Samurai Goal

エイバル


スポンサード リンク





乾またも先発外れ「試合に出た時に何かできれば」  

GettyImages-952853366-800x519




1: 2018/11/27(火) 11:31:35.43 _USER9
<スペインリーグ:ビリャレアル2-1ベティス>◇25日◇ビジャレアル

ベティスのMF乾貴士(30)は、1-2で敗れたアウェーのビリャレアル戦でベンチ入りも、出番はなかった。

乾はまたしても先発から外れた。最後にスタメン出場したのは、スペイン国王杯の3部ラシン戦で、それ以降の公式戦では4試合で後半42分から出場したバルセロナ戦の1試合のみと、苦しい現状が続いている。「試合でチャンスをもらえていないから、(アピールは)練習しかない。(試合に)出た時に何かできれば」と前を向いた。(山本孔一通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181127-00403924-nksports-socc

レアル・マドリー、エイバルに史上初の惨敗…ソラーリ正式就任後の初戦でまさかの完敗 

1044738240-thumb-500xauto-209272




1: 2018/11/24(土) 23:15:32.21 _USER9
レアル・マドリーは24日、リーガ・エスパニョーラ第13節でエイバルとのアウェー戦に臨んだ。

13日にサンティアゴ・ソラーリ暫定監督の正式契約を発表した6位のレアル・マドリー。新指揮官就任後に公式戦4連勝を決めたチームは今回のエイバル戦で、4-2で勝利した直近のセルタ戦から4選手を変更した。
最終ラインではヴァランとマルセロが先発に復帰し、ルーカス・バスケスと負傷したカゼミーロに代えてセバージョスとアセンシオを起用した。

試合開始早々、相手を脅かしたのは現在13位に位置するエイバルだった。3分、ゴール正面の遠めの位置でパスを受けたキケが思いきりよくハーフボレーで右足を振り抜く。
ドライブシュートがゴールに飛んだが、これにGKクルトワが驚異的な反応。ベルギー代表GKがわずかに触ったボールはポストに直撃した。

冷や汗をかかされたレアル・マドリーだが、直後には反撃。浮き球パスで最終ライン裏に出たベイルが強烈なボレーシュートをゴール右に突き刺す。しかし、これはオフサイドの判定となり、ゴールは認められない。さらに11分にはボックス左で仕掛けたアセンシオのクロスに正面で反応したベンゼマが、ワントラップからシュート。GKをうまくはずしたシュートだったが、ゴールライン付近でDFにクリアされる。

すると、スコアを動かしたのはエイバルだった。18分、カウンターから左サイド深くのククレジャがグラウンダークロスを入れる。ニアサイドでキケが合わせたシュートはGKクルトワにセーブされるも、こぼれ球をエスカランテがプッシュ。一時オフサイドが疑われたが、VARの結果でゴールが認められた。

ハーフタイムにかけてはビハインドを背負うレアル・マドリーが攻勢に出る。35分にはベンゼマがボックス右手前でFKを獲得すると、キッカーのベイルが直接狙う。しかし、ファーサイドを狙ったシュートは、GKリエスゴのセーブに遭った。

迎えた後半、早めに同点弾を挙げたいレアル・マドリーだったが、スコアを動かしたのはまたしてもエイバルだった。52分、高い位置でオドリオソラからボールを奪取したククレジャがすぐさま横パス。
ボックス右のエンリクがファーサイドにシュートを流し込み、エイバルがリードを2点に広げた。そして、オドリオソラが一連のプレーで負傷し、カルバハルとの交代でピッチを後にした。

さらに勢いに乗るエイバルは57分に3点目を挙げる。左サイド深くからククレジャが入れたクロスに正面のキケが合わせる。レアル・マドリー守備陣の緩いマークの中で難なく押し込み、一気にスコアを3-0とする。

攻守にチグハグさが目立つカゼミーロ不在のレアル・マドリーは、イスコのテクニックを活かしたビルドアップに頼る展開に。しかし、細かなミスが目立ってなかなかボックス内に入ることができず、アタッキングサードで良い形をつくることすらままならない。逆に77分にはシャルレスに決定的なシュートを浴びたが、これはGKクルトワが防いだ。

