Samurai Goal

インテル


スポンサード リンク





冨安健洋にインテルとユベントスが興味か?ミランは撤退と報道 

スクリーンショット 2021-02-09 20.51.04

イブラヒモビッチ先制弾も退場 インテルに逆転負け 

スクリーンショット 2021-01-27 12.40.42

インテルがピンチ! 財政危機でレアルへの移籍金支払いが遅延、選手給与も未払い 

スクリーンショット 2021-01-17 18.35.35

「俺は世界でトップ5のストライカーだ」インテルでゴール量産のルカクが豪語 

スクリーンショット 2020-12-30 22.52.56




1: 2020/12/30(水) 21:14:51.80 _USER9
インテルのロメル・ルカクが自身のパフォーマンスに満足感を示した。

今シーズンのルカクはセリエAで13試合に出場し11ゴールをマーク。さらに直近の7試合で6ゴールを奪うなど調子を上げており、得点ランキングではユヴェントスのクリスティアーノ・ロナウドについで2位に位置している。

チームもルカクの得点力を武器にここまで勝ち点33を積み上げて、首位のミランに1ポイント差に迫る2位につけるなど、復活の2020年となった。

今シーズンの活躍についてルカクは「過去5カ月ではトップ5に値すると思う。このグループを1位から5位まで順位付けすることはしたくないが、俺はそのグループの一人だ」と、好調ぶりを語った。

さらにルカクは過去の指揮官についても言及。マンチェスター・ユナイテッドで指導を受けたジョゼ・モウリーニョ監督からは「プレスとポジショニングの両面で、チームの連係がより良くなる方法を教えてくれた」とプレーの幅が広がるアドバイスを受けたようだ。

さらにベルギー代表やエヴァートンで指揮をとったロベルト・マルティネス監督からも多くのことを学んだという。

「かつては直線的なサッカーが好きだったよ。自分の怖さは、ゴールに向かってプレーすることで発揮できると思っていた。それにスピードもあった。でもそれは俺自身がカウンター主体のチームにいたからだ」

「代表チームではプレースタイルを変える必要があったんだ。ベルギー代表はポゼッションして戦うため、スペースがあまりなかった。それでもロベルト・マルティネスから代表とエヴァートンで指導されて、快適にプレーできるようになった」

https://news.yahoo.co.jp/articles/bba1b4c913375bc3fd75ec8883e781ce692da6a3

C・ロナウドPK失敗のユーベがドロー インテルは首位ミランに肉薄 

1: 2020/12/17(木) 16:10:51.36 _USER9
【AFP=時事】20-21イタリア・セリエAは16日、第12節の試合が行われ、ユベントス(Juventus)はクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)のPK失敗が響いてアタランタ(Atalanta)と1-1で引き分け、同日ジェノア(Genoa CFC)と2-2のドローに持ち込んだ首位ACミラン(AC Milan)とのポイント差4を縮めることはできなかった。

 29分にフェデリコ・キエーザ(Federico Chiesa)の強烈な一撃で先制したユベントスだったが、57分にアタランタのレモ・フロイラー(Remo Freuler)に同点とされると、その直後にロナウドの力のないPKは相手GKピエルルイジ・ゴリーニ(Pierluigi Gollini)にキャッチされた。

 ロナウドが珍しくPKを外し、ホームで勝ち点3を逃した王者ユベントスは、今季無敗を維持しているもののすでに6試合目の引き分けとなった。

 インテル(Inter Milan)はロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)のPKでナポリ(SSC Napoli)との上位対決を制し、5連勝でミランと1ポイント差に肉薄した。

 残り約20分でキャプテンのロレンツォ・インシーニェ(Lorenzo Insigne)が退場となったナポリは、首位と5ポイント差の4位となっている。

 負傷中のズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が4試合連続で欠場となったミランは、ジェノアに2度先行されるも追いついて勝ち点1を手にした。

 今季はユベントスの10連覇阻止に挑むミランは、フランス人DFピエール・カルル(Pierre Kalulu)の終盤のゴールで2試合連続の引き分けとし、リーグ戦では3月から無敗を維持している。【翻訳編集】 AFPBB News

https://news.yahoo.co.jp/articles/68a521aff2ad7e5dad6c2abcf8f6eaeade3794db
no title

