Samurai Goal

インテル


スポンサード リンク





長友佑都“移籍金半額!?”『年齢で判断された』との声が続出!! 

news_20180602134436-thumb-645xauto-138462
1   2018/06/02(土) 18:51:50.46 _USER9
日本代表DF長友佑都のガラタサライ完全移籍の可能性が高まっている中、2日付のガゼッタ・デロ・スポルトが長友の完全移籍金を300万ユーロ(約3億8300万円)とはじき出した。

 それによると、イタリア1部リーグ、インテル・ミラノの経済バランスがフェアプレーであると指し示すため、今月末までUEFAに4500万ユーロ(約57億4500万円)の資金が必要。そのためペリシッチなど5人の選手を売却するとしている。

 長友は2011年1月、チェゼーナからインテルに移籍した際、移籍金は650万ユーロ(約8億3000万円)だったが、今回の完全移籍では300万ユーロの相場だとみられると同紙は報じている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000092-dal-socc

長友佑都のツイッターにコメント殺到!!『インテルに帰らないで!』 

GettyImages-519777222
1   2018/05/28(月) 19:57:28.25 _USER9
トルコのガラタサライに移籍して半年間にも満たないが、DF長友佑都は爆発的な人気を誇っているようだ。SNSにメッセージが投稿されると、すぐさまトルコ語などでのリアクションが殺到。各国で戦う日本代表選手の中でも異彩を放っている。

 長友は27日、自身の公式インスタグラム(@yutonagatomo55)に1枚の画像を投稿。トレーニングを終えたDF槙野智章、DF吉田麻也、MF香川真司との4人が写されている。約1日が経ったいま、『いいね』の数は約12万件、コメントは約5300件を数えている。

 同じ画像を槙野と吉田も投稿しているが、それぞれ『いいね』が約33000件と約14000件、コメント数が約120件と約70件。大きく異なる数字となっている。なお、長友に寄せられたメッセージの大半は「ガラタサライに戻ってきて」というもの。インテルからのローン移籍中の“日本男児”を失いたくない気持ちが示されているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-01654349-gekisaka-socc

【激怒】イカルディの嫁がインテルに年俸10億円超を要求!!「夫を見下したっ!」 

1   2018/05/23(水) 18:23:08.60 _USER9
イカルディ夫人、年俸10億円超を要求 「見下された評価に我慢ならない」
5/23(水) 18:13配信 デイリースポーツ
no title

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00000120-dal-socc

イタリア1部リーグ(セリエA)、インテル・ミラノに所属するFWマウロ・イカルディの妻で代理人でもあるワンダ・ナラが、現在の年俸530万ユーロ(約6億8000万円)から大幅アップの800万ユーロ(約10億3000万円)をクラブ側に要求していることがわかった。23日のコリエレ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

現地報道によるとワンダ・ナラは22日、ラディオ・メトロで「いくつかのビッグクラブが違約金を払う準備をしていて、プレッシャーをかけてきている」と1億1000万ユーロ(約148億5000万円)を用意するクラブの存在を明言。「もちろん優先権はインテルにある。でも彼が見下された評価をされているのに我慢ならないの。納得いかないわ」と不満を吐き出した。

イカルディは今季、29得点でセリエA得点王となった。

長友佑都“意味深ツイート”ガラタサライに別れを告げるような発言!! 

1   2018/05/22(火) 21:13:50.89 _USER9
インテルミラノからトルコ1部ガラタサライに期限付き移籍している日本代表DF長友佑都(31)は、
自身のツイッターで、ガラタサライへの感謝をつづり「心をこめて、ありがとう」とトルコ語で記した。

現状での契約ではこの後、インテルミラノへ復帰することになっている。
リーグ優勝という最高の形でシーズンを終えた長友は、ガラタサライのクラブ、サポーターに感謝の思いを2つ記した。

1つ目は「来た当初から、自分のことを暖かく向かえてくれた、監督、スタッフ、チームのみんなに感謝しています。
こんなに小さな、ただの日本人のサッカー選手なんかに、温かい拍手と声援をくれた、ガラタサライサポーターのみんなにも、心からお礼をいいたいです」。

2つ目は「信じられない経験をさせていただいた。胸が張り裂けるような、愛情をもらった。“信頼”という言葉の本当の意味を学んだ。
将来のことは、どうなるか分からないけど、これからの人生は、ガラタサライのファンの1人であることは、絶対変わらないだろう。心をこめて、ありがとう」。

