Samurai Goal

エバートン


スポンサード リンク





<香川真司>プレミアリーグ移籍再浮上!「ウェストハム」や「エバートン」が候補 …独紙報じる   

20190529-00000021-sanspo-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2019/05/29(水) 07:13:21.27 ID:zw+IYlDi9
 日本代表MF香川真司(30)=ベシクタシュ=の移籍先候補に、イングランド・プレミアリーグのウェストハムとエバートンが再浮上した。ドイツメディアが28日までに報じた。

 今季期限付きで移籍したトルコ1部ベシクタシュの退団は決定的。2020年まで契約が残るドルトムント(ドイツ)への復帰について、ドイツ紙「ルール・ナハリヒテン」(電子版)は「香川の未来は、そこ(ドルトムント)にはない」とし、プレミアリーグ移籍の可能性が高まったと報じた。12-14年に同リーグのマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた。

 香川は6月のキリンチャレンジ杯で日本代表に招集されている

5/29(水) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000021-sanspo-socc

<香川真司>プレミア復帰は「飛ばし」?気になる去就動向「ウェストハムとエバートンが興味」に疑問符  

20190421-00839061-number-000-2-view[1]




1: Egg ★ 2019/04/21(日) 15:21:42.07 ID:go9TGE+R9
香川のプレミア復帰は?

 イングランドで流れはじめた「ウェストハムとエバートンが香川真司に興味津々」というニュースにも、大きな疑問符がついている。なぜならエバートンは若返りの真っ最中で、30歳になった香川をリストアップする確率が低いからだ。キャプテンのフィル・ジャギエルカ(36歳)と長くチームを支えたレイトン・ベインズ(34歳)は、今シーズンで満了となる契約が延長されることはないだろう。

 また、トップ下にはギルフィ・シグルズソンが君臨している。相手ボールになった瞬間の秀逸なポジショニングは、マルコ・シウバ監督も絶大な信頼を寄せ、代えが利かない選手のひとりだ。攻守の切り替えにやや難のある香川が、エバートンのゲームプランに合致するだろうか。

 さらにエバートンのターゲットは、機動力のあるCBと、イドリサ・ゲイの退団が不可避(新天地はパリ・サンジェルマンか、ユナイテッドか)となりつつある守備的MFだ。トップ下は欲していない。

ウェストハムのほうが可能性は高いが……。

 事の真偽はともかくとして、定位置獲得のチャンスはウェストハムの方が上まわる。かつてマンチェスター・シティをリーグ優勝に導いたマヌエル・ペジェグリーニ監督を招聘したものの、今シーズンは34試合を消化した時点で11位。フェリペ・アンデルソンを除く新戦力が負傷、不振で使いものにならなかったため、上層部はシーズン終了後に大ナタを振るう予定だ。ジャック・ウィルシャー、サミ・ナスリ、マヌエル・ランシーニに見切りをつけ、香川をリストアップする可能性もゼロとはいえない。

 ただ、上層部の運営は常にビジョンを欠き、サポーターとの関係も良好ではない。また、F・アンデルソンはさらなるステップアップを求め、シーズン終了後に退団する公算が大きくなってきた。アカデミー出身の成長株であるデクラン・ライスの周辺には、シティの影がちらつきはじめている。戦力ダウンは否めず、仮に香川が入団すると、スケープゴートに祭り上げられるリスクが付きまとう。ウェストハムは避けた方がいい。

 下位のクラブなら定位置確保は可能だ。しかし、守るだけのニューカッスル、ロングボール主体のバーンリーは避けるべきで、ポゼッション志向のボーンマスも前線にはスピードのあるタイプを揃えている。ウォルバーハンプトンは基本的にトップ下を置かず、新シーズンのプレミアリーグ復帰が有力視されるリーズは、あのマルセロ・ビエルサが率いている。“奇才”と香川……。合致点を見いだせない。

一部抜粋

4/21(日) 11:31配信 ナンバー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190421-00839061-number-socc&p=1

