Samurai Goal

インターナショナル・チャンピオンズカップ


スポンサード リンク





久保建英「鮮やかな一撃で強襲!」ダービー大敗のマドリーにあって、ファン投票でトップ評価を獲得!  

20190728-00010001-sdigestw-000-2-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/07/28(日) 11:05:12.78 ID:sbsR8uLx9
フレンドリーマッチとはいえ、そこは宿命のライバル同士。ショッキングな結末が大きな波紋を呼んでいる。

 現地7月26日、ニューヨークで行なわれたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)、レアル・マドリー対アトレティコ・マドリーの一戦で、前者が3-7の惨敗を喫した。
史上初めてスペイン国外で実現したダービーマッチは、序盤からマドリーがアトレティコの猛攻に晒される展開。前半だけで0-5と圧倒され、ゲーム終盤に立て続けにゴールを奪ったものの、大勢に影響はなかった。

試合後にジネディーヌ・ジダン監督はみずからに言い聞かせるように「あくまでプレシーズンマッチ。手痛い敗戦だが、落ち込むことではない」と前を向き、
7失点の守備陣をまとめたセルヒオ・ラモス主将は「前半が酷かったね。でもリセットして臨んだ後半は持ち直したよ」と強がった。

 スペイン・メディアやファンから非難が続出するなか、スペイン全国紙『Marca』がファン参加の「Yes or NO」アンケートを実施。
つまりはネット上で、アトレティコ戦に出場した選手全員に善し悪しの“評価”を投票させたのだ。

 その結果──。なんと最高の評価を得たのは、スコアが1-6の63分からピッチに登場した久保建英だった。「良い」が994票で、「悪い」が174票。
評価2位となったケイラー・ナバスの「良い」888票を大きく上回ったのである。終了間際、左足の強烈なミドルシュートでチームの3点目を導いたプレーが、ファンにとっては印象深かったのかもしれない。

 交代出場してすぐに両チームとも退場者が出て、その影響でジダン監督は久保を中盤センターに配備。緊急事態にも無難に攻撃を促進させた一方で、自身のパスミスが失点に繋がるなど厳しい場面もあり、
この日の久保への評価は分かれるところだ。それでも同紙は「イスコがプレーしていたエリアでプレー。すでにゲームが終わった(マドリーが大差を付けられた)段階で投入されているため評価は難しいが、
(89分に)鮮烈な一撃で(相手GKの)オブラクを強襲して存在を示した」と評している。

エデン・アザールやルカ・モドリッチ、S・ラモスら豪華先発メンバーが軒並み低評価に甘んじるなか、不名誉な最下位(21位)となったのが、5失点のGKティボー・クルトワ。
同紙は「試合前に『背番号1(正守護神の座)を得るためには、ピッチ上で実力を示すしかない』と語っていたが、惨憺たる出来に終わった」と皮肉っている。
クルトワは「良い」がわずか59票だったのに対し、「悪い」は373票に達した。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190728-00010001-sdigestw-socc

7失点惨敗のアトレティコ戦でレアルMF久保建英に明と暗。失点の原因となるも好ミドルでゴールの起点に 

20190727-00010010-goal-000-2-view[1]

【詳報】アトレティコが衝撃7発でレアル粉砕! 今季初の“マドリード・ダービー”制す 久保建英は途中出場  

20190727-00961420-soccerk-000-12-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/27(土) 10:56:26.56 ID:fADxWIWD9
 インターナショナル・チャンピオンズカップ2019(ICC)が行われ、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードの”マドリード・ダービー”が行われた。

 レアル・マドリードはエデン・アザールやルカ・ヨビッチ、ナチョ・フェルナンデスらを先発起用。久保建英は61分から途中出場を果たした。一方、アトレティコ・マドリードは新背番号「7」のジョアン・フェリックスやキーラン・トリッピアー、ジエゴ・コスタなどがスタメンに名を連ねた。

 試合は開始44秒でいきなり動く。D・コスタが、フェリックスからのノールックパスを受けるとペナルティエリア右に侵入。コスタは右足を振り抜くと、ボールはDFセルヒオ・ラモスに当たって軌道が変わり、ゴール左に吸い込まれた。アトレティコ・マドリードが先制に成功して、幸先の良いスタートを切る。

 さらに8分、エリア付近でサウール・ニゲスがボールを奪うとエリア左からクロスを供給。ゴール前に飛び出したフェリックスが、これを押し込み初ゴール。アトレティコ・マドリードが追加点を奪った。

 試合は完全にアトレティコ・マドリードのペースに。19分、ターンで相手をかわしたコケはエリア右のアンヘル・コレアにパス。コレアはゴール左に流し込み、アトレティコ・マドリードはわずか開始20分の内に3ゴールを挙げて、レアル・マドリードを突き放す。

 さらに28分、サウールがDFラモスのパスを高い位置でカットすると、フリーになっていたD・コスタにスルーパス。コスタはゴール前で冷静にGKクルトワとの1対1を制して、アトレティコ・マドリードが4点リードとした。

