Samurai Goal

インテル


スポンサード リンク





元インテルDFマテラッツィ氏「バロテッリは子供のまま大人になった。可愛がってやったよ」 

20200406-00010024-goal-000-1-view




1: 2020/04/06(月) 23:10:48.26
元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏が、インスタグラム上のライブ配信で元フランス代表GKのセバスティアン・フレイ氏と対談し、元同僚のFWマリオ・バロテッリなどについて語った。

現役時代、インテルやペルージャなどで活躍し、2006年にはイタリア代表としてドイツ・ワールドカップ優勝を果たしたマテラッツィ氏。元フィオレンティーナGKのフレイ氏との対談の中で、インテルのライバルクラブであるユヴェントスについて問われると本音を明かしたほか、インテルで同僚だったバロテッリに触れた。

「どれほどユーヴェが嫌いかって?スポーツ上に限った話だが、かなり嫌いだよ」

「バロテッリ?彼はナンバーワンの選手だし、素晴らしい青年だ。しかし時折、私が叩き直してやらなければならなかった。ある日、ミランの靴下を履いてきたから、私が切ってやったよ。それでも彼のことは大好きだし、ダメな奴なんかじゃない。いい奴だよ。子供のまま大人に成長したような奴だ。初めて一緒に練習をしたときは、私の股下からボールを通して抜こうとしてきたが失敗に終わった。私と(イバン)コルドバで可愛がってやったよ」

続いてマテラッツィ氏は、ミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて問われると、「非常に強い選手だ。それでも(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドのような最強レベルではない」との見解を示した。

また2010年にインテルを率いたラファエル・ベニテスやレオナルドについてコメント。「(ジョゼ)モウリーニョの後を引き継ぐのは難しかったと思うが、レオナルドがやったように真似をすればスクデットは獲れたかもしれない。レオナルドは、6カ月前にしていたことを“コピー&貼り付け”しただけだからね。賢かった」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010024-goal-socc

インテルが全ての活動を中断と発表…ユベントスDFルガーニの新型コロナウイルス陽性反応を受け 

20200312-00371582-usoccer-000-1-view




1: 2020/03/12(木) 12:37:44.18
インテルが、全てのサッカー活動を一時中止することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

今回の措置が決定した背景には、ユベントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニが新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応が出たことがある。

インテルは、8日にセリエA第26節延期分でユベントスと対戦。ルガーニは試合に出場していないものの、ベンチ入りしていた。

感染者であるルガーニと接触した者を含めて、隔離の手続きが必要となり、インテルはこれお受けてトレーニングを含めたサッカー活動を中断することを発表した。

「ダニエレ・ルガーニがCOVID-19のテストを行ったというユベントスの発表に続き、インテルは追って通知があるまで、全ての競技活動の中断を発表します」

「現在、クラブは全ての必要な手続きを行うための措置を講じています」

ユベントスはルガー二について、現在は無症状であるもののCOVID-19の検査で陽性反応があったと声明を発表していた。

インテルは12日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのヘタフェ戦を控えていたが、スペインからイタリアへの渡航が禁止されているため、試合は延期となっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00371582-usoccer-socc

関連スレッド

【サッカー】ユベントスDFルガーニが新型コロナウィルス陽性反応…セリエA選手で初の感染者
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1583966405/

ユベントス対インテル含む6試合が無観客に! 異例の事態もチケット代返金なし 

20200226-00364383-footballc-000-2-view




1: 2020/02/26(水) 08:31:18.70
ユベントス対インテルを含むセリエA第26節の6試合が無観客試合で開催されることになった。
25日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスは世界中に拡大しイタリアでは犠牲者が出ていた。
そのため、セリエA第25節のベローナ対カリアリ戦、アタランタ対サッスオーロ戦、インテル対サンプドリア戦、トリノ対パルマ戦などが延期されることに。

ただ、これ以上延期試合を増やしてしまうとスケジュールが厳しくなってくる。今年6月にはEURO2020が開催されるため、その期間までにセリエAの全日程を終わらせる必要がある。
そうした事態を避けるため、止むを得ずセリエAは無観客試合という選択肢を取ることに。