香川真司は何処へ?意中のスペイン移籍浮上!関係者「2部のグラナダが昇格した際に獲ろうとしている」  

1: Egg ★ 2019/04/16(火) 22:02:47.73 ID:bsfzru7/9
日本の10番はどこへ向かうのか。トルコ1部ベシクタシュに所属する日本代表MF香川真司(30)の来季去就が注目されている。今季終了までの期限付き移籍のため、ベシクタシュ側は契約延長を模索する一方、イングランドやドイツからもラブコールが送られ、大争奪戦に発展しそうな雲行きだ。さらに、香川が“意中”の新天地と公言するスペインでも新たな動きが出てきた。

香川獲得に向けて先手を打ったのはベシクタシュだ。フィクレット・オルマン会長(51)は3月に来日した際に「(2020年6月まで契約があるドイツ1部)ドルトムントと交渉を始める。完全移籍で複数年契約を結びたい」と宣言。移籍金は800万ユーロ(約10億1000万円)とみられるが「資金的な用意もある」と自信満々だった。

トルコ国内の通貨危機問題もあって選手への給与未払いなど厳しい財政状況が指摘されているベシクタシュだが、1月の香川加入後は入場者数やグッズ販売が伸び、マーケティング面で欠かせない存在。今夏の補強資金を優先的に香川へ投入する方針だ。

ただ、対抗馬も続々と浮上する。トルコ紙「アスポル」など複数のメディアは、ドイツ1部シャルケとレーバークーゼンが香川獲得に乗り出すと報道。シャルケは香川が長年所属するドルトムントと同じルール地方に本拠地を置く。またレーバークーゼンは、かつて指導を受けたピーター・ボス監督(56)が率いており、どちらも環境に順応しやすいクラブだ。

ただ、ドルトムントは原則、ドイツ国内で他クラブへの有力選手の放出には消極的だった。香川もクラブの歴史をつくった立役者だけに、ドイツでの移籍には二の足を踏む可能性がある。

イングランド勢も「日本の10番」に高い関心を寄せている。香川がマンチェスター・ユナイテッド在籍当時から高く評価しているクラブが多く、英サッカー専門サイト「トライバル・フットボール」によると、1月の移籍市場でも獲得に動いたウェストハムとエバートンが再アタックするという。トルコ紙「ファナティク」は2部リーズからも興味が届いていると報じた。

その一方で、香川が移籍を熱望するスペインでも新たな動きが出てきた。欧州事情に詳しいマネジメント事務所関係者は「2部のグラナダが、昇格した際に香川を獲ろうとしている」と明かす。現在は昇格圏内の3位に付けるグラナダの親会社は中国企業のためアジア系選手の獲得を画策。昇格を条件に中国内でも人気の高い香川に白羽の矢を立てるもようだ。

ベシクタシュに加入後、香川は来季の去就について「何もわからないです。一試合一試合をやっていくだけ」と繰り返している。まずは残り試合で自らの価値を証明し、より多くの強豪クラブからオファーを引き出したいところだ。

4/16(火) 16:37配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190416-00000038-tospoweb-socc

写真
no title

【動画】衝撃の殴り合い!イングランド代表GKの「路上乱闘」動画が拡散! 

20190402-00056617-sdigestw-000-4-view[1]

コロンビア代表ミナ“41億円”バルセロナからエヴァートンへ移籍合意か 

yerry-mina
1 2018/08/06(月) 13:35:35.16 _USER9
8/6(月) 13:28配信
エヴァートンとバルセロナがジェリー・ミナの移籍で合意…移籍金は41億円に

エヴァートンがバルセロナとDFジェリー・ミナの移籍で合意に至ったことが分かった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

ロシアでのワールドカップでDFながら3ゴールを挙げる活躍を見せたミナ。今夏、同選手に対してマンチェスター・ユナイテッドなどが獲得に乗り出していたものの、コロンビア代表DFはエヴァートンに新天地を求めることになるようだ。

