Samurai Goal

イニエスタ


スポンサード リンク





黄金ライン『ポドルスキ→イニエスタ』2試合連続見事ゴラッソ!! 

no title
1 2018/08/15(水) 19:32:38.39 _USER9
明治安田生命J1リーグは15日、第22節の9試合を開催。ノエビアスタジアム神戸ではヴィッセル神戸とサンフレッチェ広島が対戦した。

試合は15分、FWパトリックのゴールで広島が先制する。すると神戸は17分、中央のFWルーカス・ポドルスキからのパスを、アンドレス・イニエスタがペナルティエリア左で受ける、するとイニエスタは中央に向かってドリブルをして右足を振り抜く。

イニエスタのシュートはゴールネットを突き刺し、神戸は1-1に追いついた。

イニエスタは前節・ジュビロ磐田戦に続き、2試合連続でのゴールとなった。

8/15(水) 19:28配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180815-00010003-goal-socc no title
no title

中国クラブ“泣きっ面に蜂”「イニエスタを獲れずチームも低迷」 

1 2018/08/15(水) 11:30:29.63 _USER9
何でアンドレス・イニエスタは来てくれなかったんだろう。中国の重慶当代は今頃ショックを受けているかもしれない。イニエスタの移籍話が浮上した時、4月末の段階では中国の重慶当代が移籍先の筆頭候補ではないかと言われていたからだ。ところがイニエスタはヴィッセル神戸行きを選択し、日本のサッカーファンを毎試合興奮させている。

スペイン『MARCA』はイニエスタ獲得から撤退した重慶当代を特集しているが、重慶当代は現在かなり苦しんでいる。リーグ戦がスタートした3月あたりは順調にも思えたのだが、5月に入ったあたりから失速。今では16チーム中15位と下位に沈んでいるのだ。

同メディアは、「3か月前はサポーターの中にもイニエスタのような選手獲得の可能性があることからハッピーな雰囲気があったが、今ではダブルで失望を受けている。一方でイニエスタはすでにJリーグのヴィッセル神戸で輝きを放っている。イニエスタが神戸行きを決めてから、重慶当代は中国で最悪のチームになっている」とショックの大きさを伝えている。

イニエスタ1人でどうこうできる問題ではないが、重慶当代は直近6試合で4ポイントしか稼げていない。一方で神戸はイニエスタとルーカス・ポドルスキの優雅な共演を楽しみ、先日のジュビロ磐田戦ではイニエスタがスーパーゴールを決めたばかり。神戸サポーターは今でも夢なのか現実なのか分からなくなっていることだろう。イニエスタ獲得から両チームの明暗は完全に分かれている。

2018年8月14日 22時10分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15159350/

写真
no title

“イニエスタ&トーレス”からコレを学べ!!中西哲生が思いを語る! 

DE44BTjUQAARHRy
1 2018/08/14(火) 19:38:35.56 _USER9
W杯による中断が明けたJリーグには、スペイン代表のイニエスタがヴィッセル神戸に、そして元スペイン代表のトーレスがサガン鳥栖に加入しました。2人とも正真正銘の本物です。W杯優勝もヨーロッパ選手権優勝も経験し、イニエスタはW杯決勝で、トーレスはヨーロッパ選手権決勝でゴールを決めています。そういった試合で得点を決められるのは、我々が想像できない技術とメンタルを持っているからこそ。そこを何としても、吸収したいものです。

 思い返せば、僕も名古屋グランパスにいた1995、96年に、ベンゲル監督とストイコビッチから学んだことは、今日にも役立つものとして残っています。チームメートはプレーだけでなく、立ち居振る舞い、言動の一挙手一投足を学び取ってほしい。

 それは対戦相手も同じです。2人とも攻撃の選手なので、特に守備の選手には2人を封じ込めるにはどうしたらいいか、対戦してわかることはたくさんあり、W杯優勝に向けたヒントが詰まっていると言えるでしょう。練習で対峙(たいじ)する味方のDFたちも、練習でそれを体験することで、自分たちの進化につながります。

 実際、僕もストイコビッチから多くを学びました。例えば、切り返しのキックフェイント。右足で切り返しをする時、右側に全体重をかけることなく、左半身に体重を残して切り返しをしていました。DFとすれば、それに対応するため、自分の左側に全体重をかけることなく、右半身に体重を残す必要性を学び、守備の技術が格段に上がりました。

 11日に、イニエスタはポドルスキーからパスを受け、Jリーグ初ゴールを挙げました。やはりわずかな体重移動で自分の優位な場所にボールを置き、まったく無駄のない動きで、ペナルティーエリアの前でDFを、そしてゴール前でGKを、スムーズにはずしていました。

 DFをはずしたところは、ボールを止めながらの反転。ポドルスキーから来たボールは浮いていて速く、難しいパスだったのですが、軸足を地面につけずに浮かせ、ボールのスピードを吸収しながら反転していました。GKをはずした時も、まず右足アウトサイドでボールを押しだし、キックフェイントというほどではなく、右足でワンステップ踏んでシュートタイミングをずらしてからシュートを打ちました。一連の動きに力みが全くなく、スムーズな動作でした。

