Samurai Goal

インテル


スポンサード リンク





采配的中のボローニャがインテルに逆転勝ち!冨安健洋は退場者の出た後半に退く 

20200706-00010002-goal-000-1-view




1: 2020/07/06(月) 02:17:04.98
現地時間5日、イタリア・セリエAは第30節が行われ、冨安健洋の所属するボローニャは敵地ジュゼッペ・メアッツァでインテルと対戦した。

前節6得点と攻撃陣が爆発した3位インテルに対し、ボローニャは完全にレギュラーとして定着している冨安が右サイドバックとして先発出場。立ち上がりからインテルの攻勢に晒され、持ち味の攻撃参加ができず自陣での守備を余儀なくされる。

迎えた22分、大きなサイドチェンジをペナルティーエリア左に走り込んだアシュリー・ヤングが受けると、対峙した冨安が寄せ切る前に左足でクロスを入れる。これをニアサイドのラウタロ・マルティネスが頭で合わせ、右のポストに当たって跳ね返ったボールをルカクが押し込み攻勢のインテルが先制する。ボールを持ったヤングに対し、冨安はクロスのコースを切ることができなかった。

28分には、再び左サイドでボールを受けたヤングに対し、今度はより間合いを詰める冨安。しかし、それを逆手に取ったヤングが冨安の股を抜いてカットイン。そのままエリア内に侵入し、右足を振り抜く。強烈なシュートはGKスコルプスキがかろうじて触ってゴール右へと外れたが、決まっていてもおかしくない場面だった。

守勢の続くボローニャだが、34分に決定機。カウンターから7が抜け出しGKハンダノヴィッチとの1対1に持ち込むも、シュートは足でブロックされてCKへ。千載一遇のチャンスを生かすことができなかった。

後半に入ってもインテルのペースは変わらず。47分、カンドレーヴァの強烈なシュートはGKスコルプスキが横っ飛びではじく。

1点ビハインドながらも、よく耐えていたボローニャだったが、57分にアクシデント。ソリアーノが自身のファール判定に納得がいかず、思わず吐いた暴言により一発退場。10人での戦いを余儀なくされる。

さらに62分には、カンドレーヴァを倒してしまいPKを献上。しかし、L・マルティネスのキックはGKスコルプスキが素晴らしい読みで防ぎ、さらに詰めていたガリアルディーニのシュートもはじいて1点差を死守する。

65分、1人少ないボローニャは冨安、サンソーネ、オルソリーニを下げてバーニ、ジュワラ、パラシオを投入する。するとこの交代枠が的中。迎えた74分、左サイドから入れたロングスローはバロウには合わないが、こぼれ球をペナルティーエリア手前で待ち構えていたジュワラが左足で捉えると、強烈なシュートがゴール左へと突き刺さる。18歳新星の初ゴールで、10人のボローニャが同点に追いつく。

追いつかれたインテルは75分にエリクセンを下げてアレクシス・サンチェスを投入。しかし77分、中盤で突破を図ったジュワラを倒してしまったバストーニが2枚目のイエローカードで退場。10人対10人の戦いとなる。

勢いに乗ったボローニャは80分、ニコラス・ドミンゲスの浮き球パスをエリア内左で受けたバロウがネットを揺らし、逆転に成功する。

これで流れは完全にボローニャ。インテルは85分にL・マルティネスを下げてスポージト、A・ヤングに代えてビラーギを投入し勝負に出る。ボローニャもボロウに代えてスヴァンベリを投入する。

87分にはN・ドミンゲスが左サイドを突破してエリア内に侵入。決定的なシュートを放つが、ここは守護神ハンダノヴィッチがファインセーブ。決まっていれば試合が終わっていた場面だった。

89分、ルカクのポストプレーからダンブロージオがカットインしてエリア内左にラストパス。A・サンチェスがダイレクトで捉えるが、シュートはゴール左へと外してしまう。

アディショナルタイムは6分と長めに取られたが、ボローニャはベテランのパラシオを中心に上手く時間を使う。インテルの猛攻も実らず、逃げ切ったボローニャが敵地でインテルに逆転勝ちを収めた。

■試合結果
インテル 1-2 ボローニャ

■得点者
インテル:ルカク(22分)
ボローニャ:ジュワラ(74分)、バロウ(80分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d17682ff24563a9270e675d4bfeb056583ee13b0