その後も、レアル・マドリーは最後までリズムに乗ることができず、シャットアウト負け。今季、早くも5敗目を喫している。一方、人口わずか約2万7000人の街のクラブであるエイバルは、クラブ史上初めてレアル・マドリーを下した。

■試合結果
エイバル 3-0 レアル・マドリー

■得点者
エイバル:エスカランテ(16分)、エンリク(52分)、キケ(57分)
レアル・マドリー:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00010031-goal-socc

エイバル監督の嘆き『乾貴士をタダで出してしまった...』 

キャプチャ

柴崎岳“出番なし”途中出場が無いままヘタフェがエイバルに勝利!! 

1 2018/08/25(土) 05:50:46.30 _USER9
8/25(土) 5:46配信
ヘタフェがエイバルを下しリーグ戦今季初勝利…ベンチスタートの柴崎岳は出場機会なし/リーガ第2節

リーガ・エスパニョーラ第2節、ヘタフェvsエイバルの一戦が行われた。この試合でMF柴崎岳はベンチスタートとなっている。

スコアが動いたのは前半18分、ヘタフェはホセ・アンヘルがミドルレンジからゴールネットを揺らし、1点を先行。ヘタフェの柴崎岳はハーフタイム時からアップのペースを上げ、途中出場に備える。

だが後半、試合は停滞した状況が続き、ヘタフェはアマト・エンディアイェ、ホルヘ・モリーナなどを投入。1-0で迎えた87分にはDFレアンドロ・カブレラが途中出場となり、ヘタフェは3枚の交代枠を使い切る。これで柴崎の第2節出場機会なしが確定した。

試合は終盤の90分にホルヘ・モリーナが追加点を決め、2-0でヘタフェが勝利を収めた。開幕ゲームはレアル・マドリー相手に落としたヘタフェだが、第2戦でようやく今季のリーグ戦初勝利を手中にしている。

柴崎はハーフタイム時から交代出場の準備を進めていたものの、出場機会なしという結果となってしまった。

■リーガエスパニョーラ第2節

ヘタフェ 2-0 エイバル

得点者

ヘタフェ:ホセ・アンヘル(18分)、モリーナ(90分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180825-00000033-goal-socc
no title

乾無きエイバル、東京ヴェルディと協定締結!日本との繋がりを重視か 

30034_ext_04_0
1 2018/07/10(火) 21:38:36.49 _USER9
スペイン1部のエイバルは10日、J2の東京ヴェルディと今後2年間の戦略的協定を結ぶことが合意に達したとして発表を行った。

 両クラブはこの戦略的協定を通して、スポーツ面およびマーケティング面でお互いの強化に向けた協力を行うとのこと。協力する分野には女子サッカーやeスポーツも含まれると発表されている。

 昨年6月には、Jリーグとスペインのラ・リーガが戦略的連携協定を締結したことが発表された。エイバルと東京Vの協定は両リーグの個々のクラブの間で締結されたものとしては初であり、リーグ間の連携を強化するとともに、文化的交流の助けとなることも期待されるとエイバルは述べている。

 エイバルでは2014年から昨季まで日本代表MF乾貴士がプレーし、主力選手として活躍していた。その乾はベティスへ移籍したが、エイバルは乾の存在を通して培った日本との繋がりを今後も維持していきたいと考えているようだ。

7/10(火) 20:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180710-00280931-footballc-socc

エイバルの監督が乾貴士を心配!!“スペイン語が通じず意思疎通が困難” 

GettyImages-498288922-compressor
1 2018/07/03(火) 21:47:00.77 _USER9
サッカースペイン1部リーグ・エイバルのメンディリバル監督が、これまで3年間に渡って指揮してきたMF乾貴士について言及。
来季からベティスでプレーする乾について「3年一緒にやっているが引き続きスペイン語はほとんど分からない」とコミュニケーションの面で問題があるとした。

スペインのサッカー誌で語ったもの。メンディリバル監督は、乾について「技術的にフェノメノ(怪物)で、サイドアタッカーのポジションでは最高の選手」と大絶賛した。

一方で、意思疎通が必要な場面では苦労したという。試合中に「もっと厚かましくプレーしろ!」と怒鳴ったが、乾は微笑みを返した。改めて監督が何を要求したか問いただしたところ、
右サイドへ回るようにと誤解していたことが判明。チームメートが別の表現で指示を伝えたことで、ようやく理解したという。

メンディリバル監督は「チームメートがお祝いなどで、バーベキューをするときにも乾はほとんど姿を見せなかった」としている。

7/3(火) 19:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000114-dal-socc

エイバル『ポスト乾』確保に必死!!複数の日本人をリストアップ! 