 トラップでは、トーレスもFWとしてボールを収める技術をJリーグに来てから何度も見せています。軸足を地面から浮かす、もしくは軸足のかかとを少し上げることで、ボールの力を吸収してトラップ。ボールを収めた後のプレーも、後ろ向きに球を受けることをまったく苦にせず、プレッシャーが厳しい時はいったん腰を落として相手DFにボールを触らせない状況をつくります。そこから体を左右に振ってかわす。また前を向いた時には、味方の選手と自分をマークしている相手を同一視野にとらえる。ゴールに向かう姿勢も常にハイレベルです。まだゴールは生まれていませんが、その過程ではすでにすばらしいものを見せています。ストライカーの育成が急務な日本としては、トーレスのシュートバリエーションからも大いに学びたいところです。

 記者会見の時にトーレスは「ぜひ子どもたちにスタジアムに足を運んでほしい」と話してくれました。やはり映像と現場で見るスピードは全く違います。特に子どもたちは見たことをそのまま体現できる良さがあります。2人の動きをぜひ生で体感し、一挙手一投足を目を離さずに観察し、子供たちにはそのまま、自身の表現につなげてほしいと思います。

8/14(火) 17:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000079-asahi-spo

『イニエスタを探せ』大阪・道頓堀グリコ看板前に突如出没!! 

1 2018/08/13(月) 11:18:07.83 _USER9
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、11日のJ1第21節ジュビロ磐田で移籍後初ゴールをマークし、2-1の勝利に貢献した。華麗なターンから決めたその一撃は世界中から脚光を浴びたが、イニエスタは自身の公式インスタグラムを更新。美人妻と大阪を訪れた様子を伝え、道頓堀グリコサイン前で夫婦2ショットを投稿した。

【写真】大阪に出没! 神戸MFイニエスタ、美人妻と道頓堀グリコサイン前で“私服2ショット”公開
no title


 磐田戦の前半15分にスペインの名手が輝きを放つ。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが右サイドから中央に切り込み鋭いスルーパスを供給すると、裏に抜け出したイニエスタが巧みな反転トラップ。相手DF大井健太郎を転倒させるほどの鋭いターンを披露すると、最後は相手GKもかわしてボールをネットへと流し込み、移籍後初ゴールを挙げた。

 試合翌日、イニエスタは自身の公式インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される動画・写真)を更新。大阪の有名な道頓堀グリコサインの前で妻のアンナ・オルティスさんと撮影した写真をアップ。イニエスタは右腕を回してピースサインとともに笑顔を浮かべている。さらに日本の国旗アイコンとともに「Osaka time」と記し、満喫の様子を伺わせた。

 昨季限りで長年在籍したスペインの名門バルセロナを離れ、日本でのチャレンジを決断したイニエスタ。34歳となってもなお色褪せないスキルを披露し、ピッチ内で圧倒的な存在感を放つ名手は、ピッチ外でも充実の時間を過ごしているようだ。

2018.08.13 フットボールZONE
https://www.football-zone.net/archives/128004/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=128004_6

【画像】“まるで天使”イニエスタの子どもが可愛すぎると話題に! 

1 2018/08/13(月) 05:21:27.21 _USER9
名手を支える愛妻と“3つの宝”

ヴィッセル神戸とアンドレス・イニエスタに、強力なサポータートリオが登場だ。
 
8月12日、イニエスタの妻で元スポーツジャーナリストのアンナ・オルティスさんが自身のインスタグラムを更新。
「最高のサポーターたち!」との一文で映し出されたのは、イニエスタ家の3人の子どもたち。
長女のバレリアさん(7歳)、長男のパオロ・アンドレア君(3歳)、そして次女のシエナちゃん(1歳3か月)で
神戸のレプリカユニホームやTシャツを着込んで思い思いの表情を浮かべ、観る者の心を掴んで離さない。
コメント欄には日本語での投稿も多く見られ、「可愛すぎる!」「勝利の天使たちだね」「こちらまで幸せな気分になる」と大反響なのである。
 
アンナさんのインスタグラムはバルセロナ・サポーターのみならず、スペイン国内で有名で、一般の方にも関わらずフォロワーは32万4000人にのぼる。
飾らないストレートな表現で思いを綴り、夫と子どもたちとの日々の生活を惜しげもなく披露するなど、好評を博しているのだ。

つい先日、アンナさんは家族5人での新たな生活を神戸でスタートさせた。そこで書き込んだのがこんな一文である。
 
「アンドレスと私、そして3つの宝と一緒に、いまだかつて感じたことがない、冒険心に満ちた生活が始まったわ! 夢、ストレス、喜び、恐れ……
さまざまな感情が入り乱れているけど……どんなものも素晴らしい経験だと感じられるはずよ!」
 
まさに、名手を支える良妻賢母。こちらのインスタグラムでは、時折イニエスタが意外な素顔を見せているのでそちらも要チェックだ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00045555-sdigestw-socc
8/13(月) 5:09配信

no title

no title


https://www.youtube.com/watch?v=vxBdGqh5O_k


ヴィッセル神戸 アンドレス・イニエスタ チャント

イニエスタ『日本溶け込み作戦』が凄い!日本に理解ありすぎー!! 