インテルが6発大勝で逆転優勝へ望みつなぐ!イブラ復帰ミランは最下位相手に劇的ドロー 

20200702-00010002-goal-000-2-view

インテルが再開初戦制して優勝争いに踏みとどまる…吉田麻也先発のサンプドリアは降格圏と1ポイント差 

20200622-00010006-goal-000-2-view




1: 2020/06/22(月) 14:21:46.85
セリエAは21日に第25節が行われ、インテルとサンプドリアが対戦した。

激しい優勝争いを展開するインテルと、こちらも激しい残留争いを繰り広げるサンプドリアによる一戦。どちらも勝ち点を落とせないセリエA再開初戦で、サンプドリアDF吉田麻也は先発出場を果たした。

試合は戦前の予想通りインテルのペースで進み、開始2分にはエリクセンがネットを揺らす。これはオフサイドの判定でノーゴールとなったが、10分には先制点が生まれる。自陣からのロングパスにL・マルティネスが反応し、吉田をブロックしながらルカクへパス。受けたベルギー代表FWは、ボックス内でエリクセンとのワンツーでフリーとなり、冷静にゴールを奪った。エースの今季18ゴール目で、インテルがリードを手にする。

勢いの乗るインテルはその後も攻め続けると、33分に追加点。右サイドでルカクがDF2人の間を通すパスを通し、ボックス内でカンドレーヴァがラストパスを送ると、L・マルティネスがネットを揺らした。

完全に主導権を握られ苦しい時間が続いたサンプドリアだが、52分に1点を返すことに成功。CKから、最後はこぼれ球をトルスビーが押し込んだ。

しかし、その後もインテルのペースが続く。エリクセンのチャンスメイクからルカクが決定機を迎えたが、シュートミスで枠へ飛ばず。スコアはこのまま動かず、2-1でインテルが制した。

この結果、インテルは26試合を終えて勝ち点57に。首位ユヴェントスとは6ポイント差に詰め寄り、優勝争いに踏みとどまった。一方敗れたサンプドリアは、同26から伸ばせず。降格圏の18位レッチェとは1ポイント差のままとなっている。

■試合結果
インテル 2-1 サンプドリア

■得点者
インテル:ルカク(10分)、L・マルティネス(33分)
サンプドリア:トルスビー(52分)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a2e174c68ae5d0fdea0d6d7330bd2794311bb5a8

インテル、21世紀の最強ベスト11。“鉄人”サネッティから長友の大親友まで!3冠メンバー続々 

20200505-00010016-goal-000-2-view

インテル ルカク「1月には25人中23人がコロナに感染してたかも。マジで」【イタリア】 

pcimage




1: 2020/04/22(水) 07:26:52.85
ルカクが新証言、1月にインテル内で新型コロナが蔓延していた可能性

インテルのベルギー代表FWロメル・ルカクが新型コロナウイルス(COVID-19)に関する新証言をした。自身のインスタグラムで語っている。

ルカクは「12月末に1週間の休暇があったが、明けて1月にトレーニングに戻った際に25人のチームメートの内、23人は病気にかかっていたと思う。冗談じゃないよ。実際、1月26日のカリアリ戦ではシュクリニアルが息苦しさを訴えて17分で交代することになった。その頃は誰もが咳込み、熱も出していた。自分もウォーミングアップ中、熱っぽさを感じていた。自分は数年、熱を出したことがなかったのにも関わらずだ」とコメント。

イタリアではCOVID-19の検査が行われ始めたのが2月21日で、インテルの選手たちは検査を受けていない。今後、トレーニングに戻る際にCOVID-19の抗体検査を受けることで、既に感染していたかがわかるものと思われる。

[2020年4月22日(水)1:00]
超ワールドサッカー
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=373584&page=0

「C・ロナウドより上」 元伊代表FW、インテル時代の相棒ロナウドを絶賛「ダンサーのよう」 

1: 2020/04/21(火) 22:20:38.53
元伊代表FWヴィエリ氏、かつての相棒ロナウドについて言及

元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が英紙「デイリー・メール」の独占インタビューに応じ、
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドよりも元ブラジル代表FWロナウド氏の方が上だと語っている。

ヴィエリ氏とロナウド氏はイタリア・セリエAの強豪インテルにおいて、歴代でも最強クラスのアタッカーコンビと知られている。
1999年から2002年まで同クラブでともにプレーした両者の共通点を高い決定力とするならば、ロナウド氏には技術を伴うスピードと突破力、ヴィエリ氏には高さとパワーという補完的な特徴があった。