2018年1月にバルセロナに加入したミナだが、全公式戦6試合に出場したのみと十分な出場機会が得られず、またバルセロナも今夏の放出を検討していると報じられていた。そして5日、エヴァートンとバルセロナは2840万ポンド(約41億円)での同選手の移籍に合意した。

ミナの移籍が正式に決まれば、エヴァートンにとってリシャルリソン、ルカ・ディーニュ、ジョアン・ヴィルジーニャに次ぐ4人目の新戦力となる。

なお、マルコ・シウヴァ新体制となったエヴァートンは、11日に昇格組のウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズとのプレミアリーグ開幕戦を迎える。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180806-00000011-goal-socc

ルーニー“最終交渉”でアメリカ入り!!移籍金は18億超か? 

small
1   2018/05/24(木) 14:27:24.89 _USER9
エヴァートンに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のDCユナイテッド移籍に向けた最終交渉に臨むようだ。同選手は23日にアメリカへ到着したという。イギリスメディア『スカイスポーツ』が同日付で報じた。

 報道によると、ルーニーはワシントンに到着したとのことで、DCユナイテッドの幹部と会談の場を設けるという。同クラブの本拠地であるアウディ・フィールドも訪れる予定となっているようだ。

 ルーニーは移籍に向けた最終交渉を行うとともに、メディカルチェックも受ける見通しとなっている模様。移籍金に関する合意にはまだ至っていないようだが、同選手の48時間に渡るアメリカ滞在中に交渉が成立する可能性が高いと報じている。

 今月10日付のイギリスメディア『BBC』は、ルーニーがDCユナイテッドへ移籍することで原則的合意に達し、移籍金1250万ポンド(約18億5000万円)でアメリカへ新天地を求めると報じていた。

 ルーニーは現在32歳。下部組織からエヴァートンでプレーし、2004年夏にマンチェスター・Uへ移籍した。そして昨年夏にエヴァートンへ復帰。今シーズンはプレミアリーグ全38試合中31試合に出場し、チームトップの10得点を挙げた。契約は来年夏まで残っているものの、チームでの役割に不満を抱いているとも報じられ、移籍が有力視されていた。

 国内でのプレーを続けてきたルーニーのMLS移籍決定が迫っている。新たなチャレンジに注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180524-00763421-soccerk-socc

【驚嘆】“ルーニー移籍”アメリカへ18.5億円で移籍!!チームはDCユナイテッド 

20180510_wayne-rooney6744
1   2018/05/11(金) 00:26:05.13 _USER9
エバートンFWルーニーがMLS移籍へ D.C.ユナイテッドと移籍金18.5億円で大筋合意
5/10(木) 22:31配信 Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180510-00103116-soccermzw-socc

■今季古巣エバートンへ13年ぶりに復帰するも、わずか1年で再びチームを離れることに

エバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーが、米MLS(メジャーリーグサッカー)のD.C.ユナイテッド移籍で大筋合意に達したことが分かった。
英公共放送「BBC」によれば、移籍金は1250万ポンド(約18億5000万円)とされている。

イングランド代表とマンチェスター・ユナイテッドで歴代最多得点記録を持つルーニーは、今季エバートンへ13年ぶりに復帰。プロデビューを果たした古巣で再スタートを切っていた。

しかし、わずか1年で再びグディソン・パーク(エバートンの本拠地)に別れを告げることになりそうだ。
ルーニーの代理人はすでにアメリカで交渉を行っており、ついに大筋で合意に達したと報じられている。ルーニーも移籍の意志を固めているようだ。

ルーニーは2020年までの契約でオファーを受けているという。サッカー界のスターがまた一人、アメリカに活躍の場を移すことになりそうだ。

マンUのエバートン化がここまでくるとアートだ!と話題にwww 

477: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2014/02/02(日) 19:59:37.36 ID:PrDMm69X0
no title

まんうのエバートン化



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索