Samurai Goal

インスタ


スポンサード リンク





久保建英のインスタに地元メディアが着目 Rマドリード残留なら「大きな意味合い」 

no title

ロックダウン中にインスタで最も稼いだスポーツ選手は? 

20200604-26040119-nksports-000-6-view




1: 2020/06/04(木) 11:26:18.09
スペイン紙アス電子版が3日、新型コロナウイルスの影響による現在のロックダウンの期間中にインスタグラムで最も収入を得ているスポーツ選手トップ10を発表した。1位から3位をサッカー選手が独占している。

米国のコンサルティング会社アタインの3月12日~5月14日のデータをアス紙が引用。トップはポルトガル代表クリスティアーノ・ロナウド(35=ユベントス)。その収入は210万ユーロ(約2億5200万円)だったという。フォロワー数は2億2200万人である。

2位はアルゼンチン代表FWメッシ(32=バルセロナ)で、150万ユーロ(約1億8000万円)、フォロワー数1億5300万人。3位はブラジル代表FWネイマール(28=パリ・サンジェルマン)で、収入130万ユーロ(約1億5600万円)、フォロワー数は1億3900万人となっている。

スポーツ別で見てみると、サッカーから6人、バスケットボールから2人、クリケットとボクシングから各1人が選ばれている。

 ◇   ◇

ロックダウン期間中のインスタグラム収入スポーツ選手トップ10

1位 クリスティアーノ・ロナウド(サッカー):210万ユーロ(約2億5200万円)

2位 リオネル・メッシ(サッカー):150万ユーロ(約1億8000万円)

3位 ネイマール(サッカー):150万ユーロ(約1億8000万円)

4位 シャキール・オニール(バスケットボール/引退):65万5000ユーロ(約7800万円)

5位 デビッド・ベッカム(サッカー/引退):45万5000ユーロ(約5460万円)

6位 ヴィラット・コーリ(クリケット):42万5000ユーロ(約5100万円)

7位 ズラタン・イブラヒモビッチ(サッカー):20万6000ユーロ(約2472万円)

8位 ドウェイン・ウェイド(バスケットボール/引退):16万ユーロ(約1920万円)

9位 ダニエル・アウヴェス(サッカー):15万ユーロ(約1800万円)

10位 アンソニー・ジョシュア(ボクシング):13万6000ユーロ(約1632万円)

(高橋智行通信員)

https://news.yahoo.co.jp/articles/09d079521e0a3486d08992b17779166ad0cb90c3

渡辺剛、橋岡大樹とのインスタでWe are REDS!! だったと告白【FC東京】 

72046_ext_04_0




1: 2020/04/22(水) 09:15:56.87
「昔レッズファンだった」東京五輪世代の渡辺剛と橋岡大樹がインスタライブで対談!独身の悩みは…

新型コロナウイルスの感染拡大により、今年予定されていた東京五輪が1年延期となり、Jリーグの公式戦も中断されている。

五輪代表候補のひとりであるFC東京の渡辺剛は4月21日、自身のインスタグラムでライブ配信を行ない、同じく五輪で活躍が期待される浦和レッズの橋岡大樹をゲストに対談を行なった。

現在23歳の渡辺は、ルーキーイヤーだった昨季にCBの定位置を掴み、今季からは副キャプテンを務める。一方、20歳の橋岡は、プロ1年目の18年からレギュラーを務め、昨季は決勝まで進んだACLでも活躍するなど、チームの主力に成長した。

そんなふたりは現在独身。「一人がめっちゃ暇」と渡辺が語ると、一人暮らしを始めたばかりという橋岡も「一人暮らしは楽しいけど、この時期はちょっとちがうかも。寂しい」と近況を語った。

自宅でのリモートトレーニングも始まり、橋岡は「今日からチームのビデオトレーニングが始まった。やっぱりみんなと話ながらできるというのは凄く良かった」とチームメイトとの繋がりの大切さを実感したようだ。