長友にとって、ただ単に感謝を記しただけかも知れない。
だが、ガラタサライと契約を延長しない可能性があるだけに、惜別のメッセージにも感じるツイッターとなっている。

日刊スポーツ 5/22(火) 19:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00216778-nksports-socc

写真
no title

インテル、CL出場権獲得!!デ・フライの“忖度PK”疑惑が囁かれる 

mauro-icardi
1   2018/05/21(月) 05:49:21.07 _USER9
セリエAは20日に最終節が行われ、ラツィオとインテルが対戦した。

今季最後の試合で、勝ち点72で4位のラツィオと同69で5位のインテルが激突。インテルはチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得のため、勝利が絶対条件の中で敵地での大一番に臨んだ。

試合は開始9分、ペリシッチのオウンゴールでラツィオが先制する。29分にはダンブロージオのゴールで一時同点に追いついたが、前半終了間際に再び勝ち越しを許し、前半を折り返す。

後半に入っても一進一退の攻防は続く。そして、残り約10分で大きく動いた。

78分、後方からの長いボールにエデルが反応してワンタッチパス。イカルディが抜け出すと、デ・フライがエリア内で倒してしまい、インテルにPKが与えられる。そして、エースが自らこれを沈め、2-2の同点となる。

さらにその直後、ルリッチが2枚目のイエローカードを受けて退場に。インテルは数的有利を手に入れると、81分、CKからベシーノが頭で叩き込み、ついに逆転に成功する。

その後、ラツィオは最後まで勝利を信じて反撃するも、一歩及ばず。試合は、インテルが3-2で制した。

この結果、インテルは勝ち点でラツィオと並び、直接対決の結果4位に浮上。7シーズンぶりに来季CLの大舞台に出場することとなった。一方、ラツィオは最後の最後で5位に転落。サポーターの前で、涙をのむこととなった。

なお、得点ランキングはイカルディとラツィオFWインモービレが29ゴールで並ぶこととなった。

GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000040-goal-socc

【悲報】長友がいないインテル、CL出場から更に遠のく... 

20180513-00000018-jij_afp-000-1-view
1   2018/05/13(日) 13:58:35.52 _USER9
【インテル 1-2 サッスオーロ セリエA第37節】

 現地時間12日に行われたセリエA第37節でインテルはサッスオーロをホームに迎え、1-2で敗れた。

 5位インテルは、4位ラツィオと勝ち点2差。4位に浮上して来季のチャンピオンズリーグ出場権を得るために勝ち点3が必要だ。そうなれば、最終節の相手はラツィオのため、まだ自力で4位に浮上することが可能である。

 対するサッスオーロは12位。ヨーロッパリーグ出場権とも降格とも関係ない順位で、比較的戦い易い相手に見えた。

 だが、試合はまさかの展開に。25分、サッスオーロはゴール前でFKのチャンスを得ると、ポリターノが壁の下を通して先制点を決める。

 1点ビハインドのインテルは後半に入ってもかみ合わず、72分にはベラルディにゴールを奪われた。

 2点を追うインテルは80分、ペナルティエリア手前からラフィーニャが決めて1点を返し追撃態勢となるも、2点目は生まれず試合終了。

 この結果、ラツィオが13日のクロトーネ戦で勝利すると、その時点でインテルの来季チャンピオンズリーグ出場が消滅する状況となった。

【得点者】
25分 0-1 ポリターノ(サッスオーロ)
72分 0-2 ベラルディ(サッスオーロ)
80分 1-2 ラフィーニャ(インテル)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180513-00269158-footballc-socc

〈長友佑都〉8億円でガラタサライに完全移籍か 

201804040004-spnavi_2018040500006_view
1   2018/05/05(土) 18:34:38.14 _USER9
 トルコのガラタサライにレンタル移籍中の日本代表DF長友佑都が、所属のイタリア1部リーグのインテル・ミラノから600万ユーロ(約7億8000万円)で完全移籍することになりそうだ。5日付のコリエレ・デロ・スポルトが報じた。

 それによると、インテルはすでに来季に向けてのメルカート構想を練っており、譲渡する選手のリストを作成中だ。その中には今年1月、冬のメルカートでトルコに渡った長友の名前も含まれており、完全移籍した場合にはインテルには500万ユーロ(約6億5000万円)から600万ユーロ(約7億8000万円)が入るという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000114-dal-socc

