Samurai Goal

イタリア


スポンサード リンク





【快挙】ブッフォン300回目のクリーンシート!!その裏では引退との声も... 

GettyImages-872672398-800x533
 コッパ・イタリアで史上初の4連覇を果たしたユヴェントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンが、自身300回目のクリーンシート(無失点試合)を達成したようだ。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』が10日に伝えている。

【続く】


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180511-00756524-soccerk-socc

【驚愕】ピルロ引退試合のメンバーが豪華すぎると話題に!!! 

20171123232147

 かつてミランやユヴェントスで活躍し、昨年11月に現役引退を表明した元イタリア代表MFアンドレア・ピルロの引退試合に参加するメンバーが決定した模様だ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が7日付で報じている。

 ピルロは現役時代に計6度のセリエA制覇や2度のチャンピオンリーグ優勝など、数多くのタイトルを獲得した。そんな彼の引退試合には、イタリア代表とユヴェントスでチームメイトだった元同代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロやミランで共にプレーした元ブラジル代表FWロナウジーニョを筆頭に、元イングランド代表MFフランク・ランパード、元ブラジル代表FWロナウド、元イタリア代表DFパオロ・マルディーニなどの豪華な面々が名を連ねている。

 ピルロの引退試合である“マエストロの夜”は5月21日にミランの本拠地であるサン・シーロで行われる予定となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00755198-soccerk-socc

海外で活躍する日本人選手は苗字がポイント!?イタリア紙で特集!! 

1   2018/05/05(土) 19:08:32.66 _USER9
ポルティモネンセに所属する日本代表FW中島翔哉について、イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が4日、ロシア・ワールドカップでの活躍が見込まれる選手にスポットライトを当てる「W杯2018“ロシア風サラダ”」のコーナーで、特集を組んだ。

ポルトガルリーグで評価を高め、各国から注目を集めている中島に、イタリアからも熱視線が注がれた。ポルトガルで躍動する日本人選手は、「日本サッカー界の新たなフェノーメノ(怪物)」として紹介されている。

セリエAにおける日本人選手を振り返り、ローマでスクデットを獲得した中田英寿氏や、レッジーナで活躍したMF中村俊輔を挙げ、冗談交じりに、「苗字の始まり方ですでにキャリアの半分は約束されている。ナカ・タ、ナカ・ムラ、次はナカ・ジマだ」とつづった。

またプレースタイルについて、「ギアのチェンジ、モダンなプレー、クオリティーは数少ない玄人向き」、「利き足は右で、背中には23番を背負う。胸に入ったファストフードのスポンサーのせいか、相手チームの選手を食べ尽くす。対面したDFを虚脱状態に追い込む能力は、10点満点だ。相手を引きつけ、ニギリを作るスシ職人のようなスピードで次のプレーを選択する」と、ユニークに描写した。

さらに1543年、ポルトガル人によって日本に火縄銃がもたらされたことにも言及。「ナンバン・ボーエキは100年後に禁止されたが、ポルティモネンセのおかげで両国関係が良好になった」とギャグ風につづっている。

最後に、「次は“ジマ”の番だ。マリとの親善試合で代表デビュー、初ゴールを決めた彼は、苗字を生かし、ロシアへ羽ばたいてほしい」とエールを送りつつ、「火縄銃を密売するためではない」とジョークで締めくくっている。

5/5(土) 11:30配信 ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000003-goal-socc

写真
no title

イタリア代表新監督にマンチーニ氏!!金額は2年で5億3千万円!! 

ロベルト・マンチーニ
1   2018/05/02(水) 13:05:53.98 _USER9
イタリアサッカー連盟コミッショナーのロベルト・ファブリチーニ氏は1日、同国代表の新監督に、現在ロシア・プレミアリーグのFCゼニトを指揮するロベルト・マンチーニ氏が就任することで基本合意したと発表した。

 ガゼッタ・デロ・スポルト紙は「きのう(4月30日)、ローマでロベルト・マンチーニと会談した。ゼニトとの関係を終了し、代表チームの監督になる準備ができたと言っていた」「ロシアリーグが終わる5月13日から金額や詳細について話し合うことで合意している。何も決定していないと言っておく。マンチーニに対しては、FIGCには予算があるとはっきり伝えた」とするファブリチーニ氏の言葉を伝えている。

