。「久保を連れてきてくれればチームをチャンピオンズリーグに連れて行く」というのが、クラブに久保の獲得を要請する同監督の姿勢だったとされている。

 だが実際には、ここまで出場時間はわずか。「エメリは気が付いていないようだ、それともヨーロッパリーグで戦う方がいいのか」「モイ・ゴメス、イボーラ、アルカセル、チュクウェゼらが素晴らしいパフォーマンスを見せているのは認めるとしても、1ヶ月を過ぎて久保が出場時間を得られず、60分もプレーしていないのは理解に苦しむ」とバレラ記者は述べる。

 昨季のマジョルカでも久保が不動の先発に定着したのはシーズンが残り3分の1となった頃からだったが、最終的にチームが2部降格に終わったこともあり、それでは“遅すぎた”と主張。「久保こそが最高の選手だと(昨季マジョルカ監督)ビセンテ・モレノが気が付いた時には、マジョルカはもうセグンダに落ちていた」と表現している。

「何が起ころうとも、レアル・マドリードの上層部は彼らの若手スターを注視している」とバレラ氏は締めくくった。スペイン他メディアなどで報じられているように、このままの状況が続けば1月にレンタル先を変更することもあり得るとも考えているのかもしれない。

10/7(水) 21:49 フットボールチャンネル
https://news.yahoo.co.jp/articles/97962c04b37d3d115731ca9173b109585d3f42c8

写真
no title

<レアル・マドリード>エメリ監督の久保起用に落胆!現地メディア指摘「出場時間の少なさを理解できない」 

スクリーンショット 2020-10-07 7.37.23




1: 2020/10/06(火) 22:39:06.14 _USER9
開幕5試合でリーグ戦出場は計54分間と思うようにプレー時間を得られず

ビジャレアルの日本代表MF久保建英は今季、開幕から5試合連続でベンチスタートと思うようにプレー時間を得られておらず、ウナイ・エメリ新監督の起用法に疑問の声も上がり始めている。
スペインのラジオ局「カデナ・セール」は、「レアルは出場時間の少なさを理解できない」と伝えている。

今季ビジャレアルに期限付き移籍した久保は、ここまで熾烈なレギュラー争いのなかで苦戦を強いられている。久保の獲得を熱望したと伝えられているウナイ・エメリ監督だが、
開幕から5試合連続で日本人アタッカーを先発起用せず。限られた出場時間で久保が輝きを放った試合もあったが、3日のリーガ第5節アトレティコ・マドリード戦(0-0)では見せ場なく、スコアレスのままタイムアップを迎えた。

エメリ監督が久保の獲得を望んだとされるなかで、リーグ戦5試合で総出場時間54分という状況に、少なからず起用法を疑問視する声が上がっている。保有権を持つレアル・マドリードも同じ気持ちのようだ。

スペインのラジオ局「カデナ・セール」は、「クボのレンタルに関するレアル・マドリードでの不快感」と題し、レアルは久保の出場時間の少なさを理解できないとしている。

「ラ・リーガ5節が終わったばかりで時期尚早だが、タケ・クボの登場機会の少なさはレアルの中でネガティブな意味で驚きを与えている。すべての試合でプレーしているが、1試合平均で11分程度。
ヨーロッパリーグが始まれば、論理的に考えてより多くの時間を得ることになるだろうと知っているが、クラブ上層部には現在見ているものから落胆を感じている」

25クラブからオファーを受けたなかでビジャレアルが「理想的な場所」との判断も…
 
記事では、久保が今オフにレアルの選手としては最も多い25クラブからオファーを受けたとし、「ミラン、アヤックス、バイエルンといった重要なクラブからのものもあり、これらは経済的にはより良い提示だった」と言及。
ビジャレアルが「理想的な場所」と考えたうえでのレンタルだったが、現状では“期待外れ感”は否めないという。

「これは重要なことだが、レアルは自分たちが他チームへレンタルしている選手のことを、どういう布陣でやっているのか、各ポジションにどんな競争相手がいるのかしっかり研究しており、
マジョルカでの後、理想的な次のステップはビジャレアルだと考えた。基本的に攻撃的なサッカーをし、さらに欧州大会でクボがプレーするのを見る機会があるとのことだった