「名将」は要求が少ない?元インテル会長が明かすその内容とは 

NVpIM

長友の“レンタル額”が高騰?ガラタサライ新会長が不満顔 

nagatomoyuto20160130-thumb-500x333-117509
1   2018/05/04(金) 07:50:15.56 _USER9
3シーズンぶりのリーグ制覇に邁進するガラタサライだが、ピッチ外ではサポーターがいまかいまかと別の朗報を待ちわびている。
 
 連日、首都イスタンブール発のメディアがこぞって報じているのが、長友佑都の契約についてだ。選手本人やクラブ側の希望に沿い、レンタル元のインテルが首を縦に振るかどうか。交渉が最終局面に達しているのは間違いないが、なかなか決まりそうで決まらないのである。
 
 5月2日にイタリアの全国スポーツ紙『Gazetta Dello Sport』やトルコ全国紙『Gunes』など複数のメディアが伝えたのは、両クラブがついに基本合意したというもの。長友の代理人がインテルのスポーツディレクターであるピエロ・アウジリオ氏と折衝を重ね、買い取り額でも折り合いがついたと報じている。さらにガラタサライとは2年契約(プラス1年のオプション付き)を交わす予定と、かなり具体的な内容にまで踏み込んでいるのだ。
 
 しかしながら、完全移籍に必要な買い取りの額はボカされている。現在31歳の長友とインテルの現行契約は来年6月までで、当初は300万ユーロ(約4億円)程度が着地点と見なされていた。こじれたのは、インテルの要求額がガラタサライの予想を大きく上回るものだったからだ。売却する意思はあるものの、現在は500万ユーロ(約6億5000万円)から700万ユーロ(約9億円)とも言われている。すんなり決まらないのは、やはりこの額面が定まらないからだろう。
 
 業を煮やして報道陣の前で苦言を呈したのが、1月にガラタサライの新会長となったムスタファ・センギズ氏だ。5月3日、定例会見の場でこう私見を述べたのである。
 
「大きな進展には至っておらず、インテル側の回答を待っている段階だ。適正な価格というものがあると思うが、彼らは言うなればユウトの買い取りに関して、まるでマラドーナのそれと同じくらいのもの(金額)を求めているわけだ。さすがにどうかと思うよ。お互いのクラブにとって満足の行く結果が得られることを祈るしかない」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180504-00039821-sdigestw-socc&p=1

>>2以降に続く

【元ブラジル代表】インテルの守護神『ジュリオ・セーザル』が現役引退 

GettyImages-100236826-800x534
1   2018/04/23(月) 13:39:14.52 _USER9
インテル全盛期を支えたJ・セーザルが現役引退…愛するフラメンゴでラストマッチを終える

元ブラジル代表GKジュリオ・セーザルが、現役ラストマッチを終えた。

現在38歳のセーザルは、昨年ベンフィカを退団した後フリーとなっていたが、今年に入ってプロキャリアをスタートさせたフラメンゴへ短期契約で加入していた。

そして21日、現役最後の試合を2-0と勝利。最後の試合を無失点で終え、ピッチを去ることになった。フラメンゴ公式ツイッターも、「すべてにありがとう、ジュリオ」とメッセージを送っている。

2000年にフラメンゴでトップチームデビューを果たしたセーザルは、その後インテルへ加入。イタリアの名門全盛期で守護神として活躍し、セリエA制覇5回、コッパ・イタリア優勝3回を経験した。

また2010年には、ジョゼ・モウリーニョ政権下でチャンピオンズリーグ優勝を含む3冠達成に大きく貢献。セリエA最優秀GK賞2回、2009-10シーズンにはUEFA最優秀GKに選ばれた。インテルでは、7年間で公式戦300試合に出場している。

また、ブラジル代表としても2004年のデビュー以来87試合に出場。2004年のコパ・アメリカ、2009年と2013年のコンフェデレーションズカップ優勝を経験した。ワールドカップにも3度出場し、2014年の母国開催では正守護神として全試合に出場している。

その後はイングランドやアメリカ、ポルトガルなどを渡り歩き、現役生活をスタートさせた母国フラメンゴでキャリアを終えることに。偉大なGKが、また1人スパイクを脱ぐことになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000013-goal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索