Samurai Goal

イニエスタ


スポンサード リンク





<イニエスタ>バルサ復帰説を否定!「日本でフットボールを続けたい」「日本に来てから成長した実感がある」 

1: 2020/04/09(木) 06:09:56.35
来日して3年目を迎えているサッカー界のレジェンド、MFアンドレス・イニエスタが2021シーズンまで結んでいるヴィッセル神戸との契約をまっとうする意思を明らかにした。
現地時間7日に発行されたスペイン最古のスポーツ紙『ムンド・ディポルティーボ』が、同国のラジオ局『オンダ・セロ』が電話で行ったイニエスタのインタビューを掲載。
古巣のFCバルセロナへ復帰する可能性を問われたイニエスタは、ヴィッセルへの深い愛着を理由にやんわりと否定している。

「ここでフットボールを続けたいし、今回の中断の影響でプレーできる期間は延びたと思う」

イニエスタが言及した「ここ」とは、言うまでもなくヴィッセルを指す。さらに新型コロナウイルス禍で2月下旬から公式戦の中断を余儀なくされている状況が、
天皇杯を制した元日まで昨シーズンを戦った代償として短くなったオフを、補ってあまりある充電期間になるとポジティブにとらえた。

イニエスタの去就をめぐっては、昨年末にアルゼンチンの名門エストゥディアンテスが獲得に乗り出すと、今年2月にはバルセロナが期限付き移籍での復帰を画策したと、ともに母国の一部メディアで報じられた。
バルセロナへの復帰が問われたのは、そうした経緯とも関係しているのだろう。

下部組織を含めて22年間も所属してきたバルセロナを、2017-18シーズンをもって退団。スペイン代表としての最後の舞台となったロシアワールドカップをはさみ、
2018年7月からヴィッセルでプレーする35歳のイニエスタは、自らの契約期間にも触れながらいま現在の心境をこう伝えている。
「契約は2021年まで結んでいる。早くボールと芝生の感触を味わいたい、という気持ちでいまはあふれている」

もっとも、在籍中に32個ものタイトルを獲得するなど、栄光の二文字に彩られてきたバルセロナでの日々とは異なり、ヴィッセルで待っていたのはJ1への残留争いだった。
2018シーズンに5連敗、昨シーズンの前半には7連敗の泥沼にあえぎ、成績不振に伴う監督交代も3度を数えた。

それでも、昨年6月に就任したドイツ人のトルステン・フィンク監督のもとで徐々に上向きに転じ、クラブ創設以来の悲願でもあったタイトルを獲得して昨シーズンを終えるまでの、
文字通りの波乱万丈に富んだ軌跡をイニエスタはこんな言葉で振り返ったことがある。

「自分はいままで(バルセロナで)勝者のプロジェクトに長く関わってきた。この(ヴィッセルでの)プロジェクトも、勝つためのものだと自分はとらえている。
日本という国に着いたときから、このプロジェクトにワクワクする思いを抱きながらプレーしてきた」

タイトルを義務づけられ、世界中から代表クラスが集結したバルセロナとは異なるアプローチに誰よりもイニエスタが魅せられ、今シーズン、そして来シーズンと挑戦を続けたいと望んでいることがこの言葉からも伝わってくる。
タイトルがもたらす付加価値を知らなかったヴィッセルを、常勝軍団へと生まれ変わらせる伝道師の役割にモチベーションを高ぶらせている、と表現すればいいだろうか。

もちろん、サッカーは一人では勝てない。自らと同じ時期に加入した古橋亨梧。昨春に山口蛍や西大伍、ダンクレー、セルジ・サンペール。昨夏には酒井高徳や飯倉大樹、そしてベルギー代表のトーマス・フェルマーレン。
新たな仲間が加わるたびに、イニエスタが放つ輝きも増してきた。

4/9(木) 5:00配信 THE ANSWERS
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-00010000-wordleafs-socc

