Samurai Goal

イングランド代表


スポンサード リンク





【速報】クロアチア返上点!!イングランド、振り出しに![1-1] 

AAzd8gJ.img

【速報】前半終了!!イングランド、クロアチアにリードで後半へ[1-0] 

Dh2GJ9YWsAI5oOL

ロシア・ワールドカップは11日に準決勝が行われ、クロアチアとイングランドが対戦。前半は、イングランドが1-0とリードして折り返した。

決勝トーナメントでは2試合連続となるPK戦を制して、20年ぶり4強入りを果たしたクロアチア。ここまで苦しい戦いを続けており、前日練習を欠席するメンバーも出るなど主力選手のコンディションも心配されたが、決勝進出を懸けた大一番ではほぼ全員が間に合うことに。モドリッチやラキティッチはもちろん、ロシアとの準々決勝でもも裏を痛めていた守護神スバシッチや、ヴルサリコもスタメンに名を連ねた。

対するは、52年ぶりの王座奪還をねらうイングランド。国民の期待も高まる中、若手中心の新生“スリー・ライオンズ”は、ここまでグループリーグ最終節以外固定メンバーで戦ってきた。この試合でもそこから変更はなく、ケインらがスタートから登場している。

試合序盤は両者ボールを持ちながらゆったりと進めていく。

すると、試合はいきなり動く。5分、ゴールほぼ正面でアリがファールを獲得すると、キッカーはトリッピアー。右足で直接ねらったボールは、壁の上を通って枠に吸い込まれていった。イングランドが、得意のセットプレーから早速ゴールを奪う。

勢いに乗るイングランドは、計算されたセットプレーでチャンスを作る。14分、トリッピアーのCKにマグワイアが競り勝つ。頭で合わせたが、枠の右に外れていった。先制後、カウンターをねらいながらチーム最大の武器を駆使して相手にプレッシャーをかけていく。

劣勢のクロアチアだが、疲労からかプレー精度が上がらずチャンスを作れない。反対に、スピードのあるスターリングをねらったイングランドのカウンターに苦しみ続ける。29分には、ケインにエリア内でフリーでシュートを打たれたが、守護神スバシッチがファインセーブをみせた。

守護神の活躍に奮起したい攻撃陣は、低い位置からのクロスでチャンスを作る。レビッチらが積極的にDFラインの裏に飛び出し、あわや決定機という場面を増やしていく。

しかし、前に出ていけばカウンターを受けるシーンも増える。イングランドは、何度も脅威となっているスターリングがスペースに飛び出し、それを起点にシュートまで持ち込んでいき、リンガードらがフリーでシュートを放った。

クロアチアは終了間際に高い位置でのボールカットからラキティッチがチャンスを迎えたが、シュートまで持ち込めず。前半はこのまま終了。イングランドがリードして折り返した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010003-goal-socc

【速報】先制点はイングランド!!クロアチアにリード![1-0] 

croatia-vs-eng

【速報】「クロアチア×イングランド」スタメン発表!!さぁ、どっちが勝つ? 

702860-england-vs-croatia

ロシア・ワールドカップ準決勝、クロアチア代表とイングランド代表のスターティングメンバーが発表された。

決勝トーナメント1回戦から続けてPK戦を戦っているクロアチアは満身創痍。それでも負傷していたシメ・ヴルサリコはスタメン入りし、外れていたマルセロ・ブロゾビッチが先発に返り咲いている。アンドレイ・クラマリッチはベンチスタートとなっている。

対するイングランドのメンバーは変わらず。3バック(5バック)の面々はいつもどおりで、前線ではハリー・ケインとラヒーム・スターリングがコンビを組む形。注目はやはりセットプレーで、クロアチアの高い壁を崩すことができるのかがポイントとなる。

両チームのメンバーは以下の通り。

【クロアチア代表スターティングメンバー】
GK
23 ダニエル・スバシッチ
DF
3 イバン・ストリニッチ
6 デヤン・ロブレン
21 ドマゴイ・ビダ
2 シメ・ヴルサリコ
MF
7 イヴァン・ラキティッチ
10 ルカ・モドリッチ
11 マルセロ・ブロゾビッチ
FW
4 イヴァン・ペリシッチ
18 アンテ・レビッチ
17 マリオ・マンジュキッチ