同メディアによると、イタリア政府からも容認されたことで、セリエA第26節の6試合が無観客試合で開催されることになったという。
対象の試合は、ウディネーゼ対フィオレンティーナ、ミラン対ジェノア、パルマ対SPAL、サッスオーロ対ブレシア、ユベントス対インテル、サンプドリア対ヴェローナだ。

なお、伊紙『コリエレ・デッラ・セーラ』によれば、チケット代の返金は行わないとのこと。通常であれば、ファンはクラブに返金対応を要求することが出来る。
ただ、今回の場合はクラブが起因する問題ではないため、チケット代の返金は強制されないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00364383-footballc-socc
2/26(水) 7:40配

本田圭佑に続く? 長友佑都をインテル時代の同僚グアリンがブラジルに直接勧誘 

20200223-00370610-usoccer-000-1-view[1]




1: 2020/02/23(日) 12:22:03.22
元コロンビア代表のMFフレディ・グアリンが、インテル時代の友人を誘っているようだ。その選手は、ガラタサライの日本代表DF長友佑都(33)だという。

グアリンは22日、自身のインスタグラム(fguarin13)のストーリー機能で、長友とのビデオ通話の写真をアップ。そこにはコメントで、「ヴァスコ・ダ・ガマで一緒にプレーしよう」と勧誘していた。

グアリンと長友は、2012年から2015年までインテルで同僚だったため、良い関係性を築いている。長友は、ガラタサライと2020年6月30日まで契約が残っているが、登録メンバーから外されており、Jリーグを含めて移籍先を探していると報じられていた。

しかし、これは友人間の冗談でもあると思われ、『ESPN』はクラブが交渉中という情報はないとしている。

一方で、仮に移籍が実現したら日本では大きな話題となる。ブラジル・セリエAのボタフォゴには元日本代表MF本田圭佑が加入。長友もブラジル行きとなれば、両者が対戦する可能性もある。ボタフォゴが本田獲得に漕ぎ着けたように、長友を獲得する要求がムーブメントとなった場合は、ゼロではないかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00370610-usoccer-socc

ロメル・ルカク(26)インテル史上最速で20得点達成!23試合17得点190cm/94kg  

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/10(月) 19:14:29.45 ID:1gShYlA39
インテルに所属するベルギー代表ロメル・ルカク選手が、インテルで快挙を達成した。8日付で、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

ルカクはわずか29試合で20得点を奪い、インテル史上最速で20得点を獲得した選手となった。

同紙は、「どの選手よりもネラズリの色を着るのに適している」と評している。

以下は、インテルの20得点達成試合数ランキングとなる。

1:ロメル・ルカク 29試合
2:ロナウド、ルベン・ソサ 31試合
3:エルナン・クレスポ 36試合
4:アドリアーノ、ディエゴ・ミリート、ロドリゴ・パラシオ 37試合

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-01032629-soccerk-socc
2/10(月) 18:16配信

no title

https://amd.c.yimg.jp/amd/20200210-00010027-goal-000-1-view.jpg
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/12/20191229_Romelu-Lukaku_getty.jpg
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/8/8/-/img_88e2105e0e78c8a05b22517df5718d2d123609.jpg
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/293000/292696/news_292696_1.jpg
https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/294000/293678/news_293678_1.jpg
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2020/09/20190902_Romelu-Lukaku-Gettyimages.jpg

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

ミランはイブラヒモヴィッチが1ゴール1アシストも…インテルが4発大逆転でダービー制す 

20200210-01032241-soccerk-000-4-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/02/10(月) 06:59:34.99 ID:1gShYlA39
セリエA第23節が9日に行われ、インテルとミランが対戦した。

リーグ戦15試合無敗のインテルと、ズラタン・イブラヒモヴィッチ加入後5試合無敗(3勝2分)と調子を上げるミランによる“ミラノ・ダービー”。
試合はミランが立ち上がりから攻勢に出ると、8分にハカン・チャルハノールがペナルティエリア前右から強烈なミドルシュートを放ち、左ポスト直撃で相手ゴールを脅かす。

その後も主導権を握ったミランは40分、サム・カスティジェホの浮き球パスをイブラヒモヴィッチが頭で落とすと、アンテ・レビッチが流し込んで先制に成功。
さらに前半アディショナルタイム1分には、右CKがファーに流れると、フリーのイブラヒモヴィッチが頭で押し込んで追加点を挙げた。