 先日にカルロ・アンチェロッティ氏が新監督就任を固辞したと報じられた中、現在53歳のマンチーニ氏は先月30日夜、副コミッショナーのアレッサンドロ・コスタクルタ氏、チームマネジャーのガブリエレ・オリアリ氏とローマで2時間以上にわたり会談したとされており、ガゼッタ・デロ・スポルトは、FIGCが同氏に2020年までの2年契約、年俸400万ユーロ(約5億3000万円)を提示したと伝えた。FIGCの新監督とスタッフの予算は、年500万ユーロ(約6億7000万円)と定められている。

 マンチーニ氏は同日にラジオで「イタリアは世界で最も重要な国の一つなので、代表チームを指揮するのは名誉であり誇りに思う」とコメントしている。

 指導者としての17年間でマンチーニ氏は、イタリア・セリエAのインテル(Inter Milan)でリーグ3連覇を達成すると、2012年にはイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シテに44年ぶりのリーグタイトルをもたらした。また、インテル、フィオレンティーナ、ラツィオの3クラブでイタリア杯制覇を果たしている。

 現役時代はラツィオやサンプドリアで活躍したマンチーニ氏は、イタリア代表ではレギュラーの座を勝ち取ることはできなかったものの、10年間で36試合に出場し、4得点を記録している。

 昨年11月にスウェーデンとのプレーオフに敗れて60年ぶりにW杯出場権を逃し、ジャンピエロ・ヴェントゥーラ前監督を解任して以来、指揮官の座が空位となっているイタリア代表は現在、U-21代表監督のルイジ・ディ・ビアジョ氏が暫定的に指揮を執っている

5/2(水) 12:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180502-00000019-jij_afp-socc

バロテッリが移籍か?“悪童”の代表復帰も噂される 

GettyImages-940835654-800x533

 ニースに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリが、今シーズン限りで退団する意思を明かした。イタリア紙『カルチョ・メルカート』が1日付で報じている。

 かつてセリエAではインテルやミラン、プレミアリーグではマンチェスター・Cやリヴァプールといった名だたるビッグクラブを渡り歩いてきたバロテッリ。しかし、多くの問題を起こし、メンタル面での未熟さを指摘されるなど、その才能を十分に発揮することができていなかった。

 しかしその後、2016年に加入したニースで、初年度から公式戦28試合出場17ゴール1アシストと大爆発。2年目の今シーズンも35試合23ゴール1アシストを記録し輝きを見せている。

 イタリア代表への復帰が噂されるほどになった同選手は、昨シーズン終了後に退団の意思を示していたが、結局1年間契約を更新。再度契約満了を迎える今シーズン終了後のイタリア復帰を希望するコメントを残している。

「イタリアへ戻りたいよ。たくさんのクラブが興味を持ってくれているようだしね。そこにミランは入っていないようだけれど。ミランに戻るチャンスはもうないんだ。将来については何も言えないけれど、おそらくここにはほぼ間違いなく残らない。ニースでキャリア最高の時を過ごしているけども、きっと今シーズンが最後の年になるだろう」

 イタリア愛を語る“悪童”は移籍するのだろうか、去就に注目が集まっている。


SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180501-00750882-soccerk-socc

【イタリア】代表監督の誘いを断ったアンチェロッティ氏 年俸で揉めたのか 

1   2018/04/29(日) 16:55:59.89 _USER9
アンチェロッティ氏がイタリア代表監督就任要請を断る 年俸などで折り合いつかず
4/29(日) 16:45配信 デイリースポーツ
https://www.daily.co.jp/soccer/2018/04/29/0011210012.shtml
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180429-00000102-dal-socc

カルロス・アンチェロッティ氏(撮影・PIKO=2003年12月11日)
no title


バイエルン・ミュンヘンなどの監督を務めていたカルロ・アンチェロッティ氏が、イタリアサッカー協会からの代表監督就任要請を断ったことが28日、分かった。29日のコリエレ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

各紙によると、23日に協会側とローマ市内のホテルで話し合いをした同氏だったが、協会側から明確なプロジェクトが伝わらなかったという。自身がまだクラブでの指導をしたいことや、年俸など金銭面での折り合いがつかず、最終的な結論を出した。

候補はロシア・ゼニットのロベルト・マンチーニ監督か、仏ナンツのクラウディオ・ラニエリ監督に絞られた。

【海外クラブ】イタリアのサッカー選手といえば?誰が思い浮かぶ? 

31gv8K7o5JL


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索