冨安健洋、インテル戦は低評価「前半のネガティブな主人公」。チーム最低タイ連発 

1: 2020/12/06(日) 08:50:17.66 _USER9
 ボローニャのDF冨安健洋は現地時間5日に行われたセリエAのインテル戦にフル出場した。イタリアメディアが冨安のパフォーマンスに採点を付けている。

 主に3バックの左を担当した冨安。この一戦ではインテルのFWロメル・ルカクとの競り合いに負けるなど、厳しいシーンが目立った。試合は1-3で敗戦しており、低評価が多くなっている。


 『スポルトメディアセット』はチーム最低タイとなる「4.5」の採点。「インテルの前半の2得点におけるネガティブな主人公」と評した。

 『トゥットメルカートウェブ』も同じく最低タイの「4.5」。「素晴らしい夜ではなかった。ルカクとのコンタクトは、まるで小さなウインガーのようだった」と記している。

 ボローニャ専門メディアの『ボローニャニュース』は「5」を付けたが、こちらもチーム最低タイの評価。「冨安は悪かった」と記事のタイトルにも書かれているとおり、良い印象は与えられなかったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5038f2c66798d87c3c478dcc2289951b94bf04f1
no title

インテル指揮官コンテ、得点源ルカクの成長を大絶賛「もはや別格のFWになった」 

スクリーンショット 2020-10-25 22.52.27

セリエA第4節 イブラヒモヴィッチ2発!ミランがダービー制してリーグ通算1400勝目 2試合4得点 

1: 2020/10/18(日) 03:42:33.42 _USER9
最後まで1点差守り切ったミランがダービー制してリーグ通算1400勝目

セリエA第4節が17日に行われ、インテルがミランとの“ミラノ・ダービー”を戦った。

 ミランは11分、ズラタン・イブラヒモヴィッチがエリア内で倒されPKを獲得。キッカーを務めたイブラヒモヴィッチのシュートはGKサミール・ハンダノヴィッチに弾かれるが、イブラヒモヴィッチがこぼれ球をもう一度押し込んでゴールネットを揺らした。

 さらにミランは16分、ラファエル・レオンのクロスにイブラヒモヴィッチがピタリと合わせて追加点を挙げる。圧倒的な存在感を放ったイブラヒモヴィッチがあっという間に2点を積み重ねた。

 対するインテルは29分、アレクサンダル・コラロフのスルーパスに反応したイヴァン・ペリシッチが左サイドの深い位置まで侵入して鋭いクロスを供給。ファーサイドで構えていたロメル・ルカクのシュートはゴールに突き刺さりインテルが1点を返した。

 60分代に入るとミランはラデ・クルニッチとサム・カスティジェホを投入。一方のインテルはマルセロ・ブロゾヴィッチに変えてクリスティアン・エリクセンが途中出場を果たした。

 73分、エリア内に侵入したルカクがGKジャンルイジ・ドンナルンマと接触すると一旦はPKの判定に。しかしVARの介入の結果ノーファールでインテルは同点のチャンスとはならなかった。

 試合終盤には1点を追うインテルが猛攻を仕掛ける。90+3分にはラウタロ・マルティネスの絶妙なパスにルカクが反応し、足を伸ばすが惜しくもミートせず。試合終了間際にもルカクがヒールシュートで相手ゴールに迫るが、GKジャンルイジ・ドンナルンマが立ちはだかりゴールネットを揺らすことはできなかった。

 結局そのまま試合は終了し、前半のリードを守り切ったミランが2-1でミラノ・ダービーを制した。ミランはこの勝利でセリエA通算1400勝目。史上3クラブ目の快挙を成し遂げた。

