Samurai Goal

イラン


スポンサード リンク





本田圭佑「日本人の中で誰がこの喧嘩を仲裁できるのか。 それか中国かロシアを頼るのか。。。」イラン米国情勢 

no title




1: 豆次郎 ★ 2020/01/09(木) 00:12:00.92 ID:t75yTRSd9
KeisukeHonda(本田圭佑)
@kskgroup2017


日本人の中で誰がこの喧嘩を仲裁できるのか。 それか中国かロシアを頼るのか。。。

イラン 攻撃で米側80人が死亡
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6347612


午後5:48 · 2020年1月8日·Twitter for iPhone


https://twitter.com/kskgroup2017/status/1214831249660891136?s=21
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1578473730/
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

<本田圭佑>アメリカ・イラクの対立激化に「戦争始まるね。。」 

1: Egg ★ 2020/01/08(水) 22:35:18.10 ID:C6ijZum99
サッカー元日本代表の本田圭佑が、8日に自身のツイッターを更新。7日(日本時間8日)に発生したイランの米軍基地攻撃について言及した。

 アメリカは3日(同4日)、イラクの首都・バグダッドで空爆を行い、イラン革命軍防衛隊「コッズ部隊」のガセム・ソレイマニ司令官を殺害。これに対する報復措置として、イランは7日(同8日)にイラク国内の米軍基地をミサイルで攻撃し数十人以上が犠牲になるなど、両国の対立は激化の一途をたどっている。

 本田はイランの攻撃を伝える米メディア『CNN』の記事を引用リツイートした上で、「これでまたアメリカが黙ってないやろうから、戦争始まるね。。。」とツイート。イランのミサイル攻撃に対するアメリカのさらなる報復、及び両国間の開戦を危惧した。

 この本田のツイートを受け、返信欄には「本当に不安です、大丈夫かな…」、「もう話し合いでは解決できないんですかね?」、「戦争になるのだけは本当に避けてほしいです」といった声が寄せられている。

 同時に、「アメリカと同盟国の日本も他人事じゃないですよ」、「もし開戦したら自衛隊も戦地に行かなきゃいけないんですかね…」、「事態によっては東京オリンピックも中止になりそうですね」と、日本への影響を心配するコメントも複数見受けられている。

 本田は5日にも自身のツイッターで、ドナルド・トランプ米大統領が「米国が攻撃された場合はイランの52カ所を標的にする」と表明したことを伝える『CNN』の記事を引用リツイートすると共に、「A war is never justified.(戦争は決して正当化されない) #この流れはあかん」と戦争反対を訴えている。

 本田を含め、多くの人々が懸念している両国間の大規模衝突・開戦。イランのミサイル攻撃を受け、トランプ米大統領は一両日中にも会見を開くと伝えられているが、前述の警告を理由にさらなる報復に打って出るのではという見方も強まっている。

文 / 柴田雅人

2020年1月8日 19時55分
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17636653/

写真no title

鈴木優磨、ベルギーから半年でイランへ移籍も!? 好条件オファー届くと報道 

20200101-00355949-footballc-000-1-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/01(水) 15:32:20.85 ID:oelpX+/o9
ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)に所属するFW鈴木優磨に、イランへの移籍の可能性があるという噂が浮上している。

イランメディアが報じたとして『フートバルクラント』などベルギー複数メディアが伝えたところによれば、
イラン1部のクラブであるトラクター・サジが鈴木の獲得に動いているという。

鈴木の現在の市場価値が220万ユーロ(約2億6700万円)だとされるのに対し、トラクター・サジは移籍金500万ユーロ(約6億700万円)を準備しており、
金銭面ではSTVVにとって魅力的な取引になるとの見方が伝えられている。
また、鈴木本人の報酬額も現在よりアップすると見込まれるとのことだ。

鈴木は鹿島アントラーズから今季STVVへ完全移籍。徐々に調子を上げてレギュラーポジションを確保し、
これまでベルギーリーグで16試合に出場して5得点を挙げている。STVVとの契約はあと3年間残している。

トラクター・サジは過去7年間でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に5回出場するなどイランの有力クラブ。
昨季はリーグ5位でACL出場権を逃したが、今季は現在3位に位置している。
現在のチームには過去にスペイン2部のエルクレスなどでプレーしたMF杉田祐希也、元浦和レッズのブラジル人FWマゾーラ、
イラン代表のMFマスード・ショジャエイ、アシュカン・デジャガなどが所属している。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200101-00355949-footballc-socc
1/1(水) 12:52配信

最新のFIFAランキング、日本がイランを抜いてアジア最上位に!ベルギーは首位をキープ  

20191127-00000032-tospoweb-000-1-view[1]




1: ぜかきゆ ★ 2019/11/28(木) 18:48:17.12 ID:/vYerhM+9
 国際サッカー連盟(FIFA)は28日、最新のFIFAランクを発表した。日本は10月のランキングから変わらず28位だったものの、イランが33位に後退したため、日本がアジア最上位となった。日本がアジア最上位となるのは、2014年11月以来5年ぶりである。

