Samurai Goal

イニエスタ


スポンサード リンク





神戸 ポドルスキ四股踏みパフォで喜び爆発も…ミスから追いつかれ3連勝ならず 

20190317-00000169-spnannex-000-4-view[1]

<神戸の世界的スター"トリオ”>妙技連発でファンの心を鷲掴み!「今日のVIPはエグかった」  

52008_ext_04_0




1: Egg ★ 2019/03/10(日) 23:38:36.63 ID:6weo5TYk9
神戸が誇るV(ビジャ)、I(イニエスタ)、P(ポドルスキ)の活躍で逆転勝利!

神戸が誇るワールドクラスのスターたちが圧巻のパフォーマンスを見せた。

 3月10日、ユアテックスタジアム仙台で行なわれたベガルタ仙台対ヴィッセル神戸の一戦は、開始12分に神戸が先制を許すも、圧倒的なボール支配で主導権を奪う。そして、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタにダビド・ビジャ、元ドイツ代表のルーカス・ポドルスキの"VIP”トリオが敵地で猛威を振るう。

【動画】ポドルスキ→ビジャ→イニエスタ!! 躍動する豪華スターの連係プレー!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=55304

 32分、イニエスタが極上のピンポイントクロスで古橋亨梧の同点ヘッドをお膳立てすると、後半立ち上がりの46分にはイニエスタの左オープンスペースへのスルーパスでカウンターを発動。古橋のクロスからビジャがねじ込み、逆転に成功する。

 さらに、64分には中盤でのボール奪取からビジャが間髪入れずダイレクトで前方に走り込んでいたイニエスタにパスを送ると、後方から駆け上がったポドルスキへスイッチ。ポドルスキからイニエスタの折り返しを狙ったパスが相手DFのオウンゴールを誘発して3点目が神戸に入った。VIPトリオが全3得点に絡む大活躍を見せて、神戸は3対1で仙台に逆転勝利。2連勝を飾った。

 このVIPトリオの活躍に、SNS上ではファンの称賛が止まらない。
「今日のVIPはエグかった」
「イニエスタさん半端なかった」
「イニエスタ、ビジャの飛び出し感じすぎ」
「イニエスタ凄すぎました」
「ビジャとイニエスタは別格」
「イニエスタ、ビジャ、ポドルスキの攻撃陣の破壊力やば過ぎ!」
などと3人を絶賛するコメントが並び、世界基準のパフォーマンスはファンの心を鷲掴みにしたようだ。
 
 さらには「今日のヴィッセル神戸は良かった」「神戸の完成度が高まっている」「ビジャポドルスキイニエスタと組むことで古橋がどんどん上手くなって」「イニエスタとビジャのプレーをきょうごが一番感じれる」といった神戸の戦いぶりや1得点・1アシストを挙げた古橋への称賛ツイートも数多い。

 このVIPトリオに加えて、神戸は3月7日にFCバルセロナからセルジ・サンペールを獲得。さらなる補強を行なった神戸は、一層その勢いを強めるのか。今後の戦いぶりが注目されるところだ。

3/10(日) 17:03 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00055304-sdigestw-socc

スーツにスニーカーはマナー違反?公式行事のイニエスタらに違和感!確かに革靴がマナーのような気がするが...  

1: Egg ★ 2019/03/06(水) 17:23:52.40 ID:fsHCU8MW9
ばっちり紺色のスーツで決めながら、足元は白色のスニーカー。サッカーJリーグ1部(J1)の開幕前にヴィッセル神戸の必勝祈願祭で見せた元スペイン代表のアンドレス・イニエスタ選手とダビド・ビジャ選手の着こなしに対し、インターネット上には「スーツにスニーカーはちょっと…」などと違和感を訴える書き込みが相次いだ。確かに革靴がマナーのような気がするが、調べてみると、欧米では一つのスタイルとして定着し、実は日本でもスポーツ庁を中心に浸透を働き掛ける動きが広がりつつあった。(有島弘記)

【動画】2月18日に開かれた必勝祈願祭の様子
https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/movie/new/201902/sp/0012077159.shtml

 2月18日、神戸市兵庫区の和田神社。大勢の報道陣がカメラを構える境内に、真っ白なスニーカーを履いたイニエスタ選手とビジャ選手が現れた。元ドイツ代表のポドルスキ選手も紺色と色は違えど、スニーカーだった。

 この姿、日本政府も昨年3月から「スニーカー通勤」という形で推奨している。主導するスポーツ庁によると、働き盛りの運動不足の解消が狙い。週1回以上のスポーツ実施率(2016年度)は成人の平均で42・5%だが、20~40代に限ると30%台前半と低い。クールビズのように市民権を得て医療費の削減にもつなげたい考えだ。