インタビューで、レアル・マドリードで9シーズンにわたり絶対的エースとして数々のトロフィーを獲得し、現在はユベントスでプレーするロナウドと、
かつてコンビを組んだ“怪物”ロナウド氏のどちらの方が良い選手かと聞かれたヴィエリ氏。

するとまず、ロナウド氏を「私はロニー(ロナウド氏)の友人で、彼と一緒にストライカーとしてプレーできて幸運だと思う。彼は全てを持っていた。爆発的で、パワフルで、速い。ダンサーのようだったよ
。彼はボールと一緒に踊っているようだった」と表現した。

そして、C・ロナウドにも賛辞を送った。「戦闘機のようで、彼の為すことの全て、継続している全てのものが見事。
イタリアでも言われているように、クリスティアーノならタバコを口に加えるほどの余裕を持って40歳までプレーできるだろう。彫刻のような体格をしている」。
だが、最終的には「私はブラジル人のロナウドの方が、クリスティアーノ・ロナウドよりも上だと思う」と、インテル時代の“相棒”を選んだのだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200421-00258187-soccermzw-socc
4/21(火) 21:40配信

no title

no title

no title

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=ajKopwQlXlg


【元祖ロナウド】元ブラジル代表 怪物ロナウドの全盛期スーパープレー! Ronaldo

https://www.youtube.com/watch?v=qAJLlC4FebI


【怪物】ブラジルが生んだ歴代No.1ストライカー ロナウド スーパープレー集(バルセロナ/インテル/レアルマドリード)

https://www.youtube.com/watch?v=UcQFK52irV4


ロナウドベストゴール Ronaldo 9 Most Beautiful Goals(selected by Yahoo Brasil)

マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白 

1: 2020/04/17(金) 16:56:50.18
マテラッツィ“兄貴”、インテル時代にバロテッリへ鉄拳制裁を下したと告白
(写真:Getty Images)

インテルのレジェンドである元イタリア代表DFマルコ・マテラッツィが、インテル時代のマリオ・バロテッリとのやり取りを回顧した。

マテラッツィは2001年から2011年インテルで活躍したDFで、ロッカールームをまとめる兄貴分としてチームの統率をとり、ファンからも愛されたレジェンドだ。

そんなマテラッツィが16日、インスタグラムのライブ配信を使用したインタビューに応え、インテルでの経験を振り返り、2010年のチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナとの準決勝で起こったバロテッリとの事件についても回顧している。

この試合、途中交代で入ったバロテッリはピッチ上で精細を欠くパフォーマンスを見せたあげく、試合終了後にユニフォームを地面に投げつけていた。
その後、ロッカールームに引き上げるバロテッリをマテラッツィが追いかけていく姿が目撃されている。

マテラッツィ氏は当時を振り返り、バロテッリを殴っていたことを明かした。

「彼をぶっ飛ばしたよ。本当だ。彼を愛しているが、あの日の彼はそれに相応しかった。今は友人だし、兄弟のような関係だが、マリオはあの日やってはいけないことをした」

「ベンチから出てきた後、カウンターのチャンスがあったのに彼はハーフウェイラインからロングシュートを打ったりしていた。ディエゴ・ミリートはカンカンだったよ」

「みんなマリオのポテンシャルを信じていたし、多くのゴールを決めて勝利にも貢献した。
でも、その事件の1週間後、トレーニングで彼とマッチアップさせるようにモウリーニョに頼んだんだ。(対戦した後)一瞬で医務室送りにしてやったよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200417-00373362-usoccer-socc
4/17(金) 16:30配信

no title

no title

no title

元インテルDFマテラッツィ氏「バロテッリは子供のまま大人になった。可愛がってやったよ」 

20200406-00010024-goal-000-1-view




1: 2020/04/06(月) 23:10:48.26
元イタリア代表DFのマルコ・マテラッツィ氏が、インスタグラム上のライブ配信で元フランス代表GKのセバスティアン・フレイ氏と対談し、元同僚のFWマリオ・バロテッリなどについて語った。

現役時代、インテルやペルージャなどで活躍し、2006年にはイタリア代表としてドイツ・ワールドカップ優勝を果たしたマテラッツィ氏。元フィオレンティーナGKのフレイ氏との対談の中で、インテルのライバルクラブであるユヴェントスについて問われると本音を明かしたほか、インテルで同僚だったバロテッリに触れた。