 日本は11月14日に行われたカタールワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦で2-0と勝利したが、続く19日のベネズエラ戦では1-4の敗戦を喫した。だが、ランキングは変わらず28位のままとなった。アジア勢ではイランが前回から6ランク下がり33位、41位に韓国、42位にオーストラリアと続く。

 また、1位は前回と変わらずベルギー。5位までに順位の変動はなく、前回7位のクロアチアと同6位のポルトガルが順位を入れ替えた。

 FIFAランキングのトップ20、およびアジア上位5ヶ国は以下のとおり。

1. ベルギー
2. フランス
3. ブラジル
4. イングランド
5. ウルグアイ
6. クロアチア
7. ポルトガル
8. スペイン
9. アルゼンチン
10. コロンビア
11. メキシコ
12. スイス 
13. イタリア
14. オランダ
15. ドイツ
16. デンマーク
17. チリ
17. スウェーデン
19. ポーランド
20. セネガル
▼アジア上位5ヶ国
28. 日本
33. イラン
41. 韓国
42. オーストラリア
55. カタール

フットボールチャンネル編集部 11/28(木) 18:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-00350383-footballc-socc

W杯予選で大苦戦のイランに衝撃! 給与を一度も払わずにヴィルモッツ監督を解任か 

20191127-00067167-sdigestw-000-6-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/27(水) 16:01:52.55 ID:lYjEbBdw9
ケイロス時代にも同様の問題が
 幾度となく日本代表の脅威となってきたイラン代表が苦境に立たされている。

 現在、行なわれているカタール・ワールドカップのアジア2次予選のグループCで勝点6のイランは、1試合未消化ながらイラク(勝点11)とバーレーン(勝点9)の後塵を拝して3位と苦しんでいる。

 まだ4試合も残されているとはいえ、これ以上の取りこぼしは許されないなかで、由々しき問題が発生している。

 ベルギー・メディア『Sudinfo』は、今年5月に就任したベルギー人のマーク・ヴィルモッツ監督に対して、およそ5か月半の間、イラン・サッカー連盟(FFIRI)が一度も給与が支払っていないという契約違反が続いていると報じた。

 同メディアは、イランの共同通信『IRNA』が、「現地時間11月25日にFFIRIが、予選敗退も現実味を帯びてきた現状から2022年までの契約を締結しているヴィルモッツを双方の合意の下に解任する方針を固めた」と報じたとし、「両者の間に生じた亀裂の原因は、給与を支払っていないイラン側に問題がある」と言及した。

 イラン・メディアやファンから厳しいバッシングを受けているヴィルモッツも、自身のツイッターで、次のようにつぶやいている。

「真実は、イランが犯した重大な契約違反のために、スタッフと私にとって耐え難い状況が作り出されたことだ。この問題に対しては私の弁護士が取り組んでいて、これ以上のコメントはしたくない」

 ヴィルモッツの前任者であるカルロス・ケイロス(現コロンビア代表監督)にも、給料未払いで、国際サッカー連盟(FIFA)に提訴されていたイラン代表。今回の騒動が大事になれば、チームへの影響は計り知れない。

 なお、『Tehran Times』をはじめとする複数の地元メディアによれば、すでに正式解任が時間の問題となっているヴィルモッツの後任には、かつてイラン代表を率いた経験のあるクロアチア人のブランコ・イバンコビッチが指名される可能性が高いと報じられている。

 この身から出た錆によって、イランは2010年の南アフリカ大会以来となるワールドカップ予選敗退を喫してしまうのか――。ペルシャの雄が揺れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00067167-sdigestw-socc

<イラン>W杯アジア2次予選“敗退危機”イラクに敗れ前半戦C組3位と苦戦...暴力行為で退場の主将「恥じている  

1: Egg ★ 2019/11/16(土) 10:31:11.76 ID:2CfGH6XC9
主将ショジャエイが退場し終了間際の失点で1-2敗戦 “アジア最上位国”がC組3位と苦戦

写真
no title


カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選は、各チームが8試合中4試合を戦い終えた。森保一監督率いる日本代表は4連勝でF組1位を快走し最終予選進出に向けて大きなアドバンテージを得るなか、他グループは韓国、中国、UAEなどが簡単に勝ち点を稼げず混戦状態になっている。それ以上に2次予選敗退危機にあるのが、最新のFIFAランキングで27位とアジア最上位のはずのイランだ。

 イランは現地時間14日に行われた同予選のイラク戦(中立地ヨルダン開催)に臨み、1-2で敗れた。若年層の進境が著しいイラク相手とはいえ、FWサルダル・アズムンやGKアリレザ・ベイランバンドらお馴染みのメンバーを招集し、必勝を期したはずだった。

 しかし前半11分に先制点を許すと、同25分に追いついたものの1-1のまま時間が過ぎていく。そして後半36分、主将のMFマスード・ショジャエイが暴力的行為で2枚目の警告を受けて退場に。1人少なくなったイランは後半アディショナルタイムに痛恨の失点を喫し、勝ち点1すら確保することができなかった。