【イングランド代表スターティングメンバー】
GK
1 ジョーダン・ピックフォード
DF
2 カイル・ウォーカー
5 ジョン・ストーンズ
6 ハリー・マグワイア
MF
12 キーラン・トリッピアー
20 デレ・アリ
8 ジョーダン・ヘンダーソン
7 ジェシー・リンガード
18 アシュリー・ヤング
FW
10 ラヒーム・スターリング
9 ハリー・ケイン


Goal編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00010000-goal-socc

『クロアチア×イングランド』“イングランドが優勢!?“みんなが応援するのはどっち? 

1 2018/07/11(水) 19:11:36.54 _USER9
絶好調の守護神対決、軍配が上がるのは?

no title


ロシア・ワールドカップ 準決勝
クロアチア-イングランド
7月11日(水)21:00(日本時間27:00)キックオフ/ルジニキ(モスクワ)
 
 初の決勝進出を目指すクロアチアと、52年ぶりのファイナル進出を目指すイングランドが対戦する準決勝は、下馬評ではイングランドがやや優勢と見られている。
 
 クロアチアは決勝トーナメントに入ってからデンマーク、ロシアと2戦続けて120分の激闘を繰り広げ、PK戦の末に勝ち上がってきただけに疲労の蓄積が懸念される。
 
 準決勝でドマゴイ・ヴィーダのゴールをアシストするなど、大会を通してルカ・モドリッチが出色のパフォーマンスで違いを生み出している。劣勢でもガラリと局面を変えられるこの司令塔が、鍵を握るのは間違いない。
 
 一方のイングランドは、準決勝で堅守のスウェーデンを打ち破った。とくにハリー・マグワイア、ジョン・ストーンズらをターゲットとするセットプレーは大きな武器で、高さに自信を持つスウェーデン相手にもゴールを奪ってみせた。
 
 クロアチアのズラトコ・ダリッチ監督が、「厄介なのはスターリング。あのスピードと打開力は尋常ではない」と語るように、ラヒーム・スターリングもキーマンのひとり。スピード勝負に持ち込めれば、速さに弱いクロアチアの最終ラインは混乱をきたすはずだ。
 
 そして両チームに共通するのが、絶好調の守護神を擁する点。イングランドのジョーダン・ピックフォードは、2戦連続のマン・オブ・ザ・マッチに輝き、クロアチアのダニエル・スバシッチは2試合で4本のPKストップを記録した。
 
 スバシッチはロシア戦で痛めた太腿の状態が気になるところだが、延長やPK戦にもつれ込む可能性も低くないだけに、最終的にはどちらのGKがノッているかが勝負の分かれ目になるかもしれない。

7/11(水) 16:42配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00043787-sdigestw-socc

モドリッチ“本音をポロリ”「昔のイングランドと戦いたかった」 

1 2018/07/10(火) 18:12:01.41 _USER9
「ハリーはすごいストライカーに成長した」

水曜日に迫ったロシア・ワールドカップ準決勝、イングランドvsクロアチアの大一番。このゲームに並々ならぬ意欲で臨む名手がいる。クロアチアの至宝、ルカ・モドリッチだ。
 
 2008年夏にディナモ・ザグレブからトッテナム・ホットスパーに移籍し、丸4年間プレーした。ワールドクラスへの階段を駆け上がった思い出深いクラブであり、プレミアリーグに対しては「いまでも恋しく感じることがある」と語るほど。現在は世界王者レアル・マドリーで不動の地位を築いているが、身体にはプレミアのDNAが染みついている。
 
 やはりイングランド代表との対戦には、感慨深いものがあるようだ。
 
「いまのイングランド代表には、僕がプレミアでプレーしていた頃にはまだ芽が出ていなかった若い選手たちが多いけど、やっぱり心にグッと来るものがある。彼らとこんな最高の舞台で再会できるなんて、本当に嬉しいよ。昔に比べてチームのスタイルは洗練されていて、パスを重視しているね。僕たち(クロアチア代表)と変わらずポゼッションを大事にしている。(CBの)ジョン・ストーンズがすごくボールに触っていて、まるでマンチェスター・シティのようだ。本心を言えば、昔のままのイングランドと戦いたかったけどね(笑)」
 
