Samurai Goal

イニエスタ


スポンサード リンク





ポドルスキ、今季限りで神戸退団が濃厚に「日本での時間は年末に終わる」東京五輪ドイツOA枠での出場に意欲  

1: Egg ★ 2019/10/13(日) 22:21:37.23 ID:lickMa199
元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキは、今季限りでヴィッセル神戸を退団することになるようだ。ドイツ紙『ビルト・アム・ゾンターク』のインタビューで語った。

2017年夏にガラタサライから2年半契約で神戸に渡り、2020年1月31日までの契約を結んでいるポドルスキ。今年6月に耳の手術を受け、長期離脱を強いられていたが、先月18日に行われた天皇杯川崎フロンターレ戦に途中出場を果たして戦列に復帰。徐々にコンディションを戻していたところだ。

だが、現在34歳のポドルスキは、クラブと契約延長する可能性は低いと考えているようだ。『ビルト・アム・ゾンターク』で「クラブの責任者から今のところ話しかけられていない。なので、おそらく僕の日本での時間は年末に終わるだろう」と、今季限りでの退団が濃厚と話している。

なお同選手は、「もうほかの方面に目を向け、自分の状況を整理しつつ色々と考えている」とすでに移籍先を模索している様子。度々噂されてきた古巣ケルンへの復帰に関しては否定はしないものの、「両者がそれを望まなければいけない。残念ながらこれまでそういう流れはなかった」と、ケルン側は必ずしもかつての英雄を連れ戻す動きはないと示唆した。

神戸では今年4月までキャプテンを務めたポドルスキ。ここまで公式戦53試合に出場し、14ゴール10アシストを記録している。来年の東京オリンピックへ向け、ドイツ代表のオーバーエイジ枠での出場に意欲を示していたが、一旦Jリーグを離れて来夏に再び来日することになるのだろうか。

10/13(日) 21:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191013-00010029-goal-socc

写真
no title

岡田武史氏、神戸の大胆補強に「間違いじゃない」イニエスタ加入で平均集客率が上昇。対戦相手にも巨額の利益  

1: Egg ★ 2019/09/30(月) 21:30:05.59 ID:cT5AJU1T9
コンサルティング大手のデロイトトーマツグループが実施する、J全54クラブのビジネスマネジメントを分析した「Jリーグマネジメントカップ」の18年度ランキング発表会が30日、都内で行われ、同社の特任上級顧問を務めるFC今治オーナーの岡田武史氏(63)が登壇した。

主にマーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の4分野から各クラブをポイントでランキング。J1は川崎フロンターレ、J2(当時)は松本山雅FC、J3はギラヴァンツ北九州がそれぞれ1位となった。

財務状況ではMFイニエスタら世界のトップ選手を獲得したJ1ヴィッセル神戸が100億円に迫る営業収益を計上するなど、圧倒的な数字を残した。

神戸はイニエスタの加入後、スタジアムの平均集客率が上昇。ホーム82・1%に対してアウェーは87・8%と、対戦相手にも巨額の利益をもたらしているのが特徴的だ。

神戸の大胆な補強策に岡田氏は「決して間違いじゃない。僕もイニエスタ見たいもん」と理解を示した上で、「借金(投資)をしてまでやることではない。どこか(のクラブ)でやってもらって、ウチの集客が上がるのが最高。みんな、神戸にお金を渡さなイカンね」と冗談めかして、話して、笑いを誘った。

現在JFLを戦うFC今治は、25年までに28~30億円規模の経営でJ1を制覇することを目指している。

今治市の人口は約16万人。集客面を強化するには、遠方からの観客を呼び込むことが必須だ。

岡田氏はサッカーだけで人を呼び込むのではなく、ショッピングモールなどを併設したスタジアム施設の建設を描いているといい、「半日過ごせる複合型スタジアム、365日人が集う場所を作りたい」と理想を語った。

9/30(月) 18:33配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-09300684-nksports-socc

写真
no title

「もうね、次元が違う」小野伸二が語るイニエスタとJリーグの助っ人事情  

20190912-00064040-sdigestw-000-8-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/09/12(木) 13:50:16.96 ID:eKeBmuRm9
「昔、ヨーロッパからすれば、Jリーグはビジネス相手だったが…」
 今年でプロキャリア22年目を迎える小野伸二は、Jリーグの着実な進歩を実感している。

「欧州クラブとも遜色ないレベルに近づいて来ているんじゃないでしょうか。実際に最近は、フィジカル的に負けない選手も出てきているし、テクニックも劣らず、すごく拮抗した試合をするようになっているじゃないですか」