 クラブ広報によると、イニエスタ選手はいつもスーツにスニーカーを合わせるという。出身地の欧州では一般的なのだろうか。素朴な疑問を、武庫川女子大の井上雅人准教授(ファッション史)に尋ねると、答えは「定番とまでは言えないが、普及し始めている」。歴史をたどれば、1960年代にジャケットにジーンズを合わせるスタイルが米国で広がり始め、スニーカーも履かれるように。その影響が欧州にもおよび、近年はスポーツ用品メーカーだけでなく有名ブランドも売り出し、ファッションとして取り入れられたという。

 それでも「スーツには革靴」の方がしっくりくると指摘すると、井上准教授は「そもそも、私たちが思うフォーマルは近代の欧州貴族の価値観を反映しているにすぎない」ときっぱり。欧州では革靴職人の減少も重なり「マナーが廃れているのではなく、歴史的に見ると19世紀以降の特殊な価値観が消えつつあるという見方ができる」と説明した。

 シューズ販売の現場も動き始めている。大丸神戸店は昨秋、同庁の取り組みに呼応したイベントを開いた。「ただ単にスーツに合わせるだけでは体育の先生になってしまう」と販売促進担当者。スニーカーに合う細身のパンツをはじめ、履くこと自体の抵抗感を和らげるため、革靴のように見えるスニーカーや落ち着いた色目の一足を提案した。

 イニエスタ選手ら有名人の露出をきっかけに、日本でも価値観の転換が起こるのだろうか。井上准教授は、純白のウエディングドレスを広めた英国のビクトリア女王を例に「(著名人の影響による意識変革は)歴史上、たくさんある。日本社会が高齢化していることも、歩くのが楽なスニーカーの活躍を後押ししそうだ」と予測している。

3/6(水) 17:00配信 神戸新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00000013-kobenext-soci

写真
no title

J1神戸入りバルサMFサンペール6日来日、7日会見へ 

20190305-00000020-dal-000-8-view

<ヴィッセル神戸>チケット高い?ホーム開幕戦、売れ行き苦戦...今回の苦戦は人気の衰えではないことは明らか  

1: Egg ★ 2019/03/01(金) 07:28:41.26 ID:00TLjW0o9
スター選手の獲得で話題のサッカーJリーグ1部(J1)ヴィッセル神戸が、チケットの売れ行きで苦戦している。イニエスタ選手が加入した効果で昨年は完売続きだったが、2日に迫るホーム開幕戦は2月末時点でまだ販売中。今季はスペイン代表でイニエスタ選手と同僚だったビジャ選手も加入し、さらに注目度がアップしたが、チケットを値上げしたため、ファンが二の足を踏んでいるようだ。

 イニエスタ選手が来日初先発を飾った昨年8月のジュビロ磐田戦以降、本拠地ノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)でのリーグ戦は8試合続けて完売し、11月の鳥栖戦はクラブ史上最速の1時間20分で売り切れた。敵地でも神戸戦の売り切れが続出し、2月22日にあったセレッソ大阪との今季開幕戦も敵地に満員の約4万2千人が詰め掛けている。今回の苦戦は人気の衰えではないことは明らかだ。

 神戸は需要に応じてチケット価格を変動させるシステムを採用している。2日に対戦する鳥栖にも元スペイン代表のフェルナンドトーレス選手がおり、2010年のワールドカップを制した同僚対決が注目されているため高額に設定した。 豪華特典が付いた30万円の特別席を除くと、最高額はメインスタンド中央前列のヴィッセルシートで2万5千円。昨夏のイニエスタ選手加入までは1万円を切っていた席だ。C大阪との今季開幕戦は、前売りで最も高かった席でも5800円で、4倍ほどの開きがある。数千円のサポーター席などは完売したが、1万5千円以上の席は一部残ったままだ。

 インターネット上では「去年は嫁と子供と行っていたけど、今年は『一人で行ったら?』と言われる」などとファンの嘆きが書き込まれている。

 一方で、「ブランド力のあるものに高額な対価を支払うのは至極当然」という意見もある。神戸の森井誠之事業本部長(44)は「(完売が遅れているのは)攻めた結果。でも、ぎりぎり間に合う」とあくまで強気。ヴィッセルシートの購入者向けにラウンジを整備するなど、付加価値を高めて勝負する。(有島弘記)

3/1(金) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190301-00000000-kobenext-l28


写真
no title

C大阪に完封された神戸の困難 3人の年齢を合計すると104歳 ベテラン“VIP”の本領発揮はいつになるか 

page-6-800x533




1: カエサル ★ 2019/02/25(月) 12:48:41.70 ID:uhP4OKu39
2019/02/25 11:40 Numder
https://number.bunshun.jp/articles/-/838430

