Samurai Goal

インテル


スポンサード リンク





【ハイライト動画】インテル赤っ恥! 格下相手のEL連敗に伊紙「ヨーロッパから陥落」 長友は屈辱のベンチ外 

1: 名無しさん 2016/09/30(金) 12:02:47.92 ID:CAP_USER9
▪︎ スパルタ・プラハに1-3と完敗 「プレークオリティーが壊滅的」と断罪

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、29日にUEFAヨーロッパリーグ第2節でチェコの名門スパルタ・プラハと対戦したが1-3で敗戦。痛恨の連敗スタートとなった。この試合で長友はベンチメンバーにも入らずにスタンド観戦となり、チーム内での厳しい現状が浮き彫りになった。

インテルは前半のうちに2点を失ったものの、後半26分にFWロドリゴ・パラシオが1点を返して反撃ムードが高まった。しかし、その直後の同30分にスタメン起用されたDFアンドレア・ラノッキアが2枚目のイエローカードを受けて退場処分になり、完全に水を差した。
さらには、その1分後にそのFKから追加点を与える体たらくで1-3となり万事休す。インテルは初戦に続く敗戦を喫し、2連敗となった。

 前節にイスラエルのハポエル・ベエルシェバに敗れた際には「恥ずかしくないのか」という見出しを打ったイタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は、「インテルはヨーロッパから陥落」と報じている。
そして、「ターンオーバーは大失敗」と、得点以外の働きが乏しいとしてパラシオを批判し、さらにはMFフェリペ・メロと退場処分のラノッキアは「プレークオリティーが壊滅的だった」と断罪した。

▪︎ 長友は9月の全6試合で出場は1試合のみ

 フランク・デブール監督は「まだグループステージの突破は可能だ」と強気の姿勢を崩していないが、開幕2連敗により黄色信号は赤に変わりつつある。リーグ戦では好調を維持する一方で、このELの舞台では期待ハズレな戦いが際立っている。

 そして、リーグ戦と異なりベンチメンバーの人数が7人に限られるレギュレーションとはいえ、長友はスタンド観戦でこのゲームを終えた。
9月にチームが6試合を戦ったなかで、長友は前述したハポエル戦の1試合のみにフル出場して、0-2で敗戦する一因になったとされた。完全に試合勘を失ったまま日本代表に合流する状況となり、バヒド・ハリルホジッチ監督にとっても大きな頭痛の種となっている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160930-00010004-soccermzw-socc
no title

【ハイライト動画】セリエA第5節 インテル、絶好調イカルディの2得点でエンポリを撃破…長友は4戦連続出場なし 

1: 名無しさん 2016/09/22(木) 07:41:39.71 ID:CAP_USER9
セリエA第5節が21日に行われ、日本代表DFの長友佑都が所属するインテルはエンポリと対戦した。
敵地に乗り込んだインテルはエースのマウロ・イカルディらの活躍により、2?0の完封勝利を収めている。

インテルは同第4節でユヴェントスに2?1と競り勝った。王者を倒したことで勢いづきたいところだったが、幸先よく10分に先制点を奪う。
アントニオ・カンドレーバが左サイドからクロスボールを供給すると、飛び込んだのはイカルディ。ゴールネットを揺さぶり、インテルが先行する。

たたみ掛けるインテルは17分、ジョアン・マリオのスルーパスに抜け出したイカルディが再び決めてリードを2点に広げた。

その後、追加点を決められなかったインテルだったが、エンポリに得点を許すこともなく、2?0で完封勝利を収めた。
これでリーグ戦では3連勝。また、主将のイカルディは開幕から5試合6ゴールと好調を維持している。

一方、長友はベンチ入りしたものの、出場機会を得られなかった。これでリーグでは4試合連続で出場なしと、厳しい状況が続いている

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160922-00000029-goal-socc
GOAL 9月22日(木)7時33分配信

http://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2016/ita/ita-10931203.html
試合スコア

http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表

http://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
得点ランキング

http://amd.c.yimg.jp/im_siggJz8VYywxL0L9QrqZbXft7Q---x900-y506-q90/amd/20160922-00000029-goal-000-1-view.jpg

インテル補強も大迷走!長友のライバル、トルコ史上最強の左SBが加入わずか1か月で放出へ! 