またトレーニング以外では、「アニメを見たり、動画を見たりしてる」という渡辺は、ドラマの「リバーデイル」をオススメとして紹介。「NetflixとかAmazonプライムとか(様々な動画配信のサブスクリプションサービスに)ほとんどに入っている」と同調した橋岡は、「僕のヒーローアカデミア」などのアニメを薦めた。

埼玉県出身という共通点もあるふたりは、地元のサッカー少年団の話などで盛り上がると、「俺は昔めっちゃレッズファンだった」と渡辺が暴露するシーンも見られた。

若い二人の話は尽きることなく、1時間の配信時間いっぱいまで続いた。チームメイトからも愛されているようで、コメント欄には、FC東京の林彰洋、橋本拳人、波多野豪、浦和の槙野智章、岩波拓也などのほか、年代別代表のチームメイト、湘南ベルマーレの齊藤未月、横浜F・マリノスの遠藤渓太、鹿島アントラーズの町田浩樹、オランダのAZに所属する菅原由勢など錚々たる顔ぶれがメッセージを寄せている。

2020年04月22日
サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=72046

【画像】渡辺剛と橋岡大樹のライブ配信の様子はこちら!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=72046


アレ浦和による橋岡大樹の紹介

スポーツエリート一族。従兄弟は陸上の橋岡優輝。
兄はアルビレックス新潟シンガポール所属の橋岡一樹。

足が攣っても走れる

特技はモノマネ
https://m.youtube.com/watch?v=OzYn_IhRBp8


「インスタの収入だけで年間53億円!」 C・ロナウドがついにサッカー選手として初の“億万長者”へ! 

1: 2020/04/11(土) 05:40:05.36
SNSの総フォロワー数は4億2000万超え!


ビリオネアの仲間入りを果たすC・ロナウド。現役スポーツ選手ではウッズ、メイウェザーに次ぐ3人目に。(C)Getty Images

 クリスチアーノ・ロナウドがまたひとつ、"史上最高"の称号を手に入れそうだ。

 英紙『Mirror』はユベントスに所属するスーパースターの一大特集を組み、あらためてその稼ぎっぷりに着目。ついに今シーズン終了時点で、C・ロナウドが生涯で得た総収入額が10億ドル(約1008億円)に達するというのだ。つまりはビリオネア、億万長者である。

 サッカー選手としては初の快挙で、現役のスポーツ選手では2009年に達成したタイガー・ウッズ(ゴルフ)、2017年にクリアしたフロイド・メイウェザー(ボクシング)に続く3人目だ。

 米経済誌『Forbes』によると、C・ロナウドがサッカー選手として2019年に稼ぎ出したのは、1億900万ドル(約117億円)。ユベントスからの給与総額(ボーナスなどを含む)が6500万ドル(約70億円)で、『Nike』や『Tag Heuer』、自身のブランドなどから得るスポンサー・広告収入が4400万ドル(約47億円)という内訳だ。

 新型コロナウイルスのダメージが深刻なイタリアにあって、名門ユベントスも財政面で窮地に立たされ、所属全選手は当面の給与30%カットに同意した。もちろんC・ロナウドの給与も大幅ダウンとなるが、『Forbes』誌はそれでも「収入額はスポール選手で最上級クラス。今シーズンの終わりには間違いなくビリオネアになる」と言い切る。

南野拓実、久保建英のプレーが全試合見られる!チャンピオンズリーグも独占配信するDAZNの1か月無料体験はこちら

 一方でこの1億900万ドルという年収には、SNSでの収入が含まれていない。現在、C・ロナウドのインスタグラム、フェイスブック、ツイッターを合わせた総フォロワー数は4億2000万を超えており、とりわけインスタでの収入が図抜けている。『Mirror』紙は「1年間で3900万ポンド(約53億円)を稼ぎ出しており、ユベントスでの基本給である3000万ポンド(約41億円)をゆうに超えてしまった」と報じている。1投稿当たりの稼ぎは、いまや90万ポンド(約1億3500万円)に達しているようだ。

