Samurai Goal

イブラヒモビッチ


スポンサード リンク





「俺はマスコットになるために来たんじゃない」イブラヒモビッチがミラン入団会見でズラタン節連発! 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/04(土) 21:15:35.83 ID:jcASB0Xc9
アマチュアクラブから早速ゴールも!

38歳でのセリエA再挑戦でも、ズラタン・イブラヒモビッチの自信に変わりはない。

7年半ぶりにミランに復帰したイブラヒモビッチが1月3日、入団会見に臨んだ。ミラニスタを熱狂させているスウェーデンの“王”は、そのビッグマウスも健在だった。

イタリア紙『Gazzetta dello Sport』によると、イブラヒモビッチは「アドレナリンを欲していた。ミランを断ることなどできない。自分が好きなクラブだ。2012年に自分は退団を望んでいなかった」と話している。

「1年前にレオナルド(当時のディレクター)から誘われたが、まだイタリアに戻って違いをつくる用意ができていないと感じた。今はこれまでにないほど生き生きしていると感じている」

そう心境を語った百戦錬磨のストライカーは、こう續けた。

「1試合ずつ考えていこう。自分はチームを助け、チームを良くするためにここに来た。これは100メートル走ではなくマラソンなんだ。それがチームとしての目標さ」
 
「個人的な目標は、ピッチで楽しむことだ。芝のにおいを感じ、スタジアムのプレッシャーを感じたい。ブーイングされても、アドレナリンが増すだけさ。そして最後には拍手をすることになる」

もちろん、38歳となった今は、前回ミランでプレーした時とは違う。本人も、「28歳の頃みたいにプレーできないことは完璧に分かっている」としながらも、こう語気を強めた。

「でも、賢い選手というのはマネジメントできるものだ。走るのを減らして、40メートルからのシュートを増やすこともできる」

これまで、ミランのレジェンドがクラブに復帰して失敗に終わったケースも少なくない。だが、「自分がやることへの情熱を失っていない。準備はできている」と意気込んだ。

「この数カ月、かなりトレーニングしてきたんだ。ボールには触っていないけど、それは問題の最後でしかない。俺はマスコットになるためにここに来たんじゃない」

ロサンゼルス・ギャラクシーを退団してから時間が経っていることもあり、コンディション調整に時間がかかるとの見方も少なくなかったイブラヒモビッチ。だが、3日のアマチュアクラブとのミニゲームでは、さっそく先発出場で1得点・1アシストを記録した。

6日のサンプドリアとの新年初戦で、イブラヒモビッチが再デビューするのか。注目が集まっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00068493-sdigestw-socc
1/4(土) 18:07配信

no title

no title

イブラヒモビッチ、ミラン加入が正式決定。38歳で古巣復帰 

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/28(土) 08:13:41.40 ID:f5rzdqbI9
ミランは現地時間27日、元スウェーデン代表のFWズラタン・イブラヒモビッチが加入することを正式に発表した。

ロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となった38歳のイブラヒモビッチは、今冬のヨーロッパ復帰が早くから話題になっていた。
そんな中、今季深刻な得点力不足に苦しむミランが関心を示して獲得に動き、イタリア復帰が決まっている。

イブラヒモビッチは2010年から2012年にかけてミランでプレー。公式戦85試合に出場して56得点を挙げている。

同選手はクラブからの発表の中で、「リスペクトするクラブに戻ってきた。ミラノは愛する街だ。
チームメートとともに、今シーズンの流れを変えていくために戦っていく」とコメントした。

イブラヒモビッチとミランの契約は今季いっぱいで、1年の契約延長オプションが付く。
年俸は公表されていないが、今季終了までに300万ユーロ(約4億2000万円)が支払われると現地では報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191228-00355481-footballc-socc
12/28(土) 3:32配信

no title

イブラヒモビッチが古巣ACミラン復帰に合意か 伊メディア報道 

1: ばーど ★ 2019/12/27(金) 10:04:26.52 ID:mqtolUYT9
【AFP=時事】イタリアの複数メディアは26日、サッカー元スウェーデン代表のスター選手ズラタン・イブラヒモビッチ(Zlatan Ibrahimovic)が、イタリア・セリエAのACミラン(AC Milan)と6か月間の契約に合意したと報じた。

 伊紙ガゼッタ・デロ・スポルト(Gazzetta dello Sport)や同国スカイ・スポーツ(Sky Sport Italia)によると、イブラヒモビッチは欧州の元強豪クラブであるミランからのオファーを受け入れ、古巣復帰に向けて2日以内に6か月総額300万ユーロ(約3億6000万円)の契約にサインするとみられている。契約内容には、得点数や出場試合数などに応じた、来季の契約更改オプションも含まれているという。