1: 名無しさん 2016/08/22(月) 15:46:20.67 ID:CAP_USER9
■DFエルキンは監督交代の影響でデブール政権戦力外
 
ドタバタ劇が続く“チャイナ・インテル”に新たな混乱の火種が発生している。
今季加入し、日本代表DF長友佑都と左サイドバックのポジションを争うとみられた
トルコ代表DFジャネル・エルキンが加入1ヶ月あまりで今夏の移籍市場で売却対象になっているという。
インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」が報じている。

エルキンは、今季の移籍市場が開いた直後に新生インテルの補強第一号としてフリートランスファーで加入した。
トルコ歴代最高の左サイドバックと評判のエルキンは、
昨季に左サイドを長友と争ったアレックス・テレスの買い取りオプションを行使せず、より質の高い補強を成功させたと期待が高まっていた。

しかし、8月に入って事態は急変してしまった。株式70パーセントを取得した中国企業の蘇寧グループにより再編された新首脳陣と、
ロベルト・マンチーニ監督が移籍市場での動きを巡って対立。

リーグ開幕まで2週間を切った8日に事実上の解任とされる契約解除に踏み切った。
そして、後任にはオランダの名門アヤックスを率いた経験を持つフランク・デブール監督が就任した。

これが、エルキンにとっては最悪の状況を招いた。

マンチーニ監督に高く評価されて加入したエルキンだが、デブール監督の眼鏡には叶わず、すでに戦力外状態になってしまったという。
代理人のバトゥル・アルティパルマク氏は、同サイトのインタビューに複雑な状況を語っている。

■2億6000万円の年俸払えずに放出へ

「ジャネルはミラノに留まりたいと考えている。しかし、考えなくてはいけないことがある。それは監督からどのような評価を受けているかだ。
そこには大いに疑問がある。彼はインテルの選手だが、その将来をどう考えられているかデブール監督に聞かなくてはならない」

エルキンとは2019年まで年俸220万ユーロ(約2億6000万円)の契約が結ばれている。
インテルにとって、戦力外の選手を養うには高額な年俸であるため、
移籍金ゼロで獲得してプレシーズンを過ごしただけの選手をすでに売却対象に設定したと報じられている。

インテルにとっては、仮に移籍金が発生する交渉が成立すれば完全なる丸儲けになる形だが、
リーグ開幕のキエーボ戦で0-2と惨敗しただけでなくクラブの混乱ぶりを象徴する一幕を満天下にさらしてしまっているようだ。

Football ZONE web 8月22日(月)15時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160822-00010009-soccermzw-socc

写真
no title

インテルがロイス獲得に動くも、ドルトムントからの返答は…「今後もインテル行きの可能性はゼロだろう」 

50: 名無しさん 2016/08/19(金) 16:38:12.62 ID:droMSKpw0
インテルがロイス獲得に動くも、ドルトムントからの返答は…
http://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=18286
インテルにとって、マルコ・ロイスは届かぬ夢でしかない。何のサスペンスもサプライズも起こすことなく、ロイスはドルトムントに留まった。

 ロイスのインテル行きの噂は、まったく根拠のないガセネタではなかった。実際、インテルは獲得に向けて仲介人を使って動いていた。ドルトムントにコンタクトを取り、移籍交渉に応じる意向があるかどうかを打診したのだ。

 しかし、返ってきたのは、「その余地はまったくない」というにべもない答だった。それどころか、「今後もインテル行きの可能性はゼロだろう」とも言われた。

 なにしろドルトムントは今夏、イングランドから舞い込んだ6000万ユーロ(約72億円)という高額オファーすら平然と蹴っていた。インテルにそれ以上の予算があるわけがない。

 たしかに今夏のドルトムントは、マッツ・フンメルス(バイエルンへ)、イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・Cへ)、ヘンリク・ムヒタリアン(マンチェスター・Uへ)という主力3人が退団したが、彼らは自らが移籍を強く望んだという事情があった。

 しかし、現時点でロイスにはその意思がまったくない。アカデミーで育ちながら一旦は放出され、2012年夏にようやく戻れたドルトムントへの愛はかなり深く、2015年2月にチーム最高額の年俸1000万ユーロ(約12億円)で契約延長して金銭的な不満もまったくないのだ。