2点ビハインドで折り返したインテルは後半の立ち上がりから反撃に出る。51分、エリア前中央のマルセロ・ブロゾヴィッチがこぼれ球を豪快なダイレクトボレーで叩き込んで1点を返す。
54分には、エリア右に抜け出したアレクシス・サンチェスの落としを、マティアス・ベシーノがダイレクトで押し込んで同点に追いついた。

インテルは70分、アントニオ・カンドレーヴァの右CKをステファン・デ・フライがダイビングヘッドでゴール左に流し込んで、ついに逆転に成功。
79分には、新加入のクリスティアン・エリクセンが距離のあるFKで強烈なシュートを放ったが、左上隅のクロスバー直撃で惜しくも得点にはつながらなかった。

後半アディショナルタイム3分には、ロメル・ルカクがヘディングシュートを叩き込んで勝負を決める追加点。
インテルが逆転勝利で“ミラノ・ダービー”を制して2連勝を飾った。一方のミランは6試合ぶりの敗戦で、新年初黒星となった。

次節、インテルは16日にアウェイでラツィオと、ミランは17日にホームでトリノと対戦する。

【スコア】
インテル 4-2 ミラン

【得点者】
0-1 40分 アンテ・レビッチ(ミラン)
0-2 45+1分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
1-2 51分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
2-2 54分 マティアス・ベシーノ(インテル)
3-2 70分 ステファン・デ・フライ(インテル)
4-2 90+3分 ロメル・ルカク(インテル)

【スターティングメンバー】
インテル(3-5-2)
パデッリ;ゴディン、デ・フライ、シュクリニアル;カンドレーヴァ(80分 モーゼス)、ベシーノ、ブロゾヴィッチ、バレッラ、ヤング(90+5分 ビラーギ);ルカク、A・サンチェス(72分 エリクセン)

ミラン(4-4-1-1)
ドンナルンマ;コンティ、ケアー、ロマニョーリ、T・エルナンデス;カスティジェホ(80分 レオン)、ケシエ(81分 パケタ)、ベナセル、レビッチ(84分 ボナヴェントゥーラ);チャルハノール;イブラヒモヴィッチ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200210-01032241-soccerk-socc
2/10(月) 6:44配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081330
試合スコア

https://www.youtube.com/watch?v=yI2ht46pu50


Inter Milan vs AC Milan 4-2 - All Gоals & Extеndеd H?ghl?ghts 2020
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

トッテナムMFエリクセン、遂にインテル加入が決定! 昨季はCL準優勝に貢献 

image




1: 数の子 ★ 2020/01/28(火) 22:21:12.10 ID:0qfkoBXf9
1/28(火) 22:08配信SOCCER KING

 インテルは28日、トッテナムからデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンを獲得したことを発表した。

 エリクセンは、今シーズン末でトッテナムとの契約が満了するため、レアル・マドリードやバルセロナなど多くのクラブが熱視線を注いでいたが、アントニオ・コンテ監督のもと、スクデットを目指すインテルが射止めた。

 インテルは第21節終了時点で勝ち点「48」を積み上げ、首位ユヴェントスを勝ち点「3」差で追いかけている。そのインテルは今冬の移籍市場で積極補強に動き、マンチェスター・Uから元イングランド代表DFアシュリー・ヤング、チェルシーからナイジェリア代表MFヴィクター・モーゼスを既に獲得。プレミアリーグから3人目の補強となった。

 現在27歳のエリクセンはオーデンセBK、アヤックスのユースチームに所属。2010年にアヤックスのトップチームでプロデビューを果たした。アヤックスではエールディヴィジ3連覇に大きく貢献すると、2013年にトッテナムに加入し活躍を見せ、2018-2019シーズンにはチャンピオンズリーグ準優勝したチームの核として君臨した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200128-01027539-soccerk-socc

去就注目のエリクセン、今冬のインテル移籍が濃厚に すでに合意間近と母国紙報道 

20200104-00238702-soccermzw-000-1-view[1]




1: 数の子 ★ 2020/01/04(土) 11:24:03.27 ID:7XVcuqGp9
1/4(土) 9:20配信 Football ZONE web


去就問題が注目されていたデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンはインテル移籍が濃厚となったようだ。デンマーク地元紙「Ekstra Bladet」によれば、セリエAの強豪が争奪戦を制し、移籍金は1億5000万から1億8000万クローネ(約24億~29億円)になるという。