 22年間の中で小野は、オランダのフェイエノールトやドイツのボーフム、オーストラリアのウエスタン・シドニー・ワンダラーズなど海外クラブでも活躍してきた。特に5シーズン在籍したフェイエノールトでは、加入初年度の2001―02シーズンにUEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)制覇に貢献。

 当時18歳でメキメキと頭角を現わしていたロビン・ファン・ペルシや、デンマーク代表ストライカーのヨンダール・トマソン、そしてこの年にオランダリーグで24ゴールを挙げてリーグ得点王となるオランダ代表FWピエール・ファン・ホーイドンクといった多彩なアタッカー陣を操り、その名を世界に轟かせた。欧州カップ戦のタイトルを獲得したのは、いまだに小野だけである。
 
 Jリーグでのキャリアも輝かしい。高卒でプロキャリアをスタートさせた浦和(1998~2001年、06~07年在籍)ではルーキーイヤーの1998年はJリーグ新人王とベストイレブンを受賞すると、オランダから復帰した06年にはJ1制覇と天皇杯優勝に尽力。翌07年にはACL優勝を経験する。その後清水や札幌でプレーし、 現在はJ2の琉球で沖縄のサッカーを盛り上げようと奮闘する。

 そんなヨーロッパでも日本でも豊富な経験を積んできた小野だからこそ、その関係性が徐々に変わってきていることを肌で感じている。

「当時、ヨーロッパのクラブから見れば、Jリーグはまだ知名度も低かったし、どうしてもビジネス相手というイメージが強かった。ヨーロッパのサッカーファンが多い日本に遠征すれば、チケットもグッズも爆発的に売れて儲かりましたから。今はそういう事情は関係なく、本当に対等な関係に近づいていますよ」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190912-00064040-sdigestw-socc

>>2以降に続く

J1史上最高額、神戸の売上高96億円超 イニエスタ効果絶大  

1: ゴアマガラ ★ 2019/09/02(月) 18:16:46.03 ID:3fP4GAEc9
サッカーJリーグ1部(J1)のヴィッセル神戸は、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手(35)が加入した2018年度、営業収益(売上高)が日本のプロサッカー史上最高額の96億6600万円を記録した。
スポンサー収入や入場料収入が大きく伸び、2位の浦和レッズを約21億円も上回った。親会社・楽天の事業戦略も大きく影響した。(有島弘記)

これまでの最高額は浦和が17年度に記録した79億7100万円だった。神戸は17年度の52億3700万円から倍近く増え、世界的司令塔の影響力が数字でも証明された形だ。

 イニエスタ選手が加わった昨年7月以降、チケットは完売が続き、18年度の入場料収入は前年度比約1・6倍の8億4千万円に。
レプリカユニホームなどの物販収入も約2倍の3億8800万円に拡大した。

 とりわけ大きな柱となったのがスポンサー収入で、17年度の33億5200万円から62億800万円に急増した。
クラブによると、増収分の多くは、インターネット通販や通信、金融など国内外で70超のサービスを展開する親会社・楽天とそのグループ企業からの収入という。

背景には、イニエスタ選手の世界的な知名度を事業のPRに生かす狙いがある。イニエスタ選手をデザインした楽天のクレジットカードが一例だ。
18年シーズンは決算全体で10億超の純利益を確保した。

 一方で支出を見ると、人件費は、2番目に多かった鹿島アントラーズを13億円以上も引き離す44億7700万円。
しかもイニエスタ選手はシーズン途中の加入で、推定年俸約30億円の半分ほどしか計上されていない。今季は本拠地でのキャッシュレス決済の普及や、
昨季よりも高額に設定したチケット販売などで増収が期待できるものの、さらなる営業努力を迫られる。

 クラブ側は本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)の有効利用に活路を見いだす。
18年春から運営事業者として施設を管理しており、今年3月にはサッカー日本代表戦の誘致に成功。
同スタジアムでのJ1神戸の試合は年間20試合程度に限られるため、神戸の森井誠之副社長は「年間365日を通じてスタジアムをどう使うか」と戦略を練る。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000001-kobenext-socc
no title

ビジャ「ありがトーレス」、スペイン代表レジェンドの豪華3ショットを惜別投稿! 

20190824-00063248-sdigestw-000-3-view[1]

さすがの酒井高徳、イニエスタ絶賛の経験値で勝利に貢献! 

20190817-08171294-nksports-000-8-view[1]

神戸はサポ裏切った、監督は誰なのか/セルジオ越後 

20190723-07230722-nksports-000-4-view[1]

<Jリーグ/超大物助っ人>「トーレス」「ポドルスキ」は給料泥棒?  