写真
no title

イニエスタが神戸との契約を全うすることを改めて明言 

20200408-00372901-usoccer-000-1-view

<イニエスタ>SNSで日本語メッセージ!「今は注意を払い、責任を持った行動をする時」「体に気をつけて」 

1: 2020/04/03(金) 07:49:12.22
ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが2日、自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新。日本語でメッセージを送っている。

 新型コロナウイルスの猛威は世界中に広がり、現在日本でも日増しに感染者の数が伸びてしまっている。その影響はサッカー界にも及ぶ。感染していた日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は昨日退院に至ったものの、神戸のDF酒井高徳を始め、ザスパクサツ群馬のDF舩津徹也、セレッソ大阪のGK永石拓海が感染を発表している。

 イニエスタは自身のツイッター上を更新し、日本語でメッセージを投稿。「ご存知の通り、今回のCOVID-19を取り巻く状況は、全ての方々に影響を与えています。ヴィッセル神戸、そして、この素晴らしい『家族』を支えてくれている皆様も例外ではありません」と改めて注意喚起とエールを送った。

「キャプテンとして、この病気の影響を直接受けた選手、スタッフ、そして不眠不休でこの状況を改善すべく日々取り組む社員を全力で応援します」

「ファンの方々へ。あなたたちと共に喜び、愛するスポーツを楽しめる日が来ることを強く願っています。しかし今は注意を払い、責任を持った行動をする時です」

「体に気をつけて注意喚起に従って下さい。今こそ、これまで以上に一致団結しましょう!バモス ヴィッセル!!!」

4/3(金) 7:42配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-43479373-gekisaka-socc

写真
no title

バルサ史上最高選手は? ファン投票でメッシが2位、イニエスタは5位にランクイン 

20200404-43479407-gekisaka-000-6-view

<イニエスタ>SNSで日本語メッセージ!「今は注意を払い、責任を持った行動をする時」「体に気をつけて」 

20200403-43479373-gekisaka-000-1-view




1: 2020/04/03(金) 07:49:12.22
ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタが2日、自身のツイッター(@andresiniesta8)を更新。日本語でメッセージを送っている。

 新型コロナウイルスの猛威は世界中に広がり、現在日本でも日増しに感染者の数が伸びてしまっている。その影響はサッカー界にも及ぶ。感染していた日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は昨日退院に至ったものの、神戸のDF酒井高徳を始め、ザスパクサツ群馬のDF舩津徹也、セレッソ大阪のGK永石拓海が感染を発表している。

 イニエスタは自身のツイッター上を更新し、日本語でメッセージを投稿。「ご存知の通り、今回のCOVID-19を取り巻く状況は、全ての方々に影響を与えています。ヴィッセル神戸、そして、この素晴らしい『家族』を支えてくれている皆様も例外ではありません」と改めて注意喚起とエールを送った。

「キャプテンとして、この病気の影響を直接受けた選手、スタッフ、そして不眠不休でこの状況を改善すべく日々取り組む社員を全力で応援します」

「ファンの方々へ。あなたたちと共に喜び、愛するスポーツを楽しめる日が来ることを強く願っています。しかし今は注意を払い、責任を持った行動をする時です」

「体に気をつけて注意喚起に従って下さい。今こそ、これまで以上に一致団結しましょう!バモス ヴィッセル!!!」

4/3(金) 7:42配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200403-43479373-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200403-43479373-gekisaka-000-1-view.jpg

イニエスタ “異国ライフ”を絶賛!「スタジアムとファンも魅力的」と言及、40歳まで現役生活を希望 

1: 2020/03/05(木) 22:33:45.37
読者質問に持論展開、身長について「創意工夫次第」「不利だと思わなかった」
no title


J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは今季でJリーグ3年目を迎えているなか、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」ハンガリー語版の読者質問に答え、「日本人は素晴らしい」「相撲は未体験だが…」と自身の考えを語っている。