実際にはエメリは(サムエル・)チュクウェゼのほうに賭けているか、ワンダ(アトレティコの本拠地)での試合のように2選手のどちらも起用していない。改めてまだ時期が早いと強調しておくが、
レアルは説明を求めたり、他チームへ送るために選手を取り戻すといったドラスティックは手段を計画していない。辛抱強くチャンスが来るのを待つが、ビジャレアルでのクボのスタートを気に入ってはいない」

代表ウィークを挟んだ後の第6節バレンシア戦以降、久保はこの苦境を打破できるだろうか。

10/6(火) 6:50配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d2838116c25208e2afc875d2c986e41c71126379

<久保建英>出場時間が話題 エメリ監督「彼はまだ18歳で出場時間を重ねている」 

スクリーンショット 2020-10-06 6.19.41




1: 2020/10/05(月) 20:05:12.25 _USER9
出場時間の少なさが話題となっているビジャレアルの日本代表MF久保建英だが、ウナイ・エメリ監督は考えがあるようだ。
ビジャレアルは3日、ラ・リーガ第5節でアトレティコ・マドリーと対戦。試合は0-0のゴールレスドローに終わった。

強豪との対戦となったビジャレアルだったが、久保は85分と試合の終盤で起用。アディショナルタイムを合わせても10分に満たない出場時間に終わった久保だが、プレータイムの少なさについてはスペイン国内で大きな話題となっている。
今シーズンのラ・リーガは5試合が消化されたが、久保は全てベンチスタート。9月27日の第3節バルセロナ戦が最も長い出場となったがそれでも16分に終わっている。

その他は、ウエスカ戦(13分)、エイバル戦(5分)、アラベス戦(15分)、アトレティコ戦(5分)といずれも終盤の投入となっており、合計しても54分間の出場となっている状況だ。
エメリ監督は、アトレティコ戦後に久保について問われると「彼はまだ18歳(実際は19歳)で出場時間を重ねている。去年は1部でプレーしていたが、今年はさらに一歩踏み出したいと考えている。
全てのことにはプロセスがある」とコメント。まだまだ若い選手であり、成長プロセスの途中にあることを強調していた。

これまで指揮したクラブでも若手選手を起用してきたエメリ監督。昨シーズン途中まで指揮したアーセナルでは、アカデミー出身のFWブカヨ・サカやMFジョー・ウィロック、FWエディ・エンケティアなどを積極的に起用。
また、フランス代表MFマテオ・ゲンドゥージやスコットランド代表DFキーラン・ティアニーなどを獲得するなど、若手を見出す力を持っている。
エメリ監督自身はクラブを去ったが、彼らはアーセナルで貴重な戦力になっており、ミケル・アルテタ監督の下でも起用されている。久保が出場機会を得るには、いかにエメリ監督のサッカーを理解するかが重要だ。

当然、エメリ監督の中でも久保を育てるプランがあり、成長に期待していることは間違いないだろう。その期待に応えれば久保にも長い出場時間が訪れることは間違いない。
アトレティコ戦に関しては「11人がとても力を尽くしていたから、選手交代は簡単ではなかった。その中で、試合に勝つのはとても難しかったが、試合に勝つために私は久保とサム(サムエル・チュクウェゼ)に時間を与えた。
彼らは努力を続けし、成長する道を歩まなければならない」とコメントし、0-0で試合が推移していたことを考えてバランスを崩したくない思いも働いたのだろう。こういったことはよくあることだ。

一方で、9月30日に行われたラ・リーガ第4節でアラベス戦では右サイドではなく左サイドで起用。「得意なのが右サイドであることは明白だ。しかし、彼は左でもプレーできるようになるために成長する必要がある」と語り、
より戦術の幅を広げために成長をして欲しいとの期待も寄せている。新チームに馴染むこと、エメリ監督のサッカーに適応することに加え、新たな挑戦もさせているようだ。

出場時間がトピックに上がるほどスペイン国内でも久保への関心は高い。しかし、エメリ監督にもそのプランはあるはず。ヨーロッパリーグ(EL)が開幕すれば試合日程も厳しくなるため、久保にチャンスが訪れる日は遠くないだろう。
そこでいかに成長した姿を見せて信頼を勝ち取れるかが、今シーズンのカギを握るだろう。

10/5(月) 14:45配信 超WORLDサッカー
https://news.yahoo.co.jp/articles/76b554a40442d258b7994e093d1dd9bea1e1e206



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索