Samurai Goal

ウルグアイ


スポンサード リンク





<ブラジル人記者>森保Jを高評価「日本の皆さんにお詫びしたい」「日本は遊びに来たわけではなかった」  

1: Egg ★ 2019/06/22(土) 18:42:03.45 ID:MV61XI779
日本対ウルグアイの試合に、私は考えさせられた。いや、たぶん私だけではない。多くのブラジル人やアルゼンチン人も考えさせられたのではないか。

ブラジル人記者が見たチリ戦。「光るところがあったからこそ許せない」

 この試合の前まで、我々は日本についてこう思っていた。世界的スターを擁するチームに、こんな若いチームで立ち向かっていったいどうするのだ、と。しかしその考えは大きな誤りだった。我々は傲慢だった。

 日本対ウルグアイ戦は、これまで見た今回のコパ・アメリカの試合のなかで一番面白かった。キックオフからタイムアップまで手に汗を握る、目の離せない試合だった。チリ戦後の記事で、私は日本がこの大会で最弱だと書いたが、それは見当違いもいいところだった。最強とまでは言えないが、一番ファンタスティックなチームだ。

 これまで誰も名前を知らないような選手たちが、スター選手たちと堂々と渡り合う。私は何度も試合をビデオで見直しては幸福感に浸っている。ウルグアイのDFディエゴ・ラクサールを地面に残して決めた三好康児の1点目のゴールは何度見ても興奮する。なんという勇気、なんというスピードだろう。

 日本代表の選手諸君、君たちは、サッカーは名前や年俸でするのではないことを思い出させてくれた。サッカーのすばらしさを再確認させてくれた。今、私は心からこう言いたい。「Ben vindos! ようこそニッポン、コパ・アメリカによくぞ来てくれた!」と。

 日本より前には、カタールが面白くて、サプライズいっぱいのサッカーをし、そして今日は日本の若者たちが魅せてくれた。一方、南米の王者といわれるブラジルやアルゼンチンは、ヨーロッパの金持ちチームでプレーする選手を数多く擁しながら、結果を出せないでいる。

 その理由を、日本をよく知るドゥンガがこんな言葉で説明してくれた。

「自らを強者と思い、傲り高ぶっている我々はどんどん衰退している。反対に、謙虚さを持つ日本はどんどん成長している。彼らは毎日新たなことを学び、吸収し、前進しているのだ」

スポルティーバ 6/22(土) 16:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190622-00863290-sportiva-socc

写真
no title

ウルグアイ戦ドローの最大要因は岡崎&川島のスタメン起用にあり  

20190609_OkazakiKawashima




1: 豆次郎 ★ 2019/06/22(土) 16:51:02.99 ID:sfz0ziTl9
6/22(土) 16:41配信
東スポWeb

【武田修宏の直言!!】日本はウルグアイに引き分けたね。南米大陸での開催で日本には“完全アウェー”ということを考えれば、勝ち点1は大健闘じゃないかな。

 その要因はFW岡崎慎司(33=レスター)とGK川島永嗣(36=ストラスブール)のスタメン起用にあると思うよ。ベテランらしく、チームをけん引していたでしょ。岡崎は動きの質も高かったし、誰よりもハードワークしていたんじゃない? 川島も好セーブを見せたように、2人の安定感が際立っていたね。

 やはり大舞台を戦うには若手の勢いだけではなく、経験も大事だよ。今回は五輪世代メンバーが中心だったから、2人の落ち着き具合がより目立ったのかな。来年の東京五輪でも24歳以上のオーバーエージ選手がうまくチームを引っ張ってくれる。そんなイメージも湧いたね。何事もバランスが必要でしょう。

 それと、ウルグアイのFWエディンソン・カバーニ(32=パリ・サンジェルマン)とFWルイス・スアレス(32=バルセロナ)はやっぱりすごい! ゴールへの執念は「ザ・ストライカー」って感じがするよ。日本にも2人のような本格派のFWが出てきてほしい…。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000018-tospoweb-socc

「日本×ウルグアイ」パス成功率ランキング 柴崎が85.4%で堂々の両チーム1位!  