 エリクセンは今季開幕前に移籍希望を表明し、レアル・マドリードへの移籍が取り沙汰されていた。しかし、夏の移籍市場の期限内に決まらず残留。熱望していた新しいチャレンジは叶わなかった。

 トットナムとの契約が今季限りということで、この冬には他クラブとの交渉が可能になり、再び去就問題が過熱していた。マンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン、ユベントスといったメガクラブが関心を示していたが、その激しい争奪戦にインテルも参戦。記事によれば、両クラブは合意間近で、1月中に移籍が完了する見込みだという。移籍金は約24億から29億円と推測されている。

 精度の高いキックを武器に攻撃を組み立て、得点力の高さも光るエリクセン。アヤックス出身のテクニシャンは、イタリアの地でさらなるステップアップを狙うことになりそうだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00238702-soccermzw-socc

<インテル>敵地でブレシアを2-1撃破!ユヴェントスを抜いて暫定首位に浮上  

1: Egg ★ 2019/10/30(水) 09:31:35.63 ID:vKE3AnCI9
現地時間29日、セリエA第10節ブレシアvsインテルが行われた。

この試合で先制したのはインテルだった。23分、ラウタロ・マルティネスがミドルレンジからシュートを狙い、ブロックに入った相手DFにボールが当たって高い軌道に変化し、シュートはそのままゴールへと吸い込まれた。

古巣対決となったFWマリオ・バロテッリを中心にブレシアは反撃を仕掛けるも、インテルゴールをなかなかこじ開けることができず、0-1で試合は折り返す。

後半に入り63分、インテルはロメル・ルカクが右サイドからカットインを仕掛け、最後は利き足の左足でネットを揺らして0-2に。

ブレシアはこの後、インテルよりも多くの好機を生み出して反撃を図るも、ミラン・シュクリニアルのOGによる1点にとどまり、1-2でフルタイムを迎えた。

この結果、インテルはユヴェントスを抜いて暫定首位に浮上。ブレシアは勝ち点7のままで18位と降格圏から脱することができなかった。

10/30(水) 7:52配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00010004-goal-socc

写真
no title

インテル、今冬にイブラヒモビッチ獲り浮上? FWサンチェスが全治3カ月で離脱  

20191018-00224060-soccermzw-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/18(金) 15:01:44.63 ID:c+M/XQKp9
左足首を負傷したサンチェスの“代役”にイブラヒモビッチか
 唯我独尊のカリスマストライカーがイタリア復帰にする可能性が浮上した。セリエAの強豪インテルは、インターナショナル・マッチウィークの間にチリ代表FWアレクシス・サンチェスが左足首の負傷し、長期離脱が決まった。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、冬の移籍市場で米メジャーリーグサッカー(MSL)LAギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得が浮上していると報じた。


 チリ代表は10月の代表活動でコロンビア代表と対戦。だが、0-0に終わったその試合でサンチェスが左足首を負傷した。インテルのメディカル部門は左腓骨筋腱脱臼が確認されたとして、手術を擁するため3カ月程度は離脱するという診断を下している。

 サンチェスは今季、マンチェスター・ユナイテッドから1年間の期限付き移籍で加入し、コンディションを上げ、これからという時期だった。ベルギー代表FWロメル・ルカクとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの二枚看板はいるものの、全体的な枚数不足は否めない状況にある。

 そこで、年内でギャラクシーとの契約が満了するイブラヒモビッチの獲得が浮上したようだ。2006年夏から3シーズンプレーしたインテルでは、セリエAを3連覇してリーグ88試合出場57得点の絶対的なエースとして君臨。それから10年が経ってはいるが、今でも欧州のトップレベルでプレーできるという評判は根強い。

 また、同様にユベントスで実質的な“構想外”の状態にある元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチや、モナコのセネガル代表FWケイタ・バルデも獲得候補に挙がっているという。

 今季からアントニオ・コンテ監督が指揮するインテルは、ユベントスとの頂上決戦に敗れたとはいえ勝ち点1差の2位につけている。最後までリーグ優勝を争いユベントスの8連覇を止める力があるという評価も高い。ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、インテルのイブラヒモビッチというカリスマエース同士がイタリアの頂点を争うという展開になっていくのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191018-00224060-soccermzw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索