 米メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)でプレーしていた38歳のイブラヒモビッチは先月、同クラブがプレーオフで敗退したことを受けて退団を発表。ステファノ・ピオリ(Stefano Pioli)監督が率いるミランには、早ければミラネッロ(Milanello、ミランのトレーニング施設)で練習が再開される30日にも合流する見通しとなっている。

 ミランは、21日のアタランタ(Atalanta)戦で21年ぶりの大敗となる0-5での黒星を喫するなどリーグ11位に沈んでおり、現在はチームの立て直しを図っている。ウインターブレーク後の最初の試合は1月6日に行われるサンプドリア(Sampdoria)戦となっており、イブラヒモビッチにはチーム内にそのリーダーシップと勝利への士気をもたらすことが期待されている。

 ミランの元名MFで現在はクラブ幹部を務めるズボニミール・ボバン(Zvonimir Boban)氏は、アタランタ戦でのチームのプレーを「恥ずべきパフォーマンス」と糾弾し、「目を覚まして対処しなければならない。良いクリスマスは迎えられない」と述べた。

 イブラヒモビッチは2010年から2012年にかけ、ミランで2シーズンにわたりプレー。リーグ戦では61試合に出場して42得点を挙げており、クラブにとって最後となっているセリエA優勝にも貢献した。また、インテルで3度、ユベントスで2度のリーグ優勝を経験しているが、ユベントス時代の両タイトルは「カルチョポリ(Calciopoli)」と呼ばれる八百長スキャンダルにより剥奪されている。【翻訳編集】 AFPBB News

12/27(金) 9:55
AFP=時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000004-jij_afp-socc
no title

<イブラヒモビッチ>元同僚マテラッツィを“口撃”「殺人タックルを受けたから病院送りにしてやった!」  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 00:45:27.18 ID:2ZTQFpFn9
no title


インテル時代にチームメイトではあったが、ズラタン・イブラヒモビッチとマルコ・マテラッツィの関係は良好ではない。

【動画】イブラヒモビッチがマテラッツィに見舞った衝撃のテコンドーキックはこちら
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=67455

 去就が注目されるなか、イタリア誌『GQ』のインタビューに応じたイブラヒモビッチは、再びマテラッツィを“口撃”している。『Gazzetta dello Sport』紙によると、イブラヒモビッチは「ユベントス時代にアイツから殺人タックルを見舞われ、ケガをしたことがある」と述べた。

「彼は“ワルい”選手だった。それを示すやり方はふたつある。例えば、パオロ・マルディーニもずる賢い選手だったが、目的は別にあった。だが、マテラッツィは本当に相手をケガさせたがったんだ」

 インテルを離れ、バルセロナを経てから、ミランに移籍したイブラヒモビッチは、ミラノ・ダービーという大舞台でマテラッツィと対戦している。その際、イブラヒモビッチはマテラッツィに“テコンドーキック”を見舞った。

「病院送りにして、デヤン・スタンコビッチから『なんであんなことしたんだ?』と聞かれたんだ。『この瞬間を4年前から待っていたのさ』と答えたよ」

 これに対し、マテラッツィは自身のインスタグラムで反応。「『来た、見た、勝った』。とにかく、いつでも感謝している。お前がいなければオレたちは勝っていなかった」とコメントした。

 一見すると、マテラッツィの対応は大人だ。だが、投稿にはサミュエル・エトーのアカウントが含まれ、選ばれた写真はインテルがチャンピオンズ・リーグを制し、ハビエル・サネッティがトロフィーを掲げた瞬間のものだった。

 2009年夏にイブラヒモビッチがバルセロナに移籍した際、トレードのかたちでインテルに加わったのがエトーだ。そしてそのシーズン、インテルは欧州制覇を含む3冠をイタリア勢で初めて実現し、歴史の1ページを記した。イブラヒモビッチは、ビッグイヤーを獲得したことがない。

 『GQ』のインタビューで「再び勝たなければいけないクラブに行く」と、低迷する古巣ミランへの復帰を想起される発言を残したイブラヒモビッチ。

 彼のミラン加入が実現した場合、インテルOBのマテラッツィとのやり合いが、これまで以上に注目を集めそうだ。

12/6(金) 18:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191206-00067455-sdigestw-socc

<イブラヒモビッチ>銅像とスウェーデンにある自宅が放火される!「死ね、ジプシー」などの言葉が落書き...  