1: 豆次郎 ★ 2019/06/22(土) 15:21:26.98 ID:sfz0ziTl9
6/22(土) 11:40配信
「日本×ウルグアイ」パス成功率ランキング 出場26選手中栄えある1位に輝いたのは?

柴崎が85.4%で堂々の両チーム1位 アーセナル所属のMFトレイラを上回る

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)のグループリーグ第2戦でウルグアイに2-2と引き分けた。データ分析会社「オプタ」は試合後に両チームのスタッツを公開。FIFAランキング8位を誇る南米屈指の強豪にボール支配率41.9%、デュエル勝率35.0%と劣勢を強いられるなか、MF柴崎岳(ヘタフェ)が出場全26選手のなかでトップのパス成功率「85.4%」を記録した。

 試合は前半25分、柴崎の絶妙なサイドチェンジからMF三好康児(横浜F・マリノス)が切れ込み、強烈な一撃を決めて先制。直後の同32分、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認により献上したPKからFWルイス・スアレス(バルセロナ)に同点弾を許した。

 後半14分、DF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)のクロスをGKフェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ)が弾き、三好が詰めて再びリード。しかし同21分、CKからDFホセ・ヒメネス(アトレチコ・マドリード)に決められ、2-2のドローに終わった。

 コパ・アメリカは試合後にデータ分析会社「オプタ」集計のスタッツを公開。パスに絞って見てみると、ウルグアイはパス成功率73.8%(469本中346本成功)だったが、これはロシア・ワールドカップ後10試合目にしてワーストの数値だという。個人での成功率トップは、右サイドバックでスタートし、途中から逆サイドへ回ったDFマルティン・カセレス(ラツィオ)の82.4%。プレー機会(96)とパス総数(69)が最も多かったのは2ボランチの一角を担ったMFロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス)だった。

 一方の日本は、パス成功率72.7%(344本中250本成功)とウルグアイを下回ったものの、柴崎はこの試合に出場した全26選手の中でトップとなる85.4%をマーク。ボランチのコンビを組んだMF板倉滉(フローニンゲン)がアンカー気味の位置取り、柴崎が前気味にプレーすることでボールを握られながらも要所を締めたゲーム運びをしていた。ちなみに、プレー機会(78)とパス総数(54)のトップはA代表デビューを飾った板倉だった。

 グループリーグ突破が懸かる24日のエクアドル戦は、よりプレー精度を高めて今大会初勝利をつかみたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190622-00198514-soccermzw-socc
no title

<ウルグアイ戦の“PK見逃し”>世界中のメディアが疑問!「VARで判断すべき」「モニターを見なかった!」  

1: Egg ★ 2019/06/22(土) 06:32:48.01 ID:MV61XI779
「アジアチームにPKが与えられるべきだった」
 
ブラジルで開催されているコパ・アメリカのグループリーグ第2戦、日本対ウルグアイ戦は2-2のドローで終わった。
この試合で行なわれたふたつのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定について、世界中のメディアが疑問を投げかけている。

ひとつは日本代表DF植田直通とエディンソン・カバーニの接触プレー。
これはVARによってPKと判定された。そして最も物議を醸しているのが、47分に中島翔哉がウルグアイのエリア内に侵入しようとしたプレーだ。

左サイドでボールをキープした中島翔哉は、ふたりのDFに囲まれながらも、身体を反転させて突破を試みた。
その際にジョバンニ・ゴンサレスの足がかかって中島は倒れた。だが、このシーンで主審はVARを使用せず、ファウルも認めないままプレーを続行した。

