Samurai Goal

イタリア


スポンサード リンク





<ブラック・フライデー>と人種差別的な見出しを打ったイタリア有名紙が集中砲火!「リンチだ」反論するも…  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 07:52:28.98 ID:2ZTQFpFn9
12月6日のセリエA第15節、インテル対ローマのビッグマッチに向けて、5日付イタリア紙『Corriere dello Sport』が一面の見出しで「BLACK FRIDAY」と報じたことは世界で騒がれた。

【動画】ルカクの絶品アウトサイドクロスからマルティネスがボレー弾

 記事は、ともに今季マンチェスター・ユナイテッドから加入し、それぞれのチームで大きく貢献しているロメル・ルカク(インテル)とクリス・スモーリング(ローマ)を称賛する内容だ。だが、試合が金曜開催であることにもかけて採用した見出しは、彼らの肌の色を扱ったことで人種差別だと非難を浴びた。

 人種差別問題が相次ぐイタリアでは先日、セリエAの全20クラブが断固たる態度を取るべきと訴えたばかり。そんな中での今回の報道を受け、ミランとローマは『Corriere dello Sport』紙の記者の練習場立ち入りを年内禁止にすると発表した。ルカクとスモーリング本人もSNSで批判している。

 国内だけでなく、国外でもCorriere dello Sport紙は批判を浴びた。公共放送『BBC』をはじめとする英国メディアなどが、今回の問題を大きく取り上げている。

 だが、同紙は電子版でイバン・ザッザローニ編集長の反論コラムを載せ、記事内容を英語、フランス語、スペイン語に訳して公開。正当性を主張した。
 
 そして一夜明けた6日、同紙の一面の見出しは「だれが人種差別主義?」。さらに、見開きでも「我々は人種差別の敵」と大々的に見出しを打ち、近年、サッカー界における人種差別や、それに対する甘い対応を批判する記事を多く掲載してきたことを強調している。

『Corriere dello Sport』紙は、国内外の批判を「リンチ」と表現。一部のメディアが擁護したことを紹介し、ミランとローマの“処分”についても「見出しは人種差別だが実際にはそれほど悪くない、だから1月には戻ってきてよしとする、としたのは興味深い。事前の恩赦に感謝する」と皮肉った。

 同紙の主張は正しいのか、人種差別助長なのか。今後も物議を醸しそうだ。

12/7(土) 5:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00067465-sdigestw-socc

写真
no title

イタリアで人種差別に抗議しピッチを去ったGKに退場処分…選手の団結で試合は中止に  

20191126-00010016-goal-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/12/02(月) 21:50:56.30 ID:CFucKY//9
エッチェッレンツァ(イタリア5部)に所属するアガッザネーゼのGKオマル・ダッフェが人種差別に抗議してピッチを去ったところ、主審に退場処分を命じられた。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』などが24日、報じている。

セネガル出身のダッフェは、エッチェッレンツァリーグ第13節バーニョレーゼ戦に出場したが、試合開始から30分が経過した頃、選手との交錯をきっかけに、ホームの観客席から人種差別的な侮辱が浴びせられた。するとセネガル人GKは、人種差別に抗議。身に着けていたGK用手袋を地面に投げ捨ててピッチを離れると、主審から退場処分を命じられた。しかしアガッツェーゼのチームメートらがダッフェのために団結。全員でピッチから退場したため、主審は試合の中断を余儀なくされた。

なお『スカイスポーツ』は、主審が人種差別的な侮辱の言葉が向けられたことを把握しておらず、規定に則って退場処分とした可能性もあると指摘している。試合はその後、再開されておらず、今後はスポーツ裁判所の判断に委ねられることになる。

ダッフェが人種差別の標的とされたのは今回が初めてではない。昨シーズンにも、複数の試合において、動物の鳴きまねのようなチャントや人種差別的な侮辱を受ける被害に遭った。イタリアでは、現在も人種差別が相次いでおり、今シーズンに入ってからは、インテルFWロメル・ルカクやミランMFフランク・ケシエ、フィオレンティーナDFダウベルト・エンリケやブレシアのFWマリオ・バロテッリがターゲットとされている。イタリアサッカー連盟(FIGC)のガブリエレ・グラヴィーナ会長も先月、これを憂慮し、「VARを採用し、厳しい態度で非難していくべき」だと訴えていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-00010016-goal-socc

新生イタリアが大記録!同国史上初めて7人の選手がゴール&71年ぶりの9得点  

20191119-00010005-goal-000-2-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/11/19(火) 10:16:27.70 ID:MBo1VuUI9
EURO予選全勝
新生“アッズーリ”が、新たな記録を作った。