1: Egg ★ 2019/11/29(金) 09:47:22.03 ID:FRY04Oml9
元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの銅像と自宅の一つが放火された。

犯人はマルメFFの過激派サポーターであり、イブラヒモビッチがライバルクラブのハンマルビーIFの共同所有者になったことが原因とみられる。


ズラタンの約3メートルのブロンズ像は、マルメのスタジアムと、先月こけら落としとなった新スタジアムとの中間地に建てられている。

現地時間27日夜、この銅像に白いスプレーで「死ね、ジプシー」などの言葉が落書きされ、その後放火されたと現地メディアが伝えている。

ボスニアとクロアチアにルーツを持つイブラは、マルメで生を受け、この街で育った。
在住するアメリカ合衆国から約1ヶ月前にマルメに戻り、スウェーデンサッカー協会が寄贈したこの銅像のお披露目セレモニーに出席したばかりだった。

放火事件以降、24時間態勢でイブラ像を監視していると現地メディア『Aftonbladet』は報じている。

またイブラがストックホルムの中心地に所有する自宅の一つも火災の被害に遭った。
メインエントランスには腐ったニシンが投げ込まれ、スプレーで「ユダ」という文字が描かれていたという。

マルメのサポーターたちは27日、イブラのハンマルビーIFの共同所有者就任のニュースが発表された後、SNSなどを通じて批判の声を上げていた。

生まれ故郷のマルメへの愛を隠すことなく表すイブラだが、スウェーデンのクラブに復帰するかとの質問には何度も「NO」と答えている。

アヤックス、ACミラン、インテル、ユヴェントス、PSG、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブで輝かしいキャリアを築いた同選手は、数週間前にロサンゼルス・ギャラクシー退団を発表した。

11/29(金) 8:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191129-00010004-sportes-socc

写真
no title

イブラヒモビッチ「男子サッカーと女子サッカーを同列に語るなんて笑えない話だ」  

20190708_ibrahimovic_gi[1]




1: 風吹けば名無し 2019/07/09(火) 15:26:17.39 ID:eks/pfdOd
歯に衣着せぬ発言が毎度のように話題にされてしまうイブラヒモビッチは、スウェーデン紙『Expressen』のインタビューに応え、女子サッカーについて言及した。

「俺は欧州の舞台ではメッシやクリスティアーノ・ロナウドと比較されるが、国内ではひとりの女子選手と比較される。
もちろんロッタ・シェリンが成し遂げてきたことにはとても敬意を払っているし、スウェーデンの女子サッカーも素晴らしい結果を残してきた。
でも男子サッカーと女子サッカーを比べるなんてありえない。笑えない話だよ。彼女たちの個人的な偉業に対しては高級車じゃなく、俺のサイン入り自転車を与えれば十分だろ?」

この発言は、スウェーデンサッカー協会による同国のサッカーアワードにおいて、代表歴代最多キャップを更新したベテランMFアンデシュ・スベンソンが同協会から高級車を贈呈されたことに起因している。

同選手の長年にわたる功績を称えたスウェーデンサッカー協会だったが、一方でスベンソン以上の代表キャップ数を誇る女子代表選手テレーセ・ショーグランには何も贈呈しなかった。

これにより同協会は多方面から「女子差別だ」という批判を浴びることになった。

【大爆笑】イブラヒモビッチが「史上最高のベスト11」発表も… 自由過ぎる人選に大反響 

20190708-00066201-theanswer-000-2-view[1]

<イブラヒモビッチ>自らの振る舞いへの批判を名言で一蹴!「そんなもんはいつものことだ。俺の大好物」  

1: Egg ★ 2019/06/01(土) 00:00:43.29 ID:0CL/UtWw9
自らの蛮行に対する批判に“イブラ節”炸裂

no title


自らを「神」や「獅子王」と呼称する男が、またも“らしい”発言を炸裂させた。

 昨年3月にマンチェスター・ユナイテッドからロサンゼルス・ギャラクシーに電撃移籍したイブラヒモビッチ。そのデビューシーズンには、MLSの27試合で22ゴール・10アシストという圧倒的成績を残してリーグMVPを受賞するなど、健在ぶりを遺憾なく発揮。今シーズンも11試合で10ゴールと格の違いを見せつけている。

 しかし、強すぎるパーソナリティーを持つがゆえに、ピッチ上で相手選手と衝突することもしばしば……。とりわけ今シーズンは、その“暴君”ぶりが顕著に表われてしまっている。

 先月29日に行なわれたソルトレーク・シティ戦で、マークにつかれていた相手DFのネダム・オヌオハに向かって、「お前をやってやる。傷つけてやる!」と言い放ったことが物議を醸した。