この一連の流れに、コロンビア紙『EL TIEMPO』は「主審の信じられない決断。VARが試合の主役になってしまった」と自国出身の審判に対して疑問を呈した。

「ウルグアイ対日本の試合で、VARが主役になってしまった。アジアのチームは、この試合で最もペナルティ・キックに値するプレーを見せた。
ウルグアイのゴンサレスはウルグアイのエリア内に侵入しようとしたショウヤ・ナカジマを明らかに横倒しにした。
だが、日本がVARを求めたのにも関わらず、コロンビア人審判のアンドレス・ロジャスはそのプレーをファウルと見なさなかったどころかモニターを必要ともしなかった!」

ほかにも、ペルー紙『Diario Correo』は「ナカジマに翻弄されたウルグアイ人のマーカー、ゴンサレスは明らかにファウルで彼を阻止した。
少なくともこれはVARで判断すべきであり、PKを与えられるべきだったシーンだ」と主審を批判している。

南米エルサルバドルのTV局「Deportes Canal 4」も「日本はVARの使用を主張したが認められなかった。なぜか?」
と該当シーンを番組で取り上げて検証し、「理解に苦しむ」と結論づけている。

そして、南米にとどまらず、スペイン・メディアも疑問の声を挙げた。
スペイン人記者のコリン・ミラー氏は、自身のSNSに該当のシーン動画をアップ。「一体どうしてVARで日本にPKを与える決断にならなかった? リプレイ映像を見れば明確にファウルだろう」と疑問を投げかけた。

スペイン紙『El Pais』は「これはコパ・アメリカでのVARによる最初のエラーか?」と報じ、「この大会におけるVARが主役であり続けることはいかがなものか。
47分のプレーで日本の10番はファウルを主張したが、主審はVAR担当者と話しただけで訴えを却下した」と反応。

スペイン紙『MARCA』は、「コパ・アメリカは今日までの10試合でVARが13回採用され、計33分間、試合が停止。望ましくない注目を集めている」と報じた。
試合の展開を左右しかねないVARの運用については、未だ運用法が確立されているとは言い難い。今後予定されているコパ・アメリカのゲームにおいても、どのように運用されるかが注目を集めそうだ。

サッカーダイジェスト 6/21(金) 19:02
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00060431-sdigestw-socc

写真
no title

<中島翔哉>「カタールで学んでいることでもあります」  

1: Egg ★ 2019/06/21(金) 18:50:15.96 ID:xLGX1z+j9
チームとしての成長、個人の課題。中島翔哉の理想は「もっともっとうまく強く速く」

日本代表MF中島翔哉は、チームとしての成長を感じつつ個人としての課題も発見しているようだ。

日本時間21日、コパ・アメリカ2019グループC第2節でウルグアイ代表と2-2で引き分けた日本。中島はこの日も[4-2-3-1]の中盤左サイドで先発し、鋭いドリブルで幾度も仕掛けて日本の攻撃を牽引。

徐々にマークが厳しくなっていったが、1-1で迎えた59分には、相手を引き付けてタイミング良くオーバーラップした杉岡大暉をシンプルに使う。そして、杉岡のクロスをGKフェルナンド・ムスレラが弾いたところに三好康児が反応し、2点目を決めた。

試合は2度にわたって追いつかれる苦しい展開となったが、日本は最後までウルグアイの逆転を許さず。勝ち点1を得たことに関して、中島は「相手も強いチーム。引き分けに持ち込めたのは、前回からの進歩だと思います」とチームとしての成長を喜ぶ。

個人面に関しては、相手の激しい守備に苦しんで囲まれてボールを奪われるシーンも散見され、「どの試合ももっとできると思うことは多いので、次にベストを出せるようにしていきたい」と不完全燃焼だったとこぼす。

それでも、「素早く強引に行くということはやっていきたい。もっともっとうまく強く速くなっていきたい」とも口にしているように、現在の延長線上に目指すプレーがあるようだ。

また、2点目に繋がった杉岡へのパスについて、ドリブルを布石にしていたのではないかという問いに対しては「そこまで考えてはいないです」と返答。「自然と良いタイミングで上がってきてくれた」ためにパスを選択したようだ。

