Samurai Goal

ウェリントン


スポンサード リンク





「親しい関係じゃない」元神戸の助っ人が語るイニエスタらスター軍団の実情「ポドルスキが中心にいたけど…」 

スクリーンショット 2020-08-08 15.29.16

元神戸FWウェリントンがブラジル2部のボタフォゴFCに加入決定…監督は呂比須ワグナー 

20200211-00369975-usoccer-000-1-view[1]

神戸が退団ウェリントン経緯説明、ポドルスキ交渉中 

20191206-12060805-nksports-000-8-view[1]

イニエスタが“鉄壁”広島のクラブ記録を破る…高精度FKから神戸があっさりゴール 

20190414-43465911-gekisaka-000-4-view[1]

J1神戸入りバルサMFサンペール6日来日、7日会見へ 

20190305-00000020-dal-000-8-view

“大荒れ”の代償…神戸FWウェリントンが開幕2試合出場停止へ 

20190212-27753517-gekisaka-000-1-view

清水vs神戸戦で暴挙のFWウェリントンは3試合の出場停止!GK投げ飛ばしにはお咎めなし... 

201811300000503-w500_0




1: 2018/11/30(金) 16:35:27.81 _USER9
マッチコミッショナーから看板を損壊させたと報告

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/50902_ext_04_0_1543560871.webp?v=1543561271

Jリーグの規律委員会は11月30日、J1リーグ33節・清水エスパルス対ヴィッセル神戸でのウェリントンの行為に対して処分を発表した。

【動画】清水-神戸戦終盤の乱闘騒ぎ! ウェリントンが激高して相手GKを…
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=50902

 その処分内容によると、ウェリントンには試合中に科された1試合2枚の警告による退場処分のほか、2試合の出場停止が科される。合わせて3試合の出場停止となる。出場停止試合は、最終節のベガルタ仙台戦のほか、直近に行なわれる公式戦2試合となる。

 そして、ウェリントンに対する処分理由については、規律委員会から次のように発表されている。
「2018年11月24日(土)2018明治安田生命J1リーグ 第33節(清水エスパルス vs ヴィッセル神戸)の試合においてウェリントン選手が看板を損壊させたとマッチコミッショナーより報告があった。Jリーグ規律委員会にて同行為について映像を用いて確認・検証し、ウェリントン選手にも事実関係を確認した。

 上記の事実関係の確認を踏まえ、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同選手が退場を命じられピッチから退く際、清水ベンチ裏に立て掛けられていた看板を蹴り損壊させた行為は「選手等による競技場又はその周辺関連施設における故意による器物破損行為」に該当すると判断、2試合の出場停止処分とする。」
 
 試合ではレッドカードが提示された後、なだめに入った清水GKの六反勇治を投げ飛ばすシーンなども見られたが、処分理由からは、これに関してお咎めはなかったと言えそうだ。

11/30(金) 15:58 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=50902

神戸ポドルスキとウェリントンが26日にも開かれるJリーグ規律委員会で事情聴取される可能性浮上 

1: 2018/11/26(月) 10:20:36.90 _USER9
J1神戸のFWルーカス・ポドルスキ(33)とウェリントン(30)が26日にも開かれるJリーグの規律委員会で事情聴取される可能性が25日、浮上した。
24日の清水-神戸戦では退場処分となったウェリントンが相手GK六反を投げ飛ばし、ポドルスキも両チームが小競り合いになった際に清水ベンチに乗り込み、手を振り払うしぐさが中継映像でも確認されている。

神戸は18分50秒にも及んだロスタイムなど主審の判定を不服として24日に意見書を提出し、回答待ちの状況となっている。

11/26(月) 8:48配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000030-dal-socc

写真
no title


【サッカー】<ヴィッセル神戸>乱闘騒動で審判団の対応に意見書!時系列検証「後半AT19分間」の真相――何が起きていたのか?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543188184/

神戸ポドルスキとウェリントンが26日にも開かれるJリーグの規律委員会で事情聴取される可能性浮上 

1: 2018/11/26(月) 10:20:36.90 _USER9
J1神戸のFWルーカス・ポドルスキ(33)とウェリントン(30)が26日にも開かれるJリーグの規律委員会で事情聴取される可能性が25日、浮上した。
24日の清水-神戸戦では退場処分となったウェリントンが相手GK六反を投げ飛ばし、ポドルスキも両チームが小競り合いになった際に清水ベンチに乗り込み、手を振り払うしぐさが中継映像でも確認されている。

神戸は18分50秒にも及んだロスタイムなど主審の判定を不服として24日に意見書を提出し、回答待ちの状況となっている。

11/26(月) 8:48配信 ディリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000030-dal-socc

写真
no title


【サッカー】<ヴィッセル神戸>乱闘騒動で審判団の対応に意見書!時系列検証「後半AT19分間」の真相――何が起きていたのか?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543188184/

神戸 乱闘騒動で審判団の対応に意見書!時系列検証「後半AT19分間」の真相――何が起きていたのか? 