【スコア】
インテル 1-2 ミラン

【得点者】
0-1 13分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
0-2 16分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)
1-2 29分 ロメル・ルカク(インテル)

https://news.yahoo.co.jp/articles/465d18ac6da38cf86e3fde9d23eeffecd9bc067a
10/18(日) 3:06配信

no title


https://www.youtube.com/watch?v=yq76UWmbduY


Inter Milan vs AC Milan 1-2 - All Goals & Highlights - 2020

「長友とはとてもウマがあった」名手カッサーノがインテル&ミラン時代を回想!「中国でひどいケンカも…」 

スクリーンショット 2020-10-17 21.58.33




1: 2020/10/17(土) 20:38:46.18 _USER9
「午前4時に彼の部屋に入って…」

 10月17日に開催されるセリエAの第4節では、インテル対ミランのミラノ・ダービーが行われる。

 イタリア紙『Gazzetta dello Sport』は試合当日、両クラブでプレーしたアントニオ・カッサーノにインタビュー。元イタリア代表はその中で、インテル時代にチームメイトだった親友の名前も出した。

 カッサーノは2010-11シーズン途中にミランに移籍し、スクデット(優勝)を獲得。翌シーズンには試合後に心臓の問題が見つかり、緊急手術を受ける経験もしている。

 Gazzetta dello Sport紙にミランとインテルのどちらでより力を出せたか問われると、カッサーノは「ミランだね。素晴らしいスクデットとスーペルコッパを獲得できた」と答えた。

「心臓に問題があったとき、死から助けてくれたこのクラブには一生感謝しなければいけない。(当時のオーナーだったシルビオ・)ベルルスコーニと(CEOのアドリアーノ・)ガッリアーニは息子のように扱ってくれた。ただ、ガッリアーニとは中国でひどいケンカをしたんだ。契約延長を望んだのだが、彼が先送りしたんだよ。それで放出を求め、インテルに移籍した」

 2012年のことだ。17歳の対戦時のゴールで一躍注目を集めたカッサーノにとっては、「子どものころからの夢がかなった」移籍だった。幹部だったピエロ・アウジリオ、マルコ・ブランカを、カッサーノは「兄」と表現している。

 次にカッサーノが名前を挙げたのが、日本でも仲の良さがたびたび話題となった長友佑都(現マルセイユ)だ。「ナガトモとはとてもウマがあった。今も連絡する」というカッサーノは、あるエピソードも明かした。

「あるダービーの前、午前4時に彼の部屋に入ってね。アイマスクで寝ていたんだけど、コオロギみたいに飛び跳ねたよ(笑)」

カッサーノがインテルでプレーしたのは1シーズンだけだった。それから7年以上が過ぎている。それでも連絡を取り合い続けるほど、長友との出会いは特別なものだったようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32702a316be9c04c47a8f5aad02600c0c18dd990

チリ代表MFビダル、バルセロナからインテルへ移籍が正式決定。移籍金は最大1億2000万円 

スクリーンショット 2020-09-22 22.16.48




1: 2020/09/22(火) 18:38:41.31 _USER9
バルセロナに所属していたチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、イタリアのインテルへ完全移籍することが合意に達した。22日に両クラブから発表が行われている。

 インテルは20日夜にビダルがミラノに到着したことを公式SNSで報告。ビダル自身も21日に「素晴らしい2年間を過ごしたバルセロナに今日別れを告げる」とメッセージを投稿するなど移籍は決定的な状況だったが、正式にサインが交わされ発表が行われることになった。

 バルサ側の発表によれば、インテルからは条件により変動する移籍金として最大100万ユーロ(約1億2300万円)が支払われるとのこと。インテルは契約の詳細を明らかにしていないが、イタリアメディアの事前報道では年俸600万ユーロ(約7億3000万円)で2年+オプション1年間の契約が交わされると見込まれていた。

 2011年から2015年までユベントスでプレーしたビダルは5年ぶりのセリエA復帰。当時のユベントスを率いていたアントニオ・コンテ監督と再会するとともに、チリ代表のチームメートでもあるFWアレクシス・サンチェスとも欧州では初めて同じクラブでプレーすることになる。

 ビダルはユベントスからバイエルン・ミュンヘンへ移籍したあと、2018年にバルセロナに加入。2年間の在籍で公式戦96試合に出場し、11得点10アシストを記録していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/80204f495b52369097fd137d59a9309d5178185d



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索