そして、とりわけ後半には中島がこれまで以上に後方の守備に参加している様子が目立った。そのことについて問われると、「カタールで学んでいることでもあります」と、クラブで成長できている実感を強調。

さらに、「攻撃、守備って特に分けて考えてはいないので、状況に応じてプレーできれば」と、トータルでの貢献を誓っている。

6/21(金) 13:33 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00010026-goal-socc

写真
no title

<韓国メディア>森保ジャパンの健闘に驚愕!コパ・アメリカの“大異変”  

1: Egg ★ 2019/06/21(金) 18:24:37.58 ID:xLGX1z+j9
「三好マルチゴール」20を超える媒体がその名をヘッドラインに

写真
no title


コパ・アメリカで優勝候補ウルグアイ相手に2-2のドローを演じた森保ジャパンの試合結果は、韓国メディアもこぞって報じている。「日本、乱打戦の末にウルグアイにドロー」(『イルガン・スポーツ』、「日本、ウルグアイに2-2の引き分け、コパ・アメリカで存在感」(『釜山日報』)などで、『スポーツ韓国』は「コパ・アメリカの“大異変”」と報じた。
 
 また、初戦のチリ戦で完敗しながらウルグアイには互角の戦いを演じたことで、「チリ戦の屈辱を払拭した日本、ウルグアイに2-2の引き分け」(『ノーカットニュース』)、「第1戦と違った日本、優勝候補ウルグアイが当惑した」(『スポータル・コリア』)、「日本、最精鋭のウルグアイに2-2の善戦、チリ大敗の自尊心回復」とヘッドラインを置くメディアも多い。
 
「日本のウルグアイ戦ドローが“衝撃的な理由”」という刺激的なタイトルで報じたのは『スポーツ韓国』だ。FIFAランクの格差、両国のメンバー構成、さらにはチリ戦の大敗などを根拠に、「試合前はウルグアイの楽勝、日本の惨敗が展望された試合だった」としたうえで試合経過を振り返り、「日本にとって今回の結果は大異変以上の成果、ウルグアイには苦々しい屈辱に近かった」と報じた。
 
 結果だけではなく、試合内容や個々の選手を評価するメディアも多かった。例えば『Footballist』は「日本、東京五輪世代でウルグアイと対等な試合」と題した記事の中で、「招待国資格で出場する日本は東京五輪を念頭にした23歳以下の選手中心ながら、コアメンバーたちが大挙出場したウルグアイに善戦した。ボール占有率やシュート数など全体的な主導権を与えたのは事実だが、得点の流れは違った。日本が先に均衡を破り、ウルグアイが追いかける様相だった」とした。
 
 2ゴールを決めた三好康児については、「三好マルチゴール」「大活躍の三好、ウルグアイ戦MOM選定」など、実に20を超える媒体がその名をヘッドラインに置くほどだった。

 その三好ら多くの若手選手を今回のコパ・アメリカでAマッチ・デビューさせながら善戦した森保一監督を評価する報道もあり「日本、チリ戦とは完全に異なる戦力がウルグアイとの引き分けを牽引した」と報じた『OSEN』は、記事の最後をこう締めくくっている。
 
「日本はチリ戦で屈辱的敗戦を喫して自国はもちろん、南米でも笑い者になった。しかし、2020年東京五輪を準備する森保監督は、結果的に悪くない成果を出した。チリ戦で若い選手をテストした日本は、ウルグアイを相手に確かな戦力を示し、残りのエクアドル戦への期待を作った」と。
 
 いずれにしても韓国も驚いた森保ジャパンの大反攻。グループリーグ最終戦となるエクアドル戦でも日本の戦いぶりには注目が集まりそうだ。

6/21(金) 18:03配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00060430-sdigestw-socc

<中島翔哉>そこまでドリブルに固執する必要があったのか?  

