Samurai Goal

インテル


スポンサード リンク





レアル・マドリー、イカルディ獲得競争撤退の原因は妻?昨年オファー考慮も… 

20190217-00000014-goal-000-3-view

「ユートから9年間で20人目」伊紙が入れ替わり激しいインテルのサイドバックを特集 

20190208-00010025-goal-000-2-view

<“悪童”カッサーノ>現役時代の潜在能力を振り返って悔恨の念?「俺はメッシにもなれた…」 

f91c5f16-e30a-3828-0056-c008e2926edb




1: 2019/01/19(土) 10:54:48.48
サッカー界きっての“問題児”として知られた男は、引退後も話題に事欠かない。

 現在36歳の元イタリア代表FWアントニオ・カッサーノは、昨年8月に二転三転した末、「モチベーションの低下」を理由に現役引退を表明した。

「バーリ(出身地)の宝石」とも呼ばれた彼は、ローマやレアル・マドリー、ミラン、インテルといった欧州のビッグクラブでファンタジー溢れるプレーを披露。全盛期に放った輝きは凄まじいものだった。

 その一方で、相次ぐ素行不良が目立った選手でもあった。オーバーウェイトで監督と衝突したり、行き過ぎた夜遊びがメディアに晒されることも、一度や二度ではなかった。

 その素行不良ぶりが、自らのポテンシャルを最大限に発揮するうえで障壁になったことを、本人も自覚している。カッサーノは、イタリア・メディア「Sky」のインタビューで、「俺はメッシのようにもなれた」と、自身のキャリアについて振り返っている。

「俺はいくつかのビッグクラブでプレーした。幸運じゃなかったなどとは、言うことはできない。どんな大失敗しても、別のチャンスがあると分かっていたんだ。

 トッティが前に言っていたように、俺はできることの50パーセントしかやらなかった。時には雑なこともあったし、トレーニングも嫌いだった。もしも15年間、やるべきことをやっていれば、メッシのようになれたんだ」

 問題の言動を繰り返したことで、類まれなる才能を存分に発揮できないまま歳を重ねたカッサーノ。その我の強いキャラクターが、人々に愛されるゆえんでもあったのだが、彼がプロフェッショナルらしく私生活で自己管理を行なっていたら、本当にメッシのような偉大なクラッキになっていたのかもしれない

1/16(水) 5:40 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190116-00010002-sdigestw-socc

インテルが「ゴディン争奪戦」を制す! 敏腕の新CEOがミラン、ユーベ、マンUを蹴落とす! 

GettyImages-1017356378-800x566




1: 2019/01/05(土) 14:19:03.03 _USER9
アトレティコ・マドリーに所属するウルグアイ代表CBのディエゴ・ゴディンの争奪戦を、インテルが制したようだ。現地時間1月4日、『スカイ・スポーツ』の移籍専門記者であるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏が伝えている。
 
 2010年に加入したアトレティコで長く守備の要に君臨するゴディンだが、今シーズン限りで契約が満了。本人にアトレティコと契約延長する意思はなく、ミラン、ユベントス、マンチェスター・Uなどが移籍金ゼロでの夏の獲得を狙っていたが、来シーズンからのインテル加入で基本合意したようだ。
 
 契約満了まで半年を切った選手は、現所属クラブに断りなく新たなクラブと事前契約を結べる。そのルールを使ってインテルとゴディンは2年契約+1年オプションで合意。早ければ来週にはメディカルチェックを実施し、来シーズンからの契約書にサインするという。
 
 現在のインテルCB陣は、ミラン・シュクリニアル、ステファン・デフライ、ミランダ、アンドレス・ラノッキアという4枚体制。ただ、来シーズンに向けては、バルセロナなどが狙うシュクリニアルに高額売却の可能性があり、ミランダも出番増を求めて移籍を志願する可能性が高い。
 
 今年3月に33歳を迎え、やや衰えが目立ってきたとはいえ、いまだ世界トップレベルのCBであるゴディンの加入は、インテルにとって心強いだろう。
 
 ちなみに、昨年12月にインテルのスポーツ部門CEOとなったジュゼッペ・マロッタは、ユベントスCEO時代にアンドレス・ピルロ、ポール・ポグバ、フェルナンド・ジョレンテ、パトリス・エブラ、ダニエウ・アウベス、エムレ・ジャンなど同じく移籍金ゼロの実力者をフリートランスファーで獲得した敏腕。新天地インテルでもさっそく手腕を発揮した格好だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190105-00052333-sdigestw-socc

インテル、CR7退団を利用?イカルディとクロースのトレード検討 

20190101-00010011-sportes-000-1-view

インテルのナインゴラン「喫煙、タトゥーをなぜ隠すのか?」「どれほどの選手が喫煙してるか知っているか?」 

GettyImages-998764470-800x533




1: 2018/12/28(金) 17:34:53.56 _USER9
奇抜なモヒカンへアーと全身に施したタトゥー。インテルに所属するラジャ・ナインゴランは周囲から完全に浮いた存在である。
その風貌、その言動、その考え方から彼は、これまでピッチ内外で幾度となく辛辣な扱いを受けてきた。だが、同時にそんなナインゴランの特異性こそが、彼に自由を与えてもいることも事実だった。

 『フランス・フットボール』誌11月27日発売号ではヴァレンティン・パウルッツィ記者が、セリエAでも独自の個性が際立つナインゴランの素顔に迫っている。

 監修:田村修一

「人としてノーマルな人生を歩みたい」

 ――ロシアワールドカップのベルギー代表に招集されずに、あなたは国際舞台からの引退を余儀なくされました。表向きはそうなっていますが、現実には(代表から排除されたのは)あなた自身の不良を連想させるスタイルと大きな関係があると思いますか? 

