1: 2020/05/16(土) 16:57:07.96
元ブラジル代表FWエジウソン氏が大胆な主張をしている。

現役時代にパルメイラスやコリンチャンス、ヴィトーリアなど母国ブラジルの複数クラブでプレーしたエジウソン氏は、1996年から1997年、そして2002年に柏レイソルに在籍。1996年にはJ1リーグ29試合で21得点、1997年には同25試合で23得点をマークするなど、日本でもその得点力を見せつけた。

2002年の日韓ワールドカップ(W杯)では、ロナウドやリバウド、ロナウジーニョらを擁したブラジル代表のメンバーに名を連ね、大会4試合に出場。ブラジル代表では26試合で6得点の記録を残した。

そのエジウソン氏が、母国メディア『Bandeirantes』で大胆な発言をした。そのキャリアでW杯のトロフィーを獲得したことを根拠に、近年のフットボール界を牽引してきたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールよりも自身の方が優れた選手だと主張。ユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドについても、「私の方がうまかった」と強調した。

「全盛期の私はネイマールよりうまかった。彼が私を超えたいのならば、ワールドカップのトロフィーを獲得する必要があるね。私には個性がある。メッシよりも私は上だろう。彼はワールドカップで優勝しないとね」

「クリスティアーノ・ロナウドは強いだけだ。確かにどちらの足でも強いキックができるね。だが、私の方がよりスキルが高い」

なお、メッシは歴代最多6度のバロンドールを獲得、C・ロナウドは同5度の受賞を誇る一方、エジウソン氏にはバロンドール受賞歴がない。

5/16(土) 14:30 GOAL
https://news.yahoo.co.jp/articles/a2c6345e10c7f3ec3709d9fd86e03d0a9473d3c0

写真no title