1: Egg ★ 2019/06/22(土) 06:06:28.44 ID:MV61XI779
岡崎が作り出した“わずか数秒”の価値
 
戦力的にも、日程的にも苦戦が予想されたウルグアイ戦で、日本は2-2と大健闘。2度リードを奪いながらも追いつかれた点で勝負弱いと批判されるかもしれないが、相手は明らかな格上、
しかも開催地がブラジルということも考えれば、十分に価値あるドローだろう。なによりグループリーグ突破に向け、多少なりとも希望が膨らんだのは大きい。
 
こうした国際大会のグループリーグと決勝トーナメントのテンションは別物。グループリーグ以上に緊張感が漂う決勝トーナメントの戦いには独特の雰囲気があり、それを経験できるだけでも財産になり得る。
その意味でも、ベスト8入りの可能性を「勝点1獲得」で高めたことはチームのモチベーションを保つためにも大きかった。
 
ウルグアイ戦を振り返れば、やはり先制点がきいた。相手の焦りを誘うほどの効果はあまりなかったように見えたが、三好のあのゴールで日本は落ち着いた印象だ。
その後、32分にスアレスにPKを決められて1-1に追いつかれても動じず、そこからも比較的冷静に戦えたのは追いかける展開にならなかったからでもあるだろう。
 
 この日最大のヒーローは言うまでもなく2ゴールの三好。58分に至近距離から決めたゴールも素晴らしく、この活躍なら海外のクラブから声がかかるのではというインパクトを残した。
試合の雰囲気に呑み込まれず、確かな技術と状況判断でふたつの決定機をモノにした彼の活躍は称賛に値した。
 
ただ、ベテランふたりの奮闘も忘れてはいけない。GKの川島は55分にカバーニとの1対1を阻止するなど守護神らしい活躍を披露した。
昨季はフランスのストラスブールでほとんど出番がなく、先のキリンチャレンジカップでも起用されなかったにもかかわらず、いわば“ぶっつけ本番”でハイパフォーマンスを見せられるのは素晴らしい。
 
岡崎については泥臭いプレーが光った。三好の2点目の時はニアサイドで潰れたり、最前線から巧みなチェイシングで相手のパスを封じたり、その働きはいぶし銀だった。
攻撃から守備に切り替わる局面で、ああやって相手に身体を寄せてボールに少し触るだけでも絶大な効果がある。ウルグアイの攻撃をわずか数秒だけでも遅らせたあのアクションは、守る側からすれば非常に助かるのだ。

その“わずか数秒”があったからこそ、日本はそれなりに耐えられたとの見方もできるのではないか。いずれにしても、岡崎の献身は今回のドローを語るうえで、極めて重要なファクターだ。
川島や岡崎とともにロシア・ワールドカップを戦った柴崎も、タフに戦った。三好の先制点につながったパスが最大のハイライトかもしれないが、そこより着目したいのは中盤での舵取り。

同じボランチの板倉が少し安定感を欠くなか良いポジショニングでピンチの芽を摘み取り、攻撃に切り替わった時もシンプルに味方へと預けていた。
さすがに試合終盤は疲労の色が見えたが、それでも十分に評価できる仕事ぶりだった。

サッカーダイジェスト 6/21(金) 12:12配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00060406-sdigestw-socc

写真
no title

海外メディアも三好康児にMOM選出など最高評価。「日本に夢を見させた」【コパ・アメリカ】  

20190621-00327295-footballc-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/21(金) 11:56:08.14 ID:dPoF471S9
コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループステージC組第2節のウルグアイ代表対日本代表戦が現地時間20日に行われ、2-2のドローに終わった。
2得点を上げたMF三好康児に対しては、海外メディアからも絶賛が集まっている。

先発で出場した三好は前半25分、カウンターからエリア内右側に抜け出しGKのニアを撃ち抜く先制ゴールを記録。
同点に追いつかれたあと59分にもゴール前でのこぼれ球を押し込んで自身2点目を挙げ、勝ち点1獲得の立役者となった。