「どれほどユーヴェが嫌いかって?スポーツ上に限った話だが、かなり嫌いだよ」

「バロテッリ?彼はナンバーワンの選手だし、素晴らしい青年だ。しかし時折、私が叩き直してやらなければならなかった。ある日、ミランの靴下を履いてきたから、私が切ってやったよ。それでも彼のことは大好きだし、ダメな奴なんかじゃない。いい奴だよ。子供のまま大人に成長したような奴だ。初めて一緒に練習をしたときは、私の股下からボールを通して抜こうとしてきたが失敗に終わった。私と(イバン)コルドバで可愛がってやったよ」

続いてマテラッツィ氏は、ミランのFWズラタン・イブラヒモヴィッチについて問われると、「非常に強い選手だ。それでも(リオネル)メッシや(クリスティアーノ)ロナウドのような最強レベルではない」との見解を示した。

また2010年にインテルを率いたラファエル・ベニテスやレオナルドについてコメント。「(ジョゼ)モウリーニョの後を引き継ぐのは難しかったと思うが、レオナルドがやったように真似をすればスクデットは獲れたかもしれない。レオナルドは、6カ月前にしていたことを“コピー&貼り付け”しただけだからね。賢かった」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200406-00010024-goal-socc

インテルが全ての活動を中断と発表…ユベントスDFルガーニの新型コロナウイルス陽性反応を受け 

20200312-00371582-usoccer-000-1-view




1: 2020/03/12(木) 12:37:44.18
インテルが、全てのサッカー活動を一時中止することを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

今回の措置が決定した背景には、ユベントスのイタリア代表DFダニエレ・ルガーニが新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応が出たことがある。

インテルは、8日にセリエA第26節延期分でユベントスと対戦。ルガーニは試合に出場していないものの、ベンチ入りしていた。

感染者であるルガーニと接触した者を含めて、隔離の手続きが必要となり、インテルはこれお受けてトレーニングを含めたサッカー活動を中断することを発表した。

「ダニエレ・ルガーニがCOVID-19のテストを行ったというユベントスの発表に続き、インテルは追って通知があるまで、全ての競技活動の中断を発表します」

「現在、クラブは全ての必要な手続きを行うための措置を講じています」

ユベントスはルガー二について、現在は無症状であるもののCOVID-19の検査で陽性反応があったと声明を発表していた。

インテルは12日にヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのヘタフェ戦を控えていたが、スペインからイタリアへの渡航が禁止されているため、試合は延期となっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200312-00371582-usoccer-socc

関連スレッド

【サッカー】ユベントスDFルガーニが新型コロナウィルス陽性反応…セリエA選手で初の感染者
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1583966405/

ユベントス対インテル含む6試合が無観客に! 異例の事態もチケット代返金なし 

20200226-00364383-footballc-000-2-view




1: 2020/02/26(水) 08:31:18.70
ユベントス対インテルを含むセリエA第26節の6試合が無観客試合で開催されることになった。
25日に伊メディア『フットボールイタリア』が報じている。

中国・武漢を発生源とする新型コロナウイルスは世界中に拡大しイタリアでは犠牲者が出ていた。
そのため、セリエA第25節のベローナ対カリアリ戦、アタランタ対サッスオーロ戦、インテル対サンプドリア戦、トリノ対パルマ戦などが延期されることに。

ただ、これ以上延期試合を増やしてしまうとスケジュールが厳しくなってくる。今年6月にはEURO2020が開催されるため、その期間までにセリエAの全日程を終わらせる必要がある。
そうした事態を避けるため、止むを得ずセリエAは無観客試合という選択肢を取ることに。

同メディアによると、イタリア政府からも容認されたことで、セリエA第26節の6試合が無観客試合で開催されることになったという。
対象の試合は、ウディネーゼ対フィオレンティーナ、ミラン対ジェノア、パルマ対SPAL、サッスオーロ対ブレシア、ユベントス対インテル、サンプドリア対ヴェローナだ。

なお、伊紙『コリエレ・デッラ・セーラ』によれば、チケット代の返金は行わないとのこと。通常であれば、ファンはクラブに返金対応を要求することが出来る。
ただ、今回の場合はクラブが起因する問題ではないため、チケット代の返金は強制されないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200226-00364383-footballc-socc
2/26(水) 7:40配



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索