1 2018/08/12(日) 18:43:21.96 _USER9
ヴィッセル神戸のスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が移籍後3戦目でJリーグ初ゴールを決めた。

ホーム・ジュビロ磐田戦の前半15分、初共演の元ドイツ代表MFルーカス・ポドルスキ(33)からパスを受けると、
鋭いターンでDFを置き去りにし、GKもかわして右足で先制ゴール。全得点に絡む活躍で2-1の勝利に貢献した。
スペイン代表(10年)とドイツ代表(14年)でワールドカップ優勝を経験した、英雄2人の年俸総額は推定約40億円。
異次元のプレーで神戸は4位に浮上した。

(中略)

今回は大事な家族を伴っての再来日。7月の来日時はホテル暮らし。
暇な時間はゲームセンターで時間を費やし気分転換したが、今は大きな支えが日本にいる。

住居はマンションに決めたが暫定的な措置という。
来日会見で「日本の文化を学びたい」と発言。日本庭園に興味があり、庭付き一戸建てが希望。

すべてにおいて日本に溶け込もうとする精神が、成功を招いた。

https://www.nikkansports.com/soccer/news/201808120000071.html


no title

韓国もイニエスタの活躍に反応!!『幻想的なゴールを炸裂させた』 

spo18081120010058-p1
 ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが、J1リーグ第21節のジュビロ磐田戦で、Jリーグ初ゴールを決め、2-1の勝利に貢献した。

 韓国メディアもイニエスタの来日初ゴールに称賛の嵐だ。

 スポーツ専門サイト「SPOTVニュース」は「イニエスタは幻想的なゴールを炸裂させた。 前半15分、ルーカス・ポドルスキのパスを受けたイニエスタは、感覚的なターンでディフェンダーを華麗にかわし、その後ゴールキーパーまで抜いて、無人のゴールにシュートを決めた」と伝えた。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180812-00127930-soccermzw-socc

『イニエスタに興味なし』張本節は今日も安定していた!! 

01d03583
 野球評論家・張本勲氏(78)が12日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演。

明治安田生命J1リーグ第21節の磐田戦で来日初ゴールを決めた神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)に「関心がない」とコメントした。

〈続く〉


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000052-sph-socc

イニエスタのコメントがファン泣かせ『ポドルスキと一緒に神戸を良くしていく』 

1 2018/08/11(土) 21:47:27.67 _USER9
11日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節で、ヴィッセル神戸とジュビロ磐田がノエビアスタジアム神戸で対戦。試合は2-1で神戸が勝利を収めた。

試合後、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタがフラッシュインタビューに応じた。

試合は15分、イニエスタのゴールで神戸が先制した。これがJリーグ初ゴールとなるが、イニエスタは「とても喜んでいます」と語り、次のように続けた。

「でも大事なのは今日勝ち取った勝ち点3。これで上位での戦いを続けられることを喜んでいます」

イニエスタのJ初得点をアシストしたのは、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキだった。ポドルスキと公式戦でともにプレーするのは初めてとなる。ポドルスキの印象を聞かれてイニエスタは「ものすごいプレーヤーだと思います。彼と一緒に、このクラブをより良いものにしていきたいです」と回答。

そして「ファンの皆さんも楽しんでいただけたと思うので、明日はしっかり休んで、次の試合に向けてまた準備をしていきたいと思います」と語り、「ファンの皆さんがゲームを楽しめたこと、そして勝利をプレゼントできたことを喜んでいます。このまま勝ち続けて上位に残ることを願っています」と続けた。

次節はホームに首位・サンフレッチェ広島を迎える。イニエスタも「次の試合は1位との試合なので、難しい試合にはなります」と、気を引き締める。しかし、こう続けた。

「僕たちの最高のプレーを見せることで、このホームスタジアムであれば、勝てるのではないかと思います」

そしてインタビューの最後に、日本語で「アリガトウゴザイマス」と語り、ファンの声援に応えた。

8/11(土) 21:35配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000025-goal-socc

写真
no title

長友佑都「もう笑いが出たわ」“イニエスタ&ポドルスキ”コンビに唖然!! 

キャプチャ

 サッカーのJ1神戸は11日、磐田戦で元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが待望のJ初ゴールを決めた。初共演となった元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキとのコンビネーションで奪った待望のゴール。日本代表DF長友佑都は「もう笑いがでたわ」と唖然のツイートを発信している。

 ついにこの時が訪れた。前半15分。右サイドから攻め込んだポドルスキの縦パスをイニエスタが受けると、キレキレの反転で相手DFを置き去りに。GKも華麗に交わし、ゴールネットを揺らしてみせた。Jファンが熱狂した一瞬。遠くトルコにいる日本代表DFも反応した。

 長友は「ポドルスキからイニエスタ。ポドルスキのパススピード、イニエスタのトラップ。もう笑いがでたわ。。」とツイートし、唖然とした様子が伝わってくる。それほどインパクトの強い一撃となった。


THE ANSWER編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180811-00033148-theanswer-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索