 理想と現実の狭間に、ヴィッセル神戸がいきなり立たされた。

 2019年のシーズン開幕をいち早く告げる一戦として、ヴィッセルは2月22日にセレッソ大阪と対戦した。舞台となったのは大阪のヤンマースタジアム長居だが、試合前の注目はアウェイチームに集中していたといっていい。

 名字の頭文字を並べて“VIP”と呼ばれるダビド・ビジャ、アンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキのトライアングルが、いよいよJリーグのピッチに立つからである。

 ビジャとイニエスタはスペイン代表として、ポルディことポドルスキはドイツ代表として、ワールドカップで優勝した経験を持つ。世界チャンピオンの一員となった外国籍選手が3人同時に出場するのは、Jリーグの27年の歴史で初めてのことだ。

 3人の年齢を合計すると104歳のベテランたちは、フィジカルを強みに世界のトップレベルで戦ってきたタイプではない。全盛期は過ぎたものの、衰えは感じさせていない。

 現役のブラジル代表がチームを牽引した1990年代の鹿島アントラーズ、横浜フリューゲルス、ジュビロ磐田などを差し置いて、Jリーグ史上最高の外国人トリオが誕生した、と言ってもいいだろう。

【全文はソース先で】

小柳ルミ子 ブログにC大阪VS神戸戦の感想つづる「メッシだったら決め切れるのになぁ!!!!!!」  

27824_ext_04_0




1: カエサル ★ 2019/02/22(金) 23:16:45.33 ID:wu8UYP019
2/22(金) 22:51 スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000156-spnannex-ent

 芸能界屈指のサッカー好きとして知られる歌手の小柳ルミ子(66)が22日、自身のブログを更新。同日1試合だけ行われた明治安田生命J1リーグの今季開幕戦・C大阪―神戸戦(ヤンマー)の感想をつづった。

 大の“バルサ好き”“メッシ好き”で知られるルミ子。「あのイニエスタがJリーグの開幕戦のピッチに立っていると言うだけで涙が出た」といきなり感動の涙を流した話でブログを始めると、「だって…信じられないよ!!!!!!昨シーズンの今頃はバルサのキャプテンとして世界最高峰の大舞台CLに出てた選手なのだから!!!!!!」と大興奮。

 神戸は0―1でC大阪に敗れ、黒星発進となったが「イニエスタがビジャが日本でJリーグで毎週観れるだけで私は感動だから!!」と続け、「それにしても…イニエスタのあの絶妙なスルーパスをメッシだったら決め切れるのになぁ!!!!!!悔しいなぁ~」と“メッシ愛”をにじませていた。

<ヴィッセル神戸>ビッグ3不発で完封負け・・・リージョ監督「「負ける可能性より、勝つ可能性を作れた」  

1: Egg ★ 2019/02/23(土) 07:04:44.90 ID:PdQOUTXp9
<明治安田生命J1:C大阪1-0神戸>◇第1節◇22日◇ヤンマー

J1の開幕戦は、ヴィッセル神戸がセレッソ大阪に0-1で敗れた。

今季は外国籍選手枠が拡大し神戸の先発には元スペイン代表のイニエスタと新加入のビジャ、元ドイツ代表のポドルスキといずれもワールドカップ(W杯)優勝経験のある豪華布陣。
前半戦は神戸ペースで試合を進めるも、後半32分C大阪丸橋の右コーナーキックに山下に頭で押し込まれて先制を許した。神戸は幾度となく決定機を迎えるも、決定力を欠いて完封負けを喫した。

試合後、フアン・マヌエル・リージョ監督(53)は「負ける可能性より、勝つ可能性を作れた。
(攻撃は)より人数をかけてボールをゴール前に届けていたが、あと何が足りなかったというとゴールを決めるという決定力だったと思います」と淡々と振り返った。

2/22(金) 22:26配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-02221118-nksports-socc

写真
no title


【サッカー】<Jリーグ●J1第1節開幕戦>セレッソ大阪が山下ヘッドで白星発進!神戸“VIP”40億円トリオは沈黙..都倉投入で流れ変わる★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1550853229/

神戸・山口蛍「イニエスタは清武に似ている」  

GettyImages-516522884-800x600




1: 豆次郎 ★ 2019/02/19(火) 05:06:51.60 ID:bWBcGBaJ9
2/19(火) 5:01配信
 22日に開幕する明治安田生命J1を前に、神戸にC大阪から完全移籍で加入した元日本代表MF山口蛍(28)が18日までに報道各社の合同インタビューに応じ、新天地に懸ける思いや移籍の理由などを語った。アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を目指し、元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)ら大型補強を敢行した神戸は、22日にC大阪との開幕戦(ヤンマー)を迎える。山口にとっては、いきなり古巣との対戦となる。