 英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」ハンガリー語版はイニエスタのインタビューを掲載。「トレーニングの終わりに、35歳のスペイン人選手が私たちのところにやって来て、読者のために質問に答え始めた」と記し、様々な問いをぶつけている。

「もっと高い身長を期待していましたか?」という質問に対して、170センチのイニエスタは「低いことは決して不利だとは思わなかったし、高さ2メートルの相手をつかむように頼まれたこともなかった」と回答。さらにバルセロナ時代に共闘したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの引き合いに出して、次のように続けている。

「自分の創意工夫次第だと感じていた。相手を凌駕するうえで身長を高くする必要はないと知っていたし、低いことが有益な場合もある。メッシは大きいですか? サッカーは地面で足を使って行われるもので、低ければ地面により近いと言えます」

 また「最終的に日本を選んだ最も重要な要素はなんでしょうか? 相撲は体験しましたか?」という問いに対しては、「当初は慣れていなかったが、それはいろいろ異なっているから」と言及。今では日本での生活にも慣れた様子で、さらに充実感を口にしている。

「スタジアムとファンも魅力的」と言及、40歳まで現役生活を希望「体が許せば…」

「日本人は素晴らしいし、私の家族もここで楽しい時間を過ごしている。私たちは落ち着いた良い生活を送っていて、今もサッカーに対する意欲は衰えていない。スタジアムとファンも魅力的。相撲は未体験ですが、ポドルスキが体験して勝っていた」

 昨季限りで神戸を退団し、トルコのアンタルヤスポルへ移籍した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの相撲挑戦に言及したイニエスタは、スタジアムやファン、日本人に対しての思いも語っている。

 現在、Jリーグは2月25日、中国・武漢を中心に猛威を振るう新型コロナウィルスの影響を受け、同月28日から3月15日に開催予定だったJ1・J2リーグ(第2~4節)、ならびにルヴァンカップ(グループステージ第2~3節)の計94試合開催が延期されている。

 イニエスタのプレーを見られない日々が続いているが、本人はまだまだ気力十分で、40歳を目標にプレーしたいと明かす。

「今のところ現役の選手であり、私の体が許せば40歳まで継続したいと思っている。引退後はコーチを目指している」

 元日の天皇杯決勝で鹿島アントラーズを2-0と撃破し、クラブ初タイトルを獲得した神戸。シーズン開幕を告げる2月8日の富士ゼロックス・スーパーカップでも昨季リーグ王者の横浜F・マリノスにPK戦で3-2と勝利し、同大会初出場で初優勝を飾った。着実に成長を遂げるチームの中心には、円熟味を増すイニエスタがいる。リーグ再開後、名手は妙技で再び人々を魅了するに違いない。

3/5(木) 7:30配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200305-00249792-soccermzw-socc

韓国メディア「イニエスタ、日本脱出?東京五輪組織委員、戦々恐々」と報道... 

1: 2020/02/29(土) 08:16:35.35
韓国ではアメリカ人プロバスケ選手が帰国 「外国人選手の恐怖感を端的に示す」

写真
no title



新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るうなか、今夏に東京五輪を控える日本の状況に各国が注目を寄せている。

韓国紙「中央日報」は、J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを引き合いに出しつつ、「日本を離れた場合、東京五輪への悪影響は想像できないほどだ」と警鐘を鳴らしている。

「イニエスタ、日本脱出? 東京五輪組織委員、戦々恐々」と報じたのは韓国紙「中央日報」だ。「新型コロナウイルス感染の恐れがスポーツ界に広がっている。特に北東アジア3カ国(韓国、中国、日本)のプロスポーツで活躍する外国人選手の間で不安が広がっている」と指摘。さらに感染者が増加する韓国ではスポーツ界に余波が生じており、すでに“実害”が出たという。