 
 トッテナム在籍当時にチームメイトだった現メンバーは、ハリー・ケイン、ダニー・ローズ、カイル・ウォーカーの3人。「みんなまだ若くて、野心に溢れていて、途轍もないポテンシャルを秘めていた。なかでもハリーはまだ10代だったけど、あの頃から練習熱心でハードワーカーだったな。すごいストライカーに成長したものだよ」と微笑む。
 
 警戒しているのは、スリーライオンズお得意のセットプレーだ。
 
「彼らのセットピースは脅威だ。(ハリー・)マグワイアにハリー、ストーンズと決め切れるターゲットがいて、バリエーションも豊か。僕たちはロシア戦(準々決勝)でセットピースから手痛いのをひとつもらっているから、しっかり対応しなければいけない」

つづく

サッカーダイジェスト7/9(月) 18:22配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-00043692-sdigestw-socc

写真
no title

“まさに対照的!?”イングランドサポの愚行⇔日本サポのゴミ拾い 

sub-buzz-18900-1466066934-7
1 2018/07/09(月) 23:06:56.91 _USER9
イングランドの4強進出に歓喜、一部サポーターが「IKEA」で愚行を犯す
 
イングランド代表はロシア・ワールドカップ(W杯)準々決勝でスウェーデンを2-0で破り、1990年イタリア大会以来28年ぶりのベスト4進出を果たした。
この勝利を受けて、イングランドのサポーターは大喜び。スウェーデン発祥の世界的インテリアショップで家具を破壊するなどの愚行を犯し、「日本とは大違いだ」という非難の声が世界中で巻き起こっている。

「イングランド代表のファンがIKEAの店舗に侵入。スウェーデン戦勝利後に家具の上でジャンプを繰り返す」と報じたのは、英紙「デイリー・ミラー」だった。

 ソーシャルメディア上で拡散された動画は、まさに「恥」と言えるものだった。ロンドン市内にあるスウェーデン発祥の有名インテリアブランド「IKEA」のショップで、
イングランド代表ユニフォームを着たファンが大騒ぎ。イングランド代表の応援歌として有名な英ユニット「ライトニング・シーズ」の名曲「スリーライオン 98」を大合唱しながら、
展示されているベッドの上で何度もジャンプ。クッションを破壊するなどの暴挙に出た。

IKEAの広報担当も事態を把握していると声明を発表していたが、この蛮行を伝えた同紙公式ツイッターには世界中から非難の声が殺到している。

「なぜ、完全な愚か者のためにいつも落胆させられなければいけないのか」
「恥な振る舞いだ」
「国家に対する本当の恥だ」
「やめさせてくれ」
「動物の所業だ」
「いつも通りのイングランドファン。恥ずかしいよ」

日本人サポーターの“ゴミ拾い”と比較
 
英国内でも巻き起こる怒りの声のなか、「一流の振る舞い」と各国メディアで評価された日本人サポーターと比較する声も出た。

「日本のファンは試合後にスタンドを綺麗にしていった。イングランドファンはスーパーを破壊する。文化の違いか」
「傷心の敗退後のサムライブルーのリアクションとは天地の差。悲しいよ」

試合後にスタジアムでゴミ拾いを展開した日本代表サポーターは、「一流」「品格」と各国メディアに称賛された。

そして、セネガルサポーターやウルグアイサポーターにもスタンドの後片付けの輪が広がるほどだったが、
フーリガンの問題の根強い一部の英国サポーターの蛮行により、日本サポーターの美徳が際立つ格好となった。


7/9(月) 22:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180709-00120564-soccermzw-socc

【悲報】スウェーデン発祥『IKEA』ロンドン店、イングランドサポから“襲撃”される!! 