18日に行われたEURO2020予選最終節で、アルメニアと対戦したイタリア。母国開催の一戦では、8分にインモービレが口火を切ると、圧巻のゴールラッシュを披露。1分後にザニオーロが代表初ゴールを決め、29分にバレッラ、33分に再びインモービレ、64分にザニオーロ2点目、72分にロマニョーリ、75分にジョルジーニョ、77分にオルソリーニ、81分にキエーザが得点を奪い、9-1の大勝を挙げた。

データ会社『Opta』によると、イタリアが9得点を奪ったのは1948年8月のアメリカ戦(9-0)以来、71年ぶりの快挙に。なお同国記録は1928年6月の11-3(対エジプト)となっている。

また、この試合では異なる7選手がゴールを奪ったが、これはイタリア史上初の記録となった。

失意のワールドカップ予選敗退から、ロベルト・マンチーニを新たに監督に迎えたイタリア。今予選ではこの日もゴールを決めたバレッラやザニオーロ、トナーリ、キエーザ、キーン、ドンナルンマなど若手選手を積極的に起用。若返りを図りつつ、クラブで好調の選手を招集するなど、スカッドを活性化させている。

そしてEURO予選では、10試合を全勝で終え、得失点差は「+33」(37得点4失点)。最高の状態で本戦に臨む新生“アッズーリ”には、本大会でも目が離せない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00010005-goal-socc

【スコア】
イタリア代表 9-1 アルメニア代表

【得点者】
1-0 8分 チーロ・インモービレ(イタリア代表)
2-0 9分 ニコロ・ザニオーロ(イタリア代表)
3-0 29分 ニコロ・バレッラ(イタリア代表)
4-0 33分 チーロ・インモービレ(イタリア代表)
5-0 64分 ニコロ・ザニオーロ(イタリア代表)
6-0 72分 アレッシオ・ロマニョーリ(イタリア代表)
7-0 75分 ジョルジーニョ(PK/イタリア代表)
8-0 77分 リッカルド・オルソリーニ(イタリア代表)
8-1 79分 エドガー・ババヤン(アルメニア代表)
9-1 81分 フェデリコ・キエーザ(イタリア代表)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00999864-soccerk-socc

ペップ監督、イタリアでの指揮に興味? 意味深発言「もしかすると、あり得るかもね」  

20191109-00227946-soccermzw-000-1-view[1]




1: 伝説の田中c ★ 2019/11/09(土) 22:33:42.31 ID:lmATpAud9
 マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、イタリアでの監督業に興味を示したようだ。衛星放送局「スカイ・スポーツ」イタリア版の取材に応じたグアルディオラ監督は、「今はイングランドで心地良い」と答えた一方で、イタリアでの指揮の可能性については「もしかすると、あり得るかもね」と回答した。

 2016年からイングランドに渡りマンチェスター・シティで指揮を執るグアルディオラ監督は、今季で4シーズン目を迎えている。以前には3年を一つの周期と考えていると話していたこともあり、昨年から去就が注目されていたが、2021年まで契約を延長している。それでも来シーズン末の契約終了を前に新天地の噂が後を絶たず、グアルディオラ監督はその度に現在のクラブで満足していると主張してきた。

 今回はイタリア人記者からセリエAで指揮する可能性を問われたが、グアルディオラ監督の主張内容はこれまでと大きくは変わらなかったようだ。しかし、その可能性に関して否定はしていない。

「偉大なるカルロ・マッツォーネ監督の下で、選手としてイタリアでできたことは嬉しく思っている。素晴らしい時間を過ごしたし、私はその国が大好きだ。だが、現在は優勝もできたし、イングランドで心地が良い。だが、もしかすると、あり得るかもね。私はまだそれほど年をとっていない」

 続けて、今夏にユベントスから接触があったことに関して、「あなた方は間違った情報を持っている。あなた方はもっと仕事に励まなければならない」と改めて否定し、誤情報に対してチクリと釘を刺していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191109-00227946-soccermzw-socc

90+4分弾で劇勝のイタリア、日本と同組セネガルなどGL突破…U-17W杯第2戦終え 

20191101-43473407-gekisaka-000-5-view[1]

ブッフォンが日韓W杯の疑惑のエクアドル人主審を語る「彼には哀れみの気持ちもある」  

no title




1: ぜかきゆ ★ 2019/10/29(火) 17:47:43.15 ID:tUPUUwkw9
疑惑の判定で敗退

ユヴェントスのGKジャンルイジ・ブッフォンが、イタリアメディア『メディアセット』のTV番組『ティキタカ』に出演した際に、2002年日韓ワールドカップを振り返った。

今夏、パリ・サンジェルマンから1年ぶりにユーヴェに復帰したブッフォンは、1995年にパルマでプロデビューを飾ると、2001年にユヴェントスへ移籍。以降、17年間にわたってトリノでプレーし、数々のタイトルを手にしてきた。イタリア代表としても長年にわたって不動の守護神を務め、2006年ドイツ・W杯を制したほか、EURO2012では準優勝に輝いた。