「韓国のプロバスケットボールの外国人選手で初めての離脱事例が出た。釜山KTのアメリカ人選手アレン・ダーラムが、新型コロナウイルスに対する不安を訴えてチームを退団し、27日にアメリカへ戻った。ダーラムのように韓国を離れたのは、外国人選手の恐怖感を端的に示すものだ」

 記事では「プロサッカーの雰囲気も似ている」と言及。韓国のサッカーチーム関係者は「最近、チーム内のブラジル人選手たちが『家族が心配だ』と言っている」と明かしている。一方、「日程を延期した日本のJリーグも“外国人選手離脱”を懸念している」と触れた。

 日本では2月28日から3月15日に開催予定だったJ1・J2リーグ(第2~4節)、ルヴァンカップ(グループステージ第2~3節)の計94試合の開催延期が決まった。そんななか、「日本国内の外国人選手の恐怖感も大きくなる雰囲気だ」と伝え、とりわけ世界的な知名度を誇るイニエスタの影響度は計り知れないと続ける。

「スターのイニエスタが新型コロナウイルスを理由に日本を離れた場合、東京五輪への悪影響は想像できないほどだ。そのため、日本政府と東京オリンピック組織委員会は戦々恐々している」

 現時点で収束の目途は立っておらず、世界中で新型コロナウイルス拡大の不安が広がっている。

2/29(土) 6:35
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200229-00248833-soccermzw-socc

イニエスタが日本脱出? 東京五輪組織委は戦々恐々
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200228-00000006-cnippou-kr

Jリーグ大混乱!コロナ禍でイニエスタら“日本脱出”も「(母国に)帰りたいと思っている外国人はいる」 

1: 2020/02/26(水) 20:33:33.72
ついに大混乱に陥った。Jリーグが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月15日までのJ1、J2、J3戦とルヴァンカップ1次リーグの計94試合の開催延期を決め、さらなる波紋が広がっている。
大規模な日程変更によりJクラブの経営をはじめ様々な影響が予想されており、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35=神戸)ら外国人選手の“日本脱出”も始まりそうだ。

Jリーグは臨時理事会を開き、3月15日までのJリーグ主催試合の延期を正式決定した。村井満チェアマン(60)は「(3月)18日から再開するべく十分な準備をして臨みたい」との見通しを示し、
延期が決定した94試合は東京五輪期間外の平日に組み込む方針だ。ただ、感染拡大の状況次第ではさらなる日程変更で五輪期間中に開催する可能性もある。

本紙が既報したように開催延期はクラブの経営に大打撃を与える。すでに倒産の危機がささやかれる中で、村井チェアマンは「純資産が非常に薄いクラブ、入場料収入など日銭をあてにしなければいけないクラブなどに関しては、
キャッシュポジション(現金比率)の確認を行っている。利益が明らかに損失する場合、大規模災害等の変更に伴う補填措置はルール化されている」と話し「Jリーグには安定開催基金で10億円ほど準備金がある」と、具体的な救済策にも言及した。

 今回、延期される試合が全て中止と仮定した場合、入場料収入だけで約30億円の損失となるが、代替日が集客の厳しい平日開催となれば大幅な収入減は避けられない。
告知ポスターなど各種変更に伴う費用も含めるとJクラブ全体で十数億円規模の損失に膨らむ可能性もあり、Jリーグに十分な補〓資金があるのかも不安視される。

 一方、クラブ側が最も懸念しているのは外国人選手の動向だ。あるJクラブ幹部は「(母国に)帰りたいと思っている外国人はいますよ。SARS(重症急性呼吸器症候群)とか震災のときもいたから。
特に家族から(帰国を)言われると、そう考える選手は増えていくでしょう」と指摘。感染拡大を危惧する助っ人が帰国を希望するケースが出てきそうだという。