1 2018/07/09(月) 11:16:54.96 _USER9
IKEA イングランドサポから“襲撃”も神対応で宣伝忘れず
7/9(月) 6:00配信
スポニチアネックス

スウェーデン戦で盛り上がるイングランド代表サポーター(AP)
no title


◇ロシアW杯準々決勝 スウェーデン0―2イングランド(2018年7月7日 サマラ)

スウェーデン発祥の家具量販店「IKEA」のロンドン店がイングランドサポーターに“襲撃”された。


4強入りに興奮したサポーターが乱入し、大声で歌ったり、ベッドの上で跳びはねるなど大騒ぎ。
しかし、IKEA広報は「我々も試合を観戦していました。イングランド代表、おめでとうございます」と問題視せず、
「勝利を祝して店内でフィッシュ&チップスを1ポンド(約147円)で提供します」と宣伝するなど商魂たくましかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000010-spnannex-socc

イングランドサポーターが『バカ騒ぎ』4強入りにお祭り状態!! 

キャプチャ
1 2018/07/08(日) 20:05:36.48 _USER9
4強入りのイングランドはお祭り状態、ビール飛び交いファンは裸に
2018年7月8日 16:33 発信地:ロンドン/英国 AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3181647?pid=20328654

サッカーイングランド代表がW杯ロシア大会で準決勝に進出した試合後、歓喜のあまり救急車の上で暴れる英ロンドンのファン(2018年7月7日撮影)。
no title


サッカーイングランド代表がW杯ロシア大会で準決勝に進出し、英ロンドンで興奮のあまり電柱に上るファン(2018年7月7日撮影)。
no title


【7月8日 AFP】サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)に出場しているイングランドが28年ぶりに準決勝進出を決めたことで、同地域のファンたちが歓喜に沸いている。

ロンドンにあるフラット・アイアン・スクエア(Flat Iron Square)には巨大ディスプレーでの試合観戦を目的に650人が押し寄せ、イングランドがスウェーデンに2-0で勝利すると、
ビールを浴びながら「Football's coming home(フットボールが母国に帰ってくる)」というチャントとともにパーティーが始まった。

22歳の息子に「こんなことはおまえの人生で二度と経験できないぞ。まあ俺もだけどな」と話したというケンブリッジ(Cambridge)出身の50歳のファンは、
「われわれは本当に勝った。これこそ、まさにこの国が必要としていたものだよ。絶対に世界王者になれると信じている。50年間心に描いてきたけれど、われわれはずっと下を向いていた。いよいよだ!」と語った。

W杯の舞台でイングランドが最後に準決勝に進んだのは1990年であり、現在の代表メンバーのうち16人は当時生まれてさえいなかった。

フラット・アイアン・スクエアでは、多くの人がイングランドの国旗を手に持ち、頬にはペイントを施していた。またレプリカのユニホームを着ていた男性が数多くいた一方で、気温30度という灼熱(しゃくねつ)の中、服を脱いだ人も非常に多かった。(c)AFP

【圧倒】イングランド、堅守誇るあのスウェーデンに完封勝利!! 

GettyImages-993326034
1 2018/07/08(日) 01:20:55.27 _USER9
7/8(日) 0:51配信
イングランド、7大会ぶりのベスト4! 堅守誇るスウェーデンに完封勝利

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・準々決勝が7日に行われ、スウェーデン代表とイングランド代表が対戦した。

 スウェーデンはミカエル・ルスティグが累積警告のため出場停止。代わってエミル・クラフスが右サイドバックに入る。イングランドは決勝トーナメント1回戦コロンビア戦と同じ11名。通算6ゴールで得点ランキングトップのハリー・ケインと10番のラヒーム・スターリングが2トップを形成する。

 30分、アシュリー・ヤングのCKをハリー・マグワイアが打点の高いヘディングで合わせ、イングランドが先制する。マグワイアはこれが代表初ゴールとなった。前半はイングランドの1点リードで折り返す。

 後半に入り59分、右サイドのキーラン・トリッピアーのリターンパスを受けたジェシー・リンガードがクロス。デレ・アリが頭で決めて追加点を奪う。追いかけるスウェーデンは攻撃的な選手を投入し圧力をかけるも、GKジョーダン・ピックフォードが再三にわたって好セーブを見せた。


【スコア】
スウェーデン代表 0-2 イングランド代表

【得点者】
0-1 30分 ハリー・マグワイア(イングランド)
0-2 59分 デレ・アリ(イングランド)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00790585-soccerk-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索