 45分にはD・コスタがPKによりゴールを挙げて、前半の内にハットトリック達成。アトレティコ・マドリードの5-0で前半を折り返した。

 後半に入ってもアトレティコ・マドリードが試合を支配。51分、フェリックスのスルーパスに反応したD・コスタが相手DFの裏に抜けてボールを受け取る。D・コスタはGKクルトワの頭上を通すシュートでネットを揺らして、4ゴール目をマーク。

 得点が欲しいレアル・マドリードは60分、アザールが左サイドをドリブルで突破するとグラウンダー性のクロスを供給。このクロスにナチョがゴール前で合わせて、レアル・マドリードは1点を返す。得点直後に久保建英が投入された。

 すると63分、ダニエル・カルバハルとD・コスタが接触してつかみ合いの乱闘騒ぎに。ジネディーヌ・ジダン監督もピッチ内に入って止めに入る事態となったが、両選手が退場することで事態は沈静した。

 70分、ビトーロが右サイドをドリブルで突破すると、そのままエリア左に侵入してシュート。このシュートはゴール左に決まり、アトレティコ・マドリードは7-1とした。

 レアル・マドリードがその後PKにより1点を奪うと、ハビ・エルナンデスがヘディングで押し込みゴール。

 このまま試合は終了してアトレティコ・マドリードが3-7でレアル・マドリードに勝利を収めた。

【スコア】
レアル・マドリード 3-7 アトレティコ・マドリード

【得点者】
1分 0-1 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
8分 0-2 ジョアン・フェリックス(アトレティコ・マドリード)
19分 0-3 アンヘル・コレア(アトレティコ・マドリード)
28分 0-4 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
45分 0-5 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
51分 0-6 ジエゴ・コスタ(アトレティコ・マドリード)
60分 1-6 ナチョ・フェルナンデス(レアル・マドリード)
70分 1-7 ビトーロ(アトレティコ・マドリード)
85分 2-7 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
88分 3-7 ハビ・エルナンデス(レアル・マドリード)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190727-00961420-soccerk-socc

久保への影響は? MFアセンシオ、左膝前十字靭帯・外側半月板損傷とレアル・マドリード公式発表!  

1: Egg ★ 2019/07/24(水) 23:15:58.51 ID:FBDBKMo89
ICCアーセナル戦でゴールを決めるも、負傷で途中退場 救急車で搬送されていたが…

no title


レアル・マドリードは現地時間23日にインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)アーセナル戦に臨み、90分間を2-2で終えると、PK戦を3-2で制した。この試合でゴールを決めたスペイン代表MFマルコ・アセンシオは後半20分に負傷退場。クラブ公式サイトは、検査の結果、左膝前十字靭帯及び外側半月板損傷で、近日中に手術を受けることを発表した。

 レアルは23日のアーセナル戦、2点をリードされて迎えた後半開始からアセンシオを投入。3トップの一角に入ったなかで、後半11分にはアセンシオのシュートのこぼれ球を詰めたウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、同14分にはブラジル代表DFマルセロのラストパスを受けたアセンシオがゴールを決めた。

 しかし、キレのある動きを見せていたアセンシオは、後半17分に膝を痛めてピッチに倒れ込み、担架に乗せられて退場。救急車で搬送され、スペイン紙「AS」などで左膝の前十字靭帯断裂と推測されていたが、レアルは24日に公式サイトでメディカルレポートを掲載した。

 発表によれば、アセンシオはクラブの医療部門による検査を受けた結果、左膝前十字靭帯及び外側半月板損傷と診断され、近日中に外科手術を受ける予定だという。

 昨季リーグ戦30試合に出場したアタッカーの長期離脱決定により、サイドでもプレーできる久保が主戦場とされるカスティージャ(レアルB)ではなく、トップチームに必要な戦力になる可能性はなきにしもあらずだろう。

7/24(水) 20:47配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00205901-soccermzw-socc

“81分間”を10人で戦ったレアル、意地のPK戦勝利 逆境のベイルが1得点、久保は出場せず 

20190724-00205747-soccermzw-000-5-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/24(水) 10:03:57.70 ID:EHbirYBb9
ICCアーセナル戦は前半に両チームが退場者を出す展開 0-2からベイルとアセンシオのゴールで追いつく

 レアル・マドリードは現地時間23日、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)第2戦、アーセナル戦に臨んだ。日本代表MF久保建英はこの日、出番が巡ってこなかった。試合はレアル退団濃厚とされるFWギャレス・ベイルがゴールを決めるなど、意地を見せるプレーぶりで2-2のドローで終わった。

 20日のバイエルン戦(1-3)で“レアルデビュー”を飾った久保は、後半の45分間プレー。軽快なドリブルなどで、ブンデスリーガ王者相手にチームの攻撃を促進した。アーセナル戦もバイエルン戦に続いてスタメンこそならなかったものの、出場に期待が高まるなかでキックオフを迎えた。