 実際に2011年の東日本大震災でJリーグの公式戦が延期された際、余震におびえる外国人選手がJクラブを相次いで退団。今回も同様の事態が予想される。
FC東京のMFアルトゥールシルバ(24)はブラジルメディア「グローボ」に「誰が病気で、誰が菌をうつすのか分からない状況に脅かされている」と現状の不安を吐露。
「今のところ日本を出る必要はない」としつつも「さらに悪化するなら帰国も考えなければいけない」と語っている。

 別のJクラブ強化担当者は「選手自身は契約違反になるからクラブの許可なしに(母国に)帰れないけど、家族を戻した外国人もいる。ブラジル人は、まだ家族が来日していない選手が多いけど、この状態じゃ日本には来ないかも」。
こうなると、イニエスタら外国人選手の間でいつ“ドミノ帰国”が起きてもおかしくない。

 現在のJリーグで最大のスターであるイニエスタはアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でアシストをマークするなど絶好調。ドローとなった開幕戦(23日、横浜FC戦)でも、華麗なプレーでチームをけん引した。

 一方で家族思いでも知られ、妻や子供たちとUSJ(大阪府)や東大寺(奈良県)を訪れた写真をインスタグラムに投稿。昨年6月には第4子誕生に立ち会うため、一時帰国した。
家族とともに過ごす日本の環境がどう変化していくのかは当然、気になるところだろう。

 すでに中国リーグでは「ブラジル人ら外国人選手の離脱が始まっている」(Jクラブ強化担当)というだけに、Jリーグも未曽有の大騒動に発展しかねない状況だ。

2/26(水) 11:31配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000007-tospoweb-socc

写真
no title

<Jリーグ>コロナ禍でイニエスタら“日本脱出”も・・幹部「帰りたいと思っている外国人はいますよ」 

1: 2020/02/26(水) 20:33:33.72
ついに大混乱に陥った。Jリーグが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて3月15日までのJ1、J2、J3戦とルヴァンカップ1次リーグの計94試合の開催延期を決め、さらなる波紋が広がっている。
大規模な日程変更によりJクラブの経営をはじめ様々な影響が予想されており、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35=神戸)ら外国人選手の“日本脱出”も始まりそうだ。

Jリーグは臨時理事会を開き、3月15日までのJリーグ主催試合の延期を正式決定した。村井満チェアマン(60)は「(3月)18日から再開するべく十分な準備をして臨みたい」との見通しを示し、
延期が決定した94試合は東京五輪期間外の平日に組み込む方針だ。ただ、感染拡大の状況次第ではさらなる日程変更で五輪期間中に開催する可能性もある。

本紙が既報したように開催延期はクラブの経営に大打撃を与える。すでに倒産の危機がささやかれる中で、村井チェアマンは「純資産が非常に薄いクラブ、入場料収入など日銭をあてにしなければいけないクラブなどに関しては、
キャッシュポジション(現金比率)の確認を行っている。利益が明らかに損失する場合、大規模災害等の変更に伴う補填措置はルール化されている」と話し「Jリーグには安定開催基金で10億円ほど準備金がある」と、具体的な救済策にも言及した。

 今回、延期される試合が全て中止と仮定した場合、入場料収入だけで約30億円の損失となるが、代替日が集客の厳しい平日開催となれば大幅な収入減は避けられない。
告知ポスターなど各種変更に伴う費用も含めるとJクラブ全体で十数億円規模の損失に膨らむ可能性もあり、Jリーグに十分な補〓資金があるのかも不安視される。

 一方、クラブ側が最も懸念しているのは外国人選手の動向だ。あるJクラブ幹部は「(母国に)帰りたいと思っている外国人はいますよ。SARS(重症急性呼吸器症候群)とか震災のときもいたから。
特に家族から(帰国を)言われると、そう考える選手は増えていくでしょう」と指摘。感染拡大を危惧する助っ人が帰国を希望するケースが出てきそうだという。