 もちろん、スペインの2強やプレミアリーグのビッグクラブから正式オファーがあれば話は別だろう。しかし、インテルによってロイス獲得は、「夢物語」でしかない。

2016年08月19日
no title

インテル、マンチーニ監督を解任へ!!後任にデ・ブール氏 

1: 名無しさん 2016/08/08(月) 18:38:01.59 ID:CAP_USER9
日本代表DF長友佑都の所属するイタリア1部リーグ、インテル・ミラノがマンチーニ監督を解任し、元オランダ代表DFフランク・デ・ブール氏に監督要請していることがわかった。8日付のイタリア主要スポーツ紙が報じた。

 報道によると、クラブ側はマンチーニ監督の2017年6月で切れる契約について、3年更新で年俸600万ユーロ(約6億9000万円)という条件を提示したが、合意に至らなかった。また、5日に行われたトッテナムとの練習試合でインテルが1-6と大敗したことも引き金となった。

 クラブ幹部は7日、ロンドンでデ・ブール氏と会い、年俸200万から250万ユーロ(2億3000万から2億9000万円)で3年契約のオファーを出し、同氏は受けたという。

 同氏は2010年からオランダのアヤックスの監督を務め、4季連続優勝に導いた。4-3-3のフォーメーションを基本とし、サイドバックの選手を重要視することから、イタリア紙、コリエレ・デロ・スポルトは長友らサイドの選手にとっては心強い存在になる、としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160808-00000102-dal-socc
no title

【画像】インテルの国連で撮った集合写真が秘密結社みたいw …長友よ!ちゃんと前をw 

907: 名無しさん 2016/07/30(土) 00:17:54.73 ID:tgQv+oQY0
ちゃんと前を向きなさい
no title

【ハイライト動画】ICC インテル、パリSGに競り負ける!…長友は4-4-2の左SHで先発出場。後半31分までプレー 

1: 名無しさん 2016/07/25(月) 08:12:06.90 ID:CAP_USER9
⬛インテル1-3パリSG

【パ】セルジュ・オリエ (14')
【イ】ステヴァン・ヨヴェティッチ(45'+)
【パ】レヴィン・クルザワ( 61')  
【パ】セルジュ・オリエ (87')

goal.com
goo.gl/wO5oXe

 インターナショナルチャンピオンズ杯のアメリカラウンドで、日本代表DF長友佑都の所属するインテル(イタリア)とパリSG(フランス)が対戦。パリSGが3-1で勝利した。長友は4-4-2の左SHで先発出場。後半31分までプレーした。

 常にパリが先行して試合を進めた。先制点は前半14分、MFルーカスの蹴ったFKはGKサミール・ハンダノビッチに防がれたが、跳ね返りをDFセルジュ・オーリエが押し込み、試合を動かした。

 インテルも反撃を試みるが、強豪パリを相手になかなか攻撃が噛み合わない。左SHで先発した長友も、何度かクロスを上げてチャンスを作るが、得点には結びつかない。

 しかしビハインドで折り返すかと思われた前半アディショナルタイムにインテルはCKの混戦から相手のハンドを誘発。これで得たPKをFWステファン・ヨベティッチが決めて同点に追いついた。

 ただ、一気に試合をひっくり返したいインテルだったが、次の得点はパリに入る。後半16分、ゴール前左でFKを獲得すると、DFレイバン・クルザワが直接狙う。左足から放たれたシュートは壁の上を越えると、ゴール左隅に吸い込まれていった。

 インテルはこの試合で2度目の給水タイムとなった後半31分に初の選手交代。長友やハンダノビッチを交代させる。一方、後半開始と同時に2枚の交代カードを切っていたパリもここでFWエジソン・カバーニを投入するなど、勝負を決めに行く。後半38分からはMFアンヘル・ディ・マリアも登場。主力の“お披露目”にスタジアムに詰めかけた観衆も大盛り上がりを見せた。

 試合は後半41分にオーリエのヘディングシュートでだめ押し点を奪ったパリが3-1で勝利した。パリの次戦は28日でレアル・マドリー(スペイン)戦。インテルは31日のバイエルン(ドイツ)と対戦する。

ゲキサカ 7月25日 8時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160725-01629570-gekisaka-socc no title



◆インターナショナル杯公式
http://www.internationalchampionscup.com/

◆GOALTV LIVE
http://www.goal.com/jp/news/15012/goal-tv?ICID=MP_TN_2_1

お前等が海外サッカー見始めた時のインテルのFWって誰よ? 