アジアサッカー連盟(AFC)は「三好の活躍で日本がウルグアイを抑える」と22歳のMFを称賛。チリ『エル・グラフィコ』も「際立っていた選手は三好康児。
ウルグアイを苦しめ日本の望みを繋いだ」と賛辞を送っている。

フランス『Homme du Match』では三好に両チームを通して最高点となる採点「8」を与えてマン・オブ・ザ・マッチに選出。「この試合で輝き、チャンスが訪れるたびに活かした。
それほどボールを供給されたわけではなかったが極めて効率的だった」と決定力の高さを称えた。
その他には中島翔哉が「7」、川島永嗣と柴崎岳が「6.5」と高く評価されている。

イタリア『トゥットメルカートウェブ』でも三好に「7.5」とこの試合で最高の評価を与えた。
「この夜の主役だった。日本のサポーターにしばらく夢を見させた。抑えられなかった」と評している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00327295-footballc-socc
6/21(金) 11:39配信

スアレスは若き日本代表への敬意語る「チリ戦が本来の姿ではないと…」  

news_277553_1[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/06/21(金) 13:58:14.84 ID:ClUcjM6P9
 コパ・アメリカグループリーグ第2節で日本代表はウルグアイ代表と2-2で引き分けた。32分に同点PK弾を沈め、フル出場したFWルイス・スアレス(バルセロナ)は若き日本代表への敬意を語っている。スペイン『アス』が伝えた。

 試合後、スアレスは「ほろ苦い結果になったが、我々は良い試合をしたし、より多くのチャンスを作った」と振り返った。
FIFAランキング8位のウルグアイに対して、日本は28位と格下だった。さらに今大会は東京五輪世代を中心に組んだ若いチームとあって、初戦はチリ代表に0-4の完敗を喫していた。

 しかし、スアレスは「我々はチリ戦の日本が本来の姿ではないことを知っていた。彼らは素早く、プレーの質も高い。日本はプレッシャーをかけ、我々に思うようにプレーさせなかった」とリスペクトを口にした。

 とはいえ、優勝候補のウルグアイはエクアドルを4-0で下す好スタートを切っていただけに、引き分けという結果は想定外だったはずだ。
それでもスアレスは「日本は困難な状況にも適応できるチームだった。チリ戦では力を欠いていたが、このゲームは別物だった」と日本の戦いぶりを称えた。

https://web.gekisaka.jp/news/detail/?277553-277553-fl
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/278000/277553/news_277553_1.jpg

日本代表、ウルグアイ相手の善戦に海外メディア驚き「全く予想外」【コパ・アメリカ】  

20190621-00327280-footballc-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/21(金) 11:48:32.20 ID:dPoF471S9
【日本 2-2 ウルグアイ コパ・アメリカ2019・グループC組第2節】

コパ・アメリカ2019・グループC組第2節、日本代表対ウルグアイ代表の試合が現地時間20日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わっている。
この結果を受けて、ノルウェーメディア『abcnyheter』が戦評を書いている。

試合開始して25分、柴崎岳のサイドチェンジから三好康児がドリブルでゴール前まで仕掛け、自らシュートを放って先制点を決めた。
しかし32分、ペナルティーエリア内で植田直通がファールを犯したとして、
主審がVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)を確認した上でウルグアイにPKのチャンスを与える。このPKをルイス・スアレスが決めてウルグアイが同点に追いついた。

それでも59分、ウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラが弾いたボールを三好が押し込み再び勝ち越しに成功。
だが66分、コーナーキックからホセ・ヒメネスにヘディングシュートを決められ、またもウルグアイに追いつかれてしまう。結局、試合は2-2の引き分けに終わった。

同メディアはタイトルに「日本代表がウルグアイ代表と引き分けるとは驚いた」とつけ、「日本は初戦でチリ代表に0-4。対するウルグアイはエクアドル代表に4-0。
そのため、日本がウルグアイを阻むとは、全く予想外だった」と伝え、南米強豪相手に善戦した日本に驚きを隠せない様子を見せている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00327280-footballc-socc
6/21(金) 11:08配信



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索