 ユベントスは2018年夏にC・ロナウドを獲得した際、レアル・マドリーに1億ユーロ(約125億円)の移籍金を支払ったが、あれからの2年弱で、ポルトガルの英雄に絡んだ収益は倍額の2億ユーロ(約250億円)を超えたという。夏のユベントス退団が取り沙汰されているC・ロナウドだが、『Mirror』紙は「ともに最高のビジネスパートナーと見なしている。いずれにせよ収入が減って問題も多いマドリーへの帰還はあり得ない」と論じる。

 いまだSNSのフォロワー数が増え続けているC・ロナウド。「史上もっとも稼いだフットボーラー」の地位は、この先何年も揺らがないだろう。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=71638
no title

酒井高徳がインスタ更新「大変申し訳ありません」「家族は現在も元気」新型コロナ陽性受け 

20200330-03300211-sph-000-5-view

<元ガーナ代表ケヴィン・プリンス・ボアテング>若手に苦言!「若いやつらはプレステとインスタばかり」 

1: Egg ★ 2019/12/31(火) 22:42:21.38 ID:h9YG2NQG9
フィオレンティーナの元ガーナ代表FWケヴィン・プリンス・ボアテングが、若手選手の姿勢について苦言を呈している。

ボアテングはドイツ『ビルト』のインタビュー内で「今の若い選手はプロとしてのコミットメントが欠けている」と口にした。

「今の若いやつらは才能を発揮するためにすべきことをしていないんじゃないかな。自らその可能性を断ち切っているとしか考えられない」

「19歳にしてメルセデスを乗り回しているやつもいれば、ヒマさえあればプレイステーションを楽しみ、Instagramを見てばかりだ。そういうやつはトレーニングの時間が終わるとともに真っ先に帰るんだよ。フットボールの世界も、社会の流行や変化に伴いずいぶん変わったと思うね」

「サッカーは同時にビジネスでもあるけれど、俺たちプレーヤーにとって求められるのはピッチ内での数字だ。いくらチームに忠誠しているからと言って、実戦で結果を出さないと新しい契約はないんだよ。悲しいことだが」

ボアテングは「トレーニングの時点から集中していて、実戦のピッチに立ったら全力を注ぐ選手を見つけようとするのは本当に難しいことだよ。それは基本的なプロの姿勢だと思うんだけどね。プレッシャーが激しいのは当然だ。それは時に選手たちをうつに追い込むことさえあるほどね。プロのフットボールプレーヤーは常に楽しいとは限らない」と続け、サッカー選手のあり方について自身の見解を述べている。

12/31(火) 22:02配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00010035-goal-socc

写真no title

C・ロナウド、インスタ界でも超一流 稼ぎが本業より上  

1: 久太郎 ★ 2019/10/19(土) 18:21:22.06 ID:9ZgpsjjR9
ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがフットボールとしてよりインスタグラマーとしての収入が上であることが判明した。『Business Insider』が報じた。

C・ロナウドのフットボーラーとしての年俸は推定3400万ドル(約36億8000万円)。一方で、自身のインスタグラムを利用した過去1年間の広告収入で4780万ドル(約51億8000万円)を稼いだという。

1回の投稿にあたる広告掲載の収益は平均97万5000ドル(約1億500万円)。モデルのカイリー・ジェンナーや、女優や歌手として活躍するセレーナ・ゴメスら超有名セレブリティをはるかに上回る模様だ。

そのC・ロナウドはスポーツメーカー『ナイキ』やフィットネス用品『SIXPAD』、ヘアケア『Clear』などのブランドをスポンサーに持ち、最も多い1億8600万人のフォロワーを擁している。

ちなみに、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシはインスタグラムで2330万ドル(約25億2000万円)を稼いでいるとのことだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191019-00363139-usoccer-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索