 沖縄の暖かな気候の下、山口は新天地での日々に胸を躍らせていた。沖縄県金武町での2次キャンプ。MFイニエスタ、FWビジャ、ポドルスキといったW杯優勝を知る世界的名手とパスを交換し、プレーのイメージを共有した。

 「単純なボール回しでもすごいと感じることがたくさんある。自分は今、すごく貴重な時間を過ごしている」

 イニエスタとの連係は円滑で、米国1次キャンプ中に行われたロサンゼルスFCとの練習試合では、加入したばかりとは思えない良好な関係を披露した。

 「アンドレス(イニエスタ)からは『思っているようにやっていい』と言われた。自分がボールを持ったら常にパスコースを作ってくれる。そこは本当にやりやすさを感じる」

 卓越した技術で見る者を魅了する“魔術師”のプレーに、山口はC大阪時代の同僚で無二の親友でもあるMF清武弘嗣の姿を重ねる。

 「アンドレスの方がドリブルが多いのでリズムの作り方は違うけど、ポジション取りや間で受けることに関して2人はすごく似ている。僕の中で今はキヨ君が一番ですけど、一、二を争うくらいのやりやすさはある」

 神戸では中盤の底に位置するアンカーやボランチを担う。自身にとって初というスペイン人指揮官、リージョ監督から多くを学び取ろうとしている。

 「『味方に寄るな、(パスを)出したら離れろ』ということをすごく言われている」

 サポートのため味方に近寄りすぎることで、相手も一緒に引き連れてしまうと指揮官は厳しく指摘する。

 「小さい時からやってきたことと全然違うので今は必死に取り組んでいる。幅の使い方や選手の距離感など、監督はすごく高いレベルを求めている」

 開幕戦では昨季までの本拠地で古巣C大阪と顔を合わせる。

 「どう考えても仕組まれたんじゃないかと思いますけど(笑)。僕の中でも予感はしていたので、やっぱりかという感じ。あのスタジアムでアウェーのロッカーに入って行くのは初めてなので、そこは変な感じではある」

 独1部ハノーバーに移籍した半年間を除き、中学生から過ごした愛着あるクラブを去った。C大阪復帰の際には「クラブに必要とされる限りできるだけ長くセレッソでプレーしたい」と語っていた。

 「帰ってきた時は間違いなく、そう思っていた。ただ、何年かたって自分の立場や心境も含めて変わった中で新たな挑戦としてチャンスが巡ってきた」

 自らも予想し得なかった国内移籍。「心境が変わった」と、山口を決断に踏み切らせた最大の要因は、尹晶煥監督の退任だった。

 「自分にとって尹さんとの2年間はすごく良いものだった。だから尹さんがセレッソの監督をしていないというのが、やっぱり自分の中では移籍にあたって大きなものだった」

 昨季ホーム最終戦のあいさつで、山口は思わず声を詰まらせた。不覚の涙だっただろうが、それほどまでに慕った指揮官への思いを再び口にした。イニエスタとのプレーに憧れたばかりではない。「それが大部分を占めてるかというと、そうではない」と否定した。

 心は既に前を向いている。背番号も慣れ親しんだ6番から5番に変え、新たな決意をにじませた。29歳となる今季、選手としてベテランの域に足を踏み入れつつある。W杯に2大会連続で出場し、一昨年には2冠も勝ち取った。持てる経験を、いまだタイトルを知らないチームに還元しようとしている。口数は少ないがチームを語る時、言葉はいつも核心を突いていた。

 「穏やかな空気での練習が多いかなという気がする。そういう雰囲気は嫌いじゃないが(C大阪で)結果が出ていた時は練習から厳しくやっていた。もう少しバチバチいく雰囲気はあってもいいかな。これだけの選手がいて、個性も強い。一つにまとまることの大切さはすごく感じる」

 神戸を高みに導くことができれば、ロシアW杯を最後に遠ざかっている日本代表への復帰にもつながる。

 「もちろん、また目指したい気持ちはあるが、まずはしっかり神戸で活躍することを掲げてやっていきたい」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190219-00000001-dal-socc

V神戸、沖縄キャンプ…開始1時間以上も前からファンが殺到!町民のおよそ3分の1にあたる約4000人  

1: Egg ★ 2019/02/10(日) 18:49:16.95 ID:KX+ZPuMv9
大型補強を行ったJ1神戸が10日、沖縄・金城町で春季キャンプをスタートさせた。13日までの4日間、気温20度超の南国でトレーニングを行う。初日のこの日は練習が公開され、開始1時間以上も前からファンが殺到。町民のおよそ3分の1にあたる約4000人が神戸の選手バスを出迎えた。

 今季加入した元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)、昨季加入した同MFアンドレス・イニエスタ(34)の2人も元気に参加。ランニングなどで体をほぐし、シュート練習などを行った。

2/10(日) 16:37配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000551-sanspo-socc

写真 no title



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索