 さらに今月11日に開催されたニューヨーク・シティ戦でも物議を醸す行動をしてしまう。自身のシュートのこぼれ球を拾って攻撃に転じようとした相手GKショーン・ジョンソンと衝突。背後からの不可抗力でぶつかっただけだったが、腹を立てたイブラヒモビッチは相手の喉元を掴んで、ねじ伏せてしまったのである。

 いずれも蛮行とも言える振る舞いだ。ニューヨーク・シティ戦での暴力行為には、MLSの懲戒委員会から2試合の出場停止と罰金処分が命じられた。
 
 その出場停止処分が明けのスポルティング・カンザスシティ戦で、1ゴール・1アシストを記録して勝利に貢献した元スウェーデン代表FWは、試合後の取材で、自身への「傲慢」との批判に“イブラ節”を展開した

「批判? そんなもんはいつものことだ。俺の大好物で、今日も朝食で食べたし、ランチでも口にした。さっきだって食べたよ。それくらいのプレッシャーがあるなかでプレーするのがたまらないんだ」

 20年に及ぶプロキャリアで、強靭なメンタリティーを構築してきた生けるレジェンドにとって、その程度の批判は取るに足らないことなのだろう。

5/31(金) 18:15配信サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00059391-sdigestw-socc

大谷翔平がサッカー選手だったら、イブラヒモビッチになれただろうか?GKなら成功? 

1: 2018/11/24(土) 06:34:19.74 _USER9
大谷翔平選手が帰国。記者会見を行う姿をテレビで眺めながら思った。もし野球ではなくてサッカーを選択していたら、どれほどの選手になっていただろうか。日本のズラタン・イブラヒモビッチになれただろうか、と。日本代表でプレーする姿を想像してみた。

 193センチ。盗塁も10記録している。身長も高ければ、足も速い。抜群の身体能力、運動能力の持ち主であることは言うまでもない。日本のサッカー界に決定的に不足している素材に見えてしまう。

 197センチのダルビッシュ有。191センチの田中将大。186センチの平野佳寿も羨ましく見える。本格派という感じではないが190センチの岩隈久志も、無い物ねだりをしたくなる選手と言えるが、野球にはなぜ彼らのような優秀な大型選手が多く存在するのか。サッカーには不足しているのか。

 サッカーと野球。運動能力の高い子供は概して野球を目指す。どちらがプロ選手として魅力的か。どちらの世界がお金を稼ぐことができるかを判断の基準にすれば断然、野球だ。プロ野球選手の平均年俸はJ1リーガーの倍を優に超える。プロ野球の方が金銭的に魅力的に見えるからーーとは従来からの通説だが、そうだろうか。

スポーツを始める時、プロとして大成するか全く分からない段階で、プロ選手としての金銭的な可能性を基準に進路を決断する子供はそういない。サッカー好きの少年が野球の道を選ぶ場合、それぞれの実態を知っている親の関与が不可欠になる。

 一番の理由は、野球には投手という特殊なポジションがあるからではないか。分かりやすい場所なので優秀な素材、規格外の素材が集まりやすい。

 エースでしかも4番を打ちそうな大物感漂う選手が集まりそうな場所。サッカーではセンターフォワード(CF)かもしれない。しかし、サッカーでCFがエースポジションかといえば微妙だ。最近、変わりつつあるとはいえ10番、トップ下、司令塔への憧憬は、依然として根強く残る。とすれば、求められる能力もまずはテクニック。長身でなくてもオッケーだ。身体能力も絶対的な要素にはならない。

 現在の日本代表で190センチ台の選手はGKのシュミット・ダニエル(197センチ)ただ一人。フィールドプレーヤーでは189センチの吉田麻也が一番の長身で、これに同じくセンターバック(CB)の富安健洋(188センチ)が続く。

長身選手を欲しているポジションは1にGK、2にCB。3番目にCFだ。守備的MFも、1人しか置かない布陣なら大型の方がいいが、絶対に必要とされているわけではない

つづく

11/24(土) 4:47
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/20181124-00105250/

イブラヒモビッチ、エジプト移籍説浮上!!その名も「ピラミッドFC」 

キャプチャ
ズラタン・イブラヒモビッチのアメリカでの時間は、すでにカウントダウンが始まっているかもしれない。

メキシコのメディアによれば、イブラヒモビッチが、MLS離れ、エジプトで新たなキャリアをスタートする可能性を報道している。

監督リカルド・ラ・ボルペが率いるピラミッドFCは、イブラヒモビッチ獲得を目論んでいる。

そして、チームのオーナーであるサウジアラビアの富豪トゥルキ・アル・シェイクがイブラヒモビッチ獲得を夢見ている。

〈続く〉

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180907-00010006-sportes-socc


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索