Samurai Goal

エデン・アザール


スポンサード リンク





<レアル・マドリード>アザールが手術へ。EURO出場目指して今季中の復帰なるか 

20200302-00365204-footballc-000-1-view




1: 2020/03/02(月) 23:07:15.11
レアル・マドリードのベルギー代表MFエデン・アザールが、手術を受けることになったようだ。『Het Nieuwsblad』などベルギーメディアが伝えている。

 アザールは先月16日に行われたセルタ戦に出場し、約3ヶ月ぶりに復帰を果たした。しかし、その次の試合で負傷交代となっている。検査の結果、右足腓骨の亀裂骨折が明らかになっている。

 これにより、長期離脱が確実になっているアザールは、手術を受けることを決断した。レアル・マドリードは今週、アザールをアメリカに向かわせるとのこと。スペインメディアの情報によると、5日にテキサスで手術を受ける可能性が高いとのことだ。

 アザールは今季中の復帰を目指すと言われている。シーズン終了後はベルギー代表としてEURO2020に出場する予定のため、できるだけ早くピッチに戻りたい考えのようだ。

3/2(月) 21:16配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200302-00365204-footballc-socc

アザール(Rマドリード)復帰間もないのに、またも離脱…右足腓骨の亀裂骨折で 

20200223-00370642-usoccer-000-3-view




1: 2020/02/24(月) 07:15:52.61
レアル・マドリーは23日、ベルギー代表MFエデン・アザールが右足腓骨の亀裂骨折と診断されたことを発表した。

22日に行われたラ・リーガ第25節のレバンテ戦に先発したアザール。前節のセルタ戦で約3カ月ぶりとなる復帰を果たしたばかりだったが、67分にアクシデントを起こして交代していた。

レバンテ戦後の記者会見でジネディーヌ・ジダン監督は、「重そうに見える」とコメント。また、スぺイン『マルカ』は以前に負傷していた足と同じであることを指摘し、今シーズンのほとんどを欠場することになると見ているようだ。

2/23(日) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00370642-usoccer-socc

アザールのクラシコ欠場が確定…骨に亀裂で全治最大6週間とも  

20191205-00365584-usoccer-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/05(木) 23:31:47.90 ID:ozpAEX079
レアル・マドリーは5日、ベルギー代表FWエデン・アザールのケガについて公式サイトで報告した。

先月26日に行われてチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマン戦で、相手選手との交錯で負傷したアザール。その後のクラブの発表によると、右足首外側の打撲で離脱期間は10日前後と予想されていた。

ところが最新の情報で足首の骨に小さな亀裂が入っていたことが判明し、離脱期間は大幅に伸びることになった。クラブは「保留中」としているが、スペイン『アス』によると、4週間から6週間の離脱になる見込みで、18日に延期されていたラ・リーガ第10節、バルセロナとのエル・クラシコは欠場濃厚となった。

今夏にチェルシーから加入したアザールは、ハムストリングのケガで開幕は出遅れたものの、徐々に調子を上げ、10月頭のリーグ第8節のグラナダ戦で初ゴールを記録。ここまで公式戦13試合に出場し、1ゴール4アシストの成績を残している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191205-00365584-usoccer-socc

アザール、過去のRマドリード在籍選手中で、オーウェンに次いで酷いと、スペインメディア酷評  

20191002-10020074-nksports-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2019/10/02(水) 08:59:09.57 ID:r/v2zQ5N9
ベルギー代表のエデン・アザール(28)は、過去にレアル・マドリードに加入した選手の中で、マイケル・オーウェンに次いで酷い選手だと、スペインメディアが酷評していると1日付英紙サン電子版が報じた。

今夏チェルシーから1億5000万ポンドでRマドリードに加入したが、不調にあえいでいるアザール。本人は、これから向上していくと口にしているが、一部のファンらは愛想が尽きているという。特に厳しい口調のマルカ紙は、Rマドリードに査定をするように呼びかけたうえで、アザールより最低なスタートを切ったのは、04年にリバプールから移籍したオーウェンしかいない、とした。

過去に同クラブに加入したジネディーヌ・ジダン、デビッド・ベッカム、ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウド、カカらは、いずれも得点やアシストを量産している。オーウェンは当時、加入から6試合連続無失点だった。対するアザールは、これまでのところ4試合で得点がない

10/2(水) 8:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-10020074-nksports-socc

ジダン監督がベルギー代表に“警告メッセージ” 

20190901-43471135-gekisaka-000-6-view[1]

C・ロナウドがサッカー界の移籍金高騰に苦言!「DFやGKが100億円を手にするのは賛同しかねる」  

20190822-00010000-sdigestw-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/22(木) 07:11:24.81 ID:DkOAeKPp9
「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」

昨今のサッカー界は移籍金の高騰が目立っている。

今夏の移籍市場でも8000万ユーロ(約100億円)を超える高額移籍は、アントワーヌ・グリエーズマンやエデン・アザール、ジョアン・フェリックスなど7件も成立した。

テレビ放映権の高騰や、中東や中国の企業の参入によって加速し続けている「移籍金高騰バブル」が下火になる気配はいまだ見られない。
今夏の移籍市場でも、「クラブ史上最高額」の更新がいくつあったことか。