1: 名無しさん 2016/06/23(木) 06:45:35.01 ID:/jyziLVep
ワイはビエリ

no title

インテル、中国資本「蘇寧グループ」の株式過半数取得合意を発表 

1: 名無しさん 2016/06/06(月) 17:09:39.72 ID:CAP_USER9
日本代表DF長友佑都がプレーするインテルは6日、中国の蘇寧ホールディングスグループが
過半数の株式を取得することで合意したと発表した。
中国・南京市内で蘇寧グループの張近東会長やインテルのエリック・トヒル会長、ハビエル・サネッティ副会長らが出席し、会見を行った。

 公式サイトによると、トヒル会長は「この新たなパートナーシップは革新的な将来を踏み出すための一歩だ。
私がインテルに関わって2年半、クラブを改革し、強固な基盤を築いてきた。
このパートナーシップはインテルを再び世界トップの正当な地位に戻すためのプロジェクトの一つで、
決定的なステップになるはずだ」とコメントした。

 また蘇寧グループの張会長も「この歴史的な合意に中国の前例にないが、インテルの成長のためのものです。
世界のサッカー界のスターを集めて、輝かしい成果を取り戻し、強さを取り戻すことになるでしょう」と喜びを語った。

 イタリア『スカイ』によると、蘇寧グループは68.55%の株式を取得。
トヒル会長も持ち株率は31%となり、小株主は0.45%になるという。
なお、クラブ総評価は7億ユーロ(約850億円)にも上ると言われている。

 蘇寧グループは近年急成長を遂げる中国最大手の家電量販店「蘇寧電器」を展開している。
中国国内でもサッカービジネスを展開しており、江蘇蘇寧は元チェルシーの
ブラジル代表MFラミレスらを「爆買い」したことで注目を集めた。

 一方のライバル・ミランも中国企業への売却が噂されているがこちらは進展の様子を見せない。
一部では撤退の可能性も伝えられている。
世界で猛威を振るう“チャイナマネー”との提携を即座に決めたインテルと、尻込むミラン。復権はどちらが先か。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-01628040-gekisaka-socc
no title

日本食と中国マネーがイブラヒモビッチをミラノへ連れ戻す? 争奪戦ダービーか 

1: 名無しさん 2016/05/06(金) 15:41:39.63 ID:CAP_USER9
イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は6日、ミランとインテルの2チームが、
パリ・サンジェルマン(PSG)FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を目指すと報じた。

今季でPSGとの契約が満了するイブラヒモビッチは、夏の去就が注目されている。
かつて同選手を擁したミランとインテルの両チームも、関心が報じられていたところだ。

『ガゼッタ』は、金銭面でミラノ勢を上回る巨額オファーがあるのは事実だと報じている。
プレミアリーグ移籍の噂は絶えず、PSGとの契約を1年延長し、総額5000万ユーロのカタールからの
オファーを受ける可能性や、総額7000万ユーロという中国のオファーもあると伝えた。

そのうえで、報道では、イブラヒモビッチと家族がミラノの街を好んでおり、中心部に家も残してあることを指摘。
ジョルジョ・アルマーニのショップに隣接する日本食レストラン「ノブ」がお気に入りの場所であることもつけ加えている。

さらに、ミラノの2チームは現在、中国企業との交渉話が持ち上がっているところだ。
ミランはクラブ売却、インテルは一部株式の売却を交渉しているとされる。
『ガゼッタ』は、プレミアリーグやオイルマネーに及ばずとも、
中国マネーを武器にミラノ勢がイブラを獲得する可能性もあるとした。

イブラヒモビッチは2006年から2009年までインテルで、2010年から2012年までミランでプレーし、
5シーズンで4度のリーグ優勝に貢献している。
低迷が続くミラノの名門2チームのうち、どちらかがイブラを復帰させ、タイトルを取り戻す可能性はあるのだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00000016-goal-socc
no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索