 試合は序盤からアーセナルのパスワークが冴え、前半9分にレアルDFナチョがペナルティーエリア内でハンドの反則を取られPKの判定が下る。また、これが決定機阻止と見なされ、いきなりのレッドカードを受けて退場となり、レアルは早々に10人となってしまった。このチャンスにキッカーを務めたアーセナルFWアレクサンドル・ラカゼットは、冷静に決めて1-0と先制に成功した。

 同24分には軽快なパスワークから最終ラインを抜け出したFWピエール=エメリク・オーバメヤンが、レアルGKケイラー・ナバスとの1対1を冷静に制して追加点。2-0としてアーセナルがより優位に立った。

 しかし同41分には、MFルカ・モドリッチを倒したアーセナルDFソクラティス・パパスタソプーロスも一発退場となり、両チーム10人での戦いを強いられることに。レフェリングに当惑するなかでハーフタイムを迎えた。

 後半開始に向けて、ジダン監督は多くの交代選手を使ったが、そのうちの1人に退団濃厚で関係性の悪化が伝えられていたベイルも含まれていた。後半6分にはMFマルコ・アセンシオが右サイドから切り込み、痛烈なポスト直撃のミドルシュートを放つなどレアルが反撃態勢を取る。

 すると同11分、レアルが左サイドを崩すと、アセンシオが詰めたゴール前の混戦からベイルがプッシュ。逆境の背番号11が1点差に詰め寄るゴールを決めた。3分後には再び左を切り崩したDFマルセロの折り返しをアセンシオが決めて2-2。レアルが底力を見せて同点に追いついた。しかしその8分後には、アセンシオが膝を痛めたのか、担架に乗せられて退場するアクシデントが起きた。

 同30分にはアーセナルが波状攻撃から決定機を迎えたが、ベイルがゴールライン上でシュートをかき出すクリアでチームを救う。その後もベイルは左サイドのカットインからアウトサイドキックで際どいシュートを放つなど気を吐いた。試合はそのまま終了したが、ジダン監督の見解を含めて、ベイルの動向が今後も注目される展開となったのは間違いない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190724-00205747-soccermzw-socc

「トップチームにと望む声もあるが」鮮烈デビューを飾った久保建英の“昇格”についてジダン監督の見解は? 

20190723-00061783-sdigestw-000-9-view[1]

久保建英の背中を押したジダンの“言葉”「自信を持て」「30m のところで勝負を仕掛けてフィニッシュまで」  

1: Egg ★ 2019/07/22(月) 07:20:40.34 ID:EznNU2iY9
現地7月20日、アメリカ・テキサス州ヒューストンで行なわれたインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)、レアル・マドリー対バイエルン・ミュンヘン戦は、後者の3-1勝利に終わった。

 これが今季初のプレシーズンマッチとなったマドリーは、前半45分間に新加入エデン・アザールを含む現時点でのベストメンバーでスタメンを構成。そして後半頭からはメンバーを総入れ替えし、日本代表FW久保建英が移籍後初の実戦デビューを飾った。

 久保はファーストタッチで鋭くサイドへ抜け出し、確実に味方のパスを足下に収めて局面を前に進めるなど、随所で堂々たるプレーを披露。実況アナウンサーやスペイン・メディアもそのパフォーマンスに一定に評価を与えた。

 そして試合後、久保はミックスゾーンで『Real Madrid TV』の取材に応じ、以下のようにインプレッションを語った。

「マドリーでデビューできたことは嬉しいです。ただ、勝たなければいけない試合だったので、結果についてはガッカリしています」

 ハーフタイム、ジネディーヌ・ジダン監督が久保に送ったメッセージも明らかになった。「自信を持ってプレーするんだ」と背中を押され、「2タッチでプレーすることを心掛けて、最後の30メートルのところでは勝負を仕掛けて、フィニッシュまで持っていこう」と具体的な指示も得たという。

 さらに久保は、日本でのフィーバーぶりについても問われ、こう答えている。

「ヨーロッパでプレーする日本人選手は少ないですし、マドリーでは僕だけです。やはりそこに期待を掛けてしまうのは当然だと思いますし、そうしたファンの情熱を僕自身も歓迎しています。もっとたくさんの日本人選手がヨーロッパに来れるように、僕が“モデル”になれればと思う。マドリーは世界中に本当に多くのファンがいる。それは僕を駆り立てるモチベーションになっています」

 マドリーのICC次戦は、現地7月23日のアーセナル戦。ふたたび背番号「26」の躍動に期待したい。

7/21(日) 13:27 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190721-00010004-sdigestw-socc

写真
no title

【海外絶賛】久保建英、レアルデビュー戦の評価は? “2位タイ”で海外激賞「すでにBチーム超え」 

20190721-00205289-soccermzw-000-2-view[1]

久保建英は45分出場でファンを魅了…マドリディスタ&識者もSNSで賛辞「救世主になる」 

20190721-00010023-goal-000-1-view[1]

久保建英のレアルデビュー戦に現地紙称賛「ファンは彼にトップチームで居場所を与えることを求めるだろう」 

20190721-00010012-goal-000-4-view[1]



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索