1: Egg ★ 2019/07/07(日) 22:47:49.58 ID:gxSwtVhY9
J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(35)が6月21日、現役引退を発表した。

 その業績を讃えるメッセージが世界中から寄せられている。しかし、日本にいる間に限れば彼の成績は惨憺たるものである。

 鳥栖入団は昨年7月だから、まるまる1年在籍していたことになるが、その間に彼がチームにもたらした得点はわずか3点。推定年俸8億円というから、1得点あたりのコストは約2億7千万円である。

「チーム成績も、17年は8位だったのが、トーレス加入後の18年には14位にダウン。あやうくJ2落ちするところでした」

 と語るスポーツ紙サッカー担当記者によると、

「財政状況も約6億円の赤字を計上。鳥栖には踏んだり蹴ったりの1年でした」

写真
no title


引退試合は8月23日のヴィッセル神戸戦。スペイン代表で同僚だったイニエスタとの対戦を楽しみにしているというのだが、

「そのイニエスタは今、妻の第4子出産立ち会いのためスペインに帰国中です」

 ちなみに、イニエスタの年俸は推定33億円である。

 神戸には元ドイツ代表FWで推定年俸6億円のポドルスキ(34)もいるが、

「体調不良を訴え、1カ月ほど前にドイツに帰国してしまった。そこで中耳炎の手術を受けたそうで、“しばらく飛行機に乗れないので日本に戻れない”と。だったらなぜ日本で手術を受けなかったのでしょうか」

 むろん外国人が皆トーレスやポドルスキのような“給料泥棒”というわけではない。ジーコなど日本サッカーに貢献した外国人選手や指導者も少なくはない。

写真
no title


「トーレスは引退後も“アドバイザー”という肩書で鳥栖に留まります。“若手の育成に寄与したい”なんて言ってましたが……」

 汚名返上に期待。

2019年7月7日 5時56分 新潮
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/16734984/

<神戸ポドルスキ>体調不良で練習欠席!次戦出場微妙に...イニエスタも別メニュー調整  

1: Egg ★ 2019/05/29(水) 22:48:03.32 ID:++7uG8d59
 神戸は29日、神戸市西区で練習を再開し、元ドイツ代表FWポドルスキは体調不良により姿を現さなかった。自宅療養をしているもようで、6月1日に控える磐田戦(エコパ)の出場が微妙な状況となってきた。

 発熱などの影響により欠場が続いていた背番号10は、前節湘南戦で5試合ぶりに復帰。途中出場ながら1アシストを記録し、連敗脱出に貢献していたが、再びコンディションを崩した。

 元スペイン代表MFイニエスタ、FW古橋らは別メニュー調整だった。

5/29(水) 18:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190529-00000142-spnannex-socc

写真
no title

ヴィッセル神戸、8分間で3失点逆転負け!イニエスタ2アシストも初連敗で10位に後退...  

20190415-00000031-dal-000-2-view[2]




1: Egg ★ 2019/04/15(月) 10:11:23.13 ID:gnI5uryf9
 「明治安田生命J1、神戸2-4広島」(14日、ノエビアスタジアム神戸)

 FC東京は鹿島に3-1で快勝して得失点差で2位となった。2015年まで下部組織に在籍していたバルセロナ(スペイン)への復帰が決定的になったとの現地報道が出ているMF久保建英(17)が、2得点に絡む活躍を見せた。広島はMF渡の2ゴールなどで神戸を4-2で下し、首位を守った。大分は2-0で仙台に勝ち、3位に浮上した。

 MFイニエスタの2アシストすらも勝利に結び付けることはできなかった。神戸が本拠地で手痛い逆転負けを喫し、今季初の連敗で10位に後退した。

 課題としていた守備がこの日も破綻した。2-1と先行し、ボールを保持しながら好機も生み出していた。だが、後半20分に追い付かれると、広島の勢いにのみ込まれ8分間で3失点。相手のスーパーゴールもあったとはいえ、全てクロスに起因するものだった。

 リーグ戦では直近3試合で9失点。リージョ監督は「ルヴァン杯で無失点の試合もある」と強がったが、事態は深刻だ。「チームとして守れている感覚がない。もう少し(互いに)助ける意識を持たないと、任せきりのところが多い」とMF山口は指摘する。

 FWポドルスキ、イニエスタらの運動量が落ちた後半途中から組織的な守備が機能不全に陥る局面がまたも繰り返された。GKを含めたDF陣だけの責任ではない。選手交代も含めたベンチのマネジメントも必須となる。「11人がつながってこそサッカー」。攻守に献身的な姿勢を貫いたFW古橋の言葉が重く響いた。

4/15(月) 8:30配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000031-dal-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索