そんなブッフォンだが、2002年には苦い思いを経験した。守護神ブッフォンを擁するイタリアは、日韓W杯決勝トーナメント1回戦において、ホスト国の韓国と対戦。この試合をエクアドル人審判員バイロン・モレノ氏が裁いた。するとエクアドル人主審は、韓国選手によるラフプレーを見逃す一方、ダミアーノ・トンマージのゴールデンゴールを取り消すなどしてイタリアに不利な判定を続け、この結果、イタリアは延長戦に入った117分、アン・ジョンファンに決勝点を許して敗退が決定。試合の行方を左右する疑惑の判定を繰り返した主審に対し、大会終了後も数多くの批判が浴びせられた。

あれから17年の時を経て、TV番組の司会者は、「モレノのことを思い出すことはないか? 私は思い出してしまう」と切り出した。レギュラー出演する元イタリア代表FWクリスティアン・ヴィエリ氏が即座に首を振る中、ブッフォンは自身の考えを明かした。「いや、思い出すことはない。なぜなら彼は、酷い末路をたどったからね。僕は彼に対して、少し哀れみの気持ちを持つこともできる」と告白。2010年には、約6キロのヘロインを米国へ密輸しようとしてニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で逮捕されたモレノ氏に対し、余裕の態度を示した。

10/29(火) 17:10配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00010022-goal-socc

イタリアの“ファンタジスタ”、日韓W杯「大きな失望」を告白 「リベンジを探していた」 2019/10/13  

20191013_Roberto-Baggio_GettyImages[1]




1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/10/13(日) 20:26:38.88 ID:QrhgWsEn9
2019.10.13

元伊代表FWバッジョ氏、日韓W杯メンバー落選に言及「私は選ばれるに値したと思う」

 元イタリア代表の“ファンタジスタ”、FWロベルト・バッジョ氏が、トレントで行われたスポーツ・フェスティバルのトークショーに出席し、現役時代について語った。そのなかで、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)へ出場できなかったことは大きな失望だったことを明かしている。

 バッジョ氏は6月に2002年の日韓W杯を控えた1月末に左膝靭帯を損傷。全治6カ月の重傷と診断された中で必死のリハビリを行い、4月21日に復帰した。調子を上げつつあるなかで代表発表を迎えたが、当時のジョバンニ・トラパットーニ監督はバッジョをリストに入れなかった。

 それについてバッジョ氏は「私は2002年のメンバーに選ばれるに値したと思う。それは大きな失望で、パサデナでのことに似ている。もしかしたら、それが今の私がサッカー界から少し距離を置いていることの原因かもしれない。なぜなら、あのPKを高く外してしまったことへのリベンジをずっと探していたから」と振り返っている。

 バッジョ氏の語った「パサデナ」とは、1994年のW杯決勝でブラジルと対戦したローズボウル・スタジアムのある米カリフォルニア州の都市のことだ。その試合で大会中の負傷も押して延長戦まで120分フル出場したバッジョ氏は、PK戦の5人目のキッカーとして登場したがクロスバーの上にシュートを外した。これがブラジルの優勝を決めるキックになり、呆然と立ち尽くすファンタジスタの姿はサッカーファンの記憶に強く刻まれるものになった。
https://www.football-zone.net/archives/223077

→バッジョ不在のイタリア代表、日韓W杯16強の韓国戦で不可解判定の連続により敗退
https://www.football-zone.net/archives/223077/2

「俺が韓国人なら恥ずかしい」 元イタリア代表FW、日韓W杯の“最悪な記憶”を回顧 

20190908-00216019-soccermzw-000-5-view[1]

韓国のC・ロナウド訴訟騒ぎへの反応。イタリアでは「W杯の誤審を忘れない」 

20190803-00208392-soccermzw-000-2-view[1]




1: 荒波φ ★ 2019/08/07(水) 09:15:30.81 ID:CAP_USER
契約不履行? 損害賠償? 一体、何の?

クリスティアーノ・ロナウドとユベントスへの損害賠償訴訟騒ぎについて、イタリアは驚くほど冷淡だ。

極東アジアでの喧騒がまったく嘘のように、近所のバールでも記者同士の軽口でもまったく話題に上らない。歯牙にもかけない、とはこのことだろう。

「信じがたい。彼らは本気でこんなことをやっているのか?」

トリノの同業者に、韓国の弁護士事務所が4カ国語でクリロナとユーベを糾弾する動画メッセージを見せたところ、彼は心底呆れかえっていた。

Kリーグ選抜との親善試合が行われてから1週間強が過ぎた。セリエA開幕を控えるC・ロナウドとユベントスにとって、アジアツアーはもう完全に過去の話なのである。

■トレード交渉ネタ一色。
 
先月26日にソウルで行われたKリーグ選抜との親善試合翌日こそ、イタリアの新聞各紙は結果とマッチレポート、サッリ監督のコメントを掲載したものの、それ以降に韓国で沸き起こった抗議と謝罪と損害賠償を求める動きについて報じる動きは皆無に等しいと言っていい。