 「それこそが僕に押された烙印だ。僕はただ人としてノーマルな人生を歩みたいだけで、自分をサッカー選手や公人と位置づけているわけではない。たしかに危険な場所にも足を踏み入れているけど、ごく普通の生活を求めているだけなんだ。

 僕はプロサッカー選手になれる僥倖に恵まれた。

 でもサッカー選手のステイタスにこだわってはいない。

 家にお手伝いさんがいるわけじゃないし、自分でスーパーに買い物にも行く。ビールも飲むし煙草も吹かす。何も気にしてはいない。昔ながらの職業についている人たちは煙草を吸うのに、どうしてサッカー選手は駄目なんだ? 生活は生活、ピッチはピッチ。別のものだろう」

 ――そうかも知れませんが、サッカー選手は模範を示す必要もあるのではないですか? 

 「いったいどれほどの選手が喫煙してるか知っているか? どうして吸うのを隠さなければならないのか? 真実を隠すべきではないし、選手も普通の生活を送っていることをハッキリと示すべきだろう。喫煙を隠す人間はきっと他のことも隠している。それは僕のやり方じゃない」

「最悪の過去が人間を強くすることも」

 ――それではベルギーという国とあなたの関係はどうなのでしょうか? 

 「僕は自分がここまで辿ってきた道のりに誇りを持っている。僕が正直で真っ直ぐな人間であるといえるならば、その起源は僕の子供時代にまで遡る。

 大変な時代だった。

 本当に酷いことがたくさんあって、説明するのは簡単じゃない。

 でもそんな最悪の過去が、人間を強くすることもあるだろう。子供たちに模範を示すためにも、今の僕は過ちを犯すことはできない」

 ――あなたはインドネシアの血を引いています(父親がインドネシア出身)が、名前以外に何が自分の中にあると思いますか? 

 「あまり多くはないね。その点は否定しない。たしかに外観はアジア系ではあるけれども、僕自身はインドネシアの文化の中では育たなかった。とはいえ自分の出自には誇りを持っている。そうでなければとっくに名前を変えているよ。

 父親との関係は今も難しいとはいえ、両親はあくまでも両親だ。あるときインドネシアに彼らを訪ねた。もう一度可能性を探りたかったからだが、残念ながらうまくはいかなかった」

「ドラッグの売買や窃盗で、いかがわしい……」

 ――では100%ベルギー人であると感じていますか? 

 「アントワープの人間だという意識は強い。歴史のあるとても素晴らしい街だ。

 その中でも僕はリンケルーフェルの出身だ。様々な国からの移民が仲良く暮らしている地区だ。

 ドラッグの売買や窃盗で、いかがわしい収入を得ていた人たちもたくさんいた。そんな生活をしたくはなかったから、僕は地域のプロジェクトに最年少で参加した。

 サッカーをやりたければ、まず宿題を片づけなければならない。つまりプロになるためには、学業をこなす以外に道はない。そんな子供たちの力になりたいと心から願っている」

「自分の限界を置かないようにしている」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00832970-number-socc&p=3

インテル、史上最年少の新会長就任を発表…26歳の中国人実業家チャン氏 

20181027-00854604-soccerk-000-2-view

FKを壁の下に寝そべりブロック!インテルMFの“天才的”守備に称賛の声「最先端の戦術」 

20181025-00010000-tospoweb-000-4-view

“メッシの代役”が千金弾!! バルサ、インテルとの2連勝対決制してクラシコに弾み 

20181025-03516373-gekisaka-000-3-view

ロナウドを“敵対視”するのは何とイカルディの妻だった...!! 

キャプチャ
インテルの主将FWマウロ・イカルディの妻で代理人を務めるワンダ・ナラさんが3日、イタリア『メディアセット』のテレビ番組『ティキ・タカ』に出演した。今夏、レアル・マドリーからユヴェントスに加入したFWクリスティアーノ・ロナウドよりも夫がゴール数で上回ることを願った。

イカルディは昨シーズン、セリエAで29得点を記録し、ラツィオのエースFWチーロ・インモービレと並び、得点王に輝いた。今シーズンは、ユヴェントスに世界最高峰FWの一人であるC・ロナウドが加わったことで、タイトルの行方がますます注目されるが、ワンダさんは夫の活躍を信じている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180904-00000012-goal-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索