そうした現状にユベントスの大黒柱クリスチアーノ・ロナウドが、母国メディア『TV1』のインタビューで苦言を呈した。

自身も2009年の夏に当時の史上最高額となる9400万ユーロ(約120億円)で、マンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリーに移籍。
昨夏にユーベに移った際には、1億1700万ユーロ(約152億1000万円)が動いたビッグスターは、昨今の潮流について、「いまのフットボール界で物差しを作るのは難しい」と持論を語った。

「各クラブが選手のポテンシャルに賭けることが多い。今のフットボール界は、昔とは変わっていて、ジョアン・フェリックスのような選手は別としても、
特別な何かを見せているわけではない選手ですら、1億ユーロ(約125億円)の値がついてしまうんだ」

高額移籍は売り手クラブの財布を潤わせる一方で、買い手の財務状況を逼迫させる懸念がる。また、その額面が評価の基準となって、
「移籍金に見合った活躍ができていない」と批判されるケースも少なくない。C・ロナウドは、そういった問題点を念頭に声を上がたのだろう。

ただ、こうした風潮を止めるのはもはや難しいことも、理解しているようだ。

「今はより多くのお金がフットボール界に流れているんだ。平凡なセンターバックやゴールキーパーが7000万~8000万ユーロ(約87億5000万円~100億円)もするようになった。
こうした現状には賛同しかねるけど、それこそが僕らが生きている世界であり、尊重しなければならない」

数々のゴールでチームに勝利をもたらしてきたC・ロナウドにとって、実績に乏しい選手が自身と同じか、
それ以上の移籍金で取引されていくのを、黙って見ているわけにはいかなかったのかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190822-00010000-sdigestw-socc
8/22(木) 5:40配信

レアル新加入アザール、ハムストリング負傷…全治数週間で開幕戦は欠場濃厚  

news_282346_1[1]




1: Egg ★ 2019/08/16(金) 22:40:38.65 ID:n51vZDxQ9
 レアル・マドリーのベルギー代表MFエデン・アザールが左足ハムストリングスを負傷した。リーガ・エスパニョーラ開幕戦も欠場する可能性が高い。16日、スペイン『マルカ』が伝えている。

 同メディアによると、アザールはトレーニング後に負傷が発覚。左足ハムストリングスに異常が認められ、全治数週間になるという。

 アザールは今夏にチェルシーからレアルに加入。8日の親善試合では初ゴールも決めており、今季最大の戦力補強として期待されていた。レアルは17日にリーガ開幕戦・セルタ戦に臨む。

 レアルは今夏にMF久保建英を獲得。FWロドリゴ・ゴエスに続いて主力の負傷により、久保のトップチーム招集の可能性も出てきている

19/8/16 21:39ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?282346-282346-fl

写真https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/283000/282346/news_282346_1.jpg

レアル・マドリー、新シーズン背番号を発表。アザールは「7番」、久保建英は…  

1: Egg ★ 2019/08/10(土) 09:33:16.60 ID:s5MCgVxG9
レアル・マドリーは現地時間9日、トップチームの2019/20シーズンの背番号を発表した。
この夏の目玉補強であるFWエデン・アザールは、かつてクリスティアーノ・ロナウド(現ユベントス)がつけた「7」に決定。これに伴い、昨季「7」だったFWマリアーノ・ディアスが「24」に変更となっている。

バイエルン・ミュンヘンから復帰したものの今夏放出の噂が絶えないMFハメス・ロドリゲスは「16」。同じく放出の話が続いているFWガレス・ベイルは「11」から変更なしだ。
今夏加入した久保建英はカスティージャ(Bチーム)に登録されており、トップチームの背番号発表に含まれなかった。一方で、18歳のFWロドリゴには「27」のユニフォームが与えられている。

レアル・マドリーの背番号は以下のとおり。

1 ケイラー・ナバス
2 ダニ・カルバハル
3 エデル・ミリトン
4 セルヒオ・ラモス
5 ラファエル・ヴァラン
6 ナチョ・フェルナンデス
7 エデン・アザール
8 トニ・クロース
9 カリム・ベンゼマ
10 ルカ・モドリッチ
11 ガレス・ベイル
12 マルセロ
13 ティボー・クルトワ
14 カゼミーロ
15 フェデリコ・バルベルデ
16 ハメス・ロドリゲス
17 ルーカス・バスケス
18 ルカ・ヨビッチ
19 アルバロ・オドリオソラ
20 マルコ・アセンシオ
21 ブラヒム・ディアス
22 イスコ
23 フェルランド・メンディ
24 マリアーノ・ディアス
25 アンドリー・ルニン
27 ロドリゴ
28 ヴィニシウス・ジュニオール

8/10(土) 7:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190810-00333868-footballc-socc

写真
no title

「クボは物怖じしていない」「アザールは期待外れ」久保建英らマドリーの新戦力5人をスペイン紙が論評! 

20190806-00062456-sdigestw-000-8-view[1]

久保建英は何番手? ポジションを争うライバルは? レアル「最新序列」を英特集 

20190804-00208555-soccermzw-000-3-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索