新聞でもTVでも、スポーツ枠でのユベントス関連情報はまずトップ扱いだが、この週末の話題はFWディバラとFWルカク(マンチェスター・U)のトレード交渉ネタ一色だった。

ユーベがアジアツアーを終えて帰国した27日以降、若手有望株だったFWケアンのエバートン放出や8月10日に控えるA・マドリーとのテストマッチに向けた動向など現地メディアには無視できないネタやイベントが目白押しだった。

29日にマドリードに飛び『マルカ』紙の表彰を受けたC・ロナウドが「CL制覇に足りないものはない」と新シーズンへの抱負を語れば、8月に入ってDF J・カンセロとDFダニーロ(マンチェスター・C)とのトレード交渉が過熱する、といった按配で息つく暇もない。

■誰も興味すら持っていない。
 
6月のW杯で活躍したユベントス女子部門のMFボナンセアが契約延長したというニュースですら、4×10cm大の小さな囲み記事になったというのに、ソウルで主催者が観客への釈明に追われ、Kリーグ会長がユベントスに抗議の書簡を出し、警察が詐欺容疑の告訴状を受け取っても、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』ではたった1行にもならなかった。

誇張でも何でもなく、イタリアでは韓国での騒動に誰も興味すら持っていないし、報道のニーズもないのだ。

ただし、各メディアとも紙幅に制限のないネット版では(もちろん移籍市場動向といった優先ネタよりずっと細々とした扱いだが)、この騒動をフォローしている。

内容はソウル発の報道をほぼなぞったものだから特筆しないが、それらの記事に寄せられたコメントには、異口同音ながら必ず共通したコメントがあった。

■「主審モレノ」と「誤審」。

「2002年を忘れるものか」

17年前の夏以来、「韓国」と聞いて日韓ワールドカップを思い出さないイタリア人はいない。理不尽で忌々しい屈辱的敗戦の記憶は「主審モレノ」、「誤審」という呪詛の言葉とともに、今も決して治らない古傷のように心のひだにこびりついている。

あのときの無念と悔しさは忘れようがない。

今回の親善試合でKリーグ選抜の3点目を決めたオーストラリア人FWアダム・タガート(水原三星)が「ユベントスとやるよりKリーグでやる方が正直きつい。ここじゃボールをもったらすぐ3人から囲まれるからね」と“韓国アゲ”発言をしたところ、やはりイタリアのファンは辛辣な反応を示した。

「この暑い時期に、テストマッチでユーベが真剣に走るわけないだろ」

「こいつ一体何様だ? 韓国でプレーしている時点でレベルは知れてるがな」

「若手主体のユーベにも勝ちきれなかったのに何言ってやがる」

2019/08/06 17:30
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240?page=2
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240?page=3
https://number.bunshun.jp/articles/-/840240?page=4

日本、ユニバーシアード決勝進出! イタリアをPK戦の末に破り7度目の優勝へ王手!!  

20190712-00061303-sdigestw-000-4-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/07/12(金) 10:01:57.20 ID:bfTNq0wg9
後半に一時2点差をつけるも、土壇場で追いつかれる
 イタリアのナポリで開催されているユニバーシアードの男子サッカーは日本時間の7月12日、準決勝の日本対イタリアが行なわれ、3-3からPK戦を日本が5-4で制し、決勝進出を決めた。

日本は前半、児玉駿斗(東海学園大)のゴールで先制するも追いつかれ、1-1の同点で折り返す。すると後半、日本の攻撃陣が爆発。後方からのスルーパスに鋭く抜け出した小柏剛がゴール左隅に流し込み勝ち越すと、さらにイタリアを押し込んだ日本は金子拓郎が左足で鮮やかなミドルシュートを突き刺す。

 2点差とした日本だが、その後クロスからヘディングシュートで1点を返されると、土壇場の後半アディショナルタイム。日本はペナルティエリア内でのハンドで痛恨のPKを献上。これを決められて、試合は規定によりPK戦に突入した。

 PK戦は4人目までに3-3。日本は5人目に上田綺世(法政大)が決め、対するイタリアも成功し、勝負はサドンデスへ。そして日本は6人目に森下龍矢(明治大)が決め、イタリアが失敗。日本がPK戦を5-4で制し、イタリアを撃破。今回が最後となるユニバーシアードのサッカー競技で決勝進出を決めた日本は、2大会連続7度目の優勝へ王手をかけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190712-00061303-sdigestw-socc



ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索