20170401-00069406-roupeiro-000-2-view
1 2018/07/03(火) 15:18:08.88 _USER9
 スペイン1部エイバルが“ポスト乾”として、複数の日本人選手をリストアップしていることが2日、分かった。獲得上位候補となっているのはW杯ロシア大会出場の日本代表FW武藤嘉紀(25=マインツ)、MF中島翔哉(23=ポルティモネンセ)、そしてMF奥川雅也(22=マッテルスブルク)。全員、移籍金が必要な状況だが、エイバル側は獲得資金の捻出に動いているという。

 今夏ベティスへと移籍する日本代表MF乾貴士(30)は、エイバルの3年シーズンで89試合出場11得点の成績を残した。17年5月にはバルセロナ相手に日本人初ゴールとなる2得点もマーク。かつて“鬼門”と呼ばれたスペインリーグで、日本人選手の評価を高める一助となった。

 武藤も中島も奥川もドリブル突破が武器。個で打開する力を持っており、スペインリーグに適応できる可能性は高い。ヘタフェに所属するMF柴崎と合わせてスペイン1部リーグに3人の日本人選手が所属すれば史上最多。エイバルの今後の動きに注目が集まる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000111-spnannex-socc

乾貴士の“悲しい思い出”「メッシにユニホーム交換断られた...」 

GettyImages-844949814
1 2018/06/10(日) 21:50:14.93 _USER9
 スペイン1部ベティスと契約したサッカー日本代表・乾貴士(30)が10日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS」(日曜・後7時)にVTR出演し、試合後のセレモニーの裏側について語った。

 「ワールドカップ直前サッカーSP」にVTRで出演した乾は、試合後のユニホーム交換について語った。「基本は交換しない。恥ずかしいから(相手に)言えない」と話していた乾だが、エイバル所属時代の2017年5月22日にバルセロナ相手に2得点の活躍をした。試合後にメッシのもとを訪れ、ユニホーム交換を申し出たという。「2点とったから行けっかと思った」と語ったが、返事はまさかの「ノー」だった。

 「『先に(約束した)相手がいる』って…。あいつら試合前に予約しているんです」とチームメートとの“争奪戦”に敗れたことを明かした。「イニエスタに行こうかと思ったけど(メッシに)断られた後に行くのは失礼かと思って」と自重したという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000205-sph-socc

乾貴士が早くもベティスで称賛!!「我々を強くしてくれる」 

41297_ext_04_0
1 2018/06/05(火) 21:21:14.23 _USER9
ベティスの技術部門で働くアレクシス・トルイージョ氏が『ベティスTV』のインタビューで、新加入選手乾貴士を称賛している。

ベティスは新シーズンに向けた最初の補強としてエイバルから乾を獲得。ベティスの公式ツイッターはオリジナルの動画もアップし、歓迎ぶりを表現したことも話題となった。トルイージョ氏は乾がチームにとって重要な存在になると確信しているようだ。

「イヌイはエイバルで数シーズンに渡り、良いプレーを見せていた。コーチングスタッフも我々のチームを強くしてくれると考えていたし、彼がエイバルでしていたプレーを続けて、さらに発展させていってくれればいいね」

加えて、「彼は技術もあるが、守備で貢献できる十分な能力がある」とプレースタイルにも言及。ベティスにおいてもサイドで攻守の貢献を求めることを示唆した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000028-goal-socc

〈乾貴士〉エイバルの契約延長が破談になった経緯を説明 

20180602-00000027-goal-000-3-view

エイバルのフラン・ガラガルサSD(スポーツディレクター)が、日本代表MF乾貴士が同クラブからベティス移籍に傾いた経緯を説明している。
スペイン『エスタディオ・デポルティボ』が伝えている。

【続く】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000027-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索