1: 2018/11/26(月) 08:23:04.14 _USER9
神戸が24日の清水戦(アイスタ)での審判団の対応などについて、
Jリーグに対し意見書を送っていたことが25日、明らかになった。

後半ロスタイムが4分の予定から約20分まで延び、その間に同点に。
クラブはそこまでに何度も試合を終了させるタイミングがあったにもかかわらず、
主審が何の説明もなく試合を続行させたことを問題視した。

激高して相手GKを投げ飛ばしたFWウェリントンについても、
その前に清水側から物がピッチ上に投げ込まれたためだと主張している。

11/26(月) 6:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000011-sph-socc

J1第33節、清水対神戸の終盤に乱闘騒動が勃発、最後は荒れ模様…後半ATの流れを追う
 
後半終了後、4分だったはずのアディショナルタイムが18分超え。GKの劇的な同点ゴール。そして両チームによる乱闘騒動――
24日のJ1第33節、清水エスパルス対ヴィッセル神戸は3-3の引き分けに終わったが、その結果以上に終了間際の展開が大きな注目を集めた。一体、何が導火線となってしまったのか。アディショナルタイムを時系列に追って検証した。

試合は前半26分、MFアンドレス・イニエスタの絶妙な浮き球スルーパスをMF藤田直之がダイレクトシュートで決めて神戸が先制。39分に清水MF河井陽介が同点ゴールを決めるも、
神戸はFW古橋亨梧、MF三田啓貴のゴールで3-1と再びリードした。そのまま迎えた後半38分に藤田がこの日2枚目の警告で退場したが、ここまでは試合は荒れ模様ではなかった。

清水FWドウグラスが同42分にゴールを決めて3-2と1点差に詰め寄ると、神戸のフアン・マヌエル・リージョ監督は後半45分にFWウェリントンをピッチに送り出し、前線でのキープを目論む。
そして会場で発表されたアディショナルタイムは4分。ここから詳細を追ってみよう。

   ◇   ◇   ◇

■アディショナルタイム(以下AT)1分:ウェリントンのファーストプレー。ロングボールに対してボールを収めようとしたが相手マーカーに手をかけられてファール。ファールを得たもののウェリントンは不服そうな表情とジェスチャーを見せる
この時点でもお互い激しくも冷静なファイトを見せていた。そして大きな分かれ目となったのは、最終盤を迎えたこのシーンだ。

後半AT8分過ぎ頃から異様なムード、両チームから苛立ちを隠せない状況に
■AT3分19秒:ハイクロスに競り合った清水MF河井陽介と神戸DF橋本和の頭が接触。河井はピッチに倒れ込むなか、ボールを奪った神戸側は敵陣に入りボールキープ。
清水の守備でプレーが切れたのは3分40秒のこと。イニエスタも心配そうに河井らを見つめている。

頭の接触だったため、流血した河井の意識はもうろうとしており、主審や選手ともに即担架を呼ぶ状況に。しかし清水の主将であるMF竹内涼はプレーを止めなかったことを不服に思ってか、主審に食って掛かっており、
鄭大世になだめられた。清水のスタッフは河井を動かさず治療することに。また橋本も側頭部から流血していた。

■AT7分:河井を担架に乗せる。MF兵働昭弘を3枚目のカードで投入。

■AT8分3秒:異様なムードのなか、清水ボールで試合再開。パワープレーに対して神戸はひとまずしのぎ、GK前川黛也がボールキャッチする。この時点で8分26秒が経過し、前川がロングボールを敵陣に蹴り込む。
しかしここではタイムアップの笛が鳴らなかった。

■AT8分51秒:再び清水がハイクロスを送り込む。その際DF立田悠悟がFWルーカス・ポドルスキと競り合いにいったが、身体を入れたポドルスキの肘が腹部から胸部付近に入る形となり、倒れ込む。
この後プレーは続いたが、ヨンセン監督含む清水陣営がテクニカルエリア内に飛び出して抗議する。治療中、ウェリントンが主審に手で「4」のジェスチャーをする。

この辺りで、明らかに両チームから苛立ちを隠せない状況となった。立田はAT11分43秒に担架でピッチ外へと運ばれた。

>>2以降につづく

11/24(土) 21:57配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181124-00150004-soccermzw-socc

写真
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索