 実際に2011年の東日本大震災でJリーグの公式戦が延期された際、余震におびえる外国人選手がJクラブを相次いで退団。今回も同様の事態が予想される。
FC東京のMFアルトゥールシルバ(24)はブラジルメディア「グローボ」に「誰が病気で、誰が菌をうつすのか分からない状況に脅かされている」と現状の不安を吐露。
「今のところ日本を出る必要はない」としつつも「さらに悪化するなら帰国も考えなければいけない」と語っている。

 別のJクラブ強化担当者は「選手自身は契約違反になるからクラブの許可なしに(母国に)帰れないけど、家族を戻した外国人もいる。ブラジル人は、まだ家族が来日していない選手が多いけど、この状態じゃ日本には来ないかも」。
こうなると、イニエスタら外国人選手の間でいつ“ドミノ帰国”が起きてもおかしくない。

 現在のJリーグで最大のスターであるイニエスタはアジアチャンピオンズリーグ(ACL)でアシストをマークするなど絶好調。ドローとなった開幕戦(23日、横浜FC戦)でも、華麗なプレーでチームをけん引した。

 一方で家族思いでも知られ、妻や子供たちとUSJ(大阪府)や東大寺(奈良県)を訪れた写真をインスタグラムに投稿。昨年6月には第4子誕生に立ち会うため、一時帰国した。
家族とともに過ごす日本の環境がどう変化していくのかは当然、気になるところだろう。

 すでに中国リーグでは「ブラジル人ら外国人選手の離脱が始まっている」(Jクラブ強化担当)というだけに、Jリーグも未曽有の大騒動に発展しかねない状況だ。

2/26(水) 11:31配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00000007-tospoweb-socc

写真
no title

<イニエスタ>相手置き去りの“回転スキル”が反響拡大!メディア「ドリブルキング」「良質なワイン」 

1: 2020/02/24(月) 14:21:17.92
横浜FCのペナルティーエリア内で次々とマーカーを翻弄
 
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、22日に行われたJ1リーグ開幕節・横浜FC戦(1-1)でフル出場を果たした。
来日3年目のリーグ初戦で得点やアシストこそなかったものの、相手選手を手玉に取るドリブルテクニックを披露。海外メディアは「ドリブルキング」「良質なワイン」と称賛している。

【動画】「ドリブルキング」と海外称賛 神戸MFイニエスタ、包囲網を打開する“魔法スキル”で決定機演出
https://www.football-zone.net/archives/248215/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=248215_6

ホームで“昇格組”の横浜FCを迎えた開幕戦は、前半24分に先制される苦しい展開。
後半29分にFW古橋亨梧が同点弾を決め、勝ち点1の痛み分けに終わったなか、イニエスタはテクニックで格の違いを見せつけた。

後半38分、敵陣でボールを受けたイニエスタは巧みなステップでDFマギーニョ、MF瀬古樹、元日本代表FW皆川佑介を次々と交わし、ラストパスを供給。
特にパス直前にゴールライン際でボールを残し、一回転する切り返しは秀逸だった。

オランダメディア「VTBL」は、「“ドリブルキング”イニエスタが相手を置き去りにする」と見出しを打ち、「イニエスタはワンダフルな動きで相手を困惑させた。
残念ながら、神戸のチームメートは彼の美しいプレーをゴールにつなげられなかった」と速報。

ベネズエラ紙「エル・ナシオナル」も、「イニエスタは日本のリーグ開幕戦で魔法を失っていない。数メートル以内に3人がいるなかを縫う素晴らしい動きを見せた。
イニエスタは良質なワインのようで、熟成すればするほど良くなる」と称賛している。

イニエスタは3年目の今季も、その卓越したテクニックで魅了してくれそうだ。

2/24(月) 7:30配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200224-00248215-soccermzw-socc

写真
no title


【サッカー】<ACL>水原三星キャプテンが舌を巻いた“名手イニエスタの真髄”「なにがスゴイって…」「異次元だよ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582243081/



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索