 イラン紙「テヘラン・タイムズ」によると、愚行を犯してしまったショジャエイは「ファンをガッカリさせてしまったことを謝りたい。チームのために全力を尽くしたし、僕は皆さんを幸せにしようと思っている。勝利がイランの人々にどれだけ重要かを知っている。何も言うことはない。僕は自分がしてしまったことを恥じている」と悔やんだという。

 この敗戦によって、イランはC組で勝ち点6の3位。首位イラクは勝ち点4差で、もう一度ある直接対決だけではひっくり返せない差となった。また2位バーレーンにも勝ち点差「2」上回られているだけに、残り4試合はまさに必勝態勢で臨まなければならない状況となった。2010年南アフリカW杯以来となる予選敗退が、あまりにも早いタイミングで訪れてしまうのか。アジア2次予選の後半で、イランの底力が問われている。

11/16(土) 10:05 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00229392-soccermzw-socc

ゲキサカ 結果順位表
https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?281500-281500-fl

W杯アジア予選 イラン2連敗で3位 西野タイ逆転負け2位転落  

20191115-11150059-nksports-000-3-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/15(金) 11:22:07.01 ID:DUhJg0AA9
<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選>◇各組◇14日◇ドバイほか

A組はシリアが首位争いの相手中国にホームで2-1で競り勝ち4連勝。2位中国との差を5に広げた。

B組はオーストラリアがヨルダンをアウェーで1-0で下し4連勝。クウェートは台湾に9-0で大勝し、ヨルダンと勝ち点7で並んだ。

C組はFIFAランク27位のイランが同74位のイラクに1-2で敗れた。1-1で前半を折り返し、終盤に退場者を出して数的不利となり試合終了間際にオウンゴールで決勝点を奪われた。勝ち点を10に伸ばしたイラクが首位。香港とアウェーで0-0で引き分けたバーレーンが勝ち点8で2位。勝ち点6のイランは2連敗で3位。

D組はサウジアラビアがアウェーでウズベキスタンに3-2で逆転勝ちし、勝ち点を8として首位に浮上した。ウズベキスタンは2差の2位に後退。

E組はオマーンがホームでバングラデシュを4-1で破り、勝ち点を9として試合のなかったカタールに1差に迫った。

F組は首位の日本がアウェーで2位キルギスを2-0で下し4連勝とし、差を6に広げた。ミャンマーが4-3でタジキスタンを破り、初勝利を挙げた。

G組は西野朗監督率いるタイがアウェーでマレーシアに1-2で逆転負けし、勝ち点7のままで2位に転落した。UAEをアウェーで1-0で破ったベトナムが勝ち点を10として首位浮上。

H組は韓国がアウェーでレバノンと0-0で引き分け首位を守った。北朝鮮はアウェーでトルクメニスタンに1-3で敗れ、3位に後退した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191115-11150059-nksports-socc

アジア最上位のイランが痛恨の敗戦。0-1でバーレーン代表に敗れ3位転落  

20191016-00343095-footballc-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/10/16(水) 11:39:37.10 ID:VDrkuMJl9
 カタールワールドカップ・アジア2次予選第3節、バーレーン代表対イラン代表の試合が現地時間15日に行われた。イランは0-1の敗戦を喫している。

 イランはFIFAランキング23位でアジア最上位だ。第1節で香港代表を2-0で下すと、第2節ではカンボジア代表を相手に14-0の歴史的大勝。2連勝でバーレーン戦を迎えたが、バーレーンのモハメド・アル=ハーダンに決勝点を決められて0-1の敗戦を喫した。

 この結果、イランは3位に転落。勝ち点を7に積み上げたバーレーンが2位に浮上し、カンボジアを4-0で下したイラク代表が首位につけている。イランは次節、現地時間11月15日にイラクと対戦する予定だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191016-00343095-footballc-socc

本田カンボジア14失点…アジア最強イランに大敗  

20191011-10110012-nksports-000-4-view[1]




1: ゴアマガラ ★ 2019/10/11(金) 00:32:53.20 ID:UxauLZRG9
<ワールドカップ(W杯)アジア2次予選:イラン14-0カンボジア>◇C組◇10日◇イラン・テヘラン

本田圭佑(33)が実質的な監督を務めるFIFAランク169位カンボジアは、アウェーで同ランクでアジア最上位となる23位のイランと対戦し、
0-14と大敗し、W杯アジア2次予選3試合を終えて1分け2敗となった。

水色のパンツに紺のジャケットを着こなした本田はピッチサイドで指揮を執ったが、前半だけで7失点を喫した。後半にも7点を献上。
終わってみればFWアズムン(3得点)とFWアンサリファルド(4得点)の2人にハットトリックを許すなど、計14失点を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-10110012-nksports-socc

東京五輪予選で“死の組”…韓国紙「日本が4位以内に入らなければ…」 

20190926-43472